歌詞を

ヘルプ

竹島宏の歌詞一覧リスト

87 曲中 1-87 曲を表示
2021年6月16日(水)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
向かい風 純情新曲竹島宏松井五郎都志見隆夢ばかり見る迷い道
あなたと泣きたいから新曲竹島宏松井五郎都志見隆覚めない夢を見ているようだ
どうせ恋なんか新曲竹島宏松井五郎都志見隆泣いてばかりだねさみしがり屋
また人生を知りました竹島宏松井五郎都志見隆傷ひとつないよに見えて
追憶竹島宏松井五郎都志見隆雨の音にふれてひとり目覚める
シャツの釦竹島宏松井五郎都志見隆ソファの影に小さな釦
紅メランコリア竹島宏松井五郎都志見隆待ち人は来ない深爪も募る
いつかの青年竹島宏松井五郎都志見隆いま君はどこでどうして
Stories竹島宏松井五郎大貫祐一郎星屑ぬくもり涙街の明かり
竹島宏松井五郎都志見隆ちょっと逢えないとつらいよ
だって男と女竹島宏松井五郎都志見隆出逢いの夜は人であふれた
いにしえの橋竹島宏松井五郎都志見隆墨が滲んだ絵のように
夕やけのバラッド竹島宏松井五郎都志見隆思うより長い旅をしてきたな
はじめて好きになった人竹島宏松井五郎都志見隆ここまでと決めて見送る影が
涙ひとりきり竹島宏松井五郎都志見隆夜明けが近い窓が一枚の絵に
たったそれだけで竹島宏とみさんとみさんそんな顔をしないで
なんで別れちゃったんだ竹島宏松井五郎都志見隆どうしているのひとりなのかな
さよならは言わせない竹島宏松井五郎都志見隆ダメに決まってるこんな
太陽と月のクローチェ竹島宏松井五郎都志見隆抱いてくれますか冷たい肌
夢の振り子竹島宏松井五郎都志見隆泣きたけりゃ泣いたっていい
噂のふたり竹島宏松井五郎都志見隆思わせぶりな視線がばれて
それは幻竹島宏松井五郎都志見隆戻れる場所など忘れたと
思ひ人竹島宏松井五郎都志見隆もうそこにいるのでしょうか
スキャンダル竹島宏松井五郎都志見隆燃えつきていいくらいに
恋町カウンター竹島宏松井五郎都志見隆琥珀のグラスが揺れる
ほっといて竹島宏松井五郎都志見隆忘れ物を知りませんか
嘘つきなネコ竹島宏松井五郎都志見隆ふたりの形にくぼんだソファー
誘惑竹島宏松井五郎都志見隆黄昏が消えてゆく
霧雨のタンゴ竹島宏松井五郎都志見隆せまい街だものどこかで
月枕竹島宏松井五郎都志見隆わかったふりで身を引けば
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
生きてみましょう竹島宏松井五郎都志見隆わけもなく悲しいときが
風めぐり竹島宏松井五郎都志見隆岬の風が浜へと抜けて
夜明けのカラス竹島宏久仁京介幸耕平女ひとり心の重荷外したくなる
スローバラード竹島宏久仁京介幸耕平一緒に歩けなくてごめんなさい
故郷よ…竹島宏山本茉莉幸耕平スーツケースを転がして
陽が昇る竹島宏西城未貴・南陽町子高須はじめこの広い世界の隅々までも
未来へ竹島宏西城未貴高須はじめ世界は動く希望を乗せて
忍び逢い竹島宏麻こよみ幸耕平ふたり窓辺に寄り添えば
東京紙芝居竹島宏麻こよみ幸耕平開店前に吸うタバコ
あなたの唇竹島宏麻こよみ幸耕平あなたに気のないふりをして
恋の町札幌竹島宏浜口庫之助浜口庫之助時計台の下で逢って私の恋は
赤いハンカチ竹島宏萩原四朗上原賢六アカシヤの花の下で
哀愁物語竹島宏幸耕平幸耕平あなたの愛がこぼれて
夜明けの夢竹島宏石原信一幸耕平夢に夢に酔いしれ一夜で
黄昏色の恋人竹島宏石原信一幸耕平これが最後の旅だから
泣きぬれて…竹島宏幸耕平幸耕平あなたの嘘が見えたから私は
運命の女竹島宏石原信一幸耕平すぐに涙ぐむくせが君は
はぐれ橋竹島宏久仁京介弦哲也身のほども知らないでおまえを
あの日も雨、今夜も雨竹島宏久仁京介弦哲也濡れたおまえの髪急いで
くちなしの雨竹島宏久仁京介弦哲也雨に降られて匂うのは
池上線竹島宏佐藤順英西島三重子古い電車のドアのそば
別れの朝竹島宏Joachim Fuchsberger・日本語詞:なかにし礼Udo.Juergens別れの朝ふたりは
バラの香水竹島宏荒木とよひさ幸耕平あんたのことは誰よりも
夢一夜竹島宏阿木燿子南こうせつ素肌に片袖通しただけで
星降る街角竹島宏日高仁日高仁星の降る夜はあなたと二人で
コモエスタ赤坂竹島宏西山隆史浅野和典コモエスタセニョール
熱海の夜竹島宏荒川利夫・補作詞:藤木美沙山岡俊弘たった一度の倖せがはかなく
サヨナラ横浜竹島宏なかにし礼ユズリハ・シロー別れの夜を残り火の
北旅愁竹島宏久仁京介弦哲也曲がりくねった海岸線を
秋挽歌竹島宏津田雅道弦哲也過ぎたむかしは忘れてしまえ
中の島えれじい竹島宏塚口けんじ弦哲也あなたの嘘に身をゆだねたら
うたかたの風竹島宏久仁京介弦哲也別れの後の白い萩一つ
女ものがたり竹島宏久仁京介弦哲也春の雪が降りつつ融ける
紫の月竹島宏田久保真見幸耕平許せない許したい
あなたは僕の夢だった竹島宏田久保真見幸耕平あなたが僕にくれた想い出が
君は永遠の薔薇だから竹島宏松井五郎幸耕平つらいときもあるのに
別れの理由竹島宏久仁京介徳久広司言いかけて呑みこんだ
萬代橋竹島宏塚口けんじ徳久広司ひとり黙って新潟へ
愛の嵐竹島宏幸耕平幸耕平あなたを奪いたいこころも
越前詩情竹島宏塚口けんじ幸耕平風そよぐ昼下がりわたしは
この身を投げて竹島宏荒木とよひさ幸耕平貴女がいまも追憶だけを
生きて愛して竹島宏久仁京介幸耕平ひとりで見たよ
本牧から…竹島宏三木一二三大谷明裕遠いほど想い出が美しく
禁じられた想い竹島宏松井五郎都志見隆好きになってはいけなかったのと
冷たい指先竹島宏久仁京介徳久広司冷たい指先離しはしないよ
恋にやぶれて竹島宏久仁京介徳久広司恋にやぶれて心傷ついて
いいもんだ いいもんだ竹島宏久仁京介水森英夫想い出いっぱい胸に秘め
夜の銀狐竹島宏中山大三郎中川博之淋しくないかいうわべの恋は
花水木竹島宏塚口けんじ徳久広司わたしひとりと言いながら切れて
陽のあたる場所竹島宏久仁京介中川博之古いアドレス帖からふいにおまえの
明日のために空を見る竹島宏久仁京介徳久広司かなしいときには空を見上げて
昼顔の花竹島宏久仁京介徳久広司愛していても救えない
みなと終着駅竹島宏久仁京介中川博之終着駅列車を降りたそこは
札幌えれじぃ竹島宏久仁京介中川博之さっぽろさっぽろアカシアの街
秋の陽だまり竹島宏久仁京介徳久広司だけどおしまいお別れしましょう
函館哀愁竹島宏久仁京介徳久広司かもめ一羽が波に飛ぶ
濡れて帰って竹島宏久仁京介宇川確濡れて帰って濡れて帰ったら

竹島 宏(たけしま ひろし、1978年8月28日 - )は、福井県福井市出身の演歌、ムード歌謡の歌手である。本名同じ。身長は172cm。所属レコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ、レーベルはガウスである。 wikipedia