母ごころ

三笠優子

母ごころ

作詞:松井由利夫
作曲:花笠薫
発売日:2008/09/10
この曲の表示回数:34,798回

母ごころ
わが子が愛(いと)しい ただそれだけで
母はおんなの 命をけずる
白さが目立つ 束ね髪
逢うたび小さくなる その背中
なさけの灯火(ともしび) 母ごころ

いくつになっても 母娘(おやこ)は母娘
通う気持ちは 海山千里(うみやませんり)
囲炉裏(いろり)の火より あたたかい
届いた手紙の ひらがな文字に
しみじみ泣けます 母ごころ

苦労の涙や おんなの愚痴(ぐち)は
ただの一度も こぼさず見せず
あなたが生きて きたように
歩いて行きます この人生を
強くてやさしい 母ごころ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません