涙ひとりきり

竹島宏

涙ひとりきり

作詞:松井五郎
作曲:都志見隆
発売日:2020/04/15
この曲の表示回数:15,977回

涙ひとりきり
夜明けが近い窓が 一枚の絵になる
寝息を立てる君の 横顔を見ていた

二人で決めた部屋は
マッチ箱みたいで
明かりを灯しながら
静かに暮らしてた

待たせた春の風の道
花は咲かずに散りかけて
抱きしめていたはずなのに
いつ腕をほどいた あゝ

洗ってくれたシャツの
ぬくもりが哀しい
そう 涙ひとりきり

駅から帰るバスの 坂道の雨音
ベンチで君はいつも 待っていてくれたね

ひとつの傘に二人
思い出は切ない
凍えた指の先に
心が震えてた

この街 君は離れたと
聞いたあの日の冬の空
繕いきれぬさみしさに
また愛は壊れた あゝ

わかったはずの気持ち
悔やんでるいまでも
そう 涙ひとりきり
そう 涙ひとりきり

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム