茜色

この曲の表示回数 6,966
歌手:

黒赤ちゃん


作詞:

松野恭平


作曲:

乾英明


見える?揺れる茜色 君を誘う空模様

ふるえたままでこの街を去った ノラ猫の目を笑いながら
ここから行けば湖に出るだろう 宇宙のバネに飛ばされにゆく

恐れていたのは風の速さだけ
木星の場所なら分かっているよ 無学な僕でも届きそうだと

見える?揺れる茜色 君を誘う空模様
それが僕を呼ぶのなら 燃えて消える鳥になろう
それとなく飛び込め

抱えたものが輝きはじめる 夢に見たのはこの瞬間だ

あっと言う間に星が欠けてゆく
心の中では叫んでいたよ 痛くて 痛くて 壊れそうだと

見える?揺れる茜色 君を誘う空模様
それが僕を呼ぶのなら 燃えて消える鳥になろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:茜色 歌手:黒赤ちゃん

黒赤ちゃんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-21
商品番号:VRCL-2502
ヴィレッジ・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP