春遠からじ

この曲の表示回数 8,551
歌手:

大石円


作詞:

阿木燿子


作曲:

花岡優平


衿に輝く そのバッジ
肩を叩かれ 外すのね
あなたはひどく 落ち込んで
グラス呷る瞳が淋しそう
慰めて抱き締めて 優しさあげたいけど
心を鬼にして言わせてね
こんなことでメゲていちゃ駄目よ
人生はまだまだこれからだもの
花は散っても また咲くわ
季節が来れば 鮮やかに

今の悔しさ バネにして
いつの日か見返してやればいい
新しい一歩こそ 次の飛躍のチャンス
そのやり切れなさも分かるけど
これですべて終わるわけじゃない
人生をこのまま諦めないで
思い切り泣きなさい それで気が済むのなら
昔の諺にあるじゃない
冬来たりなば 春遠からじ
人生は何度もやり直せるわ

春はすぐそこに…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春遠からじ 歌手:大石円

大石円の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-10-09
商品番号:TOCT-24866
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP