試聴する

小樽まで

この曲の表示回数 1,951
歌手:

川中美幸


作詞:

阿久悠


作曲:

花岡優平


二人暮らしたマンションだけど
愛がこわれて寒々と
夢を開いた小さな鍵を
わたし どこかへ捨てに行く
日ぐれに混る小雨に打たれ
行く先探して駅の中
小樽はきっと わたしに似合う
ほろほろ泣いて 小樽まで
そう 横顔を凍らせて

鍵があるから こころも残る
小樽運河に捨てましょう
そして 海鳥 舞飛ぶ海を
二日見つめて 帰りましょう
北行く列車 秋から冬へ
季節を一気に走ります
小樽はきっと わたしに似合う
うつむきがちに 小樽まで
そう 掌に字を描いて
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:小樽まで 歌手:川中美幸

川中美幸の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-15
商品番号:TECE-3467
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP