YUI作詞の歌詞一覧リスト  197曲中 1-197曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
197曲中 1-197曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
CHE.R.RY少年T少年TYUIYUI手のひらで震えた それが小さな勇気になっていたんだ 絵文字は苦手だった だけど君からだったら ワクワクしちゃう  返事はすぐにしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど かけひきなんて出来ないの  ...好きなのよ ah ah ah ah  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ  サクラが咲いている この部屋から見えてる景色を全部 今 キミが感じた世界と10秒取り替えてもらうより  ほんの一行でも構わないんだ キミからの言葉が欲しいんだ ウソでも信じ続けられるの  ...好きだから ah ah ah ah  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ  甘くなる果実がいいの 何気ない会話から育てたい ah ah ah ah  恋のはじまり 胸がキュンとせまくなる いつまでも待っているから 春の冷たい夜風にあずけてメッセージ  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ
I remember you梶原岳人梶原岳人YUIYUI風はもう 冷たいけれど 懐かしい そらの匂いがしたんだ ホームから海が見える この場所で 君を捜してる  季節はずれの サーフボードに あの夏はきっと生きてる 太陽はずっと 覚えていたはずさ ねぇ 聞こえてる?  涙はみせないって 君はそう言って 僕たちは ふたり手をふった さよならは言わない だから手をふった 夕焼けに消えた I remember you  錆びたギター抱えるたびに あの歌が 胸の奥を掴むけど 今もまだ さえない日々 この場所で 僕は過ごしてる  だけど思うんだ 誰かのために きっと僕らは生きてる 太陽がきっと 教えてくれたんだ ねぇ 聞こえてる?  涙はみせないって 君はそう言って 僕たちは ふたり手をふった さよならは言わない だから手をふった 夕焼けに消えた I remember you  あれからの僕は 相変わらずだけど ほんの少し自信があるんだ yeah…  涙をこらえてる 約束だから 誰よりも強くならなくちゃ さよならは言わない だって目を閉じて すぐに会える I remember you
Good-bye days城南海城南海YUIYUIだからいま 会いにゆく そう決めたんだ ポケットの この曲を 君に聴かせたい そっとヴォリュームを上げて 確かめてみたよ  oh Good-bye days いま 変わる気がする 昨日までに so long かっこよくない優しさがそばにあるから La La La La La~with you...  片方の イヤフォンを 君に渡す ゆっくりと 流れ込む この瞬間 うまく愛せていますか? たまに迷うけど  oh Good-bye days いま 変わり始めた 胸の奥 alright かっこよくない優しさがそばにあるから La La La La La~with you  できれば 悲しい 想いなんてしたくない でもやってくるでしょ? そのとき 笑顔で Yeah hello!! my friend なんてさ 言えたならいいのに…  同じ唄を 口ずさむ時 そばにいて I wish かっこよくない優しさに会えてよかったよ La La La La…Good-bye days
空想メソロギヰ松澤由美松澤由美YUI橘尭葉ConsentesDei/Juno/Juppiter/Minerva/Apollo/Mars/Ceres  Mercurius/Diana/Bacchus/Vulcanus/Pluto/Vesta/Venus  微睡(まどろ)みの淵で目蓋に揺蕩う  夢想の神は優雅に微笑み死を降し 時空を統べる因果の鎖は絡み出す  神の与えし空想Program  さぁ eins zwei drei! 重なり合う さぁ eins zwei drei! 死を躱して  消滅の遊戯に焦がれる奇跡を奪う Survivalgame 螺旋のように  泡沫の未来書き換えるように  空想繋ぐ輪廻のノイズが鳴り渡る 時間は歪み因果の規律は崩れ去る  神の与えし継承Program  さぁ eins zwei drei! 連なり合う さぁ eins zwei drei! 死を振り切って  消滅の遊戯に抗う奇跡に挑む Erasergame 夢幻のように  神の与えし機械(からくり)Program  さぁ eins zwei drei! 重なり合う さぁ eins zwei drei! 死を躱して  eins zwei drei! 連なり合う さぁ eins zwei drei! 死を振り切って  消滅の遊戯に焦がれる奇跡を奪う Survivalgame 螺旋のように  哀憐(あいれん)なる傍観者 焦がれる生死よりも遠く 最果てにある箱庭で 終わりのない奇跡があると 信じていた
Autoscopy妖精帝國妖精帝國YUIryoga讃えよ我らを 終末済世法 応えよ我らに 天上創造法  戦場に響くは魂禊ぐ鐘音(かねおと) 暁に舞い散る花火のような未練 絶望よりもっと深く昏い場所へ還らせて 痛みの奥で生を感じる為に  杜撰な打算で一生を無駄にして 無能な頭脳で机上の空論  毒花を着飾って 誰かの命奪って美しく 無垢と嘯(うそぶ)きあざとくも  ゆらゆら陽炎 ふわふわ漂う 命が尽くまで  須(すべか)らく本能に忠実であれ 噤(つぐ)む鳥は居ないが如く枯れるほど鬨をあげて  天蓋に揺れるは叶わぬ夢の謀(はかりごと) この胸を突き刺す氷のような孤独 臆病よりもっと弱く生きることも選べずに 蛹のままで暁を迎える  不要な処方で一生を無駄にして 過敏な苦痛に過剰なニウロン  樟脳を纏って 消えゆく命縋って浅ましく 明日に未練を繋げても  たゆたう感情 ちぐはぐ迷走 言葉を尽くして  囚われた蜘蛛の糸夢魘(むえん)の輪廻を 絶つは涙重なる鼓動鏡像の影が嗤う  あまねく 命が尽くまで  須(すべか)らく本能に忠実であれ 噤(つぐ)む鳥は居ないが如く枯れるほど鬨をあげて
獄ノ幻妖精帝國妖精帝國YUIXiVa灰色の嘘を隠した六(む)つの花が 手のひらを流れる そぼ濡れる肌薄氷(うすらい)の様に脆く傷跡を残す  自由を求めては臆病すぎて怯えている 生きる骸(むくろ)か  今堕ちてゆく薔薇薔薇に奈落の客人(まれびと) 蜘蛛の糸さえも届かないだろう 悲しみと苦しみに穢れた時こそ 凛とした眼差しでありたいと願う  救いを求めては手に入れる事を躊躇う 獄(ひとや)幻  今病んでゆく粉々に砂上の咎人(とがびと) 渇く喉さえも癒せないだろう 絶望と裏切りで死に逝く時こそ 凛とした微笑みでありたいと囁く  限界に溺れそうな時に信じられる誇りだけが 昨日よりも気高く美しい自分を創るの  今堕ちてゆく薔薇薔薇に奈落の客人(まれびと) 蜘蛛の糸さえも届かないだろう 悲しみと苦しみに穢れた時こそ 凛とした眼差しでありたいと願う
IRON ROSE妖精帝國妖精帝國YUIryoga路地裏の隅の花壇 《素性不明悲鳴幼子》 光に疎まれ咲いた 《綻ぶ鉄の心》  正義も悪も知らずに 今宵は何処で眠るのだろう  天に突き放されて地獄へと堕ちてゆく 奈落の底で産声をあげた 芽吹いて IRON ROSE 絡み付く硝煙は安らぎと死の薫り 震える指に引鉄(ひきがね)を添わせ 咲かせて IRON ROSE  腰まで流れる髪は 《悲愴微笑決意の肩章》 艶めき吐息に揺れる 《非情希少一つの伝承》  荒れ果てた屍骸の街 不在の神なんていらない  独り月を睨んで竦む心を煽り 恐怖を身体に流し込んだなら 散らして IRON ROSE 紅く燃える瞳は闇を生き抜く証 胸を貫く美学を信じて 咲かせて IRON ROSE  天に突き放されて地獄へと堕ちてゆく 奈落の底で産声をあげた 芽吹いて IRON ROSE 絡み付く硝煙は安らぎと死の薫り 震える指に引鉄(ひきがね)を添わせ 咲かせて IRON ROSE 散らして IRON ROSE 舞い散れ IRON ROSE
Phantom terror妖精帝國妖精帝國YUIXiVa目に映るモノタチに騙されてゆく ゆがむ砂時計 紛(まご)うまやかし 大切な風景も砂塵のように跡形もなく散る  私じゃない私が 声もあげず虚空に消えてゆく  風のうねりが耳元で責め立てる 纏(まと)わる不安と絶望に飲み込まれ 感情も失って涙も乾涸びた 私の代わりに誰か生きてくれないか  繰り返すアヤマチに流されてゆく まわる砂時計 惑うまなざし 波打った心臓が化石のように硬く殻を閉ざす  夢の中の私が 悲鳴もあげず虚無に堕ちて消えてゆく  強がったままで築いた虚像が目の前で全て崩れ落ちる ころがった欠片拾い集めて 握りしめた手に滲む痛み  孤独な嘘でまた私を傷つける 消せないファントム夢魘(むえん)に取り憑かれ 幻想を引き摺って醜く這う涙 風のうねりが耳元で責め立てる 纏(まと)わる不安と絶望に飲み込まれ 感情も失って涙も乾涸びた 私の代わりに誰か泣いてくれないか
濫觴永遠妖精帝國妖精帝國YUINanami賢者の嘆きに乙女の祈りを 平和の羽撃(はばた)き神話の Paradies(パラディス) 賢者の裁きに乙女の命を 悪魔の囁き寓話の villainies(ヴィラニーズ)  《祝福された人々が死後向かうと言う楽園。 オケアノスの西の果ての岸辺にあると言うその島の 正確な場所を未だ誰も知らない。》  瞳閉じて耳を塞いで息を殺して知らないふり した筈の嘆きが羽撃き楽園へと舞い降りる  濫觴永遠(らんしょうあいおん)  激しく畝る清らな祈り狂い裂く音 濫觴永遠  濫觴 濫觴 響 濫觴永遠 (らんしょう らんしょう きょう らんしょうあいおん)  《その門を前に人は一切の望みを捨てる。 終ることのない永遠の苦患(くげん)。滅亡の民。 門を前に感じる深い絶望もまた一つの罰である。》  幾度此の場所から離れて罪の跡を踏み消しても 自分を映す自分を騙せずいつまでも逃げられない  濫觴永遠  現世を繋ぐ幼き命静寂狂騒 濫觴永遠  濫觴 濫觴 響 濫觴永遠  両手に錠を両目に枷を狂騒を封じて 言葉を全て吐き尽くしても紡ぎだせない声にならない  響 濫觴 濫觴 響 濫觴永遠 響 濫觴 濫觴 響 濫觴永遠
Eclipsed妖精帝國妖精帝國YUIGight私が息しているって意味感じさせて 存在したって良いって囁いて癒やして  もっともっとずっともっと もっともっとすがってもっと もっともっと救ってもっと もっともっともっともっと  夢見せて綺麗に騙して優しい嘘に生かされたい 繋がりたい隙間を満たしたい私を咲かせていてよ  裏切りの反撃は突然で 信じたいって慕って騙されて壊れて  もっともっとずっともっと もっともっとすがってもっと もっともっと救ってもっと もっともっともっともっと  研ぎ澄ました言葉のナイフが私を殺しに来る 逃げられないそれでも構わない私を見つけ出して  夢見せて綺麗に騙して優しい嘘に生かされたい 繋がりたい隙間を満たしたい私を咲かせていて
Hell in glass妖精帝國妖精帝國YUIryoga絹の睫毛と雪を落とした肌 しなやかな手深紅に輝く瞳  然れど私は 血を宿せない人形  柘榴の動脈を 両手で引き千切って 滴る血を啜って 愛しい貴方迎えにゆくの  古ぼけた硝子の監獄を磨いておくわ ほらね貴方見える。。。でも なにか足りない 嗚呼貴方の瞳を刳り貫いて挿げ替えるわ きっとずっと一緒にいられる 甘い地獄で  銀のナイフに伝う血一雫 舐めて掬って仄かに色づく身体  然れど私は 死も望めない人形  真っ赤な蝋燭に 摘みたての血を垂らして 漂う香纏って 愛しい貴方迎えにゆくの  塞がれた硝子の監獄に繋いでおくわ ほらね貴方触れる。。。でも なにか足りない 嗚呼貴方の薬指を撫でて握っておくわ きっと永遠に一緒にいられる 甘い地獄で  LaLaLa...  馨しき硝子の監獄に飾っておくわ ほらね貴方感じる。。。でも なにか足りない 嗚呼貴方の心臓を切り裂いて口づけるわ やっとこれで一緒にいられる 甘い地獄で
妖精帝國妖精帝國YUIGight少女多元イデア異常なる衝動絶叫  右手に握るは復讐その瞳に宿すは決意 作り上げましょう私の世界を なびく髪と仄白き肌は楽園の薫り 触れることも添うことも許されず  裏切り者にはどうぞ。。。  死を死ヲ死を死をシシシシ死を死ヲヲヲシヲ!!!!!!  絶!  正義に溺れた偽善者に 断罪を 愚かな理想抱く者に 絶望を 平和の像を掲げる者に 苦しみを 悲しみを 優しさを 愛情を。。。  闇に祈りを翳に命を 神に暇(いとま)を我に痛みを 闇に祈りを我に痛みを  右手に握るは復讐その瞳に宿すは決意 少女多元イデア異常なる衝動絶!
Paradiso≒Inferno妖精帝國妖精帝國YUINanami抜け殻の日々は禁忌の牢獄 得られる奇跡は地獄のヴィーナス 絶望の鐘は死に逝く恍惚 虚ろ 腐る 毒リンゴ  黄金の鳥は業火に焼かれて 落ち行く奈落で天使は紅さす 極上の蜜は悦なる戯言 浸る 耽る 遊技場  夢に破れ翼もがれた 鳥は白いエゴの実を食む 花や蜜や堕ちゆく雛を 甘く深く癒やしておくれ  Paradiso  聖なる祈りは堕落の象徴 いかなる奇跡も最後は仇なす 王冠の釘は賢者の慟哭 壊せ 崩せ 理想郷  震える身体に聖者の血糊を 乙女の命は散り咲くルミナス 残酷な日々に痛みの安寧 暴け 破れ 黙示録  耐えぬ愚者は祈りを恐れ 欲望ねだり平和を叫ぶ 蝶や羽や美しきもの 神は遂に嫉妬に狂う  漂う残骸原初の災い 生まれる混沌目覚めのシグナル 重なる意識は前世の魂 巡る アカシャ 宇宙葬  抑える衝動孤独の快楽 腐敗の堆積手にした優越 欲望の枷は自由の警告 堕ちる 堕ちる 奈落まで  天と地獄と生と死が持つ曖昧な境界線 知らない死に怯えて生きる残酷な Inferno 不幸せの数何度も数え他の誰かと比較をして 幸せに辿り着けない冷酷な Paradiso  抜け殻の日々は禁忌の牢獄 得られる奇跡は地獄のヴィーナス 絶望の鐘は死に逝く恍惚 虚ろ 腐る 毒リンゴ  黄金の鳥は業火に焼かれて 落ち行く奈落で天使は紅さす 極上の蜜は悦なる戯言 浸る 耽る 遊技場  聖なる祈りは堕落の象徴 いかなる奇跡も最後は仇なす 王冠の釘は賢者の慟哭 壊せ 崩せ 理想郷  震える身体に聖者の血糊を 乙女の命は散り咲くルミナス 残酷な日々に痛みの安寧 暴け 破れ 黙示録  漂う残骸原初の災い 生まれる混沌目覚めのシグナル 重なる意識は前世の魂 巡る アカシャ 宇宙葬
或る追憶、膨張宇宙に於ける深海乃ち萃点妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉弔いの花宇宙馬車 死者は夜を巡る星 白く熟れた芥子の実は 今宵天を目指す  時空歪む秩序  脳裏にざわつく死のノイズ 朽ちて羽ばたく塵の蝶  幾何学開花救済の構造 白紅青黄色 重力観測光速精度 並行線の花  目覚めの知恵授けましょう 内と外を抉って 巡る八つの宇宙が 真の自分をあぶり出す  不安定な熱暴走 生き急いだ原子核 白く光る矮星(わいせい)に 最期の時を知る  時空歪む秩序  脳裏にゆらめく死化粧 咲かない蕾未敷蓮花(みふれんげ)  幾何学開花救済の構造 白紅青黄色 重力観測光速精度 並行線の花  空間を超え救いましょう 時は平等じゃなく 双子のパラドックス 光の速さで生き抜け  円環を描く六道輪廻 繰り返す消滅  目覚めの知恵授けましょう 内と外を抉って 巡る八つの宇宙が 真の自分に還る  深海(ふかうみ)脳髄ミクロフィラメント 天地(あめつち)脳細胞フラクタル
葬送フリヰジアン妖精帝國妖精帝國YUINanami・橘尭葉・Gight・XiVa・ryoga翳ル世界ニ告グ黎明ダ Tear apart the world!  御伽の話に溶かし込む善悪の嘘の蜜 幼きに心につぎ入れる甘やかな子守唄  憐れみ手を添え嗤い蔑(さげす)み吐き捨てる 無垢な笑みに罪は実る 黒き炎よ空を覆いつくせ  深淵を駆けて混沌を抜けて蹄鉄を鳴らせ漆黒の馬 狂気の沙汰だと疎まれようとも 確(かく)たる正義は譲れない  世界を壊す 嘶きを We Are Villains! Yes we are, blackened hearts! 世界を壊せ 嘶きよ We Are Villains! Yes we are, blackened hearts! 駆けろフリヰジアン  翳ル世界ニ告グ黎明ダ Tear apart the world!  纏いし鎧は絶望の闇より黒き羯磨(カルマ) 選ばれし神の一声で秘めやかに奪われた  正義を盾に翳して断崖(だんがい)追い詰める 無力の傷私は今 胸に巣食った復讐を告げよう  善悪の意味も明暗の道も喜び恐怖も天と地獄も 引き離された半身の嘆き 苦しみも夢も分かち合おう  世界を壊す 嘶きを We Are Villains! Yes we are, blackened hearts! 世界を壊せ 嘶きよ We Are Villains! Yes we are, blackened hearts! 駆けろフリヰジアン  翳ル世界ニ告グ黎明ダ  頻闇(しきやみ)脅かす煌めきを抜け 薫ることを忘れた楽園の淵で怯えて 自分の道を見失い見つめる死に飲み込まれ 胸に纏わりつく罪の束縛を消し去れ  深淵を駆けて混沌を抜けて蹄鉄を鳴らせ漆黒の馬 狂気の沙汰だと疎まれようとも 確(かく)たる正義は譲れない  世界を壊す 嘶きを We Are Villains! Yes we are, blackened hearts! 世界を壊せ 嘶きよ We Are Villains! Yes we are, blackened hearts! 駆けろフリヰジアン  翳ル世界ニ告グ黎明ダ Tear apart the world!
flamma idola妖精帝國妖精帝國YUINanami古びたカテドラル地下室 割れた硝子ケヱス 智慧と魔術の技が創りし 使徒と崇められし人形 濁ったギヤマンの瞳と 欠けた白磁の頬 いざ蘇り啓示を 迷える我らに唄え  ワタシハ テンシ オートマトン  EL ELION ELION 迷い子よ その苦しみ救いましょう 生く意味も罪も消え失せる 聖なる炎で燃やし尽くして  何故そんな怯えた顔でいるの?泣いているの? さぁワルツにのって 楽しみましょう  ワタシハ オドル オートマトン  EL ELION ELION 燃え落ちる 鐘の音にリズム合わせ もう夢も愛も消え失せる 火の粉の舞う夜を踊り明かすの  ワタシハ テンシ オートマトン シンジテタ  EL ELION ELION カミサマよ 私は何故泣いているの 人の様に死ねぬこの身体 嗚呼、心臓を抉り出して欲しいの
天鵞絨パピリオ妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉夜の陽射しが突き刺さす巨大なビルの森飛ぶ黒き蝶  群れから逸れて夜空星は眠り ひび割れ乾いた地面草木もなく  有るは澱みすら照らす満開の光  羽ばたけ命海原越え何処かの街で嵐を起こして 例え今宵息絶えても芽生えたカオス羽ばたき続けて  蜜の薫りへ向かえど巨大な蜘蛛の糸這う女郎蜘蛛  身体は痺れて翅は破れ落ちて 遠きの故郷を想う愛おしい日々  ふいに糸は解け寄添う黒き翅飛べる  羽ばたけ命夕陽を越え何処かの街で旋風(つじかぜ)起こして 7つの翅で飛んでゆけ遠きの故郷彼の山目指して  羽ばたけ命海原越え何処かの街で嵐を起こして響け空に  羽ばたけ命夕陽を越え何処かの街で旋風(つじかぜ)起こして 7つの翅で飛んでゆけ遠きの故郷彼の山目指して
内観宇宙死者のゆりかご妖精帝國妖精帝國YUI紫煉私誕生蠢く宇宙 銀河創造鳥が鳴く 身体惑星一つになる 無重力の薄翅蜉蝣  地獄星 観測密度無限大 時空葬 すり鉢罠蟻地獄  森羅万象火の鳥 細胞素粒子大宇宙 輪廻転生私は シュヴァルツシルト死のゆりかご  エヌーマ・アヌ・エンリル 天球バビロニア サインアストロロジー 天体ホロスコープ 私の身体宇宙  無よりも絶無繋がる意識無限 一秒早く何億光年まで 生命(いのち)は繋がって生まれて星となって  cradle of the dead  地球硝子砂時計 太陽寿命残り時間 シリウスサイクル古代暦 太古からの宇宙構造  暗黒線 恒星ガス状星間塵 銀河律 渦巻き楕円広がる宇宙  銀河の彼方そびえる真理の塔 一秒早く何億光年先 近づき遠ざかって寄せては返す波の  cradle of the dead  エヌーマ・アヌ・エンリル 天球バビロニア サインアストロロジー 天体ホロスコープ 銀河の女神像 太陽棲む大蛇 大地の巨大象 天蓋差す星座 私の身体宇宙  無よりも絶無繋がる意識無限 一秒早く何億光年まで 生命(いのち)は繋がって生まれて星となって  cradle of the dead
DISORDER妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉the field of one-ten-thousandth “big order”  幾億もの理欲望の澱敷き詰めた 瓦礫と埃の街僕がいない  昔日の罪か現実の禊(みそぎ)か 叡智と無知か鬩(せめ)ぎ記憶の欠片が疼く  淡き命幼き夢 成り代われ支配者よ  絶望を劈(つんざ)け big order 裏切りだけが胸を抉る 滅亡を覆せ big order 世界を繋ぎ合わせて  歪む視界抑圧滾る頭脳満ちてゆく 嘆きと孤独の街僕がいない  残虐な聡明過ちの痕跡 墓石を懐いて終わり付く影へと堕ちる  紅き空に願いし夢 謀(たばか)りし支配者よ  綽(しゃく)然と騙せ big order 欺きだけが風を渡る 豁(かつ)然と願え big order 世界を奪い返して  《dominator この世界を dominator 統治せよ dominator この世界の》  支配者よ  the field of one-ten-thousandth “big order” 疾く糾(ただ)せ disorder  絶望を劈(つんざ)け big order 裏切りだけが胸を抉る 滅亡を覆せ big order 世界を繋ぎ合わせて
紅き皇帝、白き世界妖精帝國妖精帝國YUI紫煉流れ堕ちゆく刻の中逡巡に喘ぐ苦しみに 犯した過ちに気づく 高き山の頂(いただき)辿り着いたその先で 僕は何を授かるんだろう  幾重に重なる壁は 甘い誘惑の罠か  幾度壁を乗り越えて尚終わりが見えない 白き雪に聳え立つ覇者紅き皇帝よ  僕の意思を僕は受け止めよう  この褪せた世界よ始まれ僕の名のもと 渇いた胸に吹き乱れる虚しきこの覚悟を賭して  打ち寄せるさざ波の様に襲い続ける苦しみに 息苦しさだけが募る 身動き取れないまま残酷に時間は過ぎ往く 僕は何を求めるんだろう ソフィア  この病みし世界よ消し去れ僕の名のもと 輝く彼方隔離された空気のこの重さに耐えて  孤独な約束然れど 破れば静かな罪か  軽々しい気休め程度の慰めはいらない どんな言葉優しさも全部五臓に沈めて  僕の意思は僕が受け取るんだ  この褪せた世界よ始まれ僕の名のもと 渇いた胸に咲き乱れる虚しきこの覚悟を賭して  捉えよ闇の中に棲む幼き果実を 僕は挑むんだこの白き世界で
荊棘迷路妖精帝國妖精帝國YUINanamiいばらの道を傷つき歩くのは 噤みの少女言の葉禁じられた 寡黙に燃ゆ決意の瞳が 雄弁に怒りを物語る  鳥よ花よ地を這う虫よ 私はここにいると  伝えて暁届けて黄昏  身体は裂かれ《血は咲き》千々に穢れて《刻まれ》 それでも心《気高く》高潔なまま《静かに》  いばらの迷路を歩くの  言葉無くし伝わらないなら 包丁で裂いて魅せてあげる  紅く深い私の中身 清き純血の色  覗いて感じて心の宮殿  ドレスは破れ《乱れて》瞳は潰え《闇夜に》 それでも心《気高く》高潔なまま《静かに》  いばらの廃園歩くの  言の葉を尽くしても 胸臆(きょうおく)は届かない 肝心なものひとつ 掴めないまぼろしか  身体は裂かれ《血は咲き》千々に穢れて《刻まれ》 それでも心《気高く》高潔なまま《静かに》  無言の叫びを懐(いだ)いて いばらの迷路を歩くの
“D” chronicle妖精帝國妖精帝國YUI紫煉霧雨の零れる断崖 苔むす塔の上 人々に恐れられし 竜が住む  堅牢な人を寄せ付けぬ 冷たい鉄扉 幾重にも巻き付いた鎖が縛る  燃え盛る瞳 追撃の翼 漆黒の鱗 血の滲む鉤爪  轟く雷鳴地を裂く嘶き 闇に立つ  破滅の風 灼熱の雪 失われし竜の涙 混沌の火 絶望の使者 凍結の息吹を纏う  崖を降り村人を攫う 古の竜に 人々は為す術もなく逃げ惑う  悲しみが渦巻いた村を愁い若者は 決意に満ちた瞳でその場を去る  光宿す瞳 玉鋼の剣 鋼鉄の鎧 牙をも砕く盾  右手に疼くは光の紋章 闇を断つ  虚無の閃き 覚醒の瞬間(とき) 引き出すは光の力 深淵の矢 聖なる祈り 勝てずとも運命(さだめ)に挑む  光る剣に意識を集め竜の闘気を身に浴びる 握り直した剣を構え 竜に向かって飛翔する 弾かれた剣再度翳して 赤く燃える瞳に突き刺した 光と闇が弾ける  燃え盛る瞳 光宿す瞳 追撃の翼 玉鋼の剣 漆黒の鱗 鋼鉄の鎧 血の滲む鉤爪 牙をも砕く盾  右手に疼くは光の紋章 闇を断つ  虚無の閃き 覚醒の瞬間(とき) 引き出すは光の力 深淵の矢 聖なる祈り 勝てずとも運命(さだめ)に挑んだ  宿命の闘いは死を告げる 聖戦と呼ばれし終のクロニクル
闇色corsage妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉月が沈んだ世界は光をなくして 人に巣食う闇(くらがり)が腐敗産み落とす  闇 -nox- 鴟梟なる 光 -lumen- 黎明の 火 -ignis- 昔人よ 曇りし眼を穿て  古の静寂から 光は闇心を惑わすハルシノジェン 精霊の魂は 猛き者の見境狂わす魅惑の果実  原始に還れ鳥となり 流れる清ら銀色の羽  生むは光忌むは闇 光は病み闇を生む  悪しき淀みが沈んで水鏡は濁り 散華に薫る無念の星屑輝く  水 -aqua- 荘厳なる 木- arbor -幽遠の 氷- glacies -終極よ 星霜時を超え  滅び行く純潔の 血の記憶と痛みを永遠に語り継ぐ 朽ち果てた骸には 懐古の夢刻まれ意思は未来を繋ぐ  太古に還れ風となり さざめく遥か陽炎の雨  生むは光忌むは闇 光は病み闇を生む  闇 -nox- 鴟梟なる 光 -lumen- 黎明の 火 -ignis- 昔人よ 曇りし眼を穿て  古の静寂から 光は闇心を惑わすハルシノジェン 精霊の魂は 猛き者の見境狂わす魅惑の果実  原始に還れ鳥となり 流れる清ら銀色の羽  生むは光忌むは闇 光は病み闇を生む  命は寝の地に還りて 生は星へと天翔ける 命は寝の地に還りて 生は星へと天翔ける
白銀薔薇奇譚妖精帝國妖精帝國YUINanami枯れた庭の隅蝶を追いかける 黒い猫と白銀(しろがね)瞳の少女  蜜を探し疲れ羽を癒やしに 舞い降りた蔦の這う屋敷の窓  灯りの消えた薄暗い部屋 薔薇が落ちていた  遊び疲れ 少女と猫は 屋敷に戻り 母親の姿を探せど 嗚呼、何処にも居ない  火の気のない暖炉のそばで 疲れてる眠る少女 猫が悲しそうに鳴いた  ある日少女と猫はついに見つけた 屋敷の奥錆びついた扉の部屋  蜘蛛の巣が揺れるフリル天蓋の ベッドに沈んで母親は寝ていた  喜んだ少女駆け寄ると胸で 薔薇が枯れていた  ママどうしてお胸が赤いの ねぇ薔薇のよう ママわたしはお腹がすいたの ねぇ起きてよママ  少女の運命を嘆いて 母親は命絶った 猫が寂しそうに泣いた  “絶望が生への執着を露呈させる 私は生きているの? 私は死んでいるの? ここにいるのは本当の私? 私は闇 私は光 私は風 私は誰 痛みだけが私の存在を証明する”  ママお庭に薔薇が咲いたわ ねぇ綺麗でしょ ママ私は独りじゃないわ ねぇ平気よママ  朽ちた屋敷永遠を生きる 少女のそばに 白銀(しろがね)の瞳を細めて 黒猫は寄り添って 甘えるように鳴いた
残夜の獣妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉断罪を始めよ 偽りを欺け  古へ民を ひ、ふ、み、よ、いつ 獣よ潜め ひ、ふ、み、よ、いつ 盗めよ徴(しるし) ひ、ふ、み、よ、いつ  仄暗き明けに紛れ潜む 纏う影は人型の獣  混沌が民に堕ちる 日暮れがざわめく 嗚呼、全て疑わしや 汝よ許せよ  裁け謀(たばか)りし者達を 吊るせ覚束無き痴れ者を  断罪戮せよ 断罪戮せよ  白日の綾に紛れ狙う 尊き犠牲で賢く騙す  混乱よ疑心を募れ 惑わし誘え 嗚呼、共に生き残らん 汝よ噤めよ  裁け我が名を受けし者を 騙せ純真な愚か者を  断罪戮せよ 断罪戮せよ  汝は人狼なりや 赤心の村で 偽りと欺きが行き交い嘲笑う さぁ裁きを さぁくだせよ この命と引き換えにしても  まどふ者など助からざりし 覚束なきは愚かなり かどかどしくも心づきなし 不束かなりはげに忌みじ  暴ケヨ 裁ケヨ  混沌が民に墜ちる 日暮れがざわめく 嗚呼、全て疑わしや 汝よ許せよ  裁け謀(たばか)りし者達を 吊るせ覚束なき痴れ者を  断罪戮せよ 断罪戮せよ 断罪せよ
calvariae妖精帝國妖精帝國YUI紫煉雨は心冷やし奪う 虚ろ 憂鬱 拒絶 痛み  地獄より深き地下牢の 黴薫る部屋に篭もる  硝子 命 亀裂 イノチ  幽玄なるいのち 魂の牢獄  絶望が躰咀嚼する 腐食した空気沁みる  呪いの言葉が躰に喰い込んで 感じない痛みさえも私がいない 楔の打たれた装飾の柩 永遠の安らぎと言う救済の道  牢獄の壁を這い回る 冷静の鎖が縛る  私の景色は繋がらない廻廊 塞がれて埋もれて行く埋葬の道 見上げた夜空に銀色に光る 一筋の糸が揺れる  私の世界  生き地獄 calvariae 死の記録 calvariae
Infection妖精帝國妖精帝國YUINanamiこの頻闇(しきやみ)を破る激情 血を欲すような 飢えと乾き喉が焼け付くようで気が狂う  目覚め齎(もたら)す世界は変わる 自由を奪う 規律も制約も愛憎も差別もない  永遠のフザンタージュ  獲物を逃すな  闇が沈む前に踊れよ狂えよ欲のままに 月の灯の下で饗宴の美食に酔いしれよう 何処かで銃声は響く 狂気が満ちてゆく  この繊細で脆い躰と 進化を遂げた 獣の様な牙で喰らい付いて離さない  美しきフザンタージュ  獲物を貪れ  土に還る前に騒げよ見えよ感じるままに 喉を焦がすような芳醇な薫りに酔いしれよう この胸鏃(やじり)が射抜いても 宴よ続いてゆけ  永遠のフザンタージュ  獲物を逃すな  闇が沈む前に踊れよ狂えよ欲のままに 月の灯の下で饗宴の美食に酔いしれよう 生きとし生けるもの全て 喰らえよ本能のまま
妖精帝國妖精帝國YUI紫煉・Gight鮮血に誠誓い 背徳の花を胸に 我が名を呼び殉じた 反逆者よ歌え  忘却の古い城で 朱のティアラを守り抜き 結末の瞬間(とき)に焦がれる 愛国者よ歌え  空想神話の 神は応えず ならば! -Das Feenreich- 讃えよ 畏れよ 栄えよ -Das Feenreich-  世界の歪(ひずみ)を!生き抜く重さを! ならばその声に ワタシは応えようか 我らに歪(ひずみ)を!我らに重さよ! 貴(あて)なる音色 鳴り響けプロパガンダ  銀に輝くメシアよ 彩、世界に取り戻せ 風雪の魔女は逝く 反逆者が歌う  破滅の竪琴が鳴り 戦乙女立ち上がる 星占え 勝利か死か 愛国者が歌う  神、ノゾム世界で 望まれ無いの ならば! 抗え 闘え 貫け -Das Feenreich- 抗え 闘え 貫け -Das Feenreich-  この世の歪(ひずみ)を!死に逝く重さを! ならばその声を 代わりに叫ぼうか 我らに歪(ひずみ)を!我らに重さを! 狂気の音色を 突きつけろドクトリン  讃えよ 畏れよ 栄えよ -Das Feenreich- 讃えよ 畏れよ 栄えよ -Das Feenreich- 讃えよ 畏れよ 栄えよ -Das Feenreich- 讃えよ 畏れよ 栄えよ -Das Feenreich-  世界の歪(ひずみ)を!生き抜く重さを! ならばその声に ワタシは応えようか 我らに歪(ひずみ)を!我らに重さよ! 破壊の音色で 扇動せよアジテーター  この世の歪(ひずみ)を!死に逝く重さを! 切り開け道を 共に征くものよ 我らに歪(ひずみ)を!我らに重さを! 天地を揺がせ そう我らは Das Feenreich!
Shadow Corps妖精帝國妖精帝國YUINanami・橘尭葉完全細胞 人間消滅 浮遊幻影 空洞種子 雌雄陰陽 非染色体 死への復活 蜘蛛巣蝋燭 螺旋星雲 神か人か 最終審理 金色墓石 没記念碑 死者の烙印  街に躙り寄るは師団闇を纏いし者達 『進め闇を!我は征かん!』 過ぎし道は草木萎れ陽光陰りて堕ち行く 『進め陰を!我に続け!』  香炉に燻りし紫煙は逝く死の薫りか  蒼白き顔(かんばせ)に獰猛なる禍が瞳 爛れし血の飛沫が道なき道を照らす 暗闇よ緋に染まれ  怯える王は玉座籠もり高貴なる嘘を紡ぐ 『我が忠良な聡き民よ』 然る王家伝わる作法鋼鉄の帝王学 『知らせずとも従わせよ』  鈍き古の剣よ我が手で嘶け  進撃せよ蒙味な輩を掃討せよ 虚栄飾る玉座を奴が血で染めませい 美しき死奏でよ  蛇蝎を潰すが如く忌み嫌われし者 我が師団に連なれ ―眼窩に蠢く蠱毒よ― 陰に生く引き換えに光を無くした我々に ―破れしマントは闇を紡ぐ勲章― 失う物など何がある  闇を生きし Death Parade 咲け火の如く  香炉に燻りし紫煙は逝く死の薫りか快楽(けらく)か  蒼白き顔(かんばせ)に獰猛なる禍が瞳 爛れし血の飛沫が道なき道を照らす いざ来たれ次ぐ者よ
Hades:The end妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉燻(くゆ)りし薫り立つ金の香爐(こうろ)に 葬(はふ)るは純潔の亡骸よ  願わくは安寧(あんねい)を 心空(しんくう)にして生を喰われる  汚穢(けがれ)飲み干して 滾(たぎ)る痛みよ 己が堰き止めて 眠れよ  罪業(ざいごう)地の圏谷(たに)“Hades”滅びよ、その命  焔(ほのお)の如き静寂に 歪(ひず)んだ狂気が満ちる 白き祈りで焼き盡(つく)す 不浄な霊魂(こころ)の滲みよ 選ばれし愛し子の 生命(いのち)は散る  何處(いずこ)に在ろうとも限りなく生く 最後(いやはて)に広がる楽園よ  虚偽(いつわり)の栄華でも 心空(しんくう)にして生を喰われる  汚穢(けがれ)駆け巡り 爛(ただ)る身体は 触れし者さえも 死に至る  永劫地の果て“Hades”抗え、終焉るまで  懐(いだ)きし胸の王笏に 宿るは聖なる孤高 抉りし心臓(こころ)捧ぐのか 気高き供物の毒血(どく)よ 祝福の盃(さかずき)で 我が身よ咲け  罪苦(ざいく) 生意(せいい) 苛酷(かこく) 罪科(ざいか) 亀鏡(ききょう) 血染(ちぞめ) 罪苦(ざいく) 死屍(しし)  懐(いだ)きし胸の王笏に 宿るは聖なる孤高 焔(ほのお)の如き静寂に 歪(ひず)んだ狂気が満ちる 白き祈りで焼き盡(つく)す 不浄な霊魂(こころ)の滲みよ 選ばれし愛し子の 生命(いのち)は散る  この世の果てを臨みし我は 懼れし獣従え 蔓延る悪を愁(うれ)いて 尊貴(とうとき)命 供犠(くぎ)に捧げて鎮めん
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
神的創造妖精帝國妖精帝國YUINanami何を守り抜くべきか 心に疼く形のない何か 本当のこと隠し続け いつも側にいることを選んだ  裏切り過ちも全て受け入れよう 君とならば刺し違える事さえも厭わない  神々の創造を描き 譲れない戦いに挑む この命惜しくはない 僕の瞳に映した 最後の人は君だと 願って守り抜く 想いの強さが神を討つから  何を信じ抜くべきか 答えに辿り着けないまま生きて 気付かぬ振りをし続けて 無邪気な微笑みに狼狽える  傷つく傷つけて命尽き果てても 君の為ならば奈落の底から蘇ろう  神話はまた繰り返す 終わらない寓話を終わらせる この生に悔いなどない 君の瞳に映った 最後の人は僕だと 願って信じ抜く 想いの強さが神を討つから  ただ1人強き者だけが創る 僕と君が望んだ世界  神々の創造を描き 譲れない戦いに挑む この命惜しくはない 僕の瞳に映した 最後の人は君だと 願って守り抜く 想いの強さが神を討つから
Dea × Crisis妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉無限で満たした虚勢を射る力は 無慈悲な闇から痛みを継ぐ  稚拙な日々の波が 剥がれ出ずる異形の死の女神  その命を その怒りを 破壊の魑魅に憑かれたcrisis trance 気丈に耐え 力に変え すべての意志が加速を遂げた Dea × Crisis = Trance  非情を示唆した内なる無の波動は 愉悦に転じて天を絶つ  たなびく優雅な髪が 神を救う一途な供物なれ  その意識を その痛みを 堪(こら)えた悦にひれ伏す crisis trance 突き放した 弱き総身に あらゆる意志が乱れて巡る Dea × Crisis = Trance  その瞳に その光に 応えて救う最後のfighring chance crisis trance! その命を その怒りを 破壊の魑魅に憑かれたcrisis trance 気丈に耐え 力に変え すべての意志が加速を遂げた Dea × Crisis = Trance Dea × Crisis = Trance ≠Balance  萌え出ずる 朝のように 偽りのない 精神(こころ)で
昏き世界の慟哭妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉埋めた奥底で疼く声が 癒えぬ傷を抉る慟哭を 生ける屍の成す未来は 驕る世界を散らす衝突か  痛みなど従えて 疑いは避けて  暮れ行く命は魔法の如く 今を犠牲に凌ぐだけ  静寂は影 翳り翳るこの辛苦に 刹那の意志は潜み 憎しみは糧 満ちる満ちるこの力で 永遠へと続く未知の連鎖を繋いで  濡れた悲しみを禊ぐ声が 蒼き月を揺らす咆哮を 逃げたその先に見る未来は 騙る虚勢を崩す喪失か  二人なら何度でも 疑いを晴らせ  惑わす記憶が脳裏に滲みて 狂うが先か幻か  偽りは風 嘆き嘆く者を誘い 集うは吹き溜まりか 現実は枷 巡る巡るこの輪廻を 断ち切る術はたった一つの真実  逝く死の眷属為す術の無い 嗚呼神を呪う声がする  偽りは風 嘆き嘆く者を誘い 集うは吹き溜まりか 現実は枷 巡る巡るこの輪廻を 断ち切る術はたった一つの真実
Fata Morgana妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉喩えば死に絶えた世界で 独り生を許されて 明日の命繋げる為の 気力を失っても  水平線の果てに浮かぶ 消え入りそうな街に 君の姿を描いたなら 僕は足掻くのだろう  いるべき場所 あるべき存在 決して 手に入らない 遠い蜃気楼でも  Fata Morgana 其ノ全テ Fata Morgana 手ニ入レテ  僕は此処にいると強く想う その先できっと 願いの風がいつか君に 届いてくれると信じて  喩えば何不自由のない 世界を生きたとして 幸せとは完結しない 幻想だと知るだろう  見るべき物 知るべき現実 決して 手に入らない 遠い蜃気楼でも  Fata Morgana 其ノ全テ Fata Morgana 手ニ入レテ  未来への想いは遙か彼方 崩れ落ちそうな 僕だけに見えるその場所に 辿ってゆけると信じて  始めようこの世界を さぁ、もう選ばなければ  『二人は出会って同じ想いを放つ』  いるべき場所 あるべき存在 決して 手に入らない 遠い蜃気楼でも  Fata Morgana 其ノ全テ Fata Morgana 手ニ入レテ  僕は此処にいると強く想う その先できっと 願いの風がいつか君に 届いてくれると信じて
糸遊のしたで妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉遙か遠い空の下 澄み渡る風の色  穏やかに移ろう 雲に姿映し 同じ空を 眺めていた あの日のかげろう  例え今日が それぞれの未来を 分かつ日でも また此処で同じ空を見よう  夜の色刻まれた 流れゆく星の音  懐かしい光に 過ぎ去りしを偲ぶ 100年後も ここで会える 無邪気な約束  例え今日が 思い出に変わっても 共にいまを 生きたこと忘れはしない  攻める勇気も 守り抜く友情も いつか輝きに  例え今日が それぞれの未来を 分かつ日でも また此処で同じ空を見よう
Vermilion utopia東美奈実(三澤紗千香)東美奈実(三澤紗千香)YUINanami抑えきれない衝動 伏せた瞳(め)に潜むは獅子 独りで征く修羅の道のり  瓦礫に埋もれて消えた 安らぎは孤独に宿り 壊れる魂を刃に変え  思想に居場所を求めて 心激しく揺れている  救いたい壊れそうな身体で 叫んでる貴方を 例え全てが敵でも 命は惜しくない  愛するもの守り抜く為なら 地獄にだって堕ちていい  押し込めたままの闇に 滴るは朱き雫 この手を染めてゆく血の色  痛みは何を望むのか あの日の記憶が惑わす 破壊と後悔が胸を裂いた  正しいかなんて必要じゃなくて 信じていたいだけ  守りたい理想郷の楽園 創り変える世界 例え魂が果てても 正義は渡さない  大切な人を奪うと言うなら 悪魔に魂売ってもいい  探り合う感情の何処かで いつの日か同じ気持ちを 見つけ合うその日まで 閉じ込めていよう  救いたい壊れそうな身体で 叫んでる貴方を 例え全てが敵でも 命は惜しくない  愛するもの守り抜く為なら 地獄にだって堕ちていい
救世Aργυρos妖精帝國妖精帝國YUI紫煉荒ぶる魂は祝福の口づけを 安寧破られて創られた非日常  狼狽えたその胸の 奈落へと幻が擦り抜ける  ≪己の欲に≫ 其の瞳は穢れているか ≪高鳴る胸の≫ 其の意志は真に正義か 言葉を放て  拳砕けても魂が 毀れぬ限り幾度も 挑んでは破れ身体は 薔薇色に滲んで咲く  朱き命よ銀に染まれ  心を重ねても絶望は突然で 頭に棲み着いて離れない雑音  裏切りも背徳も 呑み込んだ唇は艶めいて  ≪月を映した≫ 其の身体は満ちているか ≪静かな痛み≫ 其の拳は誰の為 奮うつもりか  咲き急ぐ華に寄り添う 風に散らさぬように 鳥より鋭く羽撃け 仕組まれたこの世界の  空を薙いだら銀に染まれ  ≪己の欲に≫ 其の瞳は穢れているか ≪高鳴る胸の≫ 其の意志は真に正義か 言葉を放て  拳砕けても魂が 毀れぬ限り幾度も 咲き急ぐ華に寄り添う 風に散らさぬように 鳥より鋭く羽撃け 仕組まれたこの世界の  空を薙いだら銀に染まれ  荒ぶる月は夜に 溶かされ幻に堕ちた
黒き風雪の魔女妖精帝國妖精帝國YUINanamiこの胸を裂く消えない痛み 闇に埋もれた早い朝焼け 忘れもしない猫撫で声 愚かな人ここを消え去った  許さない  傷心の日々虚ろな瞳 高き崖から見下ろした街 纏わり付く猫撫で声 遂にこの身を海に投げ打った  生まれ変わるならば もう一度貴方に 会いたいと  太陽の暖かい陽射しはもう届かない 暗き海底 珊瑚の絨毯に倒れた祭壇の 小さな灯火瞬いた  現代の世に蘇った 呼び名は黒き風雪の魔女 私を捨てた愚かな人 復讐の為生まれ変わった  許せない  私は黒き獣になり 猫撫で声で雪を降らせる 憎き人類滅ぼす為 優雅な爪で雲を切り裂いた  わからないどうして この胸いつから 焦がれたの  悲しみの吹雪で全て凍らせましょう 淡き想いも 人類も世界も滅びて仕舞えばいい 私の儚い恋と共に
Elusion妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉白き朝渇く空 雨が降る死の街に  まるで嘘で固められた 装飾の街が溶けて 浄化された空気が満ちる様に 私の胸押さえつける 穢れたこの過ちも 共に流してはくれないか  雨に濡れ咲く山梔子の白き無垢は 嫋かに甘やかに潤った薫りに耽る 胸を焦がす  昏き朝鈍い空 雨が降る死の街に  まるで虹を封じ込めた 万華鏡の片隅で 移ろう色に染まる紫陽花の様に 私の胸降り続ける 灰色に咲いた雪も 共に染まってはくれないか  露に濡れ咲く茉莉花の白き絹は 還れない遠き日々懐かしい薫りに耽る 胸を癒す  まるで嘘で固められた 装飾の街が溶けて 浄化された空気が満ちる様に 私の胸押さえつける 穢れたこの過ちも 共に流してはくれないか  雨に濡れ咲く山梔子の白き無垢は 嫋かに甘やかに潤った薫りに耽る 胸を焦がす
使徒奏デシ破滅ノ堅琴妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉征くは衝動の果てる瞬間 存在勝ち誇る術はあるか 天使が奏でるのは優美な堅琴 快楽合わせ持つ致死量の音  渇望が脳を支配する 追撃の鐘が鳴り響く  天か地獄か只何れも 堕ちてゆく最中の夢  生と死の色白黒(モノクロ)の 海に堕ちた混沌は 焦がれ漏れ出す慈しみの 波が揺らした天空の新星(ほし) 溺れた心 射貫いた鼓動  穿つ闇の奥に棲み着いた瞞(まやか)しを 放つ弓は灯す天と地の諍(いさか)いの火を 運命は奇跡の如く  眩(くら)む絶望に満ちた悲劇に 逃げて匿って勝利はあるか 心臓掲げ持ち忠誠誓えば 天使も悪魔のように低く嗤う  障壁の中で蹲(うずくま)る 喪失の過去が迸(ほとばし)る  焦がれ抗い平伏す日々 悼(おぞ)ましき午睡の夢  光と影鈍色(にびいろ)の 空に焼(く)べる幻は 密蜜に燻(くゆ)らす消魂(けたたま)しい 死者の弔い手向けの花 抉れた心 爛れた鼓動  澱む闇を祓え陽炎(かげろう)の篝火(かがりび)で 生きる価値は無情崩れゆく形骸の塵 運命は奇跡の如く  生と死の色白黒(モノクロ)の 海に堕ちた混沌は 焦がれ漏れ出す慈しみの 波が揺らした天空の新星(ほし) 溺れた心 射貫いた鼓動  穿つ闇の奥に棲み着いた瞞(まやか)しを 放つ弓は灯す天と地の諍(いさか)いに 澱む闇を祓え陽炎(かげろう)の篝火(かがりび)で 生きる価値は無情崩れゆく形骸の塵 運命は奇跡の如く
覚醒、冱てる魂と運命の境界線妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉死せる刻は奪われて繋ぐ新たな命受け入れて 運命宿す結晶の如く輝く  風の音がやんで不意に世界は止まる 瞬間独りに気付く 言葉が凍るほど激しい冷気の渦 魂が震えていた  藻掻けば藻掻くほど沈んでゆく 生きている理由を見失う 消え去る刹那誰が名を呼ぶのだろうか  人は闇で生まれ堕ちやがて光求め歩いてゆく 生と死を分かつ境界線に火が灯る 不本意でも不条理でも 生きる姿は美しい 運命宿す結晶の如く輝く  低く寄せて返す波に揺蕩う羽根が 少し自由に見えた 振り返ればまるで何も無かった様に 足跡は浚(さら)われる  想えば想うほど絡まってゆく 自分の居場所を求めている 消え去る刹那の名を呼ぶのだろうか  死せる刻は奪われて繋ぐ新たな命受け入れて 生か死か誘う導火線に火が灯る 重なり合う二つの針 鼓動のように高鳴って 運命宿す結晶の如く輝く  白と黒に彩られた悲劇 凍結した心蝕む障壁  世界は何度も何度でも 闇で生まれ堕ちやがて光求め歩いてゆく 生と死を分かつ境界線に火が灯る 不本意でも不条理でも 生きる姿は美しい 運命宿す結晶の如く輝く  風よ興れ炎熾せ 天を焦がせ星になるまで
神剣乱舞妖精帝國妖精帝國YUINanami幾億年もの積もった悲しみが 癒えない消えないまだ 刻の音だけが苦痛を和らげる 醒めない悪夢に魘(うな)され呼吸を続ける  焦燥に棲み着いた死の薫りが 2人を取り巻いて誘う 死より無様な終わりは無い 死ぬまで生きるんだ  風絶つ剣よ踊れ 毀(こぼ)れた切っ先に 映る涙の痕 遙か遠い未来を 許されるのならば もう一度この場所で  自惚れた価値にいつまでも縋って 見えない死ねないまだ 不安と恐怖が心に膨らんで 憑かれる幻想蠢く異形に平伏す  衝動に隠された血の雫が 渇いた指先に滴る 血より紅きは絆のような 残酷な火の色  舞い散る刃が示す 互いの中に持つ 譲れない理(ことわり) いつか望む未来を 生きられるのならば もう一度この場所で  壊し合おう全て 退屈と引き替えに 願いも全部失って 痛みが消え去るまで  風絶つ剣よ踊れ 毀(こぼ)れた切っ先に 映る涙の痕 遙か遠い未来を 許されるのならば もう一度この場所で
Astral Dogma妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉時は奏でる陰鬱な大時計蒸気の帳で 無我夢中 金塊を蓄えて聳える摩天楼で毎夜のマスカレード  錆びた真鍮に金箔を施した幻想の大都市は 崩れ堕ち 哀れ黄金期の代償と王女はこの世を嘆いた  虚栄で身体を飾り立てるロマネスク 焼かれて初めて裸になるの  星座(ほし)からの啓示を読み解ければ 更なる世界へと導かれる  原初明かす記されたるコトバ 「終焉(おわ)るセカイ」 末路示す秘められたるコトバ 「興(おこ)るセカイ」  揺れる炎宇宙元素エーテル 虚空輪廻対のアカシャ 眠る生命(いのち)アストラルの幻影 リピカ綴る自己のイデア  空中庭園の古びた羊皮紙は父の遺した 桂花の薫り 滲むインクは今際に認(したた)めた最後のメッセージ  賢き娘よ我が時代は終わる 暗澹の未来を紡いでおくれ  誰も皆 容易(たやす)く地位も名誉も 欲しがっては零落(おちぶ)れる成れの果てか  原初明かす記されたるコトバ 「終焉(おわ)るセカイ」 末路示す秘められたるコトバ 「興(おこ)るセカイ」  揺れる炎宇宙元素エーテル 虚空輪廻対のアカシャ 眠る生命(いのち)アストラルの幻影 リピカ綴る自己のイデア  神の存在が我らを惑わす 求めて縋り崇めば救う いつしか人は進化を止めた  篝火に揺らめく装飾の馬車 黄金の蒸気で街中を照らせ  星座(ほし)からの啓示を読み解ければ 更なる世界へと導かれる  原初明かす記されたるコトバ 「終焉(おわ)るセカイ」 末路示す秘められたるコトバ 「興(おこ)るセカイ」  揺れる炎宇宙元素エーテル 虚空輪廻対のアカシャ 眠る生命(いのち)アストラルの幻影 リピカ綴る自己のイデア
Solitude妖精帝國妖精帝國YUI紫煉風よ走れ空を薙ぎ 自由を知った野鳥の如く 刻よ廻れその度に 今の私創り変えてゆく 美しく  独りの時間が私の意識を高ぶらせてゆく 周りの不浄な喧噪にはもう惑わされない  過去からの私が今日を縛る 昨日に囚われて喘いでる  自由を望むなら孤独に沈んで 思考こそが鍵となる  ソリチュード 始めは小さな心の兆し 変化を求めた者だけ猛く能(あた)う 素通りの日常抜け出すなら 自分が変わるしかない NO FEAR  自由な思考が私の美学を研ぎ澄ましてゆく 進化を邪魔する忠告紛いの口撃に負けない  昨日までの私葬って 今日からの私が蘇る  惰性で毎日を過ごす快楽は やがて脳を蝕む  ソリチュード 誰もが独りで果てを迎える その刻笑顔でいられるように気丈に生きる 退屈な話を批難するより 自分が変わればいい  過去からの私が今日を縛る 昨日に囚われて喘いでる  自由を望むなら孤独に沈んで 思考こそが鍵となる  ソリチュード 始めは小さな心の兆し 変化を求めた者だけ猛く能(あた)う 素通りの日常抜け出すなら 自分が変わるしかない NO FEAR  孤独を感じて 自分を信じて
狂気沈殿妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉暁に燃える空の下 自らに科した意志を呑み込む 纏わり付いた霧は晴れて 折しもその目は翳りを帯びる  誰もが知らずに血を憎み合い 浴びる血の祝杯に生かされる  何を望み何を避け 誰の為に殺めて来たのか 嗚呼分からない 誰か…  操られるふりにも慣れて 巧みにその目に忍び込めたら 鍵でも取り付け永遠に 逃げ出せないよう監視しようか  心に巣くう澱が拡がって 健常なる意識を侵食する  失せた記憶快楽の 狂気の中に沈み込み 過去を塗り替えては 還る…  分からないもう何も分カラ な イ… ワタシアナタダレナニドコニイル ダレカ!!  何を望み何を避け 誰の為に殺めて来たのだろう 失せた記憶快楽の 狂気の中に沈み込み 過去を塗り替えては 還る…  残酷な饗宴の madness 残酷で蕭然な madness
ココロサンクチュアリ妖精帝國妖精帝國YUINanami森の奥静かに月の灯りが 差し込む聖域で ココロ瓶に閉じ込める  誰かに見られたら月の魔法が 砕けて中身だけ 零れ私バラバラに  身体を飾り自由を演じて ココロは誰にも渡さない見せない 光を浴びてキラキラ揺れる 私だけが持つ私の宝石  やる気を無くさせる怠い助言も 届かない聞こえない 無敵私無重力  本当の私を見つけ出せたら 飲み干して優美に きっと私救われる  感情のまま喚き散らして 知性のかけらは微塵も見えない 穢れた総身ココロの牢獄 潜在意識の操り人形  何故だろう 人は誰しもが 本当の自分を隠すの  囚われたココロのまま 気付かずに生きてゆくのなら 月灯り魔法も消えるの  身体を飾り自由を演じて ココロは誰にも渡さない見せない 光を浴びてキラキラ揺れる 私だけが持つ私の宝石  私のココロをあげよう
月鏡反魂シネラリウム妖精帝國妖精帝國YUINanami白くて淡い陶器のような 骨さえ愛でる密かな夜  この手をどうぞ 死すまで側に  灰を着飾って踊る 骨の奥まで熱くなる 夜が明けるまで独り占め さぁ私連れて逝って  狂いましょう月のシネラリウム 二人きりでずっと夜が明けるまで  祭壇並ぶ霊廟の中 すぐに貴方を見つけ出せる  この眼をどうぞ 死しても側に  毒を飲み干し踊る 骨の髄まで溶けてゆく 夜が明ける前に終わらせて さぁ一緒に連れて逝って  狂いましょう月のシネラリウム 二人きりでずっと星が眠るまで  灰を着飾って踊る 骨の奥まで熱くなる 夜が明けるまで独り占め さぁ私連れて逝って  狂いましょう月のシネラリウム 二人きりでずっと月が落ちるまで
Siege oder sterben妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉耳障り格別に 饒舌な囁きが 地獄より深き場所 育まれ愛でられる  薄暗き目蓋越し 凍て付いた笑い顔 そこにはもう人なんて 誰1人いやしない  月浴みに蠢いた影 死神と女神が嗤(わら)う  ♪La la la la la la…  弧を描く角を持ち 祭壇に跪(ひざまず)く 打ちつけた雷鳴に 衝動が飛来する  蘇る耐え抜いた日々 獣(けだもの)の本能が奔(はし)る  ♪La la la la la la…  月浴みに蠢いた影 死神と女神が嗤(わら)う 蘇る耐え抜いた日々 獣(けだもの)の本能が奔(はし)る  言葉を放てば 神さえも傅(かしず)く 恐れはいらない  目 蓋 サ エ 閉 ジ レ バ
missing妖精帝國妖精帝國YUI紫煉入(い)らずの森の奥 小さな馬小屋に 眠る漆黒の 髪を持つ少女  物心のついた おさな姫の頃 好いた継母に 森へ捨てられた  噂聞き憐れんだ王子や騎士らが 我が妻に娶ろうぞと果敢に挑んでも  風さえ通さぬ静寂の籠城 頑なに拒む死の棺 森のざわめきが彼女の痛みを 遠ざけて辿り着けない  誰も眠り姫を救うことは出来ない 童話の終わりなんて本当は誰も知らない  永き刻が経ち 皆の記憶から 少女が消え去っても 童話は終わらない  恐らくはどれほどの王子や騎士らも 凍て付いたその心を溶かせはしないだろう  夢見る少女の創られし夢は 憂き世を儚む幻で 白馬の騎士など迎えに来ないと 知りながら目覚めを待った  誰も眠り姫を救うことは出来ない 童話の終わりなんて創り変えればいい  何時の日か艶めいた漆黒の髪が 柔らかな風に触れ少女は目を覚ます  風さえ通さぬ静寂の籠城 頑なに拒む死の棺 森のざわめきが彼女の痛みを 遠ざけて辿り着けない  夢見る少女の創られし夢は 憂き世を儚む幻で 白馬の騎士など迎えに来ないと 知りながら目覚めを待った  誰も眠り姫を救うことは出来ない 童話の終わりならば自分で創ればいい
葬詩妖精帝國妖精帝國YUINanami誰にも終わりは訪れる 悲しむ事など無いと 小さな声で励ます笑顔 少しずつ少しずつ あぁ薄れて… もう見えなくて  天に続く虹を君は渡れるだろうか 振り返らぬまま目の前の道を 真っ直ぐに歩いてゆけ そう僕がいなくても ただ1人で逝くんだ  独りは怖いと呟いて 眠れぬ夜を過ごした 小さな指が虚空に彷徨う 掌に舞い落ちた 花びらが 擦り抜けてゆく  天の森の何処か日射しがそそぐ場所 一輪あると言う君の名の花が 真っ白に咲いたなら もう僕がいなくても ただ1人で逝ける  あぁ思い出は消えて あぁ僕を忘れても 君は笑っている 空に架かる虹の向こうで  天に続く虹を君は渡れるだろうか 振り返らぬまま目の前の道を 真っ直ぐに歩いてゆけ そう僕がいなくても ただ1人で逝くんだ もう僕がいなくても ただ1人で逝くんだ  誰にも終わりは訪れる 悲しむ事など無いと 小さな声で励ます笑顔 消えてゆく残り香に あぁ涙が 止まらなくて
神、ノゾム世界と箱庭幻想妖精帝國妖精帝國YUI橘堯葉天は二物を与え賜う 墓碑に添えたる銀の花環は 瞬き無くした天使の亡骸  滅びるは淘汰の海 漂いし過ちは 繰り返す怨嗟(えんさ)から 終焉りへと浚うのか  運命革命回路  運命は必然か 未来(あす)は不変なのか 零れては降り注ぐ光 永遠の真秀(まほ)らま 彷徨える翼で 雲居(くもい)遥か高く 羽ばたいて天まで貫け  言葉にすれば滅び去って 心に描き真に願えば さざめき奏でる天使の囁き  選ばれし神託に 託されし結末は 癒着なる輪廻から 終焉りへと救うのか  運命革命回路  引き金は小さな 脆い欠片だけど 芽吹き出す未来の意志と 幾千の明日を 舞い降りた翼で 包む異形のモノ 掲げたら天まで貫け  『神のみぞ知る世界 幾つの願い描く はぐれた回路』  運命は必然か 未来(あす)は不変なのか 零れては降り注ぐ光 永遠の真秀(まほ)らま  引き金は小さな 脆い欠片だけど 芽吹き出す未来の意志と 幾千の明日を 舞い降りた翼で 包む異形のモノ 掲げたら天まで貫け
絢爛天華、虚空に消ゆ妖精帝國妖精帝國YUI橘堯葉遥か昔古き刻に天の國は 華やかな天使の声が ホワイエを彩り 天華(てんげ)の香に満たされ 無邪気な笑顔溢れてた  いつ終わりを迎えたのか 舞い落ちる羽 居場所を探し水縁(みずべり)の 貝殻砂の上で 愛しの誰かを待つように 何度もふわり舞った  願いは風となり地表へと注いで 誰かに寄り添って儚く散った 行き場を失った数多の願いが もう一度叶う日が訪れるように  嘗ての繁栄は見る影もなく今 静謐だけ楚々と行き交う  始まりを迎えたその日 祭壇の奥 輝く羽に触れたなら 弾けて溢れる記憶 その画を頼りただ独り 天使の産声を待つ  願いは泡となり天高く昇り 誰にも見られる事無いまま散る 一瞬の眩暈その刹那に見た 懐かしい風景に還れるように  いつ終わりを迎えたのか 舞い落ちる羽 居場所を探し水縁(みずべり)の 貝殻砂の上で 愛しの誰かを待つように 何度もふわり舞った  願いは風となり地表へと注いで 誰かに寄り添って儚く散った 行き場を失った数多の願いが もう一度叶う日は訪れる 一瞬の眩暈その刹那に見た 懐かしい風景に還れるように
幻惑蝴蝶妖精帝國妖精帝國YUI橘堯葉幻惑よりも蜜に 心を鎮めるもの  堕落という名の蝶が 禊ぎに纏わり付き  【穢れを食んでいる】  滅ぶ滅ぶ世界褪せた色香(いろか)の幻で 飛べない蝶は喘ぐ 崩れ崩れかけた天に坐す神々の 桂花にも似た異香(いきょう)  はらはらと散るのは 羽根か花瓣(かべん)か 夢なのか  憧れよりも強く 心に居座るもの  【己を食んでいる】  裂ける裂ける胸の奥を染めたる熱き血が 溶けない氷溶かす 滾る滾る血潮2人命を捧げ合い 最後の言葉交わす  ゆらゆらと舞うのは さ迷う想いか 夢なのか  零した涙 静かに流れて 穢れを禊ぐ雨となって 降り注いだ  滅ぶ滅ぶ世界褪せた色香(いろか)の幻で 飛べない蝶は喘ぐ 崩れ崩れかけた天に坐す神々の 桂花にも似た異香(いきょう)  はらはらと散るのは 羽根か花瓣(かべん)か 生ける命か 夢なのか
完全崩壊パラドクス妖精帝國妖精帝國YUI橘堯葉天使と悪魔達が 優雅に笑い合えば 世界の法則は捩(ねじ)れる  善と悪の意味を 翻(ひるがえ)し俄(にわか)に 忍び寄り心に溶け込む  ほんの瞬間の過ちが 私を堕とす  何が望み?  天の國で忌み子が産み落とされて 地の國で神様が創られれば 完全な崩壊パラドクス 天地の歪みの奥で 天使の呼び声がする  昨日までの憎悪が 今日から愛に変わり 世界の法則は拗(こじ)れる  陰と陽の意味は 覆(くつがえ)り思惑 入り乱れ思想は崩れる  澄んだ雲間から天の声が 私に告げる  何が出来る?  天(そら)を飛ぶ天使は羽ばたきながら 地を駈ける駿馬(しゅんめ)に何故憧れる 完全な喪失パラドクス 天地の歪みの奥で 誰かの呼び声がする  ほんの瞬間の過ちが 私を醒ます  何が欲しい?  天の國で忌み子が産み落とされて 地の國で神様が創られれば 完全な崩壊パラドクス 天地の歪みの奥で 私を呼ぶ声がする 終わりを迎える前に 世界を救えと叫ぶ
偽装世界アガルタ妖精帝國妖精帝國YUI橘堯葉目覚めよ光 目覚めよアガルタ 無慈悲な指で 業火の裁きを  悪しき 穢れ 下せ 神判  届けよ意志よ 憎悪の叫びよ 無慈悲な願い 纏いて誘え  祓給ひ禊給へ 罪禍事 有らむをば 祓給ひ鎮給へ 廣き厚き 御(み)恵みを 祓給ひ守給へ 清浄(きよ)き明(あか)き 真の心を 祓給ひ清給へ 白(まお)す事を 聞食(きこしめ)せと  悪しき 穢れ 下せ 神判  天に 坐す 運命の 神よ
ending note妖精帝國妖精帝國YUI橘堯葉この世を創られし 神の果ては 運命の意志の元 命を絶つ  禁(いさ)めよ性(さが) 堰き止めよ刻 悲しみは瑕(きず) 思い出は塵  神よ 貴方の大いなる犠牲の意を 永遠に語り継ごう 睡りなさい天使の掌で 虚偽に満ちた 過ちをもう二度と 繰り返させないように  Credo in unum deum(クレド・イン・ウヌム・デウム)  この世を失いし 神の元に 天使は微笑んで 寄り添い立つ  目覚めよ性 移ろえよ刻 悲しみは糧 思い出は天(そら)  愛し子をあやすように 震える頬に手を添えて  神よ 貴方の讃美なる奇跡の書を 永遠に書き綴ろう 未来永劫記憶を写し 繋ぎ留めて 憐れみの心で 消えてしまわないように  Credo in unum deum(クレド・イン・ウヌム・デウム)  神よ 貴方の遺した最後の日を 誰が知り得るだろう 神よ 貴方の大いなる犠牲の意を 永遠に語り継ごう 睡りなさい天使の掌で 虚偽に満ちた 過ちをもう二度と 繰り返させないように
GLORIA藍井エイル藍井エイルYUIYUI魅惑の扉 将来の展望だって 揺らぎそうになる 青春時代で 人生が変わる? 恋したいのに臆病になる 問題 山積みなんだ  答えを導く為には this feeling 切り捨てられない all my love  ユメじゃないやいやいやいやい 手が届きそうなGLORIA たまに見えなくなって Cry やいやいやいやい 近道を探しても同じね また迷ってしまうでしょ?  成功者の声高々に 語るエピソード 他人事みたい 今のアタシ 小さな部屋で 考えている 空想の未来に…  問いかけてみるけれど bad feeling イメージ出来ないのが all my love  負けてないやいやいやい 輝く先に GLORIA 近づいてるはずさ Cry やいやいやいやい もう誰のせいにもしないよ 全部抱きしめてゆく 夢中になれなきゃウソね  wo~サクラが咲く頃にきっと wo~新しい自分に出会えるの  ユメじゃないはずよ 報われると信じてる 本当は怖いけど  Cry やいやいやいやい くやしいキモチがあるから Get glory day  負 けてないやいやいやいやい 輝く先に GLORIA 近づいてるはずさ Cry やいやいやいやい 眠れない夜にひとり 膝を抱え込んでも Baby 泣いてる時間はない
NamidairoいであやかいであやかYUIYUI嫌われているような 気がしてた 帰り道 見上げた部屋の灯り 今 どんな気持ちでいるのだろう?  ケンカになればすぐ謝る よわくて アナタハ ズルイヒト  なみだいろ 声が聞こえない夜は 困らせてしまうほど わがままになりたい  だいじょうぶ そう言ってみたけど そんなはずないでしょ…  水たまりに映る 哀しい顔 見慣れている ムリ 言わないつもり わかってるから 苦しくなるの  優しくされると泣けてくる やっぱり アナタハ ズルイヒト  なみだいろ 声が聞こえない夜は 困らせてしまうほど わがままになりたい  だいじょうぶ そう言ってみたけど そんなはずないでしょ…  あなたの前じゃ 嘘つきよ 気づいてほしいと 思っているの そんなに強いわけじゃないからね …アタシ  涙こぼさない 決めていたのに 困らせてしまうよね? わがままになれない  だいじょうぶ? なんてまた訊くけど そんなはずないでしょ…
My GenerationKyleeKyleeYUIYUIグランドに吹いた風を ちいさな窓から吸い込んで ため息  期待することに イヤんなって 孤独になったけれど  でも諦めたつもりじゃなかった  チャイムが鳴り終われば 現実はもっと 早く進んでゆくでしょ?  窓ガラス 割るような 気持ちとはちょっと 違ってたんだ  はじめから自由よ  My Dream 言葉に出来ないだけなのに 誰でもいいからと傷つけて泣いた夜 わかってほしいなんて思わないけど 描いた夢を信じきれない弱さにただ支配されてた Sixteen My Dream  制服 脱ぎ捨てた16のアタシに 負けたくはないから うしろ指 さされたって 振り向いたりしなかった  あたしならまだやれるはずだって  犠牲にできないのは こみ上げる希望 無くしたら また道に迷うだけ  邪魔なんてされたくない わかっているの 覚悟があれば  いつだって自由よ  My Dream 壊れることなんてないから 待ちきれない季節の中 歩き始めたの うつむいてた時間を取り戻して 描いた夢を強く信じきれた時から変わるGeneration Sixteen My Dream  ひび割れた校舎の壁にもたれて 誓ったの 叶えてみせるから  My dream 言葉に出来ないだけなのに 描いた夢を信じきれない弱さにただ支配されてた Sixteen My Dream
LIFEGoose houseGoose houseYUIYUI泥だらけよ 馴染めない都会で 同じように笑えない うつむいて歩いたの  急ぎ足で すれ違う人たち 「夢は叶いましたか?」 アタシまだモガいている  子供の頃に戻るよりも 今をうまく生きてみたいよ 怖がりは 生まれつき  陽のあたる場所に出て 両手を広げてみたなら あの空 越えてゆけるかな? なんて思ったんだ  飛び立つ為の翼 それは まだ見えない カンタンに 行かないから 生きてゆける  濡れた子犬 拾いあげただけで ちょっと笑えちゃうほど 涙がこぼれてきた  愛されたい 愛されたいばかり アタシ言っていたよね 求めるだけじゃダメね  子供の頃はママの事 ひどく傷つけた日もあったよね 変わりたい いま全部  陽のあたる場所に出て この手を強く握ってみた あの場所 あの時を壊して I can change my life  でも 心の中 すべてを とても伝えきれない カンタンに 行かないから 生きてゆける  陽のあたる場所に出て 地図を広げてみるけど I know… You know… 迷い道も仕方ない I can change my life  過ぎてきた日々全部で 今のアタシなんだよ カンタンに 行かないから 生きてゆける
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I remember you沢井美空沢井美空YUIYUI風はもう 冷たいけれど 懐かしい そらの匂いがしたんだ ホームから海が見える この場所で 君を捜してる  季節はずれの サーフボードに あの夏はきっと生きてる  太陽はずっと 覚えていたはずさ ねぇ 聞こえてる?  涙はみせないって 君はそう言って 僕たちは ふたり手をふった さよならは言わない から手をふった 夕焼けに消えた I remember you  錆びたギター抱えるたびに あの歌が 胸の奥を掴むけど 今もまだ さえない日々 この場所で 僕は過ごしてる  だけど思うんだ 誰かのために きっと僕らは生きてる  太陽がきっと 教えてくれたんだ ねぇ 聞こえてる?  涙はみせないって 君はそう言って 僕たちは ふたり手をふった さよならは言わない だから手をふった 夕焼けに消えた I remember you  あれからの僕は 相変わらずだけど ほんの少し自信があるんだ yeah...  涙をこらえてる 約束だから 誰よりも強くならなくちゃ さよならは言わない だって目を閉じて すぐに会える I remember you
feel my souljoyjoyYUIYUI泣き疲れてたんだ 問いかける場所もなく 迷いながら つまずいても 立ち止まれない  君がくれた笑顔 落とした涙は 僕の胸の 深い傷に 触れて消えた  I feel my soul Take me your way そうたったひとつを きっと誰もが ずっと探してるの  それは偶然ではなくて 偽りの愛なんかじゃなくて You're right all right You're right all right Scare little boy  何度も繰り返す どうか行かないで ささやくような 君の声は 愛しくて  I feel my soul Take me your way もう振り向かない きっとこの手で いま確かめたいよ  いつも単純なほど 苦しんで 生きてゆく意味を知りたいから You're right all right You're right all right Scare little boy  そっと つぶやいた 君の言葉 You say it 動き出せ 見えないけど 道は開かれてる  I feel my soul Take me your way そうもがきながらも きっとこのまま ずっと歩いてゆける  それは偶然でもなくって ありふれた夢なんかじゃなくって You're right all right You're right all right  いつも単純なほど 苦しんで 喜びの意味を知りたいから You're right all right You're right all right Scare little boy
How crazySCANDALSCANDALYUIYUI冷たいギターをケースに押し込む 人通りはまだ多いけど 今日の気分はここまで Getting all right  尊敬できない大人のアドバイス アタシはあなたみたいにはなりたくないと思った  汚れたジーンズで乗り込んでいる 地下鉄の窓 映っている自分 変わってなんかない あの頃のまま  お金なんて ちょっとあればいいのよ  How Crazy わかったようにアタシのこと話すのはやめてよ How Crazy 深い海に沈んでゆく船から逃げてきたの  夢にlove love love いつも 純情じゃいられない How Crazy  駅前通り 地上へ続いている階段は いつも暗くて不安だ  夕暮れのコンビニの駐車場 明日を知らない子供が小さくアタシに手を振っている  知恵をつけなさい 将来負けないように 説得したいのに うまく話せない そんなんじゃダメ 納得もできない  oh 神様 ちょっと不公平だって思うよ  How Crazy わかったようにアタシのこと話すのはやめてよ How Crazy 深い海に沈んでゆく船から逃げてきたの  夢にlove love love いつも 純情じゃいられない  努力を続けた学生だって 結果にならなきゃ 家族はきっと 悲しむ 世渡り上手が うまくはいっても そんなの尊敬できない人生 um Baby 矛盾ばっかな感情を いったい いつまで抱えて生きてゆくのでしょう?
againステレオポニーステレオポニーYUIYUI夢のつづき 追いかけていたはずなのに  曲がりくねった 細い道 人につまずく  あの頃みたいにって 戻りたい訳じゃないの  無くしてきた空を 探してる  わかってくれますように  犠牲になったような 悲しい顔はやめてよ  罪の最後は涙じゃないよ ずっと苦しく背負ってくんだ  出口見えない感情迷路に 誰を待ってるの?  白いノートに綴ったように もっと素直に吐き出したいよ  何から 逃れたいんだ  …現実ってやつ?  叶えるために 生きてるんだって  忘れちゃいそうな 夜の真ん中  無難になんて やってられないから  …帰る場所もないの  この想いを 消してしまうには まだ人生長いでしょ?  懐かしくなる こんな痛みも歓迎じゃん  謝らなくちゃいけないよね ah ゴメンね  うまく言えなくて 心配かけたままだったね  あの日 かかえた全部 あした かかえる全部  順番つけたりは しないから  わかってくれますように  そっと目を閉じたんだ 見たくないものまで 見えんだもん  いらないウワサにちょっと 初めて聞く発言どっち?  2回会ったら友達だって?? ウソはやめてね  赤いハートが苛立つように 身体ん中燃えているんだ  ホントは 期待してんの  …現実ってやつ?  叶えるために 生きてるんだって  叫びたくなるよ 聞こえていますか?  無難になんて やってられないから  …帰る場所もないの  優しさには いつも感謝してる だから強くなりたい  進むために 敵も味方も歓迎じゃん  どうやって次のドア 開けるんだっけ?考えてる?  もう引き返せない 物語 始まってるんだ  目を覚ませ 目を覚ませ この想いを 消してしまうには まだ人生長いでしょ?  やり残してるコト やり直してみたいから  もう一度ゆこう  叶えるために 生きてるんだって  叫びたくなるよ 聞こえていますか?  無難になんて やってられないから  …帰る場所もないの  優しさには いつも感謝してる だから強くなりたい  懐かしくなる こんな痛みも歓迎じゃん
HELLODancing DollsDancing DollsYUIYUIHello~  How many 恋してるの I can see すぐにわかるわ  真っ赤な Jealousy 抱えて  違う自分に気づいている 危険な夢 触れたくなる どうかしてる?  あの楽園の先に憧れている でも ねぇ ちょっと 飛び込めないわ  こんなアタシの事 アナタ きっと笑うでしょ?  惑わせる 優しい悪魔  Hello~  Don't stop 気のないフリして Any time 待ちこがれる  情熱 それは手強い  瞳の奥 映る影に かなわない気がするから 忘れたいわ  でも楽園の先に憧れている 寄り添えば 目を閉じるだけ  そんなアタシだったら アナタ きっと嫌うでしょ?  惑わせる 冷たい悪魔  いっそ出逢わなかったら 良かったのに… Say Hello, Say Goodbye  始まりの予感 止められない 悔しいけど 好きになる  その後ろ姿に泣けてくるから たぶん そう きっと 戻れないね  いつかアタシだって アナタ 夢中にさせる  微笑むの かわいい悪魔  Hello~
Rolling star中川翔子中川翔子YUIYUIもう我慢ばっかしてらんないよ 言いたいことは言わなくちゃ  帰り道 夕暮れのバス停 落ちこんだ背中に Bye Bye Bye  君のFighting Pose 見せなきゃ Oh !Oh!  夢にまで見たような世界は 争いもなく平和な日常  でも現実は日々トラブッて たまに悔やんだりしてる そんなRolling days  転んじゃったって いいんじゃないの そんときは笑ってあげる  乗り込んだバスの奥から ちいさく ほほえみが見えた  君を頼りにしてるよ Oh !Oh!  夢にまで見たような Sweet Love 恋人たちは隠れ家を探すの  でも現実は会えない日が 続 きながらも信じてるの Rolling days  つまずいたって Way to go !! Yeah!! Yeah!! 泥だらけ Rolling star !!  なるべく笑顔でいたいけれど 守り抜くためには仕方ないでしょ?  きっと嘘なんて そう意味を持たないの ~All my loving そうじゃなきゃ やってらんない  夢にまで見たような世界は 争いもなく平和な日常  でも現実は日々トラブッて たまに悔やんだりしてる そんなRolling days  …そう わかってるって つまずいたって Way to go !! Yeah!! Yeah!! 泥だらけ Rolling star !!
Tomorrow's wayねごとねごとYUIYUIいまを壊してしまいたい いまにすがりついていたい 自分のことはわからない  やり直せるはずないよ 知らない街に隠れてみても 窓越しにただ今を想う  逃げ出したい衝動から 逃げ出すまでの口実に迷う ちぎれた記憶を辿れば あの頃にだって戻れる いつかの少年みたいに  叶える為 生まれてきたの 幼き日々に描いた宇宙 I'm a baby 泣きたくもなる 手に入れるための 傷みなら so good  生きることが戦いなら 勝ち負けも仕方がないこと そんな事くらいわかっているよ  泣きだしたい衝撃から 走り出した明日へと鼓動が騒ぐ まっすぐに生きてゆきたい ただまっすぐに生きていたい あの日の少年みたいに  叶える為 生まれてきたの 幼き日々に感じた呼吸 I'm a baby 泣きたくもなる 手に入れるための 傷みなら so good  誰かの言葉に つまづきたくない 惑わされたくない…  明日もきっと 輝いている 幼き日々にもどらなくていい Tomorrow's way of life 怖がりだけど 引き返せない道に立ってる  叶える為 生まれてきたの 幼き日々に描いた宇宙 I'm a baby 泣いたりしない 手に入れるための 傷みなら so good
Good-bye daysGOLD LYLICmiwaGOLD LYLICmiwaYUIYUIだからいま 会いにゆく そう決めたんだ ポケットの この曲を 君に聴かせたい  そっとヴォリュームを上げて 確かめてみたよ  oh Good-bye days いま 変わる気がする 昨日までに so long  かっこよくない優しさがそばにあるから ~with you  片方の イヤフォンを 君に渡す ゆっくりと 流れ込む この瞬間  うまく愛せていますか? たまに迷うけど  oh Good-bye days いま 変わり始めた 胸の奥 alright  かっこよくない優しさがそばにあるから ~with you  できれば 悲しい 想いなんてしたくない でもやってくるでしょ?  そのとき 笑顔で Yeah hello!! my friend なんてさ 言えたならいいのに…  同じ唄を 口ずさむ時 そばにいて I wish かっこよくない優しさに会えてよかったよ …Good-bye days
CHE.R.RY ~Bossa Live Version~GOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ  手のひらで震えた それが小さな勇気になっていたんだ 絵文字は苦手だった だけど君からだったら ワクワクしちゃう  返事はすぐにしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど かけひきなんて出来ないの  …好きなのよ ah ah ah ah  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ  サクラが咲いている この部屋から見えてる景色を全部 今 キミが感じた世界と10秒取り替えてもらうより  ほんの一行でも構わないんだ キミからの言葉が欲しいんだ ウソでも信じ続けられるの  …好きだから ah ah ah ah  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ  甘くなる果実がいいの 何気ない会話から育てたい ah ah ah ah 恋のはじまり 胸がキュンとせまくなる いつまでも待っているから 春の冷たい夜風にあずけてメッセージ  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ
fightPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI描く夢がすべて 叶うわけなどないけど あなただってわかっているはずよ 壊れそうな空だって あたしは受け入れるから 大丈夫よ 優しい嘘 大人になりたい  頑張れ頑張れ 命燃やして 続く現実 生きてゆく 頑張れ頑張れ 限りある日々に… 花を咲かせる  希望の先にある 憧れに手を伸ばせば 明日だって手さぐり見つけるよ 散りゆくから美しいという 意味がわかってきた ごめんね もう少し 大人になるから  頑張れ頑張れ 勝ち負けだって 本当は大事なことなんだね 頑張れ頑張れ そうさ人生は引き返せない  いつか振り返る時 今日の若かりし日が きっと懐かしくなるから  頑張れ頑張れ 命燃やして 続く現実 生きてゆく 頑張れ頑張れ 限りある日々に… 花を咲かせる 花を咲かせる
If youGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIもう忘れて あなたに囁いてた 愛の言葉 ウソじゃない? 無くしたい?  気持ちなら 変わるんだって  カンタンにゆかないのよ Blue ココロが Knockしちゃうから  恋してた それは本当よ すべて許せる気がしてた 優しくなれない時間が 少しずつ増えてしまうの 見えないWall のむこう 怖くなる If you  Bye Good Bye My Love もう受話器置くみたいに別れたい 無理よね? だからツライ 恋愛ってやっかいだわ  カケヒキもいらないでしょ? お互い戸惑うこと止めましょ?  恋してた それだけなのに 乗り切れたから不思議ね 悩んでる時間も素敵 キレイに変えてくれたから 戻らないけれど 気づいてよ If you  Happiness Happiness こらえている Happiness Happiness 擦り切れてる Make it  恋してた それは本当よ すべて許せる気がしてた 優しくなれない時間が 少しずつ増えてしまうの 見えないWall のむこう 怖くなる If you
Herrscher妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉叫べ獅子の如く 退け脱兎の如く 現在(いま)に魅入られしは 未来統べる闘争  響け死の音色よ 明日は我らの手に 終結を迎えた 幕開けを讃えよ  旗揚げて 警鐘打ち鳴らして 風はためく 紅の旗章  Geh'! Geh'! Geh'! Nicht aufgeben! Kampfen! Kampfen! Kampfen! Nicht aufgeben!  人は我の如く 我は神の如く 眼前に聳える 塔に住まう恍惚  流れる朱き血が 天(そら)の色を変えても 進め 不動の意思で 奈落堕つる時まで  骨埋めよ 現況受け流して 愛しの我が 子は全てを視る  Geh'! Geh'! Geh'! Nicht aufgeben! Kampfen! Kampfen! Kampfen! Nicht aufgeben!  「未来永劫其の力我が者とせよ 自らの意思と手で悲願成し遂げ 下らぬ異常奸計我が手中にあり 我が求めたる執着更なる進化」  旗掲げて 警鐘打ち鳴らして  Geh'! Geh'! Geh'! Nicht aufgeben! Kampfen! Kampfen! Kampfen! Nicht aufgeben!
filament妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉あとどれくらい失えば 高鳴る鼓動許される?  会いたくて涙 溢れるよ  全ては未来を繋ぐ鍵 崩れる身体に絆感じて もう一度君を守ると誓う  亡くす事を恐れても 未来はもう還らない ただ守る為に生きる 僕が僕である為に  信じ合えると言うのなら ただ一つだけ伝えたい  最後まで君を 愛すると  全ては君へと還る為 切なくて焦がす胸に響いた 優しい嘘と叫びの filament  亡くす事を恐れても 未来はもう還らない ただ守る為に生きる 僕が僕である為に  この想いが 許されるなら  楽園二人築きたかった いつでも隣笑いたかった 生きてる意味を信じたかった 未来はずっと君へ続いてた  惹かれるほど苦しくなる  全ては未来を繋ぐ鍵 崩れる身体に絆感じて もう一度君を守ると誓う  亡くす事を恐れても 未来はもう還らない ただ守る為に生きる 僕が僕である為に
絶望plantation妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉嗤う唇の端に堕ちる 闇は臨む深淵なのか 誰も永遠に知る事の無い 死穢を禊ぐ月の光よ  抉れた瞳で見た荒れ地でさえ色付く華 朱く黒く只暗く  浴びて溶けて巡り食んで嫋やぐ 生き死を見守ると 淡く脆く未だ咲くとも知れぬ 小さな蕾震えた 絶望 plantation  星が帰る池の畔で 眠る蕾呼吸をすれば 新の月は輝きはじめ 夜は朱に染められていく  誘惑する薫りと優雅な花瓣に隠した 凍て付くその眼差しよ  折れて枯れて朽ちて尚も華やぐ 最期を見届けて 揺れて触れて魅せて刺して艶めく 幾つの果てを迎えた 絶望 plantation  見渡す限りの地上に 命の限りを植え尽くす  浴びて溶けて巡り食んで嫋やぐ 生き死を見守ると 淡く脆く未だ咲くとも知れぬ 小さな蕾震えた 絶望 plantation  華と華が満ちて行けば やがてそこは楽園になる 夜と朝は瞳交わし 噎せる薫り目覚めの刻
愚かな結末妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉侵略 オー! 戦闘 オー! 突撃 オー! 進め オー!  異國の地へと赴き 孤絶受け止め耐え忍びて 我が求めたるイデアの 切望を築き上げる  誇り持たぬ脆弱者は 今すぐこの地を潔く去れ  急き立てる焦燥と孤独は 目蓋に閉じこめて 涙は決して見せない  響け天に勝ち鬨の声よ 暁に染まれ 穿つ瞳で繋いだ思想は 流す血よりも赤く 滾る死はまだ 怒りの中で微睡んでいる  I'm invader 異端のAn invader  憐れな先住者らよ 今更赦しを乞うつもりか 土に還りて己の 迂闊さを嘆くがいい  傲り知らぬ恥ずべき者は いずれ絶望に飲まれると知れ  狼狽える同士らの言葉も 微笑みで返して 迷いは決して見せない  奪え此の地を不浄に堕ちた 護れ何度でも 正義なら自分の心の 中にあればそれで良い 最期まで 貫くならいずれ勲章となる  I'm invader 異端のAn invader  さぁ平伏せ愚かな民よ 我が理想をこの地に託す  急き立てる焦燥と孤独は 目蓋に閉じこめて 涙は決して見せない  響け天に勝ち鬨の声よ 暁に染まれ 穿つ瞳で繋いだ思想は 流す血よりも赤く 滾る死はまだ 怒りの中で微睡んでいる  I'm invader 異端のAn invader  呼び戻して輝く大地よ
空想メソロギヰ(TV size)妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉ConsentesDei/Juno/Jupiter/Minerva/Apollo/Mars/Ceres Mercurius/Diana/Bacchus/Vulcanus/Pluto/Vesta/Venus  微睡(まどろ)みの淵で目蓋に揺蕩う  夢想の神は優雅に微笑み死を降し 時空を総べる因果の鎖は絡み出す  神の与えし空想 Program  さぁ eins zwei drei! 重なり合う さぁ eins zwei drei! 死を躱して  消滅の遊戯に焦がれる奇跡を奪う Survivalgame 螺旋のように  哀憐(あいれん)なる傍観者 焦がれる生死よりも遠く 最果てにある箱庭で 終わりのない奇跡があると 信じていた
EGOIST妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉人は神代の昔造られ 未だ贖(あがな)えぬ罪を宿して  天地創造 万物流転 全知全能 生殺与奪  響け 天と地を繋ぐ雷鳴よ 因果律時空を奏でて  縋り付いて涙流して庇護を求めて罪を悔いても 差し伸べた慈悲にも気がつかない 愚かなるEGOIST  人は太古の昔生まれて 同じ過ちを幾度重ねて  天地創造 万物流転 全知全能 生殺与奪  命の無駄使い無防な日々に 救済の刺激を持て成す  目が眩んで欲に塗(まみ)れて策に溺れて絶望しても 自分を慰めるしか出来ない 憐れなるEGOIST  響け 天と地を繋ぐ雷鳴よ 因果律時空を奏でて  縋り付いて涙流して庇護を求めて罪を悔いても 差し伸べた慈悲にも気がつかない 愚かなるEGOIST  人は神代の昔造られ
SeparationGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIlala lalala Separation  勝手なこと言わないで 覗き込む その目を避けた Easyな受け売りなら 聞きたくないから  How Crazy Are You? I wanna say Yes or No...Crazy わからないの I am a baby あなたと一緒は…カナシィ 未熟なだけなの?  電話のベルさえ イヤだわ 背を向けるの 同じような事 繰り返しているの  lala lalala Separation  返事ならしたはずよ 話すことはないわ  How Crazy Are You? I wanna say Yes or No...Crazy? 許すだとか そんなんじゃないの 誤解だったとか…アタシ どっちでもいいのに  会いたいと言えば ユラユラ揺れるだけ キレイな離別を 仕掛けて欲しいわ  Oh きっと触れるだけで すぐに懐かしい 痛みを思い出しちゃうから  留守番電話の 優しい声にさえ 油断出来ないの 繰り返しちゃダメよ  終わりにして 次のドアを開けたいの  いっそ傷つけて 戻れない過去を捨てるの  lala lalala Separation  lala lalala Separation  lala lalala
Get Back HomeGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI難しく考え過ぎだわ 最終電車を 待ちながら ひとりつぶやいた Give me up  ずっと期待されたい いつからだろう? そう思ったりした きっと自分の為に 欲しいものなど何もないから  うつむいた電車の中で ため息をこらえて 吊り革に 手を伸ばした Give me up  きっと世界のどこか 待ってくれてる人がいるはずと I wish 信じてなくちゃ 越えてゆけない夜だわ  la la la Get Back Home 次の夢を探すの la la la Get Back Home さえない自分が 窓に映っている  昨日ふと気づいたら 流れ星をただ見過ごしてた きっと自分の為に 欲しいものなど何もないから  駅に停めてた自転車を探す 月明かり家へ帰ろう
Lock OnGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI雨あがり光るアスファル卜 泣いた街に夜が来る 駐車場 三日月のSora 凍えている I change 冷えたシートで 叫んだ lock on lock on  退屈な大人になっていたわ トラブりそうな 相手を避けながら…  面倒なことはゴメンだけど ちょっと待ってよ そっちのせいじゃないの? Play Back  アクセルを踏みこんでみても 断ち切れないわジレンマ シグナルが赤に変われば 想い出すの You change 愛想笑いは 危険ね lock on lock on  尖った泪持ち出すような ずるい女のやり方はしない  甘えた口元にため息で 泣いたってダメよ 解決しないのよ Play Back  Ambitious もう お家へお帰り 冬の星座が邪魔する 昔の自分でも見ているような気になるから lock on lock on  退屈な大人になっていたわ ちょっとくらいなら 痛みも感じない  面倒なことはゴメンだけど いい人なだけじゃ 解決しないのよ Play Back
U-niformYUIYUIYUIYUI恋人ってわけじゃない 彼女もいたはずよ 本当のとこ知らないけど ...いいの  汚れたユニフォームで 遠くから手を振ってくれた  憧れの先輩だったわ いつだってカッコ良かった 笑ってる顔も素敵なのに 試合にはたまにしか出ないの でもいいの  とある日の公式戦 代打で現れた  アタシの運全部つかう ...だから  見慣れたユニフォームに 遠くから夢をたくしていた  憧れの先輩だったわ あきらめない気持ちで 一塁へ滑り込む姿 アタシはずっと見ていた 好きだった  青春を駆け抜ける 白いボールに込めた Run & Run  憧れの先輩だったわ いつだって真剣だった 苦しい時もあったはずよ アタシはずっと見ていた …あなたを
CookingYUIYUIYUIYUI買い物に 出かけるわ  今日はあなたと二人の 食卓になる  テレビを観てる そのすきにそっと 切り抜いたレシピ覗いて  Let's cooking  手際良く パンチェッタ炒めながら 今日は寒かったわねと 労うの  ソファ越しに ふりむいている  あなたとおしゃべりする 時間が好き  卵を二つ よくかき混ぜたら ひと摘みスパイス加えて  Let's cooking  新鮮な赤いトマトはそのまま 張り切って見えないように 盛りつけた  本当は 得意じゃないの  でも あなたに 褒めてもらうの 嬉しくて  恋してる 毎日が変わった 幸せの途中が 一番いい…  美味しいよと 目を丸くさせた あなたが 優し過ぎて 怖くなる  I think while cooking
Good nightYUIYUIYUIYUILove Love Love  繰り返してゆくだけだわ  Good night Good night おやすみ  Love Love  眠りましょう
no ReasonYUIYUIYUIYUI待ち合わせた白いドアの喫茶店 大きな窓からスカイブルーに広がる世界  都会を離れて思った 呆気ないほど 日常はシンプルに 廻っているんだ  晴れのち曇り ときどき雨 答えようもない気持ち no reason reason...Baby 哀しみと no way no answer うまく付き合いたい  息を切らして あなたは来てくれた  「電話の声、ちょっと元気がなかったよ」と  優しい人で良かった 心配かけたよね?  いつもごめん 嬉しかったわ  気まぐれだって 思うかな? 見えないこの気持ち  胸の奥で巡っている no way no answer やっかいな感情なの  湖の見えるこの場所 gone with the wind あなたが居てくれるなら 穏やかだわ  晴れのち曇り ときどき雨 答えようもない気持ち no reason reason...Baby 哀しみが no way no answer  こみ上げてくるたび こんな弱いあたしの事  受け止めてくれるひと ありがとう 帰りはドライヴで 心ポッかり 風に流された
Nobody KnowsYUIYUIYUICOZZiカッコつけるのね Yeah わかったようなふりして  キミのやりたいように um やればいいさとか言っちゃって  荒波を渡る まだ見ぬ街へ行く  独りよがりでは Yeah 危険過ぎるのよ リアルなDays  説得もする um そこは諦めちゃいけない  子供みたいな目で 無邪気なこと言うの  Nobody Knows あなた想うより 人の気持ちは ah ah 複雑なパズル 甘く見ちゃいけない気がする ah Baby Baby Baby  じれったいほど ah 悩んじゃって進めなくなるのよ  だから頼りにしている I follow my friend 次を目指すときには  従うことだって 正しい選択  Nobody Knows 疑うだけなら たやすいこと oh oh ため息のパズル そっと並べ直してみるの ah Baby Baby Baby  イライラして立ち止まって でも愚痴らずに耐えてみせるから ほっといてよ  うっかり悩んだ顔なんて見せて なぐさめが始まったなら 長引いてしまうだけだわ いい子のふりで話を聞くのも ホントはね 疲れちゃうから  Nobody Knows 強くありたい どこへ逃げても oh oh 追いかけてくる グズグズ出来ない  Nobody Knows あなた想うより 人の気持ちは ah ah 複雑なパズル 甘く見ちゃいけない気がする ah Baby Baby Baby ah Baby Baby Baby
空想メソロギヰGOLD LYLIC妖精帝國GOLD LYLIC妖精帝國YUI橘尭葉ConsentesDei/Juno/Jupiter/Minerva/Apollo/Mars/Ceres Mercurius/Diana/Bacchus/Vulcanus/Pluto/Vesta/Venus  微睡(まどろ)みの淵で目蓋に揺蕩う  夢想の神は優雅に微笑み死を降し 時空を総べる因果の鎖は絡み出す  神の与えし空想 Program  さぁ eins zwei drei! 重なり合う さぁ eins zwei drei! 死を躱して  消滅の遊戯に焦がれる奇跡を奪う Survivalgame 螺旋のように  泡沫の未来書き換えるように  空想繋ぐ輪廻のノイズが鳴り渡る 時間は歪み因果の旋律は崩れ去る  神の与えし継承 Program  さぁ eins zwei drei! 連なり合う さぁ eins zwei drei! 死を振り切って  消滅の遊戯に抗う奇跡に挑む Erasergame 夢幻のように  神の与えし機械(からくり) Program  さぁ eins zwei drei! 重なり合う さぁ eins zwei drei! 死を躱して  eins zwei drei! 連なり合う さぁ eins zwei drei! 死を振り切って  消滅の遊戯に焦がれる奇跡を奪う Survivalgame 螺旋のように  哀憐(あいれん)なる傍観者 焦がれる生死よりも遠く 最果てにある箱庭で 終わりのない奇跡があると 信じていた
The Creator妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉この世は戦乱堕ちても薫り高く 目蓋を閉じれば蘇りし空想 時空を操り自在に支配をする 生と死を賭ける未来のsurvival  生を望めば死が 死を悟れば救世が 祈り捧げよ神 神祈りに応えず  戦慄の日は幻 互いの価値を翳して 奪い取れ神の御座(みくら) 拗(ねじ)れた世界の果て 奇跡を超えて呼ぶ奇跡  崇(あが)めよ愚かな堕落の申し子らよ 滅びは上質甘露の創世記 誰もが欲しがる進化の系統樹は 数多の犠牲で成り立つ carnival  明日を望めば死が 死を躾(かわ)せば生が 祈り届けよ神 神祈りも及ばず  消滅を覆(くつがえ)して 互いの策を読みあい 奪い取れ神の御座(みくら) 排除と犠牲の果て 奇跡を起こし手に入れて  生を望めば死が 死を悟れば救世が 祈り捧げよ神 神祈りに応えず  戦慄の日は幻 互いの価値を翳して 奪い取れ神の御座(みくら) 拗(ねじ)れた世界の果て  消滅を覆(くつがえ)して 互いの策を読みあい 奪い取れ神の御座(みくら) 排除と犠牲の果て 奇跡を起こし手に入れて  “天地創造神々の覇者 遙かな昔人々の夢 覗いた夜空鏤められた 夢幻の神話遠い約束  ただ信じていた…”
Green a.livePLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI愛、無力のまま噛み締めた 白く無情に嘆くより働いた  深夜のバーガーショップ 朝を待つ少女がひとり… アタシが無くしたものは何?  愛しても引き裂かれるほど oh your love あなたの温もりを想い出すoh tell me  正義って何だろう? 憎しみは何処へゆくの? oh baby ねぇ神様は誰の味方をするんだろう? Come a.live  dance 踊るみたいに笑ったら ひらりスカートの裾 邪魔になった  都会をさまよって 奇麗なものに触れるたび 変われない自分に気づいてる  悲しみはいずれ優しさになる oh get back 優しさは人を守るチカラに but for me  精一杯だよ 今を生き抜くために oh baby ねぇ神様は誰を守ろうとしているの?  いつだって未来を信じているから 同じ時代に生まれて来た あなたと一緒に  確かな手応えが欲しくて No No No Love...your love 苦しくもなるんだ  なのに正義って何だろう? 憎しみは何処へゆくの?oh baby でも生きてゆかなくちゃ …Tomorrow’s way  愛しても引き裂かれるほど no crime 罪もなき 現実を受け止めるNo No No  十年先、灯す明かりのために oh baby いま明日へとむかうの あなたにも来て欲しい Come a.live
Let's face itYUIYUIYUICOZZi次の順番 狙ってんの? I don't know I don't know すぐに変えてしまうだけじゃ ゼロのまま…  Oh Try Try Try Try again 本気を見せて頂戴 邪魔しないでいてあげたら? そんな気分  Are you all right? どっちの味方でもないわ  Don't get me wrong このままが最高なんて思えない でもOne More Chance 賭けて欲しいと願ってる  Let's get it done 実現の為にゆくのよ Let's face it  悪いひとばかりじゃないわ  Don't get me wrong このままが最高なんて思えない でもOne More Chance 聴こえるはずよSOS  Don't get me wrong このままが最高なんて思えない でもOne More Chance 最後に見せてくれるでしょ?  Let's get it done 実現の為にゆくのよ Let's face it
Mischievous of Alice妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉出でし扉の聖なる使者よ 我が身飾りて凜と成せ  終わりも知らず 果てなく続く遊技に 高まる鼓動 私は満ちてゆく  歪な世界で 自分だけを信じ生きる その身に纏った 真の証高く掲げ  誰よりも美しく 畏れないで戦え 穢れきったこの地に 導きを示せ  出でよ躍れよ聖なる戦士 滾る闘志を胸に秘め  この世は瓦礫 踏みはずしたら堕ちゆく 不安な甘美 私は満ちてゆく  歪な世界の 覇者に挑む時を超えて すべてを繋いで 巡り廻る強い絆  誰よりも艶やかに 誇りを持ち戦え 澱みきった心に 制裁を下せ  終わりも知らず 果てなく続く遊技に 高まる鼓動 私は満ちてゆく  歪な世界で 自分だけを信じ生きる その身に纏った 真の証高く掲げ  誰よりも美しく 恐れないで戦え 穢れきったこの地に 導きを示せ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
emergence妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉硝子の瓶に やさしい朝が ひとしずく落ちて 明日に変わる  いま望む未来 繰り出した手は幻 朝露に映る 浮腫んだ夢の兆し  重ねた羽根広げて 純なる陽射し浴びても ふれあう棘と私 盲目の心は脆くて まだ確かに疼く  流れる星に 翳したその手 零れた欠片を 掴めるだろうか  月が映し出す 華やかな夜、幻 夜露に映った 私の知らない私  飛び立て羽根広げて 生まれたての柔らかな 湿りを帯びたままで 自由と言う大空を往く この祈りを乗せて  重ねた羽根広げて 純なる陽射しを浴びても ふれあう棘と私 盲目の心は溶けゆき いま未来は変わる  ただ静かに待つの
HELLO ~Paradise Kiss~PLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIHello~  How many 恋してるの I can see すぐにわかるわ  真っ赤な Jealousy 抱えて  違う自分に気づいている 危険な夢 触れたくなる どうかしてる?  あの楽園の先に憧れている でも ねぇ ちょっと 飛び込めないわ  こんなアタシの事 アナタ きっと笑うでしょ?  惑わせる 優しい悪魔  Hello~  Don't stop 気のないフリして Any time 待ちこがれる  情熱 それは手強い  瞳の奥 映る影に かなわない気がするから 忘れたいわ  でも楽園の先に憧れている 寄り添えば 目を閉じるだけ  そんなアタシだったら アナタ きっと嫌うでしょ?  惑わせる 冷たい悪魔  いっそ出逢わなかったら 良かったのに… Say Hello, Say Goodbye  始まりの予感 止められない 悔しいけど 好きになる  その後ろ姿に泣けてくるから たぶん そう きっと 戻れないね  いつかアタシだって アナタ 夢中にさせる  微笑むの かわいい悪魔  Hello~
YOUPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIずっと待っていたの 言えなかったけど  足りない日々をそっと 埋めるように 笑ってた  触れるだけで 壊れた  指先から 離れて 消えた  さよなら あなたを忘れられるほど 素敵な夢をみたいの  こんなに 綺麗な灯りともしたら うつむいてられないでしょ?  もっと知りたいこと いくつもあるの  無くしたわけじゃない 元の場所へ 戻るだけ  違う人を 愛した  わかるような 気がして 泣いた  さよなら あなたを忘れられるほど 素敵な夢などないわ  どんなに 綺麗な灯りともしても 鏡の前 立ち止まる  自信なんてないの きっと誰も同じはず…  あなたの横顔 想い出していたの  いつまでも あなたを忘れられないまま  夢の続きを探した 怖いものなんて  なくならないんだ あたしにもわかってきたわ  うつむいてられないでしょ?
It's My LifePLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIIt's My Life きっと大丈夫 マジメにやってきたじゃない  情熱なくさないように ススメRock'n roll Life  何事もトライ? それじゃ疲れちゃうわ 迷ってなんかないのよ I am all right  偽りの言葉で 明日はすれ違う  人ごみ交差点 ぶつかりあってExcuse me  It's My Life きっと大丈夫 胸の奥で唱えるの  Always a star 遠慮してたらNo No No  都会に吹き抜けるblue wind 生ぬるくなってきてイヤだわ  愛情なくさないように ススメRock'n roll Life  Oh Friends 覚えてますか? 犠牲になって消えてった感情?love?  無くしたものばかり 悔やむ事はない ずっと繰り返している わりと人生は長い  It's My Life きっと大丈夫 マジメにやってゆけたら  Always a star つよがりは続いてゆく  都会に吹き抜けるblue wind 砂ぼこりに目を細めている  泣きたくはないんだ まだ歩かなきゃ  誤解されることだってある 少し強くならなくちゃ 進めない  It's My Life きっと大丈夫 胸の奥で唱えるの  Always a star 遠慮してたらNo No No  言い訳なんて 聞いてくれないし  歩いた分だけの My Story  情熱なくさないように ゆこうRock'n roll Life
Your HeavenGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI遠い昔 写真で見た 赤い屋根の続く街で la la la la 出逢う気がしていた  それはきっと 偶然よりも もっと強い運命よ 笑っていた 空の色彩もどうしてかな? 初めてなのに 不思議 懐かしいの  あなたの声 聴いていたわ  辛い夜を越えてゆけば いつかわかる そう歌っていた  だからアタシ 信じていたの  la la la la la la la…  どれも本当 目の前の景色だって 忘れない 憧れてた 笑顔の先 どうしてだろう? 泣けてしまうのは… ずっと 待っていたの  遠い場所で 触れた奇跡 赤い屋根の続く街は 海のそばで 子供達の 夢にあふれ 輝いていた  アタシの声 風になれ もう言葉ならいらないから la la la la 聴こえてくるでしょ?  あなたの歌 思い出せば  辛い夜も越えてゆける 同じ今を生きた事を  忘れないわ 来てよかった  la la la la la la la…  um さよなら Thank you for power of love. Your Heaven
Viscum album妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉私の目を覚ましたのは誰? 悪夢癒えぬ憂鬱 滅亡を知る前に  命を受けた刻は躯を巡って 朱く熱く燃ゆる龍のように蠢く 幾千の死を超えて私は芽吹いた  胸の奥で華ひらく 残酷な蔓は 主の願い受け継いで 未だ宿っている  浅き夢を見せてるのは誰? 通りすぎた過去で 私は何をしたの?  指先揺らす風は微かに痛くて 軋みか悲鳴なのか答えは無いまま 力を振り絞って私は芽吹いた  千切れた躰補うように新たな命が 私の腕の中で確かに生まれて 枯れてもただ支える為だけ生きよう  終わりのない朝 誰かの呼ぶ声 夢から覚めても まだ私は居た
gothic lolita agitator妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉優雅な身の熟し 小さな迷路の庭園と 馥郁たる薔薇の薫りを 私は支配するの  目に映るものだけが私の世界 高雅な野心を胸に秘めても 身動きがとれないままで まだ此処にいるの  瀟洒な寝台で 駒鳥の鳴き声で目覚めて まるで数百年も前から 繰り返してる錯覚  “逃げ出しましょう”と何故私を呼ぶの 眠れる姫のままでいたくて  導く すべての 命よ  優美な cliche 美辞麗句を並べて 底の浅い笑顔で私を見ている 煌びやかな礼装と似たような顔 私は世界でただひとりになる  天鵝絨締め付ける 只ひとつの足枷でも 私は解く勇気さえないの  “早く...”  優雅な身の熟し 小さな迷路の庭園と 馥郁たる薔薇の薫りが 私を支配するの  目に映るものだけが私の世界 高雅な野心を胸に秘めても 身動きがとれないままで まだ此処にいるの  逃げ出したいけれど 変えたくないの 世界を見たいのに 此処にいたいの  導く すべての 命を 託して  優美な cliche 美辞麗句を並べて 底の浅い笑顔で私を見ている 煌びやかな礼装と似たような顔 私は世界でただひとりになる  天鵝絨締め付ける 只ひとつの足枷でも 私は解く勇気さえないの  “早く...”  私を呼ぶのは誰? 暗澹たる世界で 私だけが知るという 真実が必要ならば 禁断のelixir 世界を変えよう  響けよ声よ この世界を 嘆く者達に  全てはたった 1つの勇気 枷を解いて さぁ  征こう
a roomYUIYUIYUIYUIきっと わかってるんだ きっと 笑ってるんだ  心の中 覗いて  どうせ このまま 時間がたてば あたしは許してしまう  キライにはなれない I'm a cry baby  知らないふり Oh Your way ずるいのね?  愛を育てて たまにこう ぶつかり合う日々も 嬉しいことだって 言える  だけどね 聞いて  ささいな出来事 それも受け止めてほしいよ  あたしには あなただけよ  今日は もういいわ だって 面倒に 思われたくないから  まったく 悪びれない そんな 顔してる アタシはあきれてしまう  それでも笑ってる I can't understand.  トボケている? Oh My way だまりこむ  愛を確かめて また二人 未来を語るの 深刻にならないで 過ごす毎日  だけど  ささいな出来事 それも受け止めてほしいよ  あたしには あなただけよ  だってあなたがすべてになる それくらい大きな事よ 不器用だって思ってるから 苦しくて 苦しくて  愛を育てて ゆっくりと歩いてゆくよ あなたの側で 過ごしていたい  だから  ささいな出来事 それも受け止めてほしいよ  あたしには あなただけよ
RainPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI待ち合わせの夜 気がついていた 鏡の自分に問いかける 白いコート さえない顔 本当は期待してる? タクシーが捕まらないまま 国道沿いを 急いだ ah  傘がないなんて よくあること ずぶ濡れになって 歩いたクリスマスイヴ 誰のせいにも出来ないじゃない 自分勝手に描いたストーリー ほんの少しの幸せだけでいいの アナタハコナイ… わかってる Silent Night  時計を気にする人は苦手よ 失い続けた記憶がよぎる どうしたって 過去は無くせない いつまでも嘆かないで 特別じゃないわ 何度繰り返しても 同じ場所で迷うから  嘘はないさって 嘘はやめて 真相なんてわからない エピソード 傷つく事にも慣れている 矛盾だって 全部受け止めた すべてを壊す勇気なんてなかった アナタハコナイ… ひとりきり Silent Night  Show Window 並んだ未来に夢見ていた あの頃のように  ぼんやりと映った Candle に憧れた サヨナラだね?  この雨がいつか 粉雪になって 悲しみをそっと 包み込む時 新しい希望に出逢うの  いつだって Holy Night 楽しめた 大人ってちょっと 寂しがりだから 泣いたっていいんだ 始まりのSilent Night
Asgard妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉心の奥で静かに湧き出でる 追憶など忌むべき快楽 過去を壊した 理由を探すなら 代償という名の生贄  大地を爪弾く神の宴は 天を揺るがし焼き尽くす風  最期の時に与う祝福よ  喩え善と悪が惹かれて解け合い 道を見失うとしても 目指し進む先は孤高のAsgard ただ一つの約束  全てを賭してさえ守る誓いを  心は脆く絆はより強く 棄てた過去に未練はいらない 何が運命か 互いを傷つけて 裏切りだけが木霊する  妖しく輝く天の魔術で 闇を切り裂け聖の剣で  刹那の時に迷い込む孤独よ  響けよ天地へと集いし者達よ 鐘の音が鳴り終わるまで 穢れを浴びてなお輝き続けてる ただ一つの光よ  終焉の刻まで護り続けて  大地を爪弾く神の宴は 天を揺るがし焼き尽くす風  喩え善と悪が惹かれて解け合い すべて見失うとしても 目指し進む先は孤高のAsgard ただ一つの約束  全てを賭してさえ守る貴方を
keep existing妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉願いし平和 その先に 本当の幸せがあるなら すべて 無くしてもいい  何気ない日常 笑い合う日々が 続いていた それがすべて 消えてゆくなんて 僕は 知らずにいた  かけがえ無い存在 大切な想い 譲れない覚悟の強さを賭けて  願いし平和 その先に 本当の幸せがある 沢山の犠牲を払って 辿り着いた場所は  すべてが無くならない世界  絶望の未来 残酷な真実 目を背けて 現実から 逃げ出すなんて 僕は 出来なかった  自分という存在 小さな力と 大きな決意で戦い続ける  願いし平和 その先で 本当の幸せを待つ 沢山の未来を教えて 選んだその場所は  すべてが無くならない世界  何を求め何を知るか 誰が生きて誰が死ぬか 終わり無き戦いは続く 守るべき者はいるか 守り抜く意志はあるか (最期まで)  決して忘れない言葉 再会の約束 間違いの許されないff(フォルテシモ)  誰しもが望む未来は 美しくて綺麗なの? 願いし平和 その先に 本当の幸せはある? 沢山の犠牲を払って 辿り着いた場所は  すべてを取り戻した世界
rebellion anthem妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉讃えよ荘厳なる 殉國末裔 幻想 幻覚 限界 無限の回帰  人は諭す 虚飾の笑み擬装の瞳で 調律の世界は 思想を置き去るだろう  唄え、革命の詩を  反逆の殉教者たちよ 戒律を踏み破れ 救世の地はまだ遠い 「ならば進み続けよ」  世界 欺瞞 虚栄 虚言 喝采 Vanish! 欺瞞 虚栄 虚言 一切  甦れ遙かなる 賢聖の遺志よ 永劫 永遠 永世 無言の正義  人は諭す 調和と秩序の重きを 異端は排されて 思想は消え去るだろう  唄え、擾乱の詩を  反逆の殉教者たちよ 戒律を踏み破れ 沈黙は美徳ではない 「ならばすべて曝けよ」  世界 欺瞞 虚栄 虚言 喝采 Vanish! 欺瞞 虚栄 虚言 一切  纏りし呪言の渦 総て解き放して 還れ 原初の光の中へ 今 世界が始まる  同志諸君。 諸君らの歌声は暗闇に響く軋みにかき消された。 しかし我らが堪えたあの暗闇は鐘の音と共に明けるだろう。 さぁ唄え擾乱の詩を! さぁ唄え革命の詩を! 欺瞞、虚栄、偽りで飾られたこの常闇を 我らが唄で焼き尽くして見せよう!  さぁ、征こうか。  唄え、革命の詩を  反逆の殉教者たちよ 戒律を踏み破れ 救世の地はもう近い 「ならば共に闘え」  世界 欺瞞 虚栄 虚言 喝采 Vanish! 欺瞞 虚栄 虚言 一切 世界 欺瞞 虚栄 虚言 喝采 Vanish! 欺瞞 虚栄 虚言 一切
still alive妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉虚ろな人々達は 輝く場所で 祝福の眩き 光を浴びていた  渇いた路は続いている 森の中にある すべてを受け容れる 黒き館へ  (I'm still alive) ゆこう (I'm still alive) はやく  人は何故同じ光に縋って 歩むのか 辿り着く場所に 何故疑いの目を 向けずに  生きてゆくのか このまま 生きているのか 分からずに  得意げに笑い合う 人々の声は まだ遠く遠く 私は近づけない  (I'm still alive) ゆこう (I'm still alive) はやく  確かな事は 何も見えないけれど 本当は 楽な方に進む路を 選んで来たのでしょう  生きてみればいい そのまま 生きていたいと 思うなら  (I'm still alive) ゆこう (I'm still alive) ともに  求める光の先には 祝福なんて無く 自分で選んだ路だけが 輝き帯びている  生きてゆこうか ここから 生きていられる その日まで  (I'm still alive) (I'm still alive)
ParadeYUIYUIYUIYUI秘密のまま付き合うの? 愛し合っているのに  昼間の渋谷で 会って 手を繋いで 歩いてもいいじゃない?  悪いことしてないわ 下を向いたままじゃ つまらない  食事も味気ないじゃない 大きな声で話していいよ  噂が怖いなんて言って 愛を語るのが苦手  車の中じゃ お喋り… あなたの友達に 会わせてよ  悪い人じゃないけれど 煮え切らない感じ ゆるせない  家へなんか行かないよ 驚いた顔しなくていいよ  人目ばかり気にして 意気地なしね がっかりしちゃう  悪いことしてないわ 下を向いたままじゃ つまらない  パレードしたくなるほど  大きな声で 歌っていたいのに…  la la la … la la la …  あなたの側で 歌っていたいのに…
es.carGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI大きなカーブを曲がって近づく… ぼんやりみえる あれが江ノ島ね ?  134号線から 見渡したんだブルーの空  たぶん 恋してる  あなたのすぐ側に あたしじゃダメかな?  キラキラ光る 海の向こうに サーフボードが揺れる  蜃気楼? I'm in love  鎌倉あたり 歩くと思ってたから 知らない場所に浮かれているの  展望灯台に昇ったら そっとオマジナイをかけるわ  ごめん 恋してる  ファミレスの駐車場 渋滞してるみたいよ  サラサラの髪 流れる人に 視線 気にする  心配だわ… I'm in love  参道ぬけ エスカーに乗って Oh Baby Oh Baby  頂上ついて風になって もうHappyだね そうHappyだね  あなたのすぐ側に あたしじゃダメかな?  キラキラ光る 涙の向こうに 笑顔が揺れる  お願いVe-nus…  帰り道の途中 眠ってしまった  夕暮れの江の電 手をふる子供  曖昧なThank you…  蜃気楼? I'm in love
Shake My HeartGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIいま僕たちは 出逢えたんだ  クルージング 大きな海の真ん中で 誓い合う  昨日までのこと 明日からのこと  Always どんな日々だって 楽しめるはずだから  Boogieな夢を見て 吹き抜ける風になる ah! ah!  一緒に来ないか?  Shake My Heart Yeah! Shake Your Heart Baby!  この胸の高鳴りを  Shake My Heart Yeah! Shake Your Heart Baby!  広げてゆけたら 素晴らしい  Yeah 嘆くなよ はじまりだ  きっと同じだよ 君だって同じでしょ?  Freedom 本当に欲しいものはいつも 自由じゃない  Boogieな夢のため 涙さえ惜しまない ah! ah!  一緒に来ないか?  Shake My Heart Yeah! Shake Your Heart Baby!  この胸の高鳴りを  Shake My Heart Yeah! Shake Your Heart Baby!  広げてゆけたら 素晴らしい  追い風に乗って 帆を高く上げて OK?  小さな島を抜け出してゆく そんなイメージで  Shake My Heart Yeah! Shake Your Heart Baby!  この胸の高鳴りを  Shake My Heart Yeah! Shake Your Heart Baby!  広げてゆけたら 素晴らしい  Yeah さあ行こう はじまりだ fu…
CinnamonYUIYUIYUIYUIla la la 雨の la la la 朝に  気づいたの 着信に  昨日早く 寝てしまったから 心配してるよね?  君の声が 寂しそうに 残っていた  明日もし晴れたなら 迎えにゆくよ  もちろん嬉しいけど  天気予報 見てないのかな?  君らしいね 22:00の Message  la la la すぐに la la la あたし  かけなおしてみたけど  まだ寝てるよね? メールしとくね 大きく伸びをする  君の声が 聞きたいけど 仕方がない  シナモンの香りに 誘われるまま  食卓でゆっくりと 返事を待っている  すれ違いの8:00(午前8時) 会いたくなる  雨の日はいつも 家にいるだけのMy Story 連れ出してほしい 傘の中ふたりで…  二杯目のカプチーノを 飲み干したなら  そろそろ電話してみよう Good morning  シナモンの香りが 届くといいな  あいにくの天気だけど 君を待っている  会いたくなる 会いたくなる 会いたくなる
Driving Happy LifeYUIYUIYUIYUI夏の冒険よ 借りた車で  真剣ドライヴ 気分最高  窓開けたら 想い出したの  今年も野外フェス 楽しくなりそうだ  初めての湾岸線走る  高速の入り口で 迷ってる場合じゃない  Happy Life いいでしょ? 何処へだって行けるんだ Happy Days そうでしょ? うまくゆかない日だって あるけど  Driving Happy Life  ガソリンスタンド 探している  あの雲のように ふわり浮かんでたいのに  I LOVED YESTERDAY かけながら  サービスエリアに寄って ひとまず休憩しよう  Happy Life いいでしょ? 悲しむことはない Happy Days そうでしょ? 次に見えてくるものは何?  Driving Happy Life  現実っていつも 行き止まりに感じちゃう  でも道はあるんだよ 知らないだけだよ  地図のない旅は まだ続くよ  Happy Life いいでしょ? 何処へだって行けるんだ Happy Days そうでしょ? 運転にも慣れてきた  Happy Life いいでしょ? 悲しむことはない Happy Days そうでしょ? 次に見えてくるものは何?  Driving Happy Life Driving Happy Life
Kiss meGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIKiss me Oh Baby 偽りの愛を育てるの?  I kiss you 世界は 真実それだけじゃ 矛盾してくるから  月夜に目閉じて 悟ったように話すけど 問いただしてみたい  絶望の手前 快楽の途中  yeah  涙? 出ないくらい シラけてるのよ 愛はもう終わったの 気づいているはずよ そんな目しないでよ ツマラナクナル  In fact, I love you 傷つけてあげる  …淡く想い出に消えて  Kiss me Last Baby いつものジョークを聴かせてよ  I kiss you 世界は 幻滅それだけじゃ ふさぎ込むだけ  積み重ねてきた 約束を壊してしまうの? 未来は変わってゆく  友情の手前 憎しみの途中  yeah  涙? 綺麗じゃない こんなに苦しい 夜をこえたら 癒されるかしら そんな目しないでよ キザマレルカラ  In fact, I love you 好きだったんだから  …ふかく心から深く  I need you そんな日に もう戻るわけには 行かないんだって 決めたの a long long long way  yeah  涙? 出ないくらい シラけてるのよ 愛はもう終わったの 気づいているはずよ そんな目しないでよ モドレナクナル  In fact, I love you 傷つけてほしい  …淡く想い出に消えて
Please Stay With MePLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIそばにいてくれる? 情熱の隙間でそっと  やすらぎはいつも 悲劇の先に見えなくなる  小さくなる愛のかけらを 拾い集めては  ひとつ ふたつ 重ねているの  会いたいと ただ願うだけで こんなにも 涙あふれるから…  my love  夜空に浮かべた ため息がこぼれる  Please Stay With Me  こらえてるけれど そっけなくならないでね  言葉っていつかは 真実に変わるから  プライド才能聞こえない 夢のまま終われない  ひとつ ふたつ 解き明かしてよ  会いたいと 言えば また苦しめてしまう? 涙あふれるのに…  my love  すれ違うたびに 愛しくなってゆく  Please Stay With Me  もっと知りたい あなたの声が聴きたい  泣きたくなって 戸惑って 弱いよね?  会いたいと ただ願うだけで こんなにも 涙あふれるから…  my love  夜空に浮かべた ため息がこぼれる  Please Stay With Me  会いたいと 言えば また苦しめてしまう? 涙あふれるのに…  my love  すれ違うたびに 愛しくなってゆく  Please Stay With Me
Ring Ring Ring浅香唯浅香唯YUI安田信二・HALNEN花びら求めて砂漠を舞うミツバチは つまらない事に忙しくて疲れるわ ああ 促されてみたい 諦めてしまうより  Baby Allright 不思議なの 夢みて Allright, Allright, It's a Allright 涙にはかえらない Baby Allright マケナイで Are you okay? oh yes, oh yes, I'm a okay 生まれ変わるように  トラブルのベル 頭の中響いてる 叫びたいわcrash! 正気ならもう枯れ果てた 今夜も倒れ込むベッド あたしまだ生きてるわ  Baby Allright 許せるわ 全てをAllright, Allright, It's a Allright ほらまだ笑えるから Baby Allright ステキだわ How can you smile? oh smile, oh smile, good smilin' 明日に届くように  まっすぐな目を伏せた臆病な夜も  Baby Allright 不思議なの 夢みて Allright, Allright, It's a Allright 涙にはかえらない Baby Allright マケナイで Are you okay? oh yes, oh yes, I'm a okay 生まれ変わるように  Baby Allright 許せるわ 全てをAllright, Allright, It's a Allright ほらまだ笑えるから Baby Allright ステキだわ How can you smile? oh smile, oh smile, good smilin' 明日に届くように
不器用な天使浅香唯浅香唯YUI都志見隆息をひそめて 夜明け前のホームに立ち 雲がわれるのを 見つめていた 帰る場所なら ずっと楽に行ける 静かな風にさえ足をすくわれそう  白いシャツに描く夢は儚く もっと簡単に捨てちゃうことも出来たのに  転がって 転がり続けて ほら不器用な天使のままで 急がなきゃ もっと急がなきゃ 涙がね追いつくの  狭い部屋でひとり暮らすことに 慣れてしまうせつなさも忘れていた 銀の指輪に光る愛が痛い くずれたココロのバランスととのえたい  仕事だけが今は生きがいでいい そんな強がりを誰かに こわされたいのに  彷徨って 彷徨い続けた ほら不器用な天使はいつも 感じてた ずっと感じてた 愛されるせつなさを  世界中の涙かき集めても 虹のたもとまで行けると信じていた頃  転がって 転がり続けて ほら不器用な天使のままで 急がなきゃ もっと急がなきゃ 涙がね追いつくの  彷徨って 彷徨い続けた ほら不器用な天使もいつか 狙ってる飛び立つチャンスを 涙がね無い場所へ
TonightYUIYUIYUIYUIto me? why? その手を離して tonight tonight tonight  getaway モテそうな人ね? 淡い 淡い 怖い  紫色に光るeasylight 好きになれない 窓ガラスの向こう rainy blue  fun fun la la love… fun fun love? 全然 馴染めないまま  アタシは 冷静になる  ごめんねサヨナラ runaway 浮かれた人ね? tonight tonight tonight 場違い 迷い込んだの 居たい? 痛い 痛い 捜し物は何? 独り easydriver  気づかれないように ドアを開けてみる closing time fun fun la la love… fun fun love? I can't change I can't stop  夜明けを 待ってみるほど 素直でもない 今日を癒す為の時間なの? YES? NO? YES? 気になるの? 寄り道は出来ない 急がなくちゃ… fun fun la la love… fun fun love? 全然 馴染めないまま  アタシは 冷静になる fun fun la la love… fun fun love? I can't change I can't stop  夜明けを 待ちきれないの ごめんねサヨナラ
to MotherPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIだって あなた 言ったじゃない 涙声うつむいたまま  嘘もつけなくなったら 生きてゆけなくなるよと  愛されていたいと思うから どんな痛みだって 笑ってみせた ah ah  悲しみって あたし一人だけなら 耐えられるのに  優しさって 残酷よね?  心まで みだれるもの  ずっと一緒に居たいけど 嫌いなとこが増える日々  似たもの同士なんだよね? わかるような気もしてる  愛し合える人が出来たの そんな日がくれば 変われるかな ah ah  幸せって 魔法みたいに 輝いてくれないけど  憎しみって ささいなすれ違いでしょ? 泣かないで  たかが運命なんて 変えてゆけるんだって 家を飛び出して夜に泣いた  誰もいない公園のベンチで 迎えに来てくれるのを待っていた  悲しみって 寄り添えば何処となく 温かくて  優しさって 側にあればふと 甘えてしまうもの  ねぇ 幸せよ たぶん あたし  あなたが 居たんだから
Baptize妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉冬の蕾花咲く頃 空の色は銀に輝く 大気は奮え風は花弁を 羽根のように吹き散らす  誘い誘え彼の場所へと 金に輝く桃源郷は 全て飲み込む天か地獄か 凍ったままの刻の中  孤独に耐えて誰を待つ 神よ私は罪ですか  碧い瞳は何を映すの 古の物語でも彼を奮わせられない 深く深い氷の下には 生まれたての聖なる光 どうか彼を導いて  生に縋り赦しを乞い 天の遣わす恵みの露 全て飲み干す慈悲か悪意か 堕落した思考のまま  生きる希望誰に託す 神よ私に贖いを  白い大地を覆う冷気は 染みついた赤い穢れを瞳の奥に堕とす 奪い奪う死闘の痛みは 大切な人を失くした 終末の痛みと知る  融けた刻の中 孤独を抱いて朝を待つ 神よ私に真実を  赤い瞳は何を赦すの 吹き荒ぶ胸の嵐を鉄の刃に変えて 背負う罪が広がる速さに 祈りの密度を高めて 覚悟の名で誡めてBaptize
call my name妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉寄り添う花びら双つ ふわふわ 揺れている  灯した刻は短く ゆらゆら 溶けていく  同じ魂を別つ2人は 遠く惹き合う 互いを捜している  呼んで 名前を生きていた証を 始まりと終わりを繋いで 薫る涙の螺旋還るまで  舞い散る花びらひとつ ひらひら 落ちていく  出口の見えない闇を ふらふら 彷徨う  眠るいつまで眠る子供の ままで痛みに 耐えて記憶を封じて  呼んで 名前を生きていた証を 絶望と希望を繋いで 記憶の中でさえ生き続ける  ずっと響き合う魂の囁きは やっと巡り合えたこの胸に疼いて  私の中で生きる貴方が 側で笑えば 貴方の中で生きる私も 笑うの  「途切れた魂の音が聞こえる?」  呼んで 名前を生きていた証を 始まりと終わりを繋いで 薫る涙の螺旋還るまで  『名前も無く』証が無くても 心呼び合えば 記憶の中で生き続けられる
誰そ彼の月華妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉漂う波に寄り添う華は あまりにも脆く散り急く 泡沫の繚乱物語  誰そ彼の宵月に紅染めの月華が咲き 命の灯籠ともし 鋼の躰に誓いを羽織って 紅差す華を護り賜ふ 枯れて尚  硝子の瓶に囚われ咲いた 一輪の凄惨な過去を露に溶かして 禊ぎの蜜に誘われし蝶の 描く儚き残酷な 白昼の夢見物語  苟且(かりそめ)の縁でも美しく散華(さんげ)に消ゆ きつく締上げた帯 レエスに忍ばす決意の刺繍は 羽ばたき嘆く選び賜ふ 天か地か  歪(いびつ)な剣に魅せられ生きた 荒れ狂う魂の熱で天を焦がして 清めの炎は置き去りし今日の 追憶を虚飾で彩る まやかしの絢爛物語  禁断の華を 手折るのならば どうぞ(どうか) ずっと(ずっと) 散るまで傍にいて  硝子の瓶に囚われ咲いた 一輪の凄惨な過去を露に溶かして 禊ぎの蜜に誘われし蝶の 描く儚き残酷な 白昼の夢見物語
MufflerYUIYUIYUIYUI今年の冬は きっと 会えるような気がしていたんだよ 4年ぶりあなたはすぐ笑ってくれた  宮地嶽神社の帰り道 下り坂の途中で 凍えそうな 明日を暖めるように  手をふる 想い出の町 夕暮れに なつかしくなるより もっと早いスピード 時間が巻き戻ってゆくみたい 赤いマフラーが気になっているけれど  たまには帰って来てるの? あなたは小さな声で あたしは頷いてみたけれど …違う  彼女でも出来たかな? そんなこと考えていた ぼんやり もしかして そのマフラーも プレゼントなのかな?  偶然の再会って あっさりと 過ぎ去るほうがいい きっと想い出まで変わる 恋をしていた あの頃に戻れはしないさ そっとまた振り返るだけ  季節が変われば 二人はwo 離ればなれだね いつも話していた あの日のように 冷たい風が吹く 二人の間にちょっと意地悪なイタズラ 「さよなら」が かき消された  本当は呼び止めて くれたんじゃないかって思う 考えすぎだって わかってるんだけどね?  ah ah la la la …  赤いマフラーを 見かけるたびに ずっと ah ah la la la …
GLORIAPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI魅惑の扉 将来の展望だって 揺らぎそうになる 青春時代で 人生が変わる? 恋したいのに 臆病になる 問題 山積みなんだ  答えを導く為には this feeling 切り捨てられない all my love  ユメじゃないやいやいやいやい 手が届きそうな GLORIA たまに見えなくなって Cryやいやいやいやい 近道を探しても同じね また迷ってしまうでしょ?  成功者の声高々に 語るエピソード 他人事みたい 今のアタシ 小さな部屋で 考えている 空想の未来に…  問いかけてみるけれど bad feeling イメージ出来ないのが all my love  負けてないやいやいやい 輝く先に GLORIA 近づいてるはずさ Cryやいやいやいやい もう誰のせいにもしないよ 全部抱きしめてゆく 夢中になれなきゃウソね  wo~サクラが咲く頃にきっと wo~新しい自分に出会えるの  ユメじゃないはずよ 報われると信じてる 本当は怖いけど  Cryやいやいやいやい くやしいキモチがあるから Get glory day  負けてないやいやいやい 輝く先に GLORIA 近づいてるはずさ Cryやいやいやいやい 眠れない夜にひとり 膝を抱え込んでも Baby 泣いてる時間はない
one妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉大切なものを穢す1秒手前の 少し罪悪感と胸の高鳴りを  求めて壊して全て無くして仕舞えば 狂った世界もやがて理想が芽吹くの  矛盾の嘘に抱かれたまま それでも天に憧れる  讃えて賭して舞い散れ闘士 美しく華やかに 無窮の死闘ただ繰り返す 宿命と破滅への焦がれ  大切なものを全て柩に仕舞えば 心も躰も永遠に犠牲に出来るの  黒の薔薇に抱かれたまま それでも天に憧れる  奏でて咲いて奮え美闘士 誇らしく鮮やかに 命を懸けてただ繰り返す 楽園と支配への焦がれ  矛盾の嘘に抱かれたまま それでも天に憧れる永遠に  讃えて賭して舞い散れ闘士 美しく華やかに 無窮の死闘ただ繰り返す 宿命と破滅への焦がれ  罅割れた硝子の鼓動 何度も繋いで 傷ついても 立ち向かって 躓いても 立ち上がって 無傷じゃ勝ち取れない 傷ついても 立ち向かって 躓いても 立ち上がって Last one
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
月下香妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉闘いに疲れて 傷を癒す天使達の 清らかな瞳の奥 隠し持つ覚悟がある  誘え零と壱の境界線へ 捜して埋葬した少女の記憶  月を詠み夜を纏いて 薫り高く夜通し舞い踊れ  狂い咲き Tuberosa  闘いを求めて 藻掻き彷徨う戦士達の 貴やかな薫りの奥 隠し持つ孤独がある  導け過去と現在の境界線へ 見据えて迷走した少女の未来  残酷な笑みを交わして 誇り高く夜通し舞い狂え  乱れ咲き Tuberosa bloom out season“Tuberosa”  喩えいま散りゆく 露の命と知りても 清らかな瞳の奥 隠し持つ覚悟がある  誘え零と壱の境界線へ 捜して埋葬した少女の記憶  月を詠み夜を纏いて 薫り高く夜通し舞い踊れ  狂い咲き Tuberosa
Never say dieGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIやんなっちゃうけれど いい事があんのも人生 そうやって 続けんだ  Baby!! Never mind. Never say die!  騙し合うこと それもあるでしょ? 鏡の中の君だって わかってるはず  上を見てたら 宇宙まで飛んだ 果てない碧空 明日はどっちだ?  やんなきゃなんない事 やったってうまくゆかなくて 落ち込んじゃうときも  Baby!! Never mind. Never say die!  ずるいやつらと お人好しじゃ かなうわけない でも変われない  神様にすがりたくなって コイン投げこんだ  It is all right!  やんなっちゃうけれど いい事があんのも人生 そうやって 続けんだ  Baby!! Never mind. Never say die!  チカラ尽きて眠るとき 気はまぎれるけれど  やんなきゃなんない事 またときどき 見えなくなって 立ち止まって考えんだ  でも!Baby!! Never mind. Never say…  やんなっちゃうけれど いい事があんのも人生 そうやって 続けんだ  Baby!! Never mind. Never say die!
It's all too muchPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIコバルト色彩に変わる夜さ 冷たく光る星空 コトバならもういらないから  涙に隠れた真実を 解き明かそうとするより 根拠もない占いのほうがマシ  灯りの無くなったベンチで 見上げたら 理想ばかり浮かぶ 流れ星でした  ねぇ!教えてよ あるがまま生きてゆけるなら  銀河に広がる 奇跡集めて 乗り越えてみたいよ  だって身体ん中 巡る感情に 支配されてんだ  こんなんじゃダメさ ねぇ そうでしょ?  サイコロ振るみたいに決めて 後悔なんて出来ないほど 次の場所へと進んでいたい  曖昧に作られたルールブック 臆病な分だけ出遅れて ライバルの背中見続けてんだ  そんなのも 月明かり赤裸々 素っ裸の心からはぐれた 流れ星でした  ねぇ!教えてよ あるがまま生きてゆけるほど  純情なんかじゃない 争う事も さけられないの  きっと空回り 繰り返す教訓に 支配されてんだ  どうすればいいの ねぇ ウソでしょ?  空想ばかり描いて 進めない 愛想よくもなれない 何故だろう?  …It's all too much  ねぇ!教えてよ あるがまま生きてゆくために  せまる難題さえも ユーモアに変えて 笑い飛ばしたい  だって解決出来ない 日常に埋もれる  だから信じていたいよ 奇跡ってあるでしょ? ねぇ そうでしょ?
機械少女幻想妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉創られた躰を手に入れて 脆弱な肢体を捨て去りたいの 完璧な理論と行動を 何故愚かな私達欲しがるの  緻密な機械頭脳で 主観を排した思考 刻に逆らう躰は 永遠に輝く  憧れの幻想は さぁ目の前に (Phase…) (Face…)  創られた人々が溢れて 街中が無個性人間だらけに 今更過ちに気づいても 見限った躰は既に処理済みで  散漫すぎる頭脳も 主観だらけの思考も 移ろう感情それも 永遠の価値  憧れの幻想は 夢のままで (Phase…) (Fake…)  ユゲル ミデラ シダレ バテル ヘンゲラ シイデ ハダル イベラ テベル ハイデラ スベラ ニグラ ハイデ マデル ユンダラ ニルデ ハイラ ベルテ ソバル イングラ  憧れの躰には もぅ戻れない  ユゲル ミデラ シダレ バテル ヘンゲラ シイデ ハダル イベラ テベル ハイデラ スベラ ニグラ ハイデ マデル ユンダラ ニルデ ハイラ ベルテ ソバル イングラ
Simulacra妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉壊れた躰に絡み締め上げる 糸が黒く染まるの  Simulacra… 目に映した嘘と偽りを壊しても 還る場所を求める事許されず彷徨うの  「瓦礫の街に生まれ落ちた日 月の光が躰を包み 生きる全ては祝福されて 誰もが笑い幸せだった」  硝子の瞳に魂吹き付ける 蒼き色を選ぶの  Simulacra… 美徳の死は人の理を惑わして 生きる意志を守る為に自らを狂わせる  「無邪気な日々は突然終わり 月の光は陰り消え去る 生きる全ては意識を無くし 瞳を閉じて終わりを告げた」  教エテ本当ノ死ヲ知リタイ  Simulacra… 目に映した嘘と偽りを壊しても 美徳の死は人の理を惑わして 生きる意志を守る為に自らを狂わせる  「瓦礫の街に生まれ落ちた日 月の光が躰を包み 生きる全ては祝福されて 誰もが笑い幸せだった いつか最期に尽きたとしても 生きた証を信じるために」  マダ本当ノ死ヲ知ラナイ
Wei β Flugel妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉虚勢の壁で囲った 繭の中独り籠もって  誰もが願う目覚めを 頑なに絶えず拒んで  いま孤独だけに癒しを求め続ける この私を救えるただ唯一の場所  疵付いたこの翼を 癒す術持ち得るのは 孤独の繭の中 どうか睡らせて  理屈の壁で飾った 殻の中独り埋もれて  笑い合う声遠くて 何故かふと涙溢れる  いま孤独だけが私を癒し続ける この狭くて優しいただ唯一の場所  抱きしめた腕の中に 遺る僅かな温もり 消えてしまう前に どうか睡らせて  すべての嘘偽りの 纏わるもの排除して 最後に遺るのは いつも孤独だけ  還る場所など無く 進むべき路も無くて ただ独り孤独の繭に抱かれて睡る
SeaGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI落ち込んでしまうような事も 生きていれば当然のようにあるさって  柔らかな陽射しの中で Cry いつだって教えてくれる  風の中 微笑んでる  ひまわりが咲く季節になったなら 会いにゆこう 会いにゆこう ah ah  優しくなれる  あの海は今でも窓から見えますか? みんな みんな 元気ですか? ah ah  …いつまでも泣いてちゃいけないね  やすらぎの次にはまた試練だって そんな風に考えたら苦しくなるもんね  想い出は穏やかなまま Cry 残して置きたいのよ  波の音 聴こえてくる  砂浜を 裸足で駆け回っていた 嬉しくて 嬉しくて ah ah  歌を口ずさんだ  ふるさとの 空を見上げたりしてますか? 忘れてた 忘れてた ah ah  …いつまでも泣いてちゃいけないね  すべてを欲しがってばかりじゃ 先へはちょっと la la la la  進めないって わかってるんだ あたしにだって  あの頃に見えた未来は もっと輝いていたから ah ah  ひまわりが 咲く季節になったなら 会いにゆこう 会いにゆこう ah ah  優しくなれる  あの海は 今でも窓から見えますか? みんな みんな 元気ですか? ah ah  …いつまでも泣いてちゃいけないね  ah ah いつも ありがとう  la la la la la la la oh my Sea
againPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI夢のつづき 追いかけていたはずなのに  曲がりくねった 細い道 人につまずく  あの頃みたいにって 戻りたい訳じゃないの  無くしてきた空を 探してる  わかってくれますように  犠牲になったような 悲しい顔はやめてよ  罪の最後は涙じゃないよ ずっと苦しく背負ってくんだ  出口見えない感情迷路に 誰を待ってるの?  白いノートに綴ったように もっと素直に吐き出したいよ  何から 逃れたいんだ  …現実ってやつ?  叶えるために 生きてるんだって  忘れちゃいそうな 夜の真ん中  無難になんて やってられないから  …帰る場所もないの  この想いを 消してしまうには まだ人生長いでしょ?  懐かしくなる こんな痛みも歓迎じゃん  謝らなくちゃいけないよね ah ごめんね  うまく言えなくて 心配かけたままだったね  あの日 かかえた全部 あした かかえる全部  順番つけたりは しないから  わかってくれますように  そっと目を閉じたんだ 見たくないものまで 見えんだもん  いらないウワサにちょっと 初めて聞く発言どっち?  2回会ったら友達だって?? ウソはやめてね  赤いハートが苛立つように 身体ん中燃えているんだ  ホントは 期待してんの  …現実ってやつ?  叶えるために 生きてるんだって  叫びたくなるよ 聞こえていますか?  無難になんて やってられないから  …帰る場所もないの  優しさには いつも感謝してる だから強くなりたい  進むために 敵も味方も歓迎じゃん  どうやって次のドア 開けるんだっけ?考えてる?  もう引き返せない 物語 始まってるんだ  目を覚ませ 目を覚ませ  この想いを 消してしまうには まだ人生長いでしょ?  やり残してるコト やり直してみたいから  もう一度ゆこう  叶えるために 生きてるんだって  叫びたくなるよ 聞こえていますか?  無難になんて やってられないから  …帰る場所もないの  優しさには いつも感謝してる だから強くなりたい  懐かしくなる こんな痛みも歓迎じゃん
月光の契り妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉狂ほし月の雫 一恵み胸に受けて  歌おう 歌おう 囁いて 踊ろう 踊ろう 一緒に Pa・Dis・Thu  朽ちた楽園で 契りを誓えば 銀のドレス 月色に染まるの  揺らめく月灯りの 褥に身体を預け  祈ろう 祈ろう 囁いて 睡ろう 睡ろう 一緒に Pa・Dis・Thu  月が翳るまで この手を握って 銀の星に 瞬きを映して  朽ちた楽園で 契りを誓って 月が翳るまで この手を握れば 銀の星は 月色に染まるの
Sacrifice妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉赤い瞳を持つ少女は 忌み嫌われて檻の中  悪魔の申し子だと 貶され罵られた  怖い顔した予言の老婆 ある日少女に囁いた  赤星昇る頃に 自由が訪れると  Antares Antares Antares Cor Scorpii  手に入れた筈の 初めての自由は怖くて 閉じこめたまま 檻から抜け出せない Sacrifice  赤い瞳を持つ少女は 積もる不平の犠牲者で  本当の自由なんて 束縛よりも重い  Antares Antares Antares Cor Scorpii  燃えるような赤い 瞳よ星となりこの世の 忌まわしい過去を 全て焼き尽くして Sacrifice  逃げ出した夜に 行き着いた静かな湖水で 波間に揺れる 赤く輝く星へ 瞳を重ね沈む いまひとつに Sacrifice
彩の無い世界妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉いくつの夜を越えて 目覚めを誘う風  いつしか朝を迎え 凍てつく躰溶けて  覚めた記憶で 早すぎた死を還して  虫たちの鳴く声も 鳥たちの舞う羽音にも  音を亡くした白き涸れ地に あふれる彩をそそいでいく あざやかに…  凍える朝にひとり 眠りの合図を待つ  いつか本当の 目覚めを知ると信じて  飛び交う森の風も 行き交う遠い空の雲も  音を亡くして光閉ざして あふれる彩は消えていく おだやかに…  閉じ込めた過去を 怖がらないで 幾千の刻に 全て委ねて  飛び交う森の風も 行き交う遠い空の雲も  音を亡くして光閉ざして あふれる彩は消えていく おだやかに…  虫たちの鳴く声も 鳥たちの舞う羽音にも  音を亡くした白き涸れ地に あふれる彩をそそいでいく あざやかに…  途切れた音も 掠れた彩も いま満ちている この世界 その全て
Destrudo妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉失いし 生命のlibido 無に還る 低迷の血潮 失いし 生命のlibido 生き返る 黎明呼ぶ思想  闘い 死耐えたい 仕留めたい ただ壊し 絶え絶えに遂げたい 闘い 死耐えたい 仕留めたい ただ廃し 枯れ枯れに吼えたい  消滅に惹き合う心怯える影 引き裂く腕の痛みで (霊魂幽か咎を科すか 霊魂消すか混在勝つか) 存在を消し合う運命を 恐れずにいるから 永遠に狂おう (霊魂幽か咎を科すか 霊魂消すか混在勝つか)  止まらない 衝動Destrudo 繰り返す 行動の意味は 止まらない 衝動Destrudo ぶり返す 本能の欲動  壊滅呼び合う心絡む糸に 切り裂く胸の痛みで (霊魂幽か咎を科すか 霊魂消すか混在勝つか) 神霊を守る力を 求めると言うなら 永遠に狂おう (霊魂幽か咎を科すか 霊魂消すか混在勝つか)  永遠に狂おう…  消滅に惹き合う心怯える影 引き裂く腕の痛みで 存在を消し合う運命を 恐れずにいるから  壊滅呼び合う心絡む糸に 切り裂く胸の痛みで (霊魂幽か咎を科すか 霊魂消すか混在勝つか) 神霊を守る力を 求めると言うなら 永遠に狂おう (霊魂幽か咎を科すか 霊魂消すか混在勝つか)
Valtica妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉絶対運命迷子人間 冷酷心情最高 Program 完全焼失灰 Cemetery 強引契約  正体幻滅機密人間 反感感情 PsychoProgram 膨大記録難解 Mystery 消滅継続  混在禁断禁忌生命 制御不能 CycleProgram 生涯階級 High Society 予想裏切る  魂の墓場に浮遊する 還る場所を知らない永遠の痛み  惹かれ遭う繋がりに互いを見初めて消し合う運命 Death Game 微かな叫び声も過去の記憶へ変化する 求め欲す意志のまま殺めに狂うよりも 錆びた鼓動を雪げ神霊へ  衝撃緩衝配置結界 幽閉監獄廃坑 Program 全霊修得 Soul Mastery 生命運自在  犯罪心理監視解明 有能構造 Cyber Program 崩壊精神 Personality 存在壊滅  魂の強さで支配する 果てる訳も知らない永遠の怒り  擦れ違う日々の祈りも砕けて消し合う運命 Death Game 僅かな抵抗も魂の乖離へ変化する 求め欲す意志の殺めに狂うよりも 錆びた腕よ届け神霊へ  擦れ遭う日々の祈りも砕けて消し合う運命 Death Game 僅かな抵抗も魂の乖離へ変化する  惹かれ遭う繋がりに互いを見初めて消し合う運命 Death Game 微かな叫び声も過去の記憶へ変化する 求め欲す意志のまま殺めに狂うよりも 錆びた鼓動を雪げ神霊へ
Alte Burg妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉荒れ地に聳える古城の上 誰にも登れぬ砦に 一つの小さな窓が開く  初めて覗いた窓の外は 光も吸い込む闇色 心も翼も黒く染める  この世のほんの全ての 自由な行動さえも 世界の一握りの 彼らが監視している  出会い別れ生き死の全て 運命など信じるは愚か  見下ろした大地は遠くて 呼吸も出来ないほど深くて 悲しみも願いも叫びも 無限の闇に塞がれていく 同じ日々を幾度過ごせばいいの  初めて降り立つ闇の外は 身震いするほど広くて 小さな鼓動は熱く踊る  すべては操られた 稀代の繰り人形 世界の一握りの 彼らが動かしてる  黒く朱い扉の奥で 愚かな私たちを視てる  踏み出した大地に注いだ 私を貫く朱い光 絡んだ繰り糸はほどけて 身体は支え無くし崩れる 何選び何を信じればいいの  仰いだ夜空があまりにも 綺麗で涙が溢れていた  私が私である為に 必要なものなど何も無く 此処に私が存在している それだけで私は私なの 全て知る為何を捨てればいいの
霊喰い妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉風が踊る部屋のすみ 静かに鳥籠揺れる 迷い込んだ黒い影 舞い散る羽根  連なってクルクル嗤う あやかし生霊(いきすだま) 呼び合ってクルクル踊る 忌まわし生霊(いきすだま)  絡みつく鎖は 炎のように熱くて 信じ合う気持ちを繋いでる 秘匿の心に 気づいて溶かして 死に穢れる前に  小さな罪も 少しの嘘も 全てをこの躰に取り込んで 縛り続けて 守り続けて 禍いが二度と還らぬ様に  気持ち鎮めて 心満たして 愛する者を奪う運命でも 悲しまないで 苦しむよりも 魂が引き裂かれるまでずっと側にいて  月が翳り部屋のなか 寂れた揺り籠揺れる 開ける事の無い窓に 舞い込む羽根  連なってクルクル嗤う あやかし生霊(いきすだま) 呼び合ってクルクル踊る 忌まわし生霊(いきすだま)  生まれた意味を知り 散る理由に焦がれても 終わらない悪夢に怯えてる この世の終わりを 嘆いて待つより 散り逝く華となれ  砕けた石が 記憶に刺さり 血に秘められた悲劇呼び覚ます 共に歩こう ただそれだけの わずかな願いも露と消えゆく  魂捧げて 全て捧げて 守るべき者に負けないように 心喰われて 抜け殻になっても 光を見失わないよう先を歩いていく  小さな罪も 少しの嘘も 全てをこの躰に取り込んで 縛り続けて 守り続けて 禍いが二度と還らぬ様に  気持ち鎮めて 心満たして 愛する者を奪う運命でも 悲しまないで 苦しむよりも 魂が引き裂かれるまでずっと側にいて
I'll beGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUII'll be 君のこと 想いだしていたんだ 旅立ちを 決めたんだね Together いつだって応援してるよ  もし 挫けそうになったら ねぇ 部屋に こもってるだけじゃ ダメさ  街を歩いて 今日のような キモチ取り戻して Oh Baby Try  何度だって“Play You” やるしかないんだから  I'll be キミ色に 塗り替えてゆけばいい 迷うことも そりゃあるけどさ Together いつだって応援してるよ  もし 孤独に負けそうなら ねぇ 好きな 歌を聴いてみてほしい  人ごみに 紛れたって 見つけ出せるから Oh Baby Try  笑顔って“Play You” チカラになるんだから  I'll be 君のこと 想いだしていたんだ 旅立ちを 決めたんだね Together いつだって応援してるよ  いつか誰かを そっと 愛してゆくとき 守れる勇気を 君の中に育ててゆくんだ  I'll be ささいな失望を くりかえすたびに きっと 優しさに触れ合える 人生は 捨てたもんじゃないらしい  I'll be キミ色に 塗り替えてゆけばいい 迷うことも そりゃあるけどさ Together いつだって応援してるよ
Hades:The bloody rage妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉毒を秘ませたザクロの実は 甘く艶やかに蜜を纏う  誘いの月夜 朱に染まる胸  苦戦死闘呪縛放つ Hades! 意力乱す疑惑堕落 Hades! 酷似美貌思考記録 Hades! 科を曝す処罰 Hades:The Bloody Rage!  悠久の闇に 蜿いた躰は窶れて 鬱おう瞳に こぼれる雫を紅血の 色に染めて呼び醒ませ  欲望花開く夢幻の刻 蜜をしたためてザクロが咲く  償いの闇夜 血酒に浮かぶ月  鏡像穢すカオス壊す Hades! 染まる魅了奇食狂う Hades! 苦戦死闘呪縛放つ Hades! 屍骸依頼祈望 Hades:The Bloody Rage!  聳える古城は 魂の尽きた形骸 乾いた大地に 震える裁きの惨劇 告げる鐘よ鳴り響け 悠久の闇に 蜿いた躰は窶れて 乾いた大地に 響いた裁きの惨劇  鬱おう瞳に こぼれる雫を紅血の 色に染めて呼び醒ませ  苦戦死闘呪縛放つ Hades! 意力乱す疑惑堕落 Hades! 酷似美貌思考記録 Hades! 科を曝す処罰 Hades:The Bloody Rage!
穢れ無き月の毒妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉穢れ無き月の 毒に蝕まれた 透き通る白き躰は 錆色に染まって  もし私が いなくなれば この世界は やがて閉じる  赦された時間は 風の如く過ぎて 遺された大地は 薄らぎ消えてゆく  霧に咲く花も 露を呑む草木も 暁に目覚める前に 人知れず逝かせて  もし私を いつのひにか 見つけたなら 教えて欲しい  私の死に顔は 笑えていましたか この胸の痛みに 耐えれていましたか  湖の底で 月に抱くかれ眠る やがてこの世界閉じても 淋しくないように
Schwarzer Sarg妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉筺に睡る贄の少女 深紅の瞳と漆黒の髪 罪を纏う双の手首に 喰い込んだ棘の痕  誰もが皆贄を嘆き 彼女の死を悼むけれど その空虚な瞳の奥 少女はただ視ていた  浅ましく(痛ましく)この世に生を受けしもの  涙が溢れるのは 私の為じゃなくて 怖くて怯えてるの 召される原初の声に  何故独りで虚無に還り逝く 刻む言葉も無いまま 生まれ落ちたその引き金から ヒトは終焉りをめざして逝く  ホントウニ生キテイタイノ ホントウハ死ンデミタイノ 生キナガラニ死をノゾムノ 死ニムカッテ生キルノ  何を望み何を求め 浅薄な意味を見出して 小賢しいその執着が 死への恐怖を誘う  狂おしく(忌まわしく)この世に生を受けしモノ  憐れみこそ偽善で 綺麗に騙すけれど ホントは気づいてるの 燻る原初の闇に  何故その瞳に映る事の無い 寂滅を恐れるのか 生きるモノに終焉りなんて無く 尽きたモノに死など無いのに  浅ましく イエ痛ましく 狂おしく イエ忌まわしく  躰を研ぎ澄まして 記憶を呼び覚まして 私を連れて逝くの 未だ見ぬ輪廻の刻に  生きてるのか生き残りなのか 其れさえも意味を持たず 目覚め視る先に世界は無く 暗闇と静寂があるだけ
Wisdom妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉誰もが羨むような知性も 誰にも真似の出来ない美学も  私の中に宿ってる 気高い精神満たせない  幻想など持たない 虚飾などいらない  「スベテヲ コノテニ」  私を視る生き写しの鏡の中の少女 全てを知るその瞳で 何故私を嘲笑うの  truth of wisdom  眠っていても覚めても頭の どこかで邪魔する声が響くの  みんなにアイを与えましょう 優しいココロ満たしましょう  偽愛など持たない 偽善などいらない  「スベテヲ コワシテ」  生を望む躰と死を望む精神のリズム 激しく揺れ踊りながら 私は引き裂かれて行く  truth of wisdom  精神の奥渦を見抜く私の中の少女 全てを知るその瞳で 何故私を笑うの  月明かりに曝されて虚飾が剥がれ堕ちてく 私を視て 私の瞳だけが 全てを救えるから  truth of wisdom
SUMMER SONGPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI太陽が味方する 日に焼けた君が 手をふるから 期待してんだ 約束の季節に 飛び込む 人魚みたいに  校舎のすみに ひまわりが咲く 照れてばかりじゃカッコ悪いね 青空にいま 叫びたいほど 君を想ってる  夏が来るから 海へ行こうよ ちょっとだけ 立ち止まって 迷う日もあるけど  ヘコむ毎日 取り戻す日々 君に会って 笑いあって はじまるよ 夏休み lan la lan la~♪  走り出した 背中には 嘘のないキモチが 映るから Tシャツの向こう側 キラキラ輝く 魔法みたいだ  花火の音に かき消されてる 君のコトバが 夜風と変わる 肝心なとこ 聞こえないけど わかりあえそうさ  Ah long long long time 待ちこがれてた 青春って ほんのちょっと 意地悪だよね  ヘコむ毎日 取り戻す日々 君に会って 笑いあって はじまるよ 夏休み lan la lan la~♪  砂浜に 座り込んで ふたりで 時計 気にしていた 波の音 聞きながら 約束なんて出来ないまま  懐かしくなる いつか必ず 砂に書いた 未来なんて あてにデキナイ  ヘコむ毎日 取り戻す日々 君に会って 笑いあって  “真っ赤なブルーだ”  夏が来るから 海へ来たんだ 虹になった あの空を 忘れたくない  ヘコむ毎日 取り戻す日々 君に会って 笑いあって はじまるよ 夏休み lan la lan la~♪
Oh My GodYUIYUIYUIYUI謝ってしまえばいい 何度も考えたけど  ホントの自分がきっと 僕のこと疑ってしまうよ  夜明けの空は眠そうに 逃げ遅れた星を隠す コトバもなく  人生なんて曖昧だ 些細なすれ違いだけで  Oh My God 気まぐれなんだ  ヨロコバレタリ オコラセタリ  ah ah  平等なんかじゃないよ 気づいているはずなのに  同じ事してちゃダメだって 誰も教えてはくれないね  あたらしい出逢いの中で さよならを繰り返している ナミダもなく  人生なんて曖昧だ 些細なすれ違いだけで  Oh My God 気まぐれなんだ 計算はできない  だけど人生に期待している 想いはいつか繋がってくる  Oh My God 気まぐれなんだ  ナイタリ ワラッタリシテサ…  ah ah
Am I wrong?YUIYUIYUIYUI黙っていた それはYES か NOだけで 決められないことだってすぐにわかったから  目をそらしたら たぶん 話し出すのね? あなたは…  怖いものなんてないの 失うものなんてないの  今日も歌を作りました 許してゆこうと歌いました それなのに…  電話が鳴る 一時中断しただけで 笑ったりよくできるなと 見ていた  機嫌が悪いだけだと きっと思ってるんでしよう? あなたは…  守るものはたったひとつ 心に嘘はつけないの  今日も歌を作りました 続けてゆこうと歌いました それなのに…  わかりあえないね あなたとは  困らせたりしたくないよ でも譲るわけにいかないよ  明日も歌を作るから 偽りなく生きていたいよ それなのに…  それだけなのに ah ah Am I wrong?
My friendGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIあの頃 あたしたちは いつも 偶然のふりをしていた  放課後のグランドで 行く場所もなくて 夕暮れを なんとなく見てた  帰り道 教えてくれた 初めて聴く 歌が今も  この街で 流れるたびに なつかしくなるんだ だけど  誓い合った夢 辿るように あたしも頑張っているよ  季節が変われば いつまでも こうしちゃいられないよね?って  バスを待つ長い影 恋人みたいに 並んでた なんとなく ずっと  元気ですか? あの歌を今も あなたは覚えてるでしょうか?  いつまでも想い出のなかで うつむいているよ  好きだとは 言えなくて サヨナラも 言えなくて 大人になったけれど  帰り道 教えてくれた 初めて聴く 歌が今も  この街で流れるたびに なつかしくなるんだ だから  誓い合った夢 辿るように あたしも頑張っているよ
OH YEAHGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI乗り遅れたら全部イヤんなることがあるでしょ? でも追いかけて落ち着いて取り戻さなきゃダメだよって  Baby わかってるから Baby 急いでるんだよ Baby 駅まで走るよ  新しい朝 始まりの予感がする前に電車の中  OH YEAH ギリギリさ 時計の針をナンとかしてほしい  um FU um FU um FU キボーの朝だ um FU um FU um FU チャンスを逃すな  早起き出来れば カーテンの向こうに見えてる  朝焼けと話すんだ 必ず味方してくれそうだ  Baby ほんの少し Baby 違うスタートに Baby 余裕の身だしなみ  新しい靴 初めての気分になれるならそれもいいね  OH YEAH 悔やんでた 昨日にサヨナラさ カラっとゆくんだ  um FU um FU um FU キボーの朝だ um FU um FU um FU ステキなことだ  ほんとは期待してるよ ほんとにやるしかないんだよ そろそろ勤きはじめるよ  新しい朝 始まりの予感がしてる何かありそうだ  OH YEAH ギリギリさ 時計の針は正しく進んでる  um FU um FU um FU キボーの朝だ um FU um FU um FU チャンスを逃すな
We will goYUIYUIYUIYUIそんなはずはないなんて そんな事はよくあって  天気予報を見逃して 立ち止まるの  うまく行かない事ばかりよ  だけどご機嫌うかがって 話まるごと変えちゃって  ちいさな傘借りちゃって 隠れるように  行く先変えてるあなたを このまま 見てられないのよ 、、、with you  仕方ないよって そんな顔やめて 被害者は誰? 加害者は誰?  ずぶ濡れだって 笑っていようよ あたしがずっと側にいるから  いつもあなたがそう言って 励ましてくれてんじゃん  もっと強気になっちゃって 諦めないで  行く先変えることないよ I believe 忘れないでね 、、、with you  仕方ないよって そんな顔やめて 被害者は誰? 加害者は誰?  ずぶ濡れだって 笑っていようよ あたしがずっと側にいるから  だって 目指してきたじゃない? だって 我慢してきたじゃない?  そんな あなたのこと ずっと 見て来たから ha ah ah ha ah ah 逃げないで  We will go  仕方ないよって そんな顔やめて 被害者は誰? 加害者は誰?  ずぶ濡れだって 笑っていようよ あたしがずっと側にいるから
I will love youGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUICOZZi読みかけて閉じた あなたから 偶然の電話  連れ出してほしい 思い切ってI say 今これから  ねぇ迎えに来て  面倒くさそうに 笑いながらも 受話器の向こうで 答えてくれたね あなた  ほんの少しわかり合えた頃 そんな喜び 感じている I will love you.  Tシャツにジーンズで 普段着のまま お洒落もしないで  鏡の自分を 覗き込む ごめんね 許してね  クラクションが鳴る  面倒くさそうに 笑いながらも 車の窓から 手を振ってくれた あなた  ほんの少しわかり合えた頃 そんな喜び 感じている I will love you.  いつも恋が 走り出したら あたしは ネガティブな夢に 苦しんでたの  そんな気持ちを忘れるほど 穏やかに時間は流れる  目があったら 真面目な顔で いつもよりドキっとしたんだよ Ah 気のせいかな?  ほんの少しわかり合えた頃 そんなあなたを感じている I will love you.
Love is allGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI昔 目指してた なんて言うから 油断していたけど わかってはくれないね  とぼけたカオして 聞いてくるけどヘンだ All right お仕事なんですもんね?  どうすれば評論家(あなた)みたいになれるの? きっと苦労話もあるんでしょう?  いいこと書いてね やっと生まれた歌だから Love this song  疑ってるんでしょ? ニセモノだ ホンモノだ で、あなたはどうなの?  マガイもの そうじゃないもの 集めて 値段をつけてる  そんなんじゃ やっかいだ 困難だ どうなんの? この先 …教えてほしい  手紙は読むより 書く方が 時間がかかること 想い出してみてよ  好き勝手言われても 気にしてちゃ いけないね お仕事ではないもんね  くらべたがる あの人にも伝えて もうちょっと愛のある言葉で  いいことなくても きっと生まれてきたんだし Love oneself  落ち込んでしまうけど ニセモノも ホンモノも ないでしょ?  マガイもの そうじゃないもの 集めて 値段をつけてる  そんなんに 負けんなって 言ってんだ どうなんの? この先 …教えてほしい  言われっぱなしの毎日で 何処にも行けないや 週刊誌に撮られちゃ いけないようなコトもないし  イマヤリタイコトガ イマヤレテイマスカ? もちろんそうです いつだってそうです  望んでる答えも 見えるけど ah ah  いい子にしてたら もっとうまくやれたのに Love is all  疑ってるんでしょ? ニセモノだ ホンモノだ で、あなたはどうなの?  マガイもの そうじゃないもの 集めて 値段をつけてる  そんなんに 負けんなって 言ってんだ どうなるか? この先 …教えてあげる
DaydreamerYUIYUIYUICOZZi誰にも知られないようなスピードで Run away 赤い車走らせて街を出るの  現実はいつものテーブルの上 Faraway 頬杖をつきながら眠る  ねぇスリルがほしくなる  ちょっと危険すぎるから 止めときなよと 言われても 後には 引き返すようなことはできない  あたしが 最後 ひとり そこに残っても 戦うの 夢の中 空想の Daydreamer  誰かの叫ぶ声が聞こえたら Hurry up すぐに助けに行くからね 伝えて  現実はもっと情けないほど Ah cry うまくいかないと嘆いてる  ねぇ 勇気がほしくなる  そっと気持ち奮わせて かかと鳴らして 飛び出した 今なら 少しは自分を変えられそうよ  あたしは いつも ひとり こんな結末を 想うだけ 夢の中 空想の Daydreamer  Can I change? テレビでの 孤独なヒーローたち そんなことじゃないの もっとリアルに 輝きたいの  【I change me!!】  ちょっと危険すぎるから 止めときなよと 言われても 後には 引き返すようなことはできない  あたしが 最後 ひとり そこに残ったら 今度こそ 戦うの It's now or never Daydreamer
No wayYUIYUIYUICOZZiもうイヤんなっちゃうよ!  さっきからうわの空で ケータイを ずっと気にしてるけど  誰とメールしてるの? 顔上げてよ  紅茶も冷めちゃったし キモチだって冷めちゃうよ  返事を気にすることはあるよ だけど それは いつだって あなたにだけよ  やっと会えたこと 喜んでたのに つまんないじゃない  最悪なんだから もう なんだったら 嘘泣きでもしようかな?  やっぱやめとくよ ああ~疲れるもん すねてみるけど  やってられないよ No way
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Find meYUIYUIYUIYUI悲しくなるニュースだって 聞きたくもないウワサだって  耳をふさいで 知らないふりしたって 隙間から 零れて 心 濡らすの  世界の何処かできっと あの日のあたしのように  涙こらえながら 現実に迷いながら  探しているの 次のドアを… Find me  努力はいつも見えにくい 孤独は愛情を求めている  耳を澄まして 聴こえてきたLOVE SONG 部屋の隅っこ一人で 心 震えた  テレビに映ってた場所は 今でも何処かにあって  涙こらえながら 現実に迷いながら  探しているの 次のドアを… Find me  どうすればいいのか わからなくなるたび 見つけてほしいよと叫んでる いまも変わらない  世界の何処かできっと あの日のあたしのように  涙こらえながら 現実に迷いながら  探しているの次のドアを… Find me  ♪すぐに 見つけてほしい ♪青空がきれいだった ♪早く 見つけてほしい
Laugh awayPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI見上げたら ヒコーキ雲 明日へと消えた 僕は それでもずっと 自転車を漕ぎ続けた  上り坂 駆けあがる あの空の向こう いつか 追い越せるような そんな気がしているから  逸れそうな Get away Get away 情熱を Get away Get away 逃がさないように 手を伸ばして…  ちっぽけな事に悩んじゃって とにかく君に会いたくなった yeah  生まれたての春の匂いに 咲き誇るサクラのはなびら いつだって負けないように ねぇ  そう 笑って そっと 笑って Laugh away そう 笑って いつも 笑って  丘の上 息を切らし 街を見下ろした たぶん 君の家の 屋根くらいは見えるはず  窓のそと 海がすぐだよなんて 話してた だから あの場所あたり? 同じ“今”感じている  溢れそうな Get away Get away 情熱を Get away Get away こぼさないように 手を伸ばして…  ちっぽけな事に悩んじゃって とにかく君に会いたくなった yeah  目の前に広がる景色を 忘れてはいけない気がした いつだって 負けないように  Never mind. Never mind. 落ち込んだら yeah yeah ここに来て 風に吹かれたい  ちいさな笑顔がみたいから 僕だって強くなれるのさ yeah  生まれたての春の匂いに 咲き誇るサクラのはなびら いつだって 負けないように ねぇ  そう 笑って いつも 笑って
I wanna be...YUIYUIYUIYUI買ったばかりの手帳 なくしただけなのに 明日が見えない そんな気がしたの  いっそのこと 忘れたいけど そんなこと考えていたら 怖くなった 捜しものは 何?  I wanna be... なりたい自分に近づいていますか? 問いかけてみるたびに うなずいてみる  I wanna be... “いちばん”に なんてならなくたっていいの 続けたい I wanna be... それだけなの  もっとキラクになって 歌ってゆけたら 昨日の事など 悔やむはずはない  いっそのこと ここまでなんだって そんな風に決めつけてみたら 孤独の先 ささやくのは 誰?  I wanna be... なりたい自分は憧れのMy Star 子供の頃からずっと 思い続けた  I wanna be... 比べたりしない キリがないからね 目を閉じても I wanna be...  考えすぎたら ダメだってわかってるから ちょっとくらいなら 忙しいほうがいい  I wanna be... なりたい自分に近づいていますか? 問いかけてみるたびに うなずいてみる  I wanna be...“いちばん”に なんてならなくたっていいの 続けたい I wanna be... それだけなの
NamidairoPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI嫌われているような 気がしてた 帰り道 見上げた部屋の灯り 今 どんな気持ちでいるのだろう?  ケンカになればすぐ謝る よわくて アナタハ ズルイヒト  なみだいろ 声が聞こえない夜は 困らせてしまうほど わがままになりたい  だいじょうぶ そう言ってみたけど そんなはずないでしょ…  水たまりに映る 哀しい顔 見慣れている ムリ 言わないつもり わかってるから 苦しくなるの  優しくされると泣けてくる やっぱり アナタハ ズルイヒト  なみだいろ 声が聞こえない夜は 困らせてしまうほど わがままになりたい  だいじょうぶ そう言ってみたけど そんなはずないでしょ…  あなたの前じゃ 嘘つきよ 気づいてほしいと 思っているの そんなに強いわけじゃないからね アタシ  涙こぼさない 決めていたのに 困らせてしまうよね? わがままになれない  だいじょうぶ? なんてまた訊くけど そんなはずないでしょ…
Wahrheit妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉古の台座には御霊が宿るという 置き去りのEine Krone響く 罪の数ほど美しく  右手で空に掲げた 嘘で満たした聖杯 彩る夜を捉えて 罪を欺く死の蜜  血塗られた月は操られて 飲み干した嘘に支配される 命の価値を死で計るなら 誇らしく微笑み逝けるでしょう  最期の楔で 我らに光を  羽のように撒き散らした罪が 雫となって降り注いで 誇り高く廃した躰ごと 総てを包んで 御霊を連れて往け  躰の奥に仕込んだ 過去を贖う戒め 真実の答え探して 刻を朱色に染めて  錆び付いた鍵に惑わされて 抉じ開けた刻は睡ったまま  誓いの言霊を叫ぶなら 凍て付いた扉も解けるでしょう  最期の楔で我らに光を  鳥のように舞い踊る御霊よ 光となって降り注いで 誇り高く廃した躰ごと 総てを包んで 魂呼び祈り唄  やがて時はゆき 唄を忘れ去る頃 碧の台座の上で 砕け散ってゆくでしょう  羽のように撒き散らしたEine Krone 雫となって降り注いで 誇り高く廃した躰ごと 総てを包んで 御霊よ還り咲け
Hades:The rise妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉存在の意味を読み解いても 真実は甘く実るばかり  幻想に居場所を奪われて 現身の部屋も翳るばかり  尖った指の先で 抉った胸が疼く  現実は風が 吹き荒ぶ檻の中で 独り視る夢なのか 全て浚われた跡に何が遺る? 握り締めた手にひそめた 幽かな記憶  絡み付く糸を摺り抜けても 踏み出した脚を囚われてる  囓った指の先で 綴った終のコトバ  消滅に怯え 泣き叫ぶ檻の中で 姿の無い悪夢に 全て奪い取られたら何を遺す? 握り締めた手に託した 僅かな希望  罪と罰の支配裁く革命 生に背く魅惑苦楽悪性 苛烈 破滅 破裂 ハデス覚醒 罪裁く刺客九の惑星  亀裂 死滅 熾烈 カオス剥製 血を頒つ美徳喰らふ弱性 罪と罰の支配裁く革命 死に渇く憂欝罪の抑制  現実は風が 吹き荒ぶ檻の中で 独り視る夢なのか 全て浚われた跡に何が遺る?  消滅に怯え 泣き叫ぶ檻の中で 姿の無い悪夢に 全て奪い取られたら何を遺す? 握り締めた手に隠した 確かな奇跡
Purify妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉Am I alive? Am I dead? What is the truth? Give me dream. Give me lie I can believe!  Open your eyes. Open your heart. I can purify your mind. So leave it to me!  薄汚れた衣を隠して 煌びやかな嘘で着飾って それでも夢に怯えるなら 賢く生きる為の知恵を授けましょう  一つ.右手を掲げて 一つ.胸に手を添えて 一つ.瞳を見据えて 纏わる嘘に気づいて  Am I alive? Am I dead? What is the truth? Give me dream. Give me lie I can believe!  Open your eyes. Open your heart. I can purify your mind. So leave it to me!  剥がれ堕ちた宝石を集めて 呆れるほど華美に振る舞って それでも渇き飢えるのなら 愚かな民を救う為導きましょう  崩れた天の隙間に 涸れ果てた星が見える? 病んだ心の姿を 消えゆく前に気づいて  高く右手を掲げて 疼く胸に手を添えて 強く瞳を見据えて 纏わる嘘に気づいて  崩れた天の隙間に 涸れ果てた星が見える? 病んだ心の姿を 消えゆく前に気づいて
JamYUIYUIYUIYUI何度言えばいいの あなたが 思うほどいい子じゃない ガソリンスタンドの角を曲がる 古い倉庫の中  ライブハウス帰りのバンド達 集めてジャムる木曜日の夜  PUNK ROCKが好きなあいつは 夏でも革ジャンを着てる ちょっとおかしく思うけれど 最高な時間 oh anarchy in the night Yeah!  明日テレビだよと電話が鳴る ごめんね帰らなくちゃ Punk's Not Dead ! ヘンな顔して 笑わせてくれたね  迎えに来なくてもいいのに 免許とバイクが欲しくなってきちゃう  PUNK ROCKが好きなあいつの レスポールは重すぎる あたしがドラム叩くから 最後にOh Baby oh anarchy in the night Yeah!  唇をちょっと尖らせて あいつの仕草を 真似てみる あたしのGuitarにだってMy Rocks 負けてるつもりはないからね  PUNK ROCKが生きた時代は 今でもずっと続いてる ちょっとくらい 壊してゆかなくちゃ Oh Baby No Future oh anarchy in the night Yeah!
LOVE & TRUTHPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIこんなに想っている 時間は止まってくれない 空っぽの心は あなたの気持ちを まだ見つけられない  同じ絵を二度と描くことは出来ないのに アタシの感情は ただ繰り返してばかり  “あいのうた”を聴かせてよ その横顔 見つめた あなたのこと知りたいよ もう出逢ってしまったの  どんなに寂しくても また会える気がしているから 理由なんていらない 引き返せないことを知っている  このままじゃ忘れ物になってしまうでしょ? アタシの感情は 涙の奥 輝いた  “あいのうた”を聴かせてよ その横顔 その先に あなたが今 見つめてる ひとがいると わかっても  翼をくださいと 信じて歌うように アタシだって誓うよ 過去も全部 受け入れるって 決めた  “あいのうた”を口ずさむ その笑顔に 触れたい あなたが今 見つめてる ひとがいると わかっても  “あいのうた”は終わらない もう出逢ってしまったの …終わらない …LOVE & TRUTH
UnderstandGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIたぶん泣いてた 帰り道 うつむいたままで 何も言えなかった ずっと側にいたけど  公園を横切って 近道して歩いた なんとなく わかってるよ あたしにだって  夕暮れに 伸びる 影 幸せのかたちが変わる ずっと一緒だよ そう言っていたのに  悲しみはいつだって 愛情の近くに潜んで 意地悪するよって 笑いながら話してた  正義の味方なんて もし本当にいたなら 困らせてしまうかもね なんて思った  夕暮れに 伸びる 影 幸せのかたちが変わる ずっと一緒には いられないから  責めてばかりいては 生きてゆけないよ だって間違いばかり …繰り返すんだ …繰り返すんだ  夕暮れに 伸びる 影 幸せのかたちが変わる 歩き始めた だいじょうぶだよ
My GenerationPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIグランドに吹いた風を ちいさな窓から吸い込んで ため息  期待することに イヤんなって 孤独になったけれど  でも諦めたつもりじゃなかった  チャイムが鳴り終われば 現実はもっと 早く進んでゆくでしょ?  窓ガラス 割るような 気持ちとはちょっと 違ってたんだ  はじめから自由よ  My Dream 言葉に出来ないだけなのに 誰でもいいからと傷つけて泣いた夜 わかってほしいなんて思わないけど 描いた夢を信じきれない弱さにただ支配されてた Sixteen My Dream  制服 脱ぎ捨てた16のアタシに 負けたくはないから  うしろ指 さされたって 振り向いたりしなかった  あたしならまだやれるはずだって  犠牲にできないのは こみ上げる希望 無くしたら また道に迷うだけ  邪魔なんてされたくない わかっているの 覚悟があれば  いつだって自由よ  My Dream 壊れることなんてないから 待ちきれない季節の中 歩き始めたの うつむいてた時間を取り戻して 描いた夢を強く信じきれた時から変わるGeneration Sixteen My Dream  ひび割れた校舎の壁にもたれて 誓ったの 叶えてみせるから  My Dream 言葉に出来ないだけなのに 描いた夢を信じきれない弱さにただ支配されてた Sixteen My Dream
Labyrinth妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉冷えた檻の中で 闇を握りしめて 暗く虚ろな瞳で 何を見つめてるの  ねぇ誰か教えて もぅ私は いらない?  このまま 抜け出せない迷路に 迷い込んでしまえば 私ほら 朽ちて今 消えてゆくわ そよぐ風 なびく髪 濡れた頬を掠める どれだけ夢ヲ視テ どれだけ朝が来テ 連れて逝くの  硬く閉じた扉 うまく開かないの  ねぇ誰か教えて もぅ私は 居ないの?  このまま 抜け出せない迷路に 二人で姿消して 私ほら キミと今 堕ちてゆくわ 繋ぐ指 逸る胸 触れた腕の温もり どんなに孤独でも どんなに辛くても 怖くないの  いつしか 白い冬の森へと 迷い込んだ二人は やがてほら 二人今 ひとつになる そよぐ風 なびく髪 濡れた頬を掠める どれだけ夢ヲ視テ どれだけ朝ガ来テ 連れて逝くの  このまま 抜け出せない迷路に 二人で姿消して 私ほら キミと今 堕ちてゆくわ 繋ぐ指 逸る胸 触れた腕の温もり どんなに孤独でも どんなに辛くても 怖くないの
Gothic Lolita Propaganda妖精帝國妖精帝國YUI橘尭葉薔薇の薫る屍櫃に いまも静かに睡る  桎梏の魂放ち 目醒め告げる弔鐘  水精の瞳が映すは 去りし日々の徒夢 陶器の肌に浮かぶは 胸を刻む聖痕  解き放て 剣を翳せ 愚か者を葬れ 薙ぎ払え 命の限り 死の酬いを受けよ  刃向カウ者ニ 裁キノ血ヲ 赦シヲ請ワバ 快楽ヲ  燻る唇紡ぐのは 総てを滅ぼす鎮歌  贄の血は零ゆり 四肢を切り裂いて 神に背きその身捧げようと 誓うならば 共に聖戦の地へ  譬えもし君が鏤めた糸遊に 絡み絶望の淵で喘いでいるなら 傍にいよう 共に逝く証に代えて
Why?GOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIあたし知っている あなたは隠してる 壊れてしまいそう 見つめられるたびに  心当りくらいはあるでしょう? さっきから笑ってばかりだね  悲しい気持ちがときどき溢れてたのよ 信じているつもりなのに  どうして人は言葉を持ったのだろう? 心が見えにくくなる  あてもなく歩いた旅人が見つけるものに いまのあたしも似てる あんまり深追いもできない  きっと見間違えてたんでしょう? だったらそうだってもっと強く言って  悲しい気持ちがときどき溢れてたのよ 信じているつもりなのに  どうしてあなたを疑ってるんだろう? 誰よりも大切だから  怖くて たまに苦しくなるけれど 信じている 今だってずっと  どうして人は言葉を持ったのだろう? 心が見えにくくなる
Winding roadYUIYUIYUIYUI渋谷で 渋滞なの 夕方5時の国道 Smokeの窓のむこう 自転車がすりぬけてゆく  昨日観たイタリア映画の台詞みたいにblue  七色の あの虹など 触ることが出来ないように 同じ人を 愛してゆく事 出来るはずがないって言うのよ  つまんない 話よね? ところで いま何時? スタートに間に合うかな? ライヴに行きたいのに  カーステレオだけじゃ不満なの歪ませてGuitar  退屈な 季節なんだ 年末らしく賑わうけれど 同じ景色 続いてゆくだけ 映りの悪いテレビを消してよ  きっと来年の今頃のこと話してみても Ah~占いみたいに気やすめにもならないってさ わかっているんだ Winding road  日が暮れる 閉じ込められた 車の中で やりきれないよ  焦るだけじゃ 疲れちゃうし 先のことは 考えんのやめた  きっとこのままライヴに間に合いそうにもないし Ah~イライラしたって何にも進むはずないってさ わかっているんだ Winding road
Highway chanceGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUICOZZiでもこのままじゃ終われない 終わりたくないでしょ? チャンスを待つのよ じっと チャンスを待つのよ  空港だってHarborだって逃げ切れそうもない 人生なんてそうそう たやすく見逃しちゃくれない お家にお帰り トットとお帰り 夜も同じだよ 抜け道などないから  空腹だって敗北だって逃げ切れそうもない 人生なんてそうそう たやすく見逃しちゃくれない やり直すことも 許してはくれない 前だけ見てなよ テレビゲームじゃないの  環状線から高速に乗り込む そんなImageで 突き進む だけど現実は 奴の手の平で 転がってるだけなんだ  悔しくたって悲しくたって逃げ出しちゃいけない 人生なんてそうそう たやすく見逃しちゃくれない だけど諦めないでね 腐っちゃダメだよ チャンスは来るはず その日は近づいてる  環状線から高速に乗り込む そんなImageで 突き進む だけど今はまだ 奴の手の平で 転がってるだけなんだ  でもこのままじゃ終われない 終わりたくないでしょ? いま耐え時よ チカラを蓄えながら チャンスを待つのよ じっと チャンスを待つのよ  環状線から高速に乗り込む そんなImageを 現実に変えてゆくために 進んでゆくのよ  ハイウェイ・チャンスを逃さないために よそ見は出来ない Bye Bye Bye すぐ追いつくからね
UmbrellaGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIちゃぷ ちゃぷ 雨がふる二丁目の路地 あなたを迎えに 駅までゆくの  ちゃぷ ちゃぷ 本当はケンカしたから 放っておきたいけれど… 黒い傘 忘れてた だから  待ってるのよ ずっと待ってるの 許してあげる だから早く my darling  改札口が見える この場所で 困り果てた あなたの事 捜すけれど 今夜も帰りが遅いね  ちゃぷ ちゃぷ 降り続く二人の間に 小さな水たまり 白い靴 汚れてた だけど  待ってるのよ ずっと待ってるの 許してあげる だから早く my darling 改札口が見える この場所で 手を振っている あなたの事 捜すけれど 今夜も帰りが遅いね  わかってるはずなのに 雨が降るたび ここに来てしまう  今夜も 待ってるのよ ずっと待ってるの 許してほしい あたしのこと my darling  改札口が暗くなるたびに 優しかった あなたの事 想って泣いた 今夜も帰りが遅いね 今夜も帰りが遅いね
Thank you My teensGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI秘密の手紙を 空き箱に隠している場所 遠い日の記憶を覗いたら  近づいてる10代最後の日までに やり残した事がまだありそうで焦る  大人には なりたくないと思ってた だけど感謝してる Thank you My teens  歌うことばかり くやしさも またすぐ歌にした それだけでチカラに変えられた  友達には 少しでも よく思われたい 気にしてないつもりなのに見栄っぱりだ  新しい出会いが夢を支えた だから感謝してる Thank you My friends  大人には なりたくないと思ってた だけど二十歳になる Thank you My teens
It's all rightGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI泣いて 泣いて 忘れてしまおう 走り出した列車の窓には やりきれない想いのアタシが見えた  もっと もっと 話してみなくちゃ わかりあえないこともあったよね? 駅のホームでは まだ君が手をふってる  本当は素直になって今日を取り戻したいの  真夏の流星に輝きが似てるそんな日常 いいことばっかは続かない 見逃すばっかじゃ叶わない 儚すぎる未来 It's all right  ほんの ちょっと 昔に戻れたら うまくやり直せそうだけど 遠くなってゆく もう君が見えない  こんなんじゃ素敵な想い出を曇らせてしまうよ  真夏の流星に輝きが似てるそんな日常 いいことばっかは続かない 見逃すばっかじゃ叶わない 儚すぎる未来 It's all right  きっと 瞬きしてたら 過ぎてゆく そんな気がしたの  今さらだって思っても このままなんてやりきれない  次の駅で降りてみる  真夏の流星に輝きが似てるそんな日常 いいことばっかは続かない 見逃すばっかじゃ叶わない 儚すぎる未来 It's all right
How crazyPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI冷たいギターをケースに押し込む 人通りはまだ多いけど 今日の気分はここまで Getting all right  尊敬できない大人のアドバイス アタシはあなたみたいにはなりたくないと思った  汚れたジーンズで乗り込んでいる 地下鉄の窓 映っている自分 変わってなんかない あの頃のまま  お金なんて ちょっとあればいいのよ  How Crazy わかったようにアタシのこと話すのはやめてよ How Crazy 深い海に沈んでゆく船から逃げてきたの  夢にlove love love いつも 純情じゃいられない How Crazy  駅前通り 地上へ続いている階段は いつも暗くて不安だ  夕暮れのコンビニの駐車場 明日を知らない子供が小さくアタシに手を振っている  知恵をつけなさい 将来負けないように 説得したいのに うまく話せない そんなんじゃダメ 納得もできない  oh神様 ちょっと不公平だって思うよ  How Crazy わかったようにアタシのこと話すのはやめてよ How Crazy 深い海に沈んでゆく船から逃げてきたの  夢にlove love love いつも 純情じゃいられない  努力を続けた学生だって 結果にならなきゃ 家族はきっと 悲しむ 世渡り上手が うまくはいっても そんなの尊敬できない人生 um Baby 矛盾ばっかな感情を いったい いつまで抱えて生きてゆくのでしょう?  How Crazy わかったようにアタシのこと話すのはやめてよ How Crazy 深い海に沈んでゆく船から逃げてきたの  夢にlove love love いつも 純情じゃいられない How Crazy  冷たいギター もう一度そっと 抱きかかえて一人で あの頃みたいに歌った
Happy Birthday to you youGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIHappy Birthday to you you  Happy Birthday to you you あなたに贈るバースディソングよ OK?  驚かせてごめん 特別な日に 会えてよかった ローソクの火を消して 乾杯しましょ オメデトウ!  Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you いつも アリガトウ! Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you あなたに贈るバースディソングよ OK?  いつも近くにいて 特別な夢 聞かせてほしい これからもよろしく プレゼントもあるよ オメデトウ!  Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you いつも アリガトウ! Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you あなたに贈るバースディソングよ OK?  これからもずっと 辛い日だって一緒 そうやって歳をとってゆきたいの  Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you いつも アリガトウ! Happy Birthday to you you Happy Birthday to you you あなたに贈るバースディソングよ OK?
RUIDOYUIYUIYUIKenji Ogura楽屋で初めて会ったとき 彼女はギターを弾いていた Titleは想い出せないけど 好きな曲だった  Who is she? 気になったまま 客席に戻った Who is she? ステージで見た 彼女は素敵で虜になってしまった  ライブ終わりに コーラ飲み干して アタシも頑張るって そう決めた  I love RUIDO
Driving todayYUIYUIYUIYUI海まで行きたいな 免許が取れたなら 車に乗り込んで 一人でドライヴ  誰も見たことがない 太陽を越えてゆく 憧れている Sunset Driving today  気ままに生きてゆく そんなんじゃないけれど 赤い空見上げて 泣きたい気分  誰かのせいじゃない 風を感じていたい 都会の小鳥は鳴かない  鳴り続ける 電話のベル もう疲れてしまったよ  誰かに会いたくて 恋しくなったなら 帰るつもり Sunset Driving today
CHE.R.RYPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI手のひらで震えた それが小さな勇気になっていたんだ 絵文字は苦手だった だけど君からだったら ワクワクしちゃう  返事はすぐにしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど かけひきなんて出来ないの  …好きなのよ ah ah ah ah  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ  サクラが咲いている この部屋から見えてる景色を全部 今 キミが感じた世界と10秒取り替えてもらうより  ほんの一行でも構わないんだ キミからの言葉が欲しいんだ ウソでも信じ続けられるの  …好きだから ah ah ah ah  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ  甘くなる果実がいいの 何気ない会話から育てたい ah ah ah ah  恋のはじまり 胸がキュンとせまくなる いつまでも待っているから 春の冷たい夜風にあずけてメッセージ  恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう? 星の夜 願い込めて CHE.R.RY ~指先で送るキミへのメッセージ
Rolling starPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUIもう我慢ばっかしてらんないよ 言いたいことは言わなくちゃ  帰り道 夕暮れのバス停 落ちこんだ背中に Bye Bye Bye  君のFighting Pose 見せなきゃ Oh!Oh!  夢にまで見たような世界は 争いもなく平和な日常  でも現実は日々トラブッて たまに悔やんだりしてる そんな Rolling days  転んじゃったって いいんじゃないの そんときは笑ってあげる  乗り込んだバスの奥から ちいさく ほほえみが見えた  君を頼りにしてるよ Oh!Oh!  夢にまで見たような Sweet Love 恋人たちは隠れ家を探すの  でも現実は会えない日が 続きながらも信じてるの Rolling days  つまずいたって Way to go !! Yeah!! Yeah!! 泥だらけ Rolling star !!  なるべく笑顔でいたいけれど 守り抜くためには仕方ないでしょ?  きっと嘘なんて そう意味を持たないの ~All my loving そうじゃなきゃ やってらんない  夢にまで見たような世界は 争いもなく平和な日常  でも現実は日々トラブッて たまに悔やんだりしてる そんな Rolling days  …そう わかってるって つまずいたって Way to go !! Yeah!! Yeah!! 泥だらけ Rolling star !!
Winter Hot MusicYUIYUIYUIYUI冬の早起きは どうしたって苦手なの 寒がりな時間 包まっていたいから  もう少し このままで…  Music 手を伸ばして Music 枕のむこう Music リモコンとって Music ステレオ狙って スイッチ入れた AM 07:00  部屋いっぱい広がる リズムが ここちよくて そろそろベッドから 出なくちゃってわかってるんだ でも  もう少し このままで…  Music 風のシュプール Music 描くみたいに Music 自由になって Music 叶えてくれる 幸せな AM 07:05  見えない魔法に とりつかれても 乗り越えてゆけるよ だいじょうぶ  Music 落ち込んでた Music 昨日忘れ Music 耳を澄ませば Music 世界が変わった  Music だけど起きなくちゃ Music 2度寝しちゃって Music ちょっとあわてた Music カーテン開けて 白い雪 AM 08:00
CloudyYUIYUIYUIYUIなぜもっと 早く言えなかったの?  …こんなんじゃ 悲しくって …こんなんじゃ 終われない  わかってるみたいな 顔ばかりみせて  信じあって また疑って 距離を縮めてほしい everyday 途切れないように  ah 会えないときには ケータイ見つめた メールだけでもよかった  ah I want you. Because I love you. ずっと待ってたのに 過ぎた時間は Cloudy love  もしかして 好きな人でも出来たの?  …そんなんじゃ 寂しくって …そんなんじゃ 譲れない  わかってるみたいな 事ばかり言ったけど  信じてた 言葉を全部 距離は離れていた everyday どうしたらよかったの?  ah 会えないときには ケータイ見つめた メールだけでもよかった  ah I want you. Because I love you. ずっと待ってたのに 過ぎた時間は Cloudy love
I remember youPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI風はもう 冷たいけれど 懐かしい そらの匂いがしたんだ ホームから海が見える この場所で 君を捜してる  季節はずれの サーフボードに あの夏はきっと生きてる  太陽はずっと 覚えていたはずさ ねぇ 聞こえてる?  涙はみせないって 君はそう言って 僕たちは ふたり手をふった さよならは言わない だから手をふった 夕焼けに消えた I remember you  錆びたギター抱えるたびに あの歌が 胸の奥を掴むけど 今もまだ さえない日々 この場所で 僕は過ごしてる  だけど思うんだ 誰かのために きっと僕らは生きてる  太陽がきっと 教えてくれたんだ ねぇ 聞こえてる?  涙はみせないって 君はそう言って 僕たちは ふたり手をふった さよならは言わない だから手をふった 夕焼けに消えた I remember you  あれからの僕は 相変わらずだけど ほんの少し自信があるんだ yeah…  涙をこらえてる 約束だから 誰よりも強くならなくちゃ さよならは言わない だって目を閉じて すぐに会える I remember you
It's happy lineGOLD LYLICYUI for 雨音薫GOLD LYLICYUI for 雨音薫YUIYUI誰の為に生きているの? さえない日々を過ごして  弱さも痛みも どのくらい感じてるの?  足りない昨日におぼれ 夢に書いた今日 そろわなくても yeah yeah  夜明け前の瞬く星は 消えて行ったの? 明日へ行ったの?  Tomorrow never knows It's happy line  何を信じていけばいい? 見えない日々を過ごして  どんな夜を見ても もう暗い顔しないで  誰もが幸せを呼ぶ笑顔 見えているの? 笑えなくても yeah yeah  明日への想いを胸に 赤い目を見て 笑ってみたの  Tomorrow never knows It's happy line  足りない昨日におぼれ 夢に書いた今日 そろわなくても yeah yeah  夜明け前の瞬く星は 消えて行ったの? 明日へ行ったの?  Tomorrow never knows It's happy line
SkylineYUI for 雨音薫YUI for 雨音薫YUIYUIちょっとだけ 考えすぎちゃうみたい 眠れない部屋のなか  いっそもう 夜を飛びだしてみたい 窓辺にためいきが落ちる  ツキアカリヲヌケテ 遠くまで 羽ばたいてみたいのに どうしたらいいのだろう?  I want to fly well I want to fly well 飛び方を 知らないだけ… I want to fly well I want to fly well 誰か教えてくれたら いいのに  きっとまだ 知らないことばかりだよ TVも嘘ばかりで  アマヤドリノトチュウ いつまでも こうしてはいられない ずぶ濡れでも かまわない  I want to fly well I want to fly well 飛び方を 知るためには… I want to fly well I want to fly well 空に出なくちゃいけない to skyline  チャンスを待ちきれない 同じ朝を繰り返して いくつ数えただろう 描いてゆく skyline  飛び方は 知らないよ 飛べるかもわからないよ I want to fly well I want to fly well だけど ゆくよ  I want to fly well I want to fly well 飛び方を 知るためには… I want to fly well I want to fly well 空に出なくちゃいけない to skyline
Good-bye daysPLATINA LYLICYUI for 雨音薫PLATINA LYLICYUI for 雨音薫YUIYUIだからいま 会いにゆく そう決めたんだ ポケットの この曲を 君に聴かせたい  そっとヴォリュームを上げて 確かめてみたよ  oh Good-bye days いま 変わる気がする 昨日までに so long かっこよくない優しさがそばにあるから ~with you  片方の イヤフォンを 君に渡す ゆっくりと 流れ込む この瞬間  うまく愛せていますか? たまに迷うけど  oh Good-bye days いま 変わり始めた 胸の奥 all right かっこよくない優しさがそばにあるから ~with you  できれば 悲しい 想いなんてしたくない でもやってくるでしょ? そのとき 笑顔で Yeah hello!! my friend なんてさ 言えたならいいのに…  同じ唄を 口ずさむ時 そばにいて I wish かっこよくない優しさに会えてよかったよ  …Good-bye days
Spiral & EscapeYUIYUIYUIYUI待ち合わせはいつも曲がり角んとこ 赤いポストに寄りかかって待ってたの  ウチのすぐ前だったら ママに見つかるよって あたしは何にも悪くないのに  Spiral & Escape あたしはひとり Spiral & Escape 彼が出てくるのを ずっと待っていた ずっと待っていた あの頃  国道沿い 耳もとで話した 人目を気にしているのがわかった  何を守っているの? 誰に怯えてるの? あたしは何にも怖くないのに  Spiral & Escape うつむいたまま Spiral & Escape 彼の言い訳ばかり ずっと待っていた ずっと待っていた  子供のままじゃ傷つくよ 何も犠牲にしない 優しさなら いらない I need you そう言えないから  Spiral & Escape あたしはひとり Spiral & Escape 彼からさよならを ずっと待っていた ずっと待っていた あの頃
I knowYUIYUIYUIYUI荒い呼吸が震える あわただしい空が見える 落ちつける場所もない 声もかれて 心も枯れて 泣き叫ぶ声が響きわたってる yeah! got you buddy  I know I know 争いの中 I know I know 震える 小さな 身体を…  泣かないでお願い 可愛い わたしだけの坊や 巻き込まれてゆく 罪も持たず 武器も持たず 帰る場所もなく夜にかくれる yeah! got you buddy  I know I know 彷徨いながら I know I know 乾いた わたしの心にあるオアシスへ ひとりひとつの希望を  I know I know 夜を越えて 走り出そう まさに目の前に広がる宇宙の中で  夢を描いて 眠りにつく前に 愛の世界を… 夢を…
Simply whiteYUIYUIYUIYUI人生って複雑だね 荷物は増えてゆくの いらないはずなのに  シンプルに生きてみたい 明日をもっと自由に 使ってみたいよ  そのままになってる 読みかけのミステリー 忘れてしまえたら いいのにね  欲しいものなんてないよ 捨てられないものばかりある  両手広げてSay Goodbye できたなら気がラクになれそう  ずっと旅してたい でも働かなくちゃ それもできない  ケータイなくしただけ ちょっと不安になった 君も同じでしょ? わかるでしょ?  欲しいものなんてないよ 捨てられないものばかりある  両手広げてSay Goodbye できたなら気がラクになれそう  欲しいものはたった一つ 見つけたらそれだけでいい  だけど そうもいかないから 抱え込んじゃって もう疲れる  考えすぎちゃって 疲れる
I can't sayYUIYUIYUICOZZiこんなんじゃ進めない ってあなたは 言うけれど よくあることよ アタシなら 知っている  あきらめてなんて いない つもり ただ笑いあうほど 無邪気に なれない  アイシテヨ アイニキテ 言えたなら 幸せになれるかな? 臆病な アタシに気づいてよ  街で流行りの skirtじゃ 窮屈で 疲れた顔に 会えたなら 落ち着くよ  戸惑う あなたを 見ているだけ つよがりのアタシは 素直に なれない  アイシテヨ アイニキテ 言えたなら あなたはどうするかな? わがままな アタシをわかってよ  アイシテヨ アイニキテ 言えたなら 幸せになれるかな? こわいけど  アイシテヨ アイニキテ 言えたなら あなたはどうするかな? もしかして  本当は気づいてるの? You know…
Blue windYUIYUIYUICOZZiなぜ?あなたはそんな風に語るんだろう? 黙ってる こんなあたしに…  希望だってきっとあなたより強く持ってる 言葉にはできない  なぐさめに 来ているつもりなのかな? …ありがと  YOU あなたが言った ジョークひとつも笑えなかった YOU でも優しかった あなたのことがわかった  発明家は偉い人だと 教えられた 努力する モノを生み出す  でもそれに群がってゆく人たちこそ かしこくて 長生きだ  くやしくて 泣いたりするのもちがう …風のなか  YOU あなたが言った 神様はきっと見てるよって YOU 初めて笑えた もっと気のきいたこと言ってよ  はじめて 創った歌 ときどきひとり口ずさむ  忘れそうになったら あの日のあたしを探すの  だってたどり着きたい場所は …変わらない  YOU あなたが言った 神様の話も 今は YOU 信じてみるよ 歌うことしかできない もう大丈夫よ  あたしらしく生きていよう
Swing of lieYUIYUIYUIYUI別れが近づいている 予感は当たる気がしている ときどき見せる尖った口元でわかる  ねえ アタシたちって 濡れたブランコみたいに baby  ただ 降り続けた 雨にはぐれただけでしょ?  I continue waiting for wind ah ah  どうして黙っているの? 嘘ならやめてって言ったけど 嘘もつけないような人はもっと嫌い  ねぇ アタシたちって 揺れるブランコみたいに baby  ただ すれ違って 同じ場所から動けない  I continue waiting for wind ah ah  街の隅っこで ふたり手をつないで 夜に隠れている 帰る場所なんてないの  ねえ アタシたちって 濡れたブランコみたいに baby ただ 降り続けた 雨にはぐれただけでしょ?  ねぇ そうだって言って 揺れるブランコみたいに baby ずっと すれ違って まじわることもないけど  I continue waiting for wind ah ah I continue waiting for wind ah ah
Merry・Go・RoundGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUI飛び出したスニーカー ひとの波に逆らうように 歩いた Can I come back? どうすればよかっただろう?  はなやかな街並みだって 滲んでゆく帰り道 Crazy passion / Easy action 受け止めて 欲しかったのに  涙のMerry・Go・Round 輝きに戸惑う I'm just a baby Oh! mind  さよならMerry・Go・Round 愛情がカラ回りした feeling is the Merry・Go・Round  たちどまる交差点 振り向けないの 期待している 優しさに Can I come back? ゆだねる事ができない  シグナルが青に変わって 私はまた歩き出す どうしたの? Is this all? 追いかけて 欲しかったのに  涙のMerry・Go・Round 輝きに戸惑う I'm just a baby Oh! Mind  さよならMerry・Go・Round 愛情がカラ回りした feeling is the Merry・Go・Round  涙のMerry・Go・Round 悲しみが止まらない I'm just a baby Oh! Mind  さよならMerry・Go・Round 消さないで そう願うだけ feeling is the Merry・Go・Round
HELPGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIどうしたらいい? ねえ神様 ずっとモヤモヤ まだ きえない  試練なら耐えてみせる でも運命はあなた次第なの  ラッキーガール そんなんじゃなく 軽いSTEPで ゆきたい  気持ちは高まるばかり 見つけてほしいの ah ah お願い  Oh Baby Baby Oh Baby Baby 夢見てるのよ 小さな頃から Baby Baby 憧れだけが強くなる Oh Yeah! チャンスをください I believe mygod oh oh oh! I believe myself oh oh oh! Yeah! 神様 HELP!  がんばってゆこう そんでのこりは 仕方ないもんね 手をあわせよう  ほほえみもなくさないわ だから見つけてよ ah ah お願い  Oh Baby Baby Oh Baby Baby 恋してるのよ あなたの事だけ Baby Baby 意地悪なんてしないでね oh Yeah! チャンスをください I believe mygod oh oh oh! I believe myself oh oh oh! Yeah! 神様 HELP!  Oh Baby Baby Oh Baby Baby 夢見てるのよ 小さな頃から Baby Baby 憧れだけが強くなる Oh Yeah! チャンスをください I believe mygod oh oh oh! I believe myself oh oh oh! Yeah! 神様 HELP!
TOKYOGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUICOZZi住みなれた この部屋を 出てゆく日が来た 新しい旅だちに まだ戸惑ってる  駅まで向かうバスの中 友達にメールした  朝のホームで 電話もしてみた でもなんか 違う気がした  古いギターをひとつ持ってきた 写真は全部 置いてきた  何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しかな?  つよがりは いつだって 夢に続いてる 臆病になったら そこで途切れるよ  走りだした電車の中 少しだけ泣けてきた  窓の外に続いてる この町は かわらないでと願った  古いギターをアタシにくれたひと 東京は怖いって言ってた  答えを探すのは もうやめた 間違いだらけでいい  赤い夕焼けがビルに途切れた 涙をこらえても  次の朝がやってくるたびごとに 迷うことだってあるよね?  正しいことばかり選べない それくらいわかってる
crossroadYUIYUIYUIYUIひだまりの中で はしゃぐ子供たち 水しぶき あがるけど うまく笑えなくて ただぼんやり そんな景色見てる  返事のないメールばかり 気にしてしまうのは もうやめよう  歩きだす 僕たちに 暖かい風が吹いた さよならのかわりに  答えなど 見つけられない出来事が これから また 僕らを悩ませる Baby  旅だちの crossroad 渡ってしまった 複雑に すれ違う 涙のカタチって みんな違うはずだって 言ってた  木漏れ日に目を細めたんだ まぶし過ぎる未来が 呼んでる  歩きだせ 僕たちは 暖かい風の中に 立ち止まってられない  答えなど 見つけられない出来事が これから また 僕らを悩ませる  そばにいた あの頃が 想い出に変わってゆく さよならのかわりに  並木道 シャボン玉 遠くまで飛んで消えた good bye 悲しみの向こう  歩きだす 僕たちに 暖かい風が吹いた さよならのかわりに  答えなど 見つけられない出来事が これから また 僕らを悩ませる Baby  good bye my love oh baby
LIFEPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI泥だらけよ 馴染めない都会で 同じように笑えない うつむいて歩いたの 急ぎ足で すれ違う人たち 「夢は叶いましたか?」 アタシまだモガいてる  子供の頃に戻るよりも 今をうまく生きてみたいよ 怖がりは 生まれつき  陽のあたる場所に出て 両手を広げてみたなら あの空 越えてゆけるかな? なんて思ったんだ  飛び立つ為の翼 それは まだ見えない カンタンに 行かないから 生きてゆける  濡れた子犬 拾いあげただけで ちょっと笑えちゃうほど 涙がこぼれてきた 愛されたい 愛されたいばかり アタシ言っていたよね 求めるだけじゃダメね  子供の頃はママの事 ひどく傷つけた日もあったよね 変わりたい いま全部  陽のあたる場所に出て この手を強く握ってみた あの場所 あの時を壊して I can change my life  でも 心の中 すべてを とても伝えきれない カンタンに 行かないから 生きてゆける  陽のあたる場所に出て 地図を広げてみるけど I know… You know… 迷い道も仕方ない I can change my life  過ぎてきた日々全部で 今のあたしなんだよ カンタンに 行かないから 生きてゆける
Last TrainYUIYUIYUIYUIいつもの場所 夕暮れの国道見下ろして 家路に急ぐ人たちを ぼんやり追いかけた  きっと同じ事 たぶん同じような事 繰り返しながら 進んでゆく  いま 最終電車に乗って ここじゃない何処かへゆきたい  If you were able to meet you 明日が始まる その前に I feel the distance with you.  僕らはいつも 間違って 悲しくもなる 逃げてばかりの昨日はもう置いてゆこう  きっと君の事 たぶん今ならね あの頃よりも わかる気がしてる  いま 最終電車に乗って ここにいない君に会いたい  If you were able to meet you 明日が始まる その前に I feel the distance with you.  誰かの笑顔 誰かの言葉 Ah それだけで つよくなれるの  Last Train いますぐ 飛び乗りたい 朝まで 待ちきれない My Feeling  If you were able to meet you この気持ち なくしたくないよ yeah!  最終電車の窓 星空に浮かぶ言葉たち  If you were able to meet you 君へと続いてゆくから I feel the distance with you. I feel the distance with you.
Tomorrow's wayGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIいまを壊してしまいたい いまにすがりついていたい 自分のことはわからない  やり直せるはずないよ 知らない街に隠れてみても 窓越しにただ今を想う  逃げ出したい衝動から 逃げ出すまでの口実に迷う  ちぎれた記憶を辿れば あの頃にだって戻れる いつかの少年みたいに  叶える為 生まれてきたの 幼き日々に描いた宇宙 I'm a baby 泣きたくもなる 手に入れるための 傷みなら so good  生きることが戦いなら 勝ち負けも仕方がないこと そんな事くらいわかっているよ  泣きだしたい衝撃から 走り出した明日へと鼓動が騒ぐ  まっすぐに生きてゆきたい ただまっすぐに生きていたい あの日の少年みたいに  叶える為 生まれてきたの 幼き日々に感じた呼吸 I'm a baby 泣きたくもなる 手に入れるための 傷みなら so good  誰かの言葉に つまづきたくない 惑わされたくない…  明日もきっと 輝いている 幼き日々にもどらなくていい Tomorrow's way of life 怖がりだけど 引き返せない道に立ってる  叶える為 生まれてきたの 幼き日々に描いた宇宙 I'm a baby 泣いたりしない 手に入れるための 傷みなら so good
Why meGOLD LYLICYUIGOLD LYLICYUIYUIYUIFound Me 追いかけて ずっとさみしくて  一人きりのSad night 夜更け前の闇に溶け込んでた  こんな風にいつも 消えそうな My Soul 通りすぎていく 人の波に 飲まれ 流されていく  いつも誰かが 助けてくれると信じてた 自分の足で I just be myself  Bye my weakness Bye my sorrow ふみだす勇気 もっていくよ これからは Bye my weakness 輝く先 きっと この手につかむよ …Good day…Oh my self  Need me この先に 君を探した  たちどまらない everyday 夜明け前の空を 抱きしめてた  君が歌ってくれた Songs 今も忘れないよ 強くなれる I just be myself  Bye my weakness Bye my sorrow ふみだす勇気 もっていくよ これからは Bye my weakness 輝く先 きっと この手につかむよ  Bye my weakness Bye my sorrow ふみだす勇気 もっていくよ これからは Bye my weakness 輝く先 きっと この手につかむよ  Bye my weakness Bye my sorrow~これからは Bye my weakness 輝く先 きっと この手につかむよ
Free BirdYUIYUIYUIYUI飛べるだろう今は 闇をくぐり抜けて 海を超え山を越え 日常など気にせず  時間を超えジンジンと痛むような刺激を 今よりもっと何かを欲しがる日が来るだろう  鳥のように空を泳ぐ 一人よがり空を泳ぐ ひたすら夢を Let it be in your life  向かい風に逆らわず 身をまかせてみよう 余裕のない毎日に 笑いながら手を振ろう  風のように海を渡る 青く透明な海を渡る そしてさらけ出す言葉を Let it be in your life  鳥のように空を泳ぐ 泣いていないで空を泳ぐ ひたすら夢を Let it be in your life
feel my soulPLATINA LYLICYUIPLATINA LYLICYUIYUIYUI泣き疲れてたんだ 問いかける場所もなく 迷いながら つまずいても 立ち止まれない  君がくれた笑顔 落とした涙は 僕の胸の 深い傷に 触れて消えた  I feel my soul Take me your way そうたったひとつを きっと誰もが ずっと探しているの  それは偶然ではなくて 偽りの愛なんかじゃなくて You're right, all right You're right, all right Scare little boy  何度も繰り返す どうか行かないで ささやくような 君の声は 愛しくて  I feel my soul Take me your way もう振り向かない きっとこの手で いま確かめたいよ  いつも単純なほど 苦しんで 生きてゆく意味を知りたいから You're right, all right You're right, all right Scare little boy  そっとつぶやいた君の言葉 you say it 動き出せ 見えないけど 道は開かれてる  I feel my soul Take me your way そうもがきながらも きっとこのまま ずっと歩いてゆける  それは偶然でもなくって ありふれた夢なんかじゃなくって You're right, all right You're right, all right  いつも単純なほど苦しんで喜びの意味を知りたいから You're right, all right You're right, all right Scare little boy
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. 長崎の鐘
  4. Habit
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ウタカタララバイ
  2. 新時代
  3. Scream
  4. どうして
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照