春暦

この曲の表示回数 2,396
歌手:

伝書鳩


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

小林亜星


幸せ薄いことさえ知らず 君は無邪気な横顔で
とどかぬ空の一番星を
指さしながら生きているんですね
悲しみを置きざりにして
日めくり暦のむこうに行けば
ひとりぼっちの人生に
きっと暖かな春がくるんです
きっと暖かな春がくるんです

見えない荷物を背負って歩く 君のちいさなその肩に
芯まで刺さるみぞれが降れば
ぼくの胸を傘にして下さい
かじかんだ手と手をこすり
ひとつの毛布にくるまるだけで
ひとりぼっちの人生に
きっと暖かな春がくるんです
きっと暖かな春がくるんです

きっと暖かな春がくるんです
きっと暖かな春がくるんです……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春暦 歌手:伝書鳩

伝書鳩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

商品番号:NCS-753

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP