試聴する

体温

この曲の表示回数 22,455
歌手:

hitomi


作詞:

hitomi


作曲:

渡辺善太郎


目を伏せてた どうにもならない事が 孤独な想いをつのらせるから
人は1人では生きられない せつなさ抱え込んで力にまかせて夢見てる

時は何事もないみたいに流れ せかされて生かされてく
今はこっけいでも ただ歩きつづけよう
何も怖がる事はないよ 立ち尽くしてしまったとしても
一途な瞳でいられる 幼い心持ちつづけよう

冷たい手に頬をつけて 誰かの優しさとまどって
目を閉じると感じる胸のたかなり 雨上がり浮かぶ虹が
この永遠を運んでく

いろいろな人ゴミの中で この手に得てく少しのもの
どれだけ暖めていくコト 出来るだろう
遠い過去に置き忘れてきた 素直さこの糸でつなごうよ
いつかは閉ざした扉から たくさんの光あふれる

投げだしたい夜は これも運命だと思って 明日を待ってる
だから今は....

窓に映るコンプレックスなんてさ 笑い飛ばしちゃえばいいのに
全てをマジメにうけとめちゃう悪いクセも
いろいろな人ゴミの中で この手に得てく少しのもの
どれだけ暖めていくコト出来るかな
遠い過去に置き忘れてきた 素直さこの糸でつなごうよ
いつかは閉ざした扉から たくさんの光あふれる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:体温 歌手:hitomi

hitomiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/10/13
商品番号:AVCD-11743
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP