この曲の表示回数 6,083
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


1988
生まれた影の音
捕まえた
夜の勇み足に隠れて
そのまま光を当てずに育てたなら
ヘルタースケルターみたいな曲で
デビューしてたのに

ないものねだりの嫉妬の交差で
光を調整できたはず
そっちを選んだのは
誰でもない俺なんだよ

1988
言葉で小さな命をつぐむ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:1988 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-07-18
商品番号:WPCL-12889
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP