今宵の緋い月の下で

この曲の表示回数 101
歌手:

164


作詞:

164


作曲:

164


流した涙と夜の静寂に
手を伸ばした 闇に染まったとしても

今宵も開かれる宴に
静かに一輪の華を探して彷徨っていた
可憐に僕に向け浮かべた
綻ぶ微笑に奪われた僕の心を

たとえこの世界の全てが
僕らを引き離したとしても

交わした契りと鉄の誓約に
目を逸らして 今を揺蕩おう
流した涙と夜の快楽に
手を伸ばした 闇に染まったとしても

今宵は閉じられる宴に
密かに告げた真実を信じていいのでしょうか
貴女が囁いた言葉は
今更僕に向けられた憐れみなのでしょうか

たとえこの世界の全てが
貴女の想いを否定したとしても

この脳裏を過ってくその声もその笑顔も
何もかも失ってくこの月の下で
運命を恨むなら その定めを憎むなら
この僕を恨めばいい
どうせ哀しい結末なら

流した涙と夜の静寂に
手を伸ばした この刃ごと

交わした契りと鉄の誓約に
目を逸らして 今を揺蕩おう
流した涙と夜の終幕に
手を伸ばした 今夢から醒めても

今夢から醒めても
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:今宵の緋い月の下で 歌手:164

164の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:QWCE-694
エグジットチューンズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP