さよなら夏のリセ

この曲の表示回数 4,334
歌手:

河合その子


作詞:

芹沢類


作曲:

後藤次利


マロンショーの香りが
あふれ出した街から
あの人の面影と
夏の日を追いかけ

ゆっくり輪を描いて
海鳥も巣に帰る
夕方のかけら落ちた
白い海岸

ありったけの絵の具を
胸の中に散らしてみても
移り変る色を
なぞる言葉も知らない

空と海の色が
好きと言ってた

子供の頃描いた
ブルーだけの風景
今では屋根裏部屋
トランクの中

遠い国にいる人
何故か今はとても近いの
流れてゆく想い
きっとどこかで拾って

空と海の色が
やっと分った

サヨナラの夏のリセ
少し大人になるわ
いつの日かあの人と
もう一度逢いたい

サヨナラの夏のリセ
少し大人になるわ
いつの日かあの人と
もう一度逢いたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよなら夏のリセ 歌手:河合その子

河合その子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1985-12-05
商品番号:32DH-310
株式会社ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP