路面電車

この曲の表示回数 4,991

雪どけの季節になれば 想い出します
路面電車で街はずれ
梅見に行った あの日の朝を
あなたの髪は まだ短かくて
トックリのセーターよく似合っていました
何を話したのでしょうか
(白い吐息で)
何を意味したのでしょうか
(梅のかんざし)
季節の流れは ふたりの心まで
変えてしまったの……。

あの頃の写真を見れば 想い出します
さりげない様に 待ちあわせ
坂の途中の貸本屋さん
あなたはいつも 立ち読みしてて
まるめた背中 とても寒そうでした
何を読んでいたのでしょうか
(その時あなた)
なんて声かけたのでしょうか
(私の言葉)
季節の流れは ふたりの心まで
変えてしまったの……。

路面電車も 貸本屋さんも
いまはないこの街 いまはないこの街……。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:路面電車 歌手:伝書鳩

伝書鳩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

商品番号:NCS-753

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP