LIVE REPORT

04 Limited Sazabys ライヴレポート

04 Limited Sazabys ライヴレポート

【04 Limited Sazabys ライヴレポート】 『Deliver 04 you tour』 2021年9月15日 at Zepp Tokyo

2021年09月15日@Zepp Tokyo

撮影:ヤマダマサヒロ/取材:荒金良介

2021.09.24

“フォーリミ”こと04 Limited Sazabysが約2年振りにニューシングル「fade/Just」を発表した。しかも、今回は架空の運送会社『Yon Express』を設立し、新曲をダイレクトで届ける試みを実施。現在のコロナ禍において、ファンに寄り添い、何よりファンが喜ぶアプローチを取りたいという彼らの誠実さが透けて見える。

9月15日、“Deliver 04 you tour”と題されたレコ発ツアーZepp Tokyo公演2デイズ最終日。THE GET UP KIDSの「Holiday」が場内に流れたあと、暗転と同時にけたたましいサイレン音が鳴り響き、GEN(Vo&Ba)、HIROKAZ(Gu)、RYU-TA(Gu&Cho)、KOUHEI(Dr&Cho)のメンバー4人が登場。序盤は腰を深く下ろし、フロアーの四隅にまで音を届ける冷静沈着ぶりだ。“リビングにいるみたいな気持ち”とGENが自分たちの演奏を早くも振り返っていたけれど、観ているこちらも同じ印象であった。いい意味で肩の力が抜けた上で、自然体かつドッシリ構えたフォーリミがそこにいた。ドラム始まりで緩急豊かに聴かせる「Jumper」はライヴで特段に映えていたし、ロックンロール調の「mahoroba」と変化球も織り交ぜてショーは進んでいく。

また、HIROKAZの誕生日(9月19日)が近いこともあり、この日はサプライズでケーキでお祝いするスペシャルな演出もあった。本人曰く“何となく察した”と苦笑いを浮かべながら、メンバーからもらった“本日の主役”なるお約束の襷(たすき)を肩にかけ、HIROKAZはプレイを続行。その後、スタッフの推し曲である「Do it Do it」を披露。初期曲らしいシンプルなキャッチーさに観客も好リアクションで盛り上がっていた。

そして、新曲「fade」「just」はフォーリミの現在地を高らかに示す役割をきっちりと果たす。ここでは奇を衒わず、変わらないバンドらしさを濃厚に突きつけるサウンドを提示。飾らず、カッコつけず、普段着でビシッと決める彼らがいた。疾走度と高揚感、加えて抜群のメロディーの良さで観客に寄り添う。そのストロングスタイルが実に眩しかった。しかも、この日はZepp Tokyoが2022年1月1日に閉館するということで、ライヴ中に“Zepp Tokyo最後”とGENが名残惜しそうに何度も口にしていたのが印象深い。バンドとしても思い出の染みついた会場に違いない。天井のミラーボールが煌々と回る中で披露した壮大な「midnight cruising」もここで聴くのは最後かと思うと、一抹の寂しさを覚えたほど。

ライヴ全編を見渡してみると、パンキッシュな楽曲を挟みつつも、「Letter」や「soup」のようなメロディアスな側面にフォーカスを当てた楽曲の存在感が際立っていた。やんちゃな少年性よりも、大人びた風格の方が上回っていた。無論、エッジや角が取れたわけではない。今は足場を固めて、目の前の観客と背伸びせずに向き合う素に近いステージングとなっており、それがまた新鮮に映った。換言するなら、踊り場で伸び伸びとプレイするフォーリミのパフォーマンスも、今だからこそ観れる貴重なものだった。

ショーの終盤、“怒り以外の感情を共有したい。エンターテイメントは弱い人のためになる。心に栄養を与えて...また会いたいです!”というMCから「Squall」へ。ここにいる人たちの感情を根底から掬い上げる懐の深いエモーションに感涙。何度聴いても胸を打たれる名曲であり、今のご時世においても強い光を放っていたのは言うまでもない。今ツアーはまだまだ続くが、次に出会うときはどんな姿を魅せてくれるのだろうか。これからもフォーリミの動きから目が離せそうにない。

撮影:ヤマダマサヒロ/取材:荒金良介

※現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。

04 Limited Sazabys

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。17年2月11日には初の日本武道館ワンマンライヴを即日完売と大成功を収めた。バンド結成10周年を迎える18年、4月7日&8日には地元・名古屋にて3回目となる自身主催の野外イベント『YON FES 2018』、4月から5月にかけてはバンド初の東名阪アリーナツアーを開催した。

関連ライブレポート

アクセスランキングDAILY

  1. 阿修羅ちゃん

    Ado

  2. BOY

    King Gnu

  3. over

    V6

  4. Cry Baby

    Official髭男dism

  5. ドライフラワー

    優里

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成

注目度ランキングRANKING

  1. 阿修羅ちゃん

    Ado

  2. Rocketeer

    INI

  3. Brighter

    INI

  4. Dazzling Future

    高見梨奈

  5. こたえあわせ

    JUJU

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成