種と仕掛けと君のうた

この曲の表示回数 107
歌手:

164


作詞:

164


作曲:

164


今輝いた星のネオンが
夜を教えてくれた
白く浮かんだ君の吐息が
行く宛を探していた

失くしていたメロディが
奏でられて鮮やかに広がって

さあ ほら色づいた
僕達だけの世界を
おとぎ話のような奇跡も
何も要らない魔法の言葉
涙滲むほど君のその口癖を
これから先もまた何度でも
聴けるのならそれが奇跡だ

街の景色が僕を照らした
ただ理由もないまま
白く飾った君の思いが
胸のドアを叩いていた

忘れていたメモリーが
やがて晴れて僕達を彩るだろう

1つ1つ消えて行くような僕のこの言葉は
種も仕掛けもかけがえもない君のうた

失くしていたメロディが
奏でられて鮮やかに広がって

さあ ほら鳴り響いた
浮かれている鐘の音も
夜空に咲いた彼方の星も
大きな声で歌っているよ

さあ ほら色づいた
僕達だけの世界を
おとぎ話のような奇跡も
何も要らない魔法の言葉
涙滲むほど君のその口癖を
これから先もまた何度でも
聴けるのならそれが奇跡だ

側に居られる事が奇跡だ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:種と仕掛けと君のうた 歌手:164

164の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:QWCE-694
エグジットチューンズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP