試聴する

夕挽歌

この曲の表示回数 8,007
歌手:

高山厳


作詞:

ちあき哲也


作曲:

都志見隆


夕暮れの買物が好き 店に灯りを吊るす頃
客を呼ぶ言葉の荒さ そうね心は温かい…
日一日 惜しくなる 手放した 年と月
線路沿いに行き違う 見知らぬ顔も懐かしい…
もうどこにも行かないわ この夕陽と生きて行く
父も 母も かくれんぼ
隣を歩く人 今はないけど

自転車が追い越して行く 何を急いだ私なの
穏やかなお寺の鐘に 生きる歩幅を思い出す…
幸せは住んでいた 昔から この路地に
誰が折った露草の 一途な青が目に沁みる…
もう明日を捨てないわ この夕陽がある限り
やっと 上がる 遮断機に
駆け出す子供たち ここはふるさと

もうどこにも行かないわ この夕陽と生きて行く
若い 父と 若い母
背中で教わった 歌を支えに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕挽歌 歌手:高山厳

高山厳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-04-22
商品番号:PKCP-2046
ライスミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP