冬を歩く

この曲の表示回数 5,517
歌手:

浅田信一


作詞:

浅田信一


作曲:

浅田信一


冬めく夜風と 凍る街路樹に
瞬く街並みを僕ら コートの襟を立て歩いてく

思いがけず吐いた息は 白く浮かんでいる
虚ろげに輝く moon, walk on

冴える渡る満月が 背中からついてくる
君と肩寄せあい 月を連れて冬を歩く
伝えたいことだから 迷わずに口にする
いずれ僕は確かに どんな時も君の隣にいる

君の横顔に 不意の悲しみが
気配をしのばせる夜は ストーブに火を入れて話そう

ガラス越しに名残る雪は 夜明けを待っている
朝焼けに溶け出す snow, walk on

やがて吹く春風に 芽吹きだす草花よ
眠る記憶の中で 色溢れる季節想う
海渡る鳥達は 何処目指し飛ぶのだろう
いずれ僕は確かに どんな時も君の隣にいる

冴える渡る満月が 背中からついてくる
君と肩寄せあい 月を連れて冬を歩く
伝えたいことだから 迷わずに口にする
いずれ僕は確かに どんな時も君の隣にいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬を歩く 歌手:浅田信一

浅田信一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-02-18
商品番号:WPCL-10071
ワーナーミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP