渡辺善太郎編曲の歌詞一覧リスト  122曲中 1-122曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
122曲中 1-122曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
未来鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子渡辺善太郎Being with no one talking to a cold heart I'm not in front of you I'm not behind you  You tell me nothing So I can't do anything Share your good days Share your bad days  Help me out Help me out What am I supposed to do? Help me out Help me out I can't reflect in your eyes  足りない見つめ合い 息すらもできない あなたの横を足早に すり抜けるこの想い 傷に染みる酒が 体に流れて 止まると脆く崩れるみたいだ  I ask if you're all right I wanna hear you're broken I can heal your pride I can make you be better  Help me out Help me out keep on holding my heart Help me out Help me out keep on holding my hand  知らない腰づかい 見たことないearing いくら手を伸ばしたところで 得られない光 止まらぬこの愛が 憎しみへ変わった 約束してた映画はもうみたかな  Help me out Help me out  Help me out Help me out What am I supposed to do? Help me out Help me out I can't reflect in your eyes  足りない見つめ合い 息すらもできない あなたの横を足早に すり抜けるこの想い 傷に染みる酒が 体に流れて 止まると脆く崩れる みたいだ
Tell me鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子渡辺善太郎Tell me something nobody knows 出会う前のことでも 私は7話目で登場する キャラクターだから  Don't let me lose your faith 知識なんてもんはないの 初めから一緒にいた あの子と比べたって  tell me , tell me , tell me  ねえほんとにないの? 一度も好きだとか恋心になったこと あぁ、疑いたくもないけど 今も昔もずっとそばにいるんだよね?  私の知らないあなたをあの子は知ってるんだ そう思うだけで悔しくて苦しくて 負けた気がして there is only way to ease these feelings you know (この気持ちを抑えてくれるのはあなたが言ってくれる) それは愛の言葉 どうしてだろうね 付き合ってるのは私のはずなのに tell me  What if you leave me 行き先は目を瞑り 何をするにも1番の 場所でありたいだけ  Oh I'm like a detective 証拠探し集めようと 信じていながら続く いつやめられるんだろう  tell me , tell me , tell me  ああ、目を背けても 必ず入ってくる仲良さげな2人 ああ、今までもそんなふうに お互いがお互いを大切に思ってきたんだろうな  私の知らないあなたをあの子は知ってるんだ そう思うだけで悔しくて苦しくて 負けた気がして there is only way to ease these feelings you know (この気持ちを抑えてくれるのはあなたが言ってくれる) それは愛の言葉 どうしてだろうね 付き合ってるのは私のはずなのに tell me  私はどれだけあなたの人生に必要なんだ 本当に相性が良いのは私じゃない気がして Don't you care what I am doing now? 違いがわかんないよ ただ寂しいんだ どうしてだろうね 付き合ってるのは私のはずなのに tell me
重愛罪鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子渡辺善太郎呼吸止めて壁を作って 自分の方から気持ち殺して 一線引けば私も楽になると思ってた  今さっき届いたメールに 惑わされそうになってしまった やめておくれ私の調子あなたに狂わされてばっか  いつ何時も一緒にいられるわけなんてないから 1人の時間を充実させてみようとしたけど 努力しても「一人」が「独り」に感じるだけで あなたの全てを把握するなんて馬鹿な話だった  ごめんね最近冷たくて 私も少し前感じてたよ おんなじことすればいいってわけじゃないけど 好きすぎてバランスが 取れないことに耐えられないんだ こうなるはずじゃなかったのに 私のこの愛は重過ぎた  気付いたらもう3% こうなる前に充電しとけばな でも知ってる?実は 1%は長いんだ  赤いエンドライン見えてるんだ こうなる前に修復しとけばな いつまでこの関係 保っていられるんだろうか  静かに不機嫌そうにしてたら心配してくれる その優しさで愛を確かめてしまっていた 他に方法があるならとうに試していたでしょう 自分勝手なやり方でも愛を確かに感じたかった  ごめんね最近冷たくて 私も少し前感じてたよ 好きで嫌味言うなんて筋が通ってないの分かってるけど 例え支離滅裂でも 受け入れて言ってくれたじゃないか 君といるのが1番だって あなたにこの愛は重過ぎた  努力しても「一人」が「独り」に感じるだけで あなたの全てを把握するなんて馬鹿な話だった  ごめんね最近冷たくて 私も少し前感じてたよ おんなじことすればいいってわけじゃないけど 好きすぎてバランスが 取れないことに耐えられないんだ こうなるはずじゃなかったのに 私にこの愛は重過ぎた
Hidden Notes坂本真綾坂本真綾坂本真綾SIRA渡辺善太郎からっぽの心の中 なにもない 荒浪はとうに凪いで 音は消えた  目を開けているのかどうかもわからない本当の闇 空の高さ 人の声を 思い出すことさえ拒んで  「もし叶うなら あの日のあの場所へ帰して」  過去に囚われた囚人はまだ許されるのを待っている 鍵のない鎖につながれてうずくまるだけ あなたは生きている そう生きている 今日だけのあなたを  引き潮があらわにする島のように 見落としていた手がかり 目をこらすの 好きだった歌を歌い 風と歩き 溢れ出る感情をただ放っておこう ある人はあなたに寄り添い ある人は立ち去るだろう 誰もみんなひとりひとつ 違う理由を抱いて彷徨う  「どうか永遠に消えないものをください」  未来を憂う少年はまだ不変の愛を求めて 失うことに怯えて何も与えられない あなたを信じてる そう信じてる人がここにいるわ  哀しみや怒りを恥じないで 内なる情熱を止めないで  過去に囚われた囚人はまだ許されるのを待っている 鍵のない鎖につながれてうずくまるだけ あなたは生きている そう生きている 今日だけのあなたを そう生きていく 今日からのあなたを
FLY MY WAY鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子鈴木瑛美子渡辺善太郎Step to make a new world 一人で 君を感じて 遠くにいても You're my hometown  They say “it feels like you'll leave us” but I won't actually 寂しい思い You're my hometown They say “you can do anything” Yes I can be great 遠くにいても You're my hometown  Fly (Step to see the stars. Believe) I'll come back to you Fly (Step to see the stars. Believe) Someone who knew 見えるものだけを信じないで Fly I won't go anywhere  Step to make a new world 一人で 君を感じて Kind of “sad” and “goodbye” 言わないもんさ  Fly (Step to see the stars. Believe) I'll come back to you Fly (Step to see the stars. Believe) Someone who knew 覗く鏡の奥にある世界 (Come back to you) Fly (Step to see the stars. Believe) I won't let you down, I swear  Can't wait この先にある苦難 Can't wait 乗り越えた自分 Can't wait 見えぬ未来 Hold on No, I won't betray myself No, I won't lie to myself  Fly (Step to see the stars. Believe) I'll come back to you Fly (Step to see the stars. Believe) Someone who knew 見えるものだけを信じないで (Come back to you) Fly (Step to see the stars. Believe) I won't go anywhere Won't go anywhere  Fly I'll come back to you Fly I won't go anywhere Fly (On your way to catch the stars. Believe) I'll come back to you Fly (On your way to catch the stars. Believe) I won't go anywhere  Fly (Step to catch the stars. Believe) I'll come back to you Fly (Step to catch the stars. Believe) I won't go anywhere  Fly (Step to catch the stars. Believe) I'll come back to you Fly (Step to catch the stars. Believe) I won't go anywhere
内包された女の子橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎話の済んだその日の朝 心を空っぽにしようと努めました 少しでも食い下がって欲しかったなんて わがままな思い 悔しいな  何がきっかけとかではなく だんだん減っていった言葉と笑顔 生じた亀裂を直視せず交わす 他愛ない話が一番心を雲らせた  片付けを済ませた部屋 遠くを眺めていた君 靄のかかっていく未来 なら一人に慣れなくちゃ  いい子でいたくてさよならを ギリギリの糸を私から切りました 喉まで出かけた大好きは 僕もなんて返事 期待する弱さ  今まで作った思い出も 全部無駄な気さえしちゃって悔しいな 腹立たしさと愛おしさが交互に押し寄せ まだいやずっと納得などできないだろう  いつも追いかけることに疲れたはずなのに きっとずっと忘れられない なら一人に慣れなくちゃ  見苦しくないように いい子でいなくちゃ 困らせないように いい子でいなくちゃ  これは全部嘘だ  本当は一緒に最後まで 側で歩いてくつもりだった 喚いて叫んで行かないでと 大泣きしてしまえばよかった  いい子でいたくてさよならを 愛しさも全て押し殺しました でも こんなに苦しいのならば 傷つけてもらえばよかった  いつか時間が思いを癒し また新しい朝が始まる
リセット橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎もうやねやねやんなる しかしあなたは寝たらばリセット  ちょっとした隠しごとに 切なくなって酔いしれた 私の気持ちに気づいた時 どう思ったの 先の無いことは好都合 ロマンティックを楽しんだ あなたのことは尊敬していたの  君が嫌じゃなければなんて 見えない誰かを裏切る あなたを知りたくはなかった  誰かを下げて持ち上げる その褒め方止めてよ気分悪い ごめんねはその場しのぎ 反省の意味はなく またくり返すのでしょう  不満は蓄積するばかり 仕事に励みましょ そうしましょ もうやねやねやんなる しかしあなたは寝たらばリセット  期待するのもお門違い 憧れを押し付けていた 人の思考は都合がいいもの 妄想やめようか 気持ちの分だけ あなたの嫌いなところ数えては 心の整理をし始めていたの  本当のことは言わないけど あの時確かに私は 嬉しさも噛み締めていた  ごめんね待ちの被害者ぶる その責め方やめてよ気分悪い 優しいのは報酬 好きは無期限上限付 わかっているのかしら  不満は蓄積するばかり 仕事に励みましょ そうしましょ もうやねやねやんなる 不毛なことをしている溜め息  欠けた月が浮かぶ夜に あなたの顔が浮かんでしまった もうやねやねやんなる だから私も寝てほらリセット  できないわ  ネガティブな思考回路は 夜に拍車をかけて責め立てる わかっていたのごめんね 勝手に悪者にして 怒りで隠していた 心の深く深く奥の 本音を赤裸々に申します もうやねやねやんなる 思ったより傷ついてたみたい私は
夢現橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎青空に溶けるような 白いカーテンとふわり揺れるあなたの髪 三つ編みに結いあげると 嬉しそうに振り向いてくれた  騒がしい人入り乱れる喪服の行列 怒りに歯をすり減らし 今は涙も出ない  放り込まれたこの世界は 間違いなく現  可愛い夜泣き声に苛まれる 幻聴 呼吸するだけの日々と 無気力混ぜたコーヒー  憎しみ哀れみ思い出に縋り 夢に生きる  青空に溶けるような 白いカーテンとふわり揺れるあなたの髪 三つ編みに結いあげると 嬉しそうに振り向いてみせた  十年の月日が経ち 知らされる処刑と 行き場をなくす憎しみが薄れ  今朝 夢から覚めた  もうここには 私一人 堰を切り溢れた涙 時は風 体を撫で あなたの未来を生きなくては  何度目の朝日を迎え 今やっとあなたのため そのためだけに泣けるの 三つ編みに結いあげると 嬉しそうに振り向いてくれた
公然の秘密橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎嘘吹けば流れる人の波 甘い思考でのぼせる脂肪 横道の屋根の下隅 黄色い歯が微笑み寄る  同情していたあなたさえ 素知らぬ振りで肌を剥く  痛い痛いと叫んでも 生暖かい熱が 居ない居ないと嘘をつき 指を数う  そこここに隠した夜月 両端吊り上げられた唇の中 私の胸 一面の百合の壁  考えることを止めたら 確かに何もなくていい  痛い痛いと叫んでも 生暖かい熱が 居ない居ないと嘘をつき 指を数う  灯りから零れ出る夢 消さず触れず眺めるだけ  失ったあの春も 六畳間も随分慣れてしまったようで 枯れても百合と言えましょうか  痛い痛いと叫んでも 生暖かい熱が 居ない居ないと嘘をつき 指を数う  何ももう要らないのに 君が与えるは愛 居ない居ないと嘘をついたのは私  気づかないで
ヒーロー橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎暖かい土と 湿った草花 無限の可能性と期待 生まれる前のもっと前 ヒーローにだってなれる  僕には極限状態が好ましい 悲しいのは浸りたいだけ 歪んだ思考は 流動し続ける無限のサイクル  どこにも当てようのない感情 誰かのために生きてきたけれど 本当は きっと誰もが求めている  常識の目に晒されて 規範がどんどん狭くなる 捨てきれない自己の形成のため 不可欠なもの  夢 思い出 決意 憧れ 僕のために居た君  明日はもっとなんて思わせて 朝は残酷だ 目をつむった 無責任な昨日の自分 ヒーローにだってなれると思っていた  思っていた
小説家橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎聡明なあなたが 透明な水槽で 飼いならした私の背鰭をやさしく撫でる  染み付いた墨の匂い 綿の死んだ座布団に 筆の進まぬ夜 朦朧と瞳は乾く  『どうにも世迷言が過ぎる』『理解はし難く』嘲笑されてゆく より現実味を帯びるならば あちらとこちらを混ぜ合わせて  躊躇するあなたに そうして頂くことが喜びと説き伏せて ぷつぷつと浮き上がる血を見て 初めは酷く狼狽していた  白紙の格子に 溢れ出る言葉を 筆も追いつかぬままに びっしり綺麗に並べる  『理解はし難い、されどなれどどうにも目が離せない』 もう戻れないとおっしゃるなら 私の全てを どうぞ使い果たして  躊躇するあなたに そうして頂くことが喜びと説き伏せて 泡を吹き痙攣する目に 感謝と涙で嗚咽していた  ドーパミンの海を泳いで 見せたい世界をしらしめていて もう夢を見失わぬよう このままどうか側にいさせて
ドッペルゲンガー橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎理不尽で悪意ないもの 僕は逐一傷ついて 虚しく続く現実が もう一人の彼を作った  共感する振りが巧く 彼は笑顔で少し抜けている こちらといえば最近は ろくに対話もしてないな  彼の居場所は着々と出来上がりいつも楽しそうですね 彼はそれにはいと答える 僕の顔は歪む  夢を叶えてしまった跡には 一切合財残らなくて 分かち合うあなたも傍には居なくて 幸福であれどどこまでも孤愁  幸せが怖くて僕は あなたから逃げ出して 今更都合がいいよな 涙が出るほど会いたいんだ  僕の居場所は着々と 輪郭がボヤけて混じっていく あなたの記憶の中に 僕を置いてゆく  夢を叶えてしまった後には 一切合切残らなくて 分かち合うあなたも傍にはいなくて 生まれ落ちた意味が欲しいかっただけ  贅沢なのは分かっているけど 僕の最後の願いだ 違う未来を生きているあなたに会って 僕にどうか笑いかけてください
僕は知らなかった橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎言えないことはだんだん減って 恥じらいもなくなって あんなに思い悩んだことも 今では笑い飛ばしてしまう 僕はそれでいい あなたは違う そんなことも分からないまま 過ちをおかした  たくさんサインをくれてた あなたの言葉と表情に 大したことないさと自分の測りでひどい言葉をぶつけた 本心じゃない 言い訳もできない 一緒にいるのにずっと一人にさせてた事実  失礼のないように怯えながら慎重に言葉を紡ぐ そんなことに疲れた僕は 甘えてばかりだったね  あなたの好きなもの 嫌いなもの 許せないこと 笑えること 好きな匂い 町 音 全部覚えていきたかった 僕は知らなかった 僕は知らなかった 愛されることより 愛して初めて満たされること  人に親切で優しい そこが大好きでしたって 違う 汚い自分を許すための免罪符だったんだ 今となっては この優しさは 持ち続けることが僕からあなたへの贖罪  人が人を理解するには途方もない時と根気が要る そんなことに疲れた僕は 必要な瞬間さえも  あなたの抱えてた心の底 不安 悲しみ しがらみも 二人なら越えられることが 沢山あっただろう 僕は知りたかった 僕は知りたかった 愛されることより 愛して初めて満たされるもの  今は壊れてしまって構わないから 僕の世界と 向き合いたいんだ 向き合いたいんだ  あなたの好きなもの 嫌いなもの 許せないこと 笑えること 好きな匂い 町 音 全部覚えていきたかった 僕は知ってたんだ 僕は知ってたのに 大切にするにはあなたの声を もっと聞けばよかった
ハロー、ハロー坂本真綾坂本真綾坂本真綾坂本真綾渡辺善太郎想像してみるんだ いつか歳をとったとき どんなことを懐かしく思うのだろう 母の口癖とか はじめて逆上がりできたこと それとももっとどうでもいいことかな  ハロー、ハロー、ハロー 未来へ手を振りました ハロー、ハロー、ハロー 聞こえたら微笑んで ハロー、ハロー、ハロー 私はここにいました ハロー、ハロー、ハロー 泣いたり笑ったりしながら  思い出したくないことはずっと忘れない 大事なものほどすぐに失くすくせに 私には無理だよ そう言ってあきらめかけたことの 続きをやっと歩きだしたところ  ハロー、ハロー、ハロー 未来へ手を振りました ハロー、ハロー、ハロー 聞こえたら微笑んで ハロー、ハロー、ハロー そちらへ向かっています ハロー、ハロー、ハロー 跳ねたり転んだりしながら  私はここにいました 私はここにいました 私は  ハロー、ハロー、ハロー 未来へ手を振りました ハロー、ハロー、ハロー 聞こえたら微笑んで ハロー、ハロー、ハロー 私はここにいました ハロー、ハロー、ハロー 泣いたり笑ったりしながら
小さな声橋爪もも橋爪もも橋爪もも橋爪もも渡辺善太郎閑静な町が 静かに歪んでいった夕暮れ あなたの孤独に巻き込まれ 私はあの日死にました 寂しがらないようと未遂をした 母に声を届けたくて 耳鳴りのような音しか出せない  私の声を聞いて どうか泣かないで ごめんなさい愛してる あの日突然訪れた長い悪夢 この世界が彼女の現実  体裁と安寧のため 犠牲になってもらいます 自分の身を守るためなら 彼らはどこまでも非常だ 私たちを忘れないでと叫んだ 小さな声を振り切って 辻褄を合わせ 正解を作った  私の声を聞いて 見つけてください 孤独に待つかの人も あの日突然訪れた長い悪夢 この世界を彼らが決める  憔悴と体面のため 犠牲になった知らぬ人 浴びせかけられる怒声罵声に ただ朦朧としていく 分厚い塀の中時だけが積もる「その人はやってなどいない」 この激情は 世の中の餌じゃない  私の声を聞いて 真実は目の前 でも届かない届かない あの日突然訪れた長い悪夢 この世界が彼の現実  全部違うと 今やっと振り出しに戻ったというのに どうして ごめんなさいが言えないの 過去を隠し 前進もしない  阻まれるささやかなこの声を信じて 目を開け目を開け あの日突然訪れた長い悪夢 生きているあなたたちへ送る  人は命を削り 孤独と戦い 許しあって 消えてゆく あの日突然訪れた真実に この世界を変えられるのは  私たち
手をつなごう久我陽子久我陽子久我陽子・青山カオル村田隆行渡辺善太郎あなたの言葉の 真実(ほんとう)が見えなくて 私が欲しい答えを求めてしまう  悩んじゃいけないと 逃げ道を知ってるけど ちぎれそうなこの不安 繰り返さないで  しあわせは ひらひら降り注いで 涙は乾いて 穏やかな笑顔に変わるの あなたから 届いたメッセージと あたたかな陽射しに 心開くわ  私をえらんだ あなたが笑顔で見てる 勇気を出して私から 手をつなごう  私のわがままを いつも先回りしてる そんなあなたが 意地悪に感じてしまう  信じる気持ちの 大切さは知っている 不安になりたくなくて ケンカしちゃう  愛してる その言葉が欲しくて あなたにわがまましてる事 本当にごめんね いつの時も見守ってくれるあなた しあわせとやさしさ 感じてる  明日が晴れてても雨だって大丈夫 いつの間にか また愛が深まってる
FOLLOW ME坂本真綾坂本真綾坂本真綾坂本真綾渡辺善太郎昨日も今日も同じだって 退屈してるなら 探しものに付き合って 無重力の向こうまで  無謀だなんて言わないで 私はきみとなら 次元の間に落っこちて帰れなくてもいいわ 七つの海と 四つの季節と 無数の銀河を ぜんぶ探さないと Follow me どんなにお金があっても買えないもの  恋より気持ちよくて 絹より美しいの この世にふたつとなくて 永久には続かないの もし見つけたら半分きみにあげるわ  雨あがり 忘れな草(forget-me-not) レモンの香り 幸せって一瞬で たぶん そこがいいの Follow me はじめて虹を見た日を覚えている?  雫は宝石になって ときどき涙になる なんども見失うけど なんどでも取り戻せる 謎が解けたら次の扉が開くわ 開くわ  私に残されてる時間はあとどれくらいかな FOLLOW ME 生きてるって感じるとき 何をしてる?  恋より気持ちよくて 絹より美しいの この世にふたつとなくて 永久には続かないの もし見つけたら半分きみにあげるわ あげるわ
ロードムービー坂本真綾坂本真綾岩里祐穂かの香織渡辺善太郎ねぇ ひとつだけ選ぶなら どんな思い出かしら その場所に私もいる?  旅っていつか終わると思っていた でも終わらない旅もあるのね  朝焼けをくぐり抜けて 流星をつなぐように どこまでも続く道を Cause I love you なんて言いながら めぐり逢えた 君となら  あぁ 行く先は決めないよ 意味のない心配もしない  助手席で眠る君 どんな夢を見てるの?  さようならやおかえりをくり返しながら  愛しさはここにあるよ 悲しみもここにあるよ どこまでも続く明日 Cause I love you なんて笑ってよ どんなときも  いつの日か一人きりで この道を走るとしても どこまでもあの日のまま Cause I love you なんて言いながら めぐり逢えた 君となら めぐり逢えた 二人なら めぐり逢えた 君となら
スパム指田フミヤ指田フミヤ指田郁也指田郁也渡辺善太郎誰もいらない ベタベタ触らないでソワソワしちゃう 僕は欲しくない デタラメなその言葉ゾクゾクしちゃう  作り笑顔でバカみたいに話しているからって アイツの事刺さない保証なんてあるのかい? ん?  今朝のニュースでどっかの知らない誰かが死んだって 僕は関係ない同情なんかじゃ涙は流れない  こんな僕は人間そっくりのまがいものかもしれない  誰も愛さない誰も愛せない それでも僕は息をしてます。 人形の様にガラスの様に 誰かが触れれば壊れるのです。  願いなんて 望みなんて いつか僕を殺してしまうの  Help Help Help Help Help Help  http://でつながるSNS 試行錯誤で匿名希望の誰かにSOS  どっちにも向いていない僕の言葉は バラバラ落ちてどこへ行くの?  誰も分からない誰も気づかない 夜に何を求めているんだろう? 人間の様に理由をつけるように 僕は僕を上手く生きてます。  綺麗なんて優しさなんて 余計自分汚してしまうだけ  Help Help Help Help Help Help  こんな僕は人間そっくりのまがいものかもしれない  誰も愛さない誰も愛せない それでも僕は息をしてます。 人形の様にガラスの様に 誰かが触れれば壊れるのです。  願いなんて 望みなんて いつか僕を殺してしまうの  Help Help Help Help Help Help  誰もいらない 僕は欲しくない 誰もいらない ベタベタ触らないでソワソワしちゃう
DaydreamJohn-HoonJohn-HoonMiki TaokaChoi Yong Chan渡辺善太郎Daydream やわらかな陽が Daydream 君に降り注ぐよ 辿り着くまで行こう  いつの間にか君に強く 惹かれてしまった その先にBaby 想いはwhere we belong  あとどれくらい歩いたら 互い違い並んだ 二人の距離 特別に変わる?  右手繋いで 愛しさ握り返し どんな言葉より 君にKissを送ろう  抱きしめて Daydream 君といること Daydream 夢じゃないから 時間は輝く その横顔  いつまでもずっと見つめていたい もっと君に近づきたい 今照らされて行こう  不意に名前で呼んでみた 少し照れくさいけど 君がDaily 喜びに変わる  隣り歩いて 気持ち重ね合って どんな言葉より 君にKissを送ろう  抱きしめて Daydream 君といること Daydream 夢じゃないから 一瞬で色づく その口づけ  この胸にずっと描きたいから もっと君に近づきたい 今照らされて行こう  あの空の向こう  Daydream 君といること Daydream 夢じゃないから 時間は輝く その横顔  いつまでもずっと見つめていたい もっと君に近づきたい 今照らされて行こう
Running BirdNIKIIENIKIIENIKIIENIKIIE渡辺善太郎私は夢見る 君の街 遠い 遠い  背中に着いてる 翼は 眠ったまま  醒めない 醒めない ちゃんと役目果たしてよ  飛びたいよ 飛べないの? 今すぐ飛べるって言ってよ 会いたいの 会いたいの ね、だから飛べるって言ってよ i'm a running bird  私は足をつき 君の街へ 走る 走る  背中に着いてる 翼が 死んでしまっても  泣かない 泣かない だって私 走れるの  飛ばないよ 飛ばないの 一つ一つ踏みしめて 会いたいの 会いたいの ね、だから走ってゆくよ i'm a running bird  「間違いだらけだ」 誰かが嘲笑う 「飛べない鳥だと」 誰かが嘲笑う 間違いだらけだ 私は走る 飛べない鳥でも 私は私  逃げないよ 逃げないよ 生まれたままの姿で 会いたいの 会いたいの ね、だから走ってゆくよ i'm a running bird
harmonic harmonistNIKIIENIKIIENIKIIENIKIIE渡辺善太郎give me a reason give me a reason why you're satisfied 我慢しないで負けたら良い  身体中が貴方の方へと燃えている これがきっとあの子が言っていたことかな  溜め息の雲に乗り 孤独よ 飛んでいけ  夢 見ていたいな 一度しか 一度きりしか 私 は 私 になれない 夢 していたいな 一息じゃ語れないような  面倒なことばかりを後回し 好きなものから平らげたい (明日が来るのか確かめたい) 心臓で呼吸をする  愛 していたいな 一度しか 一度きりしか 貴方 の 私 になれない 愛 溢れたいな 一息じゃ飲み干せないほど  幼いあの胸に 確かに感じてた高鳴り 信じよう
プラネットCharaCharaCharaChara渡辺善太郎まって 愛の純粋って 見えないんだっけ? 惹かれたのはなぜ? 拾いだすと、ガラスの子鹿 傷つけるの 嫌です。  愛を待つ鼓動 繋いで 彼は泣くかな 私にだけ  そばにいて  このままずっと… だけ  失ったかな まともに愛すか 嘘の一粒まで  愛を待つ事を 繋いで 始まっていないから 彼が愛す程 身勝手 私が持つから  あれも持って これもなくちゃ まともに落ちて 彼のマイペース 私のマイペース 笑い合った それも持って  彼のおもちゃ 私がいなくちゃ 歴史になってしまうの? なんで
3sec.NIKIIENIKIIENIKIIENIKIIE渡辺善太郎I try to kiss you baby I try to hold you baby しがみついた君の腕 淡く甘い春の匂い あと3秒だけ何も言わないで 離れられなくなるから わがままだとしても許して I miss you darlin'  すべてをすべてを壊してしまいたい 生きる術を私にどうかください 誰かの言葉に惑わされて 冷たい檻の中で一人あえいでた  鍵かけた気持ち認められなくて  I try to sing you baby I try to tell you baby 耳をあてた君の胸 気付けずにごめんね あと3秒だけ何も言わないで 君なら大丈夫だよ 背中押す勇気もまだ無いけど I miss you darlin'  抑えてた速度 体ごとさらって 不安を溶かしてゆく 残された恋は春風の如く 胸を締め付けたまま  鮮やかな記憶 覚えてられるかな  I try to kiss you baby I try to hold you baby しがみついた君の腕 淡く甘い春の匂い あと3秒だけ何も言わないで 離れられなくなるから わがままだとしても許して I miss you darlin'
秘密坂本真綾坂本真綾坂本真綾柴田淳渡辺善太郎転がってる目の前の自由 扱い方も知らず途方に暮れる 対向車線を行くライトがまぶしい  大丈夫が口癖になっている このごろは たいていのことならもう我慢できる こんなことを強さだというの 偽善者  信号が青に変わるたび 自分の激しさに気づく  誰も知らない秘密をひとつ抱えて 痛みに耐えて どこまで行ける  始まってないのに終わるのが怖くって 失うものの数だけ数えている 欲張ってるのは私だけ それとも  優しいふりして笑ってる 自分に吐き気がしてるわ  ここから出して 粉々になりそうなの 飲み込まれてく 醜い願望 生温い感情 つめたい手でぬぐってる 誰も知らない 誰にも触れさせはしない 私の中の柔らかい場所 誰も知らない秘密をひとつ抱えて 痛みに耐えて どこまで行ける
ミスターロンリーCharaCharaCharaChara渡辺善太郎平気なら手伝って 『平気じゃない‥ いつまで?』 傘がないや‥守ってて 『私の雨 まってて』 心に火をつけて ‥もう燃えないわ 荒んで 素直なままでいたい 理想? どうってことないわ  いってよ 鏡の中のあいつに聞こう  おかしい? 本当 誰も恋に落ちたい 1つだけでいいのに こぼれるの? 私の独走。 肥大化したくない‥ 何もできない?  2つとも目合わせたい? 近すぎて笑って あさってまでキスして 知るものは言わない だっけ? 穴の空いたセーターきて あたしだってかわいがって このくらいで捨てないでね うそよ どうしたっていうの?  いってよ 鏡の中のあいつに聞こう  あなたの特別な存在でいることを 神様に感謝していたのに 過去 私の独走。 肥大化したくない‥ わかるでしょう?  肥大化したくない 何もできない‥ 肥大化したくない 何もできない‥ 肥大化したくない 何もできない‥ 肥大化したくない だけど簡単じゃないよ 簡単じゃない  私 本当がいいの こぼれても  あなたと今 こんな風に恋に落ちた
言えない「スキ」新垣結衣新垣結衣新垣結衣川江美奈子渡辺善太郎言えない「スキ」  何度携帯ひらいたんだろう 鳴らないあなただけのメロディー 読み返すいつになってもまだ消せないあの言葉  すれちがう人 信号の先 街を歩けばふとした時に さがしてる いつのまにか特別だったあなたの笑顔  ポツリ ポツリ 冷たい雨が 降り続く日は どうかあなたが 孤独で凍えてしまわぬよに Ah だれかがそばに  甘い香りのキャンドル見つめ 思いだしてるあなたの声 私だけ聞こえてる 向けられてる その言葉  あれからいくつ夜が過ぎたの あなたは今 誰を見てるの 待ってちゃいけないのに わかってても胸が痛いよ  きらり きらり 夜空に祈る 今日はやけに光ってるから だれにも言えない想い風に Ah のせて届けて  ポツリ ポツリ 冷たい雨が 降り続く日は どうかあなたが 孤独で凍えてしまわぬよに Ah だれかがそばに
僕はここにいるGOLD LYLICいきものがかりGOLD LYLICいきものがかり吉岡聖恵吉岡聖恵渡辺善太郎どうしてそばにいてくれるのですか 僕のそばに どうして涙を流すのですか 僕がいないと  愛があるから人は 生きれるというよ 愛があるから僕も 笑えるのかなぁ  ふれあうこと 繋がること 君だから嬉しい ルルル 君がくれたこの温もり なんと呼ぶのだろう 過ぎた冬も 青い夏も 僕はここにいる ルルル 僕はきっと 知っているよ 幸せのかたち  忘れてないでしょう? 今日も出かけよう あの歩道橋 二人はしゃいで 駆け上がるその先 何か見えるの  愛を知るから人は 素直になれるよ 愛を知るから君は 輝くのかなぁ  悲しいかお 嬉しいかお みんな知っていたい ルルル 僕に見せるその笑顔で いつもそこにいて 朝を告げる あの太陽 君を照らし出す ルルル 今生まれたこの気持ちが 僕の宝物  ふれあうこと 繋がること 君だから嬉しい ルルル 君がくれたこの温もり なんと呼ぶのだろう 過ぎた冬も 青い夏も 僕はここにいる ルルル 僕はきっと 知っているよ 幸せのかたち 君がくれたもの
プギウギいきものがかりいきものがかり水野良樹水野良樹渡辺善太郎プギウギで プギウギな プギウギに いっちゃって ほら ワクワクな プギウギで こころ 踊る 甘えないで プギウギに プギウギが プギウギで ゆっちゃって ほら ウキウキな プギウギで こころ 踊る 焦らさないで  嗚呼 嗚呼 あ! あ?  掛け声(ふぁん ふぁん We Hit The さん さん ふぁん ふぁん We Hit the ムーン ムーン ふぁん ふぁん We Hit the さん さん ふぁん ふぁん ふぁ---ん)  地球最後の夜にキミを誘うの 愛だ!恋だ!なんかちょっとまだ足りない なんで こんなにも センチメンタルなんでしょ 儚い人生(いのち)だけじゃぁ 燃やしきれやしない しない ない  思い切って新世界(つぎ)のダイヤルまわすの 優柔不断なお喋りはもう沢山 いっそ お楽しみなら もっとジョイフルしたいんでしょ そんな顔してないでぇ うたえ 愛の 愛の メッセージ  ほら プギウギで プギウギな プギウギに いっちゃって ほら ドキドキな プギウギに あたま まわる 揺らさないで プギウギに プギウギが プギウギで ゆっちゃって ほら ズキズキな プギウギで あたま まわる 切らさないで  嗚呼 嗚呼 あ! あ?  生きる大義(いみ)なんて 本当に必要か? 鬼様が笑うぞ 壊していけ スタイル スタイル A(C)なんて 消えちゃうが革命だ 魅惑のメロディ 世界に そう 届け  いっそ 息絶えるなら もっとエンジョイしたいんでしょ そんな顔してないでぇ さけべ 愛の 愛の メッセージ  ほら プギウギで プギウギな プギウギに いっちゃって ほら ワクワクな プギウギで こころ 踊る 甘えないで プギウギに プギウギが プギウギで ゆっちゃって ほら ウキウキな プギウギで こころ 踊る 焦らさないで  掛け声(ふぁん ふぁん We Hit The さん さん ふぁん ふぁん We Hit the ムーン ムーン ふぁん ふぁん We Hit the さん さん ふぁん ふぁん ふぁ---ん)
yes渡辺美里渡辺美里渡辺美里近藤薫渡辺善太郎yes yes yes! 笑顔を咲かせていたい 涙 こぼれる時も このくちびるに  風が あなたの生まれた 街の香りを運んでくる 包みこむよに  夢に手が届かなくて 投げ出しそうになる そんな弱さ 同じだね  いつも 確かな地図を 手に入れようとしてた 遠回りでも かまわない 一緒なら  もっと yes yes yes! 笑顔を咲かせていたい 涙 こぼれる時も このくちびるに  yes yes yes! ココロにチカラをくれた 歌を 明日を あなたに 届けたいから  どこか 懐かしいのは なぜ? 初めてなのに 人も 空も サヨナラさえも  絶対 なんとかなるって 明けない夜はないって 声にならない 願いも 叶えたい  だから please please please! うまくいかない時こそ 一番 そばにいられる 私でいたい  please please please! 答えを見つけ出せるよ 一番 だいじな人と 走り出せたら  はりつめていた 気持ちが ふっと ほどけてゆくよ あなたの 瞳の中で  yes yes yes! ココロにチカラをくれた 歌を 明日を あなたに 届けたいから  yes yes yes! 笑顔を咲かせていたい 涙 こぼれる時も このくちびるに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花は桜 君は美しPLATINA LYLICいきものがかりPLATINA LYLICいきものがかり水野良樹水野良樹渡辺善太郎花は桜 君は美し 春の木漏れ日 君の微笑み 冬が終わり 雪が溶けて 君の心に 春が舞い込む  窓をたたく強い雨はまだ続くと ラジオから流れる声が伝えています 電話から聞こえた声は泣いていました 忘れたはずの懐かしい声でした  君はまた もう一度 あの頃に戻りたいのでしょうか 春を待つ つぼみのように 僕は今 迷っています  花は桜 君は美し 春の木漏れ日 君の微笑み 冬が終わり 雪が溶けて 君の心に 春が舞い込む  変わらぬ街の景色が教えるのは ひとつだけここに足りないものでした 「いつもの場所」と決めていた駅の前 揺れ動く心が僕を急がせます  僕はまた もう一度 君の手を握りたいのでしょうか 春を抱く かすみのように 僕は今 揺らいでいます  花は香り 君はうるわし 水面に浮かぶ 光が踊る 風が騒ぎ 街は色めく 僕の心は 春に戸惑う  春はまた もう一度 この花を咲かせたいのでしょうか 僕を待つ 君の傘が あの駅に 開いています  花は桜 君は美し 春の木漏れ日 君の微笑み 時に燃える 春の吐息 二人の時が 春に重なる  花は桜 君は美し 春の木漏れ日 君の微笑み 冬が終わり 雪が溶けて 僕の心に 春が舞い込む
RIVERSalyuSalyuJoni MitchellJoni Mitchell渡辺善太郎It's coming on Christmas They're cutting down trees They're putting up reindeer And singing songs of joy and peace Oh I wish I had a river I could skate away on But it don't snow here It stays pretty green I'm going to make a lot of money Then I'm going to quit this crazy scene I wish I had a river I could skate away on I wish I had a river so long I would teach my feet to fly Oh I wish I had a river I could skate away on I made my baby cry  He tried hard to help me You know, he put me at ease And he loved me so naughty Made me weak in the knees Oh I wish I had a river I could skate away on I'm so hard to handle I'm selfish and I'm sad Now I've gone and lost the best baby That I ever had Oh I wish I had a river I could skate away on I wish I had a river so long I would teach my feet to fly Oh I wish I had a river I could skate away on I made my baby say goodbye  It's coming on Christmas They're cutting down trees They're putting up reindeer And singing songs of joy and peace I wish I had a river I could skate away on
WHEREABOUTS~for Anthony~SalyuSalyuSalyuTatsuya Kokufu渡辺善太郎胸の箱には 鍵をかけた あなたの匂いを しまっているの  渡せなかった 言葉をまた 紡ぎ直しては 心に書き留めてる  失ったことに 気付けないまま 巣食った闇に 戸惑うから  かなしみは かなしみを知って 最後は かなしみへ還すから…  どこだって MY WHEREABOUTS…  不意にほどけた 髪のリボン 結び終えたら 長い夢から覚めた  夕日を唄う 事に飽きたら 朝日を唄う 人に出会う  よろこびは よろこびを知って 最後は よろこびへ還すから… こころの消えない痣 それすら絆として愛せる 宿せる  強さこそ MY WHEREABOUTS…
iris~しあわせの箱~SalyuSalyuSalyuRyoki Matsumoto渡辺善太郎あなたの方が知っていた 私が大事にしてたもの また会えることを信じて 約束もせずに手を振った  車窓は 流れ出す景色の フレーム そっとそっと 始まりを映し出し始める  二人で生きる理由を 貫くような眼差しで確かめ合った 今でも息衝く痛みは 記憶 それ以上の何か 誓いそのもの  あなたが置いた約束 そのままずっとかばってる もう会えないと しても いつも 私の箱にしまっていく  それぞれの想いで 同じ唄を愛した 過ぎ行く時の 彼方に 響くメロディ  違う景色の中にも 同じ色が輝いてる ことを知ったの 背中合わせの間に ある 温もりをきっと感じていける  「失わずには前に進めない」 そんな想いも 手品みたいに 種を明かされることを待ってる  鉄路の先を辿って フレームは新しい 街を宿した サヨナラを唄に出来たら また あなたに出会える どこにいても  違う景色の中にも 同じ色が輝いてる ことを知ったの 背中合わせの間に ある 温もりをずっと感じていける
ココロ銀河渡辺美里渡辺美里渡辺美里川村結花渡辺善太郎綺羅々 綺羅々 瞬く銀河 きみと会える日は 天の川 ココロ ココロ 地上の銀河 この広い世界の片隅で  離れて暮らすこの街でも どうぞ変わらずにいて  きみの声が聞きたくなって この大空に耳を澄ますよ 幸せになれますように 星に願いをかける きらら きらら 銀河 ココロ ココロ 銀河  沙羅々 沙羅々 私の思い 白く透きとおる夏椿 ぽつり ぽつり 儚い銀河 大切な人が遠ざかる  少しやせた横顔のきみが 違い人に見える  きみがくれた言葉をひとつ 紙ヒコーキで飛ばしてみる 夢の中で会えますように 星に思いを馳せる さらら さらら 銀河 ぽつり ぽつり 銀河  今年の夏も浴衣を着て きみと歩きたかった  愛に出逢い 愛に彷徨う 精一杯に生きてゆくから 幸せでいてくださいね 同じ星の下で きらら きらら 銀河 ココロ ココロ 銀河 さらら さらら 銀河 ぽつり ぽつり ラララ…
KISS & CRY渡辺美里渡辺美里渡辺美里桑村達人渡辺善太郎KISS & CRY 頬に風を感じて 走り出すのが好きよ テレパシーみたいに 今日の日が ステキになる気がする  STEP by STEP ちょっぴり めげそうな時も がんばってゆくこと 靴ひもを ぎゅっと結ぶように 私(じぶん)に誓ったから  きらきらと輝く 心は万華鏡 ずっとずっと 見つめていたい この夢と一緒に 日のあたる坂道を 少しずつ登ってくように さりげなく やさしい街が勇気づけてくれるよ  KISS & CRY いつもここから始まる 憧れも現実も 思いのたけを 一瞬に 私(じぶん)に負けたくないよ  この胸のトキメキ 今すぐキャッチして 真っ直ぐ あなたに届け! いつもの風景が 瞳に映りこむ 金色の翼 広げ 毎日が特別な日に 変わりはじめているよ  美しい この夕焼けも いつか愛する人と 暮らし始めた時に 違って見えるのかな?  だけど女の子だもん 時々からまわりだもん  きらきらと輝く 心は万華鏡 ずっとずっと 見つめていたい この夢と一緒に 日のあたる坂道を 少しずつ登ってくように さりげなく やさしい街が 勇気づけてくれるよ  真っ直ぐ あなたに届け! la la la …
夏だより渡辺美里渡辺美里渡辺美里近藤薫渡辺善太郎今年も大好きな季節がやってくるよ あなたの誕生日 ほおずき市 遠い花火  むせるような陽射しと くちづけが 眩しい  水しぶき上げて 光の中 キレイな笑顔は 夏だより 未来の日々を 空に描いて 二人は確かに恋してた ずっと…  缶ビール片手に野球でも観に行こうよ あれから目印の看板も変わったけど  都会の夕暮れは なんとなく せつない  ほおずき紅く 鳴らせなかった 甘くて酸っぱい 夏だより 人波に押され 迷いながら 二人はそれぞれ歩き出す ずっと…  むせるような陽射しと くちづけが 眩しい  忘れ潮そっと のぞき込むように あなたの声だけ 夏だより 水しぶき上げて 光の中 キレイな笑顔は 夏だより 未来の日々を 空に描いて 二人は確かに恋してた ずっと…
Happy Songタイナカサチタイナカサチタイナカサチタイナカサチ渡辺善太郎Happyになれる歌があるよ みんな集まって朝まで歌おう うまくいかない事ばっかりは続かない 明るい顔でツキを呼ぼう  つまずいて足くじいて半泣き帰り道 ドジばっかり繰り返す雨に濡れたスカート 大好きで夢中だった彼にふられたり 頑張っても力が出ないそんな時は  最後の力を振り絞って 仲間に電話を掛けてみよう 好きな物一から並べて 笑い転げる様な話をしよう  Happyになれる歌があるよ みんな集まって朝まで歌おう うまくいかない事ばっかりは続かない 明るい顔でツキを呼ぼう  朝になって気がついて涙溢れてきた 眠さ限界なのにまだ隣に居てくれる 大切で無くせない人を見つけられた それだけで十分明日に繋がるよ  残りの力を振り絞って 「ありがとう。」うまく言えるのかな どんな優しい香りよりも 君の手が一番温かいよ  Happyになれる歌があるから みんなで声を合わせて歌おう 泣きたい夜を力に変えるのさ ここで負けない為に歌がある  小さな事ですぐ落ち込んで 急に叫び出してばかりだねゴメンネ 何でこんなに悲しかったんだろう 不思議ね ありがとう!!  Happyになれる歌があるから みんなで声を合わせて歌おう 泣きたい夜を力に変えるのさ ここで負けない為に歌がある  Lalalalalala..... 歌を歌おう Lalalalalala..... みんなでHappy Song
アリの夢タイナカサチタイナカサチタイナカサチタイナカサチ渡辺善太郎大きな荷物背負い 同じ道行ったり来たり 少しでも休んだらいけない だって僕はアリ  誰もが僕らのこと小さく思ったって 心はバッタよりミミズよりも強い  守りたいものがたくさんある 家族や友達 だから今日も働くんだ 雨が降ってたって  ある日胸が鳴った 息が出来ないような気持ち その子はあまりにも 美しく空を舞う鳥  誰もが無理だよと僕のことを笑うから 思わず悔し涙が一粒落ちた  青い空に輝く白い翼 風のように 気付いてもらいたくて背伸びした 僕の初恋  そんな僕がついに 憧れのあの子と共に 大きな翼広げ 並んで空を飛べたんだ  誰もが嘘だよと僕のこと信じないけど 本当に本当だよ 昨日の夢の中  ねぇいつかこの夢は叶うのかな 願い続けよう あの子みたいに自由で美しい鳥になりたい  でもやっぱりこの小さな体を もっともっと 好きになって今より胸張って生きてゆこう  ラララララララ…
ひと雫町本絵里町本絵里鈴里真帆渡辺善太郎渡辺善太郎「どれくらい振りかな、綺麗になったね」 あなたの変わらない 低い声  会えたことうれしくて ほんとは切なくて つい後ろを歩いた  ただあなたが 好きで好きで つないだ指先に灯したぬくもり 瞳閉じて 消えないように 願った日も こんな桜の舞う穏やかな日でした  はにかむ笑顔で 彼女の話など 聞きたくないのよ 気付いて  背伸びして履いてる 真っ赤なピンヒール 転ばぬよう気にした  ただこうして そばにいてね 今日で忘れる覚悟して来たから 電車の音遠く響く 揺るぎない事 あなたと出会えた事 頬つたうひと雫  ただあなたが 好きで好きで つないだ指先に灯したぬくもり 瞳閉じて 消えないように 願った日も こんな桜の舞う穏やかな日でした  …(Spring Colored Sky)…
Beddie Bye町本絵里町本絵里カナコ渡辺善太郎渡辺善太郎カシスの森の中 優しく響きだした 竪琴 シルクの様 私を揺り起こす  目覚めたての羽を振るわせ フワリフワリ 誘われた 河のほとり  光りだす (Baby,it's time to beddie-bye.) 水底に (Baby,it's time to beddie-bye.) 想い出が (Baby,it's time to beddie-bye.) ゆらめいた (Baby,it's time to beddie-bye.)  誰かの涙とか 私の言葉とか。。。  甘い甘い蜜の微笑み ただそのために この手でしたすべての事  花の咲く (Baby,it's time to beddie-bye.) 水底に (Baby,it's time to beddie-bye.) 眠らせて (Baby,it's time to beddie-bye.) くちづけを (Baby,it's time to beddie-bye.)  見上げれば (Baby,it's time to beddie-bye.) はるか遠く (Baby,it's time to beddie-bye.) 虹の向こう (Baby,it's time to beddie-bye.) 呼んでいるわ (Baby,it's time to beddie-bye.)
すみれの花の咲く頃に町本絵里町本絵里鈴里真帆渡辺善太郎渡辺善太郎僕の声が 聞こえますか? ダウン気味な rainy days 夢のために 都会(ココ)に来たけど 恋しくて “I'm home”  LaLa 愛情 同情 友情 ありふれた日常 待ってるだけじゃ始まらないよと 誰かが言った  すみれの丘で泣いた サヨナラサヨナラ 雨上がりの空 僕も 歩き出せるかな  ひとりが好きと 強がってた 胸の奥は So blue 膝を抱え 迷いながらも 信じた may be tomorrow  LaLa 希望 欲望 切望 叶えられぬ変貌 上手に笑えない僕だけど 羽を広げて  すみれの丘で決めた サヨナラサヨナラ 涙を拭いて 見えた ひとすじの光  すみれの丘で泣いた サヨナラサヨナラ いつかこの手に 輝き掴んで すみれの丘に咲いた 小さなつぼみは 雨上がりの空 夢の続き 追いかけた  Hello again… Hello again…
ハルカ町本絵里町本絵里町本絵里渡辺善太郎渡辺善太郎菜の花揺れる 自転車置いて 海は見ていた 春の日  水鏡には 映る泣き顔 思い出は儚くて遥か  ユメハルカ 回り道でも 見えなくても恐れないで 始めなくちゃ きっと  ため息まじり 知らないうちに 心に住みついた メランコリー  けれど優しい コトバにふれて ココロに温かい日が射した  神様は命になぜリミットを それはきっと今を愛せというメッセージ  遥か ユメハルカ ずっと遠くても ユメハルカ 回り道でも 見えなくても恐れないで 始めなくちゃ きっと
so youhitomihitomihitomihitomi渡辺善太郎涙が溢れてくる あなたを想ってる 広い背中に映る たくさんの優しいカタチ  ウソをついたの ホントのコトなんて 言えなかったよ 崩れてしまいそうで 微笑みでかわした あの日  近すぎてるから 少し距離をおいて 見てみれば 美しさがそっと輝く 遠すぎてるから あなたの腕の中 今すぐ包まれたいな  おとぎ話の中に自分を遊ばせたり ヒーローものの中にあなたをあてはめたり  今は昔よりキレイになったかナ? あの頃よりはスナオになれているかナ? 空に歌う花のメロディー  導かれるように あなたの足あと 辿ったら 虹の橋が目の前に架かった なんでもないようなコトだけでもいい あなたとずっと笑っていたいな  過去に咲くハズだった花を 追いかけてつかむハズだった夢を 遠回りしたってかまわないから 二人が今重なった  近すぎてるから 少し距離をおいて 見てみれば 美しさがそっと輝く 遠すぎてるから あなたの腕の中 今すぐ包まれたいな
LOVE CONCENThitomihitomihitomiHiroshi Kim (AVANT GARDE)渡辺善太郎合格だつたり 不合格なんてない関係なんだ 行き当たりばったりとかってゆう簡単なものでもない  繋がりを 確かめるより 感じたい 君の中あるLOVE & SOUL  One way I need your love 答えなんてなくて One way I need your love 手がかりもなくて 足早に過ぎる 今のままじゃ“ヤダ”から One way I need your love 君を想うと One way I need your love なぜか切なくて ココロに伴う傷みも愛せたら  大さくネ 見せたがってる君の気持ちなら わかってるんだよ 極力は見守ってあげたい  100年後 伝説になる 10年後 君をもう少しわかってたい  One way I need your love 変なとこが好さ One way I need your love そのしぐさが好さ 私にしか見えないコトがたくさんあるんだ One way I need your love 駆け引きはいらない One way I need your love でも困らせたい やきもちなんて なんだかネ たやすい  100年後 伝説になる 10年後 君をもう少し愛したい  One way I need your love 答えなんてなくて One way I need your love 手がかりもなくて 足早に過ぎる 今のままじゃ“ヤダ”から One way I need your love 君を想うと One way I need your love なぜか切なくて ココロに伴う傷みも愛せたら
Day-OhitomihitomihitomiZentaro Watanabe渡辺善太郎ハイウェイスター気どり 次の分岐点 僕が選ぶ道 昨日のことは忘れてしまおう ハイテンションで行こう  一日区切り 夢を見た 邪魔できない 欲望  君とだけ 夢を語り合おう 見つめ合おう kissをしよう とけ合おう  クラクション鳴らし 車を止めて 君がやってくる コーヒー飲みたいな 外、雨だけど それもまたイイネ  悲しくはネ ないんだケド 切なさがネ 残る  思い出は 夢の中だから 君のコト 僕のコト それだけでいい  君と2人 風の夕暮れ  夢を語り合おう 見つめ合おう kissをしよう とけ合おう 君のコト 好きだから 好きだから それだけでイイ。 それだけでイイ。 ”今”だけでイイ。
恋愛飛行hitomihitomihitomi・Masato KitanoMasato Kitano渡辺善太郎今日より速い時間で 空へ飛んでいく 淡い香り感じさせ 僕の右手は力携えていく 愛の香り感じさせ  曖昧なんてこの上ない相談だったんだって まだ境界線飛んで また見知らぬ広い街へ  1, 2, 3 there It's my life 離れ離れ君とエンドライフ 3, 2 go there It's my heart 通り雨の中で  1, 2, 3 there It's my life 離れ離れ君とエンドライフ 3, 2 go there It's my heart 戻らない時を越え  器用な君が不器用な僕に恋をして 不釣り合いな感覚で だけどもこの目に映る確かな光 今 感じてる君なんだろう  愛が分かんなくなったら とりあえず僕を信じてよ 曖昧なんて気づいたら 消えてなくなるから  1, 2, 3 there It's my life 君の頬に染まるトワイライト 3, 2 go there It's my sky 白い雲通り抜け  1, 2, 3 there It's my life 高く高く君とエンドライフ 3, 2 go there It's my heart 永遠に捧ぐstory  1, 2, 3 there It's my life 離れ離れ君とエンドライフ 3, 2 go there It's my heart 戻らない時を越え  1, 2, 3 there It's my life 高く高く君とエンドライフ 3, 2 go there It's my heart 永遠に捧ぐstory
change yourselfhitomihitomihitomihitomi渡辺善太郎ただ見てるんじゃなくて 笑っていてくれればいいのに 誰かと同調しないで 君のコトバを聞かせてほしい  光ばかりを求めすぎているから 暗闇の中で 身動きがとりずらくなる  ただそこでそうやって 笑っていてくれればいいのに ただ何も言わないで 突然抱きしめてくれればいいのに  必要以上のモラルなんていらないから 飛び越えてみてヨ 平和とか唱えるのなら  僕たちは 何のために出会いを重ねてきた? 僕たちは 誰のために この道を進むのか? 今はまだ分かってない この花が咲く意味が だけど今 分かるコトは 君が大切ってコト  まだ立ち止まらないで やるべきコトが残ってるのに 弱いなら弱いなりに 手段ならいくらでもあるのに  ラブファンタジックフレーバー 体にしみ込んでく 君だけの薫り ココロへと届かせて欲しい  僕達のゆく末には 何が描かれるのか? 僕達の未来には 何が残されるのか? 僕はまだ立ち向かうよ 君が足を止めても 悲しみや絶望のフチに立たされたとしても  光ばかりを求めすぎているから 暗闇の中で 身動きがとりずらくなる  僕たちは 何のために出会いを重ねてきた? 僕たちは 誰のために この道を進むのか? 今はまだ分かってない この花が咲く意味が だけど今 分かるコトは 君が大切ってコト  change yourself change yourworld
dear my mamaspeenaspeenaカナコカナコ渡辺善太郎家からのびる一本道を 歩いて ママはお仕事 窓から手をふるあたしに 何度も手をふりかえした  角を曲がったとたん 幼いあたしは 家を飛び出した 追いかけて 抱きついて 泣いた あの日はとても晴れた空  大人になる度 思い出すの あの空を  dear my mama 時々 自分の心さえ dear my mama わからなくなる 大切にすべきものも dear my mama あたしが まちがう事があったなら dear my mama あの日のように 叱ってよ  遠い日のひだまり それは あなたのにおい  すすきの原 ピアニカ 風が強くて…覚えてる? れんげ畑 肩車 おそろいのピンク 覚えてる? 胸の奥のほう そばにいてほしい 言えなかった女の子 恋しがる それはひだまり、あなたのにおい。  dear my mama 時々 自分の心さえ dear my mama わからなくなる 大切にすべきものも dear my mama あたしが まちがう事があったなら dear my mama あの日のように 叱ってよ
水と甘い花speenaspeenaカナコカナコ渡辺善太郎空色に染めた爪も 薔薇の香に染みた部屋も 何ひとつ あたしの胸を春みたく 塗り変えてくれないの  言葉にもしないままに なんとなく流れていった 君がくれた時間 甘くて苦いよ 溶かしたら 甘い種。  近くに来て のぞいてみて…だけど触らないで。 枯れないように 注ぐそれは いらないのに 欲しいもの あたしの性。  恋をしたあたしは ゆううつな色で描いた花模様 愛おしい君の歌声に 恋する日々を失った  ゆっくりと変わる君と そうじゃなく変わるあたし 待てないと知ってて それでも待つのは ただ 君が好きなんだ  あんまりに泣いてみたら 嘘泣きもできてしまった だからもう大丈夫 いつでもいいんだ このままも 悪くない。  きれいに咲いた のぞいてみて…だけど触らないで。 枯れないように 大事にしなくちゃ いらないのか 欲しいのか あたしの性。  抱きあえば満ちてくあたしと 欠けるあたしの恋模様 愛おしい君の歌声に 焦がれた日々に背を向けた  恋をしたあたしは ゆううつな色で描いた花模様 愛おしい君の歌声に 恋する日々を手放せば 咲く誇る 甘い花。
singin' swimmin' sweetspeenaspeenaカナコカナコ渡辺善太郎ねぇ、それは どんなふうに 生まれてくるのかしら?  ねぇ、ココロ 聴かせてよダーリン あたしとおんなじ? 透明な 水面が揺れる あなたを想うたび もうすぐ夜が明けるよ  そして 瞳とじて おやすみのキスをしたら もいちど愛を祈ろう いつも 優しい目でみつめあえるよに 守ろう 抱いてね 愛おしい日々。
君とパスタの日々森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧渡辺善太郎ねじれた機嫌のデイジー 低い雲を見てる 砂時計を隠したの 僕は気付いているよ 読み飽きたテグジュペリ 壊れたテレビデオ 由なし事丸め込んで ベランダでキスをした  明らかに 最近、外食が減ったと君は言うけど 腕に縒りをかけるなら 二人きりもいいでしょう  カルボナーラ ペペロンチーノ ボンゴレ 和風 君とならいつまでも 幸せ続くような気分  オニオンに逃げられて 未遂のフルコース お望みの外出なんて 洒落でも言えない哉 野良猫に二度見され 本気で凹んでる そんな君が何よりも 貴重だと改めた  雨宿り 突然、降り出した雨にはしゃぎ合えるような この町のフィールがいいね もしくは南の島  アラビアータ フィットチーネ ボロネーゼ 鱈子 誰の目も気にしないで 生きていこう 君とずっと  緩やかに How many? どれだけの季節が過ぎていったろう 笑うツボも口癖も 僕らあの頃のまま  カルボナーラ ペペロンチーノ ボンゴレ 和風 君とならいつまでも 幸せ続くような 今はそんな気分
風花森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧渡辺善太郎帰れない世界の外で 小さく君を抱いた 静かに時は流れて 瞳を伏せる 僕たちのエデンの園に 咲き誇る林檎の花 退屈な本を畳んで その実を齧る  ずっと探してた 愛し合う意味を 風に攫われた 哀しみの理由(わけ)を 震える長い睫毛 ルルリラ 風花が濡らす  古びた追憶の舟は 木綿の波に沈む はにかむ君の肩から 零れた雫 ずっと探してた 終わらない夜を 胸に暗(く)れ惑ふ 儚き心で 途絶えた月の旋律(しらべ) ルルリラ 永遠に揺られ  感覚のない 冷えた手で手繰り寄せた未来は 磨硝子の向こう もう色褪せた 果てなき空より舞い落ちる 綻びは堕天使のように  ずっと探してた 愛し合う意味を やがて消えてゆく この宙(そら)の中に 潤んだ君の瞳 見果てぬ蜃気楼に  ずっと探してた 愛し合う意味を 風に攫われた 哀しみの理由(わけ)を 震える長い睫毛 ルルリラ 風花が濡らす
抱いて石井竜也石井竜也石井竜也石井竜也渡辺善太郎開け放した窓 月の影が揺れてる 青く光る髪 裸の女  もっともっと深くまで 君を知りつくしたい 他の誰よりも 俺で満たしたい  抱いて 抱いて 抱きしめて もっと抱きしめて 身体のすべてとけるまで kiss を そしてその口びるも あの ecstasy も みんな愛の泉に沈めばいい  I wanna be love その身体を 弓なりにしならせて 汗まみれの口づけ この夜を忘れないで  さざ波のような 小さな囁きを すべて感じるよ 吐息の理由も  抱いて 抱いて 抱きしめて もっと抱きしめて おまえの心を開いてみたい そしてそのやさしさも あの思い出も みんな俺のものにしてみたいよ  抱いて 抱きしめて もっと抱きしめて 身体のすべてとけるまで kiss を そしてその口びるも あの ecstasy も みんな愛の泉に沈めばいい  やっとたどり着いた 君の素肌のぬくもりは今 これが愛なんだと思わせてくれよ  I wanna be love その身体を 弓なりにしならせて 汗まみれの口づけ この夜 I wanna be love その身体を 弓なりにしならせて 汗まみれの口づけ この夜 I wanna be love その身体を 弓なりにしならせて 汗まみれの口づけ この夜 I wanna be love その身体を 弓なりにしならせて 汗まみれの口づけ この夜を忘れないで
小さな恋の夕間暮れ森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧渡辺善太郎南へと向かう 背中丸めた飛行船 見上げた横顔 いつもと同じ交差点  強がった時の 不安定な君が 何故だろう、いとおしく そっと抱き寄せた  踏切で途切れた言葉 夕映えに染められて 唇が象った「サヨナラ」 小さな恋の夕間暮れ 君と歩いてた  黄昏の空に 行き場をなくした異邦人 知らない街から 届く枯れ葉の便箋  過ぎ去った時を 追い掛けてはしゃぐ 君の目に浮かんだ 遠い日の別離  夕暮れに滲んだ涙 棚引く千切れ雲 枸橘の木陰に凭れて 覚めない夢と知りながら 君を愛してた  踏切で途切れた言葉 こんなにも恋しくて 唇が象った「サヨナラ」 眩い季節に抱かれ―――  遠ざかる君の背中 人波に攫われて 最初から分かっていたんだ 小さな恋の夕間暮れ 君と歩いてた  小さな恋の夕間暮れ 君を愛してた
セツナ森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧渡辺善太郎セツナ 君を思い出すよ 華奢な指 とぼけた横顔  セツナ 君を思い出すよ 僕をまだ 覚えてるかなって  晴れ渡る空、駆け出す 長い髪を風に遊ばせ そんな徒然  そうだセツナ 僕も年老いたら 分かるかな 君の気持ち 分かるかな  夕暮れ間近、訪れる 琥珀色の幸いの刻 そんな泡沫  だからセツナ 君を思い出すよ こんなにも長閑な午後は 気紛れ 掛けっこしようか  
風のララバイ森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗渡辺善太郎長距離バスで君の眠る町へ 安物買いのスニーカー履いて 真夜中過ぎのファミレスに色めく 星占いも当てにしちゃいないよ  偶然の一致 必然は不一致 風に踊るフリスビーが輝きの中へ世界を誘う  澄まし顔の風のララバイ 通り過がる人波 今やり過ごしている所だよ 風に乗せた愛の言葉 誰のせいでもないよ 雲は流れる  窮屈すぎる世代に蔓延るテーゼ 夢でも見なきゃやってられないよ  ダーウィンみたいに強引に拓いた 真新しい非常識が喧噪の中で燻っている  宇宙に消えたアンドロメダ 歴史は不条理の寓話 でも君と過ごした日は風光明媚 胸に残る風のララバイ もうすぐテーマは終わる 何も残さず  澄まし顔の風のララバイ 通り過がる人波 今やり過ごしている所だよ 風に乗せた愛の言葉 そして途方に暮れる 僕は一人で 今は一人で
時の行方~序・春の空~森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗渡辺善太郎春の空ふと見上げて思った私の小ささを 今日も在るがまま為すがまま赴くまま この胸、風に添えて  雲を渡るは鳥の群 風に揺れるは花の弁 月夜踊るは乱れ髪 水に映るは貴方の頬  永久に響くは虫の声 寄せては返す波の詩 空に宿るは星の影 白に染まるは貴方の夢  このまま 色とりどりの季節にただ身を任せ 貴方に流れ着きたい 草花のように  一人漂う時の凪 天に架かるは虹の橋 胸を焦がすはなごり雪 今も聞ゆる貴方の唄  このまま色とりどりの日々にただ身を任せ 貴方に流れ着きたい 今すぐ  このまま−−− 貴方に消えてしまいたい
いつか…清木場俊介清木場俊介清木場俊介清木場俊介渡辺善太郎お願いだから… そんな瞳で見ないで 僕だって今は辛いのだから… 二人して落ちてゆく事はない… キミならば一人でもやれるさ…  この空の色の様に… 入れ変わるボクの心…  二人がいつか笑い合える様に… 今は泣いて 今を耐えてゆこう 二人がいつも喜びを分け合える様に 今は泣いて… 今を耐えてゆこう  悲しみはやがて消えてゆくもの 優しさがキミに降り注ぎますように…  キミに合う言葉探して ボクはまたキミを想う  二人の願い いつか叶うように 今は泣いて… 今を耐えてゆこう  二人がいつか笑い合える様に… 今は泣いて 今を耐えてゆこう 二人がいつも喜びを分け合える様に 今は泣いて… 今を耐えてゆこう
RIVERGOLD LYLIC石井竜也GOLD LYLIC石井竜也石井竜也石井竜也渡辺善太郎何もかも上手く行かない もどかしさに 焦る気持ちを押さえて はがゆさと苛立たしさに 心乱れ 抱え込んだ膝小僧  悔しさをこらえて 涙に震えて 泣いた夜が明ける  そう 確かに君の言う通りだよ 今なら引き返せるけれども つまらない意地を張り続けてる 歩き始めた以上 諦めない  もう一度 この手にチャンスを…  全てこの胸の中にしまっておこう 夢が叶うまで…  やるせない儚さに 身をゆだねるほど そんな危うい時代に あがいても手の届かない 岸を目指し 無我夢中で泳いだ  流れに逆らう 声も上げられない 行き止まりの場所で  そう 愛が全てを助けるとは 思わない だけど君の微笑み 心を癒すその唇に 立ち上がる勇気を もらうのさ  もう一度 この手にチャンスを…  川の流れは今日も激しいけれど 君の手は離さない いつも この胸の中の愛を信じていよう 夢が叶うまで…  そう 愛が全てを助けるとは 思わない だけど君の微笑み 心を癒すその唇に 立ち上がる勇気を もらうのさ  確かに君の言う通りだよ 今なら引き返せるけれども つまらない意地を張り続けてる 歩き始めた以上 諦めない  もう一度 この手にチャンスを… 川の流れは今日も激しいけれど 君の手は離さない いつも この胸の中の愛を信じていよう 夢が叶うまで…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もう一度…I WiSHI WiSHainao渡辺善太郎明日を導くヒカリ達 壊れるくらい胸にあふれて 広がり瞬く星空に 一つの夢が舞い降りた 何が幸せなんてずっと 答えの出せない面影だから それよりただ前を見て 焦らずに歩んで行こう  君は今どこ? 何してるのかな? 遠い夢へ帰って いつか届けて この想いがあふれて行くよ  もしも 叶うのなら 君のそばで永遠を歌うよ いつか この場所から もう一度愛を取り戻したいよ 何もない鳥かごの中で 早く抜け出せたら I lost my heart…  昨日に戻ったヒカリ達 たたずむ街の風に抱かれて あの時見た夢を信じ 長い旅路進んで行こう  だけどいつでも 君のその笑顔 変わらない宝物 心揺れるよ 涙は優しい嘘だから  ずっと 2人の距離 夢見た明日より遠すぎるね だけど あの日の夢 幻じゃない燃え尽きた花よ もう一度 側にいたい 壊れた愛直して I lost my heart…
スパークルwyolicawyolicaazumiso-to渡辺善太郎あのころは空を見上げる余裕さえなかった気がして 行き場なくしたコンプレックスばかりがいつも宙を舞っていた  だれだってつらい日々はあって いつかは過ぎてゆくけど それでも勇気を持って 進まなきゃいけないこともある  哀しい瞬間をひとりでのりこえ ながした涙はつよさに変わるよ 無理をしないで変わればいいから 今のじぶんをもっと 知ればいいのさ  不器用な笑顔でつくろわなくても もうだいじょうぶ あの日に救われた言葉は 愛情だときづいたのなら  だれだってあきらめはめぐる 淋しさにおしつぶされそうで それでもがんばっていても 抱きしめてほしい夜がある  どんなに泣いたってかまわないのさ いつしか涙はつよさに変わるよ それでもあなたがつらいときには すこしだけここに たちどまればいい  心に描いてた落書き誘って 虹を探す旅へと  あたらしい光をつかむその日まで 今 ありのままのわたしではじめよう 明日はもっと 誇れるように 未来へつながる 今を照らすのさ  どんなに泣いたってかまわないのさ いつしか涙はつよさに変わるよ それでもあなたがつらいときには すこしだけここに たちどまればいい  あたらしい光をつかむその日から ながした涙はつよさに変わるよ 振り返らないで 踏み出すちからを 未来へつながる 明日へ向かうのさ  
風の伝言(メッセージ)hitomihitomi山崎将義山崎将義渡辺善太郎なつかしいメロディー ラジオから不意に流れ出して 今まで忘れてた 幻のような遠い記憶  どこかで途切れた君の声が 胸の奥によみがえる  想いを伝えるのに 言葉じゃもどかしすぎて ふるえる心のままで 明日を探していた 風の中に  今 見知らぬ街の 君にも届いているだろうか  どこかで壊れた時のかけら ひとつずつ つなぐように  季節が行き過ぎても 何かを失ってても 僕らをつなぎとめていた いつかのあのメロディーは 風の中に  黄昏の街角 明け方の交差点 街路樹ざわめく道の向こう  季節が行き過ぎても 何かを失ってても 僕らをつなぎとめていた いつかのあのメロディーは 二人を包み込んでいた いつかの優しい唄は  風の中に 風の中に
心の旅人hitomihitomihitomi北野正人渡辺善太郎そして僕は ここから旅立つよ 枯れることない 心の花求めて  数えきれない やりきれない 毎日の残像にいつも 足がすくんで 胸が詰まって 夢見た世界はどこへ  想いをゆだね 身を隠し 弱虫だった あの頃を 隠すことなく 笑いとばしたい いつか 君と  そして僕は ここから旅立つよ 終わることない 悲しみは続くけど そしていつか 夢見た世界へと 変わることない 遥かなる明日へと  答えはいつも 盲目的で 心のベールを外したら どんな悲しみも どんな愛しさも 安らぎの色に変わる  ともに夢を明かしたネ 戸惑いもなく今は 高い壁の裏側で 未来を奏でたい  いつも胸に 描いてた青空 形のない 雲がとぎれたら いつの間にか ほころびだす痛みを 感じたまま 歩き出せる気がして  そして僕は ここから旅立つよ 終わることない 悲しみは続くけど そしていつか 夢見た世界へと 変わることない 遥かなる明日へと
未来~まだ見ぬ時代よ~石井竜也石井竜也石井竜也石井竜也渡辺善太郎まだ見ぬ時代よ そこが素晴らしい場所であるよう 今はただ祈るしかない  いまだ見えぬ日に胸の不安を重ねあわせても 未来は見えてこないから…  悔しさでは何も前に進めないから 自分自身を見つめて 外の言葉に惑わされず 生きて行こう 今日を  まだ見ぬ時代よ いつもこの胸に愛の炎を 燃やし続けられるのか  たとえば この命が消え去っても守りたい人がいる  まだ見ぬ時代よ 争いの渦は広がりながら 今も待ち受けているのか…  憎しみからは何も生まれてこないように 戦いは無意味なだけ 人は愚かな生き物でも その心に 愛が  まだ見ぬ時代よ せめて小さなこの微笑みを 決して絶やさないでくれ  たとえば この命が消え去っても信じたい事がある  まだ見ぬ時代よ そこが素晴らしい場所であるよう 今はただ祈るしかない  たとえば この命が消え去っても守りたい人がいる 心の奥に描いた夢を紡いで時代が流れていく
Steadyhitomihitomihitomi伊橋成哉渡辺善太郎どうよ 最近 なんてゆうか 相変わらずのスタンスでそれなりにやってマス でも ちょっと なんてゆうの? マンネリ気味ってゆうか なんとなく刺激がない  戸惑ってみたり ドキドキしたり 少しくらいなら 困らせてみたい  君とギューっと抱き合って ☆がキラめく世界で プライドなんてなくして 見つめ合えば 裸になったココロで 素直になってみたくて あとちょっとのところで目が覚めたら 今までとは違う2人になれたらイイナ~  なんか そうネ 単純なんだ 寂しくなんかないケドね なんだかモノ足んない KISSもちょっと曖昧でネ 毎日の会話もなんとなくおぼつかない  ループしてる毎日じゃ 大切なコト わかんなくなって 見過ごしちゃうかナ~  ずっと繋がってたくて ただそれだけで良くって 平凡なんかじゃなくて 感じ合いたい 風にそっと揺らいでる 気持ちをギュッて結んで その先にアル ステージへ飛び込みたい そしたら何かが変わりそうな気がするから  このハートを見てヨ ひどくサビついてる いつもとは違うコトしてみたい  君とギューっと抱き合って ☆がキラめく世界で プライドなんてなくして 見つめ合えば 裸になったココロで 素直になってみたくて あとちょっとのところで目が覚めたら 今までとは違う2人になれたらイイナ~
SLOW TRAIN川村結花川村結花川村結花川村結花渡辺善太郎遠く遠くどこまでも ゆっくりゆられて行こう かなしい歌は似合わない 僕らきっとまた会える  次の駅に着いたら 別の列車に乗るとしよう 迷いを踏みつぶして行く日々に すこし疲れた  今は色褪せた町の風景も いつか宝物に生まれ変わるよ  遠く遠くどこまでも ゆっくりゆられて行こう かなしい歌は似合わない 僕らきっとまた会える  君が伝えたかったこと 今はわかる気がするよ 答はいつも サヨナラが教えてくれるね  君がくれた言葉で どれだけ朝が来ただろう 君がくれた涙で どれだけ雪が溶けただろう  変わらずいるために 変わって行くために いつも旅立ちは僕に訪れるよ  遠く遠くどこまでも ゆっくりゆられて行こう かなしい歌は似合わない 僕らきっとまた会える  君と歩いてきた証しは この胸にいつまでも ゆっくりゆられて行こう 明日を探して  君が伝えたかったこと 今はわかる気がするよ 答はいつも サヨナラが教えてくれるね
異邦人石井竜也石井竜也久保田早紀久保田早紀渡辺善太郎子供たちが空に向かい 両手をひろげ 烏や雲や夢までも つかもうとしている その姿は きのうまでの何も知らない私 あなたに この指が届くと信じていた  空と大地が ふれ合う彼方 過去からの旅人を 呼んでる道 あなたにとって私 ただの通りすがり ちょっとふり向いてみただけの 異邦人  市場へ行く人の波に 身体を預け 石だたみの街角を ゆらゆらとさまよう 祈りの声 ひずめの音 歌うようなざわめき 私を置きざりに 過ぎてゆく白い朝  時間旅行が 心の傷を なぜかしら埋めてゆく 不思議な道 サヨナラだけの手紙 迷い続けて書き あとは哀しみをもて余す 異邦人 あとは哀しみをもて余す 異邦人
FRIENDS石井竜也石井竜也石井竜也石井竜也渡辺善太郎「いつかまた逢おうね」と誓って分かれ道を選ぶ お互い この先どうなるとも解らない旅路 「さよなら」と言う言葉も思い付かない程 二人は なんだか兄弟のようにいつも一緒だった  防波堤まで自転車を漕いでは 胸の中を打ち明けた 恋の話はいつのまにか 将来に向けられてた  YOU'RE MY FRIENDS あの日々はもう YOU'RE MY DEAR FRIENDS 戻らない 夢から覚めたら…  卒業も近いある日の午後 待ち合わせた海で 抱えた膝の上に憂鬱な顔を乗せていたよね  「町に残る」とポツンとつぶやいた 「夢をあきらめるんだ」と ワケも解らず泣きながら その肩を抱きしめてた  YOU'RE MY FRIENDS 同じ道だと YOU'RE MY DEAR FRIENDS 思ってた いつも YOU'RE MY FRIENDS あの日々はもう YOU'RE MY DEAR FRIENDS 戻らない 夢から覚めたら…  もう何年になるかも忘れて 都会の空の下で生きてる毎日は 今日も目まぐるしく過ぎていくだけ
シルエット・ロマンス石井竜也石井竜也来生えつこ来生たかお渡辺善太郎恋する女は 夢見たがりの いつも ヒロイン つかの間の 鏡に向かって アイペンシルの 色を並べて 迷うだけ 窓辺の憂い顔は 装う女心 茜色のシルエット  あぁ あなたに恋心ぬすまれて もっとロマンス 私に仕掛けてきて あぁ あなたに恋模様染められて もっと ロマンス ときめきを 止めないで  あなたのくちびる 首すじかすめ 私の声も かすれてた 無意識に イヤリング気づいたら はずしてた 重なりあう シルエット  あぁ 抱きしめて 身動き出来ないほど もっとロマンス 甘くだましてほしい あぁ 抱きしめて 鼓動がひびくほどに もっとロマンス 激しく感じさせて  あぁ あなたに恋心ぬすまれて もっとロマンス 私に仕掛けてきて あぁ あなたに恋模様染められて もっと ロマンス ときめきを 止めないで
心の水CharaCharaCHARA石川具幸・CHARA渡辺善太郎雨はみました 灰色の街が いばらになってた はしっていっても とれない光は  だめなことばっかり… 「あなた未来をちゃんと身につけていないと だめだ…また勝手に…」 「あなたにもあったはずよ…」  甘い恋のキスしてよ して 流れ星になっていくの? 私  …雨は彼の目をみて 「君の身勝手は いつもきれいだ」  手にはころがってたギター つなぎたいのギザギザの夢を  だめなことばっかり… あわせていないの時計も気をつけてないで だめだ…何がかわいい? あなたにはわかるはずよ  甘い恋のキスしてよ して 流れ星になっていうの きれいだ  甘い恋のキスしてよ して だまって大人になっていくの? 私  おもいだしてよ  あいたいのに 心の水 つめたい? つめたいの? あぁ どんな色 恋の水 そそげ そそげば あいたいのに 心の水 みちたい みちたいの あぁ どんな色 恋の水 そそげ そそげば  
ボクのスターCharaCharaCHARACHARA渡辺善太郎おいでよ つかまって その虹をこえるわ ゆめよわらって あこがれとボクのスター  あいは 果てしない森に 偉大な木にたずねてよ ベイビー 「足りないわ 幸せのページ」 「なくしたのよ みとれてる間に」  彼は丘の上 ゆれて 虹をつかまえてよ みてた オモチャのスター  おいでよ つかまって その虹をこえるわ ゆめよ わらって あこがれとボクのスター  うごいて ちょっとねむたい… しかたないわ 水色の鳥 がんばらない たおれてるから かまわないでね 甘くないコーヒー  私はあこがれた でも… 涙でこわれた それはオモチャのスター  手に 心にかざって 本当の声で 呼んで 心の中で めざめるのよ ゆめに 重なるその手で つかまえてて 手に 心にかざって 本当の声で  おいでよ わらって あこがれとボクのスター ゆめよ つかまえて その虹をこえるわ  ゆれて…  
ニンギョヒメ田中理恵田中理恵大川七瀬新居昭乃渡辺善太郎夜の町は静かで深い海のよう 続く道にただアタシひとりだけ 遠い声をたよりに歩いてゆくの ずっと探してる そっと光る蒼いヒカリ  ねえ アタシをみつけて そして呼んで ココロで どんなに離れたとしても きこえるから  銀の明かりがともるそれぞれの部屋 きっと何処かに はいると願いながら歩く  ねえ アナタをみつけて そして二度と 忘れず どんなに胸が痛くても そばにいるの  つないだ手を 離さないから  ねえ  アタシが アナタをみつけて そして二度と 忘れず どんなに胸が痛くても そばにいるの ずっとずっと
BLADE RUNNERhitomihitomihitomi深見真帆渡辺善太郎冗談じゃない そんなんじゃない どーゆーの? まだまだネ 足りないんだヨ 答えてヨ NO HO N0 1-2-3 風の中 幻想の中  私の限界 誰も知らない 息を切らして  BLADE RUNNER 過去にはない 未来にもない 今つかんでくモノ KEEP YOUR MIND 君とのSTORY 繋がってく STORY STORY いつか見たような夢を  着慣れない色でも ONE MORE TRY 昨日より 明日より 遠回し NO NO NO 1-2-3 やらないより やる方がイイ  身を乗り出して 飛び出した ハートを抱いて  BEAUTIFUL WORLD 美しく咲いてネ 誇らしく笑って つかみたい今がアル KEEP YOUR DREAM どれくらい泣いてネ どれくらい笑って 今 君と見つけよう いつか夢見た 世界を見たくて  IT'S GONNA BE A START FOR MYSELF IT'S GONNA BE A GOAL FOR MYSELF  IT'S GONNA BE A START FOR MYSELF IT'S GONNA BE A GOAL FOR MYSELF  IT'S GONNA BE A START FOR MYSELF IT'S GONNA BE A GOAL FOR MYSELF  IT'S GONNA BE A START FOR MYSELF IT'S GONNA BE A GOAL FOR MYSELF  BLADE RUNNER 走り続け 孤独だってネ つかみたい今がアル KEEP YOUR MIND 君とのSTORY 繋がってく STORY STORY いつか見たような夢を
flowhitomihitomihitomi鈴木秋則渡辺善太郎すれ違う 少女がそっと無邪気に笑う ずるいよネ 臆病だよネ ちっちゃな私は それなりの愛を探してネ 心をさまよってネ  高く高く延びる この想いは どこまで行くんだろう  私が汚してしまったモノ 洗い流せるまで この風を受けて きっと叶うその時に また違う場所で 君の笑顔に逢えるように  むちゃくちゃで分かんなくなって 消えちゃえなんてネ この世界は無くならないヨ だから今日は いたいけな恋を探してネ 甘い甘いキャンディーみたいなネ  そこにアル温もり 抱きしめたら あまえずゆこうかな  私が失くしてしまったモノ 失くしちゃいけないモノ また取り戻せるかナ? この痛みさえ喜びに 変えてしまえるなら 今 全て受け入れるから  深い深い海に 眠っていた モノが今よみがえる  In this world,there're too many things that I don't know 探し出せるまで この流れ受けて いつかはI need to be tender of heart また違う場所で 君と  私が汚してしまったモノ 洗い流せるまで この風を受けて きっと叶うその時に また違う場所で 君の笑顔に逢えるように
SAMURAI DRIVEGOLD LYLIChitomiGOLD LYLIChitomi小林亮三CUNE渡辺善太郎このまま遠くへ行こうか 憧れだったこの旅路 回り道に咲いていた 赤い華に酔いしれる  たちこめる嵐の中 振り向けば浮かび上がる ニセモノだった 僕達の青い鼓動  I don't know the way of truth が何だかなぁ 浮世離れの 愛を込めて  いつもそうさ理想の先には 希望だけがひしめきあう Peaceful world 衝動的な愛をかきわけて そして僕はゆくよ  たちこめる嵐の中 振り向けば浮かび上がる クセモノだった 僕達の蒼い炎  I don't know the way of truth が何だかなぁ みぞれまじりの 愛を込めて  いつもそうさ理想の先には S・O・Sがひしめきあう Discord 妄想癖な夜をつきぬけて そして僕はゆくよ  腑甲斐ないなんて自分を責めんな 愛すべきもんは「今(きょう)」のメリーゴーラウンド 最終的にゃ僕達ってDreamer !? 次の場所へ LIFE GOES ON
救急箱川村結花川村結花川村結花川村結花渡辺善太郎君が傷みをこらえてる時は いつも決まって言う言葉があるね 口をぎゅっと固く結んで うなずきながら「大丈夫 大丈夫」  ねえ 笑わせてなんてくれなくていいんだ 僕は 途中で席を立ったりなんてしないよ  時には全部寄りかかって 僕に寄りかかっておいでよ がんばれなんて言わないから 僕の救急箱は そんなに大きくないけど いつもここに用意してあるんだ ねえ大丈夫 ねえ大丈夫だよ  頬を切るような冷たい風が いつか僕らを大人にしたけど  ねえ 寂しさを胸にたたんで歩いて行く帰り道 灯りがここにあること 忘れないでほしい  時には全部寄りかかって 君が寄りかかれるように この部屋中を暖めておく 正しくなくていい 誰かのせいだっていい 君の全てに味方でいるから ねえ大丈夫 ねえ大丈夫だよ  時には全部寄りかかって 僕に寄りかかっておいでよ がんばれなんて言わないから 僕の救急箱は そんなに大きくないけど いつもここに用意してあるんだ ねえ大丈夫 ねえ大丈夫だよ
悲しみと美CharaCharaCHARACHARA・渡辺善太郎渡辺善太郎おいかける恋はダメよ… ママがそういってた だけど流れ星はとめない。 その想いをちょうだい  ひとりだけ ひとりだけ 悲しむ方に 逃げた鳥は 鳴かない きづかない ひとりだけ ひとりだけ 悲しみと美 逃げた鳥は 幼い とどかないね  小さな自由の銃  だけど悲しみの君は 絵にかくすのよ 残された体の雨が 目にそそぐよそのたび  ひとりだけ ひとりだけ 悲しむ方に 逃げた鳥は 鳴かない きづかない ひとりだけ ひとりだけ 悲しみと美 逃げた鳥は 幼い とどかないね  いけない小鳥だって 悲しむ自由が欲しい 会いたい…なのに 彼に すべてあげた声も とどかないね  小さな自由の銃
交差点の置き手紙松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ渡辺善太郎ボクはまだ語るつもりはないよ 花のように枯れてゆきたくないよ たくさんの人が耳元で騒ぎ 正直にあなたが好きな人  あなたがいたから 自分と違うものになろうなんて思いもせず 今まで来たでしょ? 急に迷子に気がついて背中から不安が襲う なくなりました。 あらそうですか。  大声で笑うときの感じ 光の粒が弾ける感じ ボクは冷え性だからと言っても 小さな貝殻ずっと持ってる あなたが拾った小さな貝殻  ボクはまだ語るつもりはないよ 感情はあやふやなままだよ 不安さえめんどうくさくなったよ 忙しく働いてゆきましょう  あなたがいたから 自分と違うものになろうなんて 思いもせず今まで来たでしょう あなたは犬のまんまるい目が好きだってよく言ってた だから今 ネコと暮らす日々  大声で笑うときの感じ 光の粒が弾ける感じ 夜が好き 海が好き 空が好き もっともっと早く素直になれば 良かったような そんな気もする  閉じこめないで笑えるように 恥ずかしいとこ言えるように やっとなって来てるんです  それはさておき La La La LLLa…
Fighting GirlhitomihitomihitomiShintaro Hagiwara渡辺善太郎誰が私をこんな風にしたの わからない わかりたくない 今も何やら付きまとってんのは 何なの君なの  どうやら2001年宇宙旅行はまだ実現してない そしていつの日か時代遅れだなんて 言われちゃったら 悲しいから 力つけよう  明日に立ち向かって 君を迎えに行くから Fighting Girl 叶わぬ夢にだって 立ち向かってみせるから Fighting Girl 時代を先取りして 街でブイブイ言わせようヨ Fighting Girl 未来を掴みとって 笑っていたいよずっとネ 弾けていこう It's just right now!  噂話しに耳を傾けて 自分と比べている 器用に世渡りするばかりが いいワケじゃないんだけど  何が大切なの 欲しいモノが本当に欲しいか きっとわかんないまま ムダにしちゃったら とても虚しいから 情けないから 見つめ直そう  心を繋ぎ合って 私達は進むのサ Fighting Girl 高校デビューだって 今からでも遅くはないんじゃない Fighting Girl 他人任せじゃなくて 自分で作ってみたいよ Fighting Girl 未来はどんなもんかい 眠ってるそのPower叩き起こして It's just right now!  誰が私をこんな風にしたの わからない わからない 全く わからない  明日に立ち向かって 君を迎えに行くから Fighting Girl 叶わぬ夢にだって 立ち向かってみせるから Fighting Girl 時代を先取りして 街でブイブイ言わせようヨ Fighting Girl 未来を掴みとって 笑って生きて行くのサ Fighting Girl  明日に立ち向かって 未来を勝ち取って
INNER CHILDhitomihitomihitomiAkinori Suzuki渡辺善太郎今 このイメージ脱ぎ捨てて 本当の自分呼び覚ましてみよう  暖かな風あびて 飛び出そう 大人になってしまったネ  それとひきかえに何を得たんだろう 君との約束なら ココにあるよ   手をつないでって言い出せなくて 明日まで遠すぎて  心さえぎるものが 私をいつも困らせる   もっとカンタンに 考えるコトできたら いいんだけどネ  遠回りしてても どこか逢うことに気付けるなら 歩き始めるから   そのままで いつでも keep your smile 胸に描いて太陽感じて  暗闇照らす 光をたどって このトンネルくぐり抜け 見える世界の裏側知りたい 勇気を持って さあ一歩 踏み出そう   今すれ違って行く過去には 悲しみはぬぐえない  だから未来に期待してみる 光アルものに   いつも冗談でつまらないコトを 忘れさせてた  揺らいでる私を 朝陽あびる海みたいな笑顔で 安らぎをくれたネ   この心のどこかにアル 素直なキモチ持ち続けていよう  君と委ね合ってたい いつでも   このイメージ脱ぎ捨てて 本当の自分呼び覚ましてみよう  暖かな風あびて 飛び出そう でも大人になってしまったネ  それとひきかえに何を得たんだろう 君との約束なら ココにあるよ  
Concorde猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎彼に出会った瞬間に アナウンスが流れたの 「Attention Please. 準備はいかが?恋はもうすぐ離陸します」 2度と夢なんか見ないって 神様に誓ったくせに 危なくて甘い エアポケットに落ちる  今の彼女乗り捨てて 恋のトランジットして! 私はあなた乗せたら テイクオフしちゃうんだから 誰も泣かない恋なんて ほんとうの恋じゃないわ 「これだ!」と思ったら ハイジャックするのよ  ”アナタヲスキニナリマシタ トテモ アナタヲスキニナリマシタ” あなたの気持ち聞く前に 飛ぶの 私は恋のコンコルド  言葉が伝わるよりも速く 恋する気持ちは そうよ加速するの 音速以上のこの世界じゃ 2人の姿以外は何も見えないの  世界一速い翼 他にとりえないけど あなたの行きたい場所へ 最短距離で行ってあげる  迷惑な衝撃派なんて 気にすることなんかないわ 地球と宇宙の間を駆けてゆく  ”アナタヲスキニナリマシタ トテモ アナタヲスキニナリマシタ” あなたが何か言う前に あげる スペシャルチケット ”アナタヲスキニナリマシタ トテモ アナタヲスキニナリマシタ” あなたの気持ち聞く前に 飛ぶの 私は恋のコンコルド
バロット猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎渡辺善太郎あと少し待てたなら いいものが見れたのに せっかちなあの人に 茹でられてしまったの  新しい恋が 産んだ卵には 今よりも大人の 私が入ってたわ  声も涙も届かない場所で 今はただあなたを想うの  あと少し待てたなら あの人を導いて 幸せの青い鳥 なれたかもしれないの  殻の中 閉じ込められたままで 真っ黒に腐ってゆくわ このままじゃだめよ  私を食べてね 残らず 新しく 生まれ変われるように  新しい恋が 産んだ卵には 素晴らしい二人の未来が入ってたわ  今も私は あなたの夢見る 失った時間を 孵すために  思い出に くるまれたままで 今はただ あなたを想うの
ミルクの冠猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎あなたの側で私は見てた 2人の恋が弱るの 息をひそめて泣くのをやめて 愛が死ぬのを見てたの  深い心の真ん中にあるミルクに 落ちた雫が波をたててしまった 今  落ちてゆくすごいスピードで ほら お互いの顔も見えないわ 一瞬で儚く消えてく 恋はまるで ミルクの冠  あなたのエゴと私の夢で 2人は恋を殺した 月夜の晩に花を手向けて 1人で愛を葬った  深い心の真ん中にあるミルクは 今も枯れることなく溢れているわ そう  神様が呆れ返るほど ただ 不器用にKISSでごまかした かわいくてありふれた日々は あなたがくれた 恋の冠  深い心の真ん中にあるミルクで どうかあなたの傷が癒えますように ねぇ  愛し合うすごいスピードで ほら 大切な時を見すごした まばたきをしている間に みんな消えてしまう  神様が呆れ返るほど ただ 不器用にKISSでごまかした 短くて輝いた日々は 壊れやすい ミルクの冠
Used Kinoko猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎渡辺善太郎彼の胸もお尻も 誰かのおさがりなんて Kissも舌もよだれも 彼女のおさがりなんてイヤ!  Baby! Daschinに電話して 今すぐとりかえてよ だってあなたのソレは 前の彼女のお古でしょ?  恋人が変わるたび wow wow 生え変わったらいいのに… 心も体もほんとうに 愛し合えるよな気がするのにね  だけど所詮あたしも 誰かのおさがりなの おいしそうに見えても 賞味期限ギリギリなんてイヤ!  Oh Baby! 汚れたキノコなんか もう いらない 神様 体のパーツにカートリッヂつけてほしい 新品の肌で今度こそ いけにえみたいに清く悶えて…  恋人が変わるたび wow wow 生え変わったならいいのに… 心も体もほんとうに 愛し合えるよな気がするのにね  けれど所詮2人は 誰かのおさがりだから 見たこともないような やり方で愛し合うの  彼の胸もお尻も 誰かのおさがりなんて だけど所詮あたしも 誰かのおさがりなのね
恋する人生猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎Oh my daddy, うまく行かない 恋ばかり 「ナゼ??」 Oh my mammy, 手ほどきして もう 傷つかないように  I want you baby, 子供みたいな KISSをして 大人のふりをしても ダメなのね ほら どんな虹も いつか消えるわ 2人の思い出も  傘の中で 私の雨は止まないの ただ空を見上げて La La… 歌ってる  Oh my darlin' 次の日には 恋をした 「ウソ?!」 今日からあなたのもの 愛してね ほら 消えた虹が また現われて 人を好きになるの  傘を閉じて 私の人生は続く 見て 呆れるくらい すぐ雨は止む  傘の下で 私の人生は回る ほら 恋の力で クルクル  明日も 私の人生は続く 見て 雨が止んだわ さあ! 恋をしよう
NO LOVE SONG猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎わがままな君のお尻を 2回たたいて 僕は今夜この部屋をひとり 出てゆくよ Oh!Baby サヨナラ  ねぇ 女の子の勝手な辞書には 都合のいいことしか書いてないね  ゴミ箱に もう君を捨てるよ  車をとばして 旅に出るのさ 車をとばして 気づいたのさ  君が僕を好きだって思う その気持ち ケーキが好きだって思うのと 同じだね  君と去年行った海も 前の彼女と 同じように二人じゃれて Kissもしたりしたよ ほんとさ  ねぇ 君が僕のすべてじゃないんだ かわいい顔だけじゃ 恋は続かない  ロッカーに今日 君を預けて  車をとばして 旅に出るのさ 理想のあの娘を 見つけるのさ  だけどなぜか ひどい君のこと思い出す 僕なのさ  女の子が輝いてるのは 自分のことしか見てないからだね  ゴミ箱に もう君を捨てるよ  車をとばして 恋を探すのさ 君に似てるけど 君とは違う女の子 探すのさ
Merci猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎ねぇ 多分あなたより もっといい人はいたはずよ そう とてもハンサムな人と 結ばれる夢見てた  世界中が見渡せる 高い塔のてっぺんからは 私の名前を呼んだ あなたが見えたの  天使が2人の肩に舞い下りたなら それが幸せの合図 新しい道を歩いてゆこう  ねぇ こんなありふれた人が 彼なんて違うかな? そう いつも少しだけ 何か足りないと思ってた  優しいだけのあなたは それがどんなに難しいか バカで愚かな私に教えてくれるの  天使が2人のほほにKISSをした日に 生まれてきた意味を知る 間違いながら歩いてゆこう  あなたの息が髪にかかって あなたの声が胸に響いて あなたの生きるそのすべてが とてもうれしい ありがとう  天使がいつか2人を両手に抱いて 迎えにくるその日まで 手を離さずに歩いてゆこう  天使が2人のほほにKISSをした日に 生まれてきた意味を知る 空の果てまで歩いてゆこう
羊飼いの少年へ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎首から下げてる汚い笛で 私を自由にできると思う? バカね  犬たちに見張らせて お昼寝してる 退屈で死にそうな 私には気づかない  ねぇ オオカミがきたときばっかり 追い払う 呆れちゃうわ  私はとてもファニーフェイスだから 大人になったのわからないでしょ? 少しも  モコモコの毛を刈って裸を見てよ グラマーで驚くわ あなたなど もういらない  さあ オオカミに食べてもらうわ 年老いてしまう前に  草ばかり食べさせて安心してる その草で幻覚(ゆめ)を見る 私には気づかずに  そう オオカミが教えてくれるわ 快楽のすばらしさを  さあ オオカミよ骨までしゃぶって 年老いてしまう前に
BROKEN SEWING MACHINE猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ猫沢エミ渡辺善太郎私の毎日に 恋という名前をつける それが人生のすべてよ  誰かが聞いたなら きっと笑うでしょう 不器用な私の へたくそな人の愛し方  私の愛はあなたを巻き込んで カタカタと揺れていただけ あなたは2度と私を愛さない わかってるの くり返さないで  あなたと見た空に 鳥が飛んでいった きっと恋も連れ去っていったのね  あなたが怖がったのもわかるのよ せっかちな私の 深すぎる人の愛し方  最初のKISSで壊れてしまったの カタカタと空回りして あなたは見てた2人の結末を 悲しすぎて 強く抱いたのね  わがままな私を むきだしでぶつけた ごめんね  私の愛はあなたを巻き込んで カタカタと揺れていただけ あなたは2度と私を愛さない わかってるの 頷けないほど
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
prayhitomihitomihitomiKunio Tago渡辺善太郎1つだけ叶う夢が この胸に見えたなら 立ち止まり振り返らず ゆけるのかナ  ありふれてる 生活の中にだって 昨日と違ってる 運命があるねと そう信じれたら 変わりだすかナ  飾らない この心のどこかにアル可能性に 迷わない どんなふうに だけど今日も道をそれて 歩いてしまうから  たよりなくみえるコトも 時にはアルんだねと 少しだけ笑っている 君がうつる  新しいトビラあけて 見えた世界に たどり着けば 欲望は深く 明日の壁を また壊してく  変わらない そう信じあえた温もり忘れないように 答えくらい 自分で探せると強がって だけど君が必要で  Ah 偶然みたいに 明日も出逢いをくり返し 悲しみに濡れる過去より 今をこの瞬間から また感じていたいから  私は私のままで いれるように そう祈って 痛みを癒しながら 進んでゆく この世界の片隅で 光ともして
OVER THE WORLDhitomihitomihitomiKunio Tago渡辺善太郎I gotta go now 何かを探して 今日までこうして歩いてみたけど 結局 わかんない運命の糸を 繋ぎ止めて 愛されたくて Love Love Love 永遠を  平穏すぎてた少女時代の夢は とても美しいもので オシャレで器用な 未知なる未来に 悲しくなって つまずき始めて 絡まってく  ただ 信じ合いたくて 君と繋がってたい 今を見つめてる まだ 上は見ないで がけっぷちで今は 笑ってみせて その胸に OVER THE WORLD  I gotta change もう戻れない 確かに今より幸せだったかもね でももう迷わない 行き先もわかんない だけど今なら 始められそうな気がしてる  まだ 逃げ出さないで それぞれに背負っている 痛いものがあって Darling 君だけじゃないし 私だけでもない 悲しみの果て 待っているから OVER THE WORLD  Please give your hand 体内にひそんでる 卑しい悪魔が 私を迎えに来て そんな時 そっと優しく包んで 全てを捨て去らぬように 壊さぬように Tell me now  まだ 逃げ出さないで それぞれに背負っている 痛いものがあって Darling 君だけじゃないし 私だけでもない 悲しみの果て 待っているから OVER THE WORLD  信じ合いたくて 君と繋がってたい 今を見つめてる まだ イイ子にはなれない だから見つけよう 1人じゃない世界で今 OVER THE WORLD
キツク愛してよhitomihitomihitomiKunio Tago渡辺善太郎忘れものした 遠い過去にはネ 今はもう見えてない いくつもの痛み 数をかぞえて 堪えてみせてたから  どんなに溶け合ってみえる 君との日常の中に 未だ隠されてるナゾがネ たくさんアルのかな  ねェ 今 心ごとキツク愛してよ ちょっと臆病になってるから 私達の愛の方程式をいつか解いてみせるからネ その心をひらいて  くだらないジョーク いまいちな空気 だけどその笑顔で 幸せなのに ないものねだり 可愛くないワガママ  着ぐるみを着てるような 哀愁がその背中に 心を見て欲しいと泣いてるようにも見えるから  ねェ ホラ 未来ごとキツク愛してよ でも心変わりはネ ちょっとコワイけど 信じてたいんだよ だけど 君のコトだから 仕方ないって思うのかナ  答えは見えなくても 問題はムズかしくても どうせなら君と楽しみたいヨ そんなイメージ浮かべて  ねェ 今 未来への虹の架け橋をかけて 一緒にこの手つないで ゆけるなら 何も要らないよ だって君がいればいい 心ごとキツク愛してよ ちょっと臆病になってるから 私達の愛の方程式をいつか解いてみせるからネ その心をひらいて
Love me darlinghitomihitomihitomiKunio Tago渡辺善太郎ストレスでまた 被害妄想にひきずりこまれちゃってネ 優しい声の君に会いたい そんなコトばっかりで 何が本当で何がウソなのか ひとまとまりにしてる いつかは 慣れていってしまうのかナ それで  誰かのためにネ 生きてんのならば 誰かを信じきって 自分を見失いそう それは どこか違ってる  Oh Love me darling いつでも街のスリルに Oh Love me darling のまれてしまいそうで Oh Cry Yeah!  無感情のまま あたりさわりなく過ぎてく毎日ネ 本当はもっと心の裏側 君には見てほしいノ 今しかできないコトしたいけど なかなか見当たらなくて だれてる この場所から解放してよ その世界ヘ  プラス マイナス ゼロで いつもはじまって 1からどのくらいまで 行けるとこまで行ってみたい そんな気分よ  Oh Love me darling いつだって本音で話して Oh I love baby 愛してる 夢じゃなくて Oh Cry Yeah!  0h Love me darling そうやって見てるだけじゃなくて Oh Love me darling ずっとネ一緒にいたいよ Love me darling いつだって本音で話して Oh I love baby 愛してる それは真実 Oh Cry I-love-you-for-my-life Yeah!
PARADISEhitomihitomihitomiZentaro Watanabe渡辺善太郎私の体にすみついているbaby 離れていても 君を想うばかり  子供みたいなネ 無邪気さが今 心動かす 記憶をたどると 失敗だらけで 明日を信じてみた  その場だけの恋なんていらない <いらない> いつも yeah 気持ちがあてはまるの待ってた <待ってた> ずっと yeah  言葉を選んで 自分さがして 迷いこんでた だけど不思議だネ 君に出逢って 心ひらいてるから  始まりだけじゃなくてずっと <そばにき> いてネ yeah 涙がこぼれそうな夜は <すぐに> 来てネ yeah  閉ざしかけてた 私の未来に やっと目覚めたんだ 君という光で  優しいだけじゃなくて 時には叱ってネ 誰よりずっと 大切だから  君に伝えたい この想いを全部 誰かがくれた ワケじゃないから  この愛のトビラを 開けた偶然 これから君と でかけるPARADISE  君を感じてたいナ 今は <それが> PARADISE yeah
FAT FREEhitomihitomihitomi多胡邦夫渡辺善太郎うつりゆく季節を感じて 変わりゆく心をなだめてる  自分らしさの裏側にアル 秘密を見つけて 夢と現実がリンクする もう少しこの心とぎすまして  おとなしい女がイイなんて 都合がイイだけでしょ 他の誰でもない ライバルはネ きっと心の奥底にいるなら 毎日は FAT FREE 手に届きそうな あの場所まで行こうよ  愛という毛のはえたロマンスで 救ってくれるのならいいのにナ  人は見かけにはよらないって 感じるこの頃 だから私も今日は一歩踏み出して 誰かにネ 優しくしたい  君に出逢うワケは きっと空の高い所で 神様が決めてるの もしそうなら どうやって今を感じ合うためにネ 迷わず FAT FREE 変わり続け その未来へ行こうよ  心地いい生活がずっとアルわけじゃないし だから今日も歩いてるよ  限りなく近く遠く 見えるこの夢には どんな答えがアルの 誰かの痛みもわかんないで このままいたくはない いつかは FAT FREE この願いよ 君に届けきっと
キミにKISShitomihitomihitomi多胡邦夫渡辺善太郎君にキスを 愛し続けよう 泣きだしそうな毎日でも とまどいながら 目の前に広がる 新しく心にえがく 情熱の花を  どこへ向かっているのかも わからないまま ほら 毎日はすぎさってく やっぱりダメとかネ 今日は大丈夫だとかネ 遠い空ながめたりネ  どんな自分イメージして 誰かにゆだね今日を歩いているけど 君に出会い悲しみも涙も 孤独から空へときはなつことができたら 変われる気がして  君にキスを 愛し続けよう わかりあえそうな この時を 見つからないなら 探してみようよ 新しい世界をうつす その瞳で  何に怯えているんだろう 見つからない この想いを言葉にしても のがれてく事と 逃げだせない気持ちがね 今はまだ戦っている  いつまでも 言い訳をくり返して どうにか進むのならば 適当なぬくもりがどれほどの未来へと 導いてく事ができるのかな それなら今すぐ  歌ってあげよう 愛してあげよう 明日に笑う花になろう 今ある形をイメージしていよう 疲れはてた そのぬけがらここに置いてこう そして自由な 明日を  優しさと悦びと強さがいつの日か 答えをくれるとしたら 今すぐ歩いていけそうで  君にキスを 愛し続けよう 泣きだしそうな毎日でも 満たされることない だけどきっとある 力を味方につけて 君にキスを それだけでいいんだよ 明日へ進む輝きを 切ない思いも閉ざされたトビラも やがて そっと光をくれるなら 信じれるから 今 信じたいから 明日を
永遠というカテゴリーhitomihitomihitomiKunio Tago渡辺善太郎もしもこの世の中に見える 美しいモノが消えてしまい そう ならば輝ける何かになれたらネ  きっといろんなモノ 全ては永遠というカテゴリーなら それを信じてみたいから  If you were with me まだここを走りだせる 勇気なんて 少しもなくて 導いてく光みたいに いつの日かたどりつける 時を胸に迷い子にならないように見てて  涙がこれからを願うなら 太陽を待ってみるの そう 何もかもウソにみえて雨やどりしてたネ  ずっと 未来だとかわかんなくて だから笑って歩く方が 今を生きれるって思ったから  If you were with me ためらいだしたstoryならネ ともに描く その手をかして 大胆すぎるくらいの愛で 暗いカゲをおとしいれたい 神様だって許してくれるかナ 今を  If you were with me 永遠を誓うのならネ さめないように くずれないように 心うつすカガミの前で いつだって確かめてたい 満たされない想いだって いつの日か私だって 変わることないこの世界を きらわないであきらめないで いつまでも続く空へと祈るように
MARIAhitomihitomihitomi・多胡邦夫多胡邦夫渡辺善太郎MARIA 僕を奪う全ての闇から ずっと守っておくれ そして 希望の花が咲く丘の上で 僕を抱きしめておくれ  優しくにじんでる かすかな思い出を 君は話してくれた なくしかけてしまいそうな 遠ざかった記憶を 時に確かめるように  夢を追う悲しさは 心にも 何かにも いつしか 誰かを傷つけるけれど  どうか こんな僕を笑いながら 今日は通り過ぎないで そして 希望の花が咲く丘の上で 僕を抱きしめておくれ  愛するという自由 とらわれてく現実が 時とぶつかってく 誰の仕業でもない さまよっている感情を 君にてらしあわせて  矛盾してる現実が 隠しきれないならば素直に 心で進んでいければいいのに  パズル みたいに変わる毎日のリズムに ちょっと立ち止まってるケド いつか 優しくあふれる光の中で 君に伝えていたくて  笑い声の中を何度もさまよい 僕はやっと気づいた 人の理想の中でかろうじて生きるなら 今は愛を見つめ歩こうと  MARIA そんな時はあなたの愛に もたれて眠らせておくれ そして 希望の花が咲く丘の上で 僕を抱きしめておくれ 僕を抱きしめておくれ MARIA 抱きしめておくれ
月と甘い涙CharaCharaCHARACHARA渡辺善太郎甘い涙と 恋の話ね あるだけ そこにだいて あたしとなえた。  ハートがつめたいときは、目をとじてきけば… うたが、  『羽をかしてよ』 そのかかとにつけて (キスでうごくのよ) あたしには、そのまけないゆめが、あるの。  どうしたいの? 雨よにがしてよ 2人を 本当のゆめよ、おねがいよ あるのは 月と甘い涙だけ 『いつだってあえるよ…』とないた。  …いらないわ 赤いくつはぬげた  甘い涙だして こころへ あなたが笑う前に あたしわかるわ  ひろがる海のこころ… 『なぜ、うつすけれど とれないの?』  『月にロケットを!』 海は考えてた。 (橋をかけてよ) 想い出が今はねない月は 泣いたりしないで  どうしたいの? 雨よにがしてよ 2人を 本当のゆめよ、おねがいよ あるのは 月と甘い涙だけ 『いつだってあえるよ…』とないた。  どうしたいの? 雨よにがしてよ 2人を 本当のゆめよ、おねがいよ あるのは 月と甘い涙だけ 『いつだってあえるよ…』とないた。  赤いくつはぬげた いらないわ
destinyhitomihitomihitomiMasato Kamata渡辺善太郎儚く落ちた花びら 心模様うつす川に 舞いあがれだけど今は切なくて 綻びかけた時ほど 痛みが強くするよ これからをこの全てを解き放つように  手を広げイメージだけ 今を導いてくけれど やめないで涙がホラ 美しく混ざり合う  人は愛おしいほどの夢を数えて歩きだせるから 風に身をまかせ見つからない光を さがしてく つないでく my destiny  傷かくす君のカゲが 太陽に透けてみえた ないものねだりみたいに甦るよ  屈託のない笑みをうかべ 雑踏の中消えていった 淋しさにおびえぬように また今日を信じて  ため息まじりだけど 過ぎゆく時に愛を奏でよう 臆病になってる心汚さぬように いつの日か届くように my destiny  追いかけて無くしかけて 何かとひきかえに夢を 諦めるより踏みだすから また今日が動きだす 目を閉じて一瞬だけ 闇の中かすかに見えた 優しい光り君がくれた けがれない真実  人は愛おしいほどの夢を数えて歩きだせるから 風に身をまかせ見つからない光を さがしてく つないでく my destiny
REGREThitomihitomihitomiZentaro Watanabe渡辺善太郎笑顔を忘れそうな日々 同じ道歩き 苛立ちおぼえて いつかは優しくなれるよね そしてこの場所を旅立てるように  ずっとゆだねてた 甘えてた君だけに 汚してしまったのは 僕のせいで きっと忘れない 今までをぬくもりを 戸惑い隠せない今は  いつまでこうしているの 部屋の中うずくまり 気持ちが見えない 別れはやがて訪れて そしてこの旅の途中で出逢える事  信じて生きてく もうこんなに傷つく事ないハズだよね いつのまにか 砕け散ってた かけらたち集めても もう戻す事はできないね  乗り越えてきた初めから幾つもの リスクがアル事 知ってたケド もう限界だよね これ以上苦しめる事はできないね Dear your heart
LOVE 2000GOLD LYLIChitomiGOLD LYLIChitomihitomi鎌田雅人渡辺善太郎愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた ニセモノなんか興味はないの ホントだけを見つめたい  悲しいNEWSとどうでもいい話 朝からもうそんなのうんざりで 今日はいつもよりも風が気持ちイイからネ 楽しさに着替えてネ  気づけなかった きっと甘えてたのかな だから自分愛して 人を愛してみたいの  夢はいつでも膨らむばかりで 誰かの思いを無視してた きっといつかはわかってるのかナ 手放した風船飛んでった  サバよんでみたってあの頃に戻れやしないし だから今を認めていたいの とても大切な事も見過ごしちゃったとしても また見つければイイ  いつも言ってたネ “まァ、どうにかなるって” だけど力まかせじゃ どうにもならない事もアル  愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた 少しずつだけどいろんな事が変わって 私はここにアル  こんなハズじゃなかった とんだオトギ話 なぞなぞみたいな 愛す事の意味は 運命だけじゃなくて センチメンタルでもなくて 強く見えないモノかナ  愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた 食べてみなくちゃわからない事 出会いの引力はどれほどか 愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた ニセモノなんか興味はないワ ホンモノだけ見つけたい あなたをずっと探してた
GIMMEKyoKyoKyoKyo渡辺善太郎GIMME LOVE, GIMME MONEY?, GIMME CIGARETTE GIMME SEX, GIMME COFFEE, GIMME R&R  ボクはいつも、シニモノグルイでその先にあるものを探してる ドキドキ、ワクワクする事を、退屈の中で求めてる  ボクはそうさ、誰の物真似なんてしたいと思ってない だけど、右も左も上下も、同じモノが溢れてる  「前へならいなさい」そんな教えはナンセンス 子供の頃からそう思っていた  GIMME LOVE, GIMME MONEY?, GIMME CIGARETTE GIMME SEX, GIMME COFFEE, GIMME R&R  ボクはときどき、獣の様に激しく噛みつき吠えたくなる いつも、そんな時に限って、もう1人のボクが邪魔をする  ボクはいつも、シニモノグルイでその先にあるものを探してる だけど本当は何が欲しいのかボクにも誰にも解らない  何かが足りない、それはVITAMIN A B C? そんなものだけじゃ、とても満たされない 制御不可能さ、この体も心も どうすればいいの?誰か教えてよ!!!!  何かが足りない、それじゃ昨日のBBC!! そんな事ばかり、とても癒されない 制御不可能さ、この頭も瞳も どうすればいいの?誰か教えてよ!!!!
gumiKyoKyoKyoKyo渡辺善太郎色とりどりに並べられてる 赤や青や黄色やピンクの gumiを口の中に含みたい 今すぐに含みたい そのグチャグチャとも ムニャムニャとも例え様もない 歯ごたえに もぉ ヤられまくられちゃってるのです たまらなく愛しい  そぉ喉から手が出るほど欲しいのさ もぉ誰にも止められないさ BANG! BANG!! BANG!!!  gumiのようなKissは最高 gumiのような肌は最高 gumiのようなキミを食べてみたい その口唇はgumiのよう?! そのもち肌はgumiのよう?! そうさキミはgumiのようさまるで!!!!!  やたらハデにカラフルに染まる とてもPopにSwingしてる gumiを舌の上で転がしたい 転がし続けたい いつまでもトロける事もなく噛み砕く事も出来ないけど 完全にイカレちゃっています 神様ゴメンなさい  口の中は唾液だらけ大洪水 頭の中離れないのさ BANG! BANG!! BANG!!!  gumiのような舌が最高 gumiのような瞳 最高 gumiのようなキミを食べてみたい その舌先がgumiのよう!! その目玉がgumiのよう!! そんなキミがgumiのようさきっと!!!!!  gumiのようなアレは最高 gumiのようなコレも最高 gumiのようなソレを食べてみたい gumiのような胸は最高 gumiのような尻が最高 gumiのようなキミを食べてみたい 肌色のgumiが食べたい 桃色のgumiも食べたい キミに似合う色のgumiを食べたい
彼方へKyoKyoKyoKyo渡辺善太郎いつか晴れるだろうこの雨模様の空もいつかきっと 虹がかかったならその橋を渡り探しに行けばいいさ  フワフワ舞ってる花の種の様に風に運ばれて気ままに泳ごうよ  さぁ 僕達が持ってるモノの中で1番素晴らしいモノを抱きしめて さぁ 朝が来る前にもう少し歩こうよ足跡をシッカリ残して 険しく果てないこの道も キミと2人なら行けるから  いつか癒されるさ この胸のイタミさえも いつかきっと だからおびえないで傷つく事にさぁ前を見て歩こう  飛べない羽なら捨てればいいじゃないこの足で大地シッカリ踏みしめよう  さぁ 僕達が持ってるモノの中で1番素晴らしいモノを抱きしめて さぁ 朝が来る前にもう少し歩こうよ足跡をシッカリ残して 何度も転んで傷ついて キミと手をとって歩いて行こう  回り道をしていろんなモノを見て ゆっくり行きましょう遥か彼方まで  さぁ 僕達が持ってるモノの中で1番素晴らしいモノを抱きしめて さぁ 朝が来る前にもう少し歩こうよ足跡をシッカリ残して キミと歩いてくこの道は 真っすぐ続いてる彼方へと
re-makehitomihitomihitomi渡辺善太郎渡辺善太郎ありふれて 寝転んで 退屈になって 体からスイッチが切れていく いつだって それで良しのつもりだった いつまでも 子供心アレばいいってね  進む事よりも 立ち止まってしまう事の方が多くて 心が揺れてんだ  いつの日か夜明けが 眩しくて目をふせてた 起き上がる強さが 生まれたまま胸におちた  決めごとはキライだからって 優柔不断になって 夢が今に変わる瞬間 おびえたまま 求める事 考える事から逃げ出したくて あの波は 何処まで追いかけてくのかな  諦めも悔しさも きっと時には 必要になっているんじゃないのかって  感じる事より 感じ合う事の方がちょっと少なくて 期待しすぎてるかな  この世界は まだ間もなくて育まれてく わけわかんないルールにすがりついて とまどっている  素晴しいもの 目にみえる事 全部マヒしちゃって何処かへいったらヤダな さり気ない心地良さに委ねたら 明日からの1歩が強くアルかな  いかにもって事を話しても かわされちゃうのかな 2度とないなんて事はない きっかけなんて 転がってんじゃない この世界はまるで何もなしで 育まれてる わけわかんないルールに縛られず 作りだしていく
Birdhitomihitomihitomi渡辺善太郎渡辺善太郎一体いつも何が不満でここにたどり着いただろう? 空へとはばたく鳥たちはありふれた日常にピリオド  なんて臆病な私は翼を広げてみた  空にくもっていた心をなびかせて揺らいだ運命と 幾つの夜明けを通りすぎ ただ探してるから Where you fly? Ah Ah Day and Day Ah Ah  青い海を渡って 幸せのプライド捨てて 目が覚めて気づいてまた何処かへ飛び立っていくことを  いつかは無限の世界を 誰もがさまようのかな  自由の意味なんて知らないくせにワケもなく悩んでしまう 明日の地図さえ持たずに この空を泳ぐなら  狭い地上の上を行ったり来たりしては…  空にくもっていた心をなびかせて揺らいだ運命と 幾つの夜明けを通りすぎただ探してる 自由の意味なんて知らないくせにワケもなく悩んでしまう 明日の地図さえ持たずに この空を泳ぐから Where you fly? Ah Ah Day and Day Ah Ah
Gamblehitomihitomihitomi長尾大渡辺善太郎傾きかけた君の心拍数が どっち転んでも Ah Ah 瞬きもしないままでこの誘惑に なだれ込んでも Ah Ah  血色不良の Uh 毎日で傷は深くなって 眠れない夜  爆発しそうな愛が生まれ 怯えたままで求めていたい もう一度賭けてみて Life and my love  君が素直に好きとかって言うから 脱落しそうな Ah Ah 君が無邪気に手をとろうとスルから 後込みしている Ah Ah  King and Sweetの世界壊して 心がなくなってうなだれちゃう  分裂している夢に飽きて 獣のように我に従う 残酷なほど君を恨んで 快感になって溶けだしてく もう二度と戻せない Life and my love  失ったものって Uh なんだっけ? やりきれなくなってはみだしてる  ヒステリックな街にのまれ うずくまる体抱き起こして 爆発しそうな愛が生まれ 怯えたままで求めていたい もう一度 賭けてみて Life and my love
UNDER THE SUNhitomihitomihitomi長尾大渡辺善太郎ため息ばかりを胸に押し込んで 苦しまぎれに笑ってるけれど 純情さなんてさ言葉にしちゃえば あっけなく枯れてしまう花みたいで  癒されるのはいっときだけ カゲも形もなくて いくらこの身削っても 後に残るものもない  見つけたい確かなものを 空いっぱいにふくらまして 鮮やかに描いて この太陽の下で Wow Wow 当りまえをよそおうのなら この夢壊して  たとえばそんなに 偶然がいつでも 転がってるなら見つけてみたいな 互い違いをまた求めると 目を閉じたら過ぎてしまうから  くり返される事で イメージはすり減って 手に届くところだけで 今は困り果ててる  きっと願えば叶うものを 信じたくて頑張っちゃうのかな 振り返りもしないで この太陽の下で Wow Wow カッコつけて転んですりむいて やっとわかるのかな  遠ざかってく声を 満たされぬ現実を 誰かとした約束を 今は忘れないでいたい  見つけたい確かなものを 空いっぱいにふくらまして 鮮やかに描いて この太陽の下で Wow Wow 当りまえをよそおうのなら この夢壊して
MADE TO BE IN LOVEhitomihitomihitomihitomi・長尾大渡辺善太郎MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE 悲しみの扉を いつの日かこわせるなら  それはきっと涙のせいで 心が引きさかれる思い 愛情の裏返しってやつね  駆け足できり抜けたいけれど  目をふせていた 光だけを感じてる とまどう気持ち 傾いてて 打ち明けたくなる YEAH OK  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE 隠れていた太陽 遠い夢 照らしている MAYBE NOW OR MAYBE NOT  熱い鼓動感じて いつの日か大人になってる  それはきっと迷路みたいに 心が惑わされる思い 君とつくる未来描いて 素直な瞳でいようと思う  手を差し延べた 強さを今感じてく この風のように 透き通ってて 永遠になる YEAH OK  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE 悲しみの扉を いつの日かこわせるなら MAYBE NOW OR MAYBE NOT 移り行く時が 重なり合う 日々に揺れる  頬濡らしていた 涙をまた感じてる ガラスのように揺らめいてて 現実にかわる YEAH OK  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE 悲しみの扉を いつの日かこわせるなら MAYBE NOW OR MAYBE NOT 移り行く時が 重なり合う 日々に揺れる  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE 隠れていた太陽 遠い夢 照らしている MAYBE NOW OR MAYBE NOT  熱い鼓動感じて いつの日か大人になってる  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE MAYBE NOW OR MAYBE NOT  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE MAYBE NOW OR MAYBE NOT  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE MAYBE NOW OR MAYBE NOT  MADE TO BE IN LOVE MADE TO BE IN LOVE MAYBE NOW OR MAYBE NOT
体温hitomihitomihitomi渡辺善太郎渡辺善太郎目を伏せてた どうにもならない事が 孤独な想いをつのらせるから 人は1人では生きられない せつなさ抱え込んで力にまかせて夢見てる  時は何事もないみたいに流れ せかされて生かされてく 今はこっけいでも ただ歩きつづけよう 何も怖がる事はないよ 立ち尽くしてしまったとしても 一途な瞳でいられる 幼い心持ちつづけよう  冷たい手に頬をつけて 誰かの優しさとまどって 目を閉じると感じる胸のたかなり 雨上がり浮かぶ虹が この永遠を運んでく  いろいろな人ゴミの中で この手に得てく少しのもの どれだけ暖めていくコト 出来るだろう 遠い過去に置き忘れてきた 素直さこの糸でつなごうよ いつかは閉ざした扉から たくさんの光あふれる  投げだしたい夜は これも運命だと思って 明日を待ってる だから今は....  窓に映るコンプレックスなんてさ 笑い飛ばしちゃえばいいのに 全てをマジメにうけとめちゃう悪いクセも いろいろな人ゴミの中で この手に得てく少しのもの どれだけ暖めていくコト出来るかな 遠い過去に置き忘れてきた 素直さこの糸でつなごうよ いつかは閉ざした扉から たくさんの光あふれる
there is...hitomihitomihitomi長尾大渡辺善太郎頭ん中でわかんなくなっちゃう 今の形を探してんだけど 戸惑いながら揺れ動くみたいに 君との気持ち探ってしまうから  街に広がる幾つものテンション 空をたたいて明日になって  君とだったらどんなやばい宇宙だって 乗り越えていくかてになる 誰も知らないトビラの向こうに 飛び込んでいる夢をみてる 光りの中へ  there is love yeah...  疑いながら信じれる思いが 数えきれないくらいやるせなくなるよね 体にもたれ感じたい鼓動に 顔うずめながら温もりを覚えたい  時に転がるちっぽけな石を あの飢えた川に投げ込んで  少しぐらいは受け止められちゃうくらいの スキを見せるんだっていいのにね 何もかもがもう計算高くなって 君の全てさえもうわかんなくなる あの丘を越えて there is love yeah...  心動かす衝動がいつも 強く優しく後押ししてる  現実みのない欲望と深呼吸して 限界なんかじゃないって瞳閉じて 空と大地の間で求める事に 何かアルって答え探してる 自由の海になって  君とだったらどんなやばい宇宙だって 乗り越えていくかてになる 誰も知らないトビラの向こうに 飛び込んでいる夢をみてる 光りの中へ there is love yeah...
WISHhitomihitomihitomi長尾大渡辺善太郎過ぎ去ってく時みたいに 忘れそうな面影が よみがえるように 私を起こした 飾りたてた道だって 言葉を変えて歩いたら 揺れる気持ち あふれだすかな  地下鉄の壁によりそってた 記憶のように また 輝きになって  時を止めたら So 1人きり 夢を見てたよ 壊れそうな出逢いを 繰り返すの? 心に届く世界へ  途切れそうな雲のように 立ちのぼってくイメージを とりあえずなんて つなぎ合わすから 一瞬にして消えるように 誰かの全て感じたら 自由な魂 かわしあえるかな  意味もなく路頭をさまよってた 今を生きるさ また ときめき抱いて  夜を越えたら So せつなさを裏切れるかな 君が信じる未来を 映してよ 無限に広がる宇宙へ  時を止めたら So 1人きり 夢を見てたよ 疾走する悲しみが せつないの 実態の無い うつりゆく未来へ
ドライフラワーKyoKyoKyoKyo渡辺善太郎そっと窓辺で微笑むドライフラワー 永遠の美しさを手に入れた 巡る季節の中でも君は いつもと同じ顔で笑う  静かに緑を濡らす 窓の外は雨 今日は誰もココへ来ないから 昨夜の夢の続きを見よう  そっと窓辺で微笑むドライフラワー 雨音の子守唄が響く 今日はどんな景色が見える きっと空が晴れます様に  広い空を泳ぐ鳥が そっと話し掛ける 僕の知らない遠い国の、街や人や花の事を話す  そっと窓辺で微笑むドライフラワー また今日も朝がやって来た いつもと同じ景色の中 遠い空を想い夢見る  もしも願い事がひとつ叶うならば、もう一度だけ 咲き乱れたい 朽ち果てたい  そっと窓辺で微笑むドライフラワー 銀紙の月が見つめてる 届かぬ想いが空に溶け 箱庭の景色が揺れる
70%−夕暮れのうたCharaCharaCHARACHARA・渡辺善太郎渡辺善太郎すべてを楽しみにかえる あなたはそう 強引なもの 開いたページの最後に 想いたいわ…『遠い宇宙でまつ』と  つめたい雨か、やさしい雨か 悲しみをつつみこむ体を とけて 流れるものか 心まで 失うのかしら…心までも? 目にみえない その愛は  生まれかわるということを 信じていた…いる? いたいのかしら…? はじまりか おわりかなんて 物語はどうなるかしら  つめたい雨か、やさしい雨か 夕ぐれをつれてきた小鳥は ぬれたままでとぶのか… 心からうたえないのかしら? -きこえないわ- 空をなくしてはないけど  お願いは 明日の夢で遊ぼう。 お願いは 悲しみようたに 心。  つめたい雨か、やさしい雨か 夕ぐれをつれてきた小鳥は ぬれたままでとぶのか… 心からうたえないのかしら? -うたえないわ-  お願いよ 届けるわ いつかねむる砂の城へと 届けるわ いつかねむる砂の城へと  お願いは 明日の夢で遊ぼう。 お願いは 悲しみよ うたに 心。
BLUEKyoKyoKyoKyo渡辺善太郎青く澄みきった広い空に浮かんでる 蒼い月に僕はなろう 広いこの空でキミが迷わぬ様に道標を僕が照らそう 天使の様な白い羽根を ハバタかせて蒼を泳げ  どしゃ降りの夜は決して消える事のない 蒼い炎に僕はなろう 暗いヤミの中凍えてふるえぬ様 キミの肩を温めてあげよう 空をかくしている黒い布を 今切り裂いて蒼を見よう  夜空に浮かんだあの星に そっと願いを 明日を待たせてる蒼い空に微笑んでいる  白いサバクに力強く咲いてる 蒼い花に僕はなろう 喉を渇かせミツを求めたキミが 心までもうるおせる様に 胸の中にある白いカダンに 枯れる事のない蒼を咲かそう  明日が来る事を蒼い空が 一番知ってる 誰よりも高く飛んだ鳥も知らない事を  強い風の日も決して荒れる事のない 蒼い海に僕はなろう 荒れた人波に泳ぎ疲れたキミが 静かに身をゆだねられる様 赤い太陽も抱きしめられた 優しく揺れる蒼で眠れ  蒼く澄みきった広い空に浮かんでいる 蒼い月に僕はなろう 広いこの空でキミが迷わぬ様に 道標を僕が照らそう La la la la la キミと今夜蒼を飛ぼう
One More Kiss吉川ひなの吉川ひなの美結美結渡辺善太郎くちびる一つ 届かない声を まばたきで読み取ってほしい  大切なもの 見失わないように 遠く感じても手を振り続けた  本当のことに耳をふさいじゃだめ  One more time, One more kiss baby again again One more time, One more kiss baby again again  背伸び背伸び見違える私に 驚かないでいて  花びらの道 足跡をつけて 小さなプライド脱ぎ捨てていこう  今日を最後に会えなくなるかも 想像したら勇気も出ちゃう  少女のままでいられない春が来る  One more time, One more kiss baby again again  One more time, One more kiss baby again again  はしゃぎ疲れ眠ったふりしても 隠した瞳に涙  くちびるに  One more time, One more kiss baby again again One more time, One more kiss baby again again  チュルリチュルリ深呼吸のメロディー ダーリンあなたに届け  One more time, One more kiss baby again again  One more time, One more kiss baby again again
反省のうたSomething ELseSomething ELseChihiro ImaiChihiro Imai渡辺善太郎人間は奢ったり すぐに調子に乗ったりするし それにふてくされてたり すぐに泣いたりもします  人生が急にどっか 違う方向に進んだり 僕が知らないうちに 誰かに迷惑をかけてます  人間は自分のこと ちょっとでも良く思われようとするし いつのまにか いらない嘘をつきます  僕なんか知らない事も 知ってると言ってしまうこともあるし 好きな人になかなか素直になれずにいます  頭じゃ分かってる そんな事分かっちゃいるけれど なぜだか人に言われると無性に腹が立ってくる  人間は羨んだり 他人を妬んだりするし それに結ばれない人を 好きになっちゃたりします  僕なんて急にどっか 一人でふらふら行っちゃうこともあるし 知らない誰かと たまに恋に落ちたりしちゃいます  どうかこんな僕の事 許してください カッコ悪くたっていい 嘘も弱みも開け放ってく  泣きたい夜は泣けばいい 頭が痛くなるくらいに そうさ まだまだ明日がある 歯をくいしばって眠ろう  人間は同じことを 何度も繰り返してしまう だけど ゆっくりと いろいろ覚えてゆきます  困ったときに一番 力になってくれる人を いつも大切にしよう 心から僕は思います
Carnival宝生舞宝生舞田辺智沙渡辺善太郎渡辺善太郎この声が聞こえたなら 運命の柵を乗り越えて来て 例えカタチが変わっていても 私はあなたを見つけるでしょう  カーニバルは終わらない ざわめきを繋いで 生まれて行く 消えて行く 永遠に  始まりもゴールもない それはありのまま 巡り会うこと 溢れてしまう Material world 化石になっても流されないで  カーニバルは終わらない ざわめきを繋いで 生まれて行く 消えて行く 永遠の宴 月はリズム 太陽は情熱のメロディー 愛を込めて 歌い出す  波に揺られて 想いの貝殻は 遠い空を 夢見ている  カーニバルは終わらない ざわめきを繋いで 生まれて行く 消えて行く 永遠の宴 月はリズム 太陽は情熱のメロディー 愛を込めて 歌い出す
やさしい気持ちPLATINA LYLICCharaPLATINA LYLICCharaCHARACHARA渡辺善太郎なけない女のやさしい気持ちを あなたがたくさん知るのよ 無邪気な心で私を笑顔へ導いてほしいの ぎゅっと私をだきしめて  そう、いいかげんな男が あなたの理想だとしても この愛が自由をこわす? でも勝手だってしからないで  手をつなごう 手を ずっとこうしてたいの 手をつなごう 手を ずっとこうしてたいの  なれないあたしとあなたの間に こんなにわがままいいですか? 言葉でいわなきゃ 今すぐいわなきゃ そんなのしらないわ もうあたしをとめないで  ラララ あたしと踊ろう 毎日ちゃんと この手をムネをこがすような あなたのその存在が もうあたしをとめられない  手をつなごう 手を ずっとこうしてたいの 手をつなごう 手を ずっとこうしてたいの お願い ぎゅっと私をだきしめて もうあたしをはなさないで  手をつなごう 愛でも何でもキスでもいいから色々してたいわ もうあたしをとめないで もうあたしをとめないで
もぉ いや内田有紀内田有紀CharaChara渡辺善太郎もぉ いや わかってない いいかけた 大きな ため息が むじゃきがって笑う ゴマかしてた 変わらないの 何も いい子じゃないのあたし  なぜなの? だめだよ おそろいの 指輪 だめなの? そんなもの‥ いいえもう いらないわ  もぉ いや 走ってんの 何よ それ よゆうのふりをしてYeah 走ってんの? わからないのあたし… どぉなってんの? だけど 何ていえば でも だから何ていえば  なぜなの? だめだよ おそろいの 指輪 だめなの? そんなもの‥ いいえもう いらないわ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. アルジャーノン
  4. ライオン
  5. KICK BACK

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照