LIVE REPORT

さくらしめじ ライヴレポート

さくらしめじ ライヴレポート

【さくらしめじ ライヴレポート】 『祝5周年年企画第一弾! 「ドッ!菌!青春18本ツアー」 ~スーパーに売っているぶなしめじも1袋に何本入っているか決まりが無いように、青春の数にも決まりはない から追加公演します!~』 2019年9月26日 at Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

2019年09月26日@Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

撮影:鈴木友莉/取材:土屋恵介

2019.09.28

高校生フォークデュオ、さくらしめじが9月26日(木)に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでワンマンライヴ『祝5周年年企画第一弾!「ドッ!菌!青春18本ツアー」~スーパーに売っているぶなしめじも1袋に何本入っているか決まりが無いように、青春の数にも決まりはないから追加公演します!~』を開催。本公演はソールドアウト続出の全国ツアーを受けて行なわれた追加公演。結成から5年間の成長をたっぷりと見せる熱気みなぎるツアーファイナルとなった。

満員のファンが詰めかける中、田中雅功と髙田彪我がステージに登場すると、普段はライヴの後半に歌われることが多い「みちくさこうしんきょく」からスタート。ふたりは渾身の歌とギターで観客を圧倒! そのテンションに呼応するようにファンも大歓声で応戦する。しかも、今回のライヴで彼らは初のエレキギターでの演奏も披露。「でぃすとーしょん」「ねこの16ビート」をワイルドにプレイする姿はカッコ良さにあふれていた。

再びアコースティックギターを手にした雅功と彪我は、バラードからポップソングなどを次々と投下。後半戦では、このツアーに向けて作られた青春の想いさわやかなメロディーで届ける「青春の唄」を歌唱する。結成から5年の間に彼らは自分たちの気持ちを歌で訴えるグループへと成長したことを改めて痛感した。アンコールのMCで雅功は“このツアーを通じてさくらしめじの青春をもっと作れると思いました。これからも彪我と一緒に青春していきます。みなさんも一緒に青春してください”、彪我は“ツアーで素敵な経験をさせていただいて、ほんとに楽しかったです”とツアーで感じた思いを語った。

さて、アンコール後もまだまだ観客からの歓声が響き、予定外のダブルアンコールへ。スタンドマイクを退けたふたりは、生声で未来への思いを込めた「ゆめがさめたら」を熱唱。その熱演に会場は大きな拍手に包まれ、ライヴはまさにハッピーエンドとなった。逞しさを増したさくらしめじの、音楽に懸ける強い気持ちを実感できた一夜だった。

撮影:鈴木友莉/取材:土屋恵介

さくらしめじ

さくらしめじ:田中雅功と髙田彪我による、フォークデュオユニット。2015年3月に両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的な活動を展開! 17年夏より1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』を実施し、18年4月には待望の1stアルバム『ハルシメジ』をリリースした。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 4

    4. Bun! Bun! BuuuN!

  2. 7

    7. メドレー

  3. 8

    〜おたまじゃくし

  4. 9

    〜あやまリズム

  5. 10

    〜靴底メモリー

  6. 11

    〜はじまるきせつ

  7. 12

    〜先に言うね 〜かぜいろのめろでぃー

  8. 13

    8. 菌カツ!

  9. 16

    11. 青春の唄

  10. 17

    12. 123

  11. 20

    <ENCORE1>

  12. 25

    <ENCORE2>

関連ライブレポート

注目度ランキングRANKING

  1. DANDAN

    THE YELLOW MONKEY

  2. りんどう

    WANIMA

  3. Towards Tomorrow

    Saki

  4. Fake & True

    TWICE

  5. Raspberry Lover

    秦基博

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成