鉛筆の線

この曲の表示回数 2,397

人生なんて鉛筆で書いた
一本の線とどこか似てますね
白い紙の無意味な線が
僕の明日を探しているけれど
今はふりむくことさえつらい
道しるべにさえも見つからぬままに
淋しさに酔いつぶれていたい
原因なんて簡単なことです
君がぼくから離れていっただけ

君は君の鉛筆で線引き
ぼくはぼくの線を書いたから
季節がひとつ通りすぎたら
笑い話ですむかも知れません

今はふりむくことさえつらい
道しるべにさえも見つからぬままに
淋しさに酔いつぶれていたい
原因なんて簡単なことです
君がぼくから離れていっただけ
答えはとっくに見つかってるんです
君がぼくから離れていっただけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鉛筆の線 歌手:伝書鳩

伝書鳩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-29
商品番号:VICL-18236
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP