夕暮れ

この曲の表示回数 2,673

色あおざめた夕暮れです
悲しみをまどろむみたいに
二人の時間はふるびてゆくばかり
道行く人に言葉を借りて
あなたとの話しができたら
ほほえみながらも たえる事ができる
もどせない今はもうすでに
二人には別れがあるだけ
愛が全てだと思ってみても
ああ悲しみがひそやかに心に宿る

僕の涙は手紙にうつり
想い出をさがそうとしても
つめたく横たわるあなたのさみしさが
砂時計サラサラ流れて
こみ上げた心を押さえる
ねむけに気をゆるす不安に気づく時
ああ悲しみがひそやかに心に宿る
ああ悲しみがひそやかに心に宿る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕暮れ 歌手:伝書鳩

伝書鳩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-29
商品番号:VICL-18236
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP