新潟のひとよ

この曲の表示回数 33,653

風がつめたい 新潟駅に
ひとり残して 来たけれど
この胸にこの胸に 淡雪みたいに
泣いてすがった 花のかおりが
忘れられない 新潟のひとよ

柳小路(やなぎこみち)の 灯りをひろい
あの日ふたりで 歩いたね
別れても別れても 男のこころに
咲いて枯れない 花のかおりが
おれを泣かせる 新潟のひとよ

雪が流れる 萬代橋を
思いだすたび 逢いたくて
古町は古町は 今夜も寒かろう
白い襟足 花のかおりが
今もやさしい 新潟のひとよ

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:新潟のひとよ 歌手:里見浩太朗

里見浩太朗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-05-25
商品番号:CRCN-1189
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP