黒木姉妹の歌詞一覧リスト  18曲中 1-18曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
18曲中 1-18曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
まかせんね人に頼まれ 嫌とは言えぬ あんひと やっぱり お人好し そんな男に 惚れたんやから 苦労も笑顔で 引き受ける まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ  外で恥など かかないように 小遣い こっそり 渡します 口じゃ強がり 言うひとやけど ホントはテレ屋で 淋しがり まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ  「何(なん)もできない おまえがいなきゃ」 あんひと ほろ酔い ひとり言 きっと離れず これから先も 四の五の言わずに ついて行(ゆ)く まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ黒木姉妹麻こよみ桧原さとし人に頼まれ 嫌とは言えぬ あんひと やっぱり お人好し そんな男に 惚れたんやから 苦労も笑顔で 引き受ける まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ  外で恥など かかないように 小遣い こっそり 渡します 口じゃ強がり 言うひとやけど ホントはテレ屋で 淋しがり まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ  「何(なん)もできない おまえがいなきゃ」 あんひと ほろ酔い ひとり言 きっと離れず これから先も 四の五の言わずに ついて行(ゆ)く まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ
べっぴんさん吹き荒れて つらい浮世の荒波に 負けないあんた 誰より強い 土に種蒔きゃ 芽が出るさ 前を向いてりゃ 花咲き実る ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん これがホントの <ホントの> べっぴんさん  辛くても 見せぬ涙を汗に変え 青空見上げ かあちゃん想う 背負いすぎるな 無理するな 実る稲穂が ほほえみかける ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん 強い女は <女は> べっぴんさん  どんな時でも 願うのは 家内安全 商売繁盛 ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん これがホントの <ホントの> べっぴんさん黒木姉妹黒木美佳桧原さとし吹き荒れて つらい浮世の荒波に 負けないあんた 誰より強い 土に種蒔きゃ 芽が出るさ 前を向いてりゃ 花咲き実る ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん これがホントの <ホントの> べっぴんさん  辛くても 見せぬ涙を汗に変え 青空見上げ かあちゃん想う 背負いすぎるな 無理するな 実る稲穂が ほほえみかける ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん 強い女は <女は> べっぴんさん  どんな時でも 願うのは 家内安全 商売繁盛 ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん これがホントの <ホントの> べっぴんさん
恋のバカンスため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス黒木姉妹岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
ソーラン渡り鳥津軽の海を 越えて来た 塒(ねぐら)持たない みなしごつばめ 江差(えさし)恋しや 鰊場(にしんば)恋し 三味を弾く手に 想いを込めて ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 唄うソーラン ああ 渡り鳥  故郷の港 偲んでも 夢も届かぬ 北国の空 愛嬌笑くぼに 苦労を隠し 越えたこの世の 山川幾つ ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 旅のソーラン ああ 渡り鳥  瞼の裏に 咲いている 幼馴染みの はまなすの花 辛いことには 泣かないけれど 人の情けが 欲しくて泣ける ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 娘ソーラン ああ 渡り鳥黒木姉妹石本美由起遠藤実津軽の海を 越えて来た 塒(ねぐら)持たない みなしごつばめ 江差(えさし)恋しや 鰊場(にしんば)恋し 三味を弾く手に 想いを込めて ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 唄うソーラン ああ 渡り鳥  故郷の港 偲んでも 夢も届かぬ 北国の空 愛嬌笑くぼに 苦労を隠し 越えたこの世の 山川幾つ ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 旅のソーラン ああ 渡り鳥  瞼の裏に 咲いている 幼馴染みの はまなすの花 辛いことには 泣かないけれど 人の情けが 欲しくて泣ける ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 娘ソーラン ああ 渡り鳥
情熱の花(PASSION FLOWER)ララララ…… ララララ…… 小さな胸に 今宵もひらくは 情熱の花 恋の花よ 初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しく匂う  小さな胸に 今宵も咲いた 血潮のような 赤い花びら かなわぬ恋と 知りつつ今も そのせつなさに 夜ごとふるえる  初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しく匂う  ララララ…… ララララ…… 情熱の花 恋の花よ黒木姉妹B.Botkin・P.Murtagh・G.A.Garfield・訳詞:音羽たかし・水島哲B.Botkin・P.Murtagh・G.A.Garfieldララララ…… ララララ…… 小さな胸に 今宵もひらくは 情熱の花 恋の花よ 初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しく匂う  小さな胸に 今宵も咲いた 血潮のような 赤い花びら かなわぬ恋と 知りつつ今も そのせつなさに 夜ごとふるえる  初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しく匂う  ララララ…… ララララ…… 情熱の花 恋の花よ
大阪ラプソディーあの人もこの人も そぞろ歩く宵の街 どこへ行く二人づれ 御堂筋は恋の道 映画を見ましょうか それともこのまま 道頓堀まで 歩きましょうか 七色のネオンさえ 甘い夢を唄ってる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街  昨日よりまた今日は 別れつらくなりそうよ 戎(えびす)橋 法善寺 どこも好きよ二人なら 嬉しい筈でも あなたといる時 なぜだかこの胸 痛んでくるの 店灯り懐かしく 甘い夜を呼んでいる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街  覚えておきます 小さなことまで あなたとすごした 大事な夜は 七色のネオンさえ 甘い夢を唄ってる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街黒木姉妹山上路夫猪俣公章あの人もこの人も そぞろ歩く宵の街 どこへ行く二人づれ 御堂筋は恋の道 映画を見ましょうか それともこのまま 道頓堀まで 歩きましょうか 七色のネオンさえ 甘い夢を唄ってる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街  昨日よりまた今日は 別れつらくなりそうよ 戎(えびす)橋 法善寺 どこも好きよ二人なら 嬉しい筈でも あなたといる時 なぜだかこの胸 痛んでくるの 店灯り懐かしく 甘い夜を呼んでいる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街  覚えておきます 小さなことまで あなたとすごした 大事な夜は 七色のネオンさえ 甘い夢を唄ってる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街
白い色は恋人の色花びらの白い色は 恋人の色 なつかしい白百合は 恋人の色 ふるさとの あの人の あの人の足もとに咲く 白百合の 花びらの白い色は 恋人の色  青空の澄んだ色は 初恋の色 どこまでも美しい 初恋の色 ふるさとの あの人と あの人と肩並べ見た あの時の 青空の澄んだ色は 初恋の色  夕やけの赤い色は 想い出の色 涙でゆれていた 想い出の色 ふるさとの あの人の あの人のうるんでいた 瞳にうつる 夕やけの赤い色は 想い出の色 想い出の色 想い出の色黒木姉妹北山修加藤和彦花びらの白い色は 恋人の色 なつかしい白百合は 恋人の色 ふるさとの あの人の あの人の足もとに咲く 白百合の 花びらの白い色は 恋人の色  青空の澄んだ色は 初恋の色 どこまでも美しい 初恋の色 ふるさとの あの人と あの人と肩並べ見た あの時の 青空の澄んだ色は 初恋の色  夕やけの赤い色は 想い出の色 涙でゆれていた 想い出の色 ふるさとの あの人の あの人のうるんでいた 瞳にうつる 夕やけの赤い色は 想い出の色 想い出の色 想い出の色
正調 刈干切唄ここの山の 刈干ゃすんだよ 明日は たんぼで 稲刈ろかよ  屋根は茅葺 茅壁なれどよ 昔ながらの 千木を置くよ黒木姉妹宮崎県民謡宮崎県民謡ここの山の 刈干ゃすんだよ 明日は たんぼで 稲刈ろかよ  屋根は茅葺 茅壁なれどよ 昔ながらの 千木を置くよ
東京・難破船この東京(まち)に憧れて 故郷(ふるさと)を捨てたけど 住みついた新宿は 海のない港町 夢に(夢に) 流され(流され)… 恋に(恋に) 溺れて(溺れて)… 沈みかけた 沈みかけた 私…難破船 今日も涙の 雨降るけれど 助けてよ守ってよ 誰か抱いてよ  真夜中の盛り場で ふと聞いた郷里訛(くになま)り 淋しさが波のよに この胸に押し寄せる 夜に(夜に) 流され(流され)… 酒に(酒に) 溺れて(溺れて)… 翼(はね)の折れた 翼(はね)の折れた 私…ユリカモメ いつも泣き言 云ってるけれど 笑ってよ叱ってよ 誰かぬくめて  夢に(夢に) 流され(流され)… 恋に(恋に) 溺れて(溺れて)… 沈みかけた 沈みかけた 私…難破船 今日も涙の 雨降るけれど 助けてよ守ってよ 誰か抱いてよ黒木姉妹仁井谷俊也徳久広司この東京(まち)に憧れて 故郷(ふるさと)を捨てたけど 住みついた新宿は 海のない港町 夢に(夢に) 流され(流され)… 恋に(恋に) 溺れて(溺れて)… 沈みかけた 沈みかけた 私…難破船 今日も涙の 雨降るけれど 助けてよ守ってよ 誰か抱いてよ  真夜中の盛り場で ふと聞いた郷里訛(くになま)り 淋しさが波のよに この胸に押し寄せる 夜に(夜に) 流され(流され)… 酒に(酒に) 溺れて(溺れて)… 翼(はね)の折れた 翼(はね)の折れた 私…ユリカモメ いつも泣き言 云ってるけれど 笑ってよ叱ってよ 誰かぬくめて  夢に(夢に) 流され(流され)… 恋に(恋に) 溺れて(溺れて)… 沈みかけた 沈みかけた 私…難破船 今日も涙の 雨降るけれど 助けてよ守ってよ 誰か抱いてよ
ふるさとは日向風が暖簾を ハタハタ叩く 眠りはぐれた こんな夜は 夢に見るのは 高千穂と 母の微笑み 五ヶ瀬(ごかせ)の川よ 一度(一度) 帰ろか(帰ろか) 夜神楽(よかぐら)に  ここの山の 刈干しァすんだよ  好きで別れて あれから五年 あなた椎葉(しいば)の 里に住む 平家まつりで めぐり逢い 熱い情けで 結ばれたひと 今も(今も) 恋しい(恋しい) 懐かしい  庭の山椒(さんしょう)の木 鳴る鈴かけてよ オーホイ  朝も早よから 日向(ひゅうが)の灘(うみ)で 今も魚を 獲(と)る父よ 年齢(とし)はとっても 元気だと 焼酎(さけ)を飲んでは 十八番(おはこ)の民謡(うた)を いつか(いつか) させてね(させてね) 親孝行黒木姉妹仁井谷俊也徳久広司風が暖簾を ハタハタ叩く 眠りはぐれた こんな夜は 夢に見るのは 高千穂と 母の微笑み 五ヶ瀬(ごかせ)の川よ 一度(一度) 帰ろか(帰ろか) 夜神楽(よかぐら)に  ここの山の 刈干しァすんだよ  好きで別れて あれから五年 あなた椎葉(しいば)の 里に住む 平家まつりで めぐり逢い 熱い情けで 結ばれたひと 今も(今も) 恋しい(恋しい) 懐かしい  庭の山椒(さんしょう)の木 鳴る鈴かけてよ オーホイ  朝も早よから 日向(ひゅうが)の灘(うみ)で 今も魚を 獲(と)る父よ 年齢(とし)はとっても 元気だと 焼酎(さけ)を飲んでは 十八番(おはこ)の民謡(うた)を いつか(いつか) させてね(させてね) 親孝行
博多のおんな中州(なかす)の灯りに 誘われて あなた今頃 どのあたり あなたに夢が あるかぎり 負けはしません 淋しさに 赤い唇 かみしめながら 何があろうと 何があろうと ついて行く  あなたを支える 覚悟なら 出来ていました はじめから あなたの夢に 付き合って 泣きはしません 苦労には 流れ那珂川(なかがわ) 涙をそっと 水に流して 水に流して ついて行く  私も一緒に 引き受ける 生きるつらさも 悔しさも あなたの夢が 叶うまで 負けはしません 雨風に 博多おんなの 一途な心 同じ夢みて 同じ夢みて ついて行く黒木姉妹麻こよみ加藤将貫中州(なかす)の灯りに 誘われて あなた今頃 どのあたり あなたに夢が あるかぎり 負けはしません 淋しさに 赤い唇 かみしめながら 何があろうと 何があろうと ついて行く  あなたを支える 覚悟なら 出来ていました はじめから あなたの夢に 付き合って 泣きはしません 苦労には 流れ那珂川(なかがわ) 涙をそっと 水に流して 水に流して ついて行く  私も一緒に 引き受ける 生きるつらさも 悔しさも あなたの夢が 叶うまで 負けはしません 雨風に 博多おんなの 一途な心 同じ夢みて 同じ夢みて ついて行く
ソーラン海峡望みひとつを 胸に抱き 荒波海峡 越えて来た ヤーレンソーラン つらくても ヤーレンソーラン 負けません 涙隠して 紅化粧 女にゃ女の 夢がある  ビルの谷間に たたずめば 星さえ見えない 夜の空 ヤーレンソーラン ふるさとの ヤーレンソーラン 母の顔 帰りたくても 帰れない 女にゃ女の 意地がある  決めた道なら 迷わずに 人生海峡 越えて行く ヤーレンソーラン ひとすじに ヤーレンソーラン どこまでも 明日(あす)を信じて にっこりと 女にゃ女の 夢がある黒木姉妹麻こよみ加藤将貫望みひとつを 胸に抱き 荒波海峡 越えて来た ヤーレンソーラン つらくても ヤーレンソーラン 負けません 涙隠して 紅化粧 女にゃ女の 夢がある  ビルの谷間に たたずめば 星さえ見えない 夜の空 ヤーレンソーラン ふるさとの ヤーレンソーラン 母の顔 帰りたくても 帰れない 女にゃ女の 意地がある  決めた道なら 迷わずに 人生海峡 越えて行く ヤーレンソーラン ひとすじに ヤーレンソーラン どこまでも 明日(あす)を信じて にっこりと 女にゃ女の 夢がある
夢花火一たす一は 二にならぬ ままにならない この世です あゝ一夜(ひとよ)の祭りさ 人生は あゝくよくよ泣いてる 暇はない 女 女心の 真ん中に どんと一発 ああ…夢花火  ひとりじゃ誰も 淋しくて かわす笑顔で 注ぐお酒 あゝ最初は他人の あなたでも あゝいつしか大事な 人になる 女 女心が ときめいて どんと一発 ああ…夢花火  涙の川を 越えてこそ きっとつかめる 夢がある あゝ明日に望みが あるかぎり あゝ出直しできます 何度でも 女 女心の 真ん中に どんと一発 ああ…夢花火黒木姉妹麻こよみ岡千秋一たす一は 二にならぬ ままにならない この世です あゝ一夜(ひとよ)の祭りさ 人生は あゝくよくよ泣いてる 暇はない 女 女心の 真ん中に どんと一発 ああ…夢花火  ひとりじゃ誰も 淋しくて かわす笑顔で 注ぐお酒 あゝ最初は他人の あなたでも あゝいつしか大事な 人になる 女 女心が ときめいて どんと一発 ああ…夢花火  涙の川を 越えてこそ きっとつかめる 夢がある あゝ明日に望みが あるかぎり あゝ出直しできます 何度でも 女 女心の 真ん中に どんと一発 ああ…夢花火
東京下町恋物語浅草 駒形 橋の上から 行き交う 客船 見下ろしました 明かりが灯れば その数毎の 出会いと 別れが あるのでしょうね スカイツリーが 映る 川面にゆらり 浮かぶ 東京下町恋物語 まだまだ ページを開いたばかり  春待ち 桜の 隅田川沿い 今夜はどこまで 歩きましょうか 繋いだ右手の このぬくもりに 心を 預けて しまいたくなる スカイツリーが 光る 夜空に夢が 浮かぶ 東京下町恋物語 もう少し 続きを読みたい私  あなたと見ている この街角 忘れられない 景色に変わる  スカイツリーが 光る 夜空に夢が 浮かぶ 東京下町恋物語 ふたりで育てる 恋物語黒木姉妹鮎川めぐみ高田弘浅草 駒形 橋の上から 行き交う 客船 見下ろしました 明かりが灯れば その数毎の 出会いと 別れが あるのでしょうね スカイツリーが 映る 川面にゆらり 浮かぶ 東京下町恋物語 まだまだ ページを開いたばかり  春待ち 桜の 隅田川沿い 今夜はどこまで 歩きましょうか 繋いだ右手の このぬくもりに 心を 預けて しまいたくなる スカイツリーが 光る 夜空に夢が 浮かぶ 東京下町恋物語 もう少し 続きを読みたい私  あなたと見ている この街角 忘れられない 景色に変わる  スカイツリーが 光る 夜空に夢が 浮かぶ 東京下町恋物語 ふたりで育てる 恋物語
恋していいですか出会いは恋の町 御堂筋あたり 忘れられない あの笑顔 なにわ育ちの人だから 胸に希望の花咲かす 生きて行くのが 下手な私に 夢を 夢を 夢を くれた人 恋していいですか  今夜は港町 異人館あたり あなた想って 眠れない 強い女は好きだけど 無理は駄目だと叱られた いつか泣くのを 忘れていたのに 涙 涙 涙 くれた人 恋していいですか  ふたりで古都の町 河原町あたり 肩を並べて 歩きたい ずっと止まない雨はない ずっと明けない夜もない 空に輝く あの虹みたいに 明日を 明日を 明日を くれた人 恋していいですか黒木姉妹鮎川めぐみ加藤将貫出会いは恋の町 御堂筋あたり 忘れられない あの笑顔 なにわ育ちの人だから 胸に希望の花咲かす 生きて行くのが 下手な私に 夢を 夢を 夢を くれた人 恋していいですか  今夜は港町 異人館あたり あなた想って 眠れない 強い女は好きだけど 無理は駄目だと叱られた いつか泣くのを 忘れていたのに 涙 涙 涙 くれた人 恋していいですか  ふたりで古都の町 河原町あたり 肩を並べて 歩きたい ずっと止まない雨はない ずっと明けない夜もない 空に輝く あの虹みたいに 明日を 明日を 明日を くれた人 恋していいですか
燃えちゃろかおなご 九州 みなよかおごじょ 博多美人は 目元も涼し 一度 火がつきゃ 骨まで焦がす どげん どげんね サアサアサア どげん どげんね ヨイヨイヨイ 赤い口紅 あで姿 メラメラ行こうか 燃えちゃろか サアサアサアサア ヨイヨイヨイ サアサアサアサア ヨイヨイヨイ  男 九州 よかにせばかり 肥後は もっこす 薩摩は隼人 今日も目移り 月さえ笑う どげん どげんね サアサアサア どげん どげんね ヨイヨイヨイ 太鼓たたくは 無法松 口説きに行こうか とことんか サアサアサアサア ヨイヨイヨイ サアサアサアサア ヨイヨイヨイ  ちょいと流し目 誘いの合図 どげん どげんね サアサアサア どげん どげんね ヨイヨイヨイ 酒は焼酎 まっこと旨い 朝まで行こうか 燃えちゃろか サアサアサアサア ヨイヨイヨイ サアサアサアサア ヨイヨイヨイ黒木姉妹滝川夏加藤将貫おなご 九州 みなよかおごじょ 博多美人は 目元も涼し 一度 火がつきゃ 骨まで焦がす どげん どげんね サアサアサア どげん どげんね ヨイヨイヨイ 赤い口紅 あで姿 メラメラ行こうか 燃えちゃろか サアサアサアサア ヨイヨイヨイ サアサアサアサア ヨイヨイヨイ  男 九州 よかにせばかり 肥後は もっこす 薩摩は隼人 今日も目移り 月さえ笑う どげん どげんね サアサアサア どげん どげんね ヨイヨイヨイ 太鼓たたくは 無法松 口説きに行こうか とことんか サアサアサアサア ヨイヨイヨイ サアサアサアサア ヨイヨイヨイ  ちょいと流し目 誘いの合図 どげん どげんね サアサアサア どげん どげんね ヨイヨイヨイ 酒は焼酎 まっこと旨い 朝まで行こうか 燃えちゃろか サアサアサアサア ヨイヨイヨイ サアサアサアサア ヨイヨイヨイ
泣かんとよ風 吹けばいい (風 吹けばいい) 風 打つがいい(風 打つがいい) 巡る岬に 風が舞う 風 風 風 惚れた男 燃えた心 みんな流しに 旅に出た 博多 唐津よ 波戸岬 玄界灘の 海よ哭け 九州 オナゴは 泣かんとよ  雨 降ればいい (雨 降ればいい) 雨 濡れていい(雨 濡れていい) 巡る岬に 雨が降る 雨 雨 雨 憎い男 つけた傷を 流せ長崎 火の国へ 果ては 南端 佐多岬 断崖はるか 灯台よ 明日は ともすよ 夢ともす  花 咲けばいい (花 咲けばいい)花 咲くがいい (花 咲くがいい) 巡る岬は 花が呼ぶ 花 花 花 咲くが女 ひらけ夢よ 桜 臼杵は 花吹雪 日向 浜木綿 都井岬 あたしゃあたしの 花咲かす 九州 オナゴは 泣かんとよ黒木姉妹滝川夏加藤将貫風 吹けばいい (風 吹けばいい) 風 打つがいい(風 打つがいい) 巡る岬に 風が舞う 風 風 風 惚れた男 燃えた心 みんな流しに 旅に出た 博多 唐津よ 波戸岬 玄界灘の 海よ哭け 九州 オナゴは 泣かんとよ  雨 降ればいい (雨 降ればいい) 雨 濡れていい(雨 濡れていい) 巡る岬に 雨が降る 雨 雨 雨 憎い男 つけた傷を 流せ長崎 火の国へ 果ては 南端 佐多岬 断崖はるか 灯台よ 明日は ともすよ 夢ともす  花 咲けばいい (花 咲けばいい)花 咲くがいい (花 咲くがいい) 巡る岬は 花が呼ぶ 花 花 花 咲くが女 ひらけ夢よ 桜 臼杵は 花吹雪 日向 浜木綿 都井岬 あたしゃあたしの 花咲かす 九州 オナゴは 泣かんとよ
花太鼓山車が走れば 浮世も忘れ 撥がはじけて蝶になり 汗が飛び散り風になる… 祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ 団扇かざした晴れ姿 あんたの背中についほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 高く夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓  縞のはちまき きりりと締めて 男・いなせな若衆の 太鼓囃子が波になる… 祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ ぐんと踏んばる晴れ姿 やんちゃなあんたについほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 遥か夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓  祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ 日本一の晴れ姿 あんたの背中についほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 高く夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓 響け花太鼓黒木姉妹みうら・うらら加藤将貫山車が走れば 浮世も忘れ 撥がはじけて蝶になり 汗が飛び散り風になる… 祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ 団扇かざした晴れ姿 あんたの背中についほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 高く夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓  縞のはちまき きりりと締めて 男・いなせな若衆の 太鼓囃子が波になる… 祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ ぐんと踏んばる晴れ姿 やんちゃなあんたについほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 遥か夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓  祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ 日本一の晴れ姿 あんたの背中についほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 高く夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓 響け花太鼓
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. さとうきび畑
  2. 新時代
  3. ウタカタララバイ
  4. 風のゆくえ
  5. 島人ぬ宝

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. ベルベットの詩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照