164作曲の歌詞一覧リスト  61曲中 1-61曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
61曲中 1-61曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
天ノ弱Leo/needLeo/need164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか 僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ  言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ   この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ   もういいかい
夜想歌悠佑(いれいす)悠佑(いれいす)164164164消えそうな僕の声が 今あなたへ届くのでしょうか 遠い目が映すものは 僕が見る景色と同じなのでしょうか  窓越しの電灯の色 暗い部屋に一つ影を落とす 思い出を失くしたまま あなたが居た跡をまた探して  泣いていても 立ち尽くしても もう戻らないものがある事  今はさよなら それぞれの日々を ただ忘れようと過ぎてゆく いつかただお互い歩む道を 語り合うためまた、 また会いましょう  折れそうな心の音 ここで歌う意味もまだ無いまま 目を閉じて聞こえるのは 静かに鳴り響く  この時計が弱く告げる 夜の終わりと新しい今日の始まりを ただ刻んでるこの一瞬を 擦り切れた記憶が ほら また続いてく  消えそうな僕の声が 今あなたへ届くのでしょうか 遠い目が映すものは この先にある未来なのでしょうか  今はさよなら それぞれの日々を ただ忘れようと過ぎてゆく いつか ただお互い歩む道を 語り合うため また、 また会いましょう
天ノ弱 ~Ballade ver.~HIMEHINAHIMEHINA164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いたはんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要 ら な い よ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか  僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君 と 止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ ま だ 待 つ よ  も う い い か い
妄言Gero×ウォルピスカーター×164Gero×ウォルピスカーター×164164164164己のど真ん中に空いていた空洞の その輪郭に丁度合う様に 裏も表さえ無い 拗らせた空想を さながら中学二年生の様に  今 暗い海へ微睡んでは零れ落ちる  曝け出して ハイになって 踊り明かそうぜ 消えゆくマボロシだって 本当だって 虚構だって 戯けて行こうぜ その偶像の向こうへ  些かも覚えのない 真っ青な痣が 心の深い場所にできている 未だどうしようもない 消えない痛みさえ 過ちをいつまでも忘れない様に  今 果てのない後悔の淵に立ち呆けては眠る  僕らが見つけた たった一瞬の瞬きさえ 何も知らない馬鹿のフリでもしなきゃ 消えてしまいそうだから  この喉から 手を伸ばして 地獄の果てまで 後ろ指でもいいさ 確かめるさ この言葉が 夢か現か その時にまた会おうぜ  曝け出して ハイになって 踊り明かそうぜ 消えゆくマボロシだって 本当だって 虚構だって 戯けて行こうぜ その偶像の向こうへ  ハッピーエンドにしようぜ
天ノ弱うみくんうみくん164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いたはんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか  僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ  もういいかい
天ノ弱こはならむこはならむ164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いたはんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要 ら な い よ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか  僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君 と 止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ ま だ 待 つ よ  も う い い か い
天ノ弱和楽器バンド和楽器バンド164164町屋・和楽器バンド僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか 僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ  言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ もういいかい
天ノ弱岡本信彦岡本信彦164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか  僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ  もういいかい
SAKURAmai.mai.164164遠く響くバスの音 一人耳を澄ます 風が運ぶ僕のこと 砂埃に紛れ通り過ぎた  さよなら まだ大人になれずに今岐路に立つ 言葉がひとひら それぞれ違う道の先で また会いましょう  蒼く澄んだ空の色 光る枝の隙間 夢を語る友の声 今も耳に残る  移りゆく季節の中で 繰り返す希望と後悔を 積もる出会いと別れの中で まるで僕らを飲み込んでゆく未来へ  桜がひらひら舞い落ちては煌めく 今、足元で 想いがゆらゆら 新しい道の上 一歩踏み出す  さよなら まだ大人になれずに今岐路に立つ 言葉がひとひら それぞれ違う道の先で また会いましょう  また会いましょう
「1」Leo/needLeo/need164164すぐそこに手を伸ばせば掴めそうな 幻をただ眺めては 違う色で転がる二欠片(ふたかけら)の 答えをまだ知らないから  道標(みちしるべ)がそこに無くても 遠回りだったとしても  泣かない様に笑ったって 転ばない様に歩いたって 隠した言葉は伝わらないから 僕らが描く未来はただ一つしかないから この目で確かめようか  例えばそこに答えがあるとして それを今と比べたとして その時に私が見る景色は 独りだと意味がないから  もう戻れない覚悟も ここに居るという証明も 誰も触(さわ)れない遠い場所で咲いているから  それがガラクタの山だって それがブリキの海だって それを誰かに嗤(わら)われたとしても このセカイの向こう側へ 今届けてみたいから まだ音は鳴り止まない  泣かない様に笑ったって 転ばない様に歩いたって 隠した言葉は伝わらないから 僕らが描く未来はただ一つしかないから この目で確かめようか  見た事のない世界へ
EIENmai.mai.164164It's like there's another me 失くした欠片を My mind wanna say I'm not myself 見つからなくても  鏡の奥を覗き込んだ 遠くにつながる幻想と そこに居るだけの僕の頬は 誰の涙が伝ってるの  紡いだ言葉が今消え去って 君の心を通り過ぎた どうかこのまま変わらぬ僕を 君の中 生き続ける永遠を  I knew it was all a lie 描いた偶像も But it's no hanging matter まだ輝いてた  この傷跡が今問いかける 生きてきた物語を 刻む様に一つ一つ 散りばめたピースを並べて続いていく  迷いの中 泳いでる 闇の海を 掻き分けて 消えて行く  浮かんだ言葉の その裏側と 二つで一つ この声で  紡いだ言葉が今消え去って 君の心を通り過ぎた どうかこのまま変わらぬ僕を 君の中 まだ居させて  もしも全てが運命ならば この歌声を今聴いて いつか夢見た光を浴びて 君の中 生き続ける永遠を
天ノ弱-うぃんぐPiano Ver.-Akie秋絵Akie秋絵164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いたはんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要 ら な い よ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか  僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君 と 止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ ま だ 待 つ よ  も う い い か い
天ノ弱莉犬莉犬164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか 僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ  言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ  まだ待つよ  もういいかい
tell mePAREDPARED164164164もう着古した上着も少しずつほつれて 褒め言葉を真に受けた僕はいつも同じ  ただ目を合わせて ただ言葉を交わして その先は何もない  教えて 僕の存在を言って今、今 教えて 君の裏側を 特別だという証明を  そう ただ二人の息の白さに紛れて 狭い空と汚れたベンチの左隣  まるで映画のような まるでドラマのような 台詞など何もない  応えて 僕といる意味を言って今、今 応えて 君の本心を 特別だという証明を  僕の瘡蓋は未だ塞がらない 痛みを抱えたまま 距離が縮まらない理由を探して 君という迷路に迷い込んだ  教えて 僕の存在を言って今、今 教えて 君の裏側を 特別だという証明を
GALAXY (Under my identity)164 feat.GUMI164 feat.GUMI164164164子供の頃に描いた歪な落書きを 誰にも見つからないようにそっと隠した  逃げるような 繕うような 弱い自分じゃなくなるように ひとつふたつ 並べた音が問いかける  「君が今 描いた音はまだ」 「きっと誰も知らないけど」 「いつの日か誰かに届くから」 「この声に想いを乗せて」  心の深い所で忙しなく騒いでいた 視界に広がる銀河に願いを込めて  勇気もない 意気地もない 何も持たない僕の言葉を ひとつふたつ 並べた音が動きだす  「君が今 まだ踏み出せないなら」 「どんな詩でも構わないから」 「いつの日か誰かに響くから」 「さあ君の夢を放って」  少しずつ浮かんでゆく 輪郭から熱を帯びて 失くした物 伝えたい事 まだ僕の内側にあったから  「君が今 描いた音がほら」 「鮮やかに色付いてゆく」 「この詩が 始まりの一歩さ」 「さあ勇気出して」  だから僕が今 描いた音がほら 形となり宙を舞って いつの日か誰かに届くかな 遠い昔 思いを馳せた この指の先の宇宙へ  この指の先の宇宙へ  子供の頃に描いた歪な落書きを 誰にも見つからないようにそっと仕舞った
UNCAGEくろくもくろくも164164破れば最期 世界の常識 鳴り止まぬ警鐘 他人の群れ 仰せの通りに どうぞ下がりましょ その白線の内側まで  今重なる 因果の先へ 絡まった隙間から手を伸ばした 泡のように消えて 水のように揺らぐ 暗闇が私の色に染まった 今瞬くプラネタリウムを 貫くこの喚声に浮かべて 今更戻れないの  終わりの無い迷路 孤独の代償 例えば阿弥陀籤の様な 渋谷の灯りが 私を嗤笑った また独り 夜に消えて行く  確かめる様に 今歌を唄う ここにいる意味を教えて  名前だけじゃ まだ足りなくて 自分が自分である証明を 誰も私を忘れない様に 誰ももう見失わない様に  今重なる 因果の先へ 絡まった隙間から手を伸ばした 泡のように消えて 水のように揺らぐ 暗闇が私の色に染まった 今瞬くプラネタリウムを 貫くこの喚声に浮かべて 今更もう戻れないから 私の声を聴いて
今回の騒動について164164164164「まず最初に」 「皆さんに多大なご迷惑とご心配をお掛けした事」 「深く反省しております」  ねえねえ、それは一体何の事 僕は本当に何も知らないよ 君のその謝罪で 君が“悪い事した人”なんだって僕は知るんだよ それで皆んなが調べてさ 別に被害なんか受けてなんかなくても 君を悪い人だと思わなければ 時代に遅れるような気がして  しょうがないしょうがない 何を言われたって仕方がない 上澄みを掬ってそれが君の全てだと言うんだ しょうもないしょうもない 這い擦り進み目指した境地は 疾うに腐った場所だったのかい  簡単な話さ 誰の幸福なんて望んじゃいない 誰だって己を生きるのが精一杯 何処にも明日にも幸福を見出せない奴らが 君を言葉のナイフで刺すんだ  ねえねえ、それで一体どうするの 君は一体誰に言ってるの もはやそれが本音かもわかりゃしないのに形は大事っていうんだろ たとえ君の居場所がさ もう此処に無いのだと言われたとしても それでもまだ生きていかなきゃいけない 重い十字架を背負ったまま  しょうがないしょうがない しょうもないしょうもない しょうがないしょうがない 疾うに腐った場所だったから  簡単な話さ 誰の幸福なんて望んじゃいない 誰だって己を生きるのが精一杯 何処にも明日にも幸福を見出せない奴らが 君を言葉のナイフで刺すんだ  君を言葉のナイフで刺すんだ
狂者の行進164 feat.GUMI164 feat.GUMI164164切符を握った悪魔が嘲う ただ天使は咽び哭いている 見渡す限りの有象無象に 我こそはと一抜けを身忍っている  聡明な人が描いた地図を 愚かな人々が擦っては 誰もがピエロだと気付かないで とうとう夢から醒めないまま消える  おいで さあさあ手の鳴る方へ 手薬煉引いて待つ方へ 酸いも甘いも陽気なリズムに乗せて ほら自分に言い聞かせなさいな 馬鹿のフリでもしなさいな 誰も居ない荒野を進むなら 幻の先を目指せ  さては路頭に迷っているのかい 僕は天才かはたまた天災か たまにはゆっくり紅茶でも飲んで 独り置いてけぼりを喰らうがいいさ  景色はいつも変わらないのに 時代はロードショーみたいに フィルムの断片も見つからないまま こんな希望も絶望もまとめて スーツケースの中に詰め込んで 一人旅に出かけよう  モノクロの映像のロックスターに憧れた 僕はもう何処にも居ないけど 煙草の煙に紛れて浮かぶ矛盾を 隅っこに押し殺して  おいで さあさあ手の鳴る方へ 手薬煉引いて待つ方へ 酸いも甘いも陽気なリズムに乗せて ほら自分に言い聞かせなさいな 馬鹿のフリでもしなさいな 誰も居ない荒野を進むなら 真実に目を瞑って 幻の先を目指せ
天ノ弱ウォルピスカーターウォルピスカーター164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたら これ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら 僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方は どしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で 一日満喫してました 別に君のことなんて 考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかも なんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに 言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで 気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか  僕にはまだわからず 捨てる宛てもないんだ 言葉の裏の裏が 見えるまで待つからさ 待つくらいなら いいじゃないか  進む君と 止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ  もういいかい
World End Heaven164164164164例えば僕らが記憶の片隅 消えていくとして 確かな未来もまるで迷路みたいに  偽りと現実の境界線 夏の音に混ざっていく  今を繋ぐ線上を 動き出した幻想を 七色に連なって加速する また壊して また繰り返して 降り注いだ閃光を 止める術と抵抗を 探す意味がここにあるとして  もうすぐ、世界が始まる  例えば僕らが 世界の終りを見届けるとして 明日は来ないと まるで映画みたいに  偽りと現実の境界線 儚く崩れていく  溢れ出した感情を 過去を想う感傷を 七色に繋がってループする また探して また振り出しへ 繰り返した惨状を 止める術と反抗を 探す意味がここに無いとして  もうすぐ、世界が始まる  塞がる視界が空の色を隠していく 僕らの未来へ 壊されたキーを探して  永遠に続く環状を 変えられない現状を 七色に繋がってループする また探して また振り出しへ  今を繋ぐ線上を 動き出した幻想を 七色に連なって加速する また壊して また繰り返して 降り注いだ閃光を 止める術と抵抗を 探す意味がここにあるとして 大丈夫 怖がらないで  もうすぐ、世界が始まる
残響164164164164今、一つ、身に消えて行く焼ける様な煇が 又、二つ、露わに成って今宵の闇に消える  唯、一つ、御伽噺に幕切が無い様に 又、二つ、忌まれし運命も塗り替わって移ろうの 後悔の行く末よ  嗚呼 今繰り返す名を 赤い華も踊る 夜に哮るその残響を さあ今語られる名を 泡沫の命と今名付けようか  今、一つ、風を纏って終わりを映し出す 又、二つ、闇を葬って垣間見える瞬間を  嗚呼今消えて行く名を 鮮やかに彩る時を翔けるその残光を  嗚呼 今繰り返す名を 赤い華も踊る 夜に哮るその残響を さあ今語られる名を 泡沫の命と今名付けようか
Jumble Jungle164164164164リュックを背負って街を彷徨って 出口も入口も判りゃしない 僕らは其ん中の何千分の一と まさかね 知る由なんてありゃしない  自分を棚に上げて呟いた こいつらマジで暇人かよ(笑)と 今だってそうやって画面の中で まるで他人事みたいに  その点と点を結んで 繋がった線の中から はみ出した僕を見つけておくれ  目まグルグル回る回る 踊る陽気な馬鹿達が 夜に紛れては溺れる ほら、目の前で 騒ガサガサ笑う笑う 街が照らす馬鹿達が 意味なんか欠片も持たない ここがJumble Jungle  沸き立つ歓声の交差点の奥へ 終わりも始まりも判りゃしない どの道盲目 その崖っぷちの 足元すらてんで見えちゃいない  弱い犬ほどよく吠えると言うが 教えて神様、仏様 弱くても強くても吠える犬なんか 野次馬も近寄らないじゃん  慣れない都会に移って 少しの余白もないまま いつの間にか忘れた自己主張さえも その点と点を結んで 繋がった線の中から はみ出した僕を見つけておくれ  目まグルグル回る回る 騒ガサガサ笑う笑う 忙ガヤガヤ流る流る 賑ワチャワチャ噪ぐ噪ぐ  膝ガタガタ笑う笑う?  目まグルグル回る回る 踊る陽気な馬鹿達が 夜に紛れては溺れる ほら、目の前で 騒ガサガサ笑う笑う 街が照らす馬鹿達が 意味なんか欠片も持たない ここがJumble Jungle
PAST [from CHUNITHM]164164164164ここで幻を追ったって 何も始まらないんだって いつか終わった夢だったって そんくらいわかるよ僕だって  こんなに大人になったって 自分に言い聞かせたって 失くしたものはいつだって もう戻って来ないんだって  僕は今でも離せないまま  変わった景色が瞬いて 僕らが居た記憶の中へ 過ぎてく時間が過去の事になってしまっても  露と消える何かを 今も想っているけど わかっているのに それでも  ここで幻を追ったって 何も始まらないんだって いつか終わった夢だったって そんくらいわかるよ僕だって こんなに大人になったって 自分に言い聞かせたって 失くしたものはいつだって 最後に気付くの  止まった時間を切り裂いて 描いた未来と違っても このまま二人が違う道を歩んでも 変わった景色が瞬いて 僕らが居た記憶の中へ まだ浸っていてもいいですか
STILL GREEN164164164164もう己の声も憶えちゃいないと 歪な笑い方さえ出来ない 土の壁の中を響く電子の音 傷をなぞる様に描いた  今はせめて時を止めて その色で塗り潰して  走り出したこの運命から 君を見失わないように もう一人で迷わないように 君の声を聞かせてくれないか  聞かせてくれないか  一度きりの今を積み重ねて今日も 見つからないものを探し続けて 僕達がいつしか出会った理由も きっと誰にもわからないさ  だからせめて僕の存在を ここで証明してくれないか  忘れないでここに居る事 歩いてきた道を 今君が見てる景色がかけがえのない事を  走り出したこの運命から 君を見失わないように もう一人で迷わないように 君の声を聞かせてくれないか  その声を聞かせてくれないか  聞かせてくれないか
今宵の緋い月の下で164164164164流した涙と夜の静寂に 手を伸ばした 闇に染まったとしても  今宵も開かれる宴に 静かに一輪の華を探して彷徨っていた 可憐に僕に向け浮かべた 綻ぶ微笑に奪われた僕の心を  たとえこの世界の全てが 僕らを引き離したとしても  交わした契りと鉄の誓約に 目を逸らして 今を揺蕩おう 流した涙と夜の快楽に 手を伸ばした 闇に染まったとしても  今宵は閉じられる宴に 密かに告げた真実を信じていいのでしょうか 貴女が囁いた言葉は 今更僕に向けられた憐れみなのでしょうか  たとえこの世界の全てが 貴女の想いを否定したとしても  この脳裏を過ってくその声もその笑顔も 何もかも失ってくこの月の下で 運命を恨むなら その定めを憎むなら この僕を恨めばいい どうせ哀しい結末なら  流した涙と夜の静寂に 手を伸ばした この刃ごと  交わした契りと鉄の誓約に 目を逸らして 今を揺蕩おう 流した涙と夜の終幕に 手を伸ばした 今夢から醒めても  今夢から醒めても
種と仕掛けと君のうた164164164164今輝いた星のネオンが 夜を教えてくれた 白く浮かんだ君の吐息が 行く宛を探していた  失くしていたメロディが 奏でられて鮮やかに広がって  さあ ほら色づいた 僕達だけの世界を おとぎ話のような奇跡も 何も要らない魔法の言葉 涙滲むほど君のその口癖を これから先もまた何度でも 聴けるのならそれが奇跡だ  街の景色が僕を照らした ただ理由もないまま 白く飾った君の思いが 胸のドアを叩いていた  忘れていたメモリーが やがて晴れて僕達を彩るだろう  1つ1つ消えて行くような僕のこの言葉は 種も仕掛けもかけがえもない君のうた  失くしていたメロディが 奏でられて鮮やかに広がって  さあ ほら鳴り響いた 浮かれている鐘の音も 夜空に咲いた彼方の星も 大きな声で歌っているよ  さあ ほら色づいた 僕達だけの世界を おとぎ話のような奇跡も 何も要らない魔法の言葉 涙滲むほど君のその口癖を これから先もまた何度でも 聴けるのならそれが奇跡だ  側に居られる事が奇跡だ
僕はまだ死ねない164164164164僕達が現世に産まれ落ちた 意味など無いのかもしれないが 意味が無いと僕はやりきれないから 大袈裟を承知で聞いておくれ  例えば揺れる満員電車の中 席に溢れたお年寄りの前で 先に誰かが譲って安堵する 僕はその程度の人間だから  子供の頃に見た背中はもっと遠くて 僕なんかじゃ届かないかもしれないけど  この小さな手が離れないように 君が悲しまないように 僕の全てを捧げても この小さな未来を誰も傷つけないように 僕の命が尽きるまでは  僕達が現世に産まれ落ちた 意味など無いのかもしれないが もしも意味があるのだとすれば それだけで僕は涙がこぼれた  誰かのなんでもない今を唄う歌など 有り触れてるものなのかもしれないけど  日々過ぎてゆく時間の中で 移ろう季節の中で これがその“意味”だとしても  この小さな手が離れないように 君が悲しまないように 僕の全てを捧げても この小さな未来を誰も傷つけないように 僕の命が尽きるまでは
終わりにしよう164164164164君はまだ酷く痛む傷口を誤魔化してんだ 分かり合えなくてもそれでいいんだよ、たとえ上辺でも  僕はまだ 朝の喧噪の中に紛らわせてんだ 薄っぺらいのがちょうどいいんだよ、どうせ こんなに綺麗な写真も、実る赤も、風の匂いも 二人の記憶も日常に消えていくから  僕たちが探した未来はこんなに小さくて どこにも見つからないまま、どこかに置いたまま今薄れてく 知らないまま消えてくくらいなら、忘れてくくらいなら 思い出が壊れないように 濁らないように 今そっと終わりにしよう  君はまたいつもと変わらない日々を送ってるのかい 何も変わらなくてもこれでいいんだよ、たとえ あの日ケンカした事も、泣いた事も、笑った事も 僕たちの事も日常に溶けていくから  光のような速さで通り過ぎて行った ただ綺麗な幻だった  不器用に笑うようになったのはいつからだろう 上手く泣けなくてもそれでいいんだよ 君が幸せなら、幸せなら  僕たちが探した未来はこんなに小さくて どこにも見つからないまま、どこかに置いたまま今薄れてく 知らないまま消えてくくらいなら、忘れてくくらいなら 思い出が壊れないように 濁らないように 今そっと終わりにしよう  いつか忘れるから、傷も癒えるから 今そっと終わりにしよう
shiningray [Ver.2018]164164164164そっと 手を伸ばした むこうの カゴのフルーツ 静かに 過ぎる時間と 億千の 思い出と  大丈夫だから 怖くなんてない もう泣かないで あたし…  shining ray and burning red 今だけ 強がらせて きっといつか 帰る日が来ると 信じて ここにいるから  きっと 何も変わらず 全てが このままなの 何度も 見た風景と ちょっと ずれた時計  何をしてても 何を思っても 同じこと いつか…  shining ray and burning red 明日という 遠い日 怖くて 苦しくて この手が 届かないよ  今、目に映ってる空 雲一つない 青 今、確かにわかるのは 明日は もう来ない  もう 少し眠たいの ねえ このあたしの ちょっと 小さな宝箱 中には 大事な 思い出だけ… 思い出だけ…  shining ray and burning red 今だけ 強がらせて もうすぐ 終わりが来ると わかって ここにいるから  shining ray and burning red 幸せな 日々でした あたしは 眩しい空から みんなを 見守るから
大嫌いシーズン1640mP1640mP40mP164溜め息が春風にのって 花粉症のせいでまた涙が出る  35度 真夏の有楽町 身体がオーバーヒートしたみたい 立ち止まる交差点  季節に追い越されて置いてけぼりの僕だけど 今年は少しだけ景色が違って見えるよ  大嫌いだった春も悪くない だってあなたが傍にいるから 舞い散る花が髪に絡まれば ほら、笑った  大嫌いだった夏も悪くない だってあなたが傍にいるから シャツを揺らす風に包まれて 手を握りしめた  ワンルームで秋の夜長に 孤独に苛まれては震える日々  雪が降る真冬の渋谷 混乱する電車のダイヤ まだ帰れない  一年中 下を向いてばかりで 何もかもがすべてモノクロになって  あなたの手で綺麗に彩られる 春夏秋冬 変わる変わる色  大嫌いだった秋も悪くない だってあなたが傍にいるから 落ち葉踏んで刻むそのリズム ブーツが歌う 1 2 3 4 5  大嫌いだった冬も悪くない だってあなたが傍にいるから イルミネーション 照らす横顔に 恋焦がれて  大嫌いだったすべて愛しくなる だってあなたが傍にいるから 何度も巡る新しい季節 肩を並べ ただ歩いてゆく
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
sin - アニメ Re:アレンジ Ver. -μ(上田麗奈)μ(上田麗奈)164164未完成な生を受けて 神罰を待っている 憐れな自我を捨てて 赤く染まる代償を  醜く荒れた終末を 此処から丸ごと消してしまおう  仰いだ此の世が神の力で 全てが今救われるのなら 代役に成ってみせようか 正義の鉄槌を今此処に下そう  風通しの悪い場所 漆黒のエゴティスト 許されぬ罪と知れ 黒く染まる代償を  運命に従う刃を 貴方に内緒で見せてあげよう  壊して築いた新しい世界など 嘘に塗り潰されても それでも焦がれた名の下 正義の鉄槌を振りかざす  仰いだ此の世が神の力で 全てが今救われるのなら 代役に成ってみせようか 正義の鉄槌を今此処に下そう
World End Heavenくろくもくろくも164164例えば僕らが記憶の片隅 消えていくとして 確かな未来もまるで迷路みたいに  偽りと現実の境界線 夏の音に混ざっていく  今を繋ぐ線上を 動き出した幻想を 七色に連なって加速する また壊して また繰り返して 降り注いだ閃光を 止める術と抵抗を 探す意味がここにあるとして  もうすぐ、世界が始まる  例えば僕らが 世界の終りを見届けるとして 明日は来ないと まるで映画みたいに  偽りと現実の境界線 儚く崩れていく  溢れ出した感情を 過去を想う感傷を 七色に繋がってループする また探して また振り出しへ 繰り返した惨状を 止める術と反抗を 探す意味がここに無いとして  もうすぐ、世界が始まる  塞がる視界が空の色を隠していく 僕らの未来へ 壊されたキーを探して  永遠に続く環状を 変えられない現状を 七色に繋がってループする また探して また振り出しへ  今を繋ぐ線上を 動き出した幻想を 七色に連なって加速する また壊して また繰り返して 降り注いだ閃光を 止める術と抵抗を 探す意味がここにあるとして 大丈夫 怖がらないで  もうすぐ、世界が始まる
終わりにしよう初音ミク初音ミク164164君はまだ酷く痛む傷口を誤魔化してんだ 分かり合えなくてもそれでいいんだよ、たとえ上辺でも  僕はまだ 朝の喧噪の中に紛らわせてんだ 薄っぺらいのがちょうどいいんだよ、どうせ こんなに綺麗な写真も、実る赤も、風の匂いも 二人の記憶も日常に消えていくから  僕たちが探した未来はこんなに小さくて どこにも見つからないまま、どこかに置いたまま今薄れてく 知らないまま消えてくくらいなら、忘れてくくらいなら 思い出が壊れないように 濁らないように 今そっと終わりにしよう  君はまたいつもと変わらない日々を送ってるのかい 何も変わらなくてもこれでいいんだよ、たとえ あの日ケンカした事も、泣いた事も、笑った事も 僕たちの事も日常に溶けていくから  光のような速さで通り過ぎて行った ただ綺麗な幻だった  不器用に笑うようになったのはいつからだろう 上手く泣けなくてもそれでいいんだよ 君が幸せなら、幸せなら  僕たちが探した未来はこんなに小さくて どこにも見つからないまま、どこかに置いたまま今薄れてく 知らないまま消えてくくらいなら、忘れてくくらいなら 思い出が壊れないように 濁らないように 今そっと終わりにしよう  いつか忘れるから、傷も癒えるから 今そっと終わりにしよう
With youluzluzluz164164I stay by you everyday (毎日君のそばにいるよ) From that one day I saw your smile and called your name (君が僕の名前を呼んで、微笑んでくれた あの日から) 二つの光が 夢を 照らし続ける  Always, I'll stay by your side (これからもずっとそばにいるよ) Nothing to hide (隠しごとは一つもないよ) Nothing to fear whenever you're here (いつだって君がここにいたら、恐れるものなんてないから) 空っぽの心に キミが理由をくれたんだ  ねぇ 僕の 声は 届いているかな? 今だけは let you know この想いを  This is for you and me, starting right now Down to the end of the world (これはこれから始まる僕と君のための歌 世界が終わるまで、君へささげるよ) To you...君と二人の物語  This is for you and me, counting right now Like all the stars in the night (これは僕と君の為の歌 たった君と 一つ一つ噛みしめているんだ 夜空の星を数えるように) With you...I'll always love you  Always, I will take your heart (いつも 君の心を奪うよ) Ready to start (準備はできてる) Ready to go to where we never know (僕たちがまだ知らない場所へと行く準備はできている) 今 その手を握って 未来へ 連れていくよ  ねぇ 今日も こんなに 感じているよ 初めて 出会えた日 その意味を  This is for you and me, finding right now The one thing I have to say (これは僕と君の為の歌 君に伝えたいことを今 見つけたんだ) To you, いつか 時が止まる前に  This is for you and me, saying right now The promise I have to make (これは僕と君の為の歌 君と結ぶ約束を今から 伝えよう) With you...守り続けるよ   ah 遥かな日々 失う日も きっと来るだろう そんなときも どんなときも 超えてゆけるよ 二人だから ずっと  This is for you and me, starting right now Down to the end of the world (これはこれから始まる僕と君のための歌 世界が終わるまで、君へささげるよ) To you...君と二人の物語  This is for you and me, saying right now The promise I have to make (これは僕と君の為の歌 君と結ぶ約束を今から 伝えよう) With you...I'll always love you  I'll always love you...
細胞SPCバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIノマアキコ164菊谷知樹スマホ片手にぬるい相づち ちゃんと聞いてる? daydreaming boy この質問に今の返しは超絶NG!  また始まったオチなしトーク 独り言なの? dreamy girl 欲しい言葉がわからないから無言でスマホ  愛は何万年も前から 相も変わらず すれ違いながら  紫式部 清少納言もみんな同じただの悩める 女子 君と僕の不器用な恋も 時代のカケラ つまり細胞レベルスペクタクル  指先だけのコミュニケーション ラクに行こうぜeasy easy おひとりさまはストレスフリーそれはわかるが  未婚 少子化 ヤバい人類! 今だ恋せよ YOU & I 子孫繁栄 目覚めよ本能 生き延びるんだ  きっと何万年後の誰かの 愛や恋は君にかかってる!  クレオパトラ マリリンモンローも届かぬ想いに胸焦がした女子 君と僕の不器用な恋も時代のカケラ つまり遺伝子レベルスペクタクル  ぱーりらぱーりら いらない決断なんて1つもない 我ら人類絶え間無く繋いできたミッション  紫式部 清少納言もクレオパトラ マリリンモンローも 星の数ほど出会ってすれ違って悩んで焦がれてひっくり返ったりして 君と僕の不器用な恋も時代のカケラ つまり細胞レベル… 遺伝子レベル… 平凡で壮大なスペクタクル
種と仕掛けと君のうたいかさんいかさん164164今輝いた星のネオンが 夜を教えてくれた 白く浮かんだ君の吐息が 行く宛を探していた  失くしていたメロディが 奏でられて鮮やかに広がって  さあ ほら色づいた 僕達だけの世界を おとぎ話のような奇跡も 何も要らない魔法の言葉 涙滲むほど君のその口癖を これから先もまた何度でも 聴けるのならそれが奇跡だ  街の景色が僕を照らした ただ理由もないまま 白く飾った君の思いが 胸のドアを叩いていた  忘れていたメモリーが やがて晴れて僕達を彩るだろう  1つ1つ消えて行くような僕のこの言葉は 種も仕掛けもかけがえもない君のうた  失くしていたメロディが 奏でられて鮮やかに広がって  さあ ほら鳴り響いた 浮かれている鐘の音も 夜空に咲いた彼方の星も 大きな声で歌っているよ  さあ ほら色づいた 僕達だけの世界を おとぎ話のような奇跡も 何も要らない魔法の言葉 涙滲むほど君のその口癖を これから先もまた何度でも 聴けるのならそれが奇跡だ  側に居られる事が奇跡だ
無花果ウォルピスカーターウォルピスカーター164164明らさまに嫌そうな顔をしないようにする君の目を見る そうか、僕が傷付かないように優しい嘘をついているのか いつもそうだ 否定の声は肯定なんかより大きくて なんだ、ただそれだけの事だって 気付いたり、忘れたり、とぼけたりしている  僕らはどうせ相容れない生き物 そんな常套句を並べ立てては愛想笑いしている  ありふれた言葉で隠した本当の意味を 口にすれば事実になるって誰が言った くだらない話で濁した僕らの未来も 音を立てずにただ崩れて行く  ただ静かに瓶の底で沈んでるつぼみのようなもの そうか、僕に気付かれないように言葉を一人飲み込んだのか きっとこれは歪な声じゃ届かない自分が虚しくて なんだ、ただそれだけの事だって 嗤ったり、嘲けたりして誤魔化している  卑屈な感情を果無く押し殺して 笑えないジョークを並べ立てては知らん顔をしている  幼気な夢を投げ捨てた本当の自分を 諦めたらそこで終わりって誰が言った つまらない涙を流した君という意味を 何も知らずにただ佇んでいる  進む事を拒んだって 僕は、僕は、僕はまだ馬鹿みたいにただ信じてるのさ  ありふれた言葉で隠した本当の意味を 口にすれば事実になるって誰が言った くだらない話で濁した僕らの未来も 音を立てずにただ崩れた  幼気な夢を投げ捨てた本当の自分を 諦めたらそこで終わりって誰が言った つまらない涙を流した君という意味を 何も知らずにただ佇んでいる
天ノ弱+α/あるふぁきゅん。+α/あるふぁきゅん。164164大山徹也・沢頭たかし僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか 僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ  言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ もういいかい
嫌われ者の詩164164164164誰にも疎まれたくないと思った ガラスの向こう側じゃ何処にも 僕の味方など誰一人居ないと思った  価値の無い言葉を羅列した 認めて欲しいと思っていた 誰かを傷付けたって構わないと思ったはずなのに  今 僕が居なくなっても それで世界が廻るのなら それはそれで別にいいさ なんてとても言えないさ 例えどんなに情けなくても まだここに獅噛みついてる 女々しい嫌われ者の詩 書き殴るように吐き捨てるように問いかけた  例えば与えられた役目が 誰でもよかったのだとして それなら僕じゃなくたって 誰一人悲しまないと思った  雲を掴むような希望じゃ 手を伸ばしても届かないから 僕は一人じゃないと信じていたのに 何も信じなきゃよかったんだ  もう誰も待ってないよね 誰も僕を呼んでないよね そんな事は知ってるさ 皆そう思ってるさ 僕はずっとここにいるのに  今 僕が居なくなっても それで世界が廻るのなら それはそれで別にいいさ なんてとても言えないさ 例えどんなに情けなくても まだここに獅噛みついてる 孤独な嫌われ者の詩 ほらなんとでも言えばいいさ 僕はどうせ変わらないさ 書き殴るように吐き捨てるように問いかけた
サイコロジック164164164164ここで僕が歌わないとして 誰もここで見ていないとして それで何を変えられるんだって言うんだろう 観客は満足で帰って 僕は美味い酒を酌み交わして あーだこーだと要らぬ持論を語るけど  きっとこうしてる間に 漫画も読めるし あのゲームだって進むし ぐっすり寝れるんだ  僕は誰かの賽に 明日を委ねているんだ 今日もいつの間にか “一歩進む”んだ  ここが僕達のスタートだって 毎度自分に言い聞かせたって 意味ありげな無意味を並べんだって気付いてんだ また重いレスポール引きずって 人ごみの中電車に乗って 知らない人達に囲まれて 今日が終わった  きっと知らない間に終わった今日は 積もり積もればまた意味があるのさ  なんて そんな綺麗事をしっかり握っているんだ どうせこの手は解けない それが僕さ  枯れた声なんかじゃもう 何も伝えられないさ 僕は何故こんな所で泣いてんだ  ここで僕が歌わないとして 誰もここで見ていないとして それで何を変えられるんだって言うんだろう それは僕にもわからないけど こんなに声も枯れているけど たまにゃ僕の掌から賽を投げてみるよ
毒愛164164164164こすれ合ったこの手と手が まるで僕を馬鹿にした 誰かの目が突き刺さった 「ばくはつしろ」と願ってさ  気持ちいいなこんな優越感 まるで劇薬のように 一時だけ僕に夢を 聞かせてくれるのならば  願い事は4つでも5つでもいいから  僕以外の誰かを触らないでよ 好きなモノはなんでも与えてあげる 僕以外の誰かを見つめないでよ 歓びに満ちた瞳を抉ってあげる  振り払った細い腕が 脆く壊れちゃいそうで 間違ってた君に愛を 注いでしまった事が  ほんの一瞬の瞬きさえ 惜しいと思うのならば たった一度僕に愛を 今注いで欲しいから  わかってるさ もう僕なんか見たくないことなど  どうして僕は救われないのでしょうか どうして僕は捨てられるのでしょうか  僕以外の誰かを触らないでよ 好きなモノはなんでも与えてあげる 僕以外の誰かを見つめないでよ 歓びに満ちた瞳を抉ってあげる
瞬いては消えて行く164164164164一つだけ残った 映画のチケット 独りで眺めた 物語も知らずに  窓際の机と 騒がしい教室 視界に映るのは 僕の“友達” 寝癖もとらずに 猫背を丸めて 何時もの景色だ 哀しい位に  ほら 今、耳を澄ませば 誰にでも優しい声が  瞬いては消えて行くその答えを 求めてはいけない気がして 僕の涙を知らないその背中も いつか僕を忘れてしまうの  放課後に交わした 他愛も無い約束 器用に笑った 隠した心に  無意識に 気付かないように 気付かれたっていいはずなのに どうして素直になれないの きっと僕は 今の関係が 壊れてしまうのが怖くて このまま踏み出せないままなんだろう  握りしめたままのこのチケット 君に手渡すのが怖くて きっと僕を見ていないその瞳に 僕はどう映るのでしょうか  瞬いては消えて行くその答えを 求めてはいけない気がして 僕の涙を知らないその背中も いつか僕を忘れてしまう きっと来るこんな日々の終わりを 今はまだ迎えたくはないんだ 君の気持ちはまだ解らないけど 今告げるの「愛しています」と  一つだけ残った 映画のチケット 独りで眺めた 物語も知らずに
オセロ164164164164剥がした皮一枚の価値さえ知らないで 行商人の言葉を鵜呑みにして幸せなんでしょうか  不完全な倫理観を持って匿名で呟いた 裏側(うらっかわ)をよく知ってるフリして想像膨らんだ  ほら元通り君の言う通り 皆(みんな)が皆知ってるんだ疾(と)うに 飾られた幼稚な不祥事 涙無くして語れない様に  君の汚い腹ん中をひっくり返してあげましょう 多少は大目に見てくれるだろう 何もなかった様に叫ぶハロー 苛立つ声が耳に響いて 未だに何もかも見下してるような笑顔 もう金輪際見たくないんだバイバイ  また曖昧な台詞(せりふ)を残して胸を張っていれば いつの間にか許してくれると高をくくってればいいさ  さあさ寄ってらっしゃい見てらっしゃい その下らん言い訳ほらしょっぱい 我こそは気高い監視部隊 居場所失くしたってやむを得ない  流れる時間の速さは感じないけど それは苦しんで産んだもの 興味ないなら聞かなきゃいいだろ 表裏一体の聖職者  君の汚い腹ん中をひっくり返してあげましょう 多少は大目に見てくれるだろう 何もなかった様に叫ぶハロー 苛立つ声が耳に響いて 未だに何もかも見下してるような笑顔 もう金輪際見たくないんだバイバイ
無花果164164164164明らさまに嫌そうな顔をしないようにする君の目を見る そうか、僕が傷付かないように優しい嘘をついているのか いつもそうだ 否定の声は肯定なんかより大きくて なんだ、ただそれだけの事だって 気付いたり、忘れたり、とぼけたりしている  僕らはどうせ相容れない生き物 そんな常套句を並べ立てては愛想笑いしている  ありふれた言葉で隠した本当の意味を 口にすれば事実になるって誰が言った くだらない話で濁した僕らの未来も 音を立てずにただ崩れて行く  ただ静かに瓶の底で沈んでるつぼみのようなもの そうか、僕に気付かれないように言葉を一人飲み込んだのか きっとこれは歪な声じゃ届かない自分が虚しくて なんだ、ただそれだけの事だって 嗤ったり、嘲けたりして誤魔化している  卑屈な感情を果無く押し殺して 笑えないジョークを並べ立てては知らん顔をしている  幼気な夢を投げ捨てた本当の自分を 諦めたらそこで終わりって誰が言った つまらない涙を流した君という意味を 何も知らずにただ佇んでいる  進む事を拒んだって 僕は、僕は、僕はまだ馬鹿みたいにただ信じてるのさ  ありふれた言葉で隠した本当の意味を 口にすれば事実になるって誰が言った くだらない話で濁した僕らの未来も 音を立てずにただ崩れた  幼気な夢を投げ捨てた本当の自分を 諦めたらそこで終わりって誰が言った つまらない涙を流した君という意味を 何も知らずにただ佇んでいる
blinded164164164164Dance!その掌で転がりたがってるのさ さあ共に踊りましょう 堕ちるトコまで  Stay 僕を置いてくまだ静寂の中 夢の中さえもどうせ独りきりさ Pray まだ祈ってる ただ何も知らずに 君の中さえも僕の居場所が見つからない  Dance!その掌で転がりたがってるのさ さあ共に踊りましょう 堕ちるトコまで  Slave 僕は何時でも君の奴隷さ 気持ちも本音も何も知らないままで Flay 思わせぶりなその揺れる態度に 何もできずに好きなようにして欲しいだけ  揺れる髪とその瞳の中に吸い込まれそうで 何度でも何度でもそういう目で僕を見て  ねえ今溶けていく この愛情も全部 ただ夢よ覚めないで まだ途中だから  Dance!その掌で転がりたがってるのさ さあ共に踊りましょう 堕ちるトコまで堕ちたら Dance!その片足で愛も踏んで欲しいのさ さあ共に眠りましょう 堕ちるトコまで
無関心シンドローム164164164164医者の薬はよく効くんだと 信じるものを救うと聞いた 悩みを抱える胸の痛みと エゴに付き合ってくれた君よ 矛盾を知らない憐れなままで 例えばこのまま 気づかないフリした 手を握ってくれるのなら 小さな夢だとしても 掴めばいいさ  一欠片の勇気もない僕を 枯れ萎びてゆくこんな僕を 当たり前のように笑う君を 逃げる事もなく笑う君を 何も知らずに嘆いていたんだ  傷口を見せびらかしてた 可哀想だと言ってもらいたくて 癒えない僕の病を 抱え込んだまま  夕日が落ちてく 今日の終わりを告げるように  例えばこのまま 気づかないフリした 手を握ってくれるのなら 小さな夢だとしても 掴めばいいさ
カランと鳴く164164164164そっと息を吸い込んだ意味もなく 誰もいない部屋をウロウロしては ただ君が居た跡を探していた もっと話したい事が色々あるんだ またヘアピンがひとつベッドの隅に落ちていた  消えない記憶を数えて眠るよ  流れない涙の理由を教えて もうあんなに溢れていたのに枯れて尽き果てた まだ明けない夜などもう終わりにしよう その時まで  ちょうど目が覚めた朝に開いた スマホに映った笑い顔ふたつ なぜだかずっと見つめていた  消えない記憶を片隅にしまいこんでは 癒えない傷口をなぞって眠るよ  ここで独り 何を償えば? 何も捨てられないのに?  戻せない時間に思いを重ねて もうこんなに疲れて一歩も僕は進めない  流れない涙の理由を教えて もうあんなに溢れていたのに枯れて尽き果てた 笑えない話はもう終わりにしよう また会う日まで
アウトサイダーの憧憬164164164164虚しく照らした都会の灯りが 僕じゃない誰かの痛みを想った  冷たく透った汚い空気と 期待を隠した見慣れた景色と 悪戯に濁って反射する 僕の顔を写し出す交差点の窓  誰にも解らない小さな世界が 瞼の裏にも焼きついてて 適当な理由で逃げない様に どうすれば飾らず生きていけるのだろう  一人で迷った街の人を見た 見栄を張っている自分と同じだ  ふと空を見上げた 月が浮かんでた 昔見たものと変わらないな また僕が未来を憂いそうな時は 何度でも過去を振り返るよ  どうしようもなくて立ちすくむ事も 誰にも知られず泣いた事も 疑いそうな事もあったけれど 確かに僕はここに立ってるよ  誰にも解らない小さな世界が 瞼の裏にも焼きついてて でも曖昧な方が面白いじゃないか、と 僕は今思うことにするよ
sin164164164164未完成な生を受けて 神罰を待っている 憐れな自我を捨てて 赤く染まる代償を  醜く荒れた週末を 此処から丸ごと消してしまおう  仰いだ此の世が神の力で 全てが今救われるのなら 代役に成ってみせようか 正義の鉄槌を今此処に下そう  風通しの悪い場所 漆黒のエゴティスト 許されぬ罪と知れ 黒く染まる代償を  運命に従う刃を 貴方に内緒で見せてあげよう  壊して築いた新しい世界など 嘘に塗り潰されても それでも焦がれた名の下 正義の鉄槌を振りかざす  仰いだ此の世が神の力で 全てが今救われるのなら 代役に成ってみせようか 正義の鉄槌を今此処に下そう
ノクターンとクラゲ164164164164白く浮かんだ 私と三日月を 一つ残さず飲み干すのでしょう  小さく揺らいだ 髪だけ知っていた 時間は止まってくれないのでしょう  ここで独り 劣等感と君が笑う顔を  引き裂いてしまおう 失ったとしてもそんな言葉は聞きたくないの 消えゆく体温と過ちも沈めてしまうの  ゆっくり頷く 片足のサンダルを どこかに失くして迷ってるのでしょう  ここで独り 劣等感と君が笑う顔の向こう 君も独りユラユラ光る 軋む 景色 変わる  引き裂いてしまおう 失ったとしてもそんなものなんか見たくないの 消えゆく体温と過ちも沈めてしまうの
Nightmare bringer164164164164When the night is dead I hung up the phone ありがとうも言えずに A dream was shut up by headphone それでも聞きたくないの何も  Do you ever feel like breaking down? 大きな岐路の中 But nothing's gonna bring me down 私は今もここにいるのに  きっとまだ聞こえないその声を この胸にそっと仕舞っておきましょう 君とただ変わらないこの声よ 飾らずに届けられますように  I can not sleep today neither 静けさを残して There is not anyone in here either 大げさな森閑よ  Please think about how you would feel if someone did the same thing to you as was done to me 闇の中、目を差す様な灯り達が 孤独を背負って独りじゃないよって きっと教えてくれるのでしょう  When the night is dead I hung up the phone ありがとうも言えずに A dream was shut up by headphone それでも聞きたくないの何も  きっとまだ聞こえないその声を この胸にそっと仕舞っておきましょう 君とただ変わらないこの声よ 飾らずに届けられますように
掌中の珠164164164164ここから先に進む為に 大事な人が邪魔になったとして 僕はきっと歩みを止めるだろう 臆病と嗤うならそれもいいさ  悲しい詩ばかり綴る僕は 少しずつ増えていく 本当にかけがえの無いものに気付けない 小さな人間だけど  君じゃない誰かを傷つけても ただ一人の涙を見なくて済むのなら ただほんの少し後ろめたく感じたりするけれど 曖昧で不確かなものでもない 目の前のちゃんと形として存在するもの これ以上でも以下でもないんだ  ひとつひとつ育てた欠片が どれか一つ間違っていたとして それはそれで僕は幸せだと言うんだ 何度も言うんだ 言うんだ  君じゃない誰かを傷つけても ただ一人の涙を見なくて済むのなら ただほんの少し後ろめたく感じたりするけれど 曖昧で不確かなものでもない 目の前のちゃんと形として存在するもの これ以上でも以下でもないんだ  確かにここにあるんだ
ゐづゐづ164164ANDRIVEBOiz窓の色が夜の終わりを告げて 冷たい温度を飲み干したんだ またアンバランスな僕の視界を 濁して消えてって  しらじらしく浮かぶ僕の吐息も 待受の中の笑う君も 暗闇が隠した街の人も 虚ろな目をして  綺麗な言葉をこのメールに並べて このままどうぞ転がればいい  好きかどうかわからないと君が言うのなら その頭を二つ割って覗いてあげましょう 君が好きな色の春はまだ凍ったまま 筋違いなその言葉にぶら下がっているんだ  変わった気持ちも馬鹿馬鹿しい言葉も 今すぐ僕にぶつければいいのに  綺麗な言葉をこのメールに並べて 閉じたんだ 伝えちゃいけない言葉  この目もこの耳も千切れてしまえばいい このまま独りだけの世界へ バイバイ
夢のつづきがんばれ!Victoryがんばれ!Victoryがんばれ!Victory164Jin Tanakaあかね色繰り返す夕日 沈むフェンス越しに つづいてるその鼓動を止めないで  ひとり汗流すシャツに 染みてゆく想い報われなくて 跳ね返されてても逃げずにいて  戦ってる君がいつもいるから 私もここにいるの  忘れられないよ 君がいつか話してくれた夢のつづきを いちばん近くで私は君と信じてるよ 光り輝く未来を  似ているような傷さえも 何ひとつ無駄じゃないよ 今ノートの隅でほら光放つ  戦ってる君にとって私も パワーになれないかな?  忘れたくないよ 君がいつか話してくれた夢のつづきは 叶うはずだから見えるはずだから いつの日も朝が君を迎えるよ  どんなに風が虚しく吹いた日にだって 何度も立ち上がりつづけて 空に手を伸ばした 時がきっと未来の君を輝かせるの  忘れないでいて 君がいつか流した涙こぼした笑顔 嘘はつかないよ 必死に走り抜けた日々は 答えになるよ  忘れたくないの 君がいつも話してくれた夢のつづきを もうスタートライン切って 始まっているんだよ 光り輝く未来へ
Nightmare bringer164 feat.Mayumi Morinaga164 feat.Mayumi Morinaga164164When the night is dead, I hung up the phone 「ありがとう」も言えずに A dream was shut up by headphone それでも聞きたくないの何も  Do you ever feel like breaking down? 大きな岐路の中 But Nothing's gonna bring me down 私は今もここにいるのに  きっとまだ聞こえないその声を この胸にそっと仕舞っておきましょう 君とただ変わらないこの声よ 飾らずに届けられますように  I can not sleep today neither 静けさを残して There is not anyone in here either 大げさな森閑よ  Please think about how you would feel if someone did the same thing to you as was done to me 闇の中、目を差す様な灯り達が 孤独を背負って独りじゃないよって きっと教えてくれるのでしょう  When the night is dead I hung up the phone 「ありがとう」も言えずに A dream was shut up by headphone それでも聞きたくないの何も  きっとまだ聞こえないその声を この胸にそっと仕舞っておきましょう 君とただ変わらないこの声よ 飾らずに届けられますように
ブルー・エモーションテイルブルー(相坂優歌)テイルブルー(相坂優歌)164164164二つの証を想いに変えて 解き放つの今  言葉で伝えるのは少し苦手なんだけど あたしだけがわかる事もあるの 胸の奥の気持ちの進捗はA以下だけど 邪魔はさせないから  二つの証を想いに変えて 解き放つの今  守りたいの ねえ当然でしょう 世界でたった一人の…なんでもないわ その為なら強くなれるんだから  騒がしい日々が一番大事なものなのよ あんたもそう思っているんでしょ 変な掛け声はまだ少し恥ずかしいけれど 我慢してあげるから  あたしの想いを強さに変えて 解き放つの今  守りたいの ねえ当然でしょう 宇宙でたった一人の…なんでもないわ その為なら強くなれるんだから  守りたいの ねえ当然でしょう 宇宙でたった一人の…なんでもないわ その為なら強くなれるんだから
ミスターデジャブ164 feat.MAYU164 feat.MAYU164164繰り返してるニュース 昨日も今日も 7日前の出来事は他人事 お祭り騒ぎ尻目に ネクタイ締めたなら 君が作ったテンプレートに乗っかって行こう  朝まで続く駄弁に 昨日も今日も 適当な相槌もネタがなくて どうせすぐ飽きちゃうのに流行りのゲームの 発展願い寄付をしてるんだ  なんていう言い訳さえ 何度目だろうソレを聞くの ほらまた今日も繰り返しね  誰か僕の声を聞いてよ こんなズレた世界の中で 損と得の勘定も 新総理の誕生も 恋話も 君の顔も 飽き飽きだよ 誰かが笑いものにした 置いてけぼりな話題も 今日は乗っかって行こう  会社じゃ浮いた話 昨日も今日も あの子が金持ちとくっつくんだってさ 昨晩の居酒屋の健康メニューは カロリーが本当は高いんだって  なんていうウワサだけで 真実でも偽りでも 簡単に踊らされてるさ  目覚ましが鳴らなかったり 電車が来なかったり それくらいの不幸なら受け入れましょう つまらない悩みなんて 日本中に溢れていて 特別な一人なんていなかったんだ  誰か僕を知っているかい ここで立ち止まってる僕を 浸れやしない感傷も 胸の内の感情も 今日の争いの中消えていった  誰か僕の声を聞いてよ 使い古された日常で キャバクラ嬢の番号も ベテラン投手の完投も 愚痴話も 何もかも 聞き飽きたよ 誰かが笑いものにした 置いてけぼりな話題も 今日は耳かっぽじってさあ乗っかって行こう
天ノ弱らむだーじゃんらむだーじゃん164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか  僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ 言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ  もういいかい
天ノ弱ピコピコ164164藤井亮太僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか 僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ  言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ  もういいかい
sleeping beauty秋赤音秋赤音164164この場所には何もない 君の感触さえ いつの間にか芽生えた 哀しみを残して 風の色も緑の音も あたしは掴めない 君がそこに居ることは わかってるのに  優しい声で あたしを呼んで ガラスの向こうで 微笑んで  2歩先から眺めた 夢にまどろむ顔 3歩先が踏めない もどかしさを憎んだ 僅かに差す光も あたしは掴めない 静寂を引き裂く様に あたしは歌う  優しい声で あたしを呼んで 止まった過去に 時が狂う  全てを捨てて こっちを向いて 明るい場所で 歌わせて  優しい声で あたしを呼んで ガラスの向こうで 微笑んで  微笑んで
天ノ弱PLATINA LYLIC164 feat.GUMIPLATINA LYLIC164 feat.GUMI164164僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた  今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした 昨日もずっと暇で一日満喫してました 別に君のことなんて考えてなんかいないさ いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて  メリーゴーランドみたいに回る 僕の頭ん中はもうグルグルさ  この両手から零れそうなほど 君に貰った愛はどこに捨てよう? 限りのある消耗品なんて僕は 要らないよ  僕がずっと前から思ってる事を話そうか 姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ 僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだ ぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか 僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ  言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ 待つくらいならいいじゃないか  進む君と止まった僕の 縮まらない隙を何で埋めよう? まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ  この両手から零れそうなほど 君に渡す愛を誰に譲ろう? そんなんどこにも宛てがあるわけないだろ まだ待つよ  もういいかい
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 北の秋桜
  3. 夏は来ぬ
  4. 雨のミッドナイトステーション
  5. Love seeker

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. hanataba
  5. 会いに行くのに

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×