試聴する

星になった心臓

この曲の表示回数 8,761
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


離れても離れても風は
追いかけて吹きついてくるよ
囲炉裏で暖をとりながら
踊っていた静かに
少しずつ取り戻すリズム
緩やかに生活を急いだ
電球を替えながら床を見下ろしてふと我に帰る

ゴミ屑みたいだって
感情が湧き無駄にならぬ生
星になってみたいんだ
輝きながらもっと上から見下ろしてみたいんだ
ドクドクって鳴らして
生きてるってことばっか
打ち下ろして流れ星みたいにして
自分を覚えてて欲しいんだ

認め合うために晒し合うために出会ったってわけじゃなくて
何かもっと苦しまなきゃって漠然と思ってる

変わりもの
と呼ばれ続けた月さえも
知らぬうち
誰かを照らし温めてた

星になってみたいんだ
輝きながらもっと上から見下ろしてみたいんだ
ドクドクって鳴らして
生きてるってことばっか
打ち下ろして流れ星みたいにして
自分を覚えてて欲しいんだ

星になれたら
星になれたら
あなたの心臓になって輝くよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星になった心臓 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-07-18
商品番号:WPCL-12889
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP