試聴する

路面電車の町~あじさいの頃~

この曲の表示回数 2,392
歌手:

大石円


作詞:

逢坂俊季


作曲:

逢坂俊季


路面電車が今も走る
この町で肩寄せて あなたと暮らした
あれから何年たったでしょう
変らない町並に 思い出かさなる

小さな駅降りて 商店街を抜け
お地蔵さま曲がれば 二つ目のアパート
あの頃の二人が ほほ笑み合いながら
ワインでささやかな 乾杯をしてる
抱きしめていた夢はいつか 叶うと信じてた

雨降りだした 夜更けの町
この駅で傘もって 待っていてくれた
あなたの姿を見つけた時
嬉しくてそれだけで 泣きそうになった

馴染みの居酒屋も 看板をしまって
街灯がボンヤリと 雨の中に続く
垣根の紫陽花を 足止めて見つめた
一つの傘の柄に かさねあう手と手
このままでいい二人ならと 心から思った

小さな駅降りて 商店街を抜け
お地蔵さま曲がれば 二つ目のアパート
鉢に咲かせた花 窓辺に置いたまま
それぞれの人生 二人は選んだ
戻れない月日の路線に 電車の音がする
戻れない月日の路線に 電車の音がする
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:路面電車の町~あじさいの頃~ 歌手:大石円

大石円の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/10/09
商品番号:TOCT-24866
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP