母恋い三度笠

この曲の表示回数 12,907
歌手:

三笠優子


作詞:

水木れいじ


作曲:

宮下健治


逢いに戻ろか このまま行こか
伊豆の夜空に 呼子星(よびこぼし)
追われ鴉(がらす)も 祭りの笛に
故郷ふり向く 天城の峠…
なぜに越されぬ なぜに越されぬ 母恋い三度笠

「この峠を越えたら懐かしい故郷(こきょう)が待っている…
今頃おっ母さんはどうしていなさるか…
逢いてえナァ… おっ母さん…」

泣いてさとした あの日の顔が
沖の白帆に 見え隠れ
宿場灯りに 新茶の香り
愚痴(ぐち)は言わぬが 一本刀…
俺も人の子 俺も人の子 母恋い三度笠

無理も道理と 世間は言うが
たぐり寄せたい あの絆
またも一雨 草鞋(わらじ)の紐(ひも)に
しみてせつない 道中しぐれ…
明日(あす)は何処(どこ)やら 明日(あす)は何処(どこ)やら 母恋い三度笠
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:母恋い三度笠 歌手:三笠優子

三笠優子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/06/10
商品番号:KICM-30652
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP