川谷絵音作詞の歌詞一覧リスト  347曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
347曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恥じらってグッバイLittle Black DressLittle Black Dress川谷絵音川谷絵音川谷絵音期待なんてものに誓った 泡が立っただけで困った 歩きながら水を飲んだ 足りない 足りない 足りない  仕上がってしまった心は冷えきって 温度を求めて飛び出した 怖がらないで寄り添って 私の期待も受け取って  恥じらってグッバイ お別れだって 水飛沫弾いたけれど もう一度グッバイ 誰もいないの 濡れてもいいよ そんな人はいないの グッバイ グッバイ  身近な人に歌った グレーな気持ちをサラッと 泣き出しそうな季節が 変わりそうな音を拾った  あなたのようになりたいの 夜目にも淡く映った  恥じらってグッバイ お別れだって 水飛沫弾いたけれど もう一度グッバイ 誰もいないの 濡れてもいいよ そんな人はいないの 大人になって 本当を知って 回り回るうち気付いた 恥じらってグッバイ 別れの向こうに あなたみたいな光が差すはずよ だからグッバイ  ラララ  水面のようだ 私はそうだ 胸に秘めた波を外に 伝わったグッバイ 始まったようだ やっと私は 季節に顔向けが出来そうだ 歌えそうだ 飛び跳ねながら歩いた 恥じらってグッバイ もう一度グッバイ 期待などは最初から泡だとも 知った グッバイ
ゴーストディスコゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音レビレビアーヤ  だってまだ僕らは鳳仙花 これ以上触るとわかんないや 見よう見まねで武器を使って 見えないところで死んでくんだ トロフィーを掲げた仮面と 誰でもない無防備な魂 あれよあれよと歴史は進む 聞いてないや 聞いてないや  半端な心 恥じるものじゃないから 逃げたいものからは逃げて たまには  泣いて 泣いて 泣いて ゴーストみたいに 真夜中に一人深く踊れ 踊れ 踊れ 痛みを忘れて ささやかにやってしまえ  色が無くなっても 常に醒めている 微睡(まどろみ)の意味を 考えながら  泣いて 泣いて 泣いて ゴーストみたいに 真夜中に一人深く踊れ 踊れ 踊れ 痛みを忘れて ささやかにやってしまえ  レビレビアーヤ  泣いて 泣いて 泣いて ゴーストみたいに 真夜中に一人深く踊れ 踊れ 踊れ 痛みを忘れて ささやかにやってしまえ
晩春ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音晴れに乗る 私は全然風来坊 渋く編集 置いてけぼりの観衆 安くなる たまには品を欠いてみる 長回し 悪夢みたいな繰り返し カメラ越し あえて意識させるし オマージュの芽 少しだけ見えるようなイメージ お洒落だね それってお洒落だね 他にはない きっと他にはないよね  ぼやけて見えるような見えないような心理に 振り回されてしまうのも芸術の一端だ 天才だなんだってもてはやされても インプットの地獄をループしてばかりの人生だ 売れるものとやりたいものは違うって何回言ったって宙に浮いた 出来ることと出来ないことの違いも曖昧になってきた 何のために生きているのかわからないことに 気付くのに何年もかかった 意味のないことに意味があると思って15年が経った  貧しいのは どっちだ 苦しいのは なんでだ  飛ばし記事見ながら 鞘に収めたアイデア 空振った過去のセンス 残念だ  春に泣く 言葉と態度をOUT 夢に見る インスピレーションをアウトプット  あと何年歌えますか あと何曲書けますか あと何年続きますか あと何曲売れますか  春に泣く 言葉と態度をOUT 夢に見る インスピレーションをアウトプット  晴れに乗る 私は全然風来坊 渋く編集 置いてけぼりの観衆 安くなる たまには品を欠いてみる 長回し 悪夢みたいな繰り返し カメラ越し あえて意識させるし オマージュの芽 少しだけ見えるようなイメージ  なんちゃって じゃあね
DJ卵ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音スクラッチ DJ DJ TKG ハピハッピー黄身 ハピラッピ白身 Uh パラダイム 本当にそうなのか check check  ビキビキビキビキ 割れる  ファイナルアンサー  たまごまーご Hey Hey egghead  フランキーブランキー ブランドブランデー ヨード卵 ランランカンカン リンリンランラン 恋のインディアン人形  ビキビキビキビキ 割れる  ファイナルアンサー  たまごまーご Hey Hey egghead  DJ卵
歌舞伎乙女ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音前を向いたら引っ張る人がいて 今日も舞台は超満員 踊り方も指定され やめるタイミングも決められる 過剰演出ではない そういう口で合図して 私は反応してしまう それこそ過剰に  可能性は過去じゃない 思い出にならないように 飴色の気持ちはナード 痛くなる前に歌舞け これ以上を望むのさ 不器用な生き方で 抱え込んだはずの後悔は 実はそんなに重くない  花道を器用に使った 奈落の上を舞う乙女 そんなに羨ましいかい 私が私であることが  思い通りじゃなくても 化粧映えはするんだから ある意味で真っ当な これ以上という宝 意外なセリフ回し 使ってく 私キュート 磨いた芸を生き様で 本物にしていくだけ  誰にも笑わせないよ 捕まえてよサリンジャー デタラメな機能性で 私を殴ってみて 何にも起こらないよ そんな志じゃ 半端な歌舞伎者は 私が相手になる  可能性は過去じゃない 思い出にならないように 飴色の気持ちはナード 痛くなる前に歌舞け これ以上を望むのさ 不器用な生き方で 抱え込んだはずの後悔は 実はそんなに重くない  誰にも笑わせないよ 捕まえてよサリンジャー デタラメな機能性で 私を殴ってみて 何にも起こらないよ そんな志じゃ 半端な歌舞伎者と 歌舞伎乙女の私
Gut Feelingゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音gut gut gut gut gut feeling このままじゃ笑えないや  rap rap rap rap rap music 僕らでも歌えるかな  ランパンパンパンパン gut gut gut gut gut feeling  クラクラする J-POP ギラギラしたい Drippin  gut gut gut gut gut feeling このままじゃ笑えないや  ランパンパンパンパン gut gut gut gut gut feeling
ハードモードゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音ゼロになって初めて知った 思い出ってずる賢いのね ダメになって私を知った 本当のね  枝葉が突然見え始めた ピントが微妙に合わない 暗過ぎる夜が指から身体を遊び倒していく 少しズレた本能が だんだん私に気づいていく エグみを解いてまっすぐに伸びた 糸を切らぬように落ち着いた  ゼロになって初めて知った 思い出ってずる賢いのね ダメになって私を知った 本当のね 長くなった髪を触った それ以外のことができなくて 思いきった命の消費 そんな勇気もない  人生がそもそも遊びだったなら もっと自分を大事にしたかも 誰かを強く意識し過ぎて朝までもたなかったの 間が長過ぎて焦ってしまった ちょっとハードモード過ぎない? 嫌な雰囲気のゴーレムが ちょっと右手をあげていた  物語の途中でもっと 大きな力で手を引いてよ 抱え込んだしおりの多さに 引かないでよね 遅くなったプレゼントって 遅過ぎた場合はどうするの 思い出にも残らなかった 冗談じゃない  絶対じゃないことに 可能性を見出せない それが私の説明書  ゼロになって初めて知った 思い出ってずる賢いのね ダメになって私を知った 本当のね  長くなってしまった どうにかなると思ってた 思いきって命を握ってみた 私は馬鹿だな 孤独だって祈りで どうにかなると思ってた 全て変えてくれると 信じてた 私は馬鹿だな
Funky Nightゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音If only you また踊り出すようなら BPMで誘われる If only you また踊り出すようなら あのBPMで  どうしようもない ロマンに浸れた シンプルな幕開けの音 Baby I love youの歌メロで くるりと回ったあの日 パーフェクトな日々は無い ルーレットを回す魂 ノーカットな夜に繰り出して また忘れよう  If only you また踊り出すようなら BPMで誘われる If only you また踊り出すようなら あのBPMで  最後までファンキーナイト ファンキーナイト 感情が遅れてる ファンキーナイト ファンキーナイト あとはよろしくね  頑張ってるんだよ 某東京某区で 捻くれ者ではあるけど 選べない日は 選ばないで良い それが私  踊り方 忘れたよ 酔い心地で また教えてよ 123で覚えてる このリズム  If only you また踊り出すようなら BPMで誘われる If only you また踊り出すようなら あのBPMで  最後までファンキーナイト ファンキーナイト 感情が遅れてる ファンキーナイト ファンキーナイト あとはよろしくね  If only you また踊り出すようなら BPMで誘われる If only you また踊り出すようなら あのBPMで  最後までダンシングナイト ダンシングナイト 感情が遅れてる ダンシングナイト ダンシングナイト あとは任せてよ
シアラゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音鉛のような私のハート 馬鹿げた表情で 周りを見渡して勝手に傷付いた 塩加減がイマイチなハンバーガーを頬張って 何故かわかった 未来の仕組み  グッときたあの映画の セピア色になりたいよ もっと感度を落としたいよ この街じゃ チョコレートペンでなぞった いつかの愛のしるし 急に思い出した  想いは秘めやかに溶ける 夜なのにこんなにも夜じゃない 渋谷のツギハギで祈る ハヤテのような気配にほだされて 涙のリズムで踊るよ 仕方なく思い切って晴れやかに 憧れた都会で一人 うわのそらのビルに見下ろされて  帰り道が美しく見えるような人生が欲しい ダサくても良いのに それすらなれない もっと もっと もっと 光を知りたい もっと もっと もっと  このまま私は泣くけど 少しも諦めてはいないから 頑なに同じリズムで 踊り明かしてこの街にいる 思い出は死んでしまうよ 気付いたら 触れられず 忘れてく それでも未来に向かうよ 何も持たずに今日を見上げてさ  想いは秘めやかに溶ける 夜なのにこんなにも夜じゃない 渋谷のツギハギで祈る ハヤテのような気配にほだされて 涙のリズムで踊るよ 仕方なく思い切って晴れやかに 憧れた都会で一人 うわのそらのビルに見下ろされて
心変わりindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音川谷絵音出会いには嘘がある 別れには本当がある 途中で混ざり合いながら 綺麗事じゃなくなる それだけじゃないんだけど グラデーションに欺かれて 気付いた時には  心変わり 思い通りにならなかった夜に ほつれる旬を見逃しちゃった 嫌ね 寝れないよ いつも通り 独りになって アヒルのように浮いてさ ああ、もうあなたとは会えない  一番良い時期に 予感は現れない 次のページが破れていても 気付かないんだから デタラメな話さえ みんな信じているのに 他人に心を預けるの  求め合って 慰め合った昨日の旬に酔ってた 互いの秘密さえオープンだった気がしてた ふやけきった心の隅にまだ置いてあったよ ああ、まだあなたを想ってる  しじまの中にも聞こえる さめざめと泣く内側よ 今気付いただけか もっと前からだったんでしょ  見つめ合った心の目は どこまで知ってたんだろう 優しさなんていらなかった 「じゃあね」 言えないよ いつも通り 抱きしめ合った あれはなんだったんだろう 言葉にならないよ  心変わり 思い通りにならなかった夜に ほつれる旬を見逃しちゃった 嫌ね 寝れないよ いつも通り 独りになって アヒルのように浮いてさ ああ、もうあなたとは会えない  嫌いになんないで 好きじゃなくてもいいから どうでもいいと まだ思えないんだ  預けちゃったな 預けちゃったんだな ああ、まだあなたを想ってる
踊りましょ柏木ひなた柏木ひなた川谷絵音川谷絵音川谷絵音No No 今は九段下 踊るにはまだ早い 真夜中に向かって あやふやになる過程  全て楽しんで どれだけ無邪気で いれるかで私は決まる 仕事投げ出して どれだけ無心で いれるかで私は決まる  Every time I wish 溶け合おうよ 踊りましょ 気の向くままに 過激なギターが連れ出してくれるはず 悲しかろ 泣きたかろ 隠さないでいいよ ここはセーフ  Check Check 悪い瞳 目を逸らし身体揺らす Go Go グルーヴ探して あけすけな魂で  全て楽しんで どれだけ無邪気で いれるかで私は決まる 仕事投げ出して どれだけ無心で いれるかで私は決まる  Every time I wish 溶け合おうよ 踊りましょ 気の向くままに 過激なギターが連れ出してくれるはず 悲しかろ 泣きたかろ 隠さないでいいよ ここはセーフ  全て楽しんで どれだけ無邪気で いれるかで私は決まる 仕事投げ出して どれだけ無心で いれるかで私は決まる  Every time I wish 溶け合おうよ 踊りましょ 気の向くままに 過激なギターが連れ出してくれるはず 悲しかろ 泣きたかろ 隠さないでいいよ ここはセーフ
ときめくあなたHey! Say! JUMPHey! Say! JUMP川谷絵音川谷絵音川谷絵音・A.G.Oときめいてるんだよ わかって欲しい お互いさま 操と書いたメロディに乗せながら  “いつものように” その言葉を心の裏に貼り付けて ドクドク 気付かないふりをした 文字数はラッキーなんだから 大丈夫さ 言い聞かせてあなたに会いに行く  ときめいてるんだよ ときめきを分け合ったんだ 特別な針の進め方で たまに見れないよ あなたの熱をくらって 本当は嬉しいのに もどかしいな  舞台に上がり 声を浴び 舞ううちに キザな表情も板についた 待たせたあなたの顔 忘れないように 次に持ち越せるように 終わりが来ないで欲しい それもお互い様 ほら、もっと見て そらしてしまう時は 恥ずかしくなっただけ もう見ないで 嘘だよ  わかって欲しいんだよ わかって欲しいんだ この瞬間 操と書いたメロディに乗せて あなたに歌ってんだ あなたの心にしまったものを 取り出すように  ときめきを触って 美しい思い出にしよう ときめくあなたの 可愛さをもっと見せてくれ ルルラリラルンララ 今日もレッツゴーやるぞ ときめき過ぎたって 今日は Hey! Say! JUMPが許してあげるよ  ときめいてるんだよ ときめきを分け合ったんだ 特別な針の進め方で 終わりが見えたんだ 切なくなるのは一緒さ また会えるから最後は叫ぼう  ときめきを触って 美しい思い出にしよう ときめくあなたの 可愛さをもっと見せてくれ ルルラリラルンララ 今日もレッツゴーやるぞ ときめき過ぎたって 今日は Hey! Say! JUMPが許してあげるよ  ルルラリラルンララ 今日もレッツゴーやるぞ ルルラリラルンララ もう一度レッツゴーやるぞ ときめきをくれて ありがとう 何度でも言うよ 今日は Hey! Say! JUMPが許してあげるよ
カンナindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音朝に吠える犬 隣で寝てる美人 壮大な予告編も霞む日常 満ち足りたカップを覗いた 映りそうで映らない顔 予感めいたものはなかった  はしゃぐ心 今日もまた 解き明かして待ってるよ 幸せだな 起こしてくれよ もしも夢なら  裸足だったのに 今はこんなにも 嘘みたいな泡に乗って 芝居がかったあくびをした 君が起きるように 思い出ってほど美化はしないけれど 生温いキスをしようよ そしてコーヒーを淹れて 苦いキスもしようよ 子供みたいに笑って  無邪気になって彼女になって 篠突く雨にも気付かない 君と囲んだ淡い光に誘われて 遅刻も気にならないくらい 目を奪われた  未来の話 進めよう ドラマみたいな 当事者になったんだね 起こさないで もしも夢でも  裸足だったのに 今はこんなにも 嘘みたいな泡に乗って 芝居がかった話をした 君が起きないように 思い出ってほど美化はしないけれど 生温いキスをしようよ 流れてくるテレビの音がやけにリアルになった  遠のいてく声 しらを切りたいよ 闇がぐらついた 割れそうな泡で 君が溶け込んだ 今だって感じで カップを覗いた 今は見えそうだ あまりに普通で 目を閉じてしまう それでも映る 瞳の裏に  幸せだったのに 求め合ったのに 僕を置いていなくなった 最初からいなかったとか 野暮なこと言わないで  切ないのに楽しかった 1人で作った世界は 日常を隠した瞬間 幸せに変わったんだ  思い出ってほど美化はしないけれど さよならも言わないよ 予告が最悪な映画でも見て目を閉じようか 子供みたいに  朝に鳴ったアラーム 予感めいたものはなかった
芝居indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音奪い合う 愚かな日 舞台上であってくれ 塞いだ耳をこじ開ける風が吹いた  錆びたアイロニー 世界中が熱を上げた末 何かが音もなく消えていく 輪舞のような気持ち 上がっていくのを見ていた  許せないことだけ握って ぶつけて浴びた返り血 真っ赤になった後に眠る 夢は見れましたか  芝居だ いつかきっと 幕が降り拍手喝采だ 祈った人想って 泣き出した こんなはずじゃないのに 奪い合う 愚かな日 舞台上であってくれ 塞いだ耳をこじ開ける風が吹いた  間を読み違えた そんなことばかり 口にする時悟ること それが全て  言い訳は自分が見えぬ空間で 頬杖ついて言ってやる また明日って呟いて 眠れぬ夜を過ごすんだ  当然傷だらけ そんな日が続くのに 画面では笑って蓋をして弄ぶ 嫌いだ この気配は 奪い取って捨てるだけの 芝居だ 消したけど 静けさに勝てなかった  芝居だ いつかきっと 幕が降り拍手喝采だ 祈った人想って 泣き出した こんなはずじゃないのに 奪い合う 愚かな日 舞台上であってくれ 塞いだ耳をこじ開ける風が吹いた  芝居さ この後は 幕が降り次回作へ 違った わかってる 今まさに失くしたから
愉楽indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音何かずっと楽しくないな ムードあったもんじゃないな テレビもうるせーな 居心地が悪いな 昼も夜も心臓縛って ほどき方の説明書の場所も 忘れちまった 忘れちまったけど それが問題じゃないはずだ たまにはグッドなひらめきで 頭の中で喋り出そう  ねえ、ドキっとして クラッとして 愉楽に溺れて踊ろうよ ルリラデラデラリ ルリラデラデラリ ドキっとして クラッとして 愉楽に溺れて歌おうよ 汚い言葉も出しちゃってさ  解釈で傷付いてしまえ 粒が集まって大きなクズになったって 構わないから もっとクズであってくれ  ドキっとして クラッとして 愉楽に溺れて踊ろうよ ルリラデラデラリ ルリラデラデラリ ドキっとして クラッとして 愉楽に溺れて歌おうよ 汚い言葉も出しちゃってさ  殺したいとかそんなんじゃなく 死んで欲しいって思った 全部がそうであればいい
暗愚indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音希望を見せた罪 またそれを見たこと 逆も然り 殺し合った機微 今を抜け出せない かけた橋を見て 愚かだと気付く ジェットコースター  何にも上手くいかないよ はんなりした心臓のまま 割れそうな頭と離れてくばかり だけど傷付けないように 最低限のモーションで それだけは得意なんだ  昨日感じた奇跡が ゴミ捨て場で縮こまってた 日付けも跨げない 天才みたいな顔して  喫茶店の目の前で 倒れてみたけど 夢みたいに酷いことにはならなかった  何にも上手くいかないよ はんなりした心臓のまま 割れそうな頭と離れてくばかり だけど傷付けないように 最低限のモーションで それだけは得意なんだ  もっと愚かであったなら もっと答えは単純で アクロバットなツキ 全て賭けて死ぬだけ それが出来ないから こんなに生きづらいんだ 中途半端なジェットコースター  目が覚めても そうだった まだ自分だった 抜け出せない  あと何年 あと何日 あと何分 あと何秒
パロディindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音スローに見えないものが 徐々に生活を奪ってった 休むほどじゃない具合の悪さ ずっと続いてるみたいだ モンスターが潜んでいる エキストラにもわかる 入れ知恵が降ってきた スピードにも慣れた このままじゃ何も起こらない 歪んだ陽気で誤魔化され 思考の中の水が枯れ 禁断のアレにも見放され 我慢という得意技で時に味方されたんだ こんなんでいいのか こんなんでいいんだっけ  あと1回は耐える あと3回は耐える あと5回は耐える どんどん増えていく 次はないと思って ルーティンに秘密を一振り 真似事が輝いた キラリ  ユーモアに長けた ポップでキュートなパロディのヒント ブービーだったはずのモーターにベット もう迷わないんだ 洒脱な土産話の嘘くさい桃源郷 興味ないな  パロディのヒント  考え方一つで心は安らぐことも知った ペーソスもたまに必要だということも聞いた 芝居小屋の居心地 セリフ忘れへの措置 メタな思考で 浮かぶ真似事に 生き甲斐を感じてる  優秀な脚本家は 過去がお洒落に未来になる  ユーモアに長けた ポップでキュートなパロディのヒント ブービーだったはずのモーターにベット もう迷わないんだ 洒脱な土産話の嘘くさい桃源郷 興味ないな 罪の音聞こえてたって どうやって忘れるの もう一歩 踏みしめるはずの傷 わからない 誰の目も誤魔化さず もういっそ募らせない まあいっか  パロディのヒント  ユーモアに長けた ポップでキュートなパロディのヒント ブービーだったはずのモーターにベット もう迷わないんだ 洒脱な土産話の嘘くさい桃源郷 興味ないな ラリラッタッタドゥーダ 飛ばしちゃった こんなのもパロディ お金で人が変わっちゃうのも 何かのパロディ 切なく響いてしまった メロディーラインで物申す たまにはこんな歌詞もいいでしょ
Grossindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音疲れたよGTG 熟れたサークル 逃げなよGTG 待たなくてもいいよ 知らないGTG 見えないGTG わからないGTG GTG  赤子の手をひねるように 重い言葉を投げつけた 見当違いの生き様に 好き勝手に怒るヒューマニズム  疲れたよGTG 熟れたサークル 逃げなよGTG 待たなくてもいいよ 知らないGTG 見えないGTG わからないGTG GTG  Stop being so gross.  いつもよくわからないけど 飛び込んでしぶきが上がってる いつも覚えてないけど 気付いたら笑われてる  疲れたよGTG 熟れたサークル 逃げなよGTG 待たなくてもいいよ 知らないGTG 見えないGTG わからないGTG GTG  Stop being so gross.  僕のままでいたいよ 最悪な夢を見てても そのうち覚めるはずだから 矛盾で心が壊れる前に 僕のままでいようよ ここを切り抜けるんだ 行かなきゃ 行かなきゃ  疲れたよGTG 逃げなよGTG 知らないGTG 見えないGTG わからないGTG GTG  僕のままでいたいよ 最悪な夢を見てても そのうち覚めるはずだから 矛盾で心が壊れる前に 僕のままでいようよ ここを切り抜けるんだ 行かなきゃ 行かなきゃ  Stop being so gross.
プルシュカindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音あなたに見せたくって 綺麗になりかけた隙をついた ありのままで束の間の 幸せが浮かび上がった 光の汗を拭いて 急いで暗がりで涼んだ 何かを思い出したように 見る夢で汗をかく  惜しみない愛を向けたら 見返りに傷をつけられた 涙に混じった裏側 それでもあなたしかいない  願っても 痛いだけ わかったよ 夜明けを見ずに生きるから 私だけ見て溢れさせてよ わかってて 想ってて 繋いでて 幻みたいな幸せ 感じさせて ぼんやり悲しいまま  思い出は鼻につく これからに息を吹きかけた 色が変わることはなく 不思議に思っていた 夜明けの花は昼には枯れて落ちるんだ わかってたって 命が貰った役割に期待はしちゃうから  歯止めが効かない 優しさと欲が弧を描く 暗闇に落としちゃった 身体と心が入れ替わる  どうして 私だけ悲しくて 何も知らずに愛を砕いても まだ夜のまま深いの どうする? わかってる? 想ってる? 幻のような優しさで 構ってよ 本音が建前を超えて  気持ちをひとつかみ まともじゃない それだけわかった  願っても 痛いだけ わかったよ 夜明けを見ずに生きるから 私だけ見て溢れさせてよ わかってて 想ってて 繋いでて 幻みたいな幸せ 感じさせて あの眼差しで 似合ってる って言ってよ 溢れても 大事なままでいて欲しい 狂ってる そう言われてもいい  花が降ってきた 私は今どこにいるのだろうか 切ない花模様 あなたに押し付けた 花が降ってきた あなたは今どこにいるのだろうか 私もそこにいれば 幸せだってことにしてね
忘れっぽいんだindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音忘れっぽいんだ 忘れっぽいんだ あなたがしてくれたあれもこれも 忘れっちゃったな ぬるい水の中が心地良い内に  今までありがとう 急に浮いた言葉で 今、私たちじゃなくなった 肌色が下手な芝居に溶けて もっと薄くなった どうやって茶化してたっけ  忘れっぽいんだ 忘れっぽいんだ あなたがしてくれたあれもこれも 忘れっちゃったな ぬるい水の中でちと溺れてる内に  瞬きの回数が増える 5億回のうち何回が幸せを邪魔するんだろう  甘えちゃったな 甘えちゃったな 見逃したあなたの優しさにも 思い出したって 今はもう捨てるだけの陽炎だから いらなかったんだ 今気付いたって 最愛の意味を失っただけ 忘れっぽいんだ やり直せたら良いのにな  都合のいい欲を抱えて 暮れなずむ心模様 あなたはちゃんと背を向けて  私はちゃんとできなくて  忘れっぽいんだ 忘れっぽいんだ あなたがしてくれたあれもこれも 忘れっちゃったな ぬるい水の中でちと溺れてたら 今私を抱きしめてよ これが最後の足掻きだと知ってる 今頃やっと最愛を濡らした独り言のような涙  忘れっぽいんだ 忘れっぽいんだ でも覚えてんだ 私たちじゃなくなったことは 目を閉じるたび背中を押せそうな距離でね
マイナーなキス (川谷絵音より)大塚愛大塚愛川谷絵音川谷絵音だらしない僕になり過ぎたんだ 今は眠いや 絡み合ってんだ 別れの空気 傾くワンルーム  見知らぬ気持ちはフリーウェイ 走る素振りを見せない風景 矛盾を絵に描いたような感じ それが頭の中でバースト  こんな時に限って 色気が出るんだな 君は積もり積もった マイナスで唇を揺らしてるのにな  苦手になったんだ 煙草を知った君の匂い どうしちゃったんだ 僕らの愛は  天上天下の中で壊した 誰も知らない 小さな音で BABY 歌って 別れのメロ 呟く様に 落ちてくワンルーム  マイナーなキスで マイナーなキスで マイナーなキスで 別れましょう  シーソーゲーム シーソーゲーム シーソーゲーム リアルな夜に  だらしない僕になり過ぎたんだ 今は眠いや 絡み合ってんだ 別れの空気  天上天下の中で壊した 誰も知らない 小さな音で BABY 歌って 別れのメロ 呟く様に 落ちてくワンルーム  マイナーなキスで マイナーなキスで マイナーなキスで 別れましょう
クラシックハイジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音ジェニートーキョークラシックハイ ジェニーハイロマンチックスタイル ready to cry  ありのままの 音楽で答えて 果ての果てを照らして 影に立って 言いなりにだけはならないように 刻むビートを強くしたんだ  怖くないと言えば嘘になる 上手くいくとも限らないけど 静かに裏を表にして 目を合わせた  ジェニートーキョークラシックハイ ジェニーハイロマンチックスタイル ready to cry  ビビっときたイメージ 間違っていないよ ギラっとしたブーム 疑って良いよ 偉いね 凄いね 自画自賛で OP 甘ったるいコード 書き直して良いよ 見違えるダンス 披露しても良いよ 偉いね 凄いね 自画自賛で OP  踏んだり蹴ったりな日常だって 見返りもちょっとしたご褒美もなくたって ぼんやり膨らむ可能性の湖が静かにそこにあったんだ 絶やすなって口に出すさりなげなさ 気付いているんだ 立ちのぼる感受性の煙に 鼻をきかせた  ジェニートーキョークラシックハイ ジェニーハイロマンチックスタイル ready to cry  ビビっときたイメージ 間違っていないよ ギラっとしたブーム 疑って良いよ 偉いね 凄いね 自画自賛で OP 甘ったるいコード 書き直して良いよ 見違えるダンス 披露しても良いよ 偉いね 凄いね 自画自賛で OP  偉いね 凄いね
GDGDジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音トワイライト 今日はもうすぐスリーピング カタカナでダイアリー つけたらフィニッシュ  シャンパン 開けてストリーミング J-POP 退けたプレイリスト  GJGJ 頑張ったんだから GJGJ 今日はもう  GDGD GDGD GDGD グダグダ グダグダ  カーリング 氷上のチェス TV でチェックしてビール  GJGJ 頑張ったんだから GJGJ 今日はもう  GDGD GDGD GDGD グダグダ グダグダ  No.1 今が No.1  GKGK GKGK GKGK ゴクゴク ゴクゴク GKGK GKGK GKGK ゴールキーパー  GB GB
ケンタイキージェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音最近抱き合ってないね 放物線を描いた結果 限りなくゼロになった それでも何故だか浮いてる感覚に酔ってる  ボヘミアンネクタイがやけに似合う夢を見るような いつもと違うユーモアに感じる気持ち悪さ それが  ケーケー倦怠期 ブスな負けん気 なすがまま悪くなり ケーケーケンタイキー 鍵はどこにあるのよ 探さにゃ別れるムード エーエー延長線 私希望よ 心の中沈む言葉 ケーケーケンタイキー 鍵は見つからないまま酔っていく  火をつけた時の あなたに戻って欲しい そっくりそのまま返されるから言えないや 互いに秘密を握り合ってるような 心地悪さ星5 ラジオで読まれた恋愛相談 同じような展開  ケーケー倦怠期 身体は元気 心だけ重くなり ケーケーケンタイキー 鍵はどこにあるのよ 探さにゃ別れるムード レーレー冷静に 砂をかじって 目を閉じた後の味 ケーケーケンタイキー 鍵は見つからないまま起きている  接種カロリーがヤバい 惰性で何か満たしてたい シネマポップコーン現象です 火曜の深夜から泣いてます 漫才の鑑賞の感度上昇 フランス映画解釈も上々 停滞する恋愛と反比例するオタク  ケーケー倦怠期 ブスな負けん気 なすがまま悪くなり ケーケーケンタイキー 鍵はどこにあるのよ 探さにゃ別れるムード エーエー延長線 私希望よ 心の中沈む言葉 ケーケーケンタイキー 鍵は見つからないまま酔っていく  あんなに好きだったのに 目に見えない何かで終わりそうだなんて 消えてよ倦怠期 現れてケンタイキー このまま酔い潰れちゃう前に
TAXIジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音タクシーに乗るならミカン ちょうだい  YES なら持ってレッツ乗車 NO なら買って take a taxi バッドなもんは取っ払って  taxi hey,taxi  まばゆい状態 高速渋滞 カッコーが鳴いた アホな マニー使って想像通り 目的地はハイカラ通り  酸っぱくて甘いの 酸っぱくて甘いの 酸っぱくて甘いの 酸っぱくて甘いの  タクシーに乗るならミカン ちょうだい  キャッシュレスになって 一文無し 代わりに愛媛に狩り狩り はるみ清見不知火知らない いよかんデコポンポンカン知ってる  酸っぱくて甘いの 酸っぱくて甘いの 酸っぱくて甘いの 酸っぱくて甘いの  タクシーに乗るならミカン ちょうだい  ミカンちょうだい ミカンちょうだいよ ミカンちょうだいよ ミカンちょうだい ミカンちょうだい  タクシーに乗るならメロン ちょうだい
ジェニーガールクラッシュジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音短い夏も釘付けだった 身体の奥から疼いてるハート chain-love もう我慢できない 踊り出したい スペシャルな空気 可愛い時代や くすぐるスタイル 余りのセンスを探して  Oh Baby サマーガール やっちゃって crush on yeah yeah yeah ハマってハマってハマって待って Oh Baby サマーガール やっちゃって crush on yeah yeah yeah ハマってハマってハマっていく  ジェニーガール ジェニーガールクラッシュ yeah yeah yeah  リッター10 現在走行中 修正前ライフ ブランディング中心 カリソメのまま過ごして ありがちなミスで草って バイパスを避けるプレイ バイアスかかったふり ああ、迷い込んでいく もう夢みたいなビュー  踊り出したい スペシャルな空気 可愛い時代や くすぐるスタイル 余りのセンスを探して  Oh Baby サマーガール やっちゃって crush on yeah yeah yeah ハマってハマってハマって待って Oh Baby サマーガール やっちゃって crush on yeah yeah yeah ハマってハマってハマっていく  ジェニーガール ジェニーガールクラッシュ yeah yeah yeah
声雫ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音ぱらりと降るその瞬間をぎゅっと 抱きしめていたいよ この雫が誰かを濡らすまで 私は泣かない  なんでもあげる 震わせた声で言う 息をした形が 輪をかけるように美しい  作ってもっと削れて 魂はきっと前に 走り出してしまうけど 上等じゃないの 私は出来るから  ぱらりと降るその瞬間をぎゅっと 抱きしめていたいよ この雫が誰かを濡らすまで 私は泣かない  勝ちたいを 超える何かに魅せられて 私はここに立っている  都合の良い奇跡なんか 起こらなくて良いんだから 刺さって抜けないで 記憶に残ってよ 生き抜いてちょうだい 私もあなたも  ガラリと変わる景色 私に力をくれたよ これから取りに行くよ 心と  クリエーションは 終わらないの 弾けてしまいそうな粒 諦めない 私がよく知ってるから  登って声を聞かせて 魂を吹き込んで 空から歌うように ねえ、神様 生きてて良かった 終わりじゃなかった  ぱらりと降るその瞬間をぎゅっと 抱きしめていたいよ この雫が誰かを濡らすまで 絶対  イミテーションにはならないよ 確かなことはその中に 見せてやる エンドロールの先まで  クリエーションは 終わらないの 弾けてしまいそうな粒 諦めない 私がよく知ってる
トラップガールジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音出来ないことなんてない 平等に私を見て 今日も力いっぱい 兎さんにグッバイ 走らせるよトラック 華麗に避けるトラップ 仕事終わりに待ってる 今夜も優勝しちゃってる  ハマっちゃ嫌よ 私トラップガール リズムに乗ってよ 今の私が優勝だから 誰にも邪魔されない 乾杯してよ 私トラックガール 助手席のシート ぬいぐるみがリード 今だけは仕事を忘れて噛み締める  ムール貝を食べるため 美味しく頂くため 労働の楽しさは 夜に勝ち誇るバネ  ビールをプシュッ ビールをプシュッ ビールをプシュッ ビールをプシュッ プシュッ  ハマっちゃ嫌よ 私トラップガール リズムに乗ってよ 今の私が優勝だから 誰にも邪魔されない 乾杯してよ 私トラックガール 助手席のシート ぬいぐるみがリード 今だけは仕事を忘れて噛み締める  トラップガール これにて〆させていただきます トラックガール これにて〆させていただきます くぅ~、優勝ォ
贅沢ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音わかってなんてない それでも抱いてる 若い未来の目 心と歌ってる 大人になれてないから感じるの このままじゃいられない 希望の濃いとこ 小さく目立ってる 青い絵の具でさ 周りを囲ったよ 優しくなれた世界を知れたら 僕たちの涙は  不安を流すかな 仄明かりだって探せるかな 僕自身を好きになろうとして 胸の奥を感じながら 言葉同士熱くなる 傷触ってわかる青さと 共にだんだん命の場所が わかるんだ 途方もないはずなのに  わかってなんてない それでも抱いてる 若い未来の目 心と歌ってる 大人になれてないから感じるの このままじゃ  望んだ本当が 贅沢になったね 鋭かった目 短く笑ってた でもあの日さざめいた小さな声 忘れてはいけない 背伸びだったとしても諦めないでよ 自分の番だよ 大きく歌ってよ 正しさのよどみがはぜる前に 僕たちの時代を  作ってしまえたら 仄明かりだって探せるはず 僕自身を好きになろうとして 胸の奥を感じながら 言葉同士熱くなる 傷触ってわかる青さと 共にだんだん命の場所が わかるんだ 途方もないはずなのに  わかってなんてない それでも抱いてる 若い未来の目 心と歌ってる 大人になれてないから感じるの このままじゃいられない
知らないあそび prod. indigo la Endキタニタツヤキタニタツヤ川谷絵音川谷絵音見えないところにまだ 浮ついた恥ずかしさが 戸惑うピアスの穴 透けて見えるような気がした  おままごとのような触れ合いが 勝手に馴染んでたんだよ  愛しくなる 虚しくなる 繰り返す遊びのような わたくしごと あなたが知らない間にかいた冷たい汗  支えのないゴンドラ 何の疑いもなく乗るあなた いつもより軽い耳で 私は風を借りて踏み出す  揺れているよ まだ進む気配もないのにな  嘘つく前 優しくなる 見飽きたのにまだ痛くって 気付いたのに わかったのに どうにかしようとしてる  愛しくなる 虚しくなる 繰り返す遊びのような わたくしごと あなたが知らない間にかいた冷たい汗  「私はもうわかってるよ」 その言葉だけ言えなくて 薄闇の中で巡り合う幸せ 見つけようとしてる  上手くできないな 代わりに知らない遊びが増えていく 冷たい汗で あなたを濡らすこととかね
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
瞳のアドリブindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音あなたの手を取りたいのに アドリブがきかなくてダメ 雨が次のセリフ  あと何回越えれば あなたを信じてしまえるだろうか ダブルミーニングがわかりにくい 書き直し 台本通りに進めない そのたびに結末が遠のく あなたは知らないから いつも困った顔して 選択を迫られる  伝え方が下手だから 一睡もしなかった 花は持ったけれど 化粧は濃くなった  あなたの手を取りたいのに アドリブがきかなくてダメ 瞳の閉じ方がバレてしまいそうだ 会いたい気持ち 隠そうとして まさか雨に濡れてしまうなんて 気ままに愛したいだけなのに  モチーフ無しで挑んだよ 勢いでしか家を出れなくて 天気予報も見なかった それはいつものことだけど  思い出がベタだから 私、頼らなかった 今回こそは美しいときめきが欲しい  触れてみたら儚かった 反射でまたはなればなれ 1秒にも満たない恋の切れはしで 落ちてる場合じゃなかったけど 雨が強くなってきたから 上手く隠せそうだ  雨が止めば カメラが寄って 唇と手が動くの 2人だけのシーン あなたの手を取りたいのに アドリブがきかなくてダメ 瞳の閉じ方がバレてしまいそうだけど 会いたい気持ち もう隠せない 目線ありのアングルに変わったから  あなたは今何を撮って どんな瞳のアドリブで 塞がった手の温かさを捉えたの 花も握る私はまだ 結末を待っているだけの下手な演技して
モンスター feat.yamaジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音熱愛とか言って 私たちで騒いで 火をつけっぱなしで忘れる 軽いモンスター  ラブが調子づいていく 人生の拍子がルンルン スキップの途中から 足されてく2ステップ ありのままになって 周りが見えなくて 優しい世界に身を委ねて寝そべる  そんなハッピーエンドはないよ 徐々に聞こえる  カウントダウンが始まる それは何故かわかった  雨だれが絶え間なく 私を乱していった  いつも突然だ 見たことあるスタンピード お祭り騒ぎで御乱心  熱愛とか言って 私たちで騒いで 火をつけっぱなしで忘れる 軽いモンスター  何も言えない 人形みたいな顔で ショパンも驚くような切なさ 演じれるかも 今なら  嫉妬と野次馬で 好き勝手に波打った 私たちは今偽装中 くだらない賭けをしながら  弱くはないから 投げ出さないけど ピークは去った  暴れたくって 溜め込んだ何かも どこかへ去った  マジで疲れた 何もできない嘘ばっか 想像してみる価値があるもの 逃してばかり  優しさに定評のある 皆さん注目 あなたのことを歌ってます さっきから  言葉に水を垂らして  消えかかる意味を知って初めて  心がわかるっていうのに  過激なリップサービス おかげさまで悲しいよ 火をつけっぱなしで忘れる 軽いモンスター  ゼロになる頃 可哀想なフリした 私たち感情偽装中 忘れられるまで  きっと無駄じゃないと 信じ込んで 元より熱上げる もっと マジでもっと 私たちだけが優しくなるため
名前は片想いGOLD LYLICindigo la EndGOLD LYLICindigo la End川谷絵音川谷絵音一目惚れだったよ だから怖かったな 始まりに恋して途中を飛ばしたの  あなたと私混ざれないのかな 偶然色が同じなだけ たったそれだけでバツが悪いの 知っちゃった  曖昧な関係の名前は片想い 賢くなった私って誰 そうやって縛った いつも通りのこと 私らしく生きるより あなたらしく生きて欲しいから バイバイ  いつも悲しいけど 明るく歌ったよ わかって欲しいけど わかって欲しくもない  どんな溜め息も見逃さないと 社会の空気が言い出した 正しさの矛 たまに痛いよ  問題ない関係で悩んだりしないから 賢くなったつもりにならないで そうやって縛ってしまって片想い 生きていくためのリアル あなたはあなたらしく生きたの?今日も  曖昧な関係の名前は片想い 賢くなった私って誰 そうやって縛った いつも通りのこと 私らしく生きるより あなたらしく生きて欲しいとか 強がってしまったの 本当は崩れ落ちそうで 飛んでった理性を取り戻したいのに 身体はやけに正直 私らしく片想いに乗せて歌った
DADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音その場凌ぎの人間になって 破る約束をしちゃって ゆっくり心が死んでった 生活は無駄になって 綺麗に傷は隠れて 凹凸の無い私の完成 持ち時間ギリギリの選択 いつも間違えてる気がする 銃口が向いたまま 人生は手を上げる  肌に触れて どんな私を知った? これ以上知る気になった? もどかしくてモノクロになってく 誰も私を知らないまま 悲しいね  部屋に飾った絵を眺めるだけで 日が暮れたこととか 知らない街を想像して 期待したりしたことも 全部色はなかった  別れ際にあなたは何を言った? 聞こえなくて良かったかしら 夢の中でまた死んでしまった 生まれ変わる意味だと知って 皮肉だなって 二度寝した  窓の水気に気を取られて 止まってしまう 無理をしていた 気付いた夜明け  ハッとした顔が 映ってしまった  肌に触れて あなたが怖くなった 壊されそうな気がしたから 言えないことばっかり考えて また頭の中で死んだ 後に引けない  勇敢だった私は どこかで濡れ 眠る場所は水浸しだ 戸惑いに慣れてからスローになって そこからはもう話した通り 目を閉じて 口ずさむ 悲しみは メロディーで
超最悪ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音ハリボテだって心臓あるのよ お前とお前とお前と同じ場所 何で私だけ詰んでるの でも負けねえ負けねえふざけんな メリデメ女の感情爆発 ここから始まるカリスマ道  負けねえよ ふざけてえよ 化粧水しわクリーム2種でラスト乳液 余裕ある時、美容液とパック追加 朝も夜もやってやってやってやってやってやって見返してやる だってそりゃ主人公 わ・た・しだもん  台本通りの大人たちに Noを突きつける系女子 逆襲が始まる音 崖っぷちで鳴っている  超最悪でした お世話になりました 私、最幸になってくるぅ お世話になりました した  Wow ローリングガール ローリングガール ローリングガールの受け皿 酢タッパー満タンの想像で ストッパー無し垂れ流しの夢 朝のベッドはびしょ濡れ エロくはないビート  ノれ ノれ ノれ ノれ いやいやいや 売れ 売れ 売れ 魂以外の必要ない部分だけ それがカリスマ  台本通りの大人たちに Noを突きつける系女子 逆襲が始まる音 崖っぷちで鳴っている  超最悪でした お世話になりました 私、最幸になってくるぅ お世話になりました した  超最悪でした お世話になりました 私、最幸になってくるぅ お世話になりました した した した  ちょっとまだ騒ぎたいよ カリスマのパニック状態で なんだかんだ負けねえよ 誰にも (=知らない奴にも)  超最悪でしたけど ある意味超最高でした  もう最幸
江戸女TEAM SHACHITEAM SHACHI川谷絵音川谷絵音川谷絵音時代を間違ったからなれなかった あんな女になるつもりだったんよ 綺麗だし美人だし可愛いし でも足りない足りない足りない 現代にはない気品を得たい ギャル界のドンに自慢したい  江戸の女に生まれたかった 江戸っ子と結婚したい 下着はつけないわ ちょっとセクシー とーんときてよ 恋に落ちるわ  やんやんやんやん うるせえ奴ら 私を悩ませる時代錯誤に ついてけなかった  案の定私は渋谷と銀座の間に心を置いてきたの 知り合いに可愛い子なんていない 私が1番可愛いのよ  江戸の女に生まれたかった 江戸っ子と結婚したい 下着はつけないわ ちょっとセクシー とーんときてよ 恋に落ちた  あーんして 私が口に運んだげる 可愛い私が食べさせてあげる  江戸女江戸女江戸女江戸女 私ったら可愛いオナゴ 下着はいらないわ なんてセクシー とーんとくるわよ fall in love
PEAKYジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音ピースサイン グラスを傾けた 冷たい勇気が身体を巡るまで もう 5、4、3sec セクシーな幽体離脱 一日がスローになった 誰にも見えない鼓動はファスト 嘘みたいな日に感情は  ピーキーピーキー ピーキーピーキーピー 今日の出来事は絵空事 スキャッターブレイン ハッピーなベイビー 明日はポップな恋でもしたいよ 抱き合って 見せ合ったんだ 胸に自由を張り付けて 一等賞なんか気にしないで 頑張って生きてみようか  チューギー って言われた日も 突き抜けるような道が見えていた 1880m 生意気であり続けたい デタラメポイント貯めきった世界へ  「シャンゼリゼ通りまで」って 言ってみたいよキメ顔で デートの前に空を見て 世界中の青さが集まった 時々気持ち覗いてる 神様みたいな視線が 痛くなくてオープンマインド 今日はツイてる気がする  p e a k y  面白さとエモさは別じゃない? その感覚が自由の味だ  ピーキーピーキー ピーキーピーキーピー 今日の出来事は絵空事 スキャッターブレイン ハッピーなベイビー 明日はポップな恋でもしたいよ 抱き合って 見せ合ったんだ 胸に自由を張り付けて 一等賞なんか気にしないで 頑張って生きてみようかなんて  p e a k y
ヴァイオレットindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音揺りかごで何食わぬ顔の風 明日の天気すら 何もできない隙間で 暮らすのが私です あなたは今日も帰らない 心はゆく 傘を持つ酸素を吸い込んだ むせてしまう  ヴァイオレット よく似合ってた 紫の魂も着慣れた頃 信じるって言葉花火 目の前で散ってゆく 私はもう成り行きのまま  気怠い鳴き声で 飛ばされた眠気 何もできない都会は やけに静かだった  ヴァイオレット 綺麗だったよ 褒められて傾いた涙の瓶 そこからは簡単だったよ 紫は濡れていく それは綺麗に  枯れた水仙の儚さと戯れた またむせて朝を待つ  ヴァイオレット よく似合ってた 紫の魂も着慣れた頃 信じるって言葉花火 目の前で散って 弾けたあとの祭り  あなただって怖かったでしょう 紫を壊すのも嘘つくのも ヴァイオレット ヴァイオレット もう終わりにして良いんだよね
スローに踊るだけゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音問題はきっと 恋に落ちたから 毒によろめいてしまったfall in you 運命はシュール 時にありきたり コルチゾール上りっぱなしでギャンブル  一か八か職を変えて人気者になるイメージを 夢で見るたびに少し骨が強くなる気がする日も 天気雨を全部浴びて 映画の主役になって小さくガッツポーズして 出したクシャミが2回だった日も 大きく超えていく"それ"が恋だとほざくのだ  ファンシーな人生だ 大変だ 楽になりたい 端くれが得る幸福は恋以外にないものか どっかんと 打ち上げたい 酔いしれてたい 満遍なく タフになってく 癖になってく こんなんじゃ  体内で心臓以外の鼓動 何か嫌な予感の音 この緊張感が続きそう 二日酔いとは違いそう どうしていいかわからない こんな日々が続く意味 ねえ誰か教えて欲しい 独り言にしないで欲しい  踊っている 昨日からずっとこのテンポで 疲れたらやめるつもりで夜が明けた 中身に比べたらスローなダンス このまま仕事に行かなくちゃ  行かなくちゃ  生きなくちゃ  泣いてんだ 泣いてんだ ずっと邪魔されずにね 壊れないって決めたのに もう今日は無理みたい そんなんで そんなんで 生きていくの 何回も 何回も 自問自答してる 誰にも言えない スローに踊るだけ  ファンシーな人生だ 大変だ 楽になりたい 端くれが得る幸福は恋以外にないものか どっかんと 打ち上げたい 酔いしれてたい 満遍なく タフになってく 癖になってく 疲れたな
真夜中のラブ伊東健人伊東健人川谷絵音川谷絵音川谷絵音ガラガラの街で 風刺の効いた大ヒット上映中 朝まで手のひらで転がされても良いと思ってる深夜0時半過ぎ 身体は正直で 日曜日の憂鬱をも超えていきそうさ  真夜中のラブで 間違えちゃって気付いたんだ くだらないアイデアが弾けた ギリギリのラブで 確かめ過ぎたんだレッドカード あと少しで僕らは 真夜中のラブに  遊びのつもりでさ 片足を突っ込んじゃったんだ 時計が回ると「今どの辺だ?」 形が変わると無尽蔵に 溜まっていく 罰のゲージが  真夜中の2人で 愛を砕いて気付いたんだ 難しいぬくみの芯に触れた 悲しみのラブで 君の心の中引っ掻いた 全部夜に溶けていく 真夜中の合図  ふわりそうな自覚と 眠気が混ざり合う もうわかりそうにない 今日のことは  真夜中のラブで 間違えちゃって気付いたんだ くだらないアイデアが弾けた ギリギリのラブで 確かめ過ぎたんだレッドカード あと少しで僕らは 真夜中のラブ 忘れるよ 物憂げに窓の外を見ながらさ 綺麗だね それだけが救いだね 仕事には行かないと 切ない顔を上手く消して 不思議と回る世界へ 真夜中にバイバイ
悪夢のおまけゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音オスグッド・シュラッター 知らぬ間に心にくらった うさぎ飛びみたいな人生 和らげる薬探したい 一回やってみたくない? 忘れたり世界を曲げたりしない? 間違える度頼ればいい 曲がりよがり人の完成  もしも私だけが正しくなれたなら 何も聞こえないふりができる つまりは幸せと不幸の間から 傍観する側になるだけ すぐにでも  完成が平等に降る 空もおかしくなっている そんな意識もないまま 人に優しくしないから 旅人のように放心 罪人のような感情  もしも私だけが正しくなれたなら 何も聞こえないふりができる つまりは幸せと不幸の間から 傍観する側になるだけ  おかしくなる時と何も見えない時 奏でる難しさを知るの 背中に生えそうな悪夢のおまけでは 飛べないことを知るだけなんだ すぐ落ちた  私にできること あなたにできること どちらも正しくないとしたら 壊すしかなくなる それじゃ怖いからと 空っぽが笑う姿になる  もしも私だけが正しくなれたなら 何も聞こえないふりができる つまりは幸せと不幸の間から 傍観する側になるだけ すぐにでも
そのままの冷たさでindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音また一つ優しさを放り投げた 渋滞は変わらなかった 窓を閉めて息を値踏みする 相変わらず普通の人  狂ってく景色の速さで 知らないことが増えていく このままでいいわけがない 空気が跳ねた  ああ、そのままの冷たさで 生きてくのかい 許されてよ そろそろ背中を空けてもいいよ やり直せるカラクリを 解いてくれよ もどかしさが唇に触れて 声になる前に  役回りを恨んだ 大人になってすぐ 弾けないようにたまに泣いた 静かにすり減って  この経験は光を生みますか 涙の量に比例してくれますか 壊れる前に教えて欲しいよ  ああ、そのままの冷たさで 生きてくのかい 許されてよ そろそろ背中を空けてもいいよ やり直せるカラクリを 解いてくれよ もどかしさが唇に触れて 声になる前に  くすぐったい気持ちだけ 心のどっかに匿って 裸足を知った地球で 揺れてる間 年を取る わからなかった悪戯 拾えなかった誰かの裏 誰も知らない合図で 知らない誰かの声を聞く  忘れないで 生きるのはちょっと斜め 前を見てごらん 真っ直ぐ走れる道じゃないでしょ もうこれ以上 冷たさに慣れないでよ もどかしさを息が白くして 見えなくなった  吸って吐いて ここにいる
ヨニゲーム浦島坂田船浦島坂田船川谷絵音川谷絵音川谷絵音ヨニゲーム あなたと願わくばどこまでも ヨニゲーム 遊びきれないサーカス  急転直下ベルが鳴って そして誰もいなくなった それはそれは夜明けの話 また夜になるまで眠るよ ジェリーフィッシュは潜るよ 絵の様な心も夢を見る  ヨニゲーム あなたと願わくばどこまでも ヨニゲーム 遊びきれないサーカス  drunk drunk drunk on you 近付きたいよ drunk drunk drunk on you だけど 遠ざかるあなたも見ていたいからさ どうしよう drunk on you 夜もすがら泣き笑いして 朝よ来ないで drunk drunk drunk on you まだ明るい夜  ルールの無い船の行き先は きっと大きすぎて眩しい 一緒にいさせてよ  ヨニゲーム あなたと願わくばどこまでも ヨニゲーム 遊びきれないサーカス  drunk drunk drunk on you 近付きたいよ drunk drunk drunk on you だけど 遠ざかるあなたも見ていたいからさ どうしよう drunk on you 夜もすがら泣き笑いして 朝よ来ないで drunk drunk drunk on you 明るい夜に降る歌  drunk drunk drunk on you
常夜灯SouSou川谷絵音川谷絵音川谷絵音出会い頭に落ち着く 勢いは静かに強く あなたを信じて沈みたい 今夜こそ  今まで何度好きになって 忘れては思い出して それも終わるはずと意気込んで 綺麗に笑ってみた  常夜灯のような恋だ ひたぶるこころを持って 光加減を気にしないで 抱きしめて心覗いた 辿る私は砕けた  激浪に疲れて 無限に感じた寂しさを お湯に溶かして締める日々 追憶が上手くなって困るんだ  今ではちょっと目が肥えて 自信があるの そんなことを呟いて 賭けに負けた夜なんて  走馬灯のような恋だ 確かめた後はもう どうにもならない瘡蓋 崩れてく幻に乗る バイバイだって言わぬまま 消えたって静けさの方で 泣いてしまう私はまた ひと回り育った汚れで 陶酔と共に砕けた  常夜灯のような恋だ ひたぶるこころを持って 光加減を気にしないで 何度も間違え過ぎた  別れ際に跳ねた心臓のリズムに乗って メラメラと朝が沸き立つ 騒がしい悲しみ 抱きしめるまでなら 繰り返して良いのに 常夜灯と入れ替わる光 私には眩し過ぎるの 閉じた私は砕けた
エクレールジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音私の想像が勝って あなたの感動になるまで 貫け 能書きを破っていけ 秘密だけ膨らまして  ハイ、3-2-1  クランベリーグランジ 語呂合わせ 張り付いた魔法 何から声がするかわからない 見逃さないように  稲妻のように素早く 食べれない日もあったけど 甘い日常じゃつまんない 言い訳に使ったんだ 英雄になれる日まで 取っといた色々が 夢に出てきて大変だよ エクレール  私の想像が勝って あなたの感動になるまで 貫け 能書きを破っていけ ここから 秘密だけ膨らまして 当たり前のことになった それはそれで幸せだ 前を向いて描け  ハイ、3-2-1  夢の続きに見えるシーン そんなわけない状況も 作り出せるの 私たち 時間はかかるけど  故轍も踏みながら たまには外れて走ったり メタ構造の重心 ぐらぐらさせて エクレール  メラメラと燃え盛って 来たる戦いの予感 感じたら負けるから 覚えてて とんでもない考察を 予想しながら笑ったり ふざけたりした先にあるもの 響け  「なんでもあげる」  クランベリーエクレア それはちょっと美味しそうだ あなたが泣いたら食べようか 甘そうだ  飛んでゆく想像が 広がって救い出すまで 諦めないから 遠くを見て作るの なんでもない想像が あなたの感動になるまで 貫け 能書きを破っていけ 秘密だけ膨らまして 成功はその先に
青い裸ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音Hey You 弾かれた蜜蜂 裸の執念 ストーリーは入念 打ち込まれたコード 整った  タフなスコア 上がり続ける これ以上は無意味でしょ 凛とした狂気 奥で揺れる  もういっそ逃げて欲しいよ 忘れて 青く生きて欲しい 今のあなたはハレーション わかってるだろう  Hey You 私のこと見てる? 共犯者とスモーク 今日もまた色仕掛け あなた以外に  優しさだけがフラッシュバック 罰の臭いとセットで その度重ねる身体  死んだって会えないくらい 罪を重ね過ぎちゃったね どんでんも返らないよ 一生このまま 心臓に突き刺す情熱 返り血 鶴首して待ってた 心ゆくまでハレーション 望まれるのは青  思ってたより奇妙だ 私もあなたも十分にね 裸でいれるまでは 突っ切って 突っ張って  もういっそ逃げて欲しいよ 忘れて 青く生きて欲しい 今のあなたはハレーション わかってるだろう Hey You 私の身体 頬張ってくれるならいいけど どうにもできないハレーション 奪われた青さよ
発生中ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音変だな今日の気分 饒舌をふるう身分 トゥイート さえずったもん勝ち 多分おじさんとおばさんの生息地  大量大量大量におかしなものたち発生中  レンタル済み怒りマーク 踊れない悪趣味なビート×2 意見はこっち コラージュシート アートみたいな見た目にしたらオッケー  真っ二つに割れたようで 多様なカラー気取ったコーデ 戦うつもりなの?こんなお洒落して 醤油顔した冷ややかなアバター バター塗ったパンでもかじりながら ポストする人発生中  これ以上おかしくなって あくびしながら銃を持ってバーニング 意見はいつか武器になって 命が無駄になってくよ WAIT  大量大量大量におかしなものたち発生中  レンタル済み怒りマーク 踊れない悪趣味なビート×2 意見はこっち コラージュシート アートみたいな見た目にしたらオッケー 行儀が悪い人間のキング 決める戦いとっくにスタート このままじゃさ ハッピーエンド アートでしか見れないらしいよ ブート  発生中
電話と恐竜 (feat.相沢)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音電話してもいいよ 電話してもいいけどさ 私が泣くこと言わないで 始めからにしよう 巻き戻していい子になるから  取れかけたボタンを縫う 針は予想より右に傾いてる 急がなきゃ でも行きたくないな ため息も傾いた 明日早い 明日早い 明日ヤバい  私がスーパー女子高生なら ダメな部分も可愛く見えたかな リトライは倒れた場所から そんなわけない  電話してもいいよ 電話してもいいけどさ 私が泣くこと言わないで 始めからにしよう 巻き戻していい子になるから 目の前が暗かった セピア色ってこんな感じ? ジョークと不安のマリアージュ かけてきてもいいのに そろそろ眠れそうだよ 今日も  ダイナソー 夢でダイナソー 君もダイナソー 夢でダイナソー  鳴ってる 多分鳴ってる きっと鳴ってる 夢でダイナソー  電話してもいいよ 電話してもいいけどさ 私が泣くこと言わないで 始めからにしよう 巻き戻していい子になるけど  ダイナソー 夢でダイナソー 君もダイナソー 夢でダイナソー  鳴ってる 多分鳴ってる きっと鳴ってる 夢でダイナソー
マウントゲーム (feat.青空 & 絲花)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音マウントの鐘が鳴る 自慢話の渦に 飲み込まれそうでも 絶対勝ちたいんだよ 反射する言葉を 受け流して放つ どんどん盛られる話 ギラリと光るバッグ  ああ、何でよ こんな時間だわ どうせ帰ったら後悔するだけなのに 今日も笑顔でバイバイ マウントゲーム モノグラムがさ 寂しく風を切る  帰り道  「また彼の優しさを5倍増しで話しちゃった」 「あの子の最寄駅不便って言い切っちゃった」 「彼からのプレゼント、本当にしないと…」 「あの子の方位がダメだって…」 「私の方位ってダメなの?」 「あの子より私の方が」 「あの子より私の方が」 「めんどくさいけどやっぱり勝って終わりたい」  マウントの鐘が鳴る 自慢話の渦に 飲み込まれそうでも 絶対勝ちたいんだよ 反射する言葉を 受け流して放つ どんどん盛られる話 ギラリと光るバッグ  ああ、何でよ こんな時間だわ どうせ帰ったら後悔するだけなのに 今日も笑顔でバイバイ マウントゲーム モノグラムがさ 寂しく風を切る  また明日ね
点と線 (feat.さとうもか)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音すれ違う前に気付けない 僕ら半信半疑の無双中 棘の抜き差しをされてる途中に 鳴く小さい声は届かないや アクロバットな性格に見えて 僕らは勝手に夢想中 また恋は難しくなるばかりさ  振り出しに戻るハート 水の泡になったあのデート 期待だけ抱かせた そんなつもりはないのだろうけど わかるわけないサイン ちゃんと見ても間違えちゃうよ 痛み分けって思えないよ  君のあざとさとは ソリが合わなかった 二次会へ問う ビビデバビデブー 騙された気持ちになって 文句垂れる夜を超えて 酒のつまみにしちゃった 愚か者に拍車かかった いつも振り回されるだけで 答えはNOだった  君があざとくて何が悪いの? ただ僕が愚かだったから それがいつもの答えだ  すれ違う前に気付けない 僕ら半信半疑の無双中 棘の抜き差しをされてる途中に 鳴く小さい声は届かないや アクロバットな性格に見えて 僕らは勝手に夢想中 また恋は難しくなるばかりさ  振り出しに戻るハート 水の泡になったあのデート 期待だけ抱かせた そんなつもりはないのだろうけど わかるわけないサイン ちゃんと見ても間違えちゃうよ 痛み分けって思えないよ  2人の気持ちは点と線 君と始まらない理由AtoZ 街の騒がしさも気にならない 革命的なテクでグッバイ 彼氏面してたメイキング それを見てる 神様はSay nothing 点と線だ 心は アンハッピーで交わらない  すれ違う前に気付けない 僕ら半信半疑の無双中 棘の抜き差しをされてる途中に 鳴く小さい声は届かないや アクロバットな性格に見えて 僕らは勝手に夢想中 また恋は難しくなるばかりさ  あざとくてあざとくて そんな君が好きなのかもしれない 君はもう 君はもう 振り向くそぶりも見せないけど 思い出と香る君 もう更新しないよベルガモット ちょうど良いエレガンスの残り香  2人の気持ちは点と線 君と始まらない理由AtoZ 街の騒がしさも気にならない 革命的なテクでグッバイ 彼氏面してたメイキング それを見てる 神様はSay nothing 点と線だ 心は アンハッピーで交わらない
青い理想郷 (feat.春茶)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音あの青い青い日々の影 作ったのは 悲しみと理想郷さ 化かしあう大人たち まやかしとまやかしだ  鋭くて痛そうな寝起きの視界 間違えた そこに時計はない 鳴り続ける機械音に身を委ねたり リズムを刻んだり どこか遠くの世界のような 他人事で乗り切る朝  あの青い青い日々の影 作ったのは 悲しみと理想郷さ 化かしあう大人たち まやかしとまやかしだ くだらねぇ日々の果て 想像したけど 何もなかったんだ 違う違うこんなはずじゃなかった 気持ち悪いな  誰ですか 野蛮な徳を積んだのは もういっぱいいっぱいだ 他人を気にするの すぐに飛べると信じてた 明日には 色々詰まった本棚が全く 役に立たないのに  この長い長い年月に 意味を持った命を吹き込むのは 難しいと学んだ 仕上がった諦め でもくだらねぇと叫んだ それだけはやめられなかったんだ 青い青い日々を想う 化かし合いながら 無駄に吠えた ワン  醒めながら隠した 奥にあった醜さを ワンツースリーで目を瞑る その間に取り出した光  青春が赤くなる パンキッシュに発光した リズム刻みながら 生きてくことにした
春は溶けてindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音いつぞやの椿 花から花へと 夢のような膨らんだ季節 燃えたぎる他人に 火照ったくらいの僕 今はただ 今はまだ  切って貼った春は 都合良く芽吹いた いつでも新しくなるさ 何度だって会って 別れては重ねて 僕らはひたすら自由だ  春は溶けて まばらに色付いて 世界抉ったんだ 幸せだと思える一瞬は いつでもどこかに  好きになってみたり 傷付いてみたりして 「あの頃は」っていう武器を手に入れる 先は長くむず痒い 登ったり降りたりが 飽きても続くけど  切って貼った春は 都合良く芽吹いた いつでも新しくなるさ 何度だって会って 別れては重ねて 僕らはひたすら自由だ  足を止めて 息を吐く自分を褒めてからでいい そのままでも 間違えてはないさ いつかは心と 春は溶けて まばらに色付いて 世界抉るから  幸せだと思える一瞬は いつでもどこかに  羽の動かし方 急に忘れたりして 空見上げるだけの鳥にもなるだろう ヒバリの様に飛んで わかったような鳴き声で キラッとした顔を見せる そんなこともあるだろう  春は溶けて まばらに色付いて 世界抉ったんだ 幸せだと思える一瞬は いつでもどこかに 大人になり 椿は色付いて 距離を取るだろう それはそうと 悪くはない話だから
ズルい幻めいちゃんめいちゃん川谷絵音川谷絵音川谷絵音ドックンドックンしたって 結局また幻のはずだ  どうせ君は必要ないよ 頭よぎるまさかの冒頭 いつも勝手に諦めて 逃げるだけ 下手な芝居に気付かない 君の目見て冷たくなる ほのかに姿を見せるズルい顔  恋愛感情の上昇 推定数十日 下降線は綺麗に真っ直ぐ伸びきったから また出会って 心臓と話し合った 繰り返す戯れ  ドックンドックンしたって 結局また幻のはずだ ほどけた髪で急に思い出して嫌になった  揺れる間日々は真っ赤っ赤 君と君2、3、4...etc. まさかこのまま悪くなって 落ちるのか いつも自分を守って 盾で顔隠して帰った つまりはお別れ ズルい奴  六本木通り フーテン野郎のお通り やっぱ外苑東通りと間違ってたよ ちょっとのズレで もう引き返せない 嫌になるよ  問題行動最終日 にしたくて深呼吸したけど 長い長い人生は 偽りと諦めで許さない ドックンドックン鳴ってんの 確かめてまた強気になって ガッカリしちゃうんだ 結局また幻のまま  六本木通り フーテン野郎のお通り 外苑東通りぶつかったあたり 電話かけて また後悔して終わり 何やってんだ  ドックンドックンしたって 結局また幻 恋愛感情下降中 にわか雨 忙しい気持ちの粒 ドックンドックンしたいよ もっと君を濡らして 遊びのつもりだから もう深くは愛せないよ 言えないけどね 幻が白けた  ドックンドックン
ドーパミンゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミン  栄養ドリンクで身体がシュリンク 夢見て吐き出す 正午に動き出す 足りない侘び寂び ビールをグビグビ 五臓六腑のオーケストラ ふかす汚れたデコトラ  セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミン  もう君が必要だ  ドーパミン  スーパー銭湯 蒲田で劣等感 今日は出るはず 君はきっと来るはず 幸せを予知した 熱い湯で感じた カテコールアミン  セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミン  すぐに君が必要だ  ドーパミン
ヴァイオレット原田知世原田知世川谷絵音川谷絵音えつこ・川谷絵音揺りかごで何食わぬ顔の風 明日の天気すら 何もできない隙間で 暮らすのが私です あなたは今日も帰らない 心はゆく 傘を持つ酸素を吸い込んだ むせてしまう  ヴァイオレット よく似合ってた 紫の魂も着慣れた頃 信じるって言葉花火 目の前で散ってゆく 私はもう成り行きのまま  気怠い鳴き声で 飛ばされた眠気 何もできない都会は やけに静かだった  ヴァイオレット 綺麗だったよ 褒められて傾いた涙の瓶 そこからは簡単だったよ 紫は濡れていく それは綺麗に  枯れた水仙の儚さと戯れた またむせて朝を待つ  ヴァイオレット よく似合ってた 紫の魂も着慣れた頃 信じるって言葉花火 目の前で散って 弾けたあとの祭り  あなただって怖かったでしょう 紫を壊すのも嘘つくのも ヴァイオレット ヴァイオレット もう終わりにして良いんだよね
邦画indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音泣いたり笑ったり  紺桔梗の思い出 握りしめたあと 愛してよって甘えた BGMを切って いつも残したがった その度勝手に傷ついた 末尾を見据えた 私が悪いの だからこんな日に  邦画はやめとこうか とりあえずキスをして 優しさを噛み締めよ かがり火も華やいだ 動画で残したって いつかは切なさと 一緒に消えるんだから 今の私を見て  泣いたり笑ったり  前作を引きずって 確かめ過ぎた 今作の冒頭は 大失敗で幕開け 結局流れた名作の 大女優にシラけたムード だからもう  洋画の字幕切って お洒落なキスをして 不安なんてなくしちゃおう このまま抱きしめて 想像が悪くなって 形を成す前の 一番綺麗な私を 目に焼き付けて欲しい  泣いたり笑ったり  邦画はやめとこうか とりあえずキスをして 優しさを噛み締めよ かがり火も華やいだ 動画で残したって いつかは切なさと 一緒に消えるんだから 今の私を見て  思い出と私は違う 今だけが華やぐ  泣いたり笑ったり
スモーキーヒロインyamayama川谷絵音川谷絵音えつこ・川谷絵音・MELRAWヒロインになって 文字をなぞって 奪いたいよ 奪いたいよ 運命がまた白む前にキスをしたい  読み合う2つの種 どちらも意地悪だね 咲けば誰かを傷付ける花 水をやる日々が  もどかしいよ 忘れないで 光を浴びたらきっと 本も心も一緒になった 私に魅せられる  あなたと演じた優しさ わからない どこまで続くか だけどね 形になりたいの 今すぐ  ヒロインになって 文字をなぞって 奪いたいよ 奪いたいよ 運命がまた白む前にキスをしたい  名演技だって 言われたって 奥から睨む想い 痛みから生まれるのが恋だと言わんばかり  あなたと何を演じたって 心が邪魔をする それが艶やかな花として咲いた 裸にされた物語 急いで 今は時の褒美 奪い合うことで補い合ったらまた 針が戻る部屋 ゆらめく  ヒロインになって ヒロインを背負って 伝えたいよ 伝えたいよ 理想がうねって 綺麗じゃなかったけど スモーキーなムード アナーキーな情緒 似合いたいよ 似合いたいよ 東が白むの待つ間の声  あなたの演じた恋だって 私の想った恋だって どこからどこまで本当か わからなくなるけれど  本当の ヒロインになって 言葉を超えて 奪いたいよ 奪いたいよ 運命がまた白む前にキスをしたい ヒロインになって ヒロインになって 伝えたいよ 伝えたいよ 先は怖くて覗けないけど  もう少し 辻褄合わない花だって これから美しくなるんだ
Let Me Down EasySUPER EIGHTSUPER EIGHT川谷絵音川谷絵音PAEMUKALet me down easy  燃えあがって 上手くなった 目を見張った 才ある人生 もうずっと もうずっと つまらなくなることはない  時に花咲き 我に返らず 追いかけていくよ つまりはこのまま 連れて行くから 明日も行くから ずっと見てるから  Let me down easy  「I know」  言葉だけでも 救える心と 歩いたことは 何よりも光 夢の調子は 琥珀色になって 明るみになる 今花が咲く  Let me down easy  「I know」  痺れるはじまり あとは終わらぬままいて 癒えたことなどないけど 進んだ あなたと  Let me down easy  クラッカー鳴らした 秘めるパーティー始まったばかり ブル入れて集中 タリラリラってNEWメロディー 歌ってダンス 変わってマウス動かして 16のビートでライズ 到着駅は見ないで 乗り換えも気にしないで進んで 苦しみのマス踏んだら それはそれでラストに期待さ うるさい音よりデカめの祝いで 門出を繰り返して飽きない everybody everybody 聞いて everybody everybody ついてきてよ、ねえ  Let me down easy  「I know」  Let me down easy  「I know」
流光DADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音えつこ流れる色 それは同じ それなのに 弱いとこ睨んで 暗いとこ好んで 弾き合う命 傍観者はつじつま合わせに必死なの それすらも仕事かのように  あなたは何故 光を手放したの だんまりじゃまたダメでしょ 圧がかかると日陰を探しちゃう その場しのぎ それだけにはならないように 泣けど笑えど 誰か歪んでく 日が落ちる  煮て食う歴史はどこで 焼いて食う見方に変わったの 焦げ臭い思考の香り 私には刺激が強いわ  羽根が動くスピードで あなたのことわかりたい 戦うなら 飛べる人だけ空でやりましょ 流れ弾に怒るのやめられたら 最悪は涙目だけ 私は擦りむくだけだからさ  きっとってみんなが言う度 二種類の世界が揺らぐ  あなたは何故 光を手放したの だんまりじゃまたダメでしょ 圧がかかると日陰を探しちゃう その場しのぎ それだけにはならないように 悔しくても無知でも 流れる光を見つけて浴びるの  環状線から見つけた ラッキーな夕景に 見とれた私は 今夜だけなら幸せ
URARAKADADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音えつこスーパーの冷えた空気に 慣れた頃に電話が鳴る 無視してジャガイモの新鮮さを見極める もう帰ったの合図も何回目 アパートの鍵についた2つで1つになる絵柄のストラップ  忘れたいことも覚えてたいことも 両方あって疲れる まだあなたは何にも気付いてないんでしょう さよならって何回も練習したけど 上手くいかない そういえばあなたとは割と上手くいってたな  最後にしようとした 思い出の残り香を カレーに重ねてたよ そんな風にしてまた 明日も朝の残り物食べながら 言い出せずにいる  必要じゃないスパイスばっかり舌について 辛かった私 想像は痛いくらいした 割と考えたんだから許してね  上手く作れない 何故かわからないけど 決意が味を邪魔してるのかしら そんな風な日々を 過ごしながら情の香りだけが 部屋を刻んでく  麗かな私 さもありなん そうならないのも私のせい  最後にしようとした 思い出の残り香を カレーに重ねてたよ そんな風にしてまた 嫌いな味見をしながら私は湿ってく  もう離さないよ馬鹿 なんて言って抱きしめられたら 私は飲み込まれてしまうかも
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
パリ帰りのレインボーDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音えつこトゥナイト 集合は洒落きったバーで 想像するだけなら 私はディーバ  パリ帰りのレインボー 私はまだシティーガールにもなれてないのよ パリ帰りのレインボー 私のことなんてきっと知らないんだろうけど まだね まだね  You don't know me. 答えは私だけが持ってるから You don't know me.  トゥナイト 集合は洒落きったバーで 想像するだけなら 私はディーバ  パリ帰りのレインボー 私はまだシティーガールにもなれてないのよ パリ帰りのレインボー 私のことなんてきっと知らないんだろうけど まだね まだね
蛮勇DADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音えつことてもじゃないが無理だ そこまでする理由もない きっかけが欲をズラしても とてもじゃないが、ね 鬼の首を取った その目の奥は見たくない 奮い立たせたものではなく ただの蛮習に過ぎない 時雨になるのよ 挟まれても降るのよ 趨勢が違っても より強くいるの 明日になるのよ 許さなくても 風情がなくたって 思いっきり地面を打つのよ 条件反射で刃を出して 一心不乱に刺しまくるあなたの側で 時雨であるのよ はねられても降るのよ 人と違っても 柔らかくて動じない 明日になっても きっと変わらないけど 蛮勇はあなたか私かわからないまま 時雨になるのよ 挟まれても降るのよ 趨勢が違っても より強くいるの 明日になるのよ 許さなくても 風情がなくたって 思いっきり地面を打たなきゃ 画面が光った 私は戸惑いながら 喉を鳴らした 美味しくない 美味しくない はず
YOIDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音えつこHey 街は静かに包まれる時を待ち 私は見守る 今日も飲み明かす  最低で最高な人生を 忘れたくはない きっとまだあなたはハイカラなんでしょう 流暢な感性と 焼酎のボトルキープで 泣けてしまうくらい最低だ  Hey 時は静かに刻まれる街の中 私は生きてる 明日も酔いどれさ  最低で最高な人生を 忘れたくはない きっとまだあなたはハイカラなんでしょう 流暢な感性と 焼酎のボトルキープで 泣けてしまうくらい最低だ 哀愁と焦燥で人生を 終わらせはしない そんな気概を示すだけの夢 最低な人生も洗い流せるだけの 焼酎をロックで  酔狂な人生は あなたそのものでした 追いつけないことは気付いてたの 前年度優勝の旗を掲げた心 見栄を張ったまま OH BABY  最低で最高だ
花は買わないDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音えつこ糸は切れない 息もきれないや どうして どうして  花は咲かない 萎れたくないや 愛して 愛して  花は買わない 泣き虫でいいや どうして  あなたもダメにするから 共に落ちるとこまで落ちていこう 心が酔い続ければ その世界では大丈夫 朝までは 春までは 生きていられる気がする  花は咲かない 萎れたくないや 愛して 愛して  花は買わない 泣き虫でいいや どうして  あなたもダメにするから 共に落ちるとこまで落ちていこう 心が酔い続ければ その世界では大丈夫 朝までは 春までは このままで このままで 生きていられる気がする  結べたはずの真似事 隣り合わせたぬるい悲しみ 殺した内の秘め事 この世界では大丈夫じゃない 朝までも まして夜までも このままじゃ このままじゃ 失いそうになるから あなたをダメにしたいの 共に落ちるとこまで落ちていこう 酔わせて 暗いところで 脱ぎ捨てた服のことなんか気にせずに 咲く花を 育てるの 愛されたいからね さあ
イキツクシ(HOME VER.)DADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音えつこ取られても取られても 生き尽くした気がするのよ 私は大丈夫だからもう終わりにしない?  何をしてても素人だった 感情の幅だけはプロだった 交差点の中心で寝そべる夢ばかり見ちゃった 好きな人としか悲しめないよ 黒い誰かに言われて目覚めるいつも 好きな人として残りたかった でも後悔ないもの  ああ取られても取られても 生き尽くした気がするのよ 私は大丈夫だからもう終わりにしない? ああ流石だわ流石だわって 声が聞こえたけれど そんなたいそうな人生じゃなかったわ 笑って  チョコレートの甘ったるい想いを 受け止めて 私なりに飲み込んだ ああ不味かった 食べなきゃ良かった こんなことばっかり でも嫌いじゃない  光を見せて 虚無を見せて 溢れるものを引っ掻けば 私も変われるのかな プライドが邪魔をするの ねえもっと見せて  傷つけて って言ったのは 強がりじゃないんだからね 答えは全部いらないの 黙って私を痛くして お願い お願い  取られても取られても 生き尽くした気がするのよ 私は大丈夫だからもう終わりにしない? ああ流石だわ流石だわって 声が聞こえたけれど そんなたいそうな人生じゃなかったって 歌って歌って歌って
バイトリーダー典子ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音えつこ鳥が鳴く前に起き 痛めた腰をかばう まさにその勇姿 稀にみるリーダーさ  3年かかったこの道のりを 噛み締める間もない だけど今日からはこの命 値打ちが高くなり給う  あーやっと生きる意味 見つけたんだから  ねえ、バイトリーダーになっても そのままでいてよ典子 4桁の大台超えた昼間の厨房じゃ大スター  シフト係の夢子 後続の追い上げに鬱 だけどこのポスト 減らすのも簡単さ  可愛くなったノリノリに 嫉妬しちゃってるわけ? そんなわけ 私の夢はでっかいの  いつかなるの ハイパーメディアクリエイター  シフトリーダーであっても ズルい真似するな夢子 人間関係の泥かけるなら夢だけでいいよ バイトリーダーの典子 あなたは何になるの 割いた人生で何か掴めれば マスターなんとかクリエイター  3年かかったこの道のりに 思い出なんてない だけど今日からはこのバイト 時給が高くなり給う  いつか夢は 夢じゃなくなるんだって  クリエイターになっても そのままでいてよ典子 変わらないって何よ いつも変わらなきゃって言う癖に ハイパーでもマスターでも 楽しけりゃなんでもいいの 今は時給50円上げるために 厨房を回すだけ
BABY LADYジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音えつこ間違わないでよLADY って言ったのに 私いつしかあなた好きになった 間違えてよLADYに変わった時 何かが弾けたの  BABY LADY  弾けた夜に そのまんまの 私たちになれたの ひとつの価値に値しない 私たちにキバ向けても無駄  痛快なようで 軽快な恋模様 言えぬこと引っ張って 嘲笑う あなた方は自由になれないのね なんて可哀想なの  BABY LADY  弾けた夜に そのまんまの 私たちになれたの ひとつの価値に値しない 私たちにキバ向けても ひたすらに愛してる それすらも愛になる きっと私たちなら大丈夫 悲しい槍に見向きもしない どんな言葉も分断も 意味がないくらい強いの  ノロマな場所で 戦ってんの 人を好きになるだけで 私たちだってグラデーションの 鮮やかさの一部なの 価値で傷付いた 経験だって 美談にしてみせるわ 私たちもっと愛し合って 一番輝いちゃうわ  BABY LADY
良いんだってジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音MELRAWいつか最終電車に健康体で 愛した人と駆け込みたい だから出来るだけ優しく育つの  1 言葉は選んで良い 始まり良ければ終わりも良い 言いたいことを隠すのも 場合によっては正しくなる  2 偽善は偽善で良い 優しさは形で示すが良い 余裕がなければしなくて良い それで自分を責めなくて良い  3 たまには一人で良い 悩むばっかも悪くない 会いたくなったらそれも良い 会いたくないなら無理しない  4 恋愛は難しいから 失敗したり間違えて良い くだらないことで 愛し合えたら それが良い相手だと思うな  5 ジェニーはジェニーで良い わかりやすく言えば そうなっちゃう 誰かの真似もしなくて良いし 誰かを貶しもしなくて良いんだ  良いんだ 良いんだ 良いんだ  きっとこれからは幸せ ジェニーでハイならば幸せ きっとこれからは幸せ ジェニーでハイならば幸せ きっとあなたなら幸せ 自分で信じれば幸せ きっと私たち幸せ ジェニーでハイならば幸せ  だから 悲しくなるのは今日まで そして 不安になるのも明日まで きっと ジェニーでハイな明後日に したい  いつか最終電車に健康体で 愛した人と駆け込みたい だから出来るだけ優しく育つの 私、終電間際で笑い合って 手を繋いで走るんだ だから出来るだけ優しいフリでも良い
ルービックラブジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音えつこルービックラブ ドゥイドゥイドゥー いつまでも揃わないよ ルービックラブ 私たちまだいけるかしら 終われないドゥイドゥー  話したかった 浮ついた気持ち ある時は透明で 今はシャッター半分で  近付いたと思ったら見えなくなるこの感じ いつも同じとこ触ったって ダメな時もありんす  ルービックラブ ドゥイドゥイドゥー いつまでも揃わないよ ルービックラブ 私たちまだいけるかしら 終われないドゥイドゥー  名人並みの早さで心解けたら それはそれで嫌なんだ 出来なくたって投げたって 好きなんだって言うのでありんす  ルービックラブ ドゥイドゥイドゥー いつまでも揃わないよ ルービックラブ イケナイ火 付くまでにあと何回のドゥイドゥー 連打の得意技 打てば打つだけ振られた でもね ルービックラブ 私たちまだまだ終われないよ ドゥドゥドゥイドゥー  完全1面作れたと思ったら 他が上手くいかないわ  重なったイタズラなドゥー まさかの新キャラ登場で波乱 ルービックを2個持ちで 頭を悩ませるのでありんす  ルービックラブ ドゥイドゥイドゥー いつまでも揃わないよ ルービックラブ 私たちまだまだ拗れてしまう  OEなくても 私の憧れ なんて良い言葉 難しくたって 何度でも挑んでしまう ルービックラブ
ジェニーハイボックスジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音MELRAWこれくらいの5人のバンドに 才能と才能をちょっと詰めて ジェニージェニージェニージェニー ジェニージェニージェニージェニー って歌ってたら みんなが騒いでたんだよ これくらいの5人のバンドに 才能と才能をちょっと詰めて 目立ーつ見た目で良い曲あって  新垣です イッキュウです くっきー!です 小籔です 問題ありの川谷です 音楽取ったら ゲス そんな5人でジェニーハイ だー!  ジェニーハイボックス  これくらいの5人のバンドに 才能と才能をもっと詰めて ジェニージェニージェニージェニー ジェニージェニージェニージェニー って歌い続けて もっと騒がす  ほらみんな ダンス ほらみんな タンス開けて 才能取り出して そしてダンス 踊りながら入ろうよ  yeah  ジェニーハイボックス ジェニーハイ ボール飲みたい  ジェニーハイボール  ジェニーハイボール作ってくれる企業さん 募集しています
卓球モンキージェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音えつこゲッチュ ゲッチュ ゲッチュ テレビ画面のモンキー ゲッチュ ゲッチュ 温泉行きたい ゲッチュ ウキー!  卓球 卓球 卓球がしたいよ ピンポン見てやりたいと思って10年以上 経ってるし ああ クロール クロール 温泉でクロールしたいよ やりたくて ブルブル震える  ダンシング ダンシング ダンシング レボリューションばっか 早く 早く 早く 温泉行きたい マーベラス!  恋愛話枕投げ しながら笑いたいよ 喉が枯れたら酒を飲む そして 怪談 怪談会がしたいよ あったまった身体をブルブル震わす  拝啓 お元気ですか? 私は空元気です。 だって緊張してるんですもの。 昨今の芸能界といえば事務所問題が多発していますね。 独立してフリーになるタレントの方も増えました。 今はSNSの力でいくらでも自己発信できますからね。 とある事務所ではエージェント契約なるものも始まったらしいですね。 まあそんな話はさておき、本題です。 今から言うことは絶対に口外しないでくださいね。 ふぅ…私が  ピー(規制音)  失敗してしまったのです  サイダー サイダーが飲みたいよ 炭酸で忘れたいよ この度はお騒がせしました ああ ダンシング ダンシング ゲッチュだモンキー ファイナルアンサーだモンキー チケット買って 卓球 卓球 卓球がしたいよ ピンポン見てやりたいと思って10年以上 経ってるし ああ クロール クロール 温泉でクロールしたいよ やりたくて ブルブル震える
クリスとマスジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音えつこかなり欲張ってる なのに怖がってる サンタクロースがもうすぐやってくる クリスとマスがくっついた夜に ハッピーメリーが産まれた おめでとう私  今日はレイニータイニークリスマス レイニータイニークリスマス 後で映画館に行こうよ 待ち合わせは雪景色 レイニータイニークリスマス レイニータイニークリスマス 後でレコードバーに行こうよ ドレスコードは洒落てたら  冬が始まって 糸は絡まった サンタクロースが迷い出す空気 クリスとマスは顔を赤らめて ハッピーメリーと言い合う 街の静けさよ  今日はレイニータイニークリスマス レイニータイニークリスマス 後で映画館に行こうよ 待ち合わせは雪景色 レイニータイニークリスマス レイニータイニークリスマス 後でレコードバーに行こうよ ドレスコードは洒落てたら  レイニータイニークリスマスパーティー タイニークリスマスベイベー 恐れないで迎えてよ 幸せまで逃げちゃわないように レイニータイニークリスマス レイニータイニークリスマス 生きてまた迎えようよ ドレスコードもいらないわ  レイニータイニークリスマス
ジェニースタージェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音MELRAWピッピッピって鳴ったらスター ダサかったpastにGood-bye-bye ジェニースター ジェニースター  youtuberの勝者少数派 芸能より famous 哀愁より 贅沢 一方 なりたい自分は 世の中ごろごろ カリーのベジタブル もごろっと切る派です すいません すいません 神様転生でも良いから 満足いくライフ チートなグッドスキル でもレベル上げの仕方わからない ああ タイト タイト タイトな人生(ライフ)  ピッピッピって鳴ったらスター ダサかったpastにGood-bye-bye ジェニースター ジェニースター  イッキュウ.com えのP.com こやびん.com ガッキー.com Butやっぱり勝つ ドメインキング くっきー.com ああ スターの証はネームにあり でもそんなこといったらガッキーが win  星になる 星になる 俺が 俺が 私が 私が 俺が どうぞどうぞどうぞ どうぞどうぞどうぞ ヤー  星になる 星になる 俺が 俺が 私が 俺が 私が どうぞどうぞどうぞ どうぞどうぞどうぞ ヤー  ピッピッピって鳴ったらスター ダサかったpastにGood-bye-bye ジェニースター ジェニースター  宇宙宙に舞ってって ピカピカッて光ったんだ ジェニースター 星になった ピッピッピって鳴ったらスター ダサかったpastにGood-bye-bye ジェニースター 芸能パワー  ラップもピアノもおちゃのこさいさい 超速ラップ Let's go go go  ウルラニオトセラマモラクヤンセイ ウルラニオトセラマモラクヤンセイ yeah yeah 宇宙語 ジャーマンテクノ傾倒  ピッピッピって鳴ったらスター ダサかったpastにGood-bye-bye ジェニースター ジェニースター
シャンディージェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音えつこもうメイクなんてしない って決めた朝 やけに気分が良かった 全てお好みで焼いてください 神様の置き手紙 もうゆで卵生活も終わったの ついぞ見たことがない ハリボテゴール ヌイトが操る無限に寝転んだ いつまでも朝が続く気がした 鳴り続けるアラーム 止めなくていい気がした  お別れよ さいなら さいなら 可愛らしい着飾りさん人形 攻めあぐむ 朝のシャンディー 未来の私は明るいや 乾杯  贅沢ならばいくらでも 無尽蔵の美の宝  お別れよ さいなら さいなら 可愛らしい着飾りさん人形 攻めあぐむ 朝のシャンディー 未来の私は明るいや 乾杯の後は海へ メーテルリンクの詩を持って 祈れば思い出す 本当の私 忘れてた重みも  厳しさと 優しさだけ 意味を考えてしまうけど それでいいよね 振り返る 私の顔 なんだかんだ綺麗でしょ お別れよ さいなら さいなら 可愛らしい着飾りさん人形 攻めあぐむ 朝のシャンディー 未来の私は明るいや 乾杯
夏嵐ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音えつこ・徳澤青弦午後の蒸せるような気配も 懐かしくなるはず テレビサイズの音楽も 密かにCメロ削られてた そんなくだらない記憶しかない夏も 今年はまだまだ長いから 燦々とした表情も 見逃せる、今  夏休み 心は休めない だってまだ 何も残せてないから 燃えるような 限りある恋をしようよ 明日晴れ 海でも行けたらな  八月の尊さについて 一つ約束をした 過ぎても悲しまない それだけ  夏休み 心は休めない だってまだ 何も残せてないから 燃えるような 限りある恋をしようよ 明日晴れ 海でも行けたらな  空蝉を見てた 窓の外は青から徐々に赤へ ひたすら小さくなった 夏の大きさに拒まれて  夕立ちに 心を奪われた それだけで 今日は何もいらない 夏嵐 もっと吹いてしまえ 終わるなら それでもいいよ、今 夏はゆく 残り香は切なさ 吸い込んで 目を閉じた、今
雨と恋心Little Black DressLittle Black Dress川谷絵音川谷絵音まっさらになりたいよ 雨が降り恋が湿った パラパラと降った 愛して欲しいと言いながら ポツリと  忘れると思うけど 今だけはこのままにして 冷たいな 冷たいなって 言いながら  予感はしたの 当たったら嫌だ 雨も嫌だ 今日は最低だ おんなじことばっかり歌ってる  今日は雨に浸かって 恋心は湿って どうしようもないや 忘れるしかないや でも流れたあと 思い出すんだろうな 予感のような そうじゃないような  はしゃいでたって 切なくなって 涙になって 心はそっと パラパラと降った 愛して欲しいと  パパパパパパパパーヤ  もどかしい こんな日は ケーキでも買って帰ろう フィナンシェもついでにお願い 濡れた私  今日は雨に浸かって 恋心は湿って どうしようもないや 忘れるしかないや でも流れたあと 思い出すんだろうな 予感のような そうじゃないような  はしゃいでたって 切なくなって 涙になって 心はそっと パラパラと降った 愛して欲しいよ  今日は はしゃいでたって 切なくなって 涙になって 心はそっと 雨に変わって 冷たくなって 夜がきたって 変わらず泣いた 予感がしたの 恋心は帰った ひたすらに歌った 悲しみは東 恋だけが西へ 愛してくれよ 愛してくれよ
夏だらけのグライダーLittle Black DressLittle Black Dress川谷絵音川谷絵音暑がりな猫の態度は 思わせぶりにも見えた 暗がりで宿題は パラパラ顔を出す 丁寧に  待って 待って 待って 終わる気配にクラクラ だって だって だって まだ雨も上がっていないよ 今日は思い出になるようなこと たくさんしてやるつもりなのに  夏だらけのグライダー もっと明日までに飛ぶんだ 忘れないでいたいよ 出来るだけ華やいだまま サビだらけのパラシュートで 降り立つまで歌ってたいよ ららるー  青春に触れ 会いたいと願い どこへ行きたいかと言われたら困るけど 今より高く より息は深く いつか書いた日付けは滲んだ yeah~  夏だらけのグライダー もっと明日までに飛ぶんだ 忘れないでいたいよ 出来るだけ華やいだまま むせかえるようなBABY LOVE 降り立つまで歌ってたいよ ららるー  目と目が合う 舞い上がって 終わりゆく飛行  休み明けのR&B ノって跳ねたままで歌った 夏は追って来ないよ 寂しいけどそんなもんでしょ 真っ逆さまグライダー どっと疲れたけど笑った 夏だらけのグライダー 思ったより高く飛べたな 忘れないでいたいよ 華やいだままの心で サビだらけのパラシュートで 降り立つまで歌ってたんだ ららるー
ピーナッツバターシークレット (feat.CLR)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音ピーナッツバターシークレット 見たいならもっと苦くなって tiny tiny tiny  休みになったら旅に出よう 面白おかしくはしゃいじゃおう ノスタルジーを感じたい 日常から逃げ出したい そんな私が壊れて見えるらしい それはそれでありがたい 自由になってずる休み 走り出したら止まらない  くぐれ明日を 誰も追いつけぬ様に 味もわからない 今は味わう資格ない  ピーナッツバターシークレット 見たいならもっと苦くなって tiny tiny tiny ピーナッツバターシークレット それ自体もっと甘くなった tiny tiny tiny baby baby baby  ねえ聞いて 聞いて 昨日クリアしたゲームの話  ねえ聞いて 聞いて  ピーナッツバターシークレット 見たいならもっと苦くなって tiny tiny tiny ピーナッツバターシークレット それ自体もっと甘くなった tiny tiny tiny baby baby baby  ピーナッツバターシークレット 見たいならもっと苦くなって tiny tiny tiny ピーナッツバターファンキー それ自体もっと軽くなった tiny tiny tiny baby baby baby
想いはらはらとMISIAMISIA川谷絵音川谷絵音息をするように 僕は想いを吐き出したい だけどいつも途中で息を止めて しまうんだよな 大事な気持ちはさ 溢れてしまわないように わざと溜め込んでるとか言って 外を眺めた  「ああ、馬鹿ね」って君は言う Ah くしゃくしゃな笑顔で Ah 首を傾げた Ah 君は後ろから 心ごと抱きしめてきて そっと背中を押した  きっときっと 優しさは誤魔化せないから 恥ずかしくなって しまうんだろうな そっとそっと 降り積もる雪混じり出す 想いに 大切な何かを描いて 僕らは歩く 歩く  はらはらと落ちていくつもりの心を 救い出すほどの勇気 僕は持ち合わせてなかった でも何故か怖くないのは  Ah 君のせいだろう Ah 「無理をしてばかり」と 少しは言われてみたいな Ah なんて言ったら 「ああ、馬鹿ね」って言われる そんな気がするんだよ 自分で心を掴んだ  きっときっと 優しさは誤魔化せないから 恥ずかしくなって しまうんだろうな そっとそっと 降り積もる雪混じり出す 想いに 大切な何かを描いて 僕らは歩く 歩く uh  絶やさぬ気持ちを走らせる そんなに急がなくていいのに 君は言うだろう いいんだ、 僕には走るくらいがちょうどいい  きっときっと 優しさが浮かばれるように 僕らは このまま進むのだろう そっとそっと 降り積もる雪混じり出す 想いに 大切な何かを描いて 僕らは歩く 違う歩幅で 同じ距離を
春は溶けてRadio BootsyRadio Bootsy川谷絵音川谷絵音いつぞやの椿 花から花へと 夢のような膨らんだ季節 燃えたぎる他人に 火照ったくらいの僕 今はただ 今はまだ  切って貼った春は 都合良く芽吹いた いつでも新しくなるさ 何度だって会って 別れては重ねて 僕らはひたすら自由だ  春は溶けて まばらに色付いて 世界抉ったんだ 幸せだと思える一瞬は いつでもどこかに  好きになってみたり 傷付いてみたりして 「あの頃は」っていう武器を手に入れる 先は長くむず痒い 登ったり降りたりが 飽きても続くけど  切って貼った春は 都合良く芽吹いた いつでも新しくなるさ 何度だって会って 別れては重ねて 僕らはひたすら自由だ  足を止めて 息を吐く自分を褒めてからでいい そのままでも 間違えてはないさ いつかは心と 春は溶けて まばらに色付いて 世界抉るから 幸せだと思える一瞬は いつでもどこかに  羽の動かし方 急に忘れたりして 空見上げるだけの鳥にもなるだろう ヒバリの様に飛んで わかったような鳴き声で キラッとした顔を見せる そんなこともあるだろう  春は溶けて まばらに色付いて 世界抉ったんだ 幸せだと思える一瞬は いつでもどこかに 大人になり 椿は色付いて 距離を取るだろう それはそうと 悪くはない話だから
ハートは温泉美人の私のものよ (feat.謎女)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音ハートの鍵をなくしたの 箱根湯本で気づいたわ あーあ、手遅れよ ハートを明日触らないと 幸せが空気に変わってく  夏の宿題終わったよ トレイに乗せて提出 バイトのおばさん間違えた よりにもよって 意地悪なあの子の受付口  私は一生気付かないで 旅行に出かけたかった でも未来の温泉美人は 先生に怒られる それだけで済めばいいけど  ハートの鍵をなくしたの 箱根湯本で気づいたわ あーあ、手遅れよ ハートを明日触らないと 幸せが空気に変わってく  夏の宿題サボったら 何にもなかったはずなんだ バイトのおばさんは特に 何にも変わらないんだけどさ  ハートの鍵をなくしたの 箱根湯本で気づいたわ あーあ、手遅れよ ハートを明日触らないと 幸せが空気に変わってく あの子は一生性悪で しぶとく生きるんでしょう あーあ、手遅れね でも私は肌にも気を使って 先生を誘惑する  ちょうどいい湯加減ですこと って言いながら2時間浸かった ふやふやになった私 何かイケてる  ハートの鍵をなくしても 箱根湯本でリフレッシュ 良い湯だわ本当 ハートはどうせ触らせてくれる てかどうでもよくなっちゃった えへへ 私はなんて良い子なの あの子はなんて悪い子なの
fake radioDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音レディオ 悲しい表層 リビドー あたかも永く続くようなフェイク  レイテンシー どんくらい? 小休止 何回目 ハイブランド 無価値? そんなフレーズが雑に割れる  優しくなれないや そんなに忘れてやれないわ 私がもうちょっと 美に鈍感だったらね 優しくなれないや そんなに忘れてやれないわ ああ、疑わしい このミュージック  されど日々は経過する いつかなくなる美を攫う  レイテンシー どんくらい? 小休止 何回目 強がる私 何人目  優しくなれないや そんなに忘れてやれないわ 私がもうちょっと 美に鈍感だったらね 優しくなれないや そんなに忘れてやれないわ ああ、疑わしい このミュージック  可愛くなれないや そんなに自分を下げないわ 痛快な理想と 夢に溶け合ったのね 普通を見せないで たまには寝れなくなりたいの ああ、伝わらない このミュージック
夜行indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこ雪降らし 固まる 時すでに遅し 最適解 春を待つばかり  ぐるぐると混み合っていく まだ泣いてはいないけど  戻れない 戻れない 剥がれ落ちぬかさぶた わかるけど わかるけどさ  でも  行かないで 行かないで 夜行で駆け落ちたいよ 細い腕に絡み付いた痛みも分けて欲しいから  雪解けに巡らした気持ち 時の入り口で尻込み  冬が春追いやっていく もどかしくて汚れてんだ  この重い恋心 深くなり過ぎたよな わかるけど わかるけどさ  でも  行かないで 行かないで 夜行で駆け落ちたいよ 細い腕に絡み付いた痛みも分けて 行かないで 行かないで あなたが秘密の先で裸になるまで  秘密の先までの道半ば 愛しくなる温もりをたよりに 目を閉じた夜 もう少しだけと思うほど 助走もなく奪われる熱  夜の先に 春はなかったみたいだ 夜行秘密 一人で握った
華にブルーindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこ日々のノイズが胸を掠る 夜に痛む チョコでも食べて目を閉じる 演じないとさ 好きでいれない時もあるよ でもここにいる それが答え  華にブルー 切なく愛す なんだかんだちょうどいいの たまにでいい 心に息を吹いてくれるのは 華にスノー 溶かす時は 抱きしめ合うことにしよう いつも好きとは言えないけど 多分これでいい  似てる空気で 苦い味を覚えてしまう アバンチュールじゃ出てこない 恋は狂気と言えば かっこつくのかもな だけど本当は焦ったい  華にブルー 切なく愛す なんだかんだちょうどいいの たまにでいい 心に息を吹いてくれるのは 華にスノー 溶かす時は 抱きしめ合うことにしよう いつも好きとは言えないけど 多分これでいい  燃えた後が愛なんだ 消えたら点ければいいんだ 微かに揺れる熱で刻みたい  もしも霧が晴れる素振りしなくても 離れない 無茶なことでそっぽ向かれたって構わない 背中見たら大体わかる 重い空気も半分こ 隣にいなきゃおかしい そんな程度でいれたら 華にブルー 切なく愛す なんだかんだちょうどいいの 甘く溶けるアイス ちょっと羨ましいけど もしも時が巻き戻って 違う人と出会っても こんな苦味は味わえない やっぱあなただけ
たまゆらindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこもう幸せにはなれませんと 筆ペンで記されたみたいだ 全てかけて幸せから逃げたわけじゃないのに  下を向いた悪魔の 気のない返事 窺い知れないはずの先 何となくわかってしまった 交互に選んだ枝分かれ 盲目だった 過ぎた景色は飲み込まれ 黒いとこだけ先回り  もう幸せにはなれませんと 筆ペンで記されたみたいだ 全てかけて幸せから逃げたわけじゃないのに 遠くへ遠くへと追いやった 色付きの理想と思い出よ 乾いた日曜日の空気で 寂しくそこにいるんだろう  きっと上手に迎えない 節目節目の鮮やかさ 少し眩し過ぎたみたいだ  思い出せない華やかさ 醜いシワに問いかける どこで間違えたんでしょうか  もう幸せとか言わないから これ以上汚さないでよ 捨てるための覚悟さえ持ち合わせていないから 運命だと割り切れない それが悪いんだとしたら せめて顔見て 突き落として欲しい 消しても消しても消えない 背負う程でもない罪 決められた尺度で生きてく それが僕  でも破ってみたい 破ってみたい 破ってみたいよ  愛し愛されたとしても またきっと捨ててしまうから その度に引っ叩いて欲しいんだ 目が覚めたら 幸せを追いかけて 揺れ続けながらまた落ちる そんな月曜日をどうか楽しんで
不思議なまんまindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこつなぎ目のほんのちょっと もう少しで見えるのに 胸の鳴りが聞こえると 目が霞んでしまうんだ 奥から覗いたメランコリー ザワザワしたのは家の中 明日が良い日であれば  あきらめきれない虫の息 さよならするのは難しい 言葉にならない爪痕を 眺めながらでも生き抜いて 仮説を立てては間違えて 嘘までついて引き止めて それでも続き変わってく どうにか明日生き抜いて  トキメクまんま 有り難みの化身は 遅い業を全うするんだよ 不思議なまんま 生きてく向こう岸が 明るい保証はないけれど  ガラス玉の中心を 触るみたいに歩こうよ 風船も持って飛べるように いつかきっと  騒がしい街で口笛を 耳をすました誰かへと これから変わっていくように 祈りの音よ静かに鳴って  思い出ばかり 口を揃えてばかり そろそろやめにしてくれよ 少しくらいは 羽ばたく夢を買って 続きにばらまいてみてよ トキメクまんま 有り難みの化身は 遅い業を全うするんだよ 不思議なまんま 生きてく向こう岸が 明るい保証はないけれど  明日も同じつなぎ目を 見ようとしても変わってて 奥に手を伸ばす勇気もないだろう でもきっと生き抜いてる  不思議なまんま 意外と歩いたんだ あきらめてはいないからね 弱くていいし怖くてもいいらしい 意外と厳しくないんだよ トキメクまんま 有り難みの化身は 遅い業を全うするんだよ 不思議なまんま 生きてく向こう岸が 明るい保証はないけれど
晩生indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこ笑う意味を知らず 奥の奥の方へ 弔う意味が側に しゃかりきに命を問う 揺れたり撃たれたり 憎しみは深くへ 叫びは距離の無情と 重力で落ちてく  サンダルを突っかける そんな暇さえもない 嵐のように過ぎ去る 掛け違いのサイレンサー  どうして僕じゃ どうして私じゃ あなたじゃなかった? 答えは出ませんが 考えたかった 想いたかった 恵まれた場所で 何を言うか馬鹿者  一度は思ったことがあるだろ 自分じゃなくて良かったって 恥じても恥じても 普通に育つ贅沢な幸福論  僕が叫んでも 白い壁で跳ね返る 嵐は待てば過ぎ去る国 ここで僕はサイレンサー どうして僕じゃ どうして私じゃ あなたじゃなかった? 答えは出ませんが 考えたかった 想いたかった 恵まれた場所で 何を言うか馬鹿者たち
さざなみ様indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこ生きていれば それだけ風が吹くと 神様おっしゃいました バス停で揺れる青年さ  早く心押そぶると 自ら開けるダンジョン 難しいかもわからないが とにかく進んでく 一生もの 永遠なぞ 作った覚えはないと そうおっしゃってくれ 神様  惚れてばっか マジで童 そんでもって 言って放題 何もなくて 暮れてばっかなんだ カラス鳴いた 朝になった 今日も抱いて やって放題 夢見てた 今日も一人さ  いつしかさざなみは消えて 大きな流れだけが見えた 少し目を瞑っただけで終わっちゃうぜ 一人前の悲しみも味わえずに いつだって寂しさ単品頼んじゃう  惚れてばっか マジで童 そんでもって 言って放題 何もなくて 暮れてばっかなんだ カラス鳴いた 朝になった 今日も抱いて やって放題 夢見てた 今日も一人さ  今に見てろと何回言ったっけ お釣り間違えてガッポガッポ それくらいあってもいいじゃない  賭けてばっか 負けてばっか こんな人生 買ってちょうだい さぞかし笑うでしょう 思いきった 額を言った 生き様に1000万で 神様は首振った まだ0だって  恥を知った 不幸はまだ価値を知らないだけ 何もしてないだけ さざなみを思い出した 生きてみたくなったんだ
固まって喜んでindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこドゥービードゥービードゥービー イバラを肩に担いでる ハービーハービーハービー そんなことはわかってる フーフーしても冷めない 煌々としてキザな あなたが眩しい そこを代わって  固まって喜んで 掴まって退かないね 喜んで喜んで そろそろ休めるよ  フィーバーフィーバーフィーバー またあなたに毒されてる ラッキーラッキーラッキー タイミングよく電池切れ  見たいけど見たくない 好きだけど好きじゃない 逍遥する空はどう? それを感じたい  固まって喜んで 掴まって退かないね 喜んで喜んで そろそろ休めるよ  振り撒いた才能で また何か芽吹いた 喜んだふりした またちょっと嫌な人  トゲトゲしいルサンチマン 華々しいスーパースター 構図はさして問題じゃないよ ハービーハービーハービー  固まって喜んで 掴まって退かないね 喜んで喜んで そろそろ休めるよ
夜の恋はindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこむせび泣いた夜の恋は 僕のせいで終わったよ とめどないね、こんな感じで いないあなたに歌う  嫉妬させてよ それくらい好きにさせてよ させてよ あなたを見るたび痛くなってしまうくらい 好きにさせてよ  祈りあったはずの恋は 終わったって信じれる? いらなかった、こんなスパイスは どうなってくのかな  2人は1+1になってしまった わかってる わかってるよ それでも好きだと 走り出してしまうくらい  嫉妬させてよ それくらい好きにさせてよ させてよ あなたを見るたび痛くなってしまうくらい 好きにさせてよ  好きにならずにいたかった あなたを知らずにいたかった
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夜光虫indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこ束の間だった あなたは浮かぬ顔だった 通りで苦しいわけだ まだ朝だった  眠れないだろう 限りもないだろう 話せる友もいないから  切ない想いは 心の中で旅立たせない夜光虫さ 消せない想いが 光るこの夜 泣き虫はまだ闇に溶け込んだまま  打ちかけだった 文字が踊る様見てた 誰に向けた悲しみか それとも憎しみか  崩れないだろう こんな人生じゃ 大して価値ない喪失だから  切ない想いは 心の中で飼い慣らせない夜光虫さ 消せない想いが 光るこの夜 泣き虫はまた闇の先を怖がる  胸のつかえが脅かす おんなじリズムで轟かす 失うことで生活が並んでいく 慣れた先は  どうしてだっけ いつからだっけ 眠る時間がわからなくなったのは  触れ合う喜び それと同時に 無くなるはずと夜光虫が 誰の幸せも願えぬ心 日の光で赤くなった  切ない想いは 心の中で影を育てる夜光虫さ 消せない想いを 浮かべたばかり そんなことより もう朝だった
左恋indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音indigo la End・えつこ実名告白します ヒッピー映画の誰かに ドキリとした画面のモノクロ 悪い夢だ 右側の目覚ましを止めた すぐ目に入るまばゆい西日 悪い顔だ  醜い午後め  君とはナイトクラブで終わりにしようと思ってた シロップ一個分くらいしか もう君は甘くならない ハッピーエンドも辛いよ 左の恋に走ってみたいけど なんだろうな  流し込む水で罪深くなるのはいいけど また今日も短いつまらない午後だ  また夜になる  どうしたらこの乱された全てを 直視できるんだろう 歯痒い気持ちはほんのちょっと真ん中を嫌がった 振れ続けるよこのまま どうかしてるよ 黒くなる窓から逃げるように カーテンを閉めた  君とはナイトクラブで終わりにしようと思ってた シロップ一個分くらいしか もう君は甘くならない ハッピーエンドも辛いよ 左の恋に走ってみたいけど なんだろうな  打った 左恋のバッター 不実なとこがセクシー 危うい油で滑りたい ディミヌエンド ナイトクラブの情事 わけもわからず放置 右側に電話を
夏夜のマジック土岐麻子土岐麻子川谷絵音川谷絵音Shin Sakiura夏の匂いを吸い込んで吐き出す 弱いまま大人になった僕でも今日は少し 強くなった気がしてはしゃぐ君の顔を思い浮かべた 祭りの音が聞こえ始める時間に 決まって鳴く野良猫の顔が嬉しそうだ 君の方が 僕より夏が好きだったね 夜が重なりあった  今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで  暮らしの中で生まれる歌を歌って 幸せ悲しみ摘んで 想いながら歩いた 打ち上がった花火を見て笑った君を思い出したよ  今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで  記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする  今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで  夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて
恋してばかりDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音・えつこ最終便のチケット あの時後ろで光ったハイビーム 取り残されたvirgin くどくない恋路 寂しさは倍増さ 帰りたくない 帰りたくない  鋭い真白のポーズ 私はイケナイローズ  損してばかりwinter winter winter 恋してばかりlonely lonely lonely 総じて馬鹿さwinter winter winter そろそろさよならしたい キザな有酸素運動  回旋塔の様な 幼い記憶の共有シーンで 振り解かれたvirgin 寒くない冬は 傷が痛まないだけ 雨上がりの夕  損してばかりwinter winter winter 恋してばかりlonely lonely lonely 総じて馬鹿さwinter winter winter そろそろさよならしたい キザな有酸素運動  損してばかりwinter winter winter 恋してばかりlonely lonely lonely 総じて馬鹿さwinter winter winter そろそろさよならしたい キザな有酸素運動  損してばかりwinter winter winter 恋してばかりlonely lonely lonely 総じて馬鹿さwinter winter winter そろそろさよならしたい キザな有酸素運動
フラれてみたんだよindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音遠くなり溶けてった 見送る私を伝った 冷たさで醒めてって欲しい それなのに熱くなった 急いで荒く息を吸った 私は1人だ  あまねく照らす 抜け目ない月 私は影に 泣くもんかと 強がったの  フラれてみたんだよ 試しに 解かれてみたんだよ 魔法から 期待しないでよ 戻れるなんて フラれてみたんだよ つまりはさよなら  満ち欠けの繰り返し 寂しさの裏返し 光は見え隠れ 掌で覆った 掴もうとした私は今日から1人だ  同じ夜だって 同じ月だって これからもずっと 見てるんだな でも見たくない  フラれてみたんだよ 試しに 解かれてみたんだよ 魔法から 願ってないんだよ 戻れるなんて フラれてみたんだよ あなたとさよなら  人伝てに聞いた もう一つの影 平等な夜だった 昨日までは  私負けたんだね 溜め息 魔法じゃなかったよ 解くのは フラれてわかったよ やるせないほど おかげで気取ったよ 朝まで  張り詰めて丸を食った 味はしなかったな 風邪を引いた そのせいにしよう そう、私はフラれてみただけ
コクーンさんジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音熟年 それはそれで美しいけど 私はいつも絶頂期 コクーンシルエット 包まれた心は超繊細 (ハート) すぐに破ってよ また作るから 何度だって愛してよ  こんな歌が認められるなら  初恋の様に ときめきたいの あなたの努力次第 ダーリン 時は戻らない そんな正論もいらない キスくらいは増やしてよ  経済力 包容力 必要なのは絶頂力 常にてっぺんで私を見下ろして欲しいの 薄い空気に 慣れた頃にまた 突き放して登らせて  もちろん離れすぎない程度よ  初恋の様に ときめきたいの あなたの努力次第 ダーリン 時は戻らない そんな正論もいらない キスくらい増やして 振られる時は 今が今じゃない 理由はそれだけなの 単純 伴も返して 思い出も消して ってそんな上手くいかないわ  1人ツッコミ 悩み八丁 気付いたら メイク動画 意味もなく薄目がちに眺めてた  初恋は夜 小学生のおませな私ドキリ ヤーレン 気付いたら それ超えてないんじゃない? 答えは持ってない 可愛くなって いつ何時も 愛でられると思ってたよダーリン 初恋のように 私が無垢じゃないから 当たり前っちゃ当たり前か
だからラブ (feat.相沢&映秀。)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音恋は刹那なんて 愛は永遠だなんて 私はどれも信じない 今を恋し愛したいや  だからラブ 君とラブ 落ちてこう どこまでも 愛せなくなるまで だからラブ 君とラブ 落ちてこう どこまでも 身体が重ねられなくなるまで  恋は刹那なんて 愛は永遠だなんて 誰が言ったんだい 今は君に夢中さ  だからラブ 君とラブ 落ちてこう どこまでも 愛せなくなるまで だからラブ 君とラブ 落ちてこう どこまでも 身体が重ねられなくなるまで  だからラブ
ラブしいKizuna Ai×花譜Kizuna Ai×花譜川谷絵音川谷絵音ラブラブラブしい  はためく心 ギリギリまで迷ってたんだろう 姑息な良心 ギリギリまで好きだったんだろう 理想を並べる陽炎に なってしまう前に 私たち少しだけ手を合わせるの  ラブラブラブしい  まだ離さないで幻 繰り返す逃避行ならぬ 夜間飛行で私たち 共鳴中心世界線 眩しい方へ走るわ 悲しいなんて言わない だから離さないで幻 共鳴中心世界線  あなたの好きなとこだけ 切り取っていたいの 苦しいとこは合わさって 半分になればいいの  ラブラブラブしい ラブラブ恋しい  まだ離さないで幻 繰り返す逃避行ならぬ 夜間飛行で私たち 共鳴中心世界線  眩しい方へ走るわ 悲しいなんて言わない だから離さないで幻 共鳴中心世界線  ラブしい今日の幻 恋しくて嫌になる あのね、夜間飛行のグレーゾーンで 共鳴中心世界線  永遠に走るべく祈れ 私、ありのままでいれるように 手にした後でも歌え 休む間も無く私たち答えなきゃ あなたの影を照らして 間違いなら共に探してあげる 恋をしたような勇気で 幻の約束を果たそう  ラブラブラブしい
YDYゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音YDY  忘れないでよ  YDY まだ夏で泣いていたいよ 色が出ぬままに合いの手で 八月の気分で抱いて欲しいよ 色を気にして気の済むままで  YDY  思い出してよ  YDY まだ夏で泣いていたいよ 色が出ぬままに合いの手で 八月の気分で抱いて欲しいよ 色を気にして気の済むまま あの曲を書いた日の台風一過 愛おしさだけ残したかった あの夏はどうすることもできずに 汗が落ちる音で目覚めてた  YDY  YDY まだ夏を悔いていたいよ 秋の目を気にしながらでも 八月の気分で抱いて欲しいよ 色を気にして気の済むまま やだよもう 青春だらけになったって 心に収まらないから YDY 忘れた頃になって  また八月にフラれるのは やだよ
だけど放てBENIBENI川谷絵音川谷絵音Enon Kawataniどんな言葉より どんな思い出より 切なくなれる今を 生きるや 何を間違えても生きるや 何を恥じるか  嫌われない程度 ああ、好かれもしない程度 程良い私は枯れないが 辛過ぎることもないや 切なくなるなんて いっそ頭ん中 それだけにして生きることで論じたい 釣り合わない今日 不安3割程度 あなたはいつかいなくなるから まあ大丈夫 想像出来ないと人生半分程度 暗がりで怯えてるだけ  ラーリルーラローレロー わからない ラーリルーラローレロー だけど放て  どんな言葉より どんな思い出より 切なくなれる今を 生きるや 何を間違えても生きるや 何を恥じるか ラッセー ラッセー ルート違いのコード 響く洒落たノート どんな場所でも歌う それより 私は拙いながらも溶ける機会を窺う  密やかな LADY 心まで見て  ラーリルーラローレロー 急がない ラーリルーラローレロー だけど放て  どんな言葉より どんな思い出より 切なくなれる今を 生きるや 何を間違えても生きるや 何を恥じるか ラッセー ラッセー ルート違いのコード 響く洒落たノート どんな場所でも歌う それより 私は拙いながらも溶ける機会を窺う ドゥッタラドゥッタドゥッタ 足音は今日も 誰か知らないが聞こえる 怖がらないから たまには私に振り返らせて欲しいの  密やかな LADY 心まで見て 密やかな LADY 心まで見て 密やかな LADY 心まで見て 密やかな LADY 心まで見せたい
GALSDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音しかと見届け ここを離れる 渋谷のギラギラ 私のキラキラ 大人になるのに 形はいらない 着丈が合わない 服は着ないの だけど小悪魔の味 忘れるわけにはいかないわ  Yesterday ギャルだった  マジヤバい視点 見つけたから今日をもって 卒業します だけど忘れはしない  Yesterday ギャルだった
夜風とハヤブサindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音夜風に当たるよ 私はロンリー その通り 今ロンリー まさかの言葉で終わりを迎えてロンリー 今ロンリー 今ロンリー  捕まえて欲しいの 恋敵も全部 にわか事の馬鹿野郎 夏の数だけ恋があるなんて許せない  あなたが好き 私がフォトグラファーだったら 夏って感じで切り取るのに 今はまだハヤブサ通りで 雨宿り 傘を持たないあなたは来ない 不安の音をかき消す雨  涙にかまけて悲しみオンリー 鋭くて形がない 祭囃子の無気力さに 苛立った風まみれ  私この前ね 秋になった記念に 唇を奪われたんだ でもね、何にも感じなかったの  あなたが好き 私がフォトグラファーだったら 夏って感じで切り取るのに 今はまだハヤブサ通りで 雨宿り 傘を持たないあなたは来ない 不安の音をかき消す雨  雨に負けずとも 風は吹いちゃった もう止められないの 過ぎたら滴るあなたの心の内を 覗き見してるような夢見て傷付くだけ  それが夏 はやぶさみたいな恋だとしても 諦められない 落ちてく夜
夜漁りindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音グッバイ もう戻れないからグッバイ 灯る場所には グッバイ たおやかな火 君のことだよ  午前2時恋しくなる 過去だけは認めたまま ああ、軽いキスも重いキスもしたけど 言ったそばから 君とはもう  会えない もう会えない 夜を漁るあいにくの御心で 燃えない もう超えない 恋はそこに寂しく転がってる  さすらうのは 予備の心 本当はもう 此処にあらず  あまりにも切ないけど 君とはもう  会えない もう会えない 夜を漁るあいにくの御心で 燃えない もう超えない 恋はそこに寂しく転がっては 癒えないし 飾れない 電話したら夜が曲がるだけだし そんな二人はもう はなればなれ このまま時は過ぎる  止まない 夜の餌 君はどこで悲しみに耽るのか 会えない もう燃えない 寂しそうな転がり方見てると  恋はきっとわがままだし 夜の底は途方もない グッバイ グッバイ 会えぬ人よ  流体みたいだ
恋のこと美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音新宿なら都庁の方が好き 喧騒とは無縁な方がいい ありふれてる景色も好きだと 留守電入れてポケットにしまった 初めての恋が僕を濡らした あれから変われることばかり スタートを切る音が 僕を裏切ることはないとそう思ってた  短い季節が終わって 細切れの恋を伝って 息切れしそうな心を引っ張った 午前2時のコンビニの光がやけに眩しい 歯ブラシ買ったら帰ろう  初めての恋が僕を濡らした あれから変われることばかり スタートを切る音が 僕を裏切ることはないとそう思ってた  今日は晴れ 明日は雨 明後日は晴れ きまぐれで明日も晴れに変わるかも そんなこと そんなとこ  始めてみたくて 恋を掴んだ あれから変わった僕たちは さよならという声が 僕を引き戻したからさ もう帰ろう
文読む私美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音ねえねえあなたは幸せ? こんな普通がわからない場所で そうそう言い忘れてたけど 昨日フラれました  可愛く歌う 可愛く生きるんだ 大事なものが消え去っちゃっても 可愛く泣いて 構ってもらうんだ 大事なものに見放されても  すっかり忘れちゃった 楽しかった 悲しかったことも全部 星になった 綺麗になったはずよ のめり込んだ淡いストーリー 文読む月日より長いわ  グロスだって塗ったし チークだって完璧だし 中身も可愛い私を皆 さぞ羨ましかろ  可愛く歌う 可愛く生きるんだ 大事なものが消え去っちゃっても 可愛く泣いて 構ってもらうんだ 大事なものに見放されても 可愛い私 あなたと違うんだ 幸せだって明日は言おう
STAY HOMEEnon KawataniEnon Kawatani川谷絵音川谷絵音“許さない”は誰向け 限りないや 言葉は 意味のない錯綜で ねじ巻き声がうるさいな はしゃぐ声と否定は 同じピッチで聞こえる すぐ耳を塞いで 踊れるスイッチを入れた  優しい凪 波打ち際に 疲れてどこに 幸せを待て 追い討ちをかける声に救いを求めたって 悲しいだけ  STAY HOME  優しい凪 波打ち際に 疲れてどこに 幸せを待て 追い討ちをかける声に救いを求めたって 悲しいだけ 砂をかけて 意地悪になる それだけはダメ 目を閉じて寝て 感覚は違うけど きっと分かり合えるはずの休息  STAY HOME
もう全部終わりにしようゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音右向け右の方向に平和な正解があっても 左向け左の方向に争いの気配があっても いつまで真っ直ぐ歩けるかわからない 何の保証もない何が正解かもわからない 金輪際見たくもない戦況の報告だったり 画面で煽る馬鹿だったり もういっそのこと壊しちゃうか 社会に産まれる兵隊も 最悪誰かのせいにして  3月に降った雨は9月に血相を変えた 意味のないものも意味を持ってきた 悪くない想像は最悪な結果になりそうで 怖いとか考える前に自分が自分じゃなくなりそうで みんな大体目を逸らしてるから みんな絶対何か壊してるから 気付かないふりで人間のような人間じゃない人間の大量生産  もう全部終わりにしよう 見なかったことにして共に笑おう  3、2、1でドッカーン あくまで冗談のような本気の提案  お金だけはもってそうな幸薄そうなおっさんに 顎で使われることに違和感を覚えない 異常じゃなくなることが すでに正常で 異常であることは 常に正常じゃない 何かおかしくないですか?夢でしか叫べない それもコンクリートに突っ伏したおかしな格好で やっぱりここは正常です 起きたら何故か口がそう動く  もう全部終わりにしよう 見なかったことにして共に笑おう  3、2、1でドッカーン あくまで冗談のような本気の提案  天気雨が降った日 アルコールを撒き散らして 火をつけようとしてたんだ 絶好の天候だったのに 何故か雨が降った  みんな助かった  もう全部終わるからさ 見なかったら後悔すると思う
ハートの合図DADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音東京駅一番街 佇む私は嫌々よ 人の気配に慣れた頃 現れるあなたを見てはしゃいじゃう私  嫌だ  あーっそ もう何度あなたは私を 突き放しては泣かせても 離れないことわかってるんでしょ? だったらこの際もういっそあなたが遠くなってく前に 別れて もう別れてよね 溢れる前に目を塞いで あなたに背を向けて走った 追いかけてくれると思ってた 雨に降られて流す恋も 悪くないと思えてたら 楽だったのになって毒づく  嫌よ  客観的になれたなら 笑われる恋だと思う すったもんだで腫れたハート 慣れすぎた曰く付きの東京はキザだ  嫌だ  あーっそ もう何度あなたは私を 突き放しては泣かせても 離れないことわかってるんでしょ? だったらこの際もういっそあなたが遠くなってく前に 別れて もう別れてよね 溢れる前に目を塞いで あなたに背を向けて走った 追いかけてくれると思ってた 雨に降られて流す恋も 悪くないと思えてたら 楽だったのになって毒づく  私の合図で 鈴は鳴らない 銀の目次は目線だけ上げた なるべく傷付かないように なるべく好きにならないように  泣いて 私のために流してよね そんな顔見てみたかったわ いつも溢れるのは自分だった それでもあなたのことばっか いくらでも思いつくままに 流れてく 雫と一緒に 愛してなんて言わないから 恋する私を見てねって 口にしようとしたら駄目だった 涙で声にならなかった その時見たあなたのことが たまらなく愛しいなと思った
ジェニーハイウォッシュジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音これくらいの距離をとってさ 心と心は密にして ジェニージェニージェニージェニー ジェニージェニージェニージェニー って歌ってたら みんなが笑ってたんだよ これくらいの5人のバンドで 才能と才能だけ密にして 家に居ながら良い曲書いて  新垣も イッキュウも くっきー!も 小籔も 問題ありの川谷も とにかくこまめに 手を洗う そんな5人でジェニーハイ だー!  ジェニーハイウォッシュ  右手出して左手出して とりあえず水で濡らしまして ハンドソープをひらと甲に塗り塗りしてから こすりましょ  ほらみんな ウォッシュ ほらみんな 指先も手首も 忘れずに更にウォッシュ これをマメに繰り返す  yeah  ジェニーハイウォッシュ ジェニーハイ  ステイホーム  ジェニーステイホーム  手を洗わないと、あなたの魅力は半減よ
私以外も私ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音私以外も私 それはまやかしの雨 私以外も私 だと思えるあなたは誰?  ねえ 誰だっけ え?わかんない そもそも誰も傷つけてない 当たり前でしょ 登んな 私が下にいるのに おんなじ分だけ払って あっやっぱそれ以上の心 疲弊してへりくだって それに比例して許す か・も  私以外も私 それはまやかしの雨 私以外も私 だと思えるあなたは誰?  雨を待った 椿一本 強くなった それは空想 正気だった はずの今日も 壊れてった これは現実  正義は勝ってしまうよ 後に残る花の香り 急に参ってしまうよ 私以外の誰かに  私以外も私 それはまやかしの雨 私以外も私 だと思えるあなたは誰? 私以外の私 それも本当は鏡 私以外の私もあなたも 正義だと疑わない  雨を待った 椿一本 強くなった それは空想 正気だった はずのみんな 壊れてった これが現実
綺麗になってシティーポップを歌おうゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音詰まるところ私は躓いた 泥臭いハードなギターみたいに 今日もデレロー ずっとレデロー 一人でレイニーナイト このまま 私は変わらない 後がない どうにでもなれベイベー 私は無敵になるのかな  都会の雨 冷たいふり イケナイふり お上手ね 夜になったら東京で 綺麗になってシティーポップを歌おう そしたら完成するはず 都会の雨 冷たいふり イケナイふり お上手ね たまにはラップを嗜んで ヒップホップさながらのシティーポップ 歌って踊って酔いどれ  何をしても上手くいかないんだ 悲しみに暮れるほどではないが 夢でずっと 社会を壊す そんな体たらくさ このまま 私は壁を蹴る 後がない どうにでもなるわ 私もほら 無敵の人に  都会の雨 冷たいふり イケナイふり お上手ね 夜になったら東京で 綺麗になってシティーポップを歌おう そしたら完成するはず  劇的にベイビー 劇的にベイビー 劇的にベイビーしたいから 夜になったら東京で 綺麗になってシティーポップを歌おう そしたら完成するはず ベイビーベイビー ベイビーベイビー もう終わりにしましょうよ せめてもお洒落なコードで 私は落ちていきたい ザーザー
哀愁感ゾンビゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音ビターなターン スウィートなターン 空騒ぎしまくりなゾーン 苦しい 苦しくない リャンメン待ち 悲しい 悲しくない  哀愁感ゾンビ 悲しむまでいかないギリギリ 3年間ゾンビ 繰り返して抜け出せない懲り懲り  キター! 何が? ダメー! 何で? 死にたてだからわからない 眩しい 眩しくない 汚い 汚くない  哀愁感ゾンビ 悲しむまでいかないギリギリ 3年間ゾンビ 繰り返して抜け出せない懲り懲り  zombie
問いかけはいつもためらうためにあるゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音ネバーネバーネバー エンディングストーリー 隠し持っていた癖が流出 ガッツポーズ ガッツゲスゲス 出るはずだったよ 出るはずだったよーん そんな大前提でみんなが怒った 品がないポエムが大集合だ ピアノを弾け ギターを弾け もっと飯食って働け 面白い話をして チェロでも弾いて バレエでも踊れ 花でも習って茶をしばけ 洋書を読め レシピを作れ 年上を敬え 目標を持て それができないんだろ  だから 感じない奴は言うな 信じない奴に問うな 吟じない奴はみんな そうだ けしからん奴はビンタ 動じない奴はずっと チャイルディッシュだった結局  問いかけはいつもためらうためにある 持たない関係は美しい 問いかけはいつもためらうためにある 大人は教えてくれない
蜜と遠吠えゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音曇り空、蜜の味 記憶違い、あなた、さようなら 甘い蜜を求めて さよなら繰り返す 繰り返す  罪が積み重なって かえりみるまでもなく過ぎ去っていく それでも僕は 誰に何を言われてもあなただけを 守りたいな  どうして最後が愛しくて どうしてこんなに悲しいんだ 生き散らした証に涙した 遠吠えみたいな恋でも 行方はあなただって 思って生きていくよ 命を灯して さあ行こう  曇り空、蜜の味 記憶違い、あなた、さようなら 甘い蜜を求めて さよなら繰り返す 繰り返す  ハートがギスギスし合った 薪をくべるように負が連鎖した そんなような毎日にご褒美の光が ほんのちょっとでもあれば 僕は頑張ってしまう 誰かの闇の反作用で与えられたものであっても 蜜には代え難いから それを掬い出すんだ  どうして最後が愛しくて どうしてこんなに悲しいんだ 生き散らした証に涙した 遠吠えみたいな恋でも 行方はあなただって 思って生きていくよ 命を灯して さあ行こう  あなたは違うと思ってた 僕も違うと思ってた 思い込みの先にあるのは 甘くない秘密のさよなら それでもハートを掴んでた 痛そうなあなたを見ていた でももう少しで壊れそうだった 僕はそっと手を緩めた  どんな感度の愛だった? 僕は最後で極まった 意地悪なやり取りは切ないな あんなに夢中になったのに あんなに傷付け合ったのに 無駄だったとは思わない でもいつもそれは僕だけかもしれない  曇り空、蜜の味 記憶違い、あなた、さようなら 甘い蜜を求めて さよなら繰り返す 繰り返す
フランチャイズおばあちゃんゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音フランチャイズっていう思想 すごく便利 フランチャイズっていう思想 建設的 フランチャイズっていう思想 もっと使いたい フランチャイズっていう思想 応用出来そう フランチャイズっていう思想 僕ならこう使うんだけどな  フランチャイズおばあちゃん フランフランフランチャイズおばあちゃん 僕はまだあなたがいると思える フランチャイズおばあちゃん フランフランフランチャイズおばあちゃん 歌にするのがこんなんでごめんね  中身まで全部同じなら また姿勢注意してみてよ フランチャイズおばあちゃん 美しい旋律に乗せるから 気楽に聴いてよ フランチャイズおばあちゃん  アウトだってその屏風 虎は虎でも寅じゃない ばあちゃんが言ってたこと 些細なことでもコピーしたい  フランチャイズおばあちゃん フランフランフランチャイズおばあちゃん 僕はまだあなたがいると思える フランチャイズおばあちゃん フランフランフランチャイズおばあちゃん 歌にするのがこんなんでごめんね  中身まで全部同じなら また姿勢注意してみてよ フランチャイズおばあちゃん 美しい旋律に乗せるから 天国で聴いてよ 僕のおばあちゃん  キリがない寂しさは そろそろさ、埋めようよ 何かしら面影が フランチャイズ フランチャイズ
マルカゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音ほったらかし人生が主観でしかないなら どうしてこんなにも悲しい目に 取り囲まれているのかって ああ、これもまた主観でしょ って言うんでしょ って言っちゃう って妄想です Yes or No or どちらでもない 選択に疲れた30歳 先が見えないし見ようともしない ラブソングの主人公にさえもなれやしなくて 当然なんだけど そりゃそうなんだけど  泥だらけで 夢中になって戯けたよ くたばってしまっても構わないから 出来るだけ僕を見ててよ 毒は積もった プールが溢れない程度 いつまで持つかわからないから  そのまんま 愛以外はそのまんま ハートなんて揺らして泣いてくれよ  細胞からやり直せる薬と 大好きなアルコールの相性 悪かったならどっちを選ぶ? 運命を呪って酒を選ぶだろ 空前の不幸せブームの背景は 政治家でもなく金でもない 圧倒的に足りなくなってる ハートフルな傷の付け合いさ  噛みつき合って 痛みを覚えないと 簡単に一人になってしまうから  そのまんま 愛以外はそのまんま ハートなんて揺らして泣いてくれよ そのまんま 愛以外はそのまんま ハートなんて揺らして泣いてくれたら良いだけ  実家が越す度に変わる匂いと 似ている気がする人生転換期 慣れないものへの抵抗 その度に傷がついてしまう 同時にハートを傷つけ合う人が 僕らのそばにいたんだったら 泣いても悔いてもその先は きっとちょっとはマシなはず  そのまんま 愛以外はそのまんま ハートなんて揺らして泣いてみようよ  Yes or No or どちらでもない Yes
人生の針ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音私、間違うことでしか人生の針を 正しくは使えないの わかりあえるはずなのに あなたは一歩も引かない  切り込みが予想外に大きくなった 変化を好んだわけじゃない 理想を選んだわけじゃない 痒いとこに手が伸びる様に 身勝手に忍ぶはずだった 忘れないよ この業は 忘れないで この行も  タチの目が 根を張る 安全なとこで善を縫う レアなのは 値が張る 探すしかないか  私、間違うことでしか人生の針を 正しくは使えないの わかりあえるはずなのに あなたは一歩も引かない  縦に上げては遡る 機微と程遠いサンプル 隣の部屋のレコードで 我にかえった日曜日 歌いましょうよ 擦れる音 笑いましょうよ ズレる音  驚いた 毒の数 忌憚なくお申し付けください そんな張り紙でもあるんでしょうか  私、間違うことでしか人生の針を 正しくは使えないの わかりあえるはずなのに あなたは一歩も引かない 時の怖さを撫でる度 本当の意味で人生は舵を切れる わかりあえる日が来るか あなたに問うまで走るか  あなたが間違えた時の 世界は多分回って反対側 その時でも良いから 私に優しく針を落として  その時は あなたも私もとびきりで 会いましょう
瞳に吸い込まれてしまう (feat 謎女)美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音瞳に吸い込まれてしまう 少し気を緩めただけだったのに  瞳に吸い込まれてしまう そういうとこがずるいよね  校内で有名なあの子も きっと不埒なやつで  踊らされてるんだよみんな ねえ、そろそろ私のとこに来てキスしてよ  瞳に吸い込まれてしまう 少し気を緩めただけだったのに  瞳に吸い込まれてしまう そういうとこがずるいよね  瞳に吸い込まれてしまう 少し気を緩めただけだったのに  瞳に吸い込まれてしまう そういうとこがずるいよね って言われたいだけの人生だった  登校日に限って 化粧ノリが悪いの 前髪も決まらないの  不埒なあの子は可愛くて 私はいつもの60% 昨日だったら勝てたのに  瞳に吸い込まれてしまう 少し気を緩めただけだったのに  瞳に吸い込まれてしまう そういうとこがずるいよね って言われたいだけの人生だった  瞳に吸い込まれてしまう 少し気を緩めただけだったのに  瞳に吸い込まれてしまう そういうとこがずるいよね  瞳に吸い込まれてしまう 少し気を緩めただけだったのに  瞳に吸い込まれてしまう そういうとこがずるいよね って言われたいだけの人生だった
チューリップGOLD LYLICindigo la EndGOLD LYLICindigo la End川谷絵音川谷絵音染まりきった私 今更変えられない色 物語った私 あとがきへの助走ルート 振り解いたあなた 情がちょっと見え隠れ それだけでもう終わりなの? 散文的な変わり目  優秀賞なんていらない 過去になっていくあなたの 置き土産の色が濃くなって ひたすら苦しいよ  さよならが もうどうにもならないなら せめて私を寒くなさって あなたが切った夜は 少し大きすぎた 雲ゆきは ずっとわかってたけど 一縷の光に期待してたの 私馬鹿だからさ まだ願いたいよ  色を変えたあなた 壊れきった私を見て 差し出そうとした手を 引っ込めた そう見えたの  憂愁に閉ざされてた そんな時に励まされるのも あなたの記憶だった 苦しいな 苦しいな  終われないって私がいくら喚いたとて あなたは首を横に振る 冷たくなった光 やけに青白くて 過去にならなきゃ2番目でも構わないって 口を開こうとしたけど 閉じてしまったものは もう戻らなくて  2つに割れた夜に 移ろうチューリップの香り 夢を満たして涙を誘うよ  私には もうどうにもできないから あなたの袖を掴むことくらいしかできない  さよならが もうどうにもならないなら せめて私を寒くなさって あなたが切った夜は 少し大きすぎた 赤かった2人は今日で終わって 雪に混じり合った あなたの望む色になった ああ、寒いな
キラーボールをもう一度ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音キラーボールをもう一度 もう懐かしくならないように 湯掻いた魂でもう一度だけ どこまでも行けるような歌を  償いをしようと喉を取った 博識な虚像が喜んだ すったもんだリーダー 知らんぷりなローラ 紐解いてみたら いきがってただけ  遠回りして息切れしそうなミュージック 早まりそうで早まらない人生 ふとした瞬間スローでダイジェストになった 錆びついて  キラーボールをもう一度 もう懐かしくならないように 湯掻いた魂でもう一度だけ どこまでも行けるような歌を  安い女 だから たわむことなかれと 優しいリリック 身近なロック 全て狙い目 全て撃たれた  こんなんじゃダメって 2000時間前から思ってた 自覚を持って傷付いてみないと 踊れないぜ 昔の様な無防備じゃ軽過ぎて  キラーボールでもう一度 騒がしい日々と手を取り合って 暮らした音には唯一の感謝と 踊り方変える許しを 愛愛愛愛愛されながら ランランランと踊りましょう 愛愛愛愛愛されたなら 間違えてはないってことだから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ユーランゴブレット坂本真綾坂本真綾川谷絵音川谷絵音川谷絵音・徳澤青弦鏡に映る私も違うのに 毎日同じことなんてあるの? 昨日が鬱でも今日は違うかも 隣の味噌汁の匂いも 団地の仄暗さも 何か違って全部良い 今日は今日でしか生きれないから 私は歌う  寝ても覚めても明日があるなんて そんなことはないけど 昨日はあったしTodayは今 感じたこといっぱいのゴブレット 夢に飾った そのやけに綺麗な模様を眺める夜が 更けていく 3、2、1、0  ユーランユーラユーラン 日常さえ奇跡的 弾ける寝起き そんなことでもワクワクしちゃうの ユーランユーラユーラン 悩み苦しむ友よ 耳を塞いだその手を貸して どこか連れてくわ  存在なんて曖昧 実はもう概念なんてないんだよ あいにく私は自由さを 神様に隠れて手に入れた 会いたい人には 会いに行くだけ 命の燃え方 私が決めるだけ 当たり前だけど  ユーランユーラユーラン 日常さえ奇跡的 弾ける寝起き そんなことでもワクワクしちゃうの ユーランユーラユーラン 悩み苦しむ友よ 耳を塞いだその手を貸して どこか連れてくわ  強がったってハッタリだって 私は本日をもって 日付けを跨ぐ前に今日を脱皮します 今日を脱皮します  遊覧船に乗って 24時間旅行 何が起こるかわからないこと それすら奇跡よ 大々的な宣伝 人は意外と強い 友よ私はチケット2枚分優しくするつもり  明日もきっと来るけど 今日が終わるまでは 愛し愛されること1回ずつくらいは経験しなさい ありがとう この歌にかまけてないで 私も頑張ります
細やかに蓋をして坂本真綾坂本真綾川谷絵音川谷絵音川谷絵音・徳澤青弦受け止めない 今日は悲しみに蓋をさせて 細やかな感情だけ受け取るわ ほら早い者勝ち  遡ること数時間前 映画のワンシーンを追いかけてた 私が踊り明かした 私こそが踊り明かした 美だけ切り取ろうと 抱き抱えたはずの良識は 解けば饐えた虚無感だった 浮かび上がるぞ悲しみが 美に変えられない悲しみが  早く 早く 冴え渡らないと ただの ただの 女になるから 早く 早く 知らないふりしないと 受け止めない 今日は悲しみに蓋をさせて 細やかな感情だけ受け取るわ ほら早い者勝ち  季節と誰かを跨ぐ度 少しずつの負を請け負い過ぎた そろそろ私の場合は何か 空っぽにしてしまわないといけない  雨が 強く なる前に私 違う顔を取り出すつもりよ とめどないから 一日だけ 受け止めない 今日は悲しみに蓋をさせて 細やかな感情だけ受け取るわ ほら早い者勝ち  要するに甘やかして欲しいの わかるわよね 明日のあなたの役目はないけど それもわかって  時が 時が 優しくないから 焦らすような余裕はない つまり 私 女になるから 渇く前に触れて 悲喜交々だと意味がない 悲しみは今日はいらない 受け止めない 今日は悲しみに蓋をさせて 細やかな感情だけ受け取るわ ほら早い者勝ち
ダイエッター典子ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音すっとぼけてんじゃないわよ あんた他の女見てたでしょ すっとぼけてんじゃないわよ ボンキュッボンを見てたでしょ 私が努力しないから そんなのわかってるけど タピオカが流行ってるせいよ ダイエットの敵  ああ、あの甘い甘い絶妙なもちもちを 思い出すと並んじゃう タピオカ タピオカ 原材料キャッサバ でも食べ過ぎ注意 でも食べ過ぎ注意 でも食べ過ぎ注意 だって結局はイモ、炭水化物だもん  頑張ってダイエッター典子 頑張ってダイエッター典子 幸せ掴みたいんでしょ お腹掴めてる場合じゃない  頑張ってダイエッター典子 頑張ってダイエッター典子 モチモチガールを卒業したら ボンキュッボンになるんだから でもやる気出ない  糖質制限とかジュースクレンズとか 絶食とかリンゴだけとかヨーグルトだけとか 我慢しないでできるダイエット何でないの? こんなに科学は進化してるのに 意味ないじゃん 人間の身体は謎ばっかだし 私の体内タピオカばっか  もう食べ過ぎ注意 もう食べ過ぎ注意 もう食べ過ぎ注意 タピオカはキャッサバ、炭水化物だもん  頑張ってダイエッター典子 頑張ってダイエッター典子 幸せ掴みたいんでしょ お腹掴めてる場合じゃない  頑張ってダイエッター典子 頑張ってダイエッター典子 モチモチガールを卒業したら ボンキュッボンになるんだから でもやる気出ない  やる気出ない  食事制限してないし特に運動もしてません 好きなもの好きな時に食べてます って笑顔のモデルが言ってる テレビ画面を割ろうかと思ったけど 立ち上がる方が面倒だった ほら、そういうとこだぞ典子  そうだ、私考えたの タピオカダイエット 食べ過ぎたら 奇跡的な体質変化起こるかもしれない 奇跡を信じよう 奇跡を信じよう 科学を超える力は奇跡でしか起こせない  私は典子ダイエッター 名目上はダイエッター 食べ過ぎ上等ダイエッター 痩せてはないけど不幸でもない  私は典子ダイエッター 名目上はダイエッター 食べ過ぎ上等ダイエッター タピオカ摂取できないよりは できる幸せを掴みたい
不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音夢ばっかり大きくて 他人の失敗喜んじゃう 今日もアイスは美味しいし タピオカにも並んじゃう 不毛な時間によく妄想する 私の中の私  見境なく惚れられる世界線 私がナンバーワン  不便よ 不便よ 不便よ 不便よ 私の可愛げは そんなことをのたまう私は一級品 敬いなさい 寝ても 寝ても 寝ても 午前中 だったらいいのにな まだまだ私、楽しめるはずのオンリーワン パリラリラリラリラ  そつないあなたの幸せを 妬んだあの子とさよならよ ラブラブストーリーなら今日も 私の心の目で見るの  牛タンラーメンチョコ増しで 夢にありがちなデタラメな注文 可愛い私は太らない 味がどうかはわからないけど  見境なく惚れられる世界線 私がナンバーワン  不便よ 不便よ 不便よ 不便よ 私の可愛げは そんなことをのたまう私は一級品 敬いなさい 寝ても 寝ても 寝ても 午前中 だったらいいのにな まだまだ私、楽しめるはずのオンリーワン do do  黒髪ロングと黒髪ボブより 金髪ショートが似合いたい 人生残りの何十年 幸せの余韻続け  I know I know I know I know 私は可愛くない されど一度目を瞑った先には 儚げなガール 便利なロンリーより不便な可愛げ 私が欲しいのは do do オンリーワン do do ナンバーワン
プリマドンナジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音私プリマドンナマドンナ  不可思議な風潮に 甘く苦しい旋律を 一生どうにかなると思ってる悲しい女になるもんか Yes Noの合間に蔓延るのだけは 私が私を許さない  私プリマドンナマドンナ  愛最麗 I am ... あなたが羨む私でいれば 孤独も厭わないんだから  愛最麗 I am ... あなたを裏切る躊躇がなければ すぐに魚になったのに  もう、やるせないんだから もう、足りないんだから 歌わなきゃ 歌わなきゃ 私が始めなきゃ キリがないんだけど 嘘もつくんだけど 知らなくちゃ 知らなくちゃ 孤独を楽しむ肴にどうぞ  私プリマドンナマドンナ  愛最麗 I am ... あなたが羨む私でいれば 孤独も厭わないんだから  愛最麗 I am ... あなたを裏切る躊躇がなければ すぐに魚になったのに  私プリマドンナマドンナ  どうして そうやって 難しい顔のフリをしてまでさ 安全なところから 槍を構えているの あなた方はきっと私が憎くてそうしてるんじゃない 狙われないように だれかの真似をして投げてるだけ  でも 私プリマドンナマドンナ 歌わなきゃ 私プリマドンナマドンナ とにかく歌わなきゃ 私プリマドンナマドンナ 演じなきゃ 私プリマドンナマドンナ
ヘチマラップジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音せっかくのヘチマをタワシにする私ら人間だから 数多のチャンスに気付かないんだ そうだ 他人のチャンスを奪っちゃおう 失墜した なんて快感 チャオ 何で謝らないの?謝っても許さないけど WAO 私らの目は厳しいからね  コンプライアンス万歳 そんな感じで安泰な私ら yeah コンプライアンス万歳 そんな感じで安泰な私ら yeah  こんなラップを披露してごめんなさい でも嘘はついてないからください 何を?好感度とクリーンさ あっ間違えた ヘチマでいいや ヘチマヘチマヘチマヘチマ… もう一回 ヘチマヘチマヘチマヘチマ…  何だよこれ 何だよこれ  ヘチマって何だよ  コンプライアンス万歳 そんな感じで安泰な私ら yeah コンプライアンス万歳 そんな感じで安泰な私ら yeah  コンプライアンス万歳 そんな感じで安泰な私ら yeah コンプライアンス万歳 そんな感じで安泰な私ら yeah  ヘチマ  今年は日照時間が短く 例年よりやや実りは遅れているものの 品質は良好な模様 収穫されたヘチマは皮を剥き 3日ほど水に浸けたのち 天日干しにしてタワシや枕…
愛しのジェニージェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音前世が徳を積んだ かなり前に気付いていた 古びた中華料理屋 ひたすら佇む俺は ザーサイを食べながら天才だと思ってた 自画自賛で何が悪い 自暴自棄よりずっとマシ  不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン) 不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン) 不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン) 不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン)  愛しのジェニー 天才のジェニー 幸いにジェニー ハイになろうぜ IQって書いてイッキュウって読む 愛しのジェニー 天才のジェニー 幸いにジェニー ハイになろうぜ ジェニーハイ ジェニーハイ  妙に明るい旋律に そろそろ困惑してる頃かい? 天才っぽい展開で ジェニーな音楽にするんで ちょっと待っててよ ちょっと待っててよ ちょっと待っててよ ほら ねえ  愛しのジェニー 天才のジェニー ハイになろうぜ IQって書いてイッキュウって読む  愛しのジェニー 天才のジェニー ハイになろうぜ ジェニーハイ ジェニーハイ  愛しのジェニー 天才のジェニー 幸いにジェニー ハイになろうぜ IQって書いてイッキュウって読む  愛しのジェニー 天才のジェニー 幸いにジェニー ハイになろうぜ ジェニーハイ ジェニーハイ  不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン) 不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン) 不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン) 不埒なあの子も才能の前に背筋ピン (背筋ピン)
バレンタイン泥棒ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音チョコレート 君にチョコレート 甘い香りが美意識繋いでくれる チョコレート 君にチョコレート ああ ああ ああ  先にハートを奪って とにかく良い結果を作って サプライズは人生観が見える カプレーゼはトマトが決め手 ないや ないや ないや あなた以外にこんな気持ちがないや 先入観ないし没入感 このストーリー後者だけで良い感  チョコレート 君にチョコレート 甘い香りが美意識繋いでくれる チョコレート 君にチョコレート ああ ああ ああ  バレンタイン泥棒 あなたの心は盗まれる予定  バレンタイン泥棒 ズルいのはあなたの美しさの方  魅せる味とビターな心 男が作った バレンタイン 逆転現象 君には友チョコ あなたが 本命 チョコチョコチョコチョコチョコチョコチョコチョコ うるさい世間に 迎合 ヘイホー ぬか漬け並みのしつこさで作ったチョコをご賞味下さい 恋もしてください スウィートなスウィーツ スウィートなスウィーツ 超スウィートなシーフ それが今宵あなたの前に現れる yeah  チョコレート 君にチョコレート 甘い香りが美意識繋いでくれる チョコレート 君にチョコレート ああ ああ ああ  バレンタイン泥棒 あなたの心は盗まれる予定  バレンタイン泥棒 ズルいのはあなたの美しさの方  バレンタイン泥棒 thief of valentine バレンタイン泥棒 thief of valentine yeah
まるで幸せジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音恋にかまけたい 詩的でロマンチック だからこそ存在を疑うような心 生活の方はさして変わらず 目に見えるものだけを掴もうと してる毎日でした そんな亀のような日常に 急にウサギが飛び出してきた 忘れられない 可愛いあなたを  一目惚れはしない方だったんだけど あれはしちゃうよな 今は見慣れ過ぎて他にも目移りだけはしちゃうけど  幸せになりませんか? 渾身の綺麗事 一生に一度の勝ち戦 好きが少し減ったとしても 嫌いにはなれないから 同じベッドで背を向け合うくらいさ  浮ついた気持ち沈むように 仕事を積み上げた それでもフワフワしちゃってるよ 目に見えて何か変わるわけじゃないけど  プロポーズは一回きり 見慣れ過ぎた顔を前に 見たことないくらい汗をかいた 笑わないでよ  幸せになりませんか? 渾身の綺麗事 一生に一度の勝ち戦 好きが少し減ったとしても 嫌いにはなれないから 同じベッドで背を向け合うくらいさ  まるで幸せ 嫌いになれないだけで まるで幸せ こんなに簡単なことなのに どうしてここまで愛しいの  あなたが泣く時は 出来るだけ笑ってるから 一つ約束するならこれかな  結ばれた先は長い あなたと老いていくだけ つまらないことばっかかもしれないよ だけどもうあなたにしか たるんだ裸見せれないし 思い出補正も重なれば良いもんさ  明日になれば喧嘩するかもしれないけど まあいいや そんな風に思えるのもあなただけ  だから結婚しよう
グータラ節ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音ちゃんMARI私って身体から機械壊しちゃう電磁波でも流れてるのかしら 新しい家電はことごとく電源入らなくなるしさ すぐに物落とすし豆腐は買い忘れるし調味料こぼすし 色味は良くないけど味はまあまあなのよ  グータラグータラグータラ女子じゃいけないの? なんとかしなさいよ江戸っ子諸君 私は甘える生き物よ 一緒にグータラしないでね グータラグータラグータラ節を歌おうよ 夢ではバリバリ家事するキャリアウーマン 現実かけ離れちゃった でもしょうがないわ  身体冷えるからベッドにいるね 身体冷えるからお風呂入るね どこでだって寝れるから 結局ずっとおやすみしてた グー  ドラマでも干物女をテーマにしてるくらい 私たち大衆的 みんなそうなのよ 私だけじゃないから大丈夫  グータラグータラグータラ女子じゃいけないの? なんとかしなさいよ江戸っ子諸君 私は甘える生き物よ 一緒にグータラしないでね グータラグータラグータラ節を歌おうよ 夢ではバリバリ家事するキャリアウーマン 現実かけ離れちゃった でもしょうがないわ  グーグーグーグーグー 眠気と今日も戦いながら仕事に行きます グーグーグーグーグー 帰ったら干物に乾いてぬくぬくしよ  なんとかなんとかさんっていう人の話 全然覚えてないけど多分偉人 つらいつらいつらいつらい記憶がないつらい  グータラグータラグータラ女子の二日酔い 味噌汁作ってよ江戸っ子諸君 でも今日は愛の方が欲しいから たまには一緒にグータラしよ  寝ても寝ても午前中なら良いのに 食べても食べても太らなきゃ良いのに 願望だけは一人前 せめてグータラ節は流行って
花傘indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音ちゃんMARI曇りガラスで隔てられてた もっと見たくて 恋しちゃったんだ  ツバメ飛ばした 君の裸に 見合うような 僕になれるかな  魅惑を払いきれない がらんどうだった身体が 染まりきった 先が怖いけど  花のようなベイビーガール いつも見てる先はそっぽ 気付かないふりする度に心がちと濡れる さよならの雨がパラパラと降る予報です 小雨のうちだったら 心拭くのもまだ簡単なのにできない  恋の宵立ちさせない傘が 邪魔だなんて まだ思えないんだ  夜一夜(よひとよ)止まなくて それでも想いながら 低く飛んだツバメを見てた  不機嫌なベイビーガール いつも見てる先はそっぽ 気付かないふりする度に心がちと濡れる さよならの雨がパラパラと降る予報です 小雨のうちだったら 心拭くのもまだ簡単なのにできない  幕電に期待しちゃう 君はまだ僕の花傘 お墓参り 行けなくてごめん  殺伐な雨が君を許さなかった日から 恋したんだよ 勝手に君を差したりしてさ いなくなったベイビーガール 優しく鳴る音で今日も 花のような裸を考えて 切なくなったりするんだよ
心の実indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音涙少し拭いて あなた下を向いた 記憶の影法師 君の前であなた浮かぶ 心の実はあなたで 君は好みなんだ ズルい恋のまんま 引きずって馳せる何処に  誰の目も誤魔化さず もういっそ 恋をしない 募らせない まあいっか 道すがらラブソング 口ずさむだけで  汚れたガスコンロ 拭く後ろ姿 たまに重ねては 後ろめたさ青白い 寂しい頃合いを 測ったかのように 同じ顔をすんの やめてくれよ  誰の目も誤魔化さず もういっそ 恋をしない 募らせない まあいっか 道すがらラブソング 口ずさむだけで 夜に明かす嫉妬顔 そうやって 影を落とす心の実 もう一回 君の目を見てみたら 涙堪えてた  フォックストロット踊るのは あなたの方が似合ってた 今見る全ては君なのに 遡ってしまう  罪の音聞こえても どうやって 忘れるかわからない もう一歩 踏みしめるはずの傷 痛いかもわからない 誰の目も誤魔化さず もういっそ 恋をしない 募らせない まあいっか 道すがらラブソング 口ずさむだけで  恋はつがい 恋はつがい 心の実次第 好み次第 要は慈愛 深い慈愛 なかなか出来ない  たまにはこんな歌詞も良いでしょ
通り恋GOLD LYLICindigo la EndGOLD LYLICindigo la End川谷絵音川谷絵音聞かれたら困る話だけど 歌に乗せたらいいよね 2人以外にとっちゃどうでもいい 通り恋みたいな話  もう泣いてもいい 乱れてもいい 壊れてもいい だけどあなたを愛してることだけ 歌うよ もう僕らの中に刻み込まれた 一部とはいえ大きな愛を 閉じ込めたままじゃいられない  大体あなたのことはわかってるって言ったかもしれないけど 得意料理も知らないままだった 笑い話になるまではもう 忘れてしまいたいよ  もう泣いてもいい 乱れてもいい 壊れてもいい だけどあなたを愛してることだけ 歌うよ もう僕らの中に刻み込まれた 一部とはいえ大きな愛を 閉じ込めたままじゃいられない  知らない顔があったのも 消えない過去があったのも 全部拭い去る前に教えて欲しかった 砂鉄みたいに吸い寄せられたから 冷たい部分も知ってた 同じ言葉でまやかし合った そんな結果で終わりなの? あなたがしてた指輪のサイズを遠回しに聞いたことも 靴のサイズだけ直接聞いちゃって笑われたことも 覚えてるだけで実感がないんだよ でもさ、やっぱり好きなんだ  何でもない 何でもないと 言い聞かしては 辿るあなたの記憶に包まれてしまうよ そう歌う声が枯れるだけなら 一部とはいえない大きな愛を 叫び続けるよ  通り雨が降った 4月の夜 追伸「あなたが好き」
ラッパーの涙indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音華奢な命 守りきれない 盾の使い方が下手で 変える術を持たぬミュージック 子供は何も知らないはずだと思ってる?  このスイートマイナーコードに乗せて 幸せを当たり前にしないよ ラッパーが涙を流すようなリリックが欲しい スイートマイナーコードに乗せて 幸せを当たり前にしないよ だからたまには悲しませるよ スイートマイナーコードに乗せて 幸せじゃない未来も歌うよ そうやってはためかせたwing and soul スイートマイナーコードは呼ぶよ 甘すぎず苦すぎないリリック あとはリズムを君が鳴らして  スタンドアップコメディ みたいな歌で 成立しない悲哀の旅へ キリがない引っ張り合いの末 キリが悪いソウルナンバーで 折り合いをつける いつまでやる? 半端な心証の磨き加減に嫌気がさす きっと持て余す愛憎を もっと冷めやらぬ愛情と 取り替えてセブンスディミニッシュ分数コードで 洒落込んで落とし前をおつけします だからベイビー正しくないこと知って そしてベイビー正しさを振りかざさないで  このスイートマイナーコードに乗せて 幸せを当たり前にしないよ ラッパーが涙を流すようなリリックが欲しい スイートマイナーコードに乗せて 幸せを当たり前にしないよ だからたまには悲しませるよ スイートマイナーコードに乗せて 幸せじゃない未来も歌うよ そうやってはためかせたwing and soul スイートマイナーコードで泣くよ 君のためにビブラートかけてさ 揺れたビートとたまに合わせて
砂に紛れてindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音ほっぺが赤いと目を見てくれないね 嫌いにならないでねとあなたは言った 鏡のように僕も同じ想いを反射した 赤くはならないけど  咄嗟に突き放してしまうのも悪い癖なんだ 好きだと言えばいいのに  頼りないスコップで砂かけたよ 好きだよ どこにも行かないで  好きなんだって言っちゃえば楽なんだけど 言わない美学を黒鍵に 言う正論は白鍵にでも振り分けて 叩いてみたら降ってきたメロディー  愛おしくて愛おしくて本当はもっと 躊躇いたくない ひしゃげたハートに  頼りないスコップで砂かけたよ 好きだよ どこにも行かないで あなたを僕のものにしたいのに 気持ちは隠れていくばかりさ  あなたの気持ちはわかってるのに はじまりの音が怖くなるんだ 頼りないスコップで砂かけたよ 好きだよ 今日も独り言  砂に紛れて 恋は曲がっていった 想いを分かち合えた誰かに あなたはほっぺを赤くした
秋雨の降り方がいじらしいindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音古めかしい 口説き方に 少しも笑わなかった 身だしなみ 厳しかった ボタン見る度思い出すよ  祭りと都会の境界線 踏み越える時と僕とあなたのあれこれ 似ている気がした 涼しげなふりした琴線がドキリ  秋雨の降り方がいじらしい 悲しみを遠ざけたいかのように しおらしさ あなたしか纏えなかった この恋を流すのはもったいないよ 主賓はいつも雨 目立ちたがり屋  魔法が解けて こぼれた2人 よしなに歌ってください 渡された歌詞を読んでた 秋夜はちょっと無さそうだ  時は刻みっぱなしで2人が 追いつけようと追いつけなかろうと 季節の滲みでぼやかして嘲笑う あなたは今何を思う?  秋雨の降り方がいじらしい 悲しみを遠ざけたいかのように しおらしさ あなたしか纏えなかった この恋を流すのはもったいないよ 主賓はいつも雨 目立ちたがり屋
Midnight indigo love storyindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音ツレない夜は 蹄みたいに 揺るぎなかった 壊れたいのに 忘れたかった 望まぬ夜も それで良かった と思いたいのに  一人で行くはじめての場所で呷った酒の味 説明的な歌詞だな 書きながら笑った  ツレない夜は 蹄みたいに 揺るぎなかった 壊れたいのに 忘れたかった 望まぬ夜も それで良かった と思いたいのに  私はいつ出来てもいい 重く残った君の声 眠ったフリしてたっけ あの時はごめん  忘れたかった 忘れたかった 汚さぬように 逃げたかった ツレない夜も 望まぬ夜も 離れなかった 時は経てど  忘れるもんか 君は怒った 汚されたって 目を潤ませた 本当はずっと 情が優って 想えなかった 言えなかった  セリフみたいだ 歌の性
小粋なバイバイindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音吹きこぼれた後の やり場のない台所 感情的になるには 絶好のタイミング 声も荒げずあなたが 出て行ったあと静けさの中で悩んだ このまま終わらせるかどうか  決まった期限がきたと 思えば思うほど単純なことで なんだかんだ次の方が 想い強くなるものだしさ 絶対が無いから良い想像はご勝手にって 神さまも言ってるけど  恋心は小粋だから 簡単には終わりが来ない 一回のバイバイで泣いたくらいじゃ 結局あなた以外自信ないんだ 泣き損がいつも嬉しいんだ 当然のようにいて バイバイあなた以外  大した人間じゃない 少数派にも入れない でも立派になる未来があるなら 君を好きだっていいじゃないか ねえ  恋心は小粋だから 簡単には終わりが来ない 一回のバイバイで泣いたくらいじゃ 結局あなた以外自信ないんだ 泣き損がいつも嬉しいんだ 当然のようにいて バイバイ バイバイ  小粋なバイバイ
結び様indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音想いの距離が今 近付き過ぎていたことに 気付いた面が熱を帯びた 火照った心の素 君に見せないように 喜怒哀楽のスロット早回しした  ぐるぐる変わる僕の中でも 君はずっと素敵だ だから僕は言えない “好きだなんて言わない” その先にある未来は 限りなく壊れることはないってだけ  結んでもない 結んでもないから 僕はまだ君を愛さないことができる いつでも仕舞い込める 悩んでもない 悩んでもないフリ 上手くはないけど 不器用には慣れるから  気持ち解いたら 脱げた靴 微睡む度に思い出した 夢では恋をし合う二人の姿に 目が覚める度フッと笑った  いっそ嫌いになるのが吉なのか 賭けた恋が高すぎて そんな勇気は勿体無い 好きになるのが凶になる確証もないのにね  結んでもない 結んでもないから 僕はまだ君を愛さないことができる いつでも仕舞い込める 悩んでもない 悩んでもないフリ 上手くはないけど 不器用には慣れるから  好きにならなきゃよかった それだけは言いたくなくて “好きにならないから” って子供みたいだな  結んだ夜明けの想いが裏腹に 僕を締め付ける だからもう迷わない 仕舞い込むこと決めた  結んでもない 結んでもないから 僕はもう君を愛さないことにするよ この歌にだけ残す  回しても回しても 揃わない当たりの気持ち 僕はなんだか損をしてるみたいだ 好きにならなきゃよかった
はにかんでしまった夏indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音ありふれた夏の瀬に おまじないみたいな恋をした 確信に満たないことだらけ 最初に解けて欲しかった 素直になれない心地良さ 他人と他人の馴れ合いを それなりに楽しんだ 隙を見せるのはこれからだった  短い筒の穴から覗く 視野の狭い愛情を送り合った そんなことしてたら 触れ合える距離に君はいなかった  全然何ともないのに 涙が出るなんて困ったな 愛想笑いも様にならないくらいに今日は変だ 考えたっていないのに 君は絶対にいないのに おかしいな はにかんでしまった夏を 見逃さず睨んだ  身体を重ね合う度に 筒の長さが増えていく 鋭さを兼ねた武器を 打った時の愛情熱 完成した瞬間冷めてった  僕の痛みは 寝違えただけ 酔いしれた心が醒めるだけ だけど離れない 泡(あぶく)になった君が揺らめいてる  全然何ともないはず 涙が出るなんてないはず でも感情的なブランコに振られ続けるの何で 考えたっていないのに 君は絶対にいないのに おかしいな はにかんでしまった夏を 見逃さず睨んだ  寒くなっても 衣替えせず まだ夏を引きずってやるから 覚えてろってさ 全く誰に言ってんだか  結局 君のことが好きなんです 涙が出て今日も困ってます 感傷的なスタイルは 似合わないはずなんだ 考えたっていないのに 君は絶対にいないのに おかしいな はにかんでしまった夏を 見逃さず睨んだ はにかんでしまった秋は 見逃してしまった
ほころびごっこindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音まさか僕ら愛し合った? あなた僕だけを見てるの? すれ違わない確信が持てないと見返せない  軽んじた人生を送るしかないって 誰が決めたのか知らないまま付き合ってる 急な温かいムードは痛みに似て痒い 慣れてない幸福の合図は似合わない  救われたことないから 救い方がわからない ヒーローになれたら ヒーローになれたら やっときた幸福そうな結末に綻びたい そんな気持ちはあるけど  まさか僕ら愛し合った? あなた僕だけを見てるの? すれ違わない確信が持てないと見返せない 「バイバイ」「ごめん」「もうしないから」 後ろ向きな想像でごめんね 抜け出しはしたいんだ あなたを見て一層思った  グリコ チョコレート パイナップル 先にゴールしたもん勝ち 人生 早ければ早いほど良いと また誰が決めたのか知らんけど 何かの縁を周り続ける僕らはBB弾を拾っては ポケットにいれる ヒーローになれる?  コーヒーカップの縁が広がるほど 酸味が刺激的になるらしい なら距離が伸びるほど悪くないってあなたを見て思う  ソングライターが歌詞にしちゃうような 人生も悪くないなって 後味の苦みを少しでも減らせるようなメロディならもっと 損な環境も救われるような あなたとの一瞬で回収 まだ想像の範囲ですけど少しは望み持っていいの?どっち?  まさか僕ら愛し合った? あなた僕だけを見てるの? すれ違わない確信が持てないと見返せない どんな愛情も無駄にしないように 拾い続けることでいいの? あなたを見ては確信に変わるようで 変わらないようで  愛情ごっこで手を打とう その内本物になるかもしれない 最初は大体真似事よ ずっとそうなのかもしれないけど
どうせなら雨が良かったDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音言わないだけ 争わないだけ 何でこんなに簡単なことが 複雑さを増すのだろう 血が流れること 子が夢見るその目に 焼き付けないようにしたいだけなのに  あーあ あーあ 今日も崩壊中 やーだ やーだ 明日は雨らしい  消えないような夜に みんな笑えるような デマカセを考えるくらいには諦めきれないの 悔しくて 悔しくて 方法に辿り着かない雨 降りしきる後悔の涙を 掬った日のことを忘れない  さりげなく慈しむ 誓いに等しい背伸びをしながら 反対側が見えないかって 目を細くする  あーあ あーあ 今日も思案中 やーだ やーだ 明日は雨らしい  消えないような夜に みんな笑えるような デマカセを考えるくらいには諦めきれないの 悔しくて 悔しくて 方法に辿り着かない雨 降りしきる後悔の涙を 掬った日のことを忘れない  巡り巡った朝に 感情が殺伐 天気予報は外れた 眩しい  どうせなら雨が良かった どうせならずっと夜が良かった だって泣き顔は粋じゃないから したり顔をしないで太陽 半端者だっていいから どうせなら誰かに触れてたい 大切にしたいはずなんだよ  何かは
to burn a lightDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音to burn a light  あなたを打つ波で 深く刻みつけたい 切なげなあたふた それすらも愛おしい  幸せさ  花のようなさ 罪のない美が あなただけにある気がする 気づかないかな 気づかないよな それくらいが良い気もする  何も考えず踊ろう 何も携えず歌おう それで愛しさを紛らわせて もどかしさをねぎらおう  to burn a light  花のようなさ 罪のない美が あなただけにある気がする 気づかないかな 気づかないよな それくらいが良い気もする  to burn a light  粧し込んでも 粧し込んでも 元の美が射し込んでくる 美しいよな 美しいけど 手にはできないんだよな  to burn a light
最果ての美DADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音私は蒼い あなたは尊い 素晴らしき世の中に最果てを見据えない 優しくありたい たまには不器用 あなたも私も幸せになれるように頑張る  少しだけパンを頬張れば 忘れる悲しさも 一口のコーヒーで 浮かび出す嬉しさも きっと全部美しい 幸せさ 幸せさ 言い切った先に私はあなたと生きたい  でも 心が本当は痛い痛い 何が辛いかもわかんない 弾ける瞬間 もうすぐだ 未来の私が怖い怖い 透き通らないよ慈愛の目 あなたの挙動だけが支え  心が本当は痛い痛い 何が辛いかもわかんない 弾ける瞬間 もうすぐだ 未来の私が怖い怖い 透き通らないよ慈愛の目 あなたの挙動だけが支え 不安の対象嫌い嫌い ふわっとしちゃって尚更 マジカルな言葉で一掃したいの 砂になってしまう前に 1つでも確証じみたものが欲しい 何となくで生きちゃってきたから  そりゃあもう、ね
刹那誰かDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音Do you have a hard time?  If you don't hide愛そうか 少し痛いなら包もうか ちょっとやそっとのことではなくても 構わないから  Do you have a hard time?  精一杯でもない 満たされ症候群でもない ないものねだりはそう 少しは感慨深くいようと 分かり合おうとし過ぎて 干からびてしまいそうなのは嫌で 結局hard time  どうせ愛でしょ 嫌われんの 隠したいとか 本当はない 染み付いてしまったもんだから そぐわないまま  Do you have a hard time?  If only I were you. 刹那に誰かと生きるかな
さよなら私の青春結城萌子結城萌子川谷絵音川谷絵音菅野よう子可愛いまんまでいれたら 私らしくしなくても 幸せ掴めたのに とうとう花火も見れずに 渇いた喉だけがリアルで もう嫌になっちゃったよ 嫌になっちゃったよ  心忙しない夏 思い出は美化すればいいけど まだ私の中じゃフワフワしてるんだよ  隣りの席では受験勉強 ノートの先には君が見えてて 何もかも激しく揺れるものに変わってく  可愛いまんまでいれたら 私らしくしなくても 幸せ掴めたのに とうとう花火も見れずに 渇いた喉だけがリアルで もう嫌になっちゃったよ 先生、私が卒業するまで 誰かのものにならないように 前から見張っててね さよならする時までは 私のものにしたいの せめて頭の中で  不ぞろいだから青春だとか 大人は抜かすけど これが一生ものの恋だったらどうしてくれるの 責任取ってよね 責任取ってよね 責任取ってよね  可愛いあの子の真似して 私らしくしなかったら 幸せ掴めたかな 綺麗な花火をバックに フィルムにおさめたりしてさ 常に持ち歩いたり  先生、私が卒業する時 誰を一番見てたとか こっそり教えてよね さよなら私の青春 あの子のものになったって 勝手に被害妄想してるね
幸福雨結城萌子結城萌子川谷絵音川谷絵音・ちゃんMARIちゃんMARI鋭い言い訳考えて 毎日楽しく生きれるように こんなに平凡じゃないと漫画で たくさん妄想したんだから  ドーナツ型の人との関わり合い 大事なとこが空っぽ 半分に割ってしまえば どこが大事かもわかんない 法則性がないから楽しい わけわかんない 言ったら言うだけ跳ね返る これ、それ、なんなの でもそんなに実は気にしてないよ 出た、高速自己解決(のフリ)  幸せになれたら いくらでも私傷付けて そうなるまではあなたも 人の気持ち考えてなよ 雨降り5月の冷たさ帯びた空気が 例年より苦手になってるから いつになるやら  ケタケタ ケタケタ 笑うは黒子A いちいち気にしてたらBもCも増えるだけ もう嫌になっちゃうわ 嫌いになっちゃうわ 全部 全部(自分以外)  幸せになれたら いくらでも私傷付けて そうなるまではあなたも 人の気持ち考えてなよ 雨降り5月の冷たさ帯びた空気が 例年より苦手になってるから いつになるやら  幸せになるのよ 誰とも約束してないけど あなたがなるより 私のほうが向いてるわ 雨降る夜駆け 煌めく方に近付いた 夢オチだけにはしないから また歌わせて
元恋人よ結城萌子結城萌子川谷絵音川谷絵音ミト切な痛いこの気持ち 抱きしめたいようなそうじゃないような 気持ちに嘘をついた時から私 孤独の虫に刺された あーあ、あーあ 嫌なこった あーあ、あーあ  もう一度感じてみたい もう一度伝えてみたい あなたに もう一度ぶつかれたら もう一度やり直せそうな気がする  恋人よ 元恋人よ 甘くてズルい私はここ 遠くない 離れ小島に私はいるわ  止まらない今日の気持ち 吐き出したいのに心閉じちゃう 居た堪れなくなる午後の顔が すぐに想像できてしまう そーだ、そーだ こんな時は そーだ、そーだ  恋人よ 元恋人よ 甘くてズルい私はここ 遠くない 離れ小島に私はいるわ 悲しみに耽る夜に 限ってあなたが灰になる 夢ばかり見ちゃうから 涙で目が覚めるの  もう一度感じてみたい もう一度伝えてみたい あなたに もう一度ぶつかれたら もう一度やり直せそうな気がする  恋人よ 元恋人よ 甘くてズルい私はここ すれ違い それだけのことなのに何でこんなに辛いの 悲しみに耽る夜に 私を迎えに来てよ さよならはしないつもり まだ願って離さない
散々花嫁結城萌子結城萌子川谷絵音川谷絵音Tom-H@ck風速200mくらいで 衣食住はこなせるけど 肝心の色恋沙汰は無風なの 雑多な心を誰か整理して 私はもう待ち過ぎたの 人生の転調ならいくらでも受け入れるんだから  散々花嫁 いつかの幸せは世界一だから 散々な人生でも 嫁に行けばいくらでもやり直せるわ I my me mine主語をなくさないようにするから あなたがYOUになって 1人にしないで  専属恋愛マスターが 夢の中では手取り足取り 魅惑の言葉を並べてくれる ユートピアなのかユーラシアなのか コート際なのか世紀末なのか わからんけどそんな景色だった  夢だからわからん 夢なのにわからん 私に魅力がないなんて そんなわけないんだから  散々花嫁 いつかの幸せは世界一だから 散々な人生でも 嫁に行けばいくらでもやり直せるわ I my me mine主語をなくさないようにするから あなたがYOUになって 1人にしないで  チャンポン麺みたいな絶妙な塩梅で恋がしたい  散々花嫁 ちゃんとあなたの幸せも願うから 散々な男でも また嫁に行けばいくらでもやり直せるわ  だから散々花嫁 いつかの幸せは世界一だから サンサンな太陽の光 浴びるまでもなく私は輝いてる I my me mine主語をなくさないようにするから あなたがYOUになって 1人にしないで
シャミナミジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音とんでもない恋だった とっても良い恋だった 泣けど笑えど最後でした さっぱりなくなってった 泣いても戻らなかった 次もこんなに想えるでしょうか  マンション購入前の緊張感みたいな って、知らないけど でもそんな風なドキドキが メガの単位で飛んでったんだ あー疲れた 恋愛感情に憑かれた私に飽きた 折り紙付きの成功愛は どこに落ちてるのよ 教えてってば  とんでもない恋だった とっても良い恋だった 泣けど笑えど最後でした さっぱりなくなってった 泣いても戻らなかった 次もこんなに想えるわけがないわ  でも kiss you したい シャミナミナミダ  外見がシルエットしか見えない 平安時代の恋愛の方がいっそ私には合ってたのかもしれない だって中身で勝負だから ハートの分譲価格は億越えなのに 心が美人な私がモテない現代社会を嘆くこの歌  ここで私の担任の先生に話をスイッチ  BABY BABY BABY とんでもない生徒の 恋の矢印を跳ね返したら とんでもなく病んじゃった と思ったら笑顔になった それで逆に気になりだす僕の歌  やっぱり 恋愛感情シーソーゲーム シャミナミナミダ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
KISSのたびギュッとグッと美的計画美的計画川谷絵音川谷絵音KISSのたびギュッとぐっと 幸せがよってたかった 気付かない内の光が 近づいて離れなくなるから  生きてくってことはさ ありのままが育つこと 恥ずかしくはないからさ 美しい君のことだから 気持ちも曲げるユリゲラー どうか君の気持ちまで 戻してやってくれないか 照らされた生き様をね  KISSのたびギュッとぐっと 幸せがよってたかった 気付かない内の光が 近づいて離れなくなるから 足跡振り返ってみたら 少し楽になった KISSがまたギュっとぐっと 近づいて離れなくなってく  私を写したKISSが 頑張った甲斐があったって 顔してる内はまだ大丈夫だってこと なんだよ 輝きを増した光は 誰しも照らされるから KISSのたびギュっとぐっと 幸せを抱きしめてやるんだ あなたがまた止まりそうになった時も 誰か見てるはずだから 少しは 少しは 楽になったでしょ
透明な嵐ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音くたびれない心が欲しい あなたのような奇跡になって 隣の芝生で青くありたい 不意に目移り 他人のものはどれも宝物に見えて 休みは外に出ないもの 危険な香りだけはいつも 鋭く間を埋めるから 嫌になってしまう そんな僕 そんな僕 そんな僕 損な僕  追いかけてよ 透明な嵐 気だるい背中をいつのまにか押してくれ 夏が終わったら 私はアナーキー 譲れないことを全部盾にして いつのまにかあなたの側に だったらいいのに  そればっかな僕 場を借りて嫌気にキスをした 甘く気だるい誰かさん 目を細めてたんだって 立ち止まって蓋を閉めた 後悔したくないから ちょっと待ってよ過去の僕 受け止めなくていいの? 秩序なんてない思考空間でずっと とりとめない今日の限りを尽くした  追いかけてよ 透明な嵐 気だるい背中を いつのまにか押してくれ 夏が終わったら 私はアナーキー 譲れないことを全部盾にして いつのまにかあなたの側に
トレンディガール私立恵比寿中学私立恵比寿中学川谷絵音川谷絵音川谷絵音ノーマルライフに浮かび上がる かすかな成功の予感 薄水色だった春 濃く色付きそう  知りたい知りたい 隣の芝生の感触 演じてみたい あちら側の青春劇 作りたいな 心解くミュージック 愛してみたい 自分の人生  あなたの心はトレンディ 私の心もトレンディ 傷つきやすいかもしれない でも震えるような感動も私たち最新系なの  輝く元が私だと 昔の私は気付くだろうか 光に寄り付く人々の 期待が最初は心地良かった 一度の奇跡は重心を 変えながら手元を離れて 他人のように輝きを増した 私にはそれが眩しすぎた  あなたの心はトレンディ 私の心もトレンディ 傷つきやすいかもしれない でも震えるような感動も私たち最新系なの 要するに私トレンディ 最終的には牙を剥くのかもしれない人たちにも 届けるようなものを 私たち作るんだから  私が見たことない私 また弾けては消えた さよならなんかする前に 奇跡は消えるけど 何度だって起こせばいい だって一人じゃないんだから  あなたの心はトレンディ 私の心もトレンディ 傷つきやすいかもしれない でも震えるような感動も私たち最新系なの まだ青春42% まだ楽しいことばっかできるの 不特定多数は少数よ 素敵なトレンディガール それが私たち
あなたのダンスで騒がしい私立恵比寿中学私立恵比寿中学川谷絵音川谷絵音川谷絵音楽しいことしようよ 面白くなり過ぎるくらい 常に繋ぐ線の上で 君たちを待ってる 静けさに似た反対派でも わかり合えそうなら いつでも優しく叫ぶから ほら、仲間になろうよ  ざわめきの心地良さに 付き合って 付き合って ざわめきに身を任せ 踊り明かしてみようよ  色味がぼやけそうな時は 何かしでかしそうなくらい濃い 見たこともない色を塗って 新しい絵を描く  受け入れるからおいでよ あなたのダンスで騒がしい  ざわめきの心地良さに 付き合って 付き合って ざわめきに身を任せ 踊り明かしてみようよ  ざわめきの心地良さに 付き合って 付き合って ざわめきに身を任せ 踊り明かしてみようよ  2つに割れた運もまた 行き場を失って見守ってる でもいつか1つになるはずさ  ざわめきの心地良さに 付き合って 付き合って ざわめきに身を任せ 踊り明かしてみようよ  ざわめけばざわめく程に 触れ合って 触れ合って あなたの音 あなたの音 鳴り響いてエコーがかるよ ざわめけ あなたたち ざわめけ
秘めない私ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音ランちゃんバンバンCUTE 苦労人人人 名探偵の嫁と同じ名前 パララッパラッパッパ 主役にしちゃ パララッパラッパッパ 弱過ぎるけど  クオリティ重視のアニメーション 私の顔面じゃ荷が重過ぎルンルン 漫画でもアニメでも役に立たない だから変わった人になってみるの  ウーパールーパールーパー映像 みたいな奇抜さが欲しい  グーパーグーパーグーグーパー あなたはチョキグーチョキグーチョキチョキグー  秘めない 秘めない 喉仏が刺さる 苦しいけど身長差が嬉しいの  噛みたい 噛みたい キスより猟奇的  間違いない恋がしたいなら他を当たってちょうだい 私は強気よ 弱気はあなたよ  ランちゃんバンバンCUTE 苦労人人人 名探偵の嫁と同じ名前  ラジオネーム「ランタンタン麺」 恋のお悩みを辛口相談 理論武装をしながら背中はガラ空きなんだって まあそんなもん  ウーパールーパールーパー映像 みたいな奇抜さが欲しい  グーパーグーパーグーグーパー あなたはチョキグーチョキグーチョキチョキグー  win win night win win night 恋をしたならダンシング サイバーな雰囲気の映像美とね  攻めたい 攻めたい キックボクシング練習  間違いない恋がしたいなら他を当たってちょうだい 私は強気よ 弱気はあなたよ  届かない夜ならいらない テンション高めでやや安定な 私じゃつまんない  秘めない 秘めない 喉仏が刺さる  おかしい おかしい と思われるくらいがちょうどいい ハヤブサの様な恋は 猛マッハで猟奇的  間違いない恋がしたいなら他を当たってちょうだい 私は強気よ 弱気はあなたよ
ジェニーハイラプソディージェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音俺が宝くじ当たったらきっとアレに使うのに 当たった奴どうせ豪遊してるに決まってる 女の味方男の敵 男の味方女の敵 男友達多い女は普通の女より女子感強い サバサバしてるフリはもう飽きた 結局メンヘラホイホイか メンヘラ メンヘラ メンヘラ メンヘラ 小籔とくっきーはTV show star 大忙しだし イッキュウはoversea に服に色々多忙だし 絵音はバンド掛け持ち過ぎて謎過ぎるし ガッキーも忙しいけど ゴーストライター! もう一回 ゴーストライター! ゴーストバスターみたいに ゴーストライター! 最後にみんなで ゴーストライター!  今は違うけど みんな理不尽だ 今は違うけど みんな理不尽だ  ジェジェジェニーハイ ジェジェジェジェジェニーハイ りり理不尽な世の中には ジェニーハイ  ジェジェジェニーハイ ジェジェジェジェジェニーハイ ガッキーくっきーイッキュウこやぶにえのんで ジェニーハイ  バラエティーに出りゃこっちのもん 現代音楽こっちのもん 海外行かせりゃこっちのもん 掛け持ちさせたらこっちのもん 抜け駆け上等副業カモン 事務所は4つの理不尽バンドが ジェニーハイって言うんだってよ 天才を超えるんだってよ  ジェジェジェ ジェジェジェ ジェジェジェ ジェジェジェジェジェジェジェジェ  ジェジェジェニーハイ ジェジェジェジェジェニーハイ りり理不尽な世の中には ジェニーハイ  ジェジェジェニーハイ ジェジェジェジェジェニーハイ ガッキーくっきーイッキュウこやぶにえのんで ジェニーハイ  でした
あっちゅーまやねん、人生。originalsoriginals川谷絵音川谷絵音思わせぶりな人生でなにが悪い 思わせぶりな人生でなにが悪い 思わせぶりな人生でなにが悪い 思わせぶりな人生でなにが悪い  ねえ あなた ねえあなた そんな影を縫って楽しいの? 生きてるうち 生きてるうち もっとのぼせ上がっていいんじゃない  BABY BABY あなたにも BABY BABY 全部 全部 あげるから恥ずかしがらず生きてみて  BABY BABY あなたにも BABY BABY 全部 全部 あげるから恥ずかしがらず生きてみて  あっちゅーまやねん 人生 あっちゅーまやねん だから通せんぼする神さまは 金でも払って通りんしゃい  あっちゅーまやねん 人生 あっちゅーまやねん 素晴らしいあなたの期待が叶うように この歌を送ります  本当はさ 本当はさ 苦しい顔を背中に持ってるけど 背に腹はかえられぬと 今は問いかける側で歌ってる  BABY BABY あなたにも BABY BABY 全部 全部 あげるから恥ずかしがらず生きてみて  BABY BABY あなたにも BABY BABY 全部 全部 あげるから恥ずかしがらず生きてみて  あっちゅーまやねん 人生 あっちゅーまやねん だから通せんぼする神さまは 金でも払って通りんしゃい  あっちゅーまやねん 人生 あっちゅーまやねん 素晴らしいあなたの期待が叶うように この歌を送ります  あっちゅーまやねん 人生 あっちゅーまやねんな これといって上手くいかなくても 走り抜けた方が何か幸せよ  あっちゅーまやねん 人生 あっちゅーまやねん だから通せんぼする神さまは 金でも払って通りんしゃい  あっちゅーまやねん 全部 あっちゅーまやねん きっと失う怖さを超える幸せ 誰にでもあるはずさ  あっちゅーまやねん  あっちゅーまやねん  思わせぶりな人生でなにが悪い 思わせぶりな人生でなにが悪い 思わせぶりな人生でなにが悪い  思わせぶりな人生でなにが悪い
SUZUNARI稲垣吾郎稲垣吾郎川谷絵音川谷絵音高架下の乾いた風 浴びる度思い出す 僕は少しあの頃よりは 不真面目にもなれた 遠くで鈴鳴りする声 君のだって思っては 癇癪持ちの脇役みたいに 突然声を荒げたり またすぐに笑み浮かべてみたり おもちゃ箱の様な感情手探り 全部曖昧な色してるよ どの色が君に見せる顔だっけ  でも 意外と泣いた気がする 意外と笑った気もするんだ 今夜こそちゃんと記憶に留まるような夢見たいな 意外と怒った気がする 意外と許した気もするんだ ちょっとだけ美化した思い出になるのだけ仕方ないけどさ これからはもっと美しいストーリーがあるはずなんだ  カーブの出口の景色は 入口から見えない だからどうなるかわからない それがきっと美しくなると 信じても自信などないさ 昔のことさえ覚束ないのに  でも 意外と泣いた気がする 意外と笑った気もするんだ 今夜こそちゃんと記憶に留まるような夢見たいな 意外と怒った気がする 意外と許した気もするんだ ちょっとだけ美化した思い出だろうとまた作っていけばいい そう思った  最初から取り出せはしない 君との感情が どんな風に変わったとしても それはそれでいい その内きっと仲間になれるから 不器用なりに声を上げるよ  ねえ 意外と僕は泣いたよ 意外と笑ったりもしたんだ 全部きっと意味があるんだと僕は思って生きてくんだ 意外と怒ったりもして 意外と許したりもしたんだ そんな風に人並みに悲しくしたり喜んだりしてたけど 君と一緒に感じたいな 僕はずっと思ってるよ
mother's pianoDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音朝までゆっくり話したら わかってもらえるだろうか 心の中の寂しさは 厚化粧に守られて すくすくと育っていく ここぞとばかりにドレスアップした 黒い影が自分本意なダンスを披露する  母のピアノを思い出す 唯一の愛のメロディを 掬い出すように 救い出すように  もう何度寝てしまっただろう つまらないビートで 「国際派だと損をする」 昨日の夢での誰かのスピーチ  母のピアノを思い出す 唯一の愛のメロディを 掬い出すように 救い出すように  拙かったフレーズも 困った時の気品も全部 思い出すように 想い出すように 母のピアノを繋いで 愛された分のメロディを 返したい 返したいから 何をするってわけでもないけど 愛したいな
singing i love you babyDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音singing i love you baby  かよわい私に少しの愛を ダメなら嘘でもいい 知らんふりの愛を 触れたら痛い愛を 冷たい汚れた芯に当たった あなたの真は気付かず纏った 紅蓮の美は片方にしか見えず 美となり仇となり我に返る 燃えかすみたいに愛したい きっと泣くけど気にしない ゆらゆら揺れてる心に針を ばらまく純粋あなたには見えず  singing i love you baby  切ない 切ないや  少しばかり少しばかり少しばかり 無茶をしたみたい 腫れ物みたい腫れ物みたい腫れ物みたい 好きになりすぎたみたい  singing i love you baby  切ない 切ないや  ねえ私を覚まして 持ちつ持たれつキスをせがんで 最後にしよう ねえ私を覚まして 持ちつ持たれつキスをせがんで 不釣り合いはもう嫌なの
ドグマンゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音簡単に折れ曲がる 人の心は数知れず 早まるな 早まるな 大人たちは言うだけ言うけど 誰も彼も責任にはノータッチノータッチ 行く末は 生く末は 信じる熱胸に教えてくれる  何かしら何かしら 善を持った いたいけな偽善者が 勝者だって そんなわけそんなわけ ないだろって まだ私夢を見る  タリラリラ  あなただけが悪で私は悪にはなりきれないだけ あなた方は用済みよ この小さな手でビンタする あなたも目が覚めた? 私は2周半もしたくらいさ 強いとこない方がまだ上手く生きれるよ これが矛盾してないんだな  失敗しない医者は必要で 失敗を笑う他者は必要ない そう思っても単純な構造は簡単に虚像に でもそれが私の生きる場所  長すぎる夜が また延びたような気配にも慣れた 言葉にすれば簡単に 気持ちにすれば複雑に  タリラリラ  あなたが望むもの全てを私は与えるつもりはない 不幸せで妬むなら 残念極まりないな 両手で足りないくらいの悪意を返せても私は それはそれできっと繰り返されるだけ だからビンタくらい許してよ  どちらかといえば悪い人じゃない でもそれって一番ズルいタイプじゃない? 無感情なふりをしては目を閉じて 夢でだけ涙を流した  タリラリラ  あなただけが悪で私は悪にはなりきれないだけ それもまた一興さ 許し合うまでの暇つぶし あなたも目が覚めた? 私は2周半もしたくらいさ 強いとこない方がまだ上手く生きれるよ これが矛盾してないんだな
ランデブーに逃避行ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音宇宙服着てみたい 涙袋取ってみたい 草津に住んでみたい やりたいことやらなきゃ死ねない ジョブズみたいにならなきゃ 何か発明しなきゃ 歴史に残らなきゃなのに 昼まで寝ちゃった  何かしたいのにしたくない 布団出たいのにあったかいから 私の世界で考えれば それはそれは平和 顔の浮腫みも大したことない 鏡を見るのもめんどくさい 前世では何の徳も 積まなかったんだろうな  らんらんランデブー 明日からりーりーリアリティー 少しの間宇宙服を貸してよ 君の代わりに逃避行なんだから だんだんメタでぶー 明日からだーだーダイエット 少しの間でいいから無重力で 君の代わりに逃避行なんだわい  知らんふり知らんふり 明日起こることも 昨日起きたことも 全部 全部 生きるのは今だから 生きるのは今だから 関係ないこと全部投げ出してみよう  何かしたいのにしたくない 布団出たいのにあったかいから私の世界で考えれば それはそれは平和  らんらんランデブー 明日からりーりーリアリティー 少しの間宇宙服を貸してよ 君の代わりに逃避行なんだから だんだんメタでぶー 明日からだーだーダイエット 少しの間でいいから無重力で 君の代わりに逃避行なんだわい  ランランランラン逃避行なんだ だんだんだんだん逃避行なんだ 逃避行なんだ  らんらんランデブー 明日からりーりーリアリティー 少しの間宇宙服を貸してよ 君の代わりに逃避行なんだから だんだんメタでぶー 明日からだーだーダイエット 少しの間でいいから無重力で 君の代わりに逃避行なんだわい
強がりと弱虫ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音いたいけな街に灰がかかった 手に取るようにわかってた今日が 見えなくなる午後 お菓子は切れたよ 羨ましくって嘘ばかりついた 人が嫌いなふりして孤独を演じた 強がりと弱虫は同義語です いつまでも来ない待ち合わせの時間 寂しいな  もう迷わせないでよ 迷わせないでよ 世界中が敵になっても味方でいるとか 言ってくれよ どうかまだ どうかまだ僕にも光をちょうだい 清く亡きがらを想わせて 握り締めた命からがらだ  瓦礫と青と星空と いつかの夢で見た模様と 際で構わないから 僕に見せてくれ 隠した誇りを抱きかかえた 今だ 見せる時だ でも勇気がない  もう迷わせないでよ 迷わせないでよ 世界中が敵になっても味方でいるとか 言ってくれよ どうかまだ どうかまだ僕にも光をちょうだい 清く亡きがらを想わせて 握り締めた命からがらだ  弛ませないでよ 弛ませないでよ 嘘でもいいから天才だって言ってくれよ どうかまだ どうかまだ僕らの時代を繋げてよ 浅い呼吸から抜け出して 絞り出した声ガラガラだ
スーパーマーケットフレンドジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音スーパーマーケット 今日も散々肉の安売りを叫んでる 高騰した野菜たちは鼻高々に笑う 人間たち 人間たち 僕らを食して生きてる それをたまに逆にしたくなって 変な夢を見ちゃうんだ  ノンベジタリアンフレンド 夢での人間の名前 僕らが逆に食べちゃうぞ 美味しくはないだろうけど まだまだ覚めて欲しくはない 夢での野菜の逆襲 栄養価の分威張らせて 鼻高々笑わせて  スーパーマーケット 今日も散々野菜の高騰を叫んでる 安く買われる肉たちは鼻高々に笑う 人間たち 人間たち 僕らを食して生きてる それをたまに逆にしたくなって 変な夢を見ちゃうんだ  ノン肉タリアンフレンド 夢での人間の名前 僕らが逆に食べちゃうぞ 美味しくはないだろうけど まだまだ覚めて欲しくはない 夢でのお肉の逆襲 栄養価の分威張らせて 鼻高々笑わせて  ノンノンベジ肉フレンド 夢でも仲良くやろうぜ 僕らは最終的には 友達でいいはずなんだ まだまだ覚めて欲しくはない 夢でのベジ肉の宴 栄養バランス取らせて やっぱ食べられるのがオチなんです さよならさよならフレンド さよならさよならベジ肉 生まれ変わるなら僕らも 人間が良いな
ジェニーハイのテーマジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音川谷絵音・PARKGOLF俺が川谷絵音だ 語れない相いれない人間だ テレビに相槌を打っては自分は違うなんて考えてる人間だ でも今ここで奏でる音は真っ直ぐにあなたの心を射抜く 居抜き物件のリフォームみたいなバンドだけど きっと響く ゲスを極めても何を極めても結局音楽を極めてる奴が階段を上がってく 下がってく奴を横目に見ながらギターをかき鳴らして雑音を消して 俺はガッキーに繋げる  俺が新垣隆ことガッキーだ あのガッキーじゃないけど可愛いと言われるくらいのステキな笑顔を持ってる 持ってると言えばこのピアノに愛されし境遇 遭遇したモンスターたちとのバンドで放浪するピアニスト 俺はもうゴーストではないゴーストではない 俺のピアノをただ聴け! このあとたっぷり聴かしてやるよ 騒動繋がりの二人が続いたがまだ天才のバトンを繋げる ガッキーからのくっきー  俺がくっきーだ 毎度お騒がせしてるくっきーだ 前の2人に比べたらそんな?いやそんなことはない 俺が世界一のお騒がせ者 バラエティーを超えて音楽に殴り込む くっきー.com すきすきすぅ認めない奴はネギでぶっ叩く ブッ放す俺のベース 俺が世界の価値観だ バチコンとハマる音がした 天才から我らが歌姫に繋ぐ そう、くっきーからのイッキュウ  ワイがイッキュウや あの一休やない イッキュウや 私のこと知らん人は危機感感じて欲しいくらいや 本当はくっきーよりクレイジーなウーマンや 身長171cm 体重52kg スリーサイズは上から 80 60 80(仮) 柔道初段で滋賀県2位県の強化選手 前世は中国格闘家 中島郁美のい・く・みから 193でイッキュウ ああ文字数制限、最後は小藪  俺が小藪千豊だ よしもと新喜劇座長だ ラップは下ネタラップ以来だ それより俺のドラムは聴いたか 笑いのリズムを刻むビートがドラムで刻むビートに変わった 触ったらもう離さない音楽の虜になる 俺から始まった天才が集まったこのバンドが 満員の観客を笑わせるんじゃなくて踊らせるんだ そして感動させるんだ 感動させるんだ  そう、俺らがジェニーハイだ ジェニージェニージェニージェニーハイ
東京は雨ジェニーハイジェニーハイ川谷絵音川谷絵音思い切り響く生の音 鳴らしやがった神様と 気付かない願い人たち 対照的な振る舞いは 互いに見ることはない 見ることはない だから気付いた僕は 上手く生きれますか  東京は雨 賽の目もまだ未来を見せてくれないけど 東京は雨 こんなんじゃまだ幸せは程遠い  止むに止まれぬ行いは 良かれと誰かに評価されてしまう あどけない思い仕舞い込んだ 僕にはもう手札がない 心許ない でも神様まだ僕は 呼吸が嫌じゃない  東京は雨 賽の目もまだ未来を見せてくれないけど 東京は雨 こんなんじゃまだ幸せは程遠い  東京は雨 賽の目もまだ未来を見せてくれないけど 東京は雨 こんなんじゃまだ幸せは程遠い  そんなことわかってる でも今よりはまだ濡れてもいい 東京の雨は何か嫌じゃない 傘を忘れて良かった
ゲンゲゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音かつてニューヨークに住みたいと言った 彼女は鉄を打ち損なった 雫横切る天気雨の景色を睨んで今日も後悔している されどされどと永らえてきて 手に入れた毒のコレクションの 看板ぶら下げて消えいった 笑顔でレジを打っている  戻らないことの美しさを 誰よりも否定して欲しい 運命の価値が等しいなら もう会えないけど 余すことなく好きって言って 例えば私に 幸せが痛む前にハート 掴んで引き抜いてよ  スポンジみたいな身を潰してまで 鉄を打ったなら受け取る痛みも半分に 受け取る幸せは倍になっただろうか ねえどう思う? 反転しない心鏡は 真実を写しすぎて嫌になっちゃうくらいさ でも想ってること溢れすぎて 割れてしまう 割れてしまえばいい  戻らないことの美しさを 誰よりも否定して欲しい 運命の価値が等しいなら もう会えないけど 余すことなく好きって言って 例えば私に 幸せが痛む前にハート 掴んで引き抜いてよ  余すことなく好きって言って 例えば私に 幸せが痛む前にハート 掴んで引き抜いてよ 戻らないことの美しさを 誰よりも否定して欲しい 運命の価値が等しいなら もう会えないけど
招かれないからよゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音タンクトンタンツタンタン 奇妙なステップで踊る  そんなんじゃパーティーにそぐわないと 黒い服のカオナシが言った みんなと同じ踊り方じゃなきゃ タンタンタンタンタンタンツタン 招待状もらうためだけに みんな同じ志という本当かどうかわからない何かを掲げながら顔色伺う  The world turned turtle 招かれないからよ 招かれないから残念だけど終わってもらうことにしたの  タンクトンタンツタンタンクトン  The world turned turtle 招かれないからよ 招かれないから残念だけど終わってもらうことにしたの  タンクトンタンツタンタン
はしゃぎすぎた街の中で僕は一人遠回りしたゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音はしゃぎすぎた街の中で僕は1人遠回りした 寂しい夜はまだこんなもんじゃないさ 終電間際のガーデンプレイス 別れを惜しんだlonely night circus 取れたボタンを探すふりをした まだ帰りたくない 帰りたくないみたい 夜とお喋りをしながら描いた線が 都会によく似合っていたんだ 簡単にさよならするもんじゃないな 意味なんて必要ない いつも後付けさ  はしゃぎすぎた街の中で僕は1人遠回りした 寂しい夜はまだこんなもんじゃないさ  帰り道 並木橋交差点で 夜空を目に焼き付けた 使い古した幸せがまだこんなに綺麗だなんて 知らなかった もっと先があってそれが光なら 僕は今を大切に生きるだろう isn't it? はしゃぎすぎた街の中で僕は1人遠回りした 寂しい夜はまだこんなもんじゃないさ はしゃぎすぎた街の中で僕は1人遠回りした 寂しい夜にまた助けられるんだ どんな望みも東京の夜が 飲み込んではいつか吐き出してくれる その時僕が光にいたら どんなにいいだろう 都会のサーカス小屋に迷いこんだ僕の歌 タクシーを止めるまで口ずさんだ
sad but sweetゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音分数が苦手だと悟った子供の表情 銃を拾った子供の感情 若さが防いだ辛辣さ それを読み取った僕の表情 あまりにもあまりにも見えてない部分が 大きすぎて世界に辟易してしまう 命は情報化したって大好きなバンドが歌った 生死について世界的なスターが歌った でも僕はまだよくわかっていない  誰かの失言の裏で静かに死んだ優しい表情 捉えどころのない世界で膿を吐き出しては影を落とす地球の感情 何が罪になっていくのか外から見てる異星人と 僕は何故か同じ様  sad but sweet  Any interesting news? No. You just gotta lock it Yeah 日常が奇妙さを帯びてきた時は 本を読めばいいらしい 死なんて簡単に覆るって聞いた  生活の最中喜哀が混じってどうにもやり場のない僕の表情 苦い銃弾を舐めたら甘かったって感じた夢での僕の表情  sad but sweet  sad but sweet  Actually, I am wolf in sheep's clothing But a world is quiet as a mouse
僕は芸能人じゃないゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音STAPなんちゃらで色めき立ったけど 母は言った 「No TV during dinner.」 How many times do I have to say to @う”Sg☆ 知れば知るほどどうでもいい 当人しか知らない本質に気付くわけない このゴシップの終わりは飽きでしか来ないんだけど  ワーキャー ワーキャー ワーキャー ワーキャー 何でそんなに騒いでるんだろ ワーキャー ワーキャー ワーキャー ワーキャー だってそれは芸能人じゃないから  今日も美味しいストレスの捌け口を見つけた マウント取ってコメントコメントコメントコメント その1分後 感動的なドラマが始まって 優しい人間になった気がして 泣いた泣いた泣いた泣いたってコメント また更に数分後には記者会見が始まって 美味しい日本酒?ワイン?でも飲みながら リアルタイムでマウントマウントマウントマウント まあそりゃそうだよね、 だって君は芸能人じゃないんだから 僕はもう芸能人なのかもしれないけど 歌だけでは言わせてくれよ 僕は芸能人じゃない 僕は芸能人じゃない 僕は芸能人じゃない 僕は芸能人じゃない
ホワイトワルツ(adult ver.)ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音一二三で素潜りのテクを披露 もう一分でかなりの疲労 あんなところを見てるあんた ただ身体に触れたいだけ 夜が待ち遠しい二人は 日も暮れぬ間に重なり合って 暗がりでワルツを奏で合って 染まる染まる染まる染まる染まる染まる  だって恥じらうふりをすんの なんて当然でしょ 両手で顔を隠す ただ酔っていたいだけ 乙女の純情なハート 笑っちゃう彼はスマート 得意な料理ヌードル 言った私はヌード  I can try it's gesu gesu  ホワイトなエッジが効いたワルツ 小気味良く鳴り響くワルツ どうやら先生、まだ私足りないわ 先生  夜になってふと気付いた左耳のピアスがないの 最後だって出て来たから今更戻れないの 何でよ、私が何か悪いことをしたわけ? ああそうだわ、嘘の愛下手に囁いたわ  スーツ脱いだ僕は 2Bメロで登場 大人ぶった少女 やけに可愛かった 何か今日の僕は すごく機嫌が良いよ さてこのピアスをどうする?  ホワイトなエッジが効いたワルツ 小気味良く鳴り響くワルツ どうやら先生、まだ私足りないわ 先生
アオミゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音ほんの少し先が見えてしまったんだ 優しさを躊躇った顔が写った 誰かが見たらそれは慈愛かのように 収まったその一枚は美しい ラムネのビー玉みたい 閉じ込められてるから美しい 出そうとしたら割れるから どんな感じで愛せばよかった? 貴重な記録も怖いと嫌うけど 写真くらい取らせてよ、ツーショット 記憶が形になってわかった やっぱり怖かった 気持ちが残した愛しさは 君に限っては消えないと思ってた ガラスの向こうに問いかける 追いかける いつまで  泣けども泣けども 恋は散ってった 拾った葉の裏側にあった見たことない表情 表だけで恋なんてしないようにだって 遅すぎた戒めが今日も上った 心で吸い込むまでもうちょっとさ  歪さは常にあって油断したら 壊れてしまう気配は知っていた でも身体を重ねる度 危機感は安心に変わっていった 黄昏が近付いてくる音の響き方は 今も忘れない それは一音にも満たなそうな小さな音 不協和音みたいな倍音だけは永遠に続く気がした あなたは季節に跨る用心棒 そんなリリックを書いた夏の終わり パタリと閉じた僕らの夏も いち早く秋に向かっていった さよならは怖くない 何回も綴ったのに どうしようもなく好きだって アオミ  泣けども泣けども 恋は散ってった 拾った葉の裏側にあった見たことない表情 表だけで恋なんてしないようにだって 遅すぎた戒めが今日も上った 心で吸い込むまでもうちょっとさ  これからまた素敵な人に出会って 忘れてしまうんだと思う でもこの歌は覚えてる 歌うたび勝手に思い出すよ  最後の最後に 好きになったんだ 愛は恋より勝手だってその時に悟ったんだ 葉が落ちる前の隙を見逃した そんな一瞬が美しいと 悲しい目をして粋に泣いたんだ
颯爽と走るトネガワ君ゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音颯爽と走るトネガワ君 今を生きてるだけ 天才とは違う 努力の賜物です  らったったったったったったったった 今日も無理難題 さっさっさっさっさっさっさ 流石に厳しいけど そっそっそっそっそっそっそ それでもやるのが 私の役目なんです 人間模様が怖いのなんて今に始まったことではない だけど怖いのは怖い 正直に姑息に生きていく術を体現しないとな  起伏に富んだ人生を腕まくりした 意外と胸張れるものだった 走ってる時は気付かないんだな 昨日の全てを持ち越さないで今日も生きるだけ  颯爽と走るトネガワ君 今を生きてるだけ 天才とは違う 努力の賜物です  満たされないことに満たされて 好きにしたい放題 どうかやっちゃって 今日もやっちゃって
オンナは変わるゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音ハッピーかアンハッピーかって 言われたら後者な気がするけど 私は違うの 移ろうあなたの顔見て 私は過去の美しさ見捨てたわ  「知らぬが良いのに」 わかってる 「もう気持ちないしな」 そう、あとは自由ね  かいつまんだ結婚式の夢 大事な部分が見えないの そんなもんだって言われてるみたいで 大層すっきりしたわ  女は変わるのあなたがいぬ間にちょっとずつ だからって怒るのは筋違いよ 戸惑う男をよそに美しく そんなに好きなら何で他の女に 馬鹿みたいな優しい表情してるの だからこんなに差が開いちゃったのよ  You are a liar ウンと嫌なこと起こればいいのに You are a liar 私はバレてないから偉いの あなたは知ってる? 多分知らない あなたのせいだから 隠せなかったのが悪い  嘘が本当に本当が嘘に 最後の花びら何になる?  女は変わるのあなたがいぬ間にちょっとずつ だからって怒るのは筋違いよ 戸惑う男をよそに美しく そんなに好きなら何で他の女に 馬鹿みたいな優しい表情してるの だからこんなに差が開いちゃったのよ  一体全体どうなってるのよあんぽんたん きりきり舞いで感情がストップしちゃったよ 嫌だわ、私が踊らされてたの? 知り過ぎたようにみえて 本当のこと何も知らない オンナは変わるけど 何故か私は変わらない
煙恋indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音愛されたようで、良かった 認められた風で本当に良かった 混じり気のない気持ちに 自分で酔ってしまってるのかな  まあいいや 私は言う 勤め先の喫煙所 プカプカ吐かれては消える 悪いとこもなくなっていくような そんな風 吹いては髪がなびいた  愛されて惹かれて 比べて疲れて振られて慣れた 「恋惑う」要するにそういうことさ 愛されて惹かれて 比べて疲れて振られて慣れた 行き惑う私は試されてるのかな  暗い過去があって良かった 話題に困らない方で良かった こんなことばっか考えてる私で ごめんね ごめんね ごめんね  「もういいや」 その言葉 カフェラテのない喫茶店 待ちながら煙を眺めた 悪いとこを吸い込んだ あなたは今何を思う これも酔ってるだけなのかな  愛されて惹かれて 比べて疲れて振られて慣れた 「恋惑う」要するにそういうことさ 愛されて惹かれて 比べて疲れて振られて慣れた 行き惑う私は試されてるのかな  誰か教えて教えて教えて教えて誰か 愛されたまんまで終わりたいよ あなた答えて答えて答えて答えて嘘よ 触れない私は恋惑った  一度目の呼吸も 二度目の浅い呼吸も 三度目のわざと深い呼吸も 本当なんて一回もなかったんだって思って 吐き出した四度目の息にキスをした  愛されて惹かれて 比べて疲れて振られて慣れた 「恋惑う」要するにそういうことさ 愛されて惹かれて 比べて疲れて振られて慣れた 行き惑う私は試されてるのかな  あなた好きなの好きなの好きなの本当は好きなの 煙と共にあなたに吹きかけた
星になった心臓indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音離れても離れても風は 追いかけて吹きついてくるよ 囲炉裏で暖をとりながら 踊っていた静かに 少しずつ取り戻すリズム 緩やかに生活を急いだ 電球を替えながら床を見下ろしてふと我に帰る  ゴミ屑みたいだって 感情が湧き無駄にならぬ生 星になってみたいんだ 輝きながらもっと上から見下ろしてみたいんだ ドクドクって鳴らして 生きてるってことばっか 打ち下ろして流れ星みたいにして 自分を覚えてて欲しいんだ  認め合うために晒し合うために出会ったってわけじゃなくて 何かもっと苦しまなきゃって漠然と思ってる  変わりもの と呼ばれ続けた月さえも 知らぬうち 誰かを照らし温めてた  星になってみたいんだ 輝きながらもっと上から見下ろしてみたいんだ ドクドクって鳴らして 生きてるってことばっか 打ち下ろして流れ星みたいにして 自分を覚えてて欲しいんだ  星になれたら 星になれたら あなたの心臓になって輝くよ
Unpublished manuscriptindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音見えないことが 実は見えてる ズルいよ神様 僕にも見せてよ 命の項目だけでも  Unpublished manuscript  せめて悲しい類は選ばせて 銃弾が飛び交わないくらい いいじゃないか 今年はどうなりますか? 優しい人が死にますか? 淡々と過ぎてみんな忘れますか?  青二才が言う重たいテーマこそ 論じて天に上げてくれ 怖いよこのままじゃ  Unpublished manuscript  せめて悲しい類は選ばせて 銃弾が飛び交わないくらい いいじゃないか 今年はどうなりますか? 優しい人が死にますか? 淡々と過ぎてみんな忘れますか?  どうか子供の夜の夢穏やかに 覚めても同じくらいの優しさで いいじゃないか 淡々とした感情で神様は 満足かもしれないけど もっと振れてみたらどうですか  教えてください  Unpublished manuscript
魅せ者indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音溶け込んだくせに 急に存在感を増す 半端丈の琴線に触れたあなた 程よい距離で届かない 魅せるだけ魅せては靄がかかる 気になって離れない 私はいつの間にか外に走った あなた以上の人に出会うために  8月中旬晴れ時々曇り後雨後曇り ぐずついた気持ちで 夜は落ち着かないでしょう 心予報は的確で つまり私は夢中です ダメだってわかってるんだけどさ  兄がいたらこんな感じ 花火を見ながら思った 全てを投げ出す瞬間の 美をあなたに重ねたんだ  9月はずっと晴れ模様 ぐずついた気持ちは 長くは続かないでしょう 心予報は希望付きだとハズレがち 無理だってわかってるんだけどさ  何とかなった想像をしてみるけれど あなたじゃない あなたじゃない  じゃあ誰 この恋に必要なのは 想像力じゃないはず  あなたは魅せ者だって書いた メモリーが放った現実  何とかなった想像をしてみるけれど あなたじゃない あなたじゃない じゃあ誰 この恋に必要なのは 想像力じゃないはず さようなら 束の間の淡い淡い 私だけの話 恋なんてこれくらいのことしか 書けません 最後まで読んでくれてありがとう
1988indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音1988 生まれた影の音 捕まえた 夜の勇み足に隠れて そのまま光を当てずに育てたなら ヘルタースケルターみたいな曲で デビューしてたのに  ないものねだりの嫉妬の交差で 光を調整できたはず そっちを選んだのは 誰でもない俺なんだよ  1988 言葉で小さな命をつぐむ
蒼糸GOLD LYLICindigo la EndGOLD LYLICindigo la End川谷絵音川谷絵音羨むことばかり増えた 冷たい日常に 気持ちが落ち着かないよ 理論ばっか備えた 虫が鳴いてる 井の頭線に揺られて 偉くなった気がしなくもない夕暮れ時 恋したんだったよな 想い合ったんだよな あなた 膨らんだストーリー 起承転結 3文字目半の糸  もらってばっか 太った恋に 擦れて減ったさよなら その気ない弱いセリフ落っこちた 守ってあげる 救ってあげる 思ってたってどうしても この恋には軽すぎたみたい  込み上げてばっか 困るな 一時停止ボタン 押して音楽を止めた 途端忘れられたような 優しくされたような 気配が 長い糸を伝って私を迷わせるよ  もらってばっか 太った恋に 擦れて減ったさよなら その気ない弱いセリフ落っこちた 守ってあげる 救ってあげる 思ってたってどうしても この恋には軽すぎたみたい  祈った今日と 笑った明日を 連れていった明後日 紡ぎ出す恋心首ったけ 好きって言って 抱きしめてよ 本当はそんなことばっか考えてるよ  蒼き後悔は期待が飲んで 後味だけが知る デザートはとびっきり甘い方が良い 想いをスクラップしては ちょっと恥ずかしくなるだけ その工場はいつか閉鎖するつもり  大なり小なり誰もが間違う 経験とともに恋が下手になる 一番下手になった時こそ 本当に誰か好きになる 幸せか普通かわからない 普通か不幸かもわからない でも両方あなたがいるなら 糸は吉に絡まるから  もらってばっか 太った恋に 少しずつの好きだよ 打ち明け過ぎないセリフあなたに 守ってあげる 救ってあげる 思ってたってそれだけは この恋にはまだいいみたい  蒼い蒼い私に新しい色を付けてくれた あなたが好きよ 思ってもないさよならばっかごめんね この恋には軽すぎたみたい
もう切ないとは言わせないゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音祝祭はコンビニエンス 恋人はデルタクルーズ 怠ける僕らは何かを忘れた 甘噛み合いのサイクルは いがみ合いを減らした 足りないものが増えてって 足りないが心地よくなった ああ最低だこんなんじゃ  だから今補って余るほど 気持ち取り出してみてもいいかな  もっとあともうちょっと 君を好きになったら もう切ないとは言わせない 溢れるたび言葉濁さない きっと僕らきっと わかってると思うから もう切ないとは言わせない そのうち一緒になろうよ  あの日あの恋をしたからさ 好きなんだと枯らした あの日あの恋をしたんだよ  もっとあともうちょっと 君を好きになったら もう切ないとは言わせない 溢れるたび言葉濁さない きっと僕らきっと わかってると思うから もう切ないとは言わせない そのうち一緒になろうよ
ハルの言う通りindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音触れ合う度に あなたは怒って 寂しい時は 妙に甘えながら 着飾る 何てズルいの 教会行こうよ 待ち人から奪われないように 祈ったのに  バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ 最果てまで一気に嵩む たゆたうことなく一気にバイバイ ためらうことなき恋傀儡 少しだけ泣いた 周回する恋の季節風と あなた一緒に吹いて消えてった 何も言えずのままが美しいってそればかり 思っていた春  どうなったらいいとか こうなったら幸せだとか 神頼みに近い薄い色した過去の感情 後悔にしかすがりつけないのは きっと神様が決めたんだろう  春が嫌いです こんなんじゃもっと 冬に甘えたツケを払わなきゃだ 最低  バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ 最果てまで一気に嵩む たゆたうことなく一気にバイバイ ためらうことなき恋傀儡 少しだけ泣いた 周回する恋の季節風と あなた一緒に吹いて消えてった 何も言えずのままが美しいってそればかり 思っていた春  気高いあのハルの言う通り 苦しくなった4月の夜 手紙みたいな感情のダダ漏れが 落ちて流れて争って 結果何か寂しくなった 美は仇となり 溢れ返った  バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ 最果てまで一気に嵩む たゆたうことなく一気にバイバイ ためらうことなき恋傀儡 少しだけ泣いた  一生最愛さ 一生最愛さ だから記憶の隅に置いといて 何も言えずのままが詞になって 結局傷付けると思うのは勘違いなの?
片目で異常に恋してるGOLD LYLICジェニーハイGOLD LYLICジェニーハイ川谷絵音川谷絵音苦しゅうない苦しゅうない 私が愛想つかすことなんてこない気がするから 嫌われるって怖がって 愛想つかしたふりならするかもしれないわ  バズーカぶっ放したくらいの 漫画の様な心 狸寝入りした最高潮の私の潤いは 危険と隣り合わせであーもう嫌になっちゃうな こうなったらドーピングして視界を狭めよう  もういいや 切ないや 苦しいや じゃなくて 漬け物みたいに塩分強めな脇役でオッケー  片目で異常に恋してる 私あなたしか見えないわ non'non non'non 3 2 1 苦しゅうない苦しゅうない 私が愛想つかすことなんてこない気がするから 嫌われるって怖がって 愛想つかしたふりならするかもしれないわ  毎度お騒がせします つまりはまたお騒がせします つまらないことではない でも面白くもない 恋のお話を歌にしてます 両目で見るのは怖いから って刺激を塞いで瞼の裏で渇く 嫌になる勇気もない程度に好き  もうオッケー 片目でオッケー  片目で異常に恋してる 私あなたしか見えないわ non'non non'non 3 2 1 苦しゅうない苦しゅうない 私が愛想つかすことなんてこない気がするから 嫌われるって怖がって 愛想つかしたふりならするかもしれないわ  片目で見た恋多分引きずるわ でも  とりあえずとりあえず 両目で見てみたらそんなに魅力的に見えないし 嫌われるって怖がった 過去すら笑っちゃう 時間無駄にしたな  みんな凝視し過ぎじゃない? どんなコースを生きてくの? 私はフルコース 品数多めで飽き足ります
イメージセンリャクゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音議員陥落で幽体離脱 ペンを折りに悪霊が浮遊するって 何の映画だっけ いやこれ俺の理想映像 リベンジリベンジ 最高潮に達したと思った吊るし上げは 今日も記録更新中です 関係ない奴はみんな笑顔で 幸せ景気も上昇中です 大事なのは本当の自分じゃない 本当に大事なのはイメージ 作り笑顔で淡々と仕事して 出来なくてもイメージで十分さ 嫌だな あの蒼いふりした綺麗事で 誰かいなくなって 世は蒼くなったつもりになった 秘密道具 イメージセンリャク 瞬く間に 好感度上昇中 誰かが今禁断の果実を 手に取って頬張っています でも嫌だな あの蒼いふりした綺麗事で 誰かいなくなって 世は蒼くなったつもりになった 彼女はそう深い闇の中でずっと イメージをイメージで作り上げた  多分ずっと  あの蒼いふりした綺麗事で 誰かいなくなって 世は蒼くなったつもりになっていく さよならと言えなかった 幸せには出来なかった 後悔はまたイメージになって 裏返る今日も
息をするためにゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音簡単に汚した狭い部屋 眠る僕は赤の他人に欲情する夢を見る 状態ばっか気にして 矛盾の魔法にかかった 捨てる覚悟と現実を受け入れないまま愛を啜る スクロールしてわかった半分事実に相槌打って 赤いハートを増やしては いけない遊びに興じる赤の他人に 怒ってはまた半分嘘の部分で泣いたり笑ったり 毎日本当に忙しいな  切ないムードに合う音楽を 生きる向きを知るメロディーを 奏で足りなくなるまで 僕は  息をする 息をするために僕は 息をして 命を確かめ過ぎる タガタメにあなたは神様よいしょして 息を止める そのせいであなたに会えない  切ないムードに合う魂(たましい)を 生きる向きを知る塊(かたまり)を 探し足りなくなるまで 僕は 息をする 息をするために僕は 息をして 命を確かめ過ぎる タガタメにあなたは神様よいしょして 息を止める そのせいであなたに会えない 僕らはどこまで行けるのか 刹那に呼吸を研ぎ澄ましながらさ 早まる影の音 あなたはどこへ行くのかな 息を切らしながら 見守る光を浴びた
戦ってしまうよゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音クラッシュし合った 意図せぬ争いの気配が香った またお前かって思ったのも束の間 手を出してたんだ このセカイを囲った世界に PUSHひとつで動かされて You and Meは交われないの 知ってること知ってる?  戦ってしまうよ 戦ってしまうよ 境界を見ながら いつかはあなたチェックメイト 想像を伝って 戦ってしまうよ 戦ってしまえば 全てはいつかチェックメイト  「撃て、このゲームが終わらないように」  戦ってしまうよ 戦ってしまうよ 境界を見ながら いつかはあなたチェックメイト 想像を伝って 戦ってしまうよ 戦ってしまえば 3分間でチェックメイト
大人やらせてよ (DADA ver.)DADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音近付く過去を振り切る されど追いきれないからさ 諦めるのとは違う 私の話を聞いて 大人になれない演技 上手に少し見切れてた カッコ悪いの慣れてるの それが一番カッコ悪い  どう見ても間違いじゃないけど 決めるのは私じゃない 積もる危うさを気にかけないで 私と一緒にいれる?  怖くない 怖くない 離さなければ怖くない 離さない 離さないから 主役で大人やらせてよ  持ちつ持たれつ優しさ溶かし合う じゃれ合うのが得意ね 無理しないでくださいと 筆談する夢を見たんだ  愛が相変わらず多い 飽き足りない夢親さん どこかにいるなら私を見るだけでいいから  怖くない 怖くない 離さなければ怖くない 離さない 離さないから 主役で大人やらせてよ  怖くない 怖くはない 離したければ離しなよ 離れない 離れないなら 私をよく見ててよ
トモダチDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音みんな友達 笑顔が素敵な 墓参りはしない友達 輪郭がはっきりしない みんな友達 嬉しい事しか言わない 友達 作り上げた友達なら みんな大好き  みんな幻  私はね 生きたいの それでもね 死の裏側にいたいよ 小分けした 貴方方の内 誰が先に死ぬ? ああ、疑うのね みんな疑うのね やっぱり寂しいな
僕らのマイノリティDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音sing sing sing sing oddly ぶつくさぶつくさ言うより sing sing sing sing oddly 目覚める僕らのマイノリティ 街が鳴いている 聞こえる波を感じる 僕らが青いの ひたすら感じる でも sing sing sing sing oddly ぶつくさぶつくさ言うより sing sing sing sing oddly ここで気付いてよ 気付いてよ 気付いてよ 真ん中から 芽吹く心の静けさに さよならは言わない ぶしつけな成長を許してね 小さな罪を置いてくわ 無意識にね 自分を青くしちゃうの 頑張れるのにな 自分に疑いの目 向ける勇気を持てたら でも sing sing sing sing oddly ぶつくさぶつくさ言うより sing sing sing sing oddly sing sing sing sing oddly ぶつくさぶつくさ言うより sing sing sing sing oddly ここで気付いてよ 気付いてよ 気付いてよ 真ん中から 芽吹く心の静けさに さよならは言わない ぶしつけな成長を許してね 小さな罪を置いてくわ ここで気付いてよ 気付いてよ 気付いてよ 真ん中から 芽吹く心の静けさに 僕らのマイノリティ ぶしつけで悪かったって思って 小さな罪と生きるんだ
優しく鬼にDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音芸術的じゃないコラージュで 人は溢れて鬼が宿る 僕らは変に疲れた 変に笑った 朝のスープが美味しいなって その程度の優しさくらい どうにかしてよ  A life is wearing off 泣かない私は強い 泣かない私は強い 泣かせないあなたも強いはずなのに 何か怖い  無理せず息を吸えたら 必要以上に膨らむよ 心も重たくなるのかな 鬼にからかわれる空気に慣れたから 私はいいの 僕らと私の生の日記 私とあなたの交換日記 燃やして笑って  A life is wearing off 泣かない私は強い 泣かない私は強い 泣かせないあなたも強いはずなのに 何か怖い
少しでいいから殴らせてDADARAYDADARAY川谷絵音川谷絵音少しでいいから殴らせて アーカイブされた 何が わかんない Oh Baby Oh Baby Oh Baby とめどない 現状 止まりかけの 先 Oh Baby Oh Baby Oh Baby 少しでいいから殴らせて あなたが望まなくても 強い女でいさせて Oh Baby 本当は私も悪いのよ でも今は忘れて欲しい 弱い男になってて Oh Baby 太刀打ちできない あなたは太刀打ちできない はず Oh Baby Oh Baby Oh Baby 少しでいいから殴らせて あなたが望まなくても 強い女でいさせて Oh Baby 本当は私も悪いのよ でも今は忘れて欲しい 弱い男になってて Oh Baby 少しでいいから殴らせて あなたが望まなくても 強い女でいさせて Oh Baby 本当は私も悪いのよ でも今は忘れて欲しい 弱い男になってて Oh Baby 簡単に私殴るわよ 驚くほどに本気で だからこれ以上付き合えない Baby
冬夜のマジックindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音冬夜の魔法が解けるまで あなたを奪いたい  ストップモーション陰った頃合い 見計らった スピッツ スピッツ 尖った口をした君を甘やかしたい 時間と時間が口説き合って ゼロになるところを恋と呼んだ 100 まで一緒にいませんか?  もう勝手な尺度で君想う バランスがわからない ちょっとやそっとじゃ終わらない 自信はあるけど  やりすぎた寒さに慣れるように いつの間にか好きになった どうにもなりゃしない どうにも悲しくなる予感しかしない でも春が来るまで  遠回りをしてる内 時間だけ刻む冬 君の数歩を大股で追いかける 心模様のコントラスト 変わらない 変わらないけど 90 の合図ベルが鳴った  今日まで一瞬だって別のこと 想いもしなかった そんな寒い季節のことなんて 忘れないだろう  やりすぎた寒さに慣れるように いつの間にか好きになった どうにもなりゃしない どうにも悲しくなる予感しかしない でも春が来るまで  もうすぐもうすぐもうすぐもうそこに 君がいない 飾り付けた部屋が 当たり前に寒くなくてさ もうすぐもうすぐもうすぐもうそこに 100 を打つさよならのベルが 当たり前に春を待ってる  冬夜の魔法が解けるまで あなたを奪いたい 冬夜の魔法で溶けるくらい あなたに恋したい
Play Back End Rollindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音罪が消えてゆく 決まり事の中だけで 少しはみ出せば 重くなって一緒に生きるしかない  どうして幻だと気付かないんだろ 都合の良い血が通ってるだけ 終わりを繰り返しはじまりに戻して また重くして  追いかけて 問いかけて 何が正しいって言うんだよ 怖くても 叫ぶから Play Back End Roll 命の火 燃やすから もう少しだけ見ててよ 確かめて 確かめて Play Back End Roll  どうしたらいい 人は無限に問うて生きる 野放しの命 無駄な燃え方して吠える  エンドロールのクレジット 好きな人しか載せずに 何度も見ていた どうしてこうにも幸せは難しいんだろ 最後の名前は空白  追いかけて 問いかけて 何が正しいって言うんだよ 怖くても 叫ぶから Play Back End Roll 命の火 燃やすから もう少しだけ見ててよ 確かめて 確かめて Play Back End Roll  忘れてよ 忘れたら もう少しだけ見ててよ 少しだけ 少しだけ Play Back End Roll 遠くても 近いから もう少しだけ歌わせてよ 空白を 探す旅 Play Back End Roll
夕恋indigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音水を買っとけば良かったね って会話も愛しい 少しちょうど良くないやり取りで 心を潤した 変わったTシャツの趣味が合ったり 笑いながら不安を話したり 青い恋が淡くなる前にキスをしたりした  大人になれない恋がしたいと夕に投げる このあとの夜を明かしたら あなたは笑うかな 少しずつでもいいから なんてことは言わない あなたを離さないよ 言ったわねって顔しないで  目の前の恋心より 指輪外したあなたの方が 近く浮かぶ そんなこんなが大人だなって でも  大人になれない恋がしたいと夕に投げる このあとの夜を明かしたら あなたは笑うかな 少しずつでもいいから なんてことは言わない あなたを離さないよ 言ったわねって顔しないで
あなたには負けないゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けないから 最後まで手は抜かないぞ あなたは勝てない 最後まで 最後まで  「私にピンスポ当てて」 「私にも。私だって可愛いのに」 「俺だって意外と、か、可愛いのに」 「俺も別の意味で目立ちたい!!」  あー切ない 面白切ない あー厳しい みんな厳しいけど  あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けないから 最後まで手は抜かないぞ あなたは勝てない 最後まで 最後まで  春夏秋冬乙女チック ああ僕も私も好かれたい 春夏秋冬乙女チック ああ僕も私も好かれたい でも季節では春が好き だってスプリングなんだもん だってスプリングなんだもん ゲスを極めるまであと100秒  グーグーパンチ  あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたは勝てない だからさ、もう最後にみんなでコポゥ  あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けない あなたには負けないから 最後まで手は抜かないぞ あなたは勝てない 「えのぴょん、いこか、課長、ちゃんまり! よくやったぞ!褒美をあげよう」  「もちろんお金で」 (えのぴょん、しっかりしてね)
まだ生きれるだろゲスの極み乙女ゲスの極み乙女川谷絵音川谷絵音階段を登り よいしょ よいしょ 塞ぎながら 退屈しのぎ 下から追ってくる自分像 振り返らずに無表情です ワン ツー スリー フォー 殻を破る真似 それだ 簡単なはずだよな 文句があるなら言えよ まだ間に合うから 屋上につけば 絶対 もう逃げられない ここでみてるから あんた まだ生きれるだろ だってほら  螺旋状に続いてく光景 まだあまりにも 殺風景 前見てもつまんないからって後ろを気にしてなんてね こんな時にかかる電話 スリーコールで出ようとしたら またあいつの無言電話 今日は付き合ってあげるか ワン ツー スリー フォー 殻を破る真似 それだ 簡単なはずだよな 文句があるなら言えよ まだ間に合うから 屋上につけば 絶対 もう逃げられない ここでみてるから あんた まだ生きれるだろ だってほら  殻を破る真似 これが 簡単なはずだった 文句もないくらい 明白 もう間に合わない 光がさすドア 開けた 瞬間気づいた 自分が作ったアレにもう殺されてた  目が覚めた俺は言った まだ生きれるだろ
想いきりindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音「私が何人目なの?」 笑わない目で見てるのを 流そうとしたけど結局ため息 嫌な部分の方がさ 口をついてたくさん出る でもそれだけ愛したい部分が増えるよ  切ない感情がほら 増えれば増えるほど 愛しくなってく しょうがないんだ 好きな部分は少し 他は嫌いな方がさ 君のこと想いきれる気がした  毎分こぼれ落ちるの 慣れた頃に拾い上げた それも次の瞬間には まあいいや ×が△になっても ◯にならないのが常で たまに◯になると更に愛しい  切ない感情がほら 増えれば増えるほど 愛しくなってく しょうがないんだ 好きな部分は少し 他は嫌いな方がさ 君のこと想いきれる気がした  等価交換なんて 火遊びの延長でしょ 許す愛し方 知らないんでしょ  切ない感情がほら 増えれば増えるほど 愛しくなってく しょうがないんだ 好きな部分は少し 他は嫌いな方がさ 君のこと想いきれる気がした
見せかけのラブソングindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音遠巻きに見てる 飛び立つふりをして 居候の鳥は 鳴いていた  バースデーケーキが あまり美味しくなかった そんなこと思い出すの私だけ  見せかけのI love you 明日には見せてよ 気まぐれな言葉で 意味もなく怖くなった  生き残ったのは かぐわしい寂しさ サラバ鳥たちよ 鳴き声は止んだ  今日は朝から頭痛 嫌いじゃない私です 味見しないで作った卵焼きも  見せかけのI love you 明日には見せてよ 気まぐれな言葉で 意味もなく怖くなった とりあえずI love you それでも許すから 今日だけの言葉で 傷付くつもりはないの  あっさり天に昇るのは 短い夢のせいさ 興味がない話でごめん  見せかけのI love you 明日には見せてよ 気まぐれな言葉で 意味もなく怖くなった とりあえずI love you それでも許すから 今日だけの言葉で 傷付くつもりはないの  I love you 怖くなった
猫にも愛をindigo la Endindigo la End川谷絵音川谷絵音僕は君の帰りを待ちながら 飲みかけのコップを倒した 流れた虚像が悲しくて いつもの引っ掻き癖をしまった あっ君だ  僕は猫 気持ちを言葉に出来ないから愛される 僕の特権さ でも今日は伝えたくて 鳴いてみたけど ニャーって 響いただけだった  君と同じだったら 僕なんか愛されなかった 性格本当は悪いんだ でもそんなとこも知って欲しかったな、なんて  僕は猫 気持ちを言葉に出来ないから愛される 僕の特権さ でも今日は伝えたくて 鳴いてみたけど ニャーって 響いただけだった  野良にも愛を 僕らの標語 僕にも愛を なんて言えないわな  僕は猫 気持ちを言葉に出来ないから許される 僕の特権さ でも今日は伝えたくて 鳴いてみたけど ニャーって 響いただけだった
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新しい恋人達に
  2. Bling-Bang-Bang-Born
  3. ファタール
  4. シカ色デイズ
  5. I wonder

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. ivory
  5. 晴々!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×