一人より二人の方が

この曲の表示回数 4,105
歌手:

伝書鳩


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

坂田晃一


ふりむいたら足あとだけが 今日に続いてるの
通りすぎた季節だけが 小さな人生
人を愛し人と別れ 時はすぎてゆくの
たとえそれが後ろ姿 見せた終りでも
ひとりぼっちの愛の歌 口ずさむよりも
誰かそばにいれば それで心安まる
一人より二人の方が きっと暖たかい

背のびしたら届きそうな 空が今日も見える
生れたての季節さえも 微笑なげてる
心の窓そっと開けて 誰か誰か待つの
たとえそれがめぐり逢いの 予感でなくても
ひとりぼっちの愛の歌 口ずさむよりも
誰かそばにいれば それで心安まる
一人より二人の方が きっと暖たかい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一人より二人の方が 歌手:伝書鳩

伝書鳩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-29
商品番号:VICL-18236
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP