いつか見た青い空

この曲の表示回数 3,884

きれながの二重目蓋の君の目が
子供みたいなほほえみをかける時
そのあどけなさが そのあどけなさが
僕には悲しすぎます
色あせた季節の中にたたずんで
髪をとかすしぐさはきれいですけど
その白い指先が その白い指先が
僕には悲しすぎます

こみあげる気持が 涙にかわっても
いつか見た青い空を
いつも想い出して下さい
うずもれた思い出だけをつぶやいて
朝な夕な心のささえにしてるから
そのふるえる肩が そのふるえる肩が
僕には悲しすぎます

悲しみをめぐる季節の道ずれに
歩く君の背中に声をかけても
そのうしろ姿が そのうしろ姿が
僕には悲しすぎます

こみあげる気持が 涙にかわっても
いつか見た青い空を
いつも想い出して下さい
うずもれた思い出だけをつぶやいて
朝な夕な心のささえにしてるから
そのふるえる肩が そのふるえる肩が
僕には悲しすぎます

ラララ………
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いつか見た青い空 歌手:伝書鳩

伝書鳩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-29
商品番号:VICL-1823
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP