地球儀

この曲の表示回数 5,021
歌手:

黒赤ちゃん


作詞:

松野恭平


作曲:

松野恭平


朝焼けの貿易船が答えを教えてくれる
そんな気がしてこんなところまで来てしまった
海賊の気持ちになって海でも眺めていれば
僕の孤独も少し楽になるかな

今をただ生きてゆく 昨日へは戻れない
優しくなりそびれた僕が 海を見ている
だらしなく背中を丸めて

やがて世界は僕を忘れてゆくだろう
悲しみはどこへゆくのか
太陽が朝の海を染めて僕に話しかけている

これまでを思い起こせば考え込む日々だった
解決出来ないことが多すぎて そして泣いた
地球儀をひっぱりだして気が済むまで回して遊んだ
今 あの海へ来ているよ

それは僕だけじゃなく誰も同じことだと
真面目なことを思いながら 海を見ている
少しだけ涙を浮かべて

いつか孤独の果てに悲しみを見ても
旅立つ貿易船と
この景色を思い出すだけで僕は時を越えていられる

やがて世界は僕を忘れてゆくだろう
それでも歩いていかなきゃ
太陽が朝の海を染めて僕に話しかけている

聞こえるよ 遥か南の島
聞こえるよ 僕に似た誰かが笑っている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:地球儀 歌手:黒赤ちゃん

黒赤ちゃんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-21
商品番号:VRCL-2502
ヴィレッジ・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP