試聴する

細うで一代記

この曲の表示回数 9,048
歌手:

石橋美彩


作詞:

万城たかし


作曲:

岡千秋


女伊達らに 地下足袋はいて
泥んこまみれで 砂を噛む
欲をかいたら 人まで逃げる
無欲無心で 今日がある
細うで一代 胸で泣く

雨はいのちの 水でもあるが
時には家業の 邪魔になる
好いた惚れたの 色恋などは
遠いむかしの 枯れ尾花
細うで一代 夢舞台

お腹痛めた 乳のみ子抱いて
片親ぐらしの 詫びをいう
時代(とき)の流れは この世のさだめ
あとはこの子に たくします
細うで一代 女ゆえ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:細うで一代記 歌手:石橋美彩

石橋美彩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-16
商品番号:TECA-13725
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP