哀愁のカルナバル

この曲の表示回数 13,427
歌手:

河合その子


作詞:

秋元康


作曲:

後藤次利


南風のショールに
抱かれながら一人きり
レンガの街
愛にはぐれて

そう 私は
名前もない
孤独なバレリーナみたい
もう あの日の
陽射しに似た
踊りも忘れてしまった

広場の石畳
拍手の渦
あのときめき
遠い記憶

カルナバルに紛れて
人の波に流されて
熱いリズム
浮かれるように
許さないで私を
砂の嵐さらわれて
傷ついても
知らぬふりして
Adieu l'amour

今 うしろを
振り返れば
ぬくもり 恋しくなるだけ
真赤に燃える空
炎の花
あの接吻
熱いめまい

カルナバルに紛れて
長い旅に疲れ果て
ここの街に
たどり着いても
許さないで私を
甘い夢に裏切られ
泣いていても
違う私よ
Adieu l'amour

カルナバルに紛れて
人の波に流されて
熱いリズム
浮かれるように
許さないで私を
砂の嵐さらわれて
傷ついても
知らぬふりして
Adieu l'amour
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀愁のカルナバル 歌手:河合その子

河合その子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-07-21
商品番号:SRCL-3976
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP