雨のメモランダム

この曲の表示回数 7,253

帰らぬわたしを 待ちつかれて
淡いライトを灯すころ
サヨナラ刻んだ 細い文字が
ルームサイドに浮かぶ

あなたが話してた
遠くの街の名が
わたしの目の前で
キラキラ揺れる

風が頬で雨に変われば
ツラい心 迷うけど
いつか あなたなしで 夢見る
夜に あこがれていたの

指先 アドレスすべりながら
わたしの行方 探すころ
ふたりの写真に キスを投げて
バスのシートをたおす

はじめてケンカした
理由もおぼえてる
あなたは あの日から
大事なひとに…

風が頬で雨に変われば
何故か 瞳 いたむけど
胸に残した メモランダム
消える時が来るはずよ

風が頬で雨に変われば
ツラい心 迷うけど
いつか あなたなしで 夢見る
夜に あこがれていたの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨のメモランダム 歌手:河合その子

河合その子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-11-20
商品番号:MHCL-177
ソニー・ミュージックハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP