IN EVERY PLACE

この曲の表示回数 13,739
歌手:

浅田信一


作詞:

浅田信一


作曲:

浅田信一


人ごみ避け駆け上がる歩道橋の上 真冬の夜空にそっと手を伸ばした
凍る街路樹彩るイルミネーションは まるで真冬のホタル悲しく灯る

くちびるから零れ落ちる 吐息集めて
いつの間にか今夜 ただ冬の風になる

街がきらめく季節が来ると あの頃の思い出が涙で溢れだす
雪がちらつく道を歩けば 今雲の上で天使が舞い踊る
誰の街でも IN EVERY PLACE

君の胸元ふちどる月のまなざしは まるで優しいメロディ神様のキス

歩道舞う枯葉の音が ココロにしみる
哀しみの季節を手のひらに包み込む

風にたたずむ少女のような その声が面影が胸によみがえる
月も夢見る真夜中すぎに 木枯らしとともに天使は舞い降りる
きっとここにも IN EVERY PLACE

遠く儚く夜空に霞む 名も知れぬ星たちに願いをかける
街が色づく12月には 粉雪に吹かれ聖夜は訪れる
君の街にも IN EVERY PLACE

世界中の何処にも IN EVERY PLACE
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:IN EVERY PLACE 歌手:浅田信一

浅田信一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-22
商品番号:YRCN-11056
R and C Ltd.

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP