試聴する

リラの女

この曲の表示回数 5,203

めぐり逢ってもどうにもならぬ
そんな二人が なぜめぐり逢う
久しぶりだね ただ ひとことが
風をゆらして 散らすリラ
ああ… すれ違っても気づかぬふりが
できなかったね 二人とも
北の小樽に リラが降る

銀の竜頭(りゅうず)を ゆるめただけで
時が昔に 流れるならば
命かけても 明日を変える
けしてお前を 離さない
ああ… 誰も一度は夢みるけれど
いつか知らずに あきらめる
二人 つかんでいたものを

ひとつこぼれた 紫色の
花は心の身代わりか
ああ… 時をへだてて静かに叶う
願いはなぜに哀しいと
霧が泣かせる リラの女(ひと)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:リラの女 歌手:里見浩太朗

里見浩太朗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/08/29
商品番号:CRCN-8175
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP