うぬぼれ鏡

この曲の表示回数 7,017
歌手:

大石円


作詞:

麻こよみ


作曲:

美樹克彦


振られて三日も 泣いたらさ
お腹も空くし 涙も枯れる
あいつばかりが 男じゃないと
お酒でなだめる 胸の傷……

恋に何度も はぐれて泣いて
胸の痛みを 笑顔で耐えて
綺麗になるのよ 女って
別れるたびに うぬぼれ鏡
のぞいて女は 過去を捨てる

失恋規則で 切った髪
襟足よりも 心が寒い
あいつ女を みる目がないね
誰かに遊ばれ 泣かされろ……

電話の声で キスの長さで
悲しいけれど 別れの時が
近いとわかるの 女って
夜更けにそっと うぬぼれ鏡
のぞいて男を あきらめ捨てる

恋に何度も はぐれて泣いて
胸の痛みを 笑顔で耐えて
綺麗になるのよ 女って
別れるたびに うぬぼれ鏡
のぞいて女は 過去を捨てる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:うぬぼれ鏡 歌手:大石円

大石円の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-10-09
商品番号:TOCT-24866
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP