この曲の表示回数 3,361

風がふるえる 冷たい嵐がきている
小舟は大きな波を泳いでゆく
島に着くまで 僕は恐怖と話してる
やがて雨がこの胸を洗い流す

そして夜明けの岸辺に
僕の記憶が打ち寄せ消えるだろう

島の中には大事な木の実が落ちてる
影と雲と月と空 守っている
舟は知ってる 波に刻まれたルートを
風が吹くたびに届く鳥の声を

遠い昔に始めて
泳いだ海の匂いが近づいてる

君の姿が視える
嵐の中の晴れ間に ほら
もうすぐ 世界が 視える

島の中には大事な木の実が落ちてる
風と海と花と石 話しかける
たどり着く頃 僕は何かに気づいてる
夢も地図も足跡もつづいてゆく

遠い昔いちどだけ
浴びたことのある光 近づいてる

僕の姿が視える
嵐の中の波間に ほら
もうすぐ 世界が 始まる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:島 歌手:高野寛

高野寛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-23
商品番号:TOCT-10426
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP