昼の月

この曲の表示回数 4,332
歌手:

NOKKO


作詞:

NOKKO


作曲:

SHUN


海から聞こえる もう風が吹くよ
空から聞こえる ほほも紅く染まる
WOOLの小路を2人歩くと
誰かに会いそうでなんだか落ち着かない

冬の昼は天使が降りてくる
日だまりに陽気の混ざった あたたかさがヒント

君の悲しみに気がついて
昼の月がぽっかり浮かぶ
その胸に広がった苦い味がとけるまで歩こう いっしょに

雲が動いたら 今夜木星を見よう
カップに沸き立つ ミルク紅茶の星
銀河系からアンドロメダの距離は
あなたが心にしまった傷みの場所

どんなに大きく どんなに小さく
この星で生きてゆくの 甘い時の中

君の苦しみに気がついて
昼の月がぽっかり浮かんだ
その胸に広がった苦い味が溶けるまで歩こう

君の傷みに気がついて
昼の月がぽっかり浮かぶ
その胸に広がった苦い味がとけるまで歩こう いっしょに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昼の月 歌手:NOKKO

NOKKOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-03-23
商品番号:BVCS-21015
アリスタジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP