ラブコメディ

この曲の表示回数 6,491
歌手:

黒赤ちゃん


作詞:

松野恭平


作曲:

松野恭平


樫の実がさわぐ季節は 少しでも 寄り添って
色褪せた街並みの中を いつまでも歩いた
僕たちは単純だから たくらみなど知らない
いたずらな秋風をよける 秘策を練っておくよ

渡り鳥の言葉も 猪に乗る少年も 全ては儚く
喜びに満ちた日々を思わせる

二人を時が撫ぜてゆく 抱き上げてふざけてあげるよ
今年も君に伝えなきゃ とりあえず今は離さないで

寒がりで虚弱な僕は もう手袋をはめた
これが君に笑われることも 僕は分かっているよ

夜が長く続けば 何か変わってしまう?
君には見せないさ 悲しみの映画も怖い夢も

ねえ このまま時が流れても 二人してふざけていたいよ
そしたら君に伝えなきゃ いつまでも僕を離さないで

遠くなる街路樹は幻
二人はただの子ども 夢を抜けて 恋に落ちる

二人を時が撫ぜてゆく 抱き上げてふざけてあげるよ
今年も君に伝えなきゃ とりあえず今は離さないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ラブコメディ 歌手:黒赤ちゃん

黒赤ちゃんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-21
商品番号:VRCL-2502
ヴィレッジ・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP