ナチュラル

この曲の表示回数 12,324
歌手:

NOKKO


作詞:

NOKKO・路木麻子


作曲:

梅林茂・NOKKO


涙は星より重く
立ってるだけで精いっぱい
夜明けはやさしく
始まりはいつも澄んだそら
迎えにきた
口ぶえなんて 吹いてないよ
軽いふりより そのままで

抱きしめた胸の青い鳥は
高く舞い上がる時をまち
名前のない日に名前をさがしてる
大空にうたをひびかせ
静かに歩きはじめた

空き地の自転車
遠い昔にこわれた約束
どうしてなんて もう聞かない
風の強さを うけとめて

抱きしめた光 ときめく日は
高く舞い上がり
時のない愛を見つけだして
少し大人になる
大空にうたをひびかせ
静かに歩きはじめた
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ナチュラル 歌手:NOKKO

NOKKOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-21
商品番号:SRCL-3719
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP