試聴する

アウトサイダーの憧憬

この曲の表示回数 1,992
歌手:

164


作詞:

164


作曲:

164


虚しく照らした都会の灯りが
僕じゃない誰かの痛みを想った

冷たく透った汚い空気と
期待を隠した見慣れた景色と
悪戯に濁って反射する
僕の顔を写し出す交差点の窓

誰にも解らない小さな世界が
瞼の裏にも焼きついてて
適当な理由で逃げない様に
どうすれば飾らず生きていけるのだろう

一人で迷った街の人を見た
見栄を張っている自分と同じだ

ふと空を見上げた 月が浮かんでた
昔見たものと変わらないな
また僕が未来を憂いそうな時は
何度でも過去を振り返るよ

どうしようもなくて立ちすくむ事も
誰にも知られず泣いた事も
疑いそうな事もあったけれど
確かに僕はここに立ってるよ

誰にも解らない小さな世界が
瞼の裏にも焼きついてて
でも曖昧な方が面白いじゃないか、と
僕は今思うことにするよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アウトサイダーの憧憬 歌手:164

164の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-01-18
商品番号:QWCE-619
エグジットチューンズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP