あっぱれ! 恋女房

この曲の表示回数 7,292
歌手:

米倉ますみ


作詞:

藤本翼


作曲:

大谷明裕


愚痴のひとつも いわないで
いつも明るく笑ってる
花のようだという俺に
馬鹿なだけよと また笑う
よくぞおまえを 女房ときめた
惚れてくいない あっぱれあっぱれあっぱれあっぱれ
恋女房

男の意地をぶらさげて
夢にはぐれた こともある
三日酔いだと 荒れながら
おまえ泣かせた夜もある
こんな男によくついて来た
苦労かけたね あっぱれあっぱれあっぱれあっぱれ
恋女房

やさしい言葉かけたなら
どうかしたのと 涙ぐむ
そんなおまえが おかしくて
細い手首をひきよせる
よくぞ今日まで尽くしてくれた
絆ひとすじ あっぱれあっぱれあっぱれあっぱれ
恋女房
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あっぱれ! 恋女房 歌手:米倉ますみ

米倉ますみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-10-21
商品番号:VICL-60312
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP