祝い山唄

この曲の表示回数 1,966
歌手:

大石円


作詞:

松井由利夫


作曲:

あいたかし


空の青さが 指先までも
染めて嬉しい 二人の門出
夢を背中に 金屏風
めでためでたの 手拍子で
山と積め積め 祝い花

親子三代 手塩にかけて
情けそそいで 育てた檜(ひのき)
ひかる木立の みどり葉も
めでためでたの 彩(いろ)そえて
渡る山唄 山の風

重ね合わせて ひとつに結ぶ
いのち眩(まぶ)しい 雄蝶(おちょう)に雌蝶(めちょう)
生きる苦労を 分けあって
めでためでたの 晴れの日に
越えて飛び立つ 祝い山
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:祝い山唄 歌手:大石円

大石円の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/08/27
商品番号:TOCT-9915
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP