高山厳の歌詞一覧リスト  31曲中 1-31曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
31曲中 1-31曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛は炎のように髪をほどいて その指で 肌をぬくめて その胸で  たとえ誰かを 傷つけても 今更あなたを 渡せない  愛は炎のように 燃え盛るもの きれい事など 云わないで  愛は炎のように 見境もなく 答えはひとつ 抱きしめて その胸で  たぶん一人の 淋しさは あなた以上に 判るから  膝を枕に 眼を閉じて 心も身体も 投げ出して  愛は炎のように 燃え尽くすけど そんな生き方 できるなら  愛は炎のように 塗り変えてゆく 抱きあう度に なにもかも あざやかに  愛は炎のように 燃え盛るもの きれい事など 云わないで  愛は炎のように 見境もなく 答えはひとつ 抱きしめて その胸で その胸で高山厳たきのえいじ堀内孝雄船山基紀髪をほどいて その指で 肌をぬくめて その胸で  たとえ誰かを 傷つけても 今更あなたを 渡せない  愛は炎のように 燃え盛るもの きれい事など 云わないで  愛は炎のように 見境もなく 答えはひとつ 抱きしめて その胸で  たぶん一人の 淋しさは あなた以上に 判るから  膝を枕に 眼を閉じて 心も身体も 投げ出して  愛は炎のように 燃え尽くすけど そんな生き方 できるなら  愛は炎のように 塗り変えてゆく 抱きあう度に なにもかも あざやかに  愛は炎のように 燃え盛るもの きれい事など 云わないで  愛は炎のように 見境もなく 答えはひとつ 抱きしめて その胸で その胸で
愛ひとすじに過去に涙は 捨ててきたから 優しくなれる 誰よりも あなたの前に 投げだせるわ 身も心も 飾らないで  愛ひとすじに 愛ひたむきに 愛ときめいて 愛とじこめて あなたの為に 使って欲しい 私の明日も そして未来も  おもいでなんか 壊れたおもちゃ 置き去りにして 抱きしめて 哀しい位 あなたが好き この私に 見えるすべて  愛ひとすじに 愛おしみなく 愛ひそやかに 愛かぎりなく あなたの隣 歩けるだけで 他には何も 欲しくないから  愛ひとすじに 愛ひたむきに 愛ときめいて 愛とじこめて あなたの為に 使って欲しい 私の明日も そして未来も高山厳たきのえいじ浜圭介今泉敏郎過去に涙は 捨ててきたから 優しくなれる 誰よりも あなたの前に 投げだせるわ 身も心も 飾らないで  愛ひとすじに 愛ひたむきに 愛ときめいて 愛とじこめて あなたの為に 使って欲しい 私の明日も そして未来も  おもいでなんか 壊れたおもちゃ 置き去りにして 抱きしめて 哀しい位 あなたが好き この私に 見えるすべて  愛ひとすじに 愛おしみなく 愛ひそやかに 愛かぎりなく あなたの隣 歩けるだけで 他には何も 欲しくないから  愛ひとすじに 愛ひたむきに 愛ときめいて 愛とじこめて あなたの為に 使って欲しい 私の明日も そして未来も
茜さす君よ茜さす 君よ 恋ごころ ほのか まだ逢えぬ その瞳 月が照らすだろう めぐりあい わかれあい 旅は続いてゆく 生まれ来て 愛を知る だれも皆 空の下  逢える日は いつか 探してる だれか まだ触れぬ その指を 赤い糸がつなぐ めぐりあい わかれあい 旅は続いてゆく 戻れない 運命(さだめ)にも 涙より ほほえみを  めぐりあい わかれあい 旅は続いてゆく 生まれ来て 愛を知る だれも皆 空の下高山厳もりちよこ高山厳前田俊明茜さす 君よ 恋ごころ ほのか まだ逢えぬ その瞳 月が照らすだろう めぐりあい わかれあい 旅は続いてゆく 生まれ来て 愛を知る だれも皆 空の下  逢える日は いつか 探してる だれか まだ触れぬ その指を 赤い糸がつなぐ めぐりあい わかれあい 旅は続いてゆく 戻れない 運命(さだめ)にも 涙より ほほえみを  めぐりあい わかれあい 旅は続いてゆく 生まれ来て 愛を知る だれも皆 空の下
あはは「お前は独りで 生きられる 彼女を守って やりたいんだよ」 そんな言い訳 言いながら あなたは部屋を 出て行った 行っちゃった 行っちゃった あはは あはは 行っちゃった 泣くだけ泣いたら 笑うだけ 弱音はけない いじっぱり  鏡に向かって 百面相 あの日の話しの 続きをするの いつか帰って 来るようで おかえりなさい 言えそうで 馬鹿だよね 馬鹿だよね あはは あはは 馬鹿だよね 笑ったままの その顔で 眠りたいから また笑う  泣くだけ泣いたら 笑うだけ 弱音はけない いじっぱり高山厳紺野あずさ弦哲也前田俊明「お前は独りで 生きられる 彼女を守って やりたいんだよ」 そんな言い訳 言いながら あなたは部屋を 出て行った 行っちゃった 行っちゃった あはは あはは 行っちゃった 泣くだけ泣いたら 笑うだけ 弱音はけない いじっぱり  鏡に向かって 百面相 あの日の話しの 続きをするの いつか帰って 来るようで おかえりなさい 言えそうで 馬鹿だよね 馬鹿だよね あはは あはは 馬鹿だよね 笑ったままの その顔で 眠りたいから また笑う  泣くだけ泣いたら 笑うだけ 弱音はけない いじっぱり
池上線(アルバム・バージョン)古い電車の ドアのそば 二人は黙って立っていた 話す言葉をさがしながら すきま風に震えて いくつ駅を過ぎたのか 忘れてあなたに聞いたのに じっと私を見つめながら ごめんねなんて言ったわ 泣いてはダメだと 胸にきかせて 白いハンカチを 握りしめたの  池上線が走る町に あなたは二度と来ないのね 池上線に揺られながら 今日も帰る私なの  終電時刻を確かめて あなたは私と駅を出た 角のフルーツショップだけが 灯りともす夜更けに 商店街を通り抜け 踏切渡った時だわね 待っていますとつぶやいたら 突然抱いてくれたわ あとからあとから 涙あふれて 後ろ姿さえ 見えなかったの  池上線が走る町に あなたは二度と来ないのね 池上線に揺られながら 今日も帰る私なの高山厳佐藤順英西島三重子古い電車の ドアのそば 二人は黙って立っていた 話す言葉をさがしながら すきま風に震えて いくつ駅を過ぎたのか 忘れてあなたに聞いたのに じっと私を見つめながら ごめんねなんて言ったわ 泣いてはダメだと 胸にきかせて 白いハンカチを 握りしめたの  池上線が走る町に あなたは二度と来ないのね 池上線に揺られながら 今日も帰る私なの  終電時刻を確かめて あなたは私と駅を出た 角のフルーツショップだけが 灯りともす夜更けに 商店街を通り抜け 踏切渡った時だわね 待っていますとつぶやいたら 突然抱いてくれたわ あとからあとから 涙あふれて 後ろ姿さえ 見えなかったの  池上線が走る町に あなたは二度と来ないのね 池上線に揺られながら 今日も帰る私なの
伊根の舟歌浪花の空に千切れ雲 最終の夜汽車で岬を廻る 俺は女を許せるか 逢えば未練じゃないのかい 黒髪さすり お前愛した 命と命の暮らしだった  涙の顔がちらついて 海鳴りの重さにまぶたを閉じる 同じ女に惚れた俺 殴り倒せば済むことか 泣き声染みる 無言電話に カモメが若狭へ俺を呼んだ  タバコを深く吸い込めば 舟歌が男の涙を燃やす 冬の花なら抱いてやる 寒い女にさせるかよ 死なずにいろよ 化粧変えても 迎えに来たんだ 伊根の海よ高山厳新本創子浜圭介川村栄二浪花の空に千切れ雲 最終の夜汽車で岬を廻る 俺は女を許せるか 逢えば未練じゃないのかい 黒髪さすり お前愛した 命と命の暮らしだった  涙の顔がちらついて 海鳴りの重さにまぶたを閉じる 同じ女に惚れた俺 殴り倒せば済むことか 泣き声染みる 無言電話に カモメが若狭へ俺を呼んだ  タバコを深く吸い込めば 舟歌が男の涙を燃やす 冬の花なら抱いてやる 寒い女にさせるかよ 死なずにいろよ 化粧変えても 迎えに来たんだ 伊根の海よ
海ほたる霧笛ひとつ聴けば 別れがひとつふえて 昨日にはぐれた 女が鴎なら 誰かが言っていた 男は海のほたる おいしい女だけ 追いかけてると 時代遅れの 悲しいJAZZは わたしのことを 捨てたり しないけど 夜霧よ…馬鹿ね  海鳴り聴こえてる 波止場が止まり木なら 淋しい背中の 女で終るから わたしの籠の中 暮らせるそんなほたる どこかにいるはずよ この世のどこか 時代遅れの カード占い いいことばかり 話して くれるけど 夜霧よ…馬鹿ね  時代遅れの 悲しいJAZZは わたしのことを 捨てたり しないけど 夜霧よ…馬鹿ね 高山厳荒木とよひさ三木たかし今泉敏郎霧笛ひとつ聴けば 別れがひとつふえて 昨日にはぐれた 女が鴎なら 誰かが言っていた 男は海のほたる おいしい女だけ 追いかけてると 時代遅れの 悲しいJAZZは わたしのことを 捨てたり しないけど 夜霧よ…馬鹿ね  海鳴り聴こえてる 波止場が止まり木なら 淋しい背中の 女で終るから わたしの籠の中 暮らせるそんなほたる どこかにいるはずよ この世のどこか 時代遅れの カード占い いいことばかり 話して くれるけど 夜霧よ…馬鹿ね  時代遅れの 悲しいJAZZは わたしのことを 捨てたり しないけど 夜霧よ…馬鹿ね 
大阪レイニーデー地下道昇る 階段からは 吹き出すような 人の波が 抱き合いながら すり抜けて行く 男が女を かばうように 泣き笑いの この街で 何故か今夜は 似合いの二人  ああ!! 大阪 大阪レイニーデー この街捨てる理由(わけ)じゃない ただ一度だけ俺の行きたい 道を認めてほしい ああ!! 大阪 大阪レイニーデー あなたを捨てる理由(わけ)じゃない 小さな夢を夢のままで 終わらせたくなかっただけ  夜に溶ける 都会(かわ)の流れを いつまでも朝までも 見つめていても 女の幸せと 男の夢は 違いすぎる  ああ!! 大阪 大阪レイニーデー 東京は近くの街で 御堂筋から青山通りは 確かに続いているよ ああ!! 大阪 大阪レイニーデー あほらしいといつもの様に 笑ってほしい旅立つ前に 夢見る男のために高山厳BORO尾崎和行篠原信彦地下道昇る 階段からは 吹き出すような 人の波が 抱き合いながら すり抜けて行く 男が女を かばうように 泣き笑いの この街で 何故か今夜は 似合いの二人  ああ!! 大阪 大阪レイニーデー この街捨てる理由(わけ)じゃない ただ一度だけ俺の行きたい 道を認めてほしい ああ!! 大阪 大阪レイニーデー あなたを捨てる理由(わけ)じゃない 小さな夢を夢のままで 終わらせたくなかっただけ  夜に溶ける 都会(かわ)の流れを いつまでも朝までも 見つめていても 女の幸せと 男の夢は 違いすぎる  ああ!! 大阪 大阪レイニーデー 東京は近くの街で 御堂筋から青山通りは 確かに続いているよ ああ!! 大阪 大阪レイニーデー あほらしいといつもの様に 笑ってほしい旅立つ前に 夢見る男のために
鬼火あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  ひと夜限りの 愛の名残り 白い肌にひそめ いのちは絶えても 心は 鬼火のように  出会いはすべて 運命だから 別れも また さだめ 時の流れに あそばれながら 嘆きを知るけれど  あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  紅いくちびる 重ね重ね 今は何も言うな 二人のからだが輝く 鬼火のように  いとしいだけと思ったひとの 心の激しさに 何と答えて 抱きしめるのが まことの愛だろう  あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  高山厳阿久悠都志見隆あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  ひと夜限りの 愛の名残り 白い肌にひそめ いのちは絶えても 心は 鬼火のように  出会いはすべて 運命だから 別れも また さだめ 時の流れに あそばれながら 嘆きを知るけれど  あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  紅いくちびる 重ね重ね 今は何も言うな 二人のからだが輝く 鬼火のように  いとしいだけと思ったひとの 心の激しさに 何と答えて 抱きしめるのが まことの愛だろう  あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  あなたに逢えたしあわせは 苦しみさえも 夢にする  
悲しみよ一粒の涙も人は誰でも 人生の荷物をかかえて 黄昏の駅舎(ホーム)から どこかへ乗り換える 愛にはぐれた 女なら あしたを尋ねて 足早に昨日を 逃げだすがいい  悲しみよ一粒の もう涙も出ない 悲しみよ一粒の もう涙も出ない 想い出よ 優しく 背中を見送って 生きていれば いいこときっとあるから  人は誰でも この都会(まち)が積木の夢でも 幸福の階段を どこかで探してる 愛につまずく 女なら 昨日と別れて 遠まわりの生き方を 見つければいい  悲しみよ一粒の もう涙も出ない 悲しみよ一粒の もう涙も出ない 想い出よ 疲れた 心を眠らせて 夢よりも いいこときっとあるから  悲しみよ一粒の もう涙も出ない 悲しみよ一粒の もう涙も出ない 想い出よ 優しく 背中を見送って 生きていれば いいこときっとあるから いいこときっとあるから高山厳荒木とよひさ浜圭介今泉敏郎人は誰でも 人生の荷物をかかえて 黄昏の駅舎(ホーム)から どこかへ乗り換える 愛にはぐれた 女なら あしたを尋ねて 足早に昨日を 逃げだすがいい  悲しみよ一粒の もう涙も出ない 悲しみよ一粒の もう涙も出ない 想い出よ 優しく 背中を見送って 生きていれば いいこときっとあるから  人は誰でも この都会(まち)が積木の夢でも 幸福の階段を どこかで探してる 愛につまずく 女なら 昨日と別れて 遠まわりの生き方を 見つければいい  悲しみよ一粒の もう涙も出ない 悲しみよ一粒の もう涙も出ない 想い出よ 疲れた 心を眠らせて 夢よりも いいこときっとあるから  悲しみよ一粒の もう涙も出ない 悲しみよ一粒の もう涙も出ない 想い出よ 優しく 背中を見送って 生きていれば いいこときっとあるから いいこときっとあるから
傷つきながら傷つきながら 背中をむけて服を着る 最後にしよう いつもいつも心に決めて もう愛が見えない 涙のせいで 冷えてゆく この指先も身体も あなたを閉じこめて 悲しみの中に あなたを閉じこめて 心の奥に 奥に  傷つきながら 赤い口紅捜しても 暗闇の中 指が 指が乱れてしまう もう胸が苦しい 抱かれる度に これ以上 みじめになんかなれない あなたを釘づけに 想い出の中に あなたを釘づけに 心の奥に 奥に  もう愛が見えない 涙のせいで 冷えてゆく この指先も身体も あなたを閉じこめて 悲しみの中に あなたを閉じこめて 心の奥に 奥に 心の奥に 奥に 高山厳荒木とよひさ浜圭介今泉敏郎傷つきながら 背中をむけて服を着る 最後にしよう いつもいつも心に決めて もう愛が見えない 涙のせいで 冷えてゆく この指先も身体も あなたを閉じこめて 悲しみの中に あなたを閉じこめて 心の奥に 奥に  傷つきながら 赤い口紅捜しても 暗闇の中 指が 指が乱れてしまう もう胸が苦しい 抱かれる度に これ以上 みじめになんかなれない あなたを釘づけに 想い出の中に あなたを釘づけに 心の奥に 奥に  もう愛が見えない 涙のせいで 冷えてゆく この指先も身体も あなたを閉じこめて 悲しみの中に あなたを閉じこめて 心の奥に 奥に 心の奥に 奥に 
黒い街角誰にも知られず 愛した女(ひと)の 横貌(よこがお)浮かべた 夜の花びら 水割りグラスも 泣いている 男のこの胸 知っているのか あぁ 夜の…夜の花びらよ 俺は哀しいのさ 黒い街角  男の背中に 頬すりよせて 泣いてたあの女(ひと) 夜の花びら なんにも言わずに 抱きしめた 別れの泪に 今も香るよ あぁ 夜の…夜の花びらよ 忘れられないのさ 黒い街角  黙ってひとりで 酔いしれる 男のこころの 遠い想い出 あぁ 夜の…夜の花びらよ 俺は淋しいのさ 黒い街角 黒い街角高山厳新本創子浜圭介川村栄二誰にも知られず 愛した女(ひと)の 横貌(よこがお)浮かべた 夜の花びら 水割りグラスも 泣いている 男のこの胸 知っているのか あぁ 夜の…夜の花びらよ 俺は哀しいのさ 黒い街角  男の背中に 頬すりよせて 泣いてたあの女(ひと) 夜の花びら なんにも言わずに 抱きしめた 別れの泪に 今も香るよ あぁ 夜の…夜の花びらよ 忘れられないのさ 黒い街角  黙ってひとりで 酔いしれる 男のこころの 遠い想い出 あぁ 夜の…夜の花びらよ 俺は淋しいのさ 黒い街角 黒い街角
心凍らせてGOLD LYLICあなたの愛だけは 今度の愛だけは 他の男(ひと)とはちがうと 思っていたけど 抱かれるその度に 背中が悲しくて いつか切り出す 別れの言葉が恐くて  心 凍らせて 愛を凍らせて 今がどこへも 行かないように 心 凍らせて 夢を凍らせて 涙の終りに ならないように  綺麗な愛じゃなく 子供の愛じゃなく 生命(いのち)すててもいいほど 慕(おも)っていたけど あなたのその胸は いつでも遠すぎて きっと理想の誰かを 宿して生きてる  心 流されて 愛に流されて 今も想い出 つかまりながら 心 流されて 夢に流されて あなたの右手と はぐれぬように  心 凍らせて 愛を凍らせて 今がどこへも 行かないように 心 凍らせて 夢を凍らせて 涙の終りに ならないようにGOLD LYLIC高山厳荒木とよひさ浜圭介今泉敏郎あなたの愛だけは 今度の愛だけは 他の男(ひと)とはちがうと 思っていたけど 抱かれるその度に 背中が悲しくて いつか切り出す 別れの言葉が恐くて  心 凍らせて 愛を凍らせて 今がどこへも 行かないように 心 凍らせて 夢を凍らせて 涙の終りに ならないように  綺麗な愛じゃなく 子供の愛じゃなく 生命(いのち)すててもいいほど 慕(おも)っていたけど あなたのその胸は いつでも遠すぎて きっと理想の誰かを 宿して生きてる  心 流されて 愛に流されて 今も想い出 つかまりながら 心 流されて 夢に流されて あなたの右手と はぐれぬように  心 凍らせて 愛を凍らせて 今がどこへも 行かないように 心 凍らせて 夢を凍らせて 涙の終りに ならないように
シングルベッド流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺 おまえと離れ 一年が過ぎ いい男性(おとこ)になったつもりが  それでもこの年齢(とし)まで俺が 育てた裸の心は おシャレをしても 車替えても 結局変化もないまま  早く忘れるはずの ありふれた別れを あの時のメロディーが思い出させる  シングルベッドで夢とお前抱いてた頃 くだらない事だって 二人で笑えたね 今夜の風の香りは あの頃と同じで 次の恋でもしてりゃ 辛くないのに  寄り道みたいな始まりが 二年も続いたあの恋 初めてお前抱いた夜ほら 俺の方が震えてたね  恋は石ころよりも あふれてると思ってた なのにダイヤモンドより 見つけられない  シングルベッドで二人 涙拭いてた頃 どっちから別れ話するか賭けてた  あの頃にもどれるなら お前を離さない  シングルベッドで夢とお前抱いてた頃 くだらない事だって 二人で笑えたね 今夜の風の香りは あの頃と同じで 次の恋でもしてりゃ ああ 辛くないのに高山厳つんくはたけ流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺 おまえと離れ 一年が過ぎ いい男性(おとこ)になったつもりが  それでもこの年齢(とし)まで俺が 育てた裸の心は おシャレをしても 車替えても 結局変化もないまま  早く忘れるはずの ありふれた別れを あの時のメロディーが思い出させる  シングルベッドで夢とお前抱いてた頃 くだらない事だって 二人で笑えたね 今夜の風の香りは あの頃と同じで 次の恋でもしてりゃ 辛くないのに  寄り道みたいな始まりが 二年も続いたあの恋 初めてお前抱いた夜ほら 俺の方が震えてたね  恋は石ころよりも あふれてると思ってた なのにダイヤモンドより 見つけられない  シングルベッドで二人 涙拭いてた頃 どっちから別れ話するか賭けてた  あの頃にもどれるなら お前を離さない  シングルベッドで夢とお前抱いてた頃 くだらない事だって 二人で笑えたね 今夜の風の香りは あの頃と同じで 次の恋でもしてりゃ ああ 辛くないのに
時間の流れよありがとういつのまに黄昏が 思い思いの指先で 街に灯りをひとつずつ ともして歩き始める  星のないこの都会で 愛はたよりないけれど 倖せ不倖せは 気がつけば背中合わせ  思い出よありがとう 時間の流れよありがとう あなたがくれた哀しみで 強くなれたから 強くなれたから  なぐさめとほほ笑みと 大切だったぬくもりを 失くしてそして傷ついて 若さのせいにした頃  借りたままの優しさを とうとう返せもせずに かけがえのない人は 今どこにいるのでしょう  さよならをありがとう 時間の流れよありがとう どんなに長い夜だろと 明けて朝がくる  時間の流れよありがとう 明けて朝がくる……高山厳伊藤薫伊藤薫いつのまに黄昏が 思い思いの指先で 街に灯りをひとつずつ ともして歩き始める  星のないこの都会で 愛はたよりないけれど 倖せ不倖せは 気がつけば背中合わせ  思い出よありがとう 時間の流れよありがとう あなたがくれた哀しみで 強くなれたから 強くなれたから  なぐさめとほほ笑みと 大切だったぬくもりを 失くしてそして傷ついて 若さのせいにした頃  借りたままの優しさを とうとう返せもせずに かけがえのない人は 今どこにいるのでしょう  さよならをありがとう 時間の流れよありがとう どんなに長い夜だろと 明けて朝がくる  時間の流れよありがとう 明けて朝がくる……
人生たちのバラード人生の 旅立ちに 遅すぎることはない 思い出の 数よりも 君はまだ美しい  残された人生を あなたはどう生きますか… 燃えたぎる心で もう一度 恋が出来ますか… 人は夢から生まれ いつか夢で終るけど 今に生きて 輝いているなら それが青春  人生の 旅立ちに 遅すぎることはない 思い出の 数よりも 君はまだ美しい  過ぎ去った人生に 忘れ物はないですか… 淋しさをかかえて もう一度 旅が出来ますか… 人は暮れゆく秋に 長い影を落とすけど 今に生きて ときめいているなら それが青春 人生は 足跡を 振り返ることじゃない 生きてきた 力より 君はまだたくましい  人生の 旅立ちに 遅すぎることはない 思い出の 数よりも 君はまだ美しい高山厳荒木とよひさ宮川彬良今泉敏郎人生の 旅立ちに 遅すぎることはない 思い出の 数よりも 君はまだ美しい  残された人生を あなたはどう生きますか… 燃えたぎる心で もう一度 恋が出来ますか… 人は夢から生まれ いつか夢で終るけど 今に生きて 輝いているなら それが青春  人生の 旅立ちに 遅すぎることはない 思い出の 数よりも 君はまだ美しい  過ぎ去った人生に 忘れ物はないですか… 淋しさをかかえて もう一度 旅が出来ますか… 人は暮れゆく秋に 長い影を落とすけど 今に生きて ときめいているなら それが青春 人生は 足跡を 振り返ることじゃない 生きてきた 力より 君はまだたくましい  人生の 旅立ちに 遅すぎることはない 思い出の 数よりも 君はまだ美しい
捨てないでよ知らないり いつもしてる あなたの他の女性を  ダメな女 苦しいのに あなたをまた許してる  今日は帰るの 明日は来るの ねぇ ひとこと「ごめん」と 言わせてみたいけど  でも 待ってるばかり でも 泣いてるの見せない でも 待ってるばかり でも 愚痴なんて言わない  いつかはあなた 好きな女性できても 捨てないでよ  知らないふり いつもしてる 香水の残り香も  いい女よ 全てそうよ あなたの邪魔はしない  明日は来ない 電話もかけない ねぇ ひとこと「好きだ」と 言わせてみたいだけ  でも 待ってるばかり でも 淋しいと言わない でも 待ってるばかり でも 待ってると淋しい  いつかはあなた 好きな女性できても 捨てないでよ  でも 待ってるばかり でも 泣いてるの見せない でも 待ってるばかり でも 愚痴なんて言わない  いつかはあなた 好きな女性できても 捨てないでよ 捨てないでよ 高山厳つんくつんく船山基紀知らないり いつもしてる あなたの他の女性を  ダメな女 苦しいのに あなたをまた許してる  今日は帰るの 明日は来るの ねぇ ひとこと「ごめん」と 言わせてみたいけど  でも 待ってるばかり でも 泣いてるの見せない でも 待ってるばかり でも 愚痴なんて言わない  いつかはあなた 好きな女性できても 捨てないでよ  知らないふり いつもしてる 香水の残り香も  いい女よ 全てそうよ あなたの邪魔はしない  明日は来ない 電話もかけない ねぇ ひとこと「好きだ」と 言わせてみたいだけ  でも 待ってるばかり でも 淋しいと言わない でも 待ってるばかり でも 待ってると淋しい  いつかはあなた 好きな女性できても 捨てないでよ  でも 待ってるばかり でも 泣いてるの見せない でも 待ってるばかり でも 愚痴なんて言わない  いつかはあなた 好きな女性できても 捨てないでよ 捨てないでよ 
抱いてあげるいつかたそがれて 街に窓灯りがつけば そのひとつひとつに 暖かな暮らしがある ねえ今夜は帰さない 背中に告げて  抱いてあげる 心ごとあなたを そして優しさでくるんで 両手で頬を押さえて 抱いてあげる この愛がどこへも ああ行かないように 離さないで 全てつないだまま…  祝福されない 少し哀しい恋だけど したためた思いの 激しさならば負けない ねえあなたを守りたい 命に代えて  抱いてあげる 廻り道いくつも あやまちに傷つきながら やっとめぐり逢えた人 抱いてあげる 重ねあう二人の ああ高なる胸に耳をあてて このままでいいから…  抱いてほしい 心ごとわたしを そして優しさでくるんで 離さないで 全てつないだまま… 全てつないだまま…高山厳伊藤薫伊藤薫今泉敏郎いつかたそがれて 街に窓灯りがつけば そのひとつひとつに 暖かな暮らしがある ねえ今夜は帰さない 背中に告げて  抱いてあげる 心ごとあなたを そして優しさでくるんで 両手で頬を押さえて 抱いてあげる この愛がどこへも ああ行かないように 離さないで 全てつないだまま…  祝福されない 少し哀しい恋だけど したためた思いの 激しさならば負けない ねえあなたを守りたい 命に代えて  抱いてあげる 廻り道いくつも あやまちに傷つきながら やっとめぐり逢えた人 抱いてあげる 重ねあう二人の ああ高なる胸に耳をあてて このままでいいから…  抱いてほしい 心ごとわたしを そして優しさでくるんで 離さないで 全てつないだまま… 全てつないだまま…
東京シンドロームあなたはいけない 女を気どりながら いつでも最後は 一人で夢に遊ぶのに  東京シンドローム 今夜もどこかで 誰かがあなたを愛してる 自分の美しさに まだ気づかないだけで 本気の恋に おびえてる  濡れてる想いを 見透かす街灯りを 怖がりながらも 本当は感じてるくせに  東京シンドローム 今日もこの街は 綺麗なばかりの 嘘の花 履きなれたその靴も 今はもう似合わない 何度も 泣いた その後じゃ  東京シンドローム 今夜もどこかで 誰かがあなたを愛してる 自分の美しさに まだ気づかないだけで 本気の恋に おびえてる高山厳伊藤薫伊藤薫今泉敏郎あなたはいけない 女を気どりながら いつでも最後は 一人で夢に遊ぶのに  東京シンドローム 今夜もどこかで 誰かがあなたを愛してる 自分の美しさに まだ気づかないだけで 本気の恋に おびえてる  濡れてる想いを 見透かす街灯りを 怖がりながらも 本当は感じてるくせに  東京シンドローム 今日もこの街は 綺麗なばかりの 嘘の花 履きなれたその靴も 今はもう似合わない 何度も 泣いた その後じゃ  東京シンドローム 今夜もどこかで 誰かがあなたを愛してる 自分の美しさに まだ気づかないだけで 本気の恋に おびえてる
長すぎた恋人心からあなたが 出て行ってくれるなら きっと生き方 変えること 出来る あしたから 住みなれた この街 最後のバスに乗って そうね ぶらっと 旅にでも出るわ いい人演じるのは 疲れるだけよ あなたに ふさわしい人と やり直して欲しい  長すぎた恋人 友だちになれない 悲しいけれど 追いかけないわ …あなたは あなた  若かったあの頃 あなたしか見えなくて いつも別れに 怯えていたけれど 心がひび割れたら もどせはしない わたしの 人生はきっと わたしのものだから  長すぎた恋人 友だちになれない 泣きたいけれど 呼び止めないわ …あなたは あなた …あなたは あなた高山厳荒木とよひさ三木たかし今泉敏郎心からあなたが 出て行ってくれるなら きっと生き方 変えること 出来る あしたから 住みなれた この街 最後のバスに乗って そうね ぶらっと 旅にでも出るわ いい人演じるのは 疲れるだけよ あなたに ふさわしい人と やり直して欲しい  長すぎた恋人 友だちになれない 悲しいけれど 追いかけないわ …あなたは あなた  若かったあの頃 あなたしか見えなくて いつも別れに 怯えていたけれど 心がひび割れたら もどせはしない わたしの 人生はきっと わたしのものだから  長すぎた恋人 友だちになれない 泣きたいけれど 呼び止めないわ …あなたは あなた …あなたは あなた
泣くなよ泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 濡れた眼差し見せたら 泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 俺まで 哀しくなるから  不幸な女にしたくない さよならの訳 尋ねずに ワインを揺らすひとだから  哀しみ染めてその頬に 涙の雫 光るけど 生命のすべて 愛と名付けて ふたり夜をつらぬいた  泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 俺まで 哀しくなるから  むやみな恋と言わせない 甘いくちづけ はぐれても 心に夢は咲いたから  ネオンライトの舗道には 切なく雨が踊るだけ 今夜の終わり この身を投げて 涙そっとうばいたい  泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ こんな別れが運命(さだめ)と 泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 知ってるお前が愛しい  泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 濡れた眼差し見せたら 泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 俺まで 哀しくなるから高山厳大津あきら浜圭介泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 濡れた眼差し見せたら 泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 俺まで 哀しくなるから  不幸な女にしたくない さよならの訳 尋ねずに ワインを揺らすひとだから  哀しみ染めてその頬に 涙の雫 光るけど 生命のすべて 愛と名付けて ふたり夜をつらぬいた  泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 俺まで 哀しくなるから  むやみな恋と言わせない 甘いくちづけ はぐれても 心に夢は咲いたから  ネオンライトの舗道には 切なく雨が踊るだけ 今夜の終わり この身を投げて 涙そっとうばいたい  泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ こんな別れが運命(さだめ)と 泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 知ってるお前が愛しい  泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 濡れた眼差し見せたら 泣くなよ 泣くなよ 泣くなよ 俺まで 哀しくなるから
虹色橋虹色橋 渡る途中 車止めて 二人 街の灯り 映る瞳 美しくて 何か言えば 壊れそうで 何も言えぬままで 時はいつも 残酷にも 進んでゆく  「恋してる」と言えぬまま バカな バカな バカな 弱虫  どうせ 嫌われるなら せめて 想い 伝えて  虹色橋 渡る度に 思い出せば涙 街の灯り なぜか歪む にくい橋よ  色女と タダの男 釣り合う様な橋を 掛ける事は 出来ぬものか 夢むなしく  巡り合いとは運命 愚か 愚か 愚か 後悔  悩むならば あの夜 強く抱けば よかった  色女は 一人の方が 様になるというのか 一人渡る タダの男 にくい橋を  「恋してる」と言えぬまま バカな バカな バカな 弱虫  どうせ 嫌われるなら せめて 想い 伝えて  虹色橋 渡る度に 思い出せば涙 街の灯り なぜか歪む にくい橋よ  虹色橋高山厳つんくつんく川口真虹色橋 渡る途中 車止めて 二人 街の灯り 映る瞳 美しくて 何か言えば 壊れそうで 何も言えぬままで 時はいつも 残酷にも 進んでゆく  「恋してる」と言えぬまま バカな バカな バカな 弱虫  どうせ 嫌われるなら せめて 想い 伝えて  虹色橋 渡る度に 思い出せば涙 街の灯り なぜか歪む にくい橋よ  色女と タダの男 釣り合う様な橋を 掛ける事は 出来ぬものか 夢むなしく  巡り合いとは運命 愚か 愚か 愚か 後悔  悩むならば あの夜 強く抱けば よかった  色女は 一人の方が 様になるというのか 一人渡る タダの男 にくい橋を  「恋してる」と言えぬまま バカな バカな バカな 弱虫  どうせ 嫌われるなら せめて 想い 伝えて  虹色橋 渡る度に 思い出せば涙 街の灯り なぜか歪む にくい橋よ  虹色橋
花手紙ごめんとひと言 胸の中の母へと したためた愛の手紙よ 桜が咲くたび 懐かしく甦る 声や姿 その微笑み…  伝え忘れた 言葉かき集めても 今さら遅い 知っているけど…  桜の花びらは こころの花吹雪 恋しい人に出す 愛の花手紙  毎年訪ねた 千鳥ヶ淵にひとり 水面(みなも)へと揺れる面影 小さな背中を 人ごみに重ねては 涙堪え 空見上げた…  どんな想いで 見ていたの散る花を 短い春を 飾る命を…  桜の花びらは 百万通の愛 会えない人に出す 愛の花手紙  伝え忘れた 言葉かき集めても 今さら遅い 知っているけど…  桜の花びらは こころの花吹雪 恋しい人に出す 愛の花手紙 恋しい人に出す 愛の花手紙高山厳上田紅葉都志見隆信田かずおごめんとひと言 胸の中の母へと したためた愛の手紙よ 桜が咲くたび 懐かしく甦る 声や姿 その微笑み…  伝え忘れた 言葉かき集めても 今さら遅い 知っているけど…  桜の花びらは こころの花吹雪 恋しい人に出す 愛の花手紙  毎年訪ねた 千鳥ヶ淵にひとり 水面(みなも)へと揺れる面影 小さな背中を 人ごみに重ねては 涙堪え 空見上げた…  どんな想いで 見ていたの散る花を 短い春を 飾る命を…  桜の花びらは 百万通の愛 会えない人に出す 愛の花手紙  伝え忘れた 言葉かき集めても 今さら遅い 知っているけど…  桜の花びらは こころの花吹雪 恋しい人に出す 愛の花手紙 恋しい人に出す 愛の花手紙
馬鹿やねあなたのそばで 息が出来ない 張りつめたままで 胸がつまる 嫌われること いつも恐くて 可愛い女を また演じてる  悲しいほど好きでも 泣きたいほど好きでも ふたりの心に 疲れが見えている 馬鹿やね 馬鹿やね つなぎきれない愛情なのに 馬鹿やね 馬鹿やね 抱かれるだけの愛情なのに  あなたの影の 中に隠れて つかえてる言葉 何も言えず あきられること いつもおびえて 心殺して ただ暮らしてた  別れがもう近くて 涙がもう近くて いい事ばかりを 昨日に探してる 馬鹿やね 馬鹿やね あしたのこない愛情なのに 馬鹿やね 馬鹿やね 想い出遊びの愛情なのに  馬鹿やね 馬鹿やね つなぎきれない愛情なのに 馬鹿やね 馬鹿やね 抱かれるだけの愛情なのに 抱かれるだけの愛情なのに  高山厳荒木とよひさ浜圭介今泉敏郎あなたのそばで 息が出来ない 張りつめたままで 胸がつまる 嫌われること いつも恐くて 可愛い女を また演じてる  悲しいほど好きでも 泣きたいほど好きでも ふたりの心に 疲れが見えている 馬鹿やね 馬鹿やね つなぎきれない愛情なのに 馬鹿やね 馬鹿やね 抱かれるだけの愛情なのに  あなたの影の 中に隠れて つかえてる言葉 何も言えず あきられること いつもおびえて 心殺して ただ暮らしてた  別れがもう近くて 涙がもう近くて いい事ばかりを 昨日に探してる 馬鹿やね 馬鹿やね あしたのこない愛情なのに 馬鹿やね 馬鹿やね 想い出遊びの愛情なのに  馬鹿やね 馬鹿やね つなぎきれない愛情なのに 馬鹿やね 馬鹿やね 抱かれるだけの愛情なのに 抱かれるだけの愛情なのに  
ふりむけば秋人は誰も胸の中に 線路敷きつめて 出逢いと別れの 旅をくりかえす 引き返せる駅があれば 辛くないけれど 一度の人生 二度と戻れない  涙という 重い荷物は 沈めて行こうか あの海へ 時は流れて 赤い夕陽が 心に染みる ふりむけば秋  めぐり逢いの時刻表が もしもあるのなら 急がず遅れず 愛し合えたけど 悲しすぎるおもいでなら そっと眠らせて 足音立てずに 背中向けていく  生きることに つまづくときも 明日が迎えにきてるから 時は流れて 風にコスモス 優しくゆれる ふりむけば秋  涙という 重い荷物は 沈めて行こうか あの海へ 時は流れて 赤い夕陽が 心に染みる ふりむけば秋高山厳たきのえいじ高山厳今泉敏郎人は誰も胸の中に 線路敷きつめて 出逢いと別れの 旅をくりかえす 引き返せる駅があれば 辛くないけれど 一度の人生 二度と戻れない  涙という 重い荷物は 沈めて行こうか あの海へ 時は流れて 赤い夕陽が 心に染みる ふりむけば秋  めぐり逢いの時刻表が もしもあるのなら 急がず遅れず 愛し合えたけど 悲しすぎるおもいでなら そっと眠らせて 足音立てずに 背中向けていく  生きることに つまづくときも 明日が迎えにきてるから 時は流れて 風にコスモス 優しくゆれる ふりむけば秋  涙という 重い荷物は 沈めて行こうか あの海へ 時は流れて 赤い夕陽が 心に染みる ふりむけば秋
僕のわがままいつもなら笑える冗談も 今日はなぜか胸につかえて 素直に君を送れなかった  後ろ姿が寂しそうで 抱きしめてやりたいけれども なぜか君が他人のようで  僕のわがままが君を困らせてしまう それほど君が好きさ もうどこへも行かないで  僕のわがままが君を困らせてしまう それほど君が好きさ もうどこへも行かないで  これきり二度と会えなくなるような 寂しさが僕の心の中で 君に冷たくさせるのさ 君に 君に高山厳高山厳高山厳いつもなら笑える冗談も 今日はなぜか胸につかえて 素直に君を送れなかった  後ろ姿が寂しそうで 抱きしめてやりたいけれども なぜか君が他人のようで  僕のわがままが君を困らせてしまう それほど君が好きさ もうどこへも行かないで  僕のわがままが君を困らせてしまう それほど君が好きさ もうどこへも行かないで  これきり二度と会えなくなるような 寂しさが僕の心の中で 君に冷たくさせるのさ 君に 君に
みんな夢・夢・夢あなたには もうひとつの顔がある わたしの知らない 他人の顔が 身体より その心が 見えるなら 抱かれて 悲しく ならないはず あなたも 苦しい 愛だから わたしも 届かぬ 愛だから みんな 夢・夢・夢 ほんの 夢・夢・夢 生きてることだって 夢じゃない  あなたには もうひとつの 部屋がある わたしの 住めない 夜明けの部屋が 倖せも 不倖せも 同じこと 心は ふたつに 出来ないはず あなたも 寂しい 人だから わたしも 切ない 人だから みんな 夢・夢・夢 ほんの 夢・夢・夢 泣いてることだって 夢じゃない  あなたも 苦しい 愛だから わたしも 届かぬ 愛だから みんな 夢・夢・夢 ほんの 夢・夢・夢 生きてることだって 夢じゃない 生きてることだって 夢じゃない高山厳荒木とよひさ浜圭介今泉敏郎あなたには もうひとつの顔がある わたしの知らない 他人の顔が 身体より その心が 見えるなら 抱かれて 悲しく ならないはず あなたも 苦しい 愛だから わたしも 届かぬ 愛だから みんな 夢・夢・夢 ほんの 夢・夢・夢 生きてることだって 夢じゃない  あなたには もうひとつの 部屋がある わたしの 住めない 夜明けの部屋が 倖せも 不倖せも 同じこと 心は ふたつに 出来ないはず あなたも 寂しい 人だから わたしも 切ない 人だから みんな 夢・夢・夢 ほんの 夢・夢・夢 泣いてることだって 夢じゃない  あなたも 苦しい 愛だから わたしも 届かぬ 愛だから みんな 夢・夢・夢 ほんの 夢・夢・夢 生きてることだって 夢じゃない 生きてることだって 夢じゃない
夕挽歌夕暮れの買物が好き 店に灯りを吊るす頃 客を呼ぶ言葉の荒さ そうね心は温かい… 日一日 惜しくなる 手放した 年と月 線路沿いに行き違う 見知らぬ顔も懐かしい… もうどこにも行かないわ この夕陽と生きて行く 父も 母も かくれんぼ 隣を歩く人 今はないけど  自転車が追い越して行く 何を急いだ私なの 穏やかなお寺の鐘に 生きる歩幅を思い出す… 幸せは住んでいた 昔から この路地に 誰が折った露草の 一途な青が目に沁みる… もう明日を捨てないわ この夕陽がある限り やっと 上がる 遮断機に 駆け出す子供たち ここはふるさと  もうどこにも行かないわ この夕陽と生きて行く 若い 父と 若い母 背中で教わった 歌を支えに高山厳ちあき哲也都志見隆若草恵夕暮れの買物が好き 店に灯りを吊るす頃 客を呼ぶ言葉の荒さ そうね心は温かい… 日一日 惜しくなる 手放した 年と月 線路沿いに行き違う 見知らぬ顔も懐かしい… もうどこにも行かないわ この夕陽と生きて行く 父も 母も かくれんぼ 隣を歩く人 今はないけど  自転車が追い越して行く 何を急いだ私なの 穏やかなお寺の鐘に 生きる歩幅を思い出す… 幸せは住んでいた 昔から この路地に 誰が折った露草の 一途な青が目に沁みる… もう明日を捨てないわ この夕陽がある限り やっと 上がる 遮断機に 駆け出す子供たち ここはふるさと  もうどこにも行かないわ この夕陽と生きて行く 若い 父と 若い母 背中で教わった 歌を支えに
夢のつれづれ雨に打たれて 咲く花がある 雨に打たれて 咲く花もある  恋の名残り 隠した傘に 加賀の雨が似合う  あなたひとり 忍びながら 歩いています 旅のほとり 夢のつれづれ 心に描いて 夢のつれづれ 心に印して  湯あがり後の そろいの浴衣 肩を寄せ合う 見知らぬ二人  城下町の 日暮れ間近は 下駄の音が似合う  出来るならば そばにいたい あなたのそばに 今も私 夢のつれづれ ひもとく その度 夢のつれづれ 涙を 誘う  あなたひとり 忍びながら 歩いています 旅のほとり 夢のつれづれ 心に描いて 夢のつれづれ 心に印して高山厳たきのえいじ高山厳川村栄二雨に打たれて 咲く花がある 雨に打たれて 咲く花もある  恋の名残り 隠した傘に 加賀の雨が似合う  あなたひとり 忍びながら 歩いています 旅のほとり 夢のつれづれ 心に描いて 夢のつれづれ 心に印して  湯あがり後の そろいの浴衣 肩を寄せ合う 見知らぬ二人  城下町の 日暮れ間近は 下駄の音が似合う  出来るならば そばにいたい あなたのそばに 今も私 夢のつれづれ ひもとく その度 夢のつれづれ 涙を 誘う  あなたひとり 忍びながら 歩いています 旅のほとり 夢のつれづれ 心に描いて 夢のつれづれ 心に印して
忘れません[ピアノ・バージョン]覚えていますか 貴方は夜の遅くまで 僕らの為に編み物していたね  忘れません貴方の愛の深さは いつまでも僕らの心のともしびとして  妹達もずい分大人になって 一人で生きて来たと思い違いするけど  忘れていません貴方が育ててくれた 今でも時々夢の中で会える人  誰も知らない 誰にも教えたくない かなしさ  知っていますか 兄きも嫁をもらい すべてが変わってゆくけど 貴方は居ない  今では会えない母よ貴方は 何処で見ていてくれるのだろうか  誰も知らない 誰にも教えたくない かなしさ高山厳高山厳高山厳覚えていますか 貴方は夜の遅くまで 僕らの為に編み物していたね  忘れません貴方の愛の深さは いつまでも僕らの心のともしびとして  妹達もずい分大人になって 一人で生きて来たと思い違いするけど  忘れていません貴方が育ててくれた 今でも時々夢の中で会える人  誰も知らない 誰にも教えたくない かなしさ  知っていますか 兄きも嫁をもらい すべてが変わってゆくけど 貴方は居ない  今では会えない母よ貴方は 何処で見ていてくれるのだろうか  誰も知らない 誰にも教えたくない かなしさ
悪い女あなたに嘘をついた いけない事と知りつつ 迷子のひと夜を あの人と過ごした  今度は許さないで けして優しくしないで コートを脱ぐよに 冷たく打ち捨てて  悪い女だからサヨナラするけれど お願いよあなただけは倖せになって わたしは一人であてない心の 旅に出るの……  どんなに熱いシャワー 浴びても流しきれない まとった罪には 街灯りが似合う  覚えたてのお酒で 忘れようと酔うけれど あなたの笑顔が なおさら浮かぶだけ  ひどい女だよと人に打ち明けてね あきれ話のひとつと笑ってねどうか それでもせめて忘れないでほしい  悪い女だからサヨナラするけれど お願いよあなただけは倖せになって わたしは一人であてない心の 旅に出るの……高山厳伊藤薫伊藤薫あなたに嘘をついた いけない事と知りつつ 迷子のひと夜を あの人と過ごした  今度は許さないで けして優しくしないで コートを脱ぐよに 冷たく打ち捨てて  悪い女だからサヨナラするけれど お願いよあなただけは倖せになって わたしは一人であてない心の 旅に出るの……  どんなに熱いシャワー 浴びても流しきれない まとった罪には 街灯りが似合う  覚えたてのお酒で 忘れようと酔うけれど あなたの笑顔が なおさら浮かぶだけ  ひどい女だよと人に打ち明けてね あきれ話のひとつと笑ってねどうか それでもせめて忘れないでほしい  悪い女だからサヨナラするけれど お願いよあなただけは倖せになって わたしは一人であてない心の 旅に出るの……
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. あなた船
  2. この空がトリガー
  3. MIRAI
  4. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  5. クリスマスソング

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照