試聴する

その花ちぎれば

この曲の表示回数 2,973
歌手:

希美まゆ


作詞:

砂守岳央


作曲:

砂守岳央


誰そ彼(たそがれ)
郭を包むは闇
今宵も蕾はほどけて

その花は
手にとれば
袖さへ匂ふと申します

吉原 門をくぐれば
そこは愚かな夢の街
一夜(ひとよ)きりの女郎花(をみなえし)
貴方の上で咲きましょう

面影
重ねているのは誰
朝焼け来るまで忘れて

風切り羽(かざきりば)
切られても
空を忘れない籠の鳥

千切れて痛む心も
契れば甘く痺れた
一夜の嘘ならせめて
可愛い声で啼かせて

吉原 門をくぐれば
「またね」だなんて世迷い言
どうして信じてしまうの

千切れて痛む心も
契れば甘く痺れた
一夜きりの女郎花
貴方の上で咲きましょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:その花ちぎれば 歌手:希美まゆ

希美まゆの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP