NOKKO作詞の歌詞一覧リスト  117曲中 1-117曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
117曲中 1-117曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
フレンズ 新曲ウォルピスカーター 新曲ウォルピスカーターNOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつづつ夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh!  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口づさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディーoh!  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠くみえて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
フレンズ小雨(宮本侑芽)小雨(宮本侑芽)NOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつづつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh!  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口づさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー Oh!  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
Maybe Tomorrow相川七瀬相川七瀬NOKKO土橋安騎夫鈴木Daichi秀行疲れ果てた体よこたえ 目を閉じて今日を思いかえす 汗にまみれてただがむしゃらで 夢はまた遠い1日だった だけど明日はきっといいこと あると信じてたいの Maybe Tomorrow  夜にすいこまれ心がさむくなる 子供の頃を想いだすよ ひとりぼっちで歩きはじめたから もうふり返ることは出来ないね 灰色の日に行きづまっても あきらめは出来ないの Maybe Tomorrow  だけど明日はきっといいこと あると信じてたいの Maybe Tomorrow
フレンズ (Cover)GARNiDELiAGARNiDELiANOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこみ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
人魚LiSALiSANOKKO筒美京平武部聡志アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月がのぼるまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事も さみしさも 輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で 小さくこごえて その笑顔を しぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
DO IT AGAIN feat.NOKKON.U.D.EN.U.D.ENOKKODJ SHIMOYAMAお早う 夜明けの月とモーニングライト 人は誰も夢を見るもの ある日の幸せな瞬間を 胸に焼きつけ生きて行こう  ハートフィールド おぼえているかい ミルク色した空を 飽きるほど眺めた  君と笑うと虹思った 雨上がりのステップ踏んで 踊りだそう 木枯らし 光を放つ 君の紅い 頬に巻く マフラー12色 総てが美しい世界に やがて いつか 旅立ちは訪れた  幾つ靴を履きつぶしても 決して色褪せぬその世界 ハートフィールド おぼえているかい 心のドアの鍵も空き地ももう無くなって  嵐に揺れるシロツメグサの 花を編んでる 君を探して生きる  汚れのない心で 君が 貸してくれた 色鉛筆の12色 僕らはどんなに先に行っても また1から 描き始めるのだろう  Do it again DO DO DO DO DO Do it again  ハートフィールド おぼえているかい ミルク色した空を 飽きるほど眺めた  君と笑うと虹思った 雨上がりのステップ踏んで 踊りだそう 木枯らし 光を放つ 君の紅い 頬に巻く マフラー12色 総てが美しい世界に やがて いつか 旅立ちは訪れた  僕らはどんなに先に行っても また1から 描き始めるのだろう
MOON清春清春NOKKO土橋安騎夫清春・三代堅昔ママがまだ若くて 小さなあたしを抱いてた 月が もっと遠くにあった頃 工場は黒い煙を はきだして 町は激しく この娘が大きくなるのを祈ってた  娘は13になって 盗みの味覚えて 黒いリストに 名前を残した  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めて歩いた日のことも  月曜日が 嫌いと言って 心のすべてを 閉ざしてしまった娘は 初めての 恋におちた日 想い出ひとつも持たずに 家を飛び出して 戻らなくなった  こわしてしまうのは 一瞬でできるから 大切に生きてと 彼女は泣いた  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めてキスした日のことも  こわしてしまうのは 一瞬でできるから 大切に生きてと 彼女は泣いた  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めてキスした日のことも  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めて歩いた日のことも  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めてキスした日のことも
人魚岩崎宏美岩崎宏美NOKKO筒美京平上杉洋史アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月がのぼるまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
フレンズ九十九九十九NOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
ふふふNOKKONOKKONOKKO松任谷由実亀田誠治黄昏が葡萄色に暮れてく よく頑張ったね白いシャツ お日様が染み込んだ 想い出 片付けてる この部屋に夏はもう似合わない ふふふ ふふふ  セミが鳴きやんで 何日経つだろう ざわめく木立が 喝采を浴びせ 愛しさだけを残した そして あなたの手をそっと 握りしめた ふふふ ふふふ  満ちてく月の浜には さよならもう誰もいなくなった ポケットの ライフセーバー 涙の海から救っておくれよ 夏はもう 戻らない ふふふ ふふふ  渡り鳥たちが 海を越えていく 私はどこへも行かないのよBaby  愛しさで胸が熱い 青いあなたの影ずっと見つめていた  渡り鳥たちが 海を越えていく 私はどこへも行かないのよBaby  セミが鳴きやんで 何日経つだろう ざわめく木立が 喝采を浴びせ 愛しさだけを残した そして あなたの手をそっと 握りしめた ふふふ ふふふ
TRUE WOMANNOKKONOKKONOKKONOKKO松浦晃久キッチンに鏡置いて 微笑みの練習しているのよ 最近 忙し過ぎたから 自分を取り戻したい  Let's go to the TRUE WOMAN それは素敵な サロン 友達にも会える  Let's go to the TRUE WOMAN 爪もピカピカに しましょう だってあなたいつも 頑張ってきたんじゃない 悲しい色は彼女には似合わない  女は恋が愛に 変わる速度が少し早いの だからなるべく スロースローダウンして 相手の気持ちを待って  Let's go to the TRUE WOMAN  それは素敵な恋を楽しんで欲しいの  Let's go to be a TRUE WOMAN  心ピカピカに 星の 花の 虹の 月の 本当の輝きが欲しい 悲しい嘘は彼女には似合わない
All mylifeNOKKONOKKONOKKO佐橋佳幸なくした本を 街角で見つけた 昔の自分に 出逢ったみたいに 頁を開くと なつかしい物語 すり傷みたいな 記憶がよみがえる  All my life  どしゃ降りの中で 転んでは立ち上がる あの頃も今も 愛はこの胸の中  奇跡が起きる こともあるのね 初めてあなたを 見た日に感じた 私の中に 不思議に広がる 泣きたくなるような 力がこみ上げる  All my life  どしゃ降りの雨で ぼろぼろの傘でも 助けてあげたいと 思うこの胸の中  ハレルヤ 青空 今日も生きてく 山道 坂道 涙を洗う小川もあるわ  どしゃ降りの中で 転んでは立ち上がる あの頃も今も 愛は空 星のなか  どしゃ降りの雨で ぼろぼろの傘でも 助けてあげたいと 祈るこの胸の中
この道NOKKONOKKONOKKONOKKODJ GOMI悲しみの風吹く 私の町 服はいつも 黒いレースさ ああ ある日 旅に出る 自由探し きれいな色 赦される場所  Daydream, Baby pink, Magenta, Rose and Lilac こころに生まれる色を塗り潰さないで  Raspberry go round 暗い気分よ 夜風に飛べ ため息も 甘く 夜に溶かしてしまいたい ひとりでに スマイル 湧き上がってくるような トキメキを 少し残すの 忘れないでいて  いつの日も  この道は どこかへ続く道 君といつか 逢えたらいいな それぞれの 違う景色 歩いて行こう それが 自分の 色の道  Daydream, Baby pink, Magenta, Rose and Lilac 余計なお世話ね 朝の占いはいらない  Raspberry go round 苦い気持ちよ 風に飛べ 悲しみは消えて 君の足跡が残るよ ひとりでに スマイル 湧き上がってくるような トキメキを 少し残すの 忘れないでいて  いつの日も  Daydream, Baby pink, Magenta, Rose and Lilac こころに生まれる色を塗り潰さないで  Raspberry Dreaming 暗い気分よ 風に飛べ ため息も甘く 春にとかしてしまいたい ひとりでに スマイル 湧き上がってくるような トキメキを 少し残すの 忘れないでいて  いつの日も 悲しみは消えて 君の足跡が残るよ ひとりでに スマイル 湧き上がってくるような トキメキを 少し残すの 忘れないでいて  いつの日も
シアワセのくつおとNOKKONOKKONOKKONOKKO是永巧一雨音のリズムで 目覚める朝 ラベンダーの空 あなたの幸せ そっとそっと 願いかける 珈琲を淹れたら 滲んだ窓 ガラスを眺めて あなたの幸せ そっとそっと 願いかける  バスの道で からし色の猫が あくびをしてる 風にふかれて 一緒に過ごしたいなあ 人生は 空にいっぱい 光る涙さ  そんなに悪くないさ ピカピカの靴を 鳴らせばほら ヒールの音が そっとそっと 語りかける  ありがとういつもの キャンドルの明かり 涼しい風 あなたの幸せ そっとそっと 願いかける  肩を抱いて 楽しい話を 聞かせておくれよ 魔法使いは 怪しげな 嘘つきかい? 人生は 両手いっぱい 光る欲望  そんなに甘くないさ 明日も一から また始まる グラスの底に そっとそっと 願いかける  そんなに悪くないさ 気分は上々 夢に終わりはない あなたの幸せ そっとそっと 願いかける  みんなの幸せ そっとそっと 願いかける
恋に堕ちたらNOKKONOKKONOKKOREBECCA真藤敬利・REBECCA甘い 甘い 夢を 溶かして欲しいの サヨナラが 少しだけ にがくないように こんなにも 苦しいなら 一緒にいようと 言ってくれないのはなぜ 愛ってなんだろう  古いホーム 西日差し込むと 鳴りはじまる 別れのメロディー あと5分だけ 抱きしめていたかった 欲しいのは あなただけ  恋に堕ちたら 愛の歌は 唄えない おお全てを 捧げたいから 愛の歌は 歌わない おお 恋に堕ちたら  夢の街に着いて チャンスを 掴むの 帰りたい 帰れない 青く長いこの道  ダイヤモンド輝く 夜景も 刺さるような 星降る 夜も  この寂しさを 埋めることなど できるのは あなただけ  恋に堕ちたら 愛の歌は 唄えない おお全てを 捧げたいから 愛の歌は 歌わない おお 恋に堕ちたら  恋に堕ちたら 愛の歌は 唄えない おお全てを 捧げたいから 愛の歌は 歌わない おお 全てが Fallin' love
NOKKONOKKONOKKO水野良樹松任谷正隆涙が乾いた後 重たく疼く傷を 抱え立ち上がる 君の前に 広がる世界には 何がある  心に響く拍手 何度も挫けそうな君を 強く支えた その声が 美しい歌に 今変わる  苦しくても 力に変えて 進んでいく 君が好きだよ  鳥たちは雪を蹴り 大空へまた飛び立つ 君を輝かせる 時よ永遠になれ もう一度 こころの翼広げ あの嫋やかな 夕映えの空を 目指して  冷たい指が触れる 真白い雪の斜面に 虹がかかって 静けさは 息を呑むほど美しい  負けないでと 瞬いた 一番星 孤独の欠けら  鳥たちは雪を蹴り 大空へまた飛び立つ 君は白い炎 纏い不死鳥になれ もう一度 こころの翼広げ あの嫋やかな 夕映えの空を 目指して  まだ見ぬ未来を信じて 微笑む心 子供達に届けたい 愛を  約束を交わそうよ 目的地はゴールじゃない 行けるところまでは 果たしてみると言った 君の名前 忘れやしない あの嫋やかな 夕映えに 誓おう  鳥たちは雪を蹴り 大空へまた飛び立つ 君を輝かせる 時よ永遠になれ もう一度 こころの翼広げ あの嫋やかな 夕映えの空を 目指して
ヒマ遠藤舞遠藤舞NOKKOYuka KawamuraTakafumi Kokei西陽の螺旋につつまれて爪をぬる ンーひまです 空想だらけのこの部屋は 暗くてもにぎやか  TVの中の世の中と僕の暇と君の我が儘 大きく小さく軋みが あるよねぇ 傍へ  ねぇ手をつなごうよ 黄昏が今町を撫で ねぇ瞳(め)を閉じようよ もといた夜に地球の場所が戻ってゆく  テーブル つま先 時計の音 それぞれに暇です 昔のプールを思い出す なんだか 夏の日が  くり返し廻(めぐ)っている あの時君は何を見て こちらに微笑みかけたの なぞは甘く溶けてく  ねぇ手をつなごうよ 黄昏が今頬を撫で ねぇ瞳(め)を閉じようよ 熱さを皮膚に残すため ねぇ声を聴かせて SO I WON'T LET MY HEART REPLACE YOUR ONCE BEING THERE ねぇ瞳(め)を閉じようよ もといた夜に地球の場所が戻ってゆく
フレンズ音頭水谷千重子&八公太郎水谷千重子&八公太郎NOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて (あ~らノッコ!) ひとつずつ 夢をかぞえたね (ほらノッコ!)  ほら あれは2人の かくれが (2人の!) ひみつの メモリー oh!  どこで こわれたの oh フレンズ (ともだちだ!) うつむく日は みつめあって (それからどした!)  指をつないだら oh フレンズ (つなぐのね?) 時がとまる 気がした (実際、止まってないんだね!)  ねえ 君は 覚えている (なんのこと?) 夕映えによくにあうあの曲 (どの曲?) だまりこむ 君がいつも (いっつも何よ!) 悲しくて 口づさんだのに (あ、そ~れ!)  今 時は流れて セピアに 染まるメロディー oh! (流れて!) 2度と もどれない oh フレンズ (ともだちだ!) 他人よりも 遠く見えて (遠近法!) いつも 走ってた oh フレンズ (マラソンだ!) あの瞳が いとしい (唄って踊れば ともだちだ! 踊るフレンズに 見るフレンズ! 同じフレンズなら 踊らにゃソンソン!)
恋に堕ちたらREBECCAREBECCANOKKOREBECCAREBECCA甘い 甘い 夢を 溶かして欲しいの サヨナラが 少しだけ にがくないように こんなにも 苦しいなら 一緒にいようと 言ってくれないのはなぜ 愛ってなんだろう  古いホーム 西日差し込むと 鳴りはじまる 別れのメロディー あと5分だけ 抱きしめていたかった 欲しいのは あなただけ  恋に堕ちたら 愛の歌は 唄えない おお全てを 捧げたいから 愛の歌は 歌わない おお 恋に堕ちたら  夢の街に着いて チャンスを 掴むの 帰りたい 帰れない 青く長いこの道  ダイヤモンド輝く 夜景も 刺さるような 星降る 夜も  この寂しさを 埋めることなど できるのは あなただけ  恋に堕ちたら 愛の歌は 唄えない おお全てを 捧げたいから 愛の歌は 歌わない おお 恋に堕ちたら  恋に堕ちたら 愛の歌は 唄えない おお全てを 捧げたいから 愛の歌は 歌わない おお 全てが Fallin' love
フレンズ青野美沙稀青野美沙稀NOKKO土橋安騎夫西岡和哉口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
人魚JUJUJUJUNOKKOKyohei TsutsumiKeiichi Tomitaアカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月が登るまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気で叫んだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
人魚太田裕美太田裕美NOKKO筒美京平アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月がのぼるまで その笑顔を しぐさを いとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事も さみしさも 輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で 小さくこごえて その笑顔を しぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
ウィンター・シューズNOKKONOKKONOKKONOKKOもしも気になる人がいて 眠れないならすり切れた その人の靴を そっと履いてみるといい 意外に険しい道を 歩いて来たものなの 恥ずかしくないよと 誇りに思うと 真心で伝えて  サンタクロース おおサンタクロース  澄み渡る冬の風 乾いた木の葉が 過ぎる季節に 拍手を贈る  サンタクロース おおサンタクロース 僕は何も要らない その人が新しい 僕の贈る靴を 履いてくれますように  サンタクロース おおサンタクロース いいえ私は行かない あなたのプレゼントに 返すものは 何も無いもの サンタクロース おおサンタクロース 僕は何も要らない あなたが新しい 僕の贈る靴を 履いてくれますように
人魚やなわらばーやなわらばーNOKKO筒美京平アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月が登るまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気で叫んだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
フレンズDancing DollsDancing DollsNOKKOAkio Dobashi口づけをかわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠くみえて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠くみえて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
もうすぐクリスマス (Soon It Will Be Christmas)NOKKONOKKONOKKONOKKO凍ったお池のスノウマン 雪模様のマフラー 聖歌隊がきこえてくるよ もうすぐクリスマス  サンタがもみの木の上 粉雪まき散らし みんなを笑顔に変える プレゼントを運んでる ルドルフ コメット キューピット お菓子が焼けたなら 白い雪を降らせてあげよう もうすぐクリスマス サンタがもみの木の上 粉雪まき散らし みんなを笑顔に変える プレゼントを運んでる  赤い実集めてホーリー みんなが帰るまで ドアに飾ろう素敵な夢を Merry christmas to you ドアに飾ろう素敵な愛を Merry christmas to you
人魚多和田えみ多和田えみNOKKO筒美京平アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月が登るまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさをその全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
おてもやん中孝介中孝介NOKKO大坂孝之介Solayaこぼさないで キッチンに涙 ねぇおてもやん  恋が壊れぬように お皿も割らぬよう  ねえなつかしいわね 昔はハチミツ色の キスで部屋が満ちてたわ  朝起きてコーヒーをあなたの為に入れる バランスも考えてサラダとすこしのタマゴ  新聞を読みながら交わした言葉は 「夜、何食べる?」それだけなの  夢見てるのいつまでも 恋するおてもやん  どうか無事でいて 振り向かず歩く背中 あなたに祈りを捧ぐ  お日様が眩しいわ お布団を干しましょう 居心地よく眠ってる横はすこし寒いの 秋風に恋心紅くなるうるしの葉 うたっては色を増した  普通の女よおてもやん 夜には暗い (CRY) 雨そして緑は萌え  忘れられぬ出会った日のさみしそうな横顔 情熱あたたかさ激しさ愛の深さ  疲れはてた私を支えてくれたあなた あの日のように抱きしめて もう一度 欲しいのです
フレンズビビアン・スービビアン・スーNOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつづつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh!  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh!  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
RASPBERRY DREAMそらの少女TAI♪そらの少女TAI♪NOKKO土橋安騎夫今夜も月が見てるわ 鏡の前の Step and Step Hip に磨きをかけて 野良猫は夢見るの the Lucky Star  どうか 魅力を ください 見つめれば 凍りつくほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU  Believe me  悪いあそびを少し 覚えはじめた日から 路地裏はステージに 夕やみは金色のドレス どうか 勇気をください 星よりも 高くとべるほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 腰つきまで Wo Shake Shake Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
フレンズMAXMAXNOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね ほら あれは二人の かくれが ひみつのメモリー oh どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに 今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh 二度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  二度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
人魚柴咲コウ柴咲コウNOKKO筒美京平上杉洋史アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月がのぼるまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
フレンズ中野愛子中野愛子NOKKO土橋安騎夫藤田淳平口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつづつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh!  どこでこわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら ohフレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口づさんだのに  今 時は流れて セピアに染まる メロディー oh!  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
フレンズNOKKONOKKONOKKO土橋安騎夫木村直樹口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね ほら あれは二人の かくれが ひみつのメモリー oh どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねぇ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに 今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh 二度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  二度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
RASPBERRY DREAMNOKKONOKKONOKKO土橋安騎夫河野圭今夜も月が見てるわ 鏡の前のStep and Step Hipに磨きをかけて 野良猫は夢見るのThe Lucky Star  どうか 魅力を ください 見つめれば 凍りつくほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me  悪い遊びを少し 覚えはじめた日から 路地裏はステージに 夕やみは金色のドレス  どうか 勇気をください 星よりも 高く飛べるほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 腰つきまで Wo Shake Shake Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 腰つきまで Wo Shake Shake Raspberry Dream CHU CHU CHU
LONELY BUTTERFLYNOKKONOKKONOKKO土橋安騎夫木村直樹眠ってる あなたのほほに 息をひそめて キスをしたわ ごめんねあたし 勝手すぎたの こんなにあなた つかれさせて  やさしい腕も 今はつらいだけ もうこれ以上 ウソもつけないの Woo  Lonely Butterfly 朝がくるわ Lonely Butterfly もう行かなきゃ 愛がすべてを 変えてくれたら まよわずに いれるのに  わがままで ケンカするたび いつもあなたは 言ってたわ 君はまるで 自由なちょうちょさ 信じるなんて できないよ  それでも二人 寄り添えたから 傷つくことも こわくなかった Woo  Lonely Butterfly 朝がきたわ Lonely Butterfly もう行かなきゃ 愛がすべてを 変えてくれたら まよわずに いれたのに  Lonely Butterfly 朝がきたわ Lonely Butterfly もう行かなきゃ 愛がすべてを 変えてくれたら まよわずに いれたのに  Lonely Butterfly 朝がくるわ Lonely Butterfly もう行かなきゃ 愛がすべてを 変えてくれたら まよわずに いれるのに  Lonely Butterfly… Lonely Butterfly… 愛がすべてを 変えてくれたら まよわずに いれたのに
MOONNOKKONOKKONOKKO土橋安騎夫木村直樹昔ママがまだ若くて 小さなあたしを抱いてた 月がもっと遠くにあった頃 工場は黒い煙を はきだして 町は激しく この娘が大きくなるのを祈ってた 娘は13になって 盗みの味覚えて 黒いリストに 名前を残した MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めて歩いた日のことも  月曜日が嫌いと言って 心のすべてを 閉ざしてしまった娘は 初めての恋におちた日 想い出ひとつも持たずに 家を飛び出して戻らなくなった こわしてしまうのは 一瞬でできるから 大切に生きてと 彼女は泣いた MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めてキスした日のことも  こわしてしまうのは 一瞬でできるから 大切に生きてと 彼女は泣いた MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めてキスした日のことも  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めて歩いた日のことも  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めてキスした日のことも
フレンズ稲垣潤一 Duet with 遊佐未森稲垣潤一 Duet with 遊佐未森NOKKO土橋安騎夫大坪稔明口づけを かわした日は ママの顔さえも 見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね  ほら あれは二人のかくれが ひみつのメモリー OH  どこでこわれたの OH フレンズ うつむく日は 見つめあって 指をつないだら OH フレンズ 時がとまる気がした  ねえ 君は覚えている 夕映えによくにあう あの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー OH  二度と戻れない OH フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた OH フレンズ あの瞳がいとしい  どこでこわれたの OH フレンズ うつむく日は 見つめあって 指をつないだら OH フレンズ 時がとまる気がした  二度と戻れない OH フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた OH フレンズ あの瞳がいとしい
フレンズ茉奈佳奈茉奈佳奈NOKKO土橋安騎夫鴇沢直口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつづつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口づさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
人魚中孝介中孝介NOKKO筒美京平大川茂伸アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月が登るまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  冷たい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる 素敵なこともさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
フレンズデーモン閣下デーモン閣下NOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね ほら あれは二人の かくれが ひみつのメモリー oh どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに 今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh 二度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  二度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも 走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
フレンズFriendsFriendsNOKKO土橋安騎夫口づけをかわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコインあつめて ひとつづつ 夢をかぞえたね ほら あれは二人のかくれが ひみつのメモリー oh  どこでこわれたの oh フレンズ うつむく日はみつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる気がした  ねえ君は覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ君がいつも 悲しくて口ずさんだのに 今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  二度ともどれない oh フレンズ 他人よりも遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳がいとしい  どこでこわれたの oh フレンズ うつむく日はみつめあって 指をつないだら oh フレンズ 時がとまる気がした  二度ともどれない oh フレンズ 他人よりも遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳がいとしい
ONE MORE KISSREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫Whm... こわれた心を シーツに包んで あたしの手が温かいうち 100万ドルをつかむ夢を見ていたいの 純粋なのは磨かぬダイヤと あなたに恋した日  One more kiss to me Please once again もう一度あの口づけで どうかあたしを抱きしめてよ One more kiss to me Give it to me 輝きはせつなくて永遠に幻なの  Whm... 裸足のつま先は麻酔のため息 あたしの胸ときめくうちは 一千の微笑もそのうらの孤独も あの人にすべて燃やす 恋をして泣きだす日も 震えるような消えない愛に包まれたいの  One more kiss to me Please once again もう一度あの口づけで どうかあたしを抱きしめてよ One more kiss to me Give it to me 輝きははかなくてつかんだら壊れそうよ
Navy BlueREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫悪ガキで売ってるアイツは 愛をブギにのせて今日もちぎれてるわ 頭の中爆発してるくせに なんだかちょっと感じちゃうその声は  NAVY BLUE MAKE ME BLUE  ラジオからキスするアイツの タフな音をまとえば 運命のファッション 逃げられない その声に触れると まるで罠にかかったみたい  NAVY BLUE MAKE ME BLUE  汗ばむ体をつつみこんで天国を教えて  NAVY BLUE MAKE ME BLUE
GIRL SCHOOLREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫腰にくいこむGパンは“FBI”もけいかいする かごにつめた 爆弾みたいなの 危険すぎる年ごろってゆーわ Hey Baby Girl School ちょっとジッパーはずして Girl School 悪さをしちゃおうか 手におえないの Baby  ロッカールームのざわめきは“CIA”も目を光らせる 秘密めいた香りがたちこめて 危なすぎるめまいがおきそう Hey Baby Girl School 胸のぼたんはずして Girl School 火あそびしちゃおうか 手におえないの Baby  PTA も彼もみんな口をそろえてこう言うわ 女の子は傷つきやすいから ガードだけはかたくしなさいって Hey Baby Girl School ちょっとジッパーはずして Girl School 悪さをしちゃおうか 手におえないの Baby
BLOND SAURUS(WILD REMIX)REBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫・高橋教之机の中の巨大な鳴き声 OH OH 君たちそれは危なすぎるよ  BLOND SAURUS あと100年くらい BLOND SAURUS 遊んでたいの BLOND SAURUS 休みの天才 時よ終らないで  レーダーの中の巨大な鳴き声 OH OH 大臣 それは危なすぎますよ  BLOND SAURUS あと100年くらい BLOND SAURUS 恋してたいの BLOND SAURUS キスする2人の時をこわさないで
Vanity AngelREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫あなたを見たとき 呼吸は嵐の森に 鼓動は海の地響きになった 近づけば 思わずあなたを食べてしまうかも 強暴なくらいたかぶってる まるで 恐竜になったみたい 裸の野性がはみだしちゃう 生まれたままの激しさには 嘘はつけない…… Vanity Angel  ムリヤリ履いた 裸足のハイヒールには 乙女の意地がつまってるの それでも あなたに靴だけ誉められると なんだか虚しくなるから まるで 恐竜のシンデレラ かぼちゃの馬車からはみだしちゃう 生まれたままでグラマーなら 悩みはないわ…… Vanity Angel  生まれたままで 愛せるなら 苦労はないわ…… Vanity Angel
SUPER GIRLREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫乙女たちは鏡の中の自分に呪文をかけたわ いつの日にか誰もがみんな あっと驚く美人になるって ラッシュの電車でふと気づくの 片手にはバッグと電話料金のお知らせにぎりしめ SUPER GIRL それなりってなんなのよ 魔法の赤い靴何度はきつぶしても SUPER GIRL 人ゴミのスーパーガール 月曜の貧血に奇跡はおきないわ  女らしい控えめさを 男は最後に愛すっていうけど 幸せになった友達に 心から控えめだったヤツなんていないわ ママになったオリーブ 相変わらずバイトで暮らしてるスーも みんな牙をもった SUPER GIRL それなりのスーパーガール ブラウスの中身は小型のダイナマイト SUPER GIRL あたしたちスーパーガール 星のまばたきが命の長さなの  SUPER GIRL あたしたちスーパーガール 他人のことまで救えないスーパーガール
人魚BONNIE PINKBONNIE PINKNOKKO筒美京平小林俊太郎アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月が登るまで その笑顔を しぐさを いとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔を しぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
RASPBERRY DREAMデーモン閣下デーモン閣下NOKKO土橋安騎夫今夜も月が見てるわ 鏡の前の Step and Step Hipに磨きをかけて 野良猫は夢見るの The lucky star  どうか 魅力をください 見つめれば 凍りつくほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So sweet sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU  Believe me  悪いあそびを少し 覚えはじめた日から 路地裏はステージに 夕やみは金色のドレス  どうか 勇気をください 星よりも 高くとべるほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So sweet sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU  Believe me
DNANOKKONOKKONOKKONOKKOひざをかかえて裸で ほし草の小屋で眠っている 逃げたい時のイマジネーション あなたのうでがよみがえる 麦わら帽子が夢をあびて 噴水にうたがこだましても  あの夏は遠く1秒ごとに 色を増していった 走る あえぐ 止まる 笑う ふりかえる そして泣きだす時も  シャツの中に入れる風 ふきだす汗は今年の肌 つかれることも忘れて笑っていたよ 時が過ぎてく  ふりそそぐ声は あの日のわたしが とけた せみのうた 恋をしてた  あの夏は遠く いちねんごとに きれいになってゆく 少し大人びてとなぐさめるよう いいきかせるように  あの夏は遠く1秒ごとに 色を増していった 走る あえぐ 止まる 笑う ふりかえる そして泣きだす時も  麦わら帽子が夏をあびて とけた せみの声 恋をしてた  あの夏は遠く1秒ごとに 色を増していった 走る あえぐ 止まる 笑う ふりかえる そして泣きだす時も  あの夏は遠く いちねんごとに きれいになってゆく 少し大人びてとなぐさめるよう いいきかせるように
Jump a little higherNOKKONOKKONOKKONOKKO青いパパイヤの実 ゆれる胸の中 吐息をもらす ハチドリ とろけるような 夕暮れの宇宙 影絵が2つ 踊りだす JUMP A LITTLE HIGHER 仔馬が走る RUN A LITTLE FASTER 走れ  水浴びのあとで 眠りにおちた 夢のなごりが 星になる 大きな空に キスをねだるよう 森は予感にざわめく JUMP A LITTLE HIGHER 少女のように RUN A LITTLE FASTER TO BREATHE IN HEAVEN HEY HEY HEY  熱い呼吸が シャワーのように まわるアダムとイブのマンダラ  ララララ...... 花をだくヴィーナス ララララ...... 足元に 時は流れてゆく  生まれたての果実と 生まれたての野性と 生まれたての欲望 生まれたまま愛した
キリンNOKKONOKKONOKKOGOTAキリンが走る 夢の中の雲を蹴って 絨毯の部屋をとびだして すきとおる秋にのる 稲穂の金色をかすめながら 赤いソファで目が覚めた ンーとなりの家からサンマを焼く おいしいにおい  青いみかん むいた時ヨーイドンの音は鳴りました ビデオにおさめる 思いきりほおばるのも いいですいいです 秋ですから (秋ですから)  ベランダにかけよりのぞくと 緒形 拳 しちりんでサンマをあおってる 火に照(や)けた顔を上げて にやっと笑う にやっとね  夏の終わりに咲いているあじさいは10月の雨すって 春のように新米で無防備な自信たっぷり たまらない そうです 秋ですから  何もかも明けはたして眠る部屋はまるで 草原のようです 12階のかどの部屋  青いみかん むいた時ヨーイドンの音は鳴りました ビデオにおさめる 思いきりほおばるのも いいですいいです 秋ですから (秋ですから) 夏の終わりに咲いているあじさいは10月の雨すって 春のように新米で無防備な自信たっぷり たまらない そうです 秋ですから
あくびとUFONOKKONOKKONOKKONOKKOラララ...... こころに残るデイトです 夕焼けがキスにとける オレンジ色の雲が流れてる 丘の斜面 うしろはあかりのつきだした ビルが小さくため息をこぼしてる ね、仕事は終わりにして 時間をもどすドライブしよう  ブルーグレーにぼんやりと 星がまたたきだす頃 山へとつづく道が見えるでしょ 高速の下に ここであたし生まれたのよ 今はもう住んでないけど 雲がすごくきれいな場所があるのよ 見せてあげたいの  ゴルフ場は静かな夜につつまれ フロントグラス一面に雲のバレエ おいてきたものは小さな罪の意識をつめこんだトランク  心が少し溶けたみたい 小さくなった感じがするから どこか行くわけでもないのに 遠い場所から来た気がする うしろはあかりのつきだしたビルが小さくため息をはきだした あなたがはじめて近くにいた あくびを1つごまかして
今どきの男の子NOKKONOKKONOKKONOKKO・GOTA YASHIKI浮かれ騒ぎの彼は 今日も勇んで 出かけてく 駅前の日焼けサロン Oh Yea! ブロンズの胸板と 輝く鼻の頭が Hey! とめどもなく ヘルシーでしょ タフな腰つきは あの子に捧げた 踊ろう夜通し DJ 火がつくまで  今どきの男の子 NaNaNa… いちずな男の子 NaNaNa… Love me blind ファンクのリズムで 哲学を語れば Hey! 明日にはヒーローさ  固めたこぶしは Brother に捧げた 踊ろう夜通し DJ 火がつくまで  今どきの男の子 NaNaNa… 振り向いてよ少しだけ NaNaNa… Love me blind  あの子に捧げた 火がつくまで  今どきの男の子 NaNaNa… 振り向いてよ少しだけ NaNaNa… Love me blind  今どきの男の子 NaNaNa… 気にかかる少しだけ NaNaNa… Love me blind hey hey  NaNaNa…NaNaNa… Love me blind Come on  NaNaNa… Love me blind  NaNaNa… Love me blind!
人魚安室奈美恵安室奈美恵NOKKO筒美京平Nao'ymtアカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月がのぼるまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気でさけんだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
NOISE FROM YOUR HEARTREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫地下室のざわめきみたいに聞こえるわ この胸が敏感に感じとるNoiseを そばにいて吐息聞いてると あなたの全てがひびきだすわ  いちはやく眠り込んだあなたの横顔は 一日を走り抜けた少年みたいに まんぞく顔 何ひとつ悪いことはしてないよって言いたげね  That's the noise comes from your heart ときめく胸で眠れないから That's the noise comes from my heart 朝までざわめく心  微笑むと ささやきが聞こえてきそうね 冬空はすっかり白くかすんでる もうすぐ起きる時間よ  That's the noise comes from your heart ときめく胸と冷たい頬を That's the noise comes from my heart よせると あと5分だけ
Raspberry Dream (Album mix)SpringsSpringsNOKKO土橋安騎夫荒木陽太郎・enzo今夜も月が見てるわ 鏡の前の Step and Step Hipに磨きをかけて 野良猫は夢見るの the Lucky Star どうか 魅力をください 見つめれば 凍りつくほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me  悪いあそびを少し 覚えはじめた日から 路地裏はステージに 夕やみは金色のドレス どうか 勇気をください 星よりも 高くとべるほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me
NOT CRAZY TO ME中森明菜中森明菜NOKKO坂本龍一坂本龍一次の駅まで 乗りすごせば あなたの歩く 街が見える 眠ったままで ひらく扉を 見すごせたなら いいと思う いつもホームで  IT'S NOT CRAZY TO ME 子供じみてると IS IT CRAZY TO YOU 笑わないで IT'S NOT CRAZY TO ME 1秒づつ好きで IS IT CRAZY TO YOU なきたくなる  手をつながない その訳は あまりによくある 話だから 友だちにいつも つらいだけだと 言われてよくいる 人じゃないと いつもくり返す  IT'S NOT CRAZY TO ME 子供じみてると IS IT CRAZY TO YOU 笑わないで IT'S NOT CRAZY TO ME 何もかも好きで IS IT CRAZY TO YOU くるしくなる  次の駅まで 乗りすごせば あなたの歩く 街へ行ける いつものホームで… (STOP)  IT'S NOT CRAZY TO ME 子供じみてると IS IT CRAZY TO YOU 笑わないで IT'S NOT CRAZY TO ME 1秒づつ好きで IS IT CRAZY TO YOU なきたくなる IT'S NOT CRAZY TO ME 子供じみてると IS IT CRAZY TO YOU 笑わないで IT'S NOT CRAZY TO ME 何もかも好きで IS IT CRAZY TO YOU くるしくなる  IT'S NOT CRAZY TO ME IS IT CRAZY TO YOU IT'S NOT CRAZY TO ME 1秒づつ好きで IS IT CRAZY TO YOU なきたくなる IT'S NOT CRAZY TO ME 子供じみてると IS IT CRAZY TO YOU 笑わないで IT'S NOT CRAZY TO ME 何もかも好きで IS IT CRAZY TO YOU くるしくなる
Tattoo GirlREBECCAREBECCANOKKO木暮武彦REBECCAやわらかなお前の肌 月が濡らしてる 静かに目を閉じ そっとお聞き Woo  Tattoo Girl 薄いその胸に 潮(しお)が 熱く満ちてくる 恋せよ 乙女のあいだに 家を 母を 父を捨て 左の腕に浮かぶしるしインディオ  青い青い夜明けに コンドルは空をめざす お前も飛び立つ時 不安な羽をひろげて  傷ついた足は花の しずくで冷やせよ 心の寒さは 歌でいやせ Woo  Tattoo Girl 少女(おとめ)は誰でも きのうを捨て 愛に会う お前は14才(じゅうし)の私よ どんな恋をするだろう ひそかに燃える 青いしるしインディオ  そっと脱(ぬ)げたベッドに ひとすじの髪が残る 小さな影はいつか 夜明けの砂漠に溶ける Oh
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
OLIVE川上とも子川上とも子NOKKO土橋安騎夫梅村圭ねぇOLIVE 望みどおり あたしたち 暮らし始めたのは いいけど この先は どうなるのかしら  TVも冷蔵庫も新聞もこないかわりに 門限もないわ 自由ってこんなものね  OLIVE それからの2人は 毎日がキャンプしてるみたいで OLIVE 泣けちゃう映画を観れば 悩みなんてすぐになくなってたわ こわいものなしね2人 ねぇOLIVE  ねぇOLIVE 本当に行くの あなたのことだから もう決めちゃったんでしょ 止めないけど寂しくなるね  彼のとこに住むってこと ママには内緒だなんて そんな長く隠し通すことはできないわ  OLIVE 今は考えないでいよう 戻ることは たぶんできないから OLIVE やみくもに生きてるわけじゃないの だけど 答えが見えない 不安だらけね2人 ねぇOLIVE  ねぇOLIVE 望みどおり あたしたち 暮らし始めたのは いいけど この先は どうなるのかしら  OLIVE 今は考えないでいよう 戻ることは たぶんできないから OLIVE やみくもに生きてるわけじゃないの だけど 答えが見えない 不安だらけね2人 ねぇOLIVE
VIVACENOKKONOKKONOKKONokko・Satoshi Tomiieアレックス・ベルホーベン(Tu tu tu…)  たとえば明日には まるでちがう娘になってるかも 髪型もしぐさも あなたの知らない とまどうくらい 自由な New Face  ねぇきいて それは恋の不思議なの 抱きしめたら すぐ気がつくわ ときめきの奥で まちわびてる 素顔を見つけて  (Tu tu tu…)  たとえば昨日から あなたはとても無口でふきげん 無邪気なジョークも気まずくするだけ ゆううつなままのとべない SUNDAY  ねぇきいて これは愛の不思議なの 抱きしめたら すぐキスをする それだけで とりあえずはパラダイス 言葉はいらない  (Tu tu tu…)  たとえばすれちがう日 たとえば信じられない それでも誰かに 自慢するくらい好きよ  たとえばキスをする時 たとえば腕をまわす ねぇ 見せたい場所があるの ドライブへ行こう  たとえば恋しくて たとえば声が聞きたい たとえば他人より 遠くに思える夜は  たとえばキスをして たとえば愛していると 遠くからだって ささやけば 感じるから
神様と仲なおりREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫レベッカU 目を閉じると あ、風が吹いている U 君をはじめて見た瞬間から あ、木々がざわめいて U たぶん優しい目をした 夏が笑ってるんだ ホラつかまえて 君は風を見てる 森の中で知った魔法 こんなにも なつかしい優しさにつつまれてることを知る  神様と仲なおり 夜は風が見えないから くちびるをとがらせた顔に いたずらな宝石が光ってる  あ、はじめての友達は 兄弟のように似てるから U 忘れてしまうのは とてもつらいよ U 自分を置き去りにしてるような気がするのは 果てしない時間に思えるから  君はとつぜん考える この海と太陽の約束を想い出して いそがなきゃ間に合わないよ RUSH RUSH RUSH RUSH  神様と仲なおり おびえたワケを想い出して もう一人ではなくなるんだ ほら だって  君は大人で子供で友達で恋人にもなれる きっと神様と仲なおりするよ、きっと 鏡の中で  泣いてる君とも… 
フレンズ(Creamy)NOKKONOKKONOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも 見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつづつ 夢をかぞえたね  ほら あれは二人のかくれが ひみつのメモリー OH  どこでこわれたの OH フレンズ うつむく日は 見つめあって 指をつないだら OH フレンズ 時がとまる気がした  ねえ 君は覚えている 夕映えによくにあう あの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー OH  二度と戻れない OH フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた OH フレンズ あの瞳がいとしい
昼の月NOKKONOKKONOKKOSHUNQUICKY・DAZZLE-T・屋敷豪太海から聞こえる もう風が吹くよ 空から聞こえる ほほも紅く染まる WOOLの小路を2人歩くと 誰かに会いそうでなんだか落ち着かない  冬の昼は天使が降りてくる 日だまりに陽気の混ざった あたたかさがヒント  君の悲しみに気がついて 昼の月がぽっかり浮かぶ その胸に広がった苦い味がとけるまで歩こう いっしょに  雲が動いたら 今夜木星を見よう カップに沸き立つ ミルク紅茶の星 銀河系からアンドロメダの距離は あなたが心にしまった傷みの場所  どんなに大きく どんなに小さく この星で生きてゆくの 甘い時の中  君の苦しみに気がついて 昼の月がぽっかり浮かんだ その胸に広がった苦い味が溶けるまで歩こう  君の傷みに気がついて 昼の月がぽっかり浮かぶ その胸に広がった苦い味がとけるまで歩こう いっしょに
ヌーチェの朝NOKKONOKKONOKKOGOTA YASHIKI屋敷豪太ヴァニラの香りの風 シャツの袖の中 抱きつくと 4月のうすむらさきの街は 小さな部屋のベッドで 綴った憧れ 連れて行こう 一緒に 朝陽を浴びてゆこう  愛をつなぎ合わせた キルトの太陽 光のつぶは 野ばらになって 庭先で揺れている  鳥達は歌う YESと歌う I'm in Love また恋しよう Hello my dear, I'm desperately seeking you ヌーチェの朝 わたしが全てにYESと言った ヌーチェの朝 Hello my love, I'm desperately loving you ヌーチェの朝  すみれの言葉で 小さなキスは風 あの屋根を飛び越え 海に吹かれて行こう  昨日のかけらが 砂に埋もれてた あなたが笑う もう大丈夫 そう言って 抱きしめて  鳥達は歌う YESと歌う I'm in Love また恋しよう Hello my dear, I'm desperately kissing my joy 全てにYESと言った ヌーチェの朝 Hello my love, I'm desperately loving you ヌーチェの朝
キスがきこえるNOKKONOKKONOKKOGOTA YASHIKI屋敷豪太熱い太陽が 頭の上通り過ぎ あんなにも 思いつめてたことを悔やむ  落ち着いてみても どうにも想い出している あの日 美しいと知らずに つないだ手が  OH 琥珀色に LET TEAR GO 溶けだすから 甘く甘く 時に甘く 涙がこぼれたら なつかしい COLOMBUS AVENUE  そして愛しあった 季節は まだめぐっている 歩道橋の上で 冷えきった手を振って YEAH  OH せつなすぎて やりきれなくなるから 歩きながら 泣いてしまった キスがきこえる やさしい なつかしい COLOMBUS AVENUE  キスがきこえる とても遠く 軽く弾む キスがきこえる ああ やさしい なつかしい キスがきこえる とても近く 心に響くよ キスがきこえる ああ やさしい ああ なつかしい
サニーサイドNOKKONOKKONOKKOGOTA YASHIKI屋敷豪太サニーサイドを歩こう 自由は胸の中 サニーサイドを歩こう 晴れ晴れと  みんなちがう自分がうれしくってしようがない いろんな毛なみのネコたちが住む街に 戦争がなければいいのにね  ぐんぐん登る 雲のうた 毎日ちがう風 祈っている はき古したクツでいいよ 悲しみにとらわれない  サニーサイドを歩こう 魔法は知らず知らず サニーサイドを歩こう ゆっくりと  疲れた時には何気ない事で笑い  きらきら宝石のように 思い掛けない贈りもの ありのままのドアをあける フシギなSunny Side Of The Street
ブラジルの朝NOKKONOKKONOKKO安徳篤子白井良明この部屋の片隅の 古いGAT GUITAR 窓の外は 瞳に染み込んでくBLUE SKY  私はなぜ 走り出してしまうんだろう 眠い目を擦り 夢の名残りやっと抜けだした  この星の片隅で ハチドリが歌う 40億分の1の朝が来た  私はもう 走り出してしまったんだろう となりで子供たちが ゴール目指しボールを蹴った  風の中 虹がいる ポケットにつまった青空には ずっと忘れてた 見たことのない地図が描かれている  嘘の乾きを 癒してくれたあなたに 行き先をたずねても 知らないと言った  時は戻らないよ 前に進むだけさ ちょっと苦いですね その時 ねこが泣いていた  まつげには 虹がいる ポケットに見つけた 種を蒔こう きっと忘れてた 見たことのない自分が芽を出すだろう
I LOVE YOUNOKKONOKKONOKKOGOTA YASHIKI屋敷豪太朝焼け色の ローブをまとい 妖精は 山に舞い降りる まだ暗い森の中では 夏の日のたましいを 拾いあつめ  さあ、これからシャトルは 冬の角度に入る ローリーの実が赤くなるまでに 冬仕度  BLESS TO YOU 土星を越える頃には I LOVE YOU 60's のキャロル唄い BLESS TO YOU 小さな宝物が I LOVE YOU ミルキーウェイを泳ぐ LET'S KISS AGAIN  水鳥の軽い羽根雲 あなたのまつ毛のむこうにある ガラスの月を 髪にかざり 踊る人形は 白いあの日  時は不思議なモノ 長く短くなる 笑うことさえも あきらめてしまった  BLESS TO YOU それでも ほら、生まれてる I LOVE YOU いつでも その微笑みは BLESS TO YOU キャンドルを灯そう I LOVE YOU あなたのために そして LET'S KISS AGAIN
目ポタNOKKONOKKONOKKONOKKO白井良明むかし教えてもらった レコードを買いました それは 今日の天気にも 何気なく似ていますね  ああ あれは何年も前 君がまだ学生だったクリームの ああ 色のカーテンのある あの部屋で聞いていた SUNSHIN OF YOUR LOVE  広がってゆく 白いシーツに その唇から 洩れ出してる やわらかな SWEET LOVE SWEET LOVE  そっと心で夢を見て ふたりして旅に出ましょう そして敏感な 今日の宝物を見つけたい  ああ 色の褪せていく革のタンバリン 指先で触れてみる ああ それは卒業と同じ響きで 愛しさが込み上げた  透きとおってゆく ああ、身も心も この世界から 溢れ出してる あたたかな SWEET LOVE SWEET LOVE  吸い込まれてく 白いシーツに その唇から 洩れ出してる やわらかな SWEET LOVE SWEET LOVE
春雪うさぎNOKKONOKKONOKKONOKKO・山田貢司高橋幸宏なつかしい紅の色 母が昔さしたよな いそがしい冬の日に 赤くパッと映えた 飾り気のない 君が好きだと言った あの日のあなたを 今も憶えて 時が過ぎて  春がきて春紫苑(はるしおん) ウワサでは 春雪ウサギ りんとして 恋をして いえいえわたしはとりわけ自然に メイクだましいに んー火をつけた  やわらかい服を着て 歩く歩道の隙間に 都会にはめずらしく とけい草がゆれてる つないだ指が 愛と気づかずにいた あの日のわたしは 小さな箱でねむっている  春がきて春紫苑(はるしおん)  巷では 春雪ウサギ りんとして キスをして しあわせを少しわかってきました ちかごろ なんだかとてもきれいです  春がきて春紫苑(はるしおん) ウワサでは 春雪ウサギ りんとして 恋をして いえいえわたしはとりわけ自然に メイクだましいに んー火をつけた 春がきて春紫苑(はるしおん)  巷では 春雪ウサギ りんとして キスをして しあわせを少しわかってきました ちかごろ なんだかとてもきれいです  春が来て りんとして 春が来て りんとして…
ベルベットNOKKONOKKONOKKONOKKO・山田貢司石原眞・藤原マヒトこんな冬は冷たい雨も甘いRAW BEAT つつんでくよ KNOCK KNOCK ワイパーの中の影 オレンヂ色のライトがつづいてる ベルベットの道  そんなことはどうでもいいじゃない 今年ははじめてのえんじ色のセーター着て はしゃいでるはずなのに気が晴れない フフフなあなた  春 夏 秋 冬 すぎてゆくのは 思う通りすればいいことね その時が100で アドバンテージなんて ムダなことなのかもね ALL WAYS ALL DAYS  いけないこと数えて生きるなら あなただけでしてね  春 夏 秋 冬 すぎてゆくのは 思う通りすればいいことね その時が旬で アドバンテージなんて ムダなことなのかもね ALL WAYS ALL DAYS  ララララララララララララララララララ かすんでくよ DO NOT KNOCK ひとつの影 オレンヂ色のライトがつづいてる ベルベットの道
奇跡のウエディングマーチNOKKONOKKONOKKONOKKO・Tim Brinkhurst・Leigh Gorman屋敷豪太子鹿の瞳の気楽な お嬢さん 長いまつげは語るよ 可憐なくちびるは 誰のものになるの 正しい出会いを待ってる  VANITY VANITY そしてひとりめの王子様 となり町のプリンス you're so pretty 奇跡の so so pretty ウェディングマーチ  オフィスの花園 働く お嬢さん 輝く胸元は語るよ  VANITY VANITY そしてふたりめの王子様 となりのビルの KING you're so pretty 奇跡の so so pretty ウェディングマーチ  VANITY VANITY そして百人目の王子様 選びに選んだ プレジデント you're so pretty, so so pretty VANITY VANITY 月日は流れても娘は まだまだ選び続ける you're so pretty 奇跡の so so pretty ウェディングマーチ  Pretty (Pretty) Pretty (Pretty) Pretty…  (Vanity vanity vanity…)
パレードNOKKONOKKONOKKONOKKO岩崎工あっ、少しだけ 弾んできたの あたし フフフ 髪をとくと 自分の香り 仕事はないけれど 恋人を見つけた 疲れた脚が 女の子に戻る フフフ  愛はゴーカじゃなくて いいえ、きらめかすのダイアモンド ウォウ ウォウ わがままは 楽しいねぇ ママ 色っぽいの指の先まで 天気予報は きいてないの 風が変わる  トゥルットゥ トゥルットゥ トゥルットゥ トゥルットゥ トゥルットゥ トゥルットゥ イェ イェ イェ イェ ちょっと見つめられるだけで 笑いがでちゃうほどときめいて ウォウ ウォウ 現実は 切ないねぇ パパ 色っぽいの涙の後も 天気予報は きいてないの 風が変わる  ラララ 秋のにおいの パレード ララララ ラララララララララ ララララ…
ライブがはねたらNOKKONOKKONOKKONOKKONOKKO今夜のライブが終わったら まっててね ごちそうつくるから  通りは雨で ぬれてるくつが 走りだすと 夏がきこえるわ あなたの呼吸が近づいてくる  HERO をさがしてた ステージの上から HERO なんていらないわ あなたが一番 誰よりも好きよ  明日は晴れる 陽気な朝陽のオアシス 青空のにおい うでの中で ほほえんで 明日は晴れる こもれびの歌をきいて かざらない日の 愛をかわそう  たおれそうな時はいつも 想いだしてね 陽のあたるこの部屋で  キスをして ほほをよせて 5時のチャイムがきこえるまで みつめあう 息がかかるほど 近くにいて  HERO をさがしてた ステージの上で HERO なんていらないわ あなたが一番 誰よりも好きよ  明日は晴れる 陽気な朝陽のオアシス 青空のにおい うでの中で 目を覚まし 明日は晴れる こもれびの歌をきいて なにげない日の 愛をかたろう  あなたが一番 誰よりも好きよ 誰よりも好きよ WOW  ベイビー ア ベイビー 明日は晴れる 陽気な朝陽のオアシス 青空のにおい うでの中でほほえんで 明日は晴れる こもれびの歌をきいて かざらない日の 愛をかわそう 愛をかわそう
人魚GOLD LYLICNOKKOGOLD LYLICNOKKONOKKO筒美京平清水信之・鄭東和アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月が登るまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った 抱いて抱いて抱いて  見つめあう時は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて  つめたい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇跡を待って  涙が枯れるその前に 星を見上げる すてきな事もさみしさも輝きに似て あなたがくれた その面影に 本気で叫んだ 抱いて抱いて抱いて  アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で小さくこごえて その笑顔をしぐさを その全てを 本気で愛した 抱いて抱いて抱いて  その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて
昼下がりのイヴNOKKONOKKONOKKO山田貢司RAW BEAT BAND昼下がりの足首はネコのように からまって机の下でゆれていた  シャンパンとサイダーのように冷えた12月 ただいつもの水曜日 昼下がりのイヴ  ペイズリーの空 鉛色の川の流れ 頬づえをついて窓辺で見つめている  電話のベルたてこんだ仕事があいて 「3時過ぎにはそこへ行くよ」と早口なあなた  夕暮れにドアを開けたら北風に 冷えたあなたが運んできた白い雪がおちた メリークリスマス  この夏の旅行で買った古い腕時計 その後でケンカになってやっと今日渡そう  去年のモミの木に宿るたのしげな キャロルの亡霊たちにも明りを灯す  笑い話しもキスの数もこんな夜には あなたが届けたプレゼント サンタのように メリークリスマス
水の中の小さな太陽NOKKONOKKONOKKO山田貢司RAW BEAT BAND古い映画の様に 冬の陽が差し込む部屋 壁ぎわに寝返る背中  モンローに似たあなたが 昔 聞いた歌を歌う 胸の中でかみしめると すっぱくて泣けてきた  真冬のライムは太陽に 背を向けた恋人たちの セ・ラ・ヴィ(これが人生) 西陽の中でとめどもなく 堕ちてゆく  まどのしずくに時をまかせて  琥珀が風に溶け たそがれのベルベット わたしは今ケダモノで あなたはヴァンパイヤ ほんの少し知恵のついた 野生をどうか保護して下さい 太陽が登るまで  真冬のライムは水の中で 泳いでる恋人たちが 迷子になって 燈し火の見えるキッチンの まどに立ち 虚ろにあたためた太陽  ゆるいカーブをきって 満月にとびこんで 音もなくこうもりが インク色ににじんでく  真冬のライムは太陽に 背を向けた恋人たちの セ・ラ・ヴィ(これが人生) 西陽の中でとめどもなく 堕ちてゆく  まどのしずくに時をまかせて  真冬のライムは水の中で 泳いでる恋人たちが 迷子になって 燈し火の見えるキッチンの まどに立ち 虚ろにあたためた太陽
天使のラブソングNOKKONOKKONOKKO岩崎工・NOKKO・GohHotoda・岸利至石原眞・山田貢司はちきれそうな制服の胸 お砂糖でてきてるワケないじゃない 「つめこんだ ジェリービーン」世界を見せて 友達の1人は看護婦さんに 友達のあの子はうれない小説を書いてる そのままの甘い胸で夢を見た 天使のラブソングは今も聞こえている 子供の頃の影ふみ鬼は (鬼さんこちら) 大人になってもつづいていたよ天使のラブソング  宇宙をめぐるボクの頭 はちみつぐらいピュアだから 「成功するとかしないとか」ホントはどうでも… 命をのせてまわるプラネット 見えない力が見えたような時は 天使のラブソング今も聞こえてくる歌が 大人になった甘い胸にそのまま 小さい頃の影ふみ鬼は (鬼さんこちら) 大人になってもつづいてるよ天使のラブソング  天使のラブソングたった一日の今日がはじまる 大人になってもつづいているよ天使のラブソング 
SEXY GROOVEREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫You're The Lucky Star 奇跡のよう あなたって何もかも高級にみえる 特別仕立のスーツは サテンの裏地のギャングみたいよ  あなたは上着を脱いで 指先からあたしを全て着込んでしまう 野良猫の気分になるでしょう 激しいビートの汗ばむ吐息で  もう止まらない Sexy Groove 甘いときめき 燃えつきそうな Sexy Groove 速く強く  You're My No.1 奇跡のよう あなたって何もかも夢中にさせる あたしを何処か遠くにさらってゆくよ 熱い熱い Groove  苦しい程 Sexy Groove 甘い予感で 津波をおこして Sexy Groove 遠く近く
SilverNOKKONOKKONOKKONOKKONOKKOねえ、このごろ不思議よ みょうに銀色がギラギラ スピードが早すぎて 何色もまじらない あたしはとっくに きいろいホットパンツ Hey, たいくつなの のせてあげるよ My Machine  City Traffic Moving Too Slow ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO, とべるまで激しく ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO,  ブラにひっかけた2グラムのブギー UFOもキラキラあつまって “もっとちやほやしてくれなくちゃ” I say, Rolling on Rolling on Rolling on テレパシーをビームに ビームを星の彼方に  City Traffic Moving Too Slow ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO, いけるまでとばして ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO,  City Traffic Moving Too Slow ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO, とべるまで激しく ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO, City Traffic Moving Too Slow ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO, いけるまでとばして ふかせアクセル and GO, GO, GO, GO,
METALLIC MOTHERNOKKONOKKONOKKO井上大輔岩崎工・ブラボー小松シャワーをあびて コロンにまみれて あたしは目覚める WOW,METALLIC WORLD  溶けたジュワッキの中 あなたは孤独なリスナー 待つだけ哀れ今にも 息たえそうなの  そこへあたしは降り立つ メタルの翼でふわり どうぞよろしく女神と 呼んでください  髪を乾かして 服を選んだら 光がさしこむ WOW,METALLIC WORLD  そこは鏡のお城 毛皮のじゅうたんばりの あなたはここで今日から 王さまになれるの  だけどあなたはロリータ エッチなアニメのトリコ 女神ちょっぴりピンチで ごきげんななめね  シャワーをあびて シャボンにまみれて みがきをかけるの 愛してるのに ヤキモキ 今夜も ハラハラ そして女は女神と 娼婦をくり返す
DREAM MACHINENOKKONOKKONOKKONOKKO住友紀人・ブラボー小松uh hu hu‐  陽に焼けた笑顔がまぶしくて 木かげで目を閉じる あなたは8月の陽を浴びて よけいに輝く  古ぼけたあなたの写真 見つめてもこたえない 若い日はどんな恋をしたの 暑すぎる時の中で  シャラララ タイムマシンから見た 景色には原宿が光って流れてゆく シャラララ 長い髪をしていた あなたは年下で 風にふかれてた  uh hu hu‐  幼ない気持ちで 真似てみる 流行ったステップ テレビの中記憶をたどれば あこがれが フラッシュバック  いとおしい面影をした 笑顔がしゃべりだすの たった今恋をしている 甘すぎる胸の中で  シャラララ 風に手がとどくなら このまま声をひそめ 空中に泳ぎたい シャラララ 長い髪をゆらした 時代にしのびこんで 近くでただよいたい  uh hu hu‐  シャラララ シャラララララララ タイムマシンのうでに とびこんで踊りたい シャラララ シャラララララララ チャチャもフォーコーナーも 腰つきも夢ごこち  (シャラララ) (シャラララララララ)
Crying on MondayNOKKONOKKONOKKONOKKO久米大作朝がくると鳥は目覚め 東の空へニュースを運ぶ あたしは まだBED の中で こわれた恋の涙声で“オハヨウ”  やりきれなくて逃げ場もなくて 眠れぬ夜に終わりはなくて それでも朝は勝手にくるの 窓の外には月曜日  ねぇ 声を想い出す スピードを上げないで 想い出に追いついて 人ごみで見失う   YES  I AM CRYING ON MONDAY 秋の空につきぬけるほど I AM CRYING ON MONDAY 青ざめる胸は BREAK UP  テレビを見ても雑誌を見ても 救いの言葉は見あたらない 時計の針はくるったように 長くて明るい月曜日  ねぇ何も聞かないで 目を閉じるだけでも 吐息を感じるわ 誰よりも近くに   YES  I AM CRYING ON MONDAY 立ちつくして胸をおさえて I AM CRYING ON MONDAY CAN'T GET OVER  NO MATTER HOW I TRY   I AM CRYING ON MONDAY 秋の空につきぬけるほど I AM CRYING ON MONDAY 青ざめる胸は BREAK UP   I AM CRYING ON MONDAY I AM CRYING ON MONDAY  I AM CRYING ON MONDAY  I AM CRYING ON MONDAY, MONDAY I AM CRYING ON MONDAY  CAN'T GET OVER  NO MATTER HOW I TRY  I AM CRYING I AM CRYING  I AM CRYING ON MONDAY  (I AM CRYING ON MONDAY I AM CRYING ON MONDAYI…) 
(It's just a) SMILEREBECCAREBECCANOKKOAKIO DOBASHI笑顔が苦手なLady Blueは いつも一人ぼっちの泣き虫ね 素直になれる勇気がないから 心にカギをかけてしまったのね It's just a smile 涙をふいて It's just a smile もう一度だけ It's just a smile ほほえんでごらんよ It's just a smile ぬれたまつ毛に It's just a smile 星空が It's just a smile そっとささやいてるわ  鏡がきらいなLady Blueは いつも片想いばかりしてたわ 一番好きな彼(あのコ)の前でも うつむくままで何も言えなかったの It's just a smile 笑ってごらん It's just a smile もう一度だけ It's just a smile 無器用でもいいから It's just a smile あなたの顔は It's just a smile きっときれいな It's just a smile 心と同じだから
BOSS IS ALWAYS BOSSINGREBECCAREBECCANOKKOAKIO DOBASHIIt's gonna be alright. Come on, check it out! It's O.K. to be yourself and you're gonna make it. Flowers are flowers, men are men, women are women and you are just you. Relax and let it feel you. You know, you gotta keep tryin'!  It's O.K. to be yourself. Come on, check it out! But, you know. it's gonna be hard. Flowers are flowers, men are men, your Boss is always Bossing. You're locked up in the System. But you can only be you,
WHITE SUNDAYREBECCAREBECCANOKKOAKIO DOBASHIWhite Sunday いつのまに眠ったの うでに包まれて 夢見てた 白いと息は窓をくもらせて 2人かじかんだ指先ね  White Sunday もう少し側にいて 胸のたかなりが言えないの そっと冷たい体を気づかう2人 粉雪が降る朝に  White Sunday 口づけが痛いほど ときめく心が 苦しくて もしもこのまま冬が 続くなら 2人まっ白になれるのに
フリーウェイ・シンフォニーREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫砂にねそべる Sexy Hip ココア色の 女神たち 照りかえす素肌は スィートスィート シャリーGirl 内気なヴェールは もう脱ぎすてなよ  浮かれ飛んだ 波はKids 悪ふざけの 天使たち こちらを気にしてる アンファン テリブboy ウィンクひとつで足を止めるよ  嵐のような 出逢いで 津波を おこしてみせて  くちびるtouch! 恋はフリーウェイシンフォニー 輝きにtouch! 陽射しフリーウェイシンフォニー 妖しげに その瞳 熱くなれ  開けた胸に 視線キャッチ かるく微笑み かえして きまぐれ女の 強気は魅力 うつむくだけなら 綺麗になれない  嵐のおこる予感が 津波のよう湧きあがる  くちびるtouch! 恋はフリーウェイシンフォニー 輝きにtouch! 陽射しフリーウェイシンフォニー したたかに その瞳 熱くなれ  くちびるtouch! 恋はフリーウェイシンフォニー 輝きにtouch! 陽射しフリーウェイシンフォニー 妖しげに その瞳 熱くなれ  touch! 恋はフリーウェイシンフォニー 輝きにtouch! 陽射しフリーウェイシンフォニー したたかに その瞳 熱くなれ
Precious StarREBECCAREBECCANOKKO木暮武彦Precious Star Precious Star Precious Star ほら 誰かが 呼んでいる…  この星は蜃気楼 永遠の黄昏 その中で生きてる 私もまぼろしか Precious Star Precious Star Precious Star その名は“地球”  死にかけた 都会は 寒い夕陽の中 風が歌う 「目をさませ お前も野性をとりもどせ」 Precious Star Precious Star Precious Star さあ 旅立て  時の流れを 登りつづけてゆけばそこに 禁断の実を みつけるだろう 石になった心もすぐに 溶かしてくれる 黄金のリンゴ お前はそうさ 新しいイヴ つくってごらん 未来の聖書を  Precious Star Precious Star Precious Star さあ 旅立て  時の流れを 登りつづけてゆけばそこに 禁断の実を みつけるだろう 石になった心もすぐに 溶かしてくれる 黄金のリンゴ お前はそうさ 新しいイヴ つくってごらん 未来の聖書を
ハチドリの証言REBECCAREBECCANOKKO木暮武彦嵐の様な恋も今はお預けね 不愉快な気分 白い陽ざしとはうらはらにまるで鉛のよう Oh きのうまで はしゃいでたのは Ah なにもかも 夢のようだね  悪いけれど少しくらいのやつあたりは覚悟してよ 男にはわかるはずもない神様のいたずら(get down)  Oh しなやかに 過ぎてゆくなら Ah なにもかも うまくゆくはず  Close your eyes, Close your eyes, Close your eyes Close your eyes (I just can wait no more) Close your eyes (I just can wait no more) Close your eyes (I just can wait no more) Close your eyes  Oh May be weekend, May be weekend you know Please don't you want me, don't you want me to night  Close your eyes, Close your eyes, Close your eyes Close your eyes (I just can wait no more) Close your eyes (I just can wait no more) Close your eyes (I just can wait no more) Close your eyes
瞳を閉じてREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫時はすぎ やがて朝がきて この森もしばらく静かになるだろう 哀れな人よ 傷ついた さぁ 体は自然にかえるの So go to sleep おやすみなさい その瞳とじて 痛みもすぐに癒えるから  動かない足をひきずって この森をひとりでさまよっていたの 愛しい人よ この次は 優しい時代に 生まれておいでよ So go to sleep おやすみなさい その瞳とじて 不運なことは忘れて Go to sleep おやすみなさい 少年のように 永遠の夢が見えるさ Go to sleep…… You'll be Never hurt again
結接蘭 破接蘭(KE-SE-RUN PA-SE-RUN)REBECCAREBECCANOKKO木暮武彦もうがまんできない あなたの 弱気なセリフが 部屋を汚すよ Oh- Shut Up! Shut Up! 今度も Shut Up! Shut Up! 夢にやぶれて めそめそ びしょ濡れなの? あなたのお守りはいやよ ママがわりだったら さがしてよ ほかの誰か なぐさめを期待してる 横顔に もういとしい気持ちなんて わかない ケセラン・パセラン 呪文をつぶやいても 戻れないわ まぶしかった愛に Ah 私たち おしまい  大人になれない あなたが 誰より素敵に見えた あの頃 Oh- Good Bye Good Bye 飛べない Good Bye Good Bye ピーター・パンは ただ ただ 子供なだけ 口先ばっかりの夢を 信じた私は 間のぬけた ティンカー・ベルね 小さな頃 ママが教えた言葉 “口にすれば いいことがあるよ”って ケセラン・パセラン あなたが傷つくたび となえたっけ うつむいてる耳に Ah さよならの 汽車が出る  走り出す街 にじんで 行くなと レールのひびきが言うの Oh- Come Back Come Back あなたの Come Back Come Back 無邪気な瞳 まだ まだ 見つめてるわ いやよ こんなはずじゃない ひとりの自由を カバンに詰めたわ だけど なんてことよ 思い出に縛られて さっきまでの誓いも ゆらぎだすの ケセラン・パセラン いつかつぶやく私 心の景色が 戻りはじめる Ah 行き先は あなたなの
蒼ざめた時間REBECCAREBECCANOKKO木暮武彦蒼白く光るランプの灯りが ドアのすきまからこぼれて 誰もいないはずの部屋の片隅で 壊れたままのラジオが鳴りだす Ah 扉の陰に何か気配が Ah 怖くて声が出ない  So lonely night 冷たいヒールの音に願いをこめて待ちわびても So lonely night あなたは来ないの今夜  古びた写真がパタリと落ちたよ 蒼ざめた壁をすべって いつもはやさしい月灯りでさえ 妖しい影をおとして震える Ah 眠りについた街はすでに Ah 返事もしない Oh Baby Give me your love 冷たい氷の夜はあなたからの電話だけが Give me your love 最後の救い お願い Ah 風が強い 今すぐにも 想い出して 一人きりの部屋の窓が揺れる  So lonely night 冷たいヒールの音に願いをこめて待ちわびても So lonely night あなたは来ないの今夜  Give me your love 冷たい氷の夜はあなたからの電話だけが Give me your love 最後の救い お願い
POISON MINDREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫Poison Mind あたしの言葉は ひどく感覚的で 人を傷つけるから Poison Mind 週末には いつも口を閉ざしていようと 心にちかうけど Poison Mind まるで窒息したBabyみたいに 頭がくるくる まわりだすから 思わず言いたくなる みさかいのないあなたの 笑い方が 死ぬほど嫌い Poison Mind  Poison Mind 戸棚の奥に忘れてた ヒヤシンスが ギラギラ芽を はやすように Poison Mind いつのまにか 憂鬱は あたしの中に 住みついて つけこんでる Poison Mind まるで 動物みたいに 思ってるんでしょう あたしのことを あなた はっきり言って あなた ただのゴシップ好きよ 笑い方が 死ぬほど嫌い Poison Mind
LITTLE DARLINGREBECCAREBECCANOKKOAkio Dobashi線路の柵を乗りこえると そこには 古い工場があるの 今日2人は初めての朝を迎えた 疲れを知らない2人だから  あきらめきれない 夢を追うの Woo つぎの夏にすべての 望みをたくして  DARLING MY LITTLE DARLING  愛だけじゃ お腹がすくから 早く大人になって 強く抱きしめて もう冷たい雨が降るわ 早く服を着なくちゃ  Ah… DARLING MY LITTLE DARLING  こごえてるキスが 不安だから 早く大人になって 強く抱きしめて
LADY LADY LADYREBECCAREBECCANOKKOAkio Dobashiもう汗ばむ風が吹くのに 今朝も出遅れ気味ね  Woo あと5分眠ってたら あたしカルチェの指輪はめてたわ みかけよりも頑丈な腰よ 新車のホイールキャップみたいに ピカピカ走るでしょ  Woo! Lady Lady Lady 胸もとの熱さが とりあえず命 Woo… Lady Lady Lady 革命が起きても 時代が終っても  Woo かけたてのパーマみたいな 恋に息をつまらせて 映画のような 口紅のとれない 優しい Kissで死ねるのなら それもサイコー  Oh! Lady Lady Lady しあわせの数には 糸目はつけない Woo… Lady Lady Lady 革命が起きても 時代が代っても  映画のような 口紅のとれない 優しい Kissで死ねるのなら それもサイコー  Woo! Lady Lady Lady しあわせの数には 糸目はつけない Woo… Lady Lady Lady 革命が起きても 時代が代っても  Lady Lady Lady 胸もとの熱さが とりあえず命 Woo… Lady Lady Lady 革命が起きても 時代が終っても  Lady Lady Lady しあわせの数には 糸目はつけない Woo… Lady Lady Lady 革命が起きても 時代が代っても…
Blond SaurusREBECCAREBECCANOKKOA.Dobashi・N.Takahashi(Ah…) (Ah…)  机の中の巨大な鳴き声 OH OH 君たちそれは 危なすぎるよ  BLOND SAURUS あと100年くらい BLOND SAURUS 遊んでたいの BLOND SAURUS 休みの天才 時よ終わらないで oh…  レーダーの中の 巨大な鳴き声 OH OH 大臣 それは 危なすぎますよ  BLOND SAURUS あと100年くらい BLOND SAURUS 恋してたいの BLOND SAURUS キスする2人の 時をこわさないで Oh… BLOND SAURUS  BLOND SAURUS あと100年くらい BLOND SAURUS 恋してたいの BLOND SAURUS キスする2人の時を こわさないで  Oh… BLOND SAURUS あと100年くらい BLOND SAURUS 遊んでたいの BLOND SAURUS 休みの天才 時よ終わらないで Ho… BLOND SAURUS  BLOND SAURUS BLOND SAURUS  Ah… ah ah ah ah ah ah ah ah uh…
ボトムラインREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫レベッカデスクの下じゃむくんでる足が ヒールとケンカしてるわ いつだって  ラッシュの電車も慣れた この頃じゃ 体およがせて Wo Wo…… きれいごとだけじゃやってられないの アウトロー気取りのドラマじゃないわ  Keep the Bottom Line 都会のウルフは生きてるだけじゃ 意味もない 無口なSoldier Keep the Bottom Line つくり笑いを 覚えたけれど 本当の恋はできるの  マニキュア指が 変ったねなんて 電話の声 染ったねなんて  逢うたび いつも あなたは言うけど いいかげんにしてよ Wo Wo…… 夢は見てるけど おいしい話なんて 乗らないわ そんなにバカじゃないよ  Keep the Bottom Line くいしばるひざを ゆるめりゃ自由に なれちゃう この街はdanger Keep the Bottom Line いつだって ギリギリのすまし顔だけど 本当の愛も知ってる  Keep the Bottom Line 都会のウルフは生きてるだけじゃ 意味もない 無口なSoldier Keep the Bottom Line つくり笑いを 覚えたけれど 本当の恋は できるの  Keep the Bottom Line くいしばるひざを ゆるめりゃ自由に なれちゃう この街はdanger Keep the Bottom Line いつだって ギリギリのすまし顔だけど 本当の愛も知ってる
OLIVEREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫ねぇOLIVE 望みどおり あたしたち 暮らし始めたのは いいけど この先は どうなるのかしら  TVも冷蔵庫も新聞もこないかわりに 門限もないわ 自由ってこんなものね  OLIVE それからの2人は 毎日がキャンプしてるみたいで OLIVE 泣けちゃう映画を観れば 悩みなんてすぐになくなってたわ こわいものなしね2人 ねぇOLIVE  ねぇOLIVE 本当に行くの あなたのことだから もう決めちゃったんでしょ 止めないけど寂しくなるね  彼のとこに住むってこと ママには内緒だなんて そんな長く隠し通すことはできないわ  OLIVE 今は考えないでいよう 戻ることは たぶんできないから OLIVE やみくもに生きてるわけじゃないの だけど 答えが見えない 不安だらけね2人 ねぇOLIVE  ねぇOLIVE 望みどおり あたしたち 暮らし始めたのは いいけど この先は どうなるのかしら  OLIVE 今は考えないでいよう 戻ることは たぶんできないから OLIVE やみくもに生きてるわけじゃないの だけど 答えが見えない 不安だらけね2人 ねぇOLIVE
Cotton TimeGOLD LYLICREBECCAGOLD LYLICREBECCANOKKO土橋安騎夫レベッカ背中の汗が 乾くと 黄昏は風のパウダー 真昼の 暑さを逃がれ 2人は 木綿のよう 夕陽にとけるよ  One step cotton time 小高い丘の上でやさしく肩を抱きよせて Two step cotton time 誰かに 見られても キスはお互いを隠すよ  街並はすっかりシルエット 灯のともるビルには 疲れた今日がにじんで まどろむ間もないと嘆いてる  Three step cotton time 明日になれば またつらいことのくり返し Four step cotton time やさしいこのひとときを 夜よどうぞ奪わないで  2人で よりそう時は 木綿の 風が吹く 夕陽が似合うね  One step cotton time 小高い丘の上でやさしく肩を抱きよせて Two step cotton time 誰かに見られても キスはお互いを隠すよ 
TENTION LIVING WITH MUSCLEREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫冬休みが始まる前に 呼び出された保健室 “君は少し太りすぎてるから 休みの間は気をつけて” 先生心配しないで これは筋肉なんだ ホントだよ 信じて  Tension living with muscle  そんな目で僕を Tension living with muscle  見ないで  Tension living with muscle  野球だってうまいよ Tension living with muscle  ホントなんだ Movin' on!  春休みが始まる前に 呼びだされた職員室 “あなたはもう一度 IQテストやるから来週来てね” 先生どういう意味なの どこもおかしくないわ ホントなの 信じて  Tension living with muscle  そんな目で私を Tension living with muscle  見ないで  Tension living with muscle  歌だって 唄えるわ Tension living with muscle  ホントなの Movin' on !  先生心配しないで  どこもかわってなんていないよ ホントだよ 信じて  Tension living with muscle  そんな目で僕を Tension living with muscle  見ないで  Tension living with muscle  野球だってうまいよ Tension living with muscle  ホントなんだ…
蜃気楼REBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫月影の中の あなたは遊ぶ悪魔ね ふきかける 魔灼くの吐息を  Stay 星の砂丘を旅する Stay ふたりは燃える蜃気楼 息をとめて 激しく揺らめきながら さまよい 行き場もなくす 恋なら  真夏の一夜の夢 過去も明日も灼きつくせ 時が悪魔 醒ますまで I love you  今夜のふたりは 夢中で遊ぶ子供ね この部屋は迷いこんだ森  Stay 星の巡りを旅する Stay ふたりは燃える流れ星 すべる素肌 熱く絡めあいながら 夜空を炎になって 墜ちていく  真夏の一夜の夢 過去も明日も灼きつくせ 時が悪夢 醒ますまで I love you   Stay 星の砂丘を旅する Stay ふたりは燃える蜃気楼 息をとめて 激しく揺らめきながら さまよい 行き場もなくす 恋なら  真夏の一夜の夢 過去も明日も灼きつくせ 時が悪夢 醒ますまで I love you
Cotton LoveREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫放課後の教室 女の子の恐竜たちは 夕映えとウワサに 胸が張りさけそうよ あの娘が彼を 手に入れたって ショックなニュースで めまいがおきそうだわ 裏庭はまるで 秘密の基地なの 忍び込んだら たちまち新聞に載りそう  Cotton Love 真綿のように燃えやすくて Cotton Love 誰にも止められない Cotton Love ときめく心は  憂うつな日々は 草むらのベッドで 朝が来るまで 語り明かしちゃおうか しかられたって 秘密をかえた乙女は 悩める猛獣になってしまうの   Cotton Love 真綿のように燃えやすくて Cotton Love 誰にも止められない Cotton Love 危険な心は 
WHEN A WOMAN LOVES A MANREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫雨音ひびく真冬の夜 部屋にしのび込んで抱きしめ合った 恋人たちは誰にも言えない 秘密かかえてブルーに染まるの When a woman loves a man 恋すると When a woman loves a man 不安とスリル甘い予感と U-Hey 内緒のときめき  うるさいママたちにだってきっと 燃えるようなロマンスあるはず スマートボールで知り合ったパパ それ以外は何人KISSしたの When a woman loves a man 恋なら When a woman loves a man アダムとイヴのくりかえし U-Hey 不純じゃないわ
LONELY BUTTERFLYGOLD LYLICREBECCAGOLD LYLICREBECCANOKKO土橋安騎夫眠ってるあなたのほほに 息をひそめてキスをしたわ ごめんねあたし勝手すぎたの こんなにあなたつかれさせて やさしい うでも今はつらいだけ もうこれ以上ウソもつけないの Lonely Butterfly 朝がくるわ Lonely Butterfly もう行かなきゃ 愛がすべてを変えてくれたらまよわずにいれるのに  わがままでケンカするたび いつもあなたは言ってたわ “君はまるで自由なちょうちょさ 信じるなんてできないよ” それでも2人よりそえたから 傷つくこともこわくなかった Lonely Butterfly 朝がきたわ Lonely Butterfly もう行かなきゃ 愛がすべてを変えてくれたらまよわずにいれたのに
Maybe TomorrowGOLD LYLICREBECCAGOLD LYLICREBECCANOKKO土橋安騎夫レベッカ疲れ果てた 体よこたえ 目を閉じて 今日を思いかえす  汗にまみれて ただがむしゃらで 夢はまた遠い 1日だった  だけど明日は きっといいこと あると信じてたいの Maybe Tomorrow  夜にすいこまれ 心がさむくなる 子供の頃を 想いだすよ  ひとりぼっちで 歩きはじめたから もうふり返ることは出来ないね  灰色の日に 行きづまっても あきらめは出来ないの Maybe Tomorrow  だけど明日は きっといいこと あると信じてたいの Maybe Tomorrow
MOONGOLD LYLICREBECCAGOLD LYLICREBECCANOKKO土橋安騎夫昔ママがまだ若くて 小さなあたしを抱いてた 月が もっと遠くにあった頃 工場は黒い煙を はきだして 町は激しく この娘が大きくなるのを祈ってた  娘は13になって 盗みの味覚えて 黒いリストに 名前を残した  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めて歩いた日のことも  月曜日が 嫌いと言って 心のすべてを 閉ざしてしまった娘は 初めての 恋におちた日 想い出ひとつも持たずに 家を飛び出して 戻らなくなった  こわしてしまうのは 一瞬でできるから 大切に生きてと 彼女は泣いた  MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは 何もかも 初めて キスした日のことも
真夏の雨REBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫しゃがみこんだわ8月焼けたアスファルト なんてあやしい空なの 夏のめまいと降りだす雨  Ah Beaten in the warm rain It makes me feel like I'm in your love  Ah 真夏の雨は It makes me feel like I'm in your love  濡れたブラウスは ほてった心を醒まして まるで子供の頃見た 終わらぬ夏のデジャブー  Ah Beaten in the warm rain It makes me feel like I'm in your love  Ah 真夏の雨は It makes me feel like I'm in your love
NERVOUS BUT GLAMOROUSREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫銀色に光る月が NERVOUS BUT GLAMOROUS 密やかに細く ささやく NERVOUS STILL GLAMOROUS  眠りこんだ彼女 あなたがそっと上着を かけるのがイヤで わざと起こしたの  まるで子供じみた気分 もしあたしが彼女を 傷つけたらあなた あたしをなぐるかしら  ガラスのビンにつめた炎は NERVOUS BUT GLAMOROUS 痛いほど熱いの It's just NERVOUS STILL GLAMOROUS  あなたにしか見えない 彼女の魅力が 特別だなんて 気に入らないの 星のめぐりあわせなんて 簡単なものね おちれば みんなそう言うわ  肌にしみ込むような夜 にじんだ口紅 気にしてる あたしの瞳は GLAMOROUS  銀色に光る月が NERVOUS BUT GLAMOROUS 密やかに細く ささやく NERVOUS STILL GLAMOROUS  ガラスのビンにつめた炎は NERVOUS BUT GLAMOROUS 痛いほど熱いの It's just NERVOUS STILL GLAMOROUS
CHEAP HIPPIESREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫制服の胸がきつくて爆発しそうなあの頃 憧れはスリムで Sexy な Body なのに ミントチョコがやめられなかった 友達の Sue は最近失業保険でやってるわ  あたしもあいかわらず地下鉄で通ってるの 長すぎる夢を見て Oh! Cheap Hips ハイスクールじゃ教えてくれない Cheap Hips 教科書より複雑な世の中にとまどう Angel  ブルジョアの彼のママとは気の合うふりしていたのに ピンクの網タイツをどうしてもやめろなんて 言われちゃやってられないわ Oh! Cheap Hips ハイスクールじゃ教えてくれない Cheap Hips 先生よりあいまいな世の中にとまどう Angel  あたしもあいかわらず地下鉄で通ってるの 長すぎる夢を見て Oh! Cheap Hips ハイスクールじゃ教えてくれない Cheap Hips 教科書より複雑な世の中にとまどう Angel  Oh! Cheap Hips ハイスクールじゃ教えてくれない…
ガールズ ブラボー!REBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫レベッカManday Monkey dance で ヒツプをゆらして wow wow Tuesday Twisty donuts で はじまるウワサ話 わくわくしちゃいそうな大人の Sexy world のぞいてみたい いつもみんな Yea Yea ガールズ ブラボー! じっとしてられない ガールズ ブラボー! ちょっとだけ危ないコト Yea Yea Yea… 知りたいの teacher !  Friday French Kiss で はじまる 恋はすてきね Saturday Show girl を 夢みる映画の主人公 ドキドキしちやうくらい あこがれてるの その気になりやすいね みんな Yea Yea ガールズ ブラボー! やりたいことばかり ガールズ ブラボー! いつだって輝くこと Yea Yea Yea… 知りたいの Teacher !  ガールズ ブラボー! じっとしてられない ガールズ ブラボー! ちょっとだけ危ないコト Yea Yea Yea… 知りたいの teacher !  ガールズ ブラボー! やりたいことばかり ガールズ ブラボー! いつだって輝くこと Yea Yea Yea… 知りたいの Teacher !
RASPBERRY DREAMGOLD LYLICREBECCAGOLD LYLICREBECCANOKKO土橋安騎夫今夜も月が見てるわ 鏡の前の Step and Step Hipに磨きをかけて 野良猫は夢見るの the Lucky Star どうか 魅力を ください 見つめれば 凍りつくほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU  Believe me  悪いあそびを少し 覚えはじめた日から 路地裏はステージに 夕やみは金色のドレス どうか 勇気をください 星よりも 高くとべるほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 腰つきまで Wo shake shake Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me
LITTLE ROCKREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫憧れはハリウッド ハートはいつも100カラット 田舎娘はモンローを夢見て 憎いあいつのために あたしを軽くふったあいつに とびきり熱いシナリオを書いた 目のくらむいい女になって 街でひとはた あげてみせるわって 望みは お熱い暮し Little Rock 女の子は Little Rock 小さな石ころ どんな色にも輝きだす  なりふりかまわずに 街で努力の毎日 田舎娘はくたびれ果てて あれこれ着飾った この服どうしてくれるのよ 男はどこでも同じじゃない 道ばたにおちてる星くずを 集めたら夢にとどくかしら ため息まじりのくちびる Little Rock 女の子は Little Rock お熱い石ころ 胸はさめない 永遠に
レモンNOKKONOKKONOKKONOKKO・GOTA YASHIKI疲れた目を閉じて きつい足をなげだし あの人を思い出す 夕日が頬を染める頃 あなたを今日ざわめきに見付けた気がして 戸惑う胸で春風を甘く感じた こみあげる思いが 青いレモン色の 想い出の中で揺れてた ボールを追いかける やけた腕でつかまえて 遠い遠いMemory 流れる時は風のよう Hello聞こえる口笛を吹きならしたら 雨上がりの日偶然に出会う気がした こみあげる思いが 青いレモン色の 想い出の中で揺れてる
MOTOR DRIVEREBECCAREBECCANOKKO土橋安騎夫長いまき毛はもう くたびれて 始発の帰りみち 少しベッドで眠ったら また街へと 出かけて行かなきゃ  ほしいものはいつも 影ふみ 足元でにげてくものね  やりたいコト ありすぎるの あきらめられないけど 現実はシビア  いそがなきゃ 出おくれちゃう 時代は Motor Drive  遠い昔見てた 神様は どこにかくれてるの 涙こぼす夜は やさしい夢 見せてくれてたじゃない  ボリューム フルにして かけだす こわれかけたままの ペンダント  やりたいコト 遠すぎるの いくら手をのばしても かげろうのようね  いそがなきゃ出おくれちゃう 時代は Motor Drive
フレンズPLATINA LYLICREBECCAPLATINA LYLICREBECCANOKKO土橋安騎夫口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. 366日
  4. M
  5. キミがいれば

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×