屋台ばなし

この曲の表示回数 7,082
歌手:

三笠優子


作詞:

星野哲郎


作曲:

岡千秋


夫婦屋台(めおとやたい)に 身ぐるみのせて
捨てた昔に みれんはないが
もう一度 咲かそうよ
なあ おまえ ねえ あんた
前と後ろで 声かけあって
花を夢みる 裏町ぐらし

荒れた両手を 見せ合いながら
残りご飯で すませる朝も
グチなんて 言わないさ
なあ おまえ ねえ あんた
夫婦屋台の 赤ちょうちんの
しわの数ほど 苦労がしたい

屋台なかせの 宵街しぐれ
濡れて駆けこむ 馴染みもできた
うれしいわ 縁(えにし)だね
なあ おまえ ねえ あんた
味も未熟な 小料理だけど
真心(まこと)添えれば 笑顔がかえる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:屋台ばなし 歌手:三笠優子

三笠優子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-09-10
商品番号:KICX-3624
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP