試聴する

残響

この曲の表示回数 118
歌手:

164


作詞:

164


作曲:

164


今、一つ、身に消えて行く焼ける様な煇が
又、二つ、露わに成って今宵の闇に消える

唯、一つ、御伽噺に幕切が無い様に
又、二つ、忌まれし運命も塗り替わって移ろうの
後悔の行く末よ

嗚呼 今繰り返す名を
赤い華も踊る 夜に哮るその残響を
さあ今語られる名を
泡沫の命と今名付けようか

今、一つ、風を纏って終わりを映し出す
又、二つ、闇を葬って垣間見える瞬間を

嗚呼今消えて行く名を
鮮やかに彩る時を翔けるその残光を

嗚呼 今繰り返す名を
赤い華も踊る 夜に哮るその残響を
さあ今語られる名を
泡沫の命と今名付けようか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:残響 歌手:164

164の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:QWCE-694
エグジットチューンズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP