shiningray [Ver.2018]

この曲の表示回数 86
歌手:

164


作詞:

164


作曲:

164


そっと 手を伸ばした
むこうの カゴのフルーツ
静かに 過ぎる時間と
億千の 思い出と

大丈夫だから 怖くなんてない
もう泣かないで あたし…

shining ray and burning red
今だけ 強がらせて
きっといつか 帰る日が来ると
信じて ここにいるから

きっと 何も変わらず
全てが このままなの
何度も 見た風景と
ちょっと ずれた時計

何をしてても 何を思っても
同じこと いつか…

shining ray and burning red
明日という 遠い日
怖くて 苦しくて
この手が 届かないよ

今、目に映ってる空
雲一つない 青
今、確かにわかるのは
明日は もう来ない

もう 少し眠たいの
ねえ このあたしの
ちょっと 小さな宝箱
中には 大事な
思い出だけ… 思い出だけ…

shining ray and burning red
今だけ 強がらせて
もうすぐ 終わりが来ると
わかって ここにいるから

shining ray and burning red
幸せな 日々でした
あたしは 眩しい空から
みんなを 見守るから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:shiningray [Ver.2018] 歌手:164

164の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:QWCE-694
エグジットチューンズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP